さくらももこ の ウキウキ カーニバル。 『さくらももこのウキウキカーニバル』制作スタッフインタビュー

【極秘】さくらももこ先生の偉大なる7つの秘密と噂 / 自分のおしっこを飲んで尿療法をしていた | バズプラスニュース

さくらももこ の ウキウキ カーニバル

ゲーム内容 [ ] プレイヤーは夜が来なくなった不思議な町「カラータウン」の「カーニバル委員」に選ばれた少年または少女を操作し、カーニバルの妖精「チョコリン」とともに町の各地をめぐりながら、10日間かけてカーニバルの準備を進めていく。 このゲームに制限時間やはなく、日数はイベントを進行させるための区切りとして機能する。 ゲームの目的は各地にいる守護神への供え物を入手し、彼らからカーニバル開催に必要な電力源「ひかりのほし」を貰い受け、カーニバルを開催することである。 さらに可能な限り多くの人々をカーニバルに招待する目的もある。 最終目的は100人以上存在するすべての登場人物を招待し「最高のカーニバル」を開催することだが、初回のカーニバル開催時に招待できる人物は限られるため、全員を招待するには2周目、3周目と繰り返しゲームをプレイする必要がある。 カーニバルの準備や参加者の招待にはカラータウン内で発生する事件や謎、人々が抱える困りごとを解決しなければならない。 そのためにはカラータウンの住人やモンピーと呼ばれる種族と会話をする、町内の怪しい場所を調べるなどして直接情報や道具を得るほか、主人公が持つ携帯「ミニパ」を用い、住人やモンピーの、やを閲覧する、人物や道具の名前を検索する、見知らぬ人々とをするなどして得られた情報も活用する。 ミニパはイベントシーンを除くゲーム中であればいつでも起動でき、町の画面と自由に切り替えすることができる。 インターネットごっこのジャンル名は、ゲーム内に用意された架空のインターネット上で情報を入手し謎解きを進めるゲームシステムに由来する。 ゲーム進行 [ ] このゲームでは10日かけてカーニバルの準備を進め、11日目にカーニバルが開催される。 1日の終わりにはその日に起こった出来事を1つ選び、カーニバルのホームページに掲載する。 1日目 主人公のもとへチョコリンが現れ、カーニバルの開催を告げる。 町長からカーニバル委員に任命された主人公はカーニバルの名前を決定し、自分が管理するカーニバルのホームページで開催の告知をする。 この日は主人公の家があるクロまちから外へ出ることはできない。 2日目から9日目 カーニバル委員はミニパを駆使しながら町内を駆け回り、町の住人やモンピーをカーニバルに招待する。 同時に守護神を訪ね、供え物と引き換えにひかりのほしを譲り受ける。 ひかりのほしを貰うと1日が終了し、その日の準備経過をホームページに掲載する。 1周目では他の町内への移動が制限されるが、2周目以降はすべての町内を自由に移動できる。 10日目 8つ集まったひかりのほしを発電塔に納め、町長へ準備完了の報告をするとカーニバルの準備が終わる。 最終報告をホームページに掲載する。 11日目 カーニバル当日。 招待した人々がカーニバルに参加する。 ホームページごっこ [ ] ゲーム本編に登場するホームページを自分で作る機能「ホームページごっこ」も用意された。 ここではあらかじめ用意されたアイコンや壁紙、自作した文章を組み合わせて自分のホームページを作る。 作ったページは通信ケーブルを用い他のユーザーと交換することができる。 サンプルページとして三浦範子とさくらももこの共同ホームページも収録された。 用語と世界観 [ ] カラータウン 北 西 ムラサキまち 近未来の町 クロまち みどりの町 モモまち 和風の町 東 シロまち 砂漠の町 イエローパーク 中央公園 アオまち 水の町 ダイダイまち 石造りの町 アカまち 南国の町 ミドリまち ハイソな町 南 このゲームの舞台となる町。 住人からは単にタウンと呼ばれることもある。 町を流れる川によって9つの地域に区切られており、それぞれに色の名前が付けられている。 イエローパークを除く各町内には守護神を祀るほこらと石碑がある。 平和で静かな町だが、イエローパークのストーンサークルに納められていた宝石が盗まれ、夜を司る女神が行方不明になってからは永遠に昼間が続くようになった。 カーニバル カーニバルの妖精の登場により不定期に開催されるカラータウンの祭。 イエローパークで開催され、参加者はダンス、屋台の食べ物やゲームなどで盛り上がる。 カーニバル委員 カーニバルの準備係。 委員の仕事は各町の守護神を呼び覚まし、カーニバル開催時に必要なひかりのほしを入手してカーニバルの準備を進めることと、チラシを配るなどして人々をカーニバルに誘うこと。 委員には町長よりその身分の証として委員バッジが貸与される。 委員は子供だけしか選ばれない。 チョコリン ウサギのような長い耳と天使のような翼を持つカーニバルの妖精。 カーニバルの準備開始とともに姿を現し、終了とともに去っていく。 チョコリンに選ばれた子供はカーニバル委員となり、一緒にカーニバルの準備を進めていく。 語尾に「-っチョ」と付ける口癖を持つ。 守護神 各町に1人ずついる動物の姿をした。 石碑の謎を解き、ほこらに供え物を持っていくと現れる。 守護神はひかりのほしをカーニバル委員へ預け、町内に派手な飾り付けをする。 モンピー モンスターピープルの略。 このゲームの世界における人間以外の不思議な生き物の総称。 モンピーには廃品に命が宿った者、人間から転生した者など様々な者が存在する。 会話の際にはモンピー間だけで通用するモンピー語を織り交ぜることがある。 人間との交流に興味を持たず町には現れない者、何らかの事情で行方不明となっている者も多いが、最高のカーニバルを開催するには彼らも積極的に招待する必要がある。 ミニパ このゲームの世界で販売されているの製品名。 アルファベット表記は MiniP。 パソコン初級者向けの入門機として町の人々やモンピーにも広く普及している。 主人公の持つミニパには、、町の地図が用意されるが、メールは受信のみで送信はできない。

