ウラジオストク。 ウラジオストク

【ウラジオストク】ならではな博物館・美術館5選。潜水艦や要塞、看板猫も!

ウラジオストク

見出し• ウラジオストクの概要 ロシア 内容 言語 ロシア語 通貨 ロシア・ルーブル 日本との時差 +1時間 観光ビザ 電子ビザを取得 コンセント Cタイプ チップ 基本的に不要 日本からのフライト時間 直行便で約2時間半 ウラジオストクは、ロシアの極東地域にあります。 成田空港からたった2時間半ほど、シーズンによっては片道2万円以下で行けることから、近年、人気の旅行先になってきました。 「日本から一番近いヨーロッパ」として、気になっている方も多いのではないでしょうか? たった2時間半で行けるのに街の雰囲気はヨーロッパ!港町の開放的な雰囲気を味わえるので、夏のプチ旅行におすすめです。 コンパクトな街なので、2泊3日~3泊4日あればOKです。 ちなみに冬は極寒!ですが、冬のウラジオストク旅行なら本場のバレエを鑑賞したり、名物の氷上マラソンを楽しむことができます。 また、電子ビザを簡単に取得することができるのもうれしいポイント。 今までモスクワ、サンクトペテルブルク、ムールマンスクを訪れましたが、ウラジオストクは本当に開放的で垢抜けています。 それは女性のファションを見れば一目瞭然! とてもカラフルで華やかです。 滞在中は、ロシア人以外にも中国人、韓国人、朝鮮人を見かけました。 人々の表情も明るいコスモポリタンな街、それがウラジオストクです。 ウラジオストクを訪れる際のアドバイス Photo by 新田浩之 ウラジオストクへ訪れる際はビザに気を付けましょう。 ウラジオストクイン、ウラジオストクアウトですと8月8日からスタートしたオンラインでのビザ申し込みが可能です。 ウラジオストク以外の街(ハバロフスクやナホトカ)を訪れる際は、従来通りのやり方でビザを取得する必要があります。 今後、ビザの取得方法が変更になる可能性もあるので、訪れる前にビザの取得方法をチェックしましょう。 ウラジオストクの治安・ウラジオストク観光の注意点 ウラジオストクの治安は安定していて、観光しやすい街です。 ですが、裏通りに入ると人気がぐっと減ることがあるので、女性の夜の一人歩きは避けてください。 ヨーロッパ諸国と同様にスリや置き引き、引ったくりへの注意も必要です。 英語はあまり通じないこともあります。 僕が泊まったホステルのスタッフは、韓国語はペラペラだけど英語はあまり……ということもありました。 移動に関しては、電車は走っていないので、基本的にはタクシーかバスを使うことになるでしょう。 ただタクシーの運転手さんも、ほとんど英語が通じないので、行き先をロシア語で書いたメモなどを用意しておくことをおすすめします。 現地ツアーを予約するという方法もあります。 ロシアには、「ヤンデックス」という、Uberに似たタクシー配車アプリがあります。 ですが、登録には、現地で使える電話番号が必要。 また運転手さんからはすぐにロシア語で電話がかかってくるので(地図上に、乗客の現在地は表示されているのですが)、ロシア語が話せないと使いこなすのが難しかったです。 ウラジオストクで食べるべき料理 ウラジオストク観光のおすすめは、本場のロシア料理にチャレンジすること!ボルシチ、ピロシキといった定番ロシア料理はぜひ食べてみてほしいです。 また日本ではあまり食べられないジョージア(グルジア)料理もおすすめ。 は、「プハリヒンカリ」というお店で「シュクメルリ」を食べて、とても感動しました。 2019年12月には「松屋」がシュクメルリの全店販売を始めたことで話題になりました。 いつも店内は満員で、超人気店であることがうかがえました! 「シーバックソーン」というフルーツティーもおいしかったです。 現地の人は、冬場ビタミンが不足するため、フルーツティーを大量に飲んでビタミンを摂取するそう。 いろいろな種類があるようでした。 ウラジオストクのベストスポット Photo by 新田浩之 ウラジオストクのベストスポットはアドミラーラ・フォーキナ通りです。 とにかく、この通りは華やかで垢抜けています。 きっと、この通りを歩くとロシアに対するイメージが大きく変わることでしょう。 アドミラーラ・フォーキナ通りをまっすぐ進むと海(スポーツ湾)に出ます。 郊外にあるので、タクシーで行くのがいいかもしれません(筆者は散歩がてら30分ほど歩いて行きました)。 料理は、一般的な韓国料理が食べられます。 メニューに日本語表記があるので安心!羊肉の炒め物と北朝鮮名物の冷麺をオーダーしたのですが、いずれもとてもおいしかったです。 日によって20時~ディナーショーが開催され、北朝鮮の女性が歌を歌ってくれます。 異国情緒が感じられるレアな経験なので、ぜひウラジオストクに行かれる際はチャレンジしてみてください。 鳥取県からは、なんと船でも行くことができます。 