勘のいい子は嫌いだよ。 いい子が苦手な人いますか?

『勘のいいガキは嫌いだよ』

勘のいい子は嫌いだよ

いい子が苦手な人いますか? 大人とは思えない質問で申し訳ないです。 タイトル通りなんですが 友人にいい子な人がいてイラッとしてしまいます。 お酒の席で、こちらが「職場の先輩がアホでさー。 」というと 「その人にも絶対よいところがあるよ!」 「悪口ってよくないよ」 「今付き合ってる人、ちょっとダメ男かも。。 愚痴は良いが、相手をおとしめるのはダメらしい。 家で、なぜかわたしが外に出ている間に 家がキレイにかたづいていました。 まあ、(共通の)作業中で汚かったのですが。 置き手紙があって「頑張れ(ハートマーク)」 なんか疲れちゃいました。 彼女は母のような慈愛で接してきます。 これで嫌になるのは、わたしの心が狭いでしょうか。 まあ、合わないんですよね。 こういう人を鬱陶しいと思う質問者さまの気持、とてもよく分かります。 出来すぎているというか、結局、不自然なんです。 大昔ですが女流作家がこう言ったことがあります。 私は人のワルクチを全く言わない人を信用しない。 なかなか、含蓄のある言葉だと思いませんか? 自分が正しいと思うことはそっと実行すれば良いと思うのですね。 自分だけワルクチを言わなけりゃ良いんです。 それを人の言ったことまでをいちいち、訂正するというのは親切の押し売り、正しいことのおしつけになると思います。 でもね。 内心は彼女だって本当は貴方の意見に同意する部分があるからこそそれを自分で否定したいという思いがあるとは思います。 人の良くない面をわざと違うということは無理があるし、良い面ばかりを強調してそう思いたい自分を貫くことは自己欺瞞ではないかと私には思えるのです。 片付けは彼女が好きなんですからして貰って良いかと思いますが、置手紙までするのは行き過ぎですね。 押し付けがましいと思われても仕方ないかもしれません。 意外に思われるかもしれませんが、彼女のようなタイプはあんまり、人気が無いと思います。 率直でなくて臆病な面が、何となく、対する人の心に影を落とすからだと思います。 質問者さまは心が狭いのではないと思います。 数名のこういう人を私も知っていますが皆に共通して言えるのは臆病な面があり自己欺瞞に陥っているのだけれどそれに気がつかないという点だと思います。 そういう人に違和感を覚えるのは恐らく質問者さまだけではないだろうと思われます。 私も苦手です。 タイプが一緒かどうかはわかりませんけど、 誰もがあの子はいい子というような人。 悪口も言わないし、 ちょっと言う事があっても、そういうの言うのはよくないと思ってがまんしてて・・・といって打ち明けるような子。 最終的にはそういう子に限って、ささいな事ですが、裏切られるような事をされてしまい、どこか信用できない子だな・・・悪いコじゃないとは分かってるけど、、、と距離を置くようになりました。 (いい子というイメージだったから余計に裏切られた感が強くなります) 本人にはその自覚もないようで、悪気はないというか・・・ そういう子が自分のおもいあたるのに2人います。 偶然かもしれませんけど、どちらもB型ですねぇ。 関係ないかもしれませんけど。 共通点としては、派手な見た目ではないけど、男性からは高感度が高いです。 同性からは・・・・。 最初はいい子だなーって思っててもだんだん・・・・ 距離は置いてますが、あからさまに避けてはいません。 その辺は大人の対応で。 それとは別に本当に完璧に人の良い子もいます。 でも、なんか人間としての面白みを感じられず、やはり距離を置いた仲という感じです。 そして、自分が悪人なのかな?という風に思ってしまったり。 どうしても接する機会がある人なら、 ある程度聞き流して、あまり近づかないようにした方がいいと思いますね。 お互いの波長が合わないだけだと思いますよ~ #1です。 愚痴を批判しちゃあ、いけないんだけどね。 彼女の絶対的ルールとして、「人を悪く言ってはいけない」というルールがあるようです。 しかし、実際はムカツク相手もたくさんいるわけで、それを自身の感情を無視してまで良く受け取ろうとするから、心が悲鳴を上げてるはずですよ。 相当な無理をしている、と思えました。 誰かが諭してあげられたら、彼女は救われるのでしょうがね。 「そこまで無理して、他人をほめなくったっていいんだよ」と。 しかし、彼女はそれを頑なに拒むでしょうね。 「どうして、嫌な思いをさせられている相手まで、ほめなきゃいけないの?」とも聞いてみたいです。 人間、頭に来ることは誰だってありますよ。 それを「頭にきた~!」と叫んで発散させないと、陰にこもってしまいます。 彼女の正論は、ストレスにしかならないこと、分かってくれるといいんですがね。 はっきりと、「愚痴なんだから、うんうんと聞き流してくれたらいいの!」と言えば、彼女はどんな顔をするでしょうか? わかる気がします。 でもそれは、ご質問者様の心が狭いからな訳でも、彼女が良い人すぎるからな訳でもないと思います。 ご質問者様がいったとおり、合わないだけだと思います。 つまり、自分の価値観と彼女の価値観があまりにも違いすぎているから苦手なだけだと思いますよ。 たしかにその人は本当に良い人で悪意はまったくないのでしょうが、空気を読めない善意は「おせっかい」になりかねませんからね。 確かに相手をおとしめるような行動は良くないですが、その場の雰囲気でちょっと言葉に出てしまった程度の悪口なら、笑って流すくらいの方がむしろ心が広いと思います。 