ブラジル 大統領 コロナ。 ブラジル大統領が取る「厳格でないコロナ対策」の背景と国民の苦悩

experience-ccra-in.ctb.com : 新型コロナ、ブラジルで初の死者 予防策は「ヒステリー」と大統領

ブラジル 大統領 コロナ

ブラジルのボウソナロ大統領は19日、ブラジリアで行われた、軍事政権や軍政令第5条(AI5)施行を支持したデモに自ら参加し、多くの国民を驚かせた。 新型コロナウイルスに対する反隔離政策デモは思わぬ方向に発展し、各界から強い批判の声が高まっている。 20日付現地紙などが報じている。 16日に新保健相に指名されたネウソン・タイシ氏は、「社会的隔離策を急に変えるようなことはしない」と、国民の64%が反対したマンデッタ前保健相解任への反発を和らげるような発言を行い、大統領もそれに理解を示すような態度を見せていた。 だが、週末のボウソナロ氏の行動はそれとは正反対だった。 18日、大統領は官邸前に集まった反隔離を求める集団の前に立ち、商業活動の再開などを擁護。 さらに、国内感染者が3万人台、死者が2千人台に乗り、医療崩壊さえ起こりはじめているのに、「国民の70%がコロナに感染するはず」とも発言した。 この日はサンパウロ市などでも、大統領支持者たちによる、隔離政策に反対するデモが行われた。 サンパウロ市で行われたものは、コロナ感染者を受け付ける病院の前の通りを塞いだことでも問題視された。 同日発表のダッタフォーリャの世論調査では、国民の79%が「隔離政策に従わない人には罰則を適用するべき」と答えている。 また、翌19日には全国規模で、軍事政権や、民主主義を制限する軍政令第5条(AI5)を支持するデモが行われた。 この伏線には、マンデッタ保健相解任後、ボウソナロ氏がアルコルンブレ、マイアの上、下院議長と激しく対立したことがあった。 ボウソナロ氏は陸軍本部前に集まったデモの参加者に対し、「政党同士の談合の時代は終わった。 これからは国民に主権がある。 交渉などごめんだ」と、独裁者的な物言いも行った。 デモ参加者たちは、「辞めろ、マイア」「AI5」「議会閉鎖」「最高裁閉鎖」などとも叫んだ。 大統領の言動には強い反発も起こった。 最高裁ではルイス・ロベルト・バローゾ、ジウマール・メンデス、マルコ・アウレーリオ・メロ判事が批判を行った。 政界ではルーラ元大統領がボウソナロ氏の解任を求めたほか、カルドーゾ元大統領や、18年大統領選候補のシロ・ゴメス氏らが批判。 ロドリゴ・マイア下院議長も民主主義を擁護し、「ブラジルではコロナと共に独裁主義的なウイルスがはびこっているようだ」とし、ボウソナロ氏を批判した。 また、20州の知事たちが連名で、上院と下院に連帯を示す意向を発表し、ボウソナロ氏の行動に反対の意を示した。 さらに、通常はボウソナロ氏に好意的な印象のあった政治団体の「ヴェム・プラ・ルア」も19日のデモに反対の声明を発表。 予てから隔離賛成の陸軍も、「コロナ対策に集中すべき」との姿勢を示し、ボウソナロ氏の行動に不快感を示した。