日本から近いといっても、街並みはヨーロッパ!気軽にヨーロッパ気分を味わうことができます。 コンパクトな街なので、週末旅行にもおすすめです。 ウラジオストクとシベリア鉄道 ウラジオストクは、モスクワから走っているシベリア鉄道の終着点であり、出発点です。 時間がある方にはぜひ経験していただきたいのですが、チケットの買い方が難しいのでご注意を。 チケットは窓口でも購入できますが、「駅員さんたち英語通じるかな?」と不安だったので、筆者は日本でWeb予約しました。 サイトがロシア語だったので、英語に翻訳しつつですが、無事に予約できました。 なお、シベリア鉄道の予約の仕方がわかりやすく解説されているサイトもありますが、手数料が含まれていて、とても高かったりするので注意してください。 そこは正しくヨーロッパの雰囲気「アドミラーラ・フォーキナー通り」 Photo by 新田浩之 最初にご紹介するのはウラジオストクの中心からスポーツ湾へと通じる「アドミラーラ・フォーキナー通り」です。 別名「噴水通り」とも呼ばれており、通りの真ん中に大きな噴水がいくつも存在します。 この通りは歩行者天国になっており、のんびりと散策することができます。 通りに面する建物と雰囲気は「ロシア」と言うよりは「ヨーロッパ」という感じ。 人々の服装もどこか垢抜けています。 少し華やかな雰囲気が楽しめると同時に、日本からわずか2時間でこのようなスポットがあること自体に驚くはずです。 「スポーツ湾」は簡単なビーチになっており、人々は日光浴や海水浴を思い思いに楽しんでいます。 雰囲気はどこかのんびりしており、海を見ているだけでもリラックスできるでしょう。 周辺には趣向を凝らした露天が軒を連ね、見ているだけでも楽しくなってきます。 その中で、ぜひ訪れて試してほしいのがマロージナエ(アイスクリーム)! ロシアのアイスクリームは濃厚で安くて本当においしいです。 アイスクリームを食べながら、海をのんびりと眺めるのがウラジオストク風の休日の楽しみ方です。 もともと軍港として栄えたので、ソ連時代は「閉鎖都市」として外国人の立ち入りが禁じられていました。 ソ連崩壊後、ウラジオストクは「アジアへの窓口」として開放され、発展を続けています。 2012年にはAPECの首脳会談がウラジオストクで行われました。 そんな発展するウラジオストクを観察できるのが「鷹の巣展望台」です。 「鷹の巣展望台」からはウラジオストクの街並みが一望できます。 その中で注目すべきは長さ737メートルの「黄金橋」。 APEC首脳会談に合わせるために2012年に完成しました。 他にも、新しいアパートやビルが見られます。 「鷹の巣展望台」からの風景はあなたのロシアのイメージを変えるのではないでしょうか。 3つ目のバス停で降り、そこから徒歩20分 ・所要時間:30分~1時間 ・オススメの時期:冬以外 迫力ある潜水艦を見学できる「潜水艦C-56博物館」 Photo by 新田浩之 先ほども紹介した通り、ウラジオストクは軍港として発展しました。 冷戦時代は、太平洋に出られる数少ない港として、戦略的に重要だったのです。 そのような「軍港 ウラジオストク」を感じることができるスポットが「潜水艦C-56博物館」です。 この潜水艦はソビエト時代の主力潜水艦で、ウラジオストクにも多数配備されていました。 実際に、現役そのままの潜水艦に入ることができ、設備も触ることができます。 まるで、映画のセットみたいで迫力満点!なお、船内を撮影する際は追加料金が必要ですのでご注意ください。 そうです、ここからモスクワ行きの列車が出発するのです。 モスクワまでは6泊7日の道のり!ぜひ、シベリア鉄道にチャレンジしてみましょう。 シベリア鉄道に乗らなくても「ウラジオストク駅」は立ち寄りたいスポット。 モスクワから来た列車を眺めると、ロシアの広大さを実感することでしょう。 また、「ウラジオストク駅」の時計にも注目したいところ。 全てモスクワ時間で表示されています。 なお、ウラジオストクとモスクワの時差は7時間です。 少しロマンチックな気分に浸れる、そんなユニークな駅です。 空港から電車で街に向かうと、橋からの美しい景色を堪能できますよ。 毎日11~19時の間には、金角湾を巡る遊覧船ツアーも催行されています。 , 29, Vladivostok, Primorskiy kray, Russia, 690000 ・電話番号:0423240-233 ・公式サイトURL: ギャンブルを楽しめる「ティグレ・デ・クリスタル」 ウラジオストクでギャンブルを楽しみたい方必見!ティグレ・デ・クリスタルは、ウラジオストク近郊の公認ギャンブルエリアにある唯一のカジノで、スロットマシーンやルーレットなど、様々なギャンブルに挑戦できます。 将来的には、カジノの他にレジャー施設やホテルなどを建設し、「極東のマカオ」として発展させていく予定だそうです。