本当に問題にすべき悪口と、場の雰囲気で出た冗談とは違いますしね。 彼女にはきっとその区別がないんじゃないでしょうか? ある意味、空気が読めない人なんだと・・・ ご参考まで。 なんとなく分かります。 こっちが相談しているのに批判されて、そういうこというのは良くないと言われるとちょっとイラッときますね。 相手の言っていることもよく分かるのですが、本当に理不尽な目に合った場合に言われると偽善者だなと思ってしまう時もあります。 あまり度が過ぎると綺麗事に聞こえるんですよね。 誰でも自分に賛成してくれて気の合う人が良いと思うのはあたりまえです。 合わないなら付き合うのを止めればいいと思います。 ですが、これからいろんな方々に批判されるようなことを言われても受け止めることが出来るようにはしておいた方がいいです。 ためになることもありますから。 自分が間違っていないと思う時は我が道を行って下さい。 A ベストアンサー んなもん表面上だけの中身のないうすっぺらい友達ごっこによくあるパターンじゃん。 珍しくもなんともないよ。 表面ではみんな友達ごっこしていて、仲よさそうに見えるけど、みんな誰の事も信じてない。 誰かの悪口を言えばそれに同調して悪口を言い、自分が悪口の対象で無い事に安堵する。 だけど自分のいない場所で自分が悪口の対象になっているんじゃないかと心配になるから常に群れる。 やはり自分が対象になりたくないから誰かを対象にしようとする。 結果的に人の悪口を言わない人なんかを、ぶりっこだ裏があると言って対象にする。 それによって性格の悪い奴らは自分らの仲間内に対象を見つけなくて済む。 こんな光景は腐るほど見てきた。 これから先の人生でも目にする機会は多いかもね。 もはやありふれているからあんまり驚かないかな。 学校や会社の中ってのは、結局社会の縮図。 いずれも所属する集団のレベルが分けられている事(偏差値とかでね)が多いから、今ある環境に不満なのだとしたら、そういうレベルから脱却する為に、一生懸命勉強したり、一生懸命仕事するのが良い。 偏差値や企業価値が良いから良い人がいるんじゃなくて、その集団がどういう文化を持っているかだ。 良い人が集まりやすくて良い環境の文化が形成されている集団であれば、そんな事はあまりないはずだよ。 だから勉強するなり仕事するなりして、どんな集団でも選択することができる状態にしておくのが良いんだよ。 んなもん表面上だけの中身のないうすっぺらい友達ごっこによくあるパターンじゃん。 珍しくもなんともないよ。 表面ではみんな友達ごっこしていて、仲よさそうに見えるけど、みんな誰の事も信じてない。 誰かの悪口を言えばそれに同調して悪口を言い、自分が悪口の対象で無い事に安堵する。 だけど自分のいない場所で自分が悪口の対象になっているんじゃないかと心配になるから常に群れる。 やはり自分が対象になりたくないから誰かを対象にしようとする。 結果的に人の悪口を言わない人なんかを、ぶりっこだ裏が... Q 仲良くなった友達の事を、必ずといっていい程、嫌いになってしまいます。 そんな自分も嫌いです。 割と小さい頃からそうなのですが、始めは、この子(同姓)ともっと仲良くなりたいというところから 始まります。 とても好印象で、もっとこの子の事を知りたいと思い、こちらから話しかけるようにして、 徐々に友達になっていきます。 最初のうちはこの子と友達になれて良かったな、とかこの子といると楽しいなと思えます。 しかしだんだん、気持ちが変わってくるのです。 2,3ヶ月位経ってからだと思います。 その子のことをだんだんたくさん知っていくうちに、嫌いになってしまうのです。 人間誰でも悪い所は多少は持っているというのは理解しているつもりです。 その子の周りの評判は特別悪いというわけでもありません。 ですから、性格の悪い嫌なヤツというわけではないのです。 でも私はなぜかすごく嫌いになってしまいます。 これは私自身が器が小さく、性格が悪いということなのでしょうか。 また、同姓のみならず、彼氏に対しても同様だったりします。 今ちょうど付き合うようになって3ヶ月程が経ち、心の中でだんだん嫌いになってきているのを感じます。 良いところもたくさん知っているのですが… もしかすると、私は少しでも自分の思い通りに行かないようなことがあると許せないのかも知れません。 このように、仲良くなればなるほどその人を嫌いになってしまう、自分の性格を直したいと思っています。 このままだとこの先も、仲良くなっても徐々に嫌いになってしまうという事を繰り返してしまいそうで、怖いです。 どうしたらその人を嫌いにならず、受け入れることができるのでしょうか。 仲良くなった友達の事を、必ずといっていい程、嫌いになってしまいます。 そんな自分も嫌いです。 割と小さい頃からそうなのですが、始めは、この子(同姓)ともっと仲良くなりたいというところから 始まります。 とても好印象で、もっとこの子の事を知りたいと思い、こちらから話しかけるようにして、 徐々に友達になっていきます。 最初のうちはこの子と友達になれて良かったな、とかこの子といると楽しいなと思えます。 しかしだんだん、気持ちが変わってくるのです。 2,3ヶ月位経ってからだと思います... A ベストアンサー こんにちは。 私も昔から 今四十八歳ですが そういうところがあり、いろいろと社会心理学の本などを読んで勉強した時期もあります。 「加藤諦三」先生のご本を読むと、「親しくなると不機嫌になる人の心理」がくわしく載っています。 本当に笑ってしまうくらい、あなたや私の心理状態にぴったりなんですよ。 