次の

experience-ccra-in.ctb.com:カスタマーレビュー: さくらももこのウキウキカーニバル

さくらももこ の ウキウキ カーニバル

という訳で、ももこさんにもお姉さんがいて、名前は三浦範子さんと言います。 「男」の部分が「宗教」に変わっている噂もあるようです。 しかしこれは悪質な都市伝説で、実際のお姉さんは、漫画家のマネージャーをしたり、ゲームソフトの原作を担当したりと、どちらかと言えばアクティブ。 『りぼん』は、『ちびまる子ちゃん』が連載されていた漫画雑誌ですね。 1994年には子供も生まれて、順調に見えた夫婦生活でしたが、1998年に離婚。 「うんのさしみ」という名前はもちろんペンネームですが、本名は公表されていません。 しかし、生年月日は公表されていて、1969年1月17日生まれなので、ももこさんより4歳年下になります。 「うんのさしみ」さんは、さくらももこさんの作品『神のちからっ子新聞』に、ボンバー編集部のイラスト担当のマンガ家として登場しています。 名前は、陽一郎さんと言われています。 息子さんのペンネームは「さくらめろん」でしたが、理由はメロンが好きなためだそうです。 ももこさんは桃が好きなのでしょうか? ちなみにももこさんは、息子さんに対して、自分が「さくらももこ」であることを長い間隠していました。 真実を告げられた時、息子さんはさぞビックリされたでしょうね。 ちなみに、二番目の息子さんの名前は、「ゆうひ」くんと言うらしく、2004年生まれとの情報も。 2004年ならばももこさんも39歳なので、不可能ではないですが、あくまで都市伝説上の話です。 そんな父・ヒロシさんの職業は、八百屋さんを営んでいたそうです。 実際は、八百屋さんはたたんでいますが、ご両親はご健在です。 しかし、ももこさんの現実の祖父は、正反対の存在であったことが、ももこさん自身によって明かされています。 現実のおじいさんは意地悪で冷たい人で、亡くなった時は家族の誰も涙を流さなかったとのこと。 漫画の中の友蔵さんは、理想のおじいさんを描いているのでしょうね。 これからは天国の上から、家族の人生を応援してくれることでしょう。 ご冥福をお祈り申し上げます。

次の

【GBA】懐かしのゲーム!さくらももこのウキウキカーニバル

さくらももこ の ウキウキ カーニバル

先日スラもりの記事を書いたが、スラもりをクリアした日にもうひとつゲームをクリアしたと言った。 今日はそのときクリアしたゲームのことを書いていこうと思う。 クリアしたのは「さくらももこのウキウキカーニバル」というGBAのゲームだ。 このゲームは2002年発売で、そのときまだホモにもなってなかった純粋だった当時の私はパッケージを見て面白そうだと思って叔父さんにおねだりして買ってもらった。 叔父さんもまさかその10数年後にキャバクラで当時働いてた私と偶然会うとは思わなかっただろう。 このゲームもリアルタイムでやっていたのだが、当時はクリアにめちゃくちゃ時間がかかった。 でも今回はやっぱり数時間でクリアできた。 完全クリアにはもう後3時間くらい必要な感じ。 まぁGBAは本当にやり込んだしそもそも簡単なゲーム多いしまぁ多少はね? で、このゲームはどんなゲームかっていうと、街のカーニバル委員に選ばれた主人公(カーニバルの妖精が家に来る)を操作して、街中の人にカーニバルのチラシを配りにいくゲームだ。 さらに、このゲームは「ホームページごっこ」といって、主人公の父親からプレゼントされたパソコン(通称ミニパ)を使って街の人が言った言葉を調べたり、街の八百屋とか本屋とかそういったお店のホームページを見たり、掲示板で情報を集めたりすることができる。 すべての人がひとつ返事でチラシを受け取ってくれるわけではないので、その「ミニパ」を使って情報を集めて、ボランティア活動をしたりするわけだ。 ちなみに、ゲームタイトルでわかるように、キャラデザはさくらももこで、シナリオとかの企画原案はさくらももこの実姉だそうだ。 この画像はネットから拾ってきた。 いくつかの街のノルマをすべてクリアしてカーニバルに臨むんだけど、のんびりしてて和むゲームだと思う。 もちろん戦闘とかないし。 写真はノルマをすべてクリアしてからカーニバル、エンディングまでの流れ。 何がなんだかわからないと思うけど、まあ見たとおりあまりに女の子向けなゲームだなって感じはある。 私的には懐かしかったので完全な全クリ(街全員にチラシを配った状態でのカーニバル)を目指してまたプレイしようと思います。 さっき4日ぶりくらいにウンコしたら力みすぎて腰の筋肉が筋肉痛になった.

次の