次の

JALとANAが、「ウラジオストク直行便」参入を同時発表した背景: J

ウラジオストク

ソウルや那覇に行くのと同じ時間で行ける「ヨーロッパ」 ウラジオストクは、ロシア帝国が悲願だった不凍港を求めて東方に進出したことを機に発展。 旧ソ連時代は軍港として外国人は立ち入り禁止だったが、旧ソ連崩壊後は外国人も観光できるようになった。 モスクワまで9288キロ続くシベリア鉄道の起点は、観光名所のひとつだ。 それ以外にも、ロシア正教の礼拝堂やレンガ造りの老舗百貨店など、その街並みから「最も近いヨーロッパ」として知られている。 中心部は比較的コンパクトで、大半は徒歩で観光することができる。 海水浴場に通じる歩行者天国の通称「噴水通り」付近には、カフェやバー、雑貨店が並ぶ。 ウラジオストクの姉妹都市、新潟市が拠点のNGT48の楽曲「世界の人へ」(2018年10月発売)のミュージックビデオも、この付近で撮影された。 日本のと間には、すでに成田、関空、新千歳空港から直行便が運航されているが、いずれもS7航空などのロシアの航空会社が運航していた。 所要時間は片道2時間半程度。 東京を起点にすると那覇やソウルとほぼ同じだが、日本人観光客にとっての知名度は低かった。 無料の「電子ビザ」後押しで それが、ここ数年で人気が急上昇している。 ウラジオストクがある沿海地方政府は19年7月11日、19年上半期に約40万人の外国人が訪れ、そのうち観光客が約30万人だったと発表した。 国籍別で最も多いのが中国で約15万人。 次が韓国で約12万2000人、日本は3番手で約1万1000人だった。 ただ、18年上期の日本人観光客は約5000人で、1年間で2. 3倍に増えている。 伸び率は3か国の中では最も高い。 この背景のひとつが、17年8月に沿海地方向けに導入された無料の「電子ビザ」だ。 これまで、ロシアのビザは手続きが煩雑なことで知られてきたが、「電子ビザ」ではロシア外務省のウェブサイトでパスポートの情報を入力して顔写真をアップロードすれば、ビザがPDFファイルで送られてくる。 ロシアから日本に来る人も増えている。 日本政府観光局(JNTO)によると、18年にロシアから日本を訪れた人は前年比22. JNTOでは、極東地域からの便が増えて航空運賃が値下がりしたり、17年にビザの要件が緩和されたりしたことが背景にあるとみている。 運航開始時期は、ANAが「2020年3月(2019年ウインターダイヤ中)」で、JALが「2020年度夏季ダイヤ」だと発表している。 19年冬ダイヤは20年3月28日に終わり、翌3月29日に20年夏ダイヤが始まるため、両社はほぼ同じ時期に運航を始めるとみられる。 JALは夏ダイヤの間、小型機のボーイング737-800型機(144人乗り)が1日1往復するとしている。 ANAは運航頻度や使用機材について追って発表する。 (J-CASTニュース編集部 工藤博司).