ネットで「加藤諦三」と入れて検索してみてください。 先生ご自身のサイトもあって、著書の題名などもたくさん載ってますから。 内容は・・・まず、人間は誰でも誰かと親しくなりたい欲求を持っている。 しかし、ある種の考え方をする人間は、「自分自身をさらけ出す 自分の欲求をそのまま表現するなど ことによって、相手に嫌われるのではないか」、と思い込んでいるので、自分自身の欲求を押さえ込み続けて、相手との関係を良好に保とうとする。 そしてそれを続けるうちに、それをさせている相手、親しくなりたい相手自身を憎いと思うようになってしまう。 「ある種の考え方をする人間」・・・これは、「自分はそのままでいてはいけない。 相手の要求するような自分でいなくてはいけない。 」と考えている人のこと、と先生の著書には書かれていることが多いです。 ・・・子供の頃から、親にいつも「子供らしく」「上機嫌でいる」ことを求められ続けたりした人に多いようなんですが。 私は初めて加藤先生のご本を読んだ時 二十三歳くらいでした 、大声で泣いてしまいました。 もし良かったら、読んでみて下さい。 もしも「私はちがうな」と思われたら、図書館で借りるのでも良いですから、いろんな 心理学とは限りません 本を読んでみることをお勧めします。 こんにちは。 私も昔から 今四十八歳ですが そういうところがあり、いろいろと社会心理学の本などを読んで勉強した時期もあります。 「加藤諦三」先生のご本を読むと、「親しくなると不機嫌になる人の心理」がくわしく載っています。 本当に笑ってしまうくらい、あなたや私の心理状態にぴったりなんですよ。 ネットで「加藤諦三」と入れて検索してみてください。 先生ご自身のサイトもあって、著書の題名などもたくさん載ってますから。 内容は・・・まず、人間は誰でも誰かと親しくなりたい欲求を持っ... Q 悪口を言わない人ですか?礼儀正しい人、先生などから真面目と言われる人ですか? ちょっと気になって調べてみたら、上記の内容がそれぞれ出てきて、私に当てはまっててビックリしました。 私は悪口は言いません。 影でコソコソ言われるのはいい気分じゃないし怖いし、同調もしません。 でも、よっぽどの愚痴や相談はします。 礼儀は、親や先生から教わった通りにやっています(先生などの目上の方には敬語で話す。 や、廊下ですれ違ったら、挨拶をして会釈をする等)でも、友達のように仲のいい先生や、小さい頃から親しい大人にはタメ口で話しています。 あと、私はよく真面目と言われます。 何が真面目かは分かりませんが、人並みに怠惰な所もあるし、昔から、やるべき事よりやりたいこと!みたいな精神です。 そしてよく、いい子と言われます。 高校生になって一時期、先生から期待されていた時期があり、その時は確かに、もっといい子でいようとしていました。 基本的に、自分のやりたいことを好きなようにやってます。 いい子を「している」つもりは無いです。 ごく自然体だと思います。 思ったことを書いていったので、まとまりの無い文でしたらごめんなさい。 私は悪口は言いません。 影でコソコソ言われるのはいい気分じゃないし怖いし、同調もしません。 でも、よっぽどの愚痴や相談はします。 礼儀は、親や先生から教わった通りにやっています(先生などの目上の方には敬語で話す。 や、廊下ですれ違ったら、挨拶をして会釈をする等)でも、友達のように仲のいい先生や、小さい頃か... Q 職場にすごく嫌いな人がいるとき、皆さんはどうしますか? 今派遣で働いている30代・女性ですが、隣の部署の女性がとても鬱陶しく感じ、 最近では大変なストレスになってきました。 そのことばかり考えてしまいます。 というのも、私は同じ部署の派遣で仲の良い2人がいるのですが、 隣の部署の派遣女性が、毎日毎日しょっちゅうその人たちの所へ話しかけに来て、 長時間おしゃべりしたり、お菓子など物をあげに来るのです。 私も少しは馴染もうと、なるべく明るく接して、会えばプライベートなことも 少し話すようにはなりましたが、それでも、前述の二人ばかりに毎日くっついて 席に長時間入り浸っていきます。 嫉妬?心が狭い?と自分でも気にしないようにしようとしても、場所移動で移ってきたばかりで 急激に私と同じ部署の女性と仲良くなり、図々しくもどんどんこちらのテリトリーに入ってくる。 (そのくせ私とは仲良くなろうという気配がないし)はたから見ると まるで、何故か別の部署の人に、私が仲間はずれにされているような構図です。 もう毎日腹が立って仕方ありません。 その人がいなければ万事とても上手く行っていたのに、本当にどこか行って欲しい・・と・・。 大人気ない愚痴のようで申し訳ありません・・ 適当にこの事態に対応するのも、限界になってきています。 職場に嫌いな人が居る場合、皆さんはどうされていますか・・ どうしたら心を平穏に保つことが出来るでしょうか・・。 お手数ですが、ご回答頂けると大変嬉しいです。 宜しくお願い致します。 職場にすごく嫌いな人がいるとき、皆さんはどうしますか? 今派遣で働いている30代・女性ですが、隣の部署の女性がとても鬱陶しく感じ、 最近では大変なストレスになってきました。 そのことばかり考えてしまいます。 というのも、私は同じ部署の派遣で仲の良い2人がいるのですが、 隣の部署の派遣女性が、毎日毎日しょっちゅうその人たちの所へ話しかけに来て、 長時間おしゃべりしたり、お菓子など物をあげに来るのです。 私も少しは馴染もうと、なるべく明るく接して、会えばプライベートなことも 少し話すよ... A ベストアンサー あー、分かります。 