次の

ブラジル大統領、新型コロナ治療でクロロキン推奨-感染急増続く

ブラジル 大統領 コロナ

モロ法相は3月30日付の臨時官報に、コロナウイルス対策のために国家治安部隊(フォルサ・ナシオナル)を派遣することを認める省令を掲載した。 これによると、5月28日までの期間限定で、医療関係者がコロナウイルス感染者に対応する際の補助、病院や救急医療施設などの治安の確保、医療用の資材や薬品類、食料品、衛生用品の輸送や保管に際しての安全保障、港湾、空港、高速道ならびに市街地での治安確保やその支援などの要請に対し、治安部隊を派遣するという。 これはモロ法相が、コロナ対策においても経済活動継続を主張するボウソナロ大統領ではなく、外出自粛令をはじめとした社会的隔離を進めるマンデッタ保健相の方針を優先した故の措置と見る向きが強い。 地元紙の報道でも、モロ法相は既に、ボウソナロ大統領がコロナ対策に一向に本腰を入れないことに関して強い不満を漏らしていたと報じられていた。 法相はツイッターでも「今こそ、科学の専門家の声を聞くべきだ」とする最高裁のルイス・フクス判事の発言を拡散RTしていた。 モロ法相の動きに対しては、ボウソナロ大統領が「エゴイスト」などと呼んで批判していることが、一部のメディアで報じられているが、連邦政府内では、経済優先を強く主張していたパウロ・ゲデス経済相も、「一市民としては隔離に賛成」と発言するなど、マンデッタ保健相の方針に従う動きが目立ちはじめている。 他方、3月30日夜、最高裁のアウレーリオ・メロ判事が、ボウソナロ大統領のコロナ対策に関する種々の言動に関し、「責任法違反に問うべきだ」とする訴えを、連邦検察庁に送付し、同庁の判断(意見書)を求めていたことが明らかになった。 この訴えは労働者党(PT)のレジナウド・ロペス下議が3月25日に提出したもので、書類は2日後に検察庁に送られた。 アウレーリオ判事は「今の大統領の言動を見てると悲しい」と現地紙の取材で語っている。 また、連邦検察庁のアウグスト・アラス長官も、「コロナウイルスに関する方針を決めるのはマンデッタ保健相だ」と語り、「もし、大統領が州の隔離政策に反対する大統領令を出すなら、最高裁への異議申し立ても辞さない」との見解を明らかにしている。 一方、3月29日のツイッターに続き、フェイスブック社も翌30日、同社が運営するフェイスブックとインスタグラムに掲載されていた、コロナウイルスに関連するボウソナロ大統領の投稿を、「不適切な内容で人に危害を与える恐れがある」として削除した。 こちらの記事もどうぞ• 2020年5月15日 反隔離を叫べど、加速化して増えるコロナウイルスの死者の前に支持が増えず、かつ、セルジオ・モロ前法相辞任の発端となった閣議ビデオ中の大統領発言が問題視されたことで、ボウソナロ大統領の立場はますます危うくなっている。 とりわけモロ氏の政権離脱はボウソナロ氏にとっては痛 […]• 2020年4月28日 コロナショックがキッカケで、ブラジルが激動期に入った感じがする。 1992年末、インピーチメント(罷免)直前に辞任したコーロル元大統領(現上院議員)が先週、「この映画は見たことある」とのコメントを発したという25日付ブラジル社会面記事には納得させられた。 大統 […]• 2019年8月20日 ボウソナロ大統領が15日に、セルジオ・モロ法相の管轄である連邦警察のリオ州長官の人事に介入、同州連警が騒動となった。 また、大統領は長男のフラヴィオ上議と同氏のリオ州議時代の職員、ファブリシオ・ケイロス氏の疑惑を最初に指摘し、同じくモロ氏が力を入れていた金融活動管理審議 […]• 2020年5月9日 ボウソナロ大統領は7日、国内を代表する15社の経営者たちと共に最高裁を突然訪れ、新型コロナウイルス対策で州や市が行っている隔離政策を終わらせるよう、ジアス・トフォリ長官に迫り、物議を醸した。 7、8日付現地紙、サイトが報じている。 ボウソナロ大統領は7日、プラナウト […]• 2019年7月27日 【既報関連】セルジオ・モロ法相とラヴァ・ジャット(LJ)作戦担当検事のデルタン・ダラグノル氏らのスマートフォンをハッキングした容疑で、23日に逮捕されたハッカー4人が、ボウソナロ大統領(社会自由党・PSL)、ロドリゴ・マイア、ダヴィ・アルコルンブレ両院議長(共に民主党 […].

次の

死者3万人超、ブラジル大統領「死は皆の宿命」

ブラジル 大統領 コロナ

4月25日時点で感染者は5万2995人、死亡者は3670人。 感染者数は世界で11番目に多い(米・ジョンズ・ホプキンズ大学調べ)。 ブラジル保健省によれば、感染者数が最も多いのはブラジル経済の中心である南東部で、全体の50. 8%に上る。 南東部には、南米最大の経済都市サンパウロ市が位置するサンパウロ州、世界有数の観光地リオデジャネイロ州、ブラジル主要輸出産品である鉄鉱石の産地であるミナスジェライス州といった重要産業を創出する州が集積している。 国内GDPの5割以上を生み出す重要地域だ。 4月24日時点で最も感染者数が多いのはサンパウロ州で1万7826人、致死率は8. 5%と高い。 ブラジル保健省はウェブサイトを通じて、手洗いやうがいの重要性、マスク着用の必要性、さらに握手やハグといった他者との接触が多い習慣を改めるよう、感染拡大防止のために一人一人が取るべき行動を、絵やグラフなどを用いて分かりやすく説明している。 ブラジルに住んでいると感染症とは常に隣り合わせだ。 デング熱、黄熱病といった感染症の流行は例年見られ、マラリアも一部の地域では一年中流行している。 デング熱に至っては、予防ワクチンや治療薬はないとされ、「とにかく蚊に刺されないように予防する」という方法が、在ブラジル日本国大使館のウェブサイトで推奨されている。 黄熱病やマラリアは、湿度が高く一年中亜熱帯気候が続くアマゾン熱帯雨林地帯、ブラジル北部を中心に発生する。 一方で、南東部に位置するサンパウロ市は、1年を通して湿度が低く四季もある。 サンパウロ市から北部アマゾナス州までの距離はおよそ3000キロ、アマゾナス州の州都マナウス市までは飛行機で片道4時間半ほど。 国内とは思えないほど遠く、サンパウロ市に住む人の中には、黄熱病と聞いてもどこか遠い場所で発生している感染症と感じる人も多い。 それゆえ、新型コロナウイルスが猛威を振るい始めた1月から2月にかけて、サンパウロ市民の多くはまだ警戒心が低かった。 加えて、1月から2月は、南半球のブラジルは真夏のバケーションシーズンだ。 2月24日~26日には国内最大のお祭りであるカーニバルが行われ、サンパウロ州でも多くの人がカーニバルを楽しむ様子が現地新聞等で報じられていた。 そんな折、ブラジルで初の新型コロナウイルス感染者が確認された。 2月26日のことだ。 感染者は、サンパウロ市在住の男性でイタリアロンバルディア州への渡航歴があった。

次の