次の

ウラジオストクは「中国固有の領土」か=始まった極東奪還闘争 フォーサイト

ウラジオストク

またこのビザの取得はかなり面倒でロシア大使館・領事館に平日2回訪問する必要があり、無料で取得したければパスポートが2週間程度拘束されます。 しかし上記記事にも書いてるとおり、2017年8月8日よりウラジオストクに限っては日本人だとウラジオストクの空港でビザを発行してもらえるようです。 ただ空港でビザが発行されるアライバルビザではなく、事前にからネットで申請が必要必要です。 なので簡易ビザまたは無料電子ビザと言われてます。 いつも情報を教えてくれるさん、ありがとうございます! もしウラジオストクに行こうと思われている人はS7航空をJALマイルで予約するとお得です。 たった往復11,000マイルでいけます。 まず街並みが完全に非アジアでヨーロッパ ウラジオストクは北朝鮮や中国から割りかし近い位置にあります。 しかし街並みはアジアではなくヨーロッパです。 私が住んでいた旧ソ連のエストニアにかなり近い雰囲気でした。 アジアの雰囲気は一切ありません。 ウラジオストクにはオシャレなカフェやレストランもあり、海と坂が印象的な街でした。 ロシアのサンフランシスコとも言われてるようで、その理由も納得です。 どうしても極東ロシアの情報が日本語ではあまりないので、陰気でネガティブなイメージを持っている人も多いと思いますが、私が訪れた10月は快晴で歩いていてとても気持ちかったです。 また街を歩いていると北朝鮮のバッチを付けている人も何人かおり、おそらく現地で仕事をしている北朝鮮人です。 皆さんご期待されてると思うロシア人美女も沢山います! 韓国、日本の食べ物はスーパーに沢山! 街並みも人種もヨーロッパ近いウラジオストクですが、スーパーマーケットには沢山のアジア商品があります。 もちろん日本の製品も多くカップラーメンはもちろんビールや化粧品など様々なものが売っています。 ただ日本製品の場合、基本的に割高で上の日進のカップヌードル・キングサイズは333ルーブル 650円 です。 日本だと230円ほどの製品なので約3倍です。 一方、韓国製品は日本製品以上にあり、現地で生産されていると思われるものも多くあり、価格もそこまで高くありませんでした。 もっと日本の会社は頑張って欲しいです! 車は、ほとんど日本車です! ウラジオストクでは日本車が人気のようで、ほとんどが日本車で韓国車は1台も見ませんでした。 おそらくほとんどの車が日本から輸入された中古車です。 観光客は中国人が多数 ウラジオストクの外国人観光客は、中心地に行くとちらほらいました。 国慶節休暇に訪れたこともあってか中国人ツアー客が沢山おり、自由旅行をしている人は韓国人ぐらいでした。 日本人観光客は一切会わなかったですが、現地に住んでいると思われる日本人女性は何人かいました。 治安は想像していた以上に良かった ウラジオストクに訪れるにあたって誰もが気になるのが治安だと思いますが、私が訪れた約10日間でウラジオストクを含む極東ロシアで危ないと思ったことは一度もありませんでした。 思った以上に治安は良いと感じましたが、夜になると街全体に明かりがなくなるので夜の外出は控えたほうがよさそうです。 英語は全く通じないけど、なんとかはなる 極東ロシアに限ったことではないと思いますが、ロシアは英語が全く通じません。 もしかしたら日本と同じレベルか日本以下かもしれないです。 ホテルは基本的に英語を話そうとする人はいないですし、鉄道駅のインフォーメーションセンターでも英語はダメでした。 日本でもさすがにホテルやインフォーメーションセンターのスタッフは英語ができると思うのですが、ロシアは個人旅行者が少ないからか英語でのコミニュケーションは厳しいです。 ただロシア語が話せないからといって、冷たい対応をされることはなく、親切にホテルでも鉄道駅でも対応してもらえました。 モスクワだとカフェでいつまでたってもスタッフが来ずに差別されたような苦い経験があったのですが、極東ロシアの場合は気持ちよく観光ができました。 物価は日本よりもちょっと安い ロシアのルーブルは以前に比べて下落したこともあり、そこまで高くはなく日本よりも安く感じました。 例えば2人でパンケーキとジュースを頼んでトータル1,000円以下です。 またバスの料金は19ルーブル(38円)で、コーヒーショップのアメリカンは100ルーブル(200円)くらいです。 ウラジオストクは超穴場です! ウラジオストクは日本から飛行機で3時間以内で行くことができ、アジアの雰囲気は一切ありません!また時差も1時間なのでヨーロッパやアメリカのように時差ボケになることも、ほぼないです。 こんなに異文化が気軽に楽しめる都市なのに、現状では日本人環境客は皆無です。 近々、ウラジオストクに限って8日間有効なアライバルビザを提供するという計画もあるようです。 現状、日本からは成田空港から週3便でS7航空が飛んでいるだけですが、ソウル経由だと日本からでも4万円以下で行けることもあるので、是非とも極東ロシアのウラジオストクに足を運んでみてください。 極東ロシアのホテル予約はエクスペディアとBooking. comがおすすめ ウラジオストクなどのホテル予約は、を使うとお得です。 元々、ほぼ最安値ですが、クーポン利用で更に安くなります。 ただしエクスペディアだと地域によってはほぼホテルの掲載がないところもあります。 そんなときにエクスペディアの変わりに使いたいホテル予約サイトがです。 Booking. comは現地で支払いが基本となっているため、当日予約にも使えます。 ウスリースクを旅行したときも、エクスペディアよりもBooking. comのほうがホテル掲載数が多く、Booking. comをひたすら利用していました。 極東ロシアの旅行にはセディナカードを持って行こう 極東ロシアには両替所はそこまで多くないですが、ATMは市内に多く存在します。 日本のクレジットカード、国際キャッシングも使えますが、その中で最も手数料の安いキャッシング方法がセディナカード(マスターカード)で現金をおろすことです。 ロシアに限らずセディナカード(マスターカード)は、世界どこでも日本のクレジットカード、キャッシングのレートが最も良いのでオススメです。 極東ロシアに関する記事.

次の