私にも、「本当に消えていなくなって、もう二度と視界に現れないでほしい!」 と思うくらい、大嫌いな人が職場にいます。 私の場合も、その人とは仕事のグループが違うのですが、 同じフロア、同じ空間で仕事をしているので、仕事の日は必ず顔を見ることになります。 私は彼女からは明らかに嫌われているし、私も前に書いたとおり彼女が大っ嫌いなので、 お互い必要最低限のことしかしゃべりません。 ただ私の職場のパートさんたちの間に、 韓流ドラマ好きのグループ(あくまでも趣味のグループで仕事のグループはバラバラです)があって、 よくDVDの貸し借りをしたり、情報交換などをしているのですが、 私のグループのおばちゃん数人と彼女は、その韓流ドラマ好きのグループのメンバーなので、 仕事の手が空くと、しょっちゅう私のいるグループにやって来ては、 ダラダラと韓流ドラマの話をしていきます。 彼女は仕事もけっこうできるベテランで、私とはキャリアも全然違うし、 また性格がジャイアンなのでハッキリと注意できる人がほとんどなく、まさに我がもの顔です。 で、私がどうしているかですが、やっぱり無視するのが一番です。 いちいち誰かに聞かなくても、仕事が進められるようにさっさと仕事を覚えて、 (彼女がいないときにできるだけやり方を聞いておいて) 彼女たちが韓流ドラマの話で盛り上がってる横でさっさと仕事を進めます。 そりゃ、本音を言うと絶対来ないでほしいし、というか、できれば消えてほしいと思ってますが、 まあ、仕事さえキチンとやってれば、職場的には文句はないでしょうから。 余談ですが・・・、私も最初から今のように考えられたわけじゃありません。 以前は、あなたと同じように、大嫌いな彼女の存在が気になって悩んでいた時期がありました。 たとえ気休めでも、せめて何かお守りになればと思って、 嫌な人を遠ざける効果があるというオニキスという石のアクセサリーを持つようにしました。 彼女は相変わらず、我が物顔でのさばってるし、私のグループにもやって来ますが、 以前ほど気にならなくなりました。 まあ、オニキスの効果かどうかは分かりませんが(笑)。 あと、プライベートで何か楽しみを持つのも、いい気分転換になりますよ。 上手にストレス解消しながら、仕事は仕事でキチンとこなす、 これができれば馬耳東風で、気にせずやり過ごせるようになるのではないでしょうか。 あー、分かります。 私にも、「本当に消えていなくなって、もう二度と視界に現れないでほしい!」 と思うくらい、大嫌いな人が職場にいます。 私の場合も、その人とは仕事のグループが違うのですが、 同じフロア、同じ空間で仕事をしているので、仕事の日は必ず顔を見ることになります。 私は彼女からは明らかに嫌われているし、私も前に書いたとおり彼女が大っ嫌いなので、 お互い必要最低限のことしかしゃべりません。 ただ私の職場のパートさんたちの間に、 韓流ドラマ好きのグループ(あくまでも趣味のグルー... Q 職場の同僚女性が嫌いで、最近はその人が居なくなる事ばかり望んでいます。 彼女は3歳年上ですが、職場では私が2年先輩で、6年間一緒に働いています。 入社当初から、上司が外出するとすぐに携帯でメールを始めます。 何時間でも。 誰かが休みだと、必ずその人の悪口を言います。 次に悪口を言ってた人に、更に別の人の悪口を言います。 それがエンドレスです。 職場に管理職が誰も居なくなると、用事も無いのに外出します。 早くて30分。 長い時は2時間以上帰ってきません。 家が近いので、多分家に帰っているのだと思います。 他にも仕事への不真面目すぎる姿勢や、発言や行動の自分勝手さなど、正直大嫌いです。 上司や同僚も、彼女のそんな行動は ある程度はわかっていますが、 とにかく、ずる賢さのスキルは高く、周りを上手く使って何事もなく未だ仕事を続けています。 私は、彼女の行動や勤務態度を、会社にぶちまけてしまいたいのが本音ですが、 メンタルに弱い自分は、自分が原因で争い事やギクシャクする事が怖く、 結局は彼女と、表面だけでも上手く付き合っているフリを、もうずっと何年も続けてきました。 ですが、ここ最近、とにかく彼女が職場にいる事にストレスを感じ、 「こんなに不真面目で自分勝手な人は、クビになって会社から居なくなればいい!!」と 本気で思うようになりました。 あまりにもイライラし、ここ数日、彼女のメールしてる時間や外出時間を メモに記録している自分がいます。 (そんな事、仕事中にしてはいけないのはわかっています。 ) 会社に提出する気なんてありませんが、自分のストレスから来る行動で、 どうしても記録したくなり、自分も今、相当病んでいると思っています。 仕事に集中すれば、そんな事は気にならなくなると言いますが、 毎日約10時間。 会社にいるこの長い時間、他の人を気にしないで仕事が出来るほど 私はできた人間ではありません。 こんな私が、今 どうやって彼女への不満や、居なくなればいいと思うストレスを 対処したらよいでしょうか。 自分でも どんなアドバイスが欲しいのかよくわからないのですが、 書き込みさせて頂きました。 宜しくお願いします。 職場の同僚女性が嫌いで、最近はその人が居なくなる事ばかり望んでいます。 彼女は3歳年上ですが、職場では私が2年先輩で、6年間一緒に働いています。 入社当初から、上司が外出するとすぐに携帯でメールを始めます。 何時間でも。 誰かが休みだと、必ずその人の悪口を言います。 次に悪口を言ってた人に、更に別の人の悪口を言います。 それがエンドレスです。 職場に管理職が誰も居なくなると、用事も無いのに外出します。 早くて30分。 長い時は2時間以上帰ってきません。 家が近いので、多分家に帰ってい... A ベストアンサー 相手を変えようとしても無理なんだよね? 貴方のイライラやもやもやって。 実は周りの人たちにとっても「共通」している事でしょ? ただ、彼女は「要所」を抑えている。 本当にだらしない「だけ」なら。 貴方が言わなくても、誰かが言っているよ。 でも、彼女は抑える所は抑えている。 そして必要無い所ではうんと自由にやっている。 その器用さや狡猾さが貴方には鼻につくんだと思う。 そういう状態で成り立っている「今」に対しても。 逆に言えば、 貴方は今までよくそこで頑張って来たんじゃない? ただね、 ここで感情的にひっくり返すような事をしても。 結局メンタル的に脆い貴方が潰れるだけ。 相手からではなくて、 事を「動かした」状態を自分で抱えきれなくなって。 貴方が職場を外れる事になる。 それはもったいない。 特別な事が出来るなら、 既に貴方は考えてやっている筈。 今の貴方に出来る事があるなら、 少しでも自分の中の風通しを良くしてあげる事。 他の会社の仲間たちにはそれとなく愚痴っても大丈夫だよ。 そして、周り「は」彼女をどう捉えているのか? それを客観的に感じてみればいい。 主観的に高め過ぎてしまうと。 今までは何となく表面的に仲良く振る舞っていたけど。 最近はそれ自体にも疲れているんだと。 そういう状態が「ある」事を。 貴方は親しい人に受け止めて貰う事。 貴方のストレスもシェアしてもらう事。 貴方「一人」が率先して抱える問題ではないから。 イライラは消えないよ。 でも、貴方をかき乱すレベル「以下」に整える事は 出来る筈。 確かに彼女は気になる存在だけど。 社内の中の人間関係の「一人」であって、 ワンオブゼムなんだよね? しかも貴方の方が先輩。 貴方は貴方のペースで良いんだよ。 別に貴方が出来た人間かどうかは問わない。 ただ、自分を知る事。 貴方なりに自分というバランスを整えていく事。 メンタル的に不安定になりやすいからこそ、 一人で内側に内側に思いを籠めてしまわないで。 風通しの良い自分も心掛けていく事。 別に職場の人じゃなくても構わない、 彼氏でも家族でも、他の友人でも。 誰でも良い。 とにかく貴方のイライラを「わかって」もらうだけで。 貴方の足元の不安定感は変わっていくよ? 折角その場所で頑張り続ける事を「選んで」来たんだから。 実は周りの人たちにとっても「共通」している事でしょ? ただ、彼女は「要所」を抑えている。 本当にだらしない「だけ」なら。 貴方が言わなくても、誰かが言っているよ。 でも、彼女は抑える所は抑えている。 そして必要無い所ではうんと自由にやっている。 その器用さや狡猾さが貴方には鼻につくんだと思う。 そういう状態で成り立っている「今」に対しても。 逆に言えば、 貴方は今までよくそこで頑張って来たんじゃない? ただね、 こ... A ベストアンサー 甘やかされて育つ。 皆さんが書かれているように、叱られずに育つということですよね。 甘やかされた子はわがまま、厳しく育った子供は我慢が出来る、でも実際にはそれほど単純ではないんです。 まず、叱ると褒めるが表裏であると言う事をよく考えてみてください。 甘やかされて育つということは、実は叱られずに育つということになり、叱るがないから褒められるがない、つまり本当の意味で褒められた事がないと言えます。 よくあるパタンですが、甘やかされて育った人は、褒められていないので物事に対する達成感がなく(実際には分からない)、どこまでやっても『やり遂げた』という気持ちがあまり具体的にわいてこず、そのうちに『出来ていないんじゃないか』『不十分なんじゃないか』といった不安感に襲われ、やる前から諦めてしまう、さらに悪い状態なら欝になる。 厳しく育てられてきた場合は逆に、厳しい事を聞かなければならないというプレッシャーから、人の顔色を見て育つようになりがちです。 求められている事をきちんとこなしているか、これで叱られないだろうか。 なので叱られる事がないようにするために褒められる事もなくなり、結果愛情を求めるようになってしまい傾向があります。 そう考えると、kiccaさんのおっしゃるとおり、やはり叱るべきところはきちんと叱り、その上で甘やかす部分も作ってあげ、そのメリハリをきちんとしてあげるというのが理想だといえますね。 叱る事によって社会のルールをきちんと理解させてあげ、褒める事によってその子のもつ才能を伸ばしてあげる。 時には自分の行いを子供の前で反省する事もあってもいいですし、あえて子供を褒めるように料理のお手伝いを頼んでみたり(きれいに切れたね、上手に盛り付けられたね、など)。 それによって、自分自身の『気付き』も生まれてくるものですよ。 子供を育てるのではなく、子供の人生を育てる事が本当の意味での『育児』なんですよ。 甘やかされて育つ。 皆さんが書かれているように、叱られずに育つということですよね。 甘やかされた子はわがまま、厳しく育った子供は我慢が出来る、でも実際にはそれほど単純ではないんです。 まず、叱ると褒めるが表裏であると言う事をよく考えてみてください。 甘やかされて育つということは、実は叱られずに育つということになり、叱るがないから褒められるがない、つまり本当の意味で褒められた事がないと言えます。 よくあるパタンですが、甘やかされて育った人は、褒められていないので物事に対す... Q 多分いい人なのだろうとおもいますが、 初対面のときから、どうしても好きになれない人がいます。 でも私が嫌いと思うのは私のわがままでしょうか。 その人にとっては自然な行動なのですが、 むしろ親切なぐらいで・・・ でも私はなんか嫌なのです。 その人の存在自体がもう受け入れられません。 他の人がどう思ってるかはわかりませんが、私はどうしても 苦手です。 明確に嫌な人なら、嫌いって思っても罪悪感を感じないのですが。 何が嫌なのか言葉では説明できません。 悪い人ではないけど、好きになれない。 これは自然な感情ですか? 冷たく接してしまうと「悪い人」ではないのに、と 自己嫌悪に陥ります。 アドバイスをお願いします。 A ベストアンサー 私もそういう人、友達ですがいますよ。 私の場合その人が嫌なのもあって会社を辞めたくらいです。 いい人なんですが、いい人なのが鼻につくんです。 自分の方が気に食わないと思っているのに、冷たくするとなぜか自分だけが黒く汚れたような気がしました。 嫌われるようにわざとひどい事を言ったりもしました。 結局は、自分とは気が合わないんだと、そういう事なんだと思います。 たとえ一般的にいい人と言われていても、そのいい人全員と仲良くできるはずもないです。 だから自己嫌悪に陥ることなんて全然ないと思いますよ。 わがままじゃないです。 嫌いと割り切ってしまった方がまだうまくその人と接することができる、という事もありますしね。 A ベストアンサー 自分の物差しでの回答になってしまいます。 ですので、気に入らない表現があるかもしれませんがその点はご了承下さい。 >人に(自分に対して)気を使われると、不快に感じてしまうのは何故でしょうか? 何故相手が自分に気を使うのか分析してしまうからじゃないでしょうか。 私もどちらかというと気を使われるのは苦手です。 さりげない気配りなら素直に嬉しいのですが、 「えっ?そこまで気を使われると…。 」と思うことは良くあります。 私の場合はその感情の根っこには母との関係が大きいです。 母は子供に気遣いを強制する人でした。 子供が4人もいれば忙しいので当然のことではありますが、母は気遣いが出来る人こそが本当の素晴らしい人間であるかのように繰り返し、繰り返し、気配りの優れた同年代の余所の子供の話だとか、自分の少女時代の苦労話をする人でした。 実際、実家に帰れば母は気遣いをしてくれます。 今は脳梗塞の後遺症で軽い認知症と失語症もあって、以前のようには会話や料理がスムーズには行かないのですが、それでも精一杯のもてなしをしようと頑張ってくれます。 実家は父が亡くなり、今は母は長姉と二人暮らしです。 」を繰り返します。 タイマー録画のチェックをしようものなら、 「お姉ちゃん、そんなことしている時間あるの?遅刻するわよ?」 そして正月のおせちの蟹の殻までむいてやります。 でも、認知症が災いして、手をしゃぶりながら殻をむくのです。 姉はもう子供がいてもおかしくない年なので、度を超した母の気遣いにはもう、うんざりしています。 「もう、解っているから!ちゃんと時間配分して余裕を見てやっているから!!」 「私、その蟹いらない!!」 どちらの気持ちも解るので、見ているこちらも辛くなります。 母は認知症になってしまったので、以前のようには手料理が思うようには作れません。 その事を気に病んで少しでも姉の手を煩わせまいと、姉にとってはお節介なことをしてしまうようなのです。 母は早くに父親 私から見れば祖父 を亡くし、忙しい母親 同じく祖母 に代わって少女時代から自分のことは後回しにして幼い弟妹達に尽くしてきたので、そのような生き方しかできないのです。 父の存命中はあまりそういった母の性格は目立たなかったのですが、今は顕著です。 きちんと診断したことはなかったのですが、父は躁鬱病の典型のような人でした。 酒によって暴れるので、夜中にみんなで家を逃げ出したこともあります。 テーブルが飛んできたこともありましたし、私も殴られて宙を飛んだことがあります。 世話好きの母には父のように手の掛かる人はぴったりだったのでしょう。 そんな姿を見てきたからか、私は母に気を使われるのが嫌なときがあります。 繰り返し気遣いの大切さを説かれてきたことも相俟って、気遣いとは自分の能力の限界までやらなくてはならないもので、気遣われたものも誠心誠意を持って返さねばならないのだと言われているように感じてしまうのです。 感謝しろと操作されているようで嫌なのです。 精一杯気遣われると窮屈で窒息感を感じてしまうのです。 質問者さん自身を知らない私が書くことは唯の推測ですが、恐らく質問者さんは、人を気遣うとき誠心誠意を込めて気遣っていらっしゃたのではないでしょうか。 だから人から気遣いを感じてしまうと窮屈に思えて不快なのだと思います。 見返りなどのないさりげない優しさに触れる機会があまりなかったのではないかと思います。 もしかすると本当はそんな場面に出会っていたのかも知れないのに、幼少期からの刷り込みが強くて解らなかったのかも知れません。 重たくない優しさに数多く触れるには、素顔の自分を相手に見せることだと思います。 自分も素にならないと相手のことを構えて見てしまいます。 身構えていると素直に優しさとは受け取れずに、フィルターが掛かって見えてしまうのです。 気遣いを気遣いと感じさせない人に出会えると解るようになると思うのですが、まだ出会えていないのか、質問者さんが身構えすぎなのか…? 何れにしろ、人はいつもいつでも身構え続けられるものではないです。 ふと素に戻ったときに優しさに触れることが出来たら、気遣いを分析してしまう様なことは無くなるのではないかと思います。 そのときは計算では解りません。 ある日突然やってくるものなのではないでしょうか。 人の感情をあれこれ穿鑿してしまう間は難しいのだと思います。 結局のところ人の本心は自分には分からず、唯の憶測で考えても無駄なことが多いのだと認めてしまえれば、人からの気遣いを素直に受けることが出来るようになるのではないでしょうか。 自分の物差しでの回答になってしまいます。 ですので、気に入らない表現があるかもしれませんがその点はご了承下さい。 >人に(自分に対して)気を使われると、不快に感じてしまうのは何故でしょうか? 何故相手が自分に気を使うのか分析してしまうからじゃないでしょうか。 私もどちらかというと気を使われるのは苦手です。 さりげない気配りなら素直に嬉しいのですが、 「えっ?そこまで気を使われると…。 」と思うことは良くあります。 私の場合はその感情の根っこには母との関係が大きいです。... Q 冷静に見ても、 「ハキハキしていてポンポン物を言い、弁舌滑らかでキツめの毒を普段から吐く(軽口を叩くことが簡単にできる)性質の人たち」というのは、 逆のタイプ(「おっとりした物言いで、言葉を選びながらしゃべり、反論・悪口を言う事無く、いろいろと我慢してしまう性質の人」が犯したミスにはキツくあたることが多いです。 また、このような人達(ハキハキしている強気の人)は、仲間内のミスには優しく甘く、まるでなかったことのように接するのですが、逆のタイプ(おっとりしていて反論しない人)のミスには、一つ一つ騒ぎ立てて目くじらを立てます。 彼ら(気が強い人達)は、自分たちの態度や見方の不公平さに、気づいているのでしょうか?不公平さに、引け目を感じることがないのでしょうか?ターゲットにした大人しくて弱く見られがちな人に聞こえるように、言葉でボコボコに攻撃すれば、彼らは満足感が得られるのでしょうか?一体、どういう心理なのでしょうか?おっとりした人を、精神的に追い込んで、周囲にもその人のミスを認知させ、追放しよう(辞めさせよう)と努力しているのでしょうか? 冷静に見ても、 「ハキハキしていてポンポン物を言い、弁舌滑らかでキツめの毒を普段から吐く(軽口を叩くことが簡単にできる)性質の人たち」というのは、 逆のタイプ(「おっとりした物言いで、言葉を選びながらしゃべり、反論・悪口を言う事無く、いろいろと我慢してしまう性質の人」が犯したミスにはキツくあたることが多いです。 また、このような人達(ハキハキしている強気の人)は、仲間内のミスには優しく甘く、まるでなかったことのように接するのですが、逆のタイプ(おっとりしていて反論しない... A ベストアンサー たぶん、その人たちは、そうすることで自分を守っているんでは。 自分がおとなしくないなら色々言われないだろうって思っているか、おとなしい人を責めとけば、みんながそのおとなしい人が仕事出来ないと思うから、自分は仕事出来ないとは思われないと思っているとか。 または、人とつるみ、人にこびることで自分のミスをごまかしてもらおうとしているとか。 だれかを標的にして自分を守るしかすべがないのかも。 中には他人にきつくあたることでストレス発散している人もいます。 私の職場にそっくりですね。 どこも同じなんですね。 あきれる。 私は、むやみやたらにすみませんを言うのはやめました。 そして、言い訳にならないようにはっきり堂々とものを言うようにしました。 そしたらだいぶ変わりましたよ。 会社では別人格になりましょう。 演技です。 そして、私はミスをなくす努力をたくさんしました。 仕事がはやくなるように努力もたくさんしました。 でも、まだ、誰にも何も損失をあたえないささいなミス(誰もいない、何も置かれていない場所を歩いていてうっかりこけそうになっただけで叱られるとか)を拾い上げてつつかれます。 わざわざ拾い上げてやろうと必死な人もいます。 だから、いびりに慣れるしかありません。 いびりが当たり前、いびられて給料がもらえると考えるしかありません。 私なんて腕が人に少し軽くあたっただけで、骨折して病院に行くことになったら病院代払えよ、会社休んだら休んだ分の保証を払えよ、骨折したらどう責任取るんじゃって言われました。 そんなの毎日です。 たぶん、その人たちは、そうすることで自分を守っているんでは。 自分がおとなしくないなら色々言われないだろうって思っているか、おとなしい人を責めとけば、みんながそのおとなしい人が仕事出来ないと思うから、自分は仕事出来ないとは思われないと思っているとか。 または、人とつるみ、人にこびることで自分のミスをごまかしてもらおうとしているとか。 だれかを標的にして自分を守るしかすべがないのかも。 中には他人にきつくあたることでストレス発散している人もいます。 私の職場にそっくりですね... Q 私には、とても良い性格の友達がいます。 貴女の言っていることを否定するようで悪いですが、その子はそんなにいい子でしょうか? 人間なので色んな感情がありますから、そんな神様仏様みたいな人はこの世にいませんよ。 少なくとも私は出会った事がありません。 貴女はその子の優しさの暗示にかかり、特別な存在だと思い込んでしまっているだけです。 冷静になりましょう。 案外偽善者なだけかもしれません。 そもそも、貴女がその子に対して萎縮したり劣等感を持つ必要は全くありません。 もっと堂々としていればいいです。 それにその子の事を本当に好きなら、いいところを真似しようとかお手本にしようと考えるようにするといいです。 そうやって前向きに努力している子の方が、何倍も輝いて見えますよ。 自信持ってね!.

次の

君のような勘のいいガキは嫌いだよとは (キミノヨウナカンノイイガキハキライダヨとは) [単語記事]

勘のいい子は嫌いだよ

子どもがプール嫌いになる主な原因とは 最初から水を怖がることなくプールに入って行けるお子さまもいれば、顔にちょっとでも水がかかると泣き出してしまうお子さまなど、プールでは様々な子供たちの姿を見ることができます。 水に対して嫌な印象を持ってしまうケースとしては、「肌に触れた水が想像以上に冷たかった」や、「突然顔に水がかかってきて恐怖感を感じてしまった」などがあります。 水が原因で嫌な思いをした経験が、水にネガティブな印象を持ってしまう1つの原因となる場合があります。 鼻に水が入った時のツンとした痛みや、耳に水が入った時の不快感は、子供たちの「水=嫌なもの」というイメージの要因になると考えられます。 しかし、子供からしてみればその経験は恐怖以外のなにものでもないのです。 ほかにも、興味本位で足のつかないような深いプールに入って溺れそうになった等、プールという環境下で何かしらの恐怖を感じた子供は、その恐怖心からプールが苦手になってしまうことがあるようです。 プールが嫌だ!と子供が言い出したらどう対処する? プールの季節が始まると同時に、プール嫌いのお子さまをもつ保護者の方は、お子さまの「プール嫌だ!」という言葉で頭を悩ませるのではないでしょうか。 そのため、嫌がるお子さまになんとかプールに慣れてもらおうと努力する保護者の方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、そういった熱心な気持ちもよくわかるのですが、実はプール嫌いのお子さまにとってその対応は逆効果です。 お子さまの「プールに入りたくない」という気持ちを無視した行動となってしまい、その影響でお子さまが「幼稚園に行きたくない」という気持ちに繋がってしまう懸念もあります。 早くプールに慣れてほしい気持ちはグッとこらえ、まずはお子さまの気持ちに寄り添ってあげましょう。 プール嫌いのお子さまにとって、プールの季節は毎日嫌なことと向き合わなければいけない時期。 その日を乗り越えても、また翌日には苦手とするプールとにらめっこしないといけません。 そんな時には、まずお子さまの不安な気持ちにしっかりと耳を傾け、受け止めてあげましょう。 なぜプールが嫌なのか、プールのどんなところが苦手なのかを聞いてあげることで、お子さまの不安をやわらげてあげるようにしてください。 ただ単に「頑張ろうね!」というような声かけではなく、「お風呂で一緒に練習してみようか」や「怖い気持ちがなくなったら、頑張ってみようね」など、具体的な声かけがよいでしょう。 「嫌だと言えば保護者に守ってもらえる」という風にお子さまが思わないよう、苦手なことへも立ち向かっていけるように声かけをしましょう。 水嫌いな子どもが楽しく水と触れ合うために 水に苦手意識を持っているお子さまには、まず水と触れ合う楽しさを教えてあげましょう。 パパやママと一緒に楽しく水遊びをすることで、自然と水への恐怖心をやわらげることができます。 お風呂はお子さま自身が一番の信頼を置いている、保護者と一緒に入るもの。 水は苦手でも、プールに比べてお風呂の中では比較的リラックスできるというお子さまはいらっしゃるかと思います。 リラックスタイムでもあるお風呂の中で水遊びをして、水への恐怖心を徐々に減らしてあげましょう。 特別なおもちゃを用意する必要はありません。 水鉄砲やお風呂用のお人形などを使って、お子さまのペースに合わせながら遊ぶようにしましょう。 浴槽の中でタオルを浮かべ、そのままタオルの端っこをきゅっとお湯の中でしばるとクラゲのような形に。 空気が入ってふくらんだ部分をゆっくりとお湯の中につけていくと、繊維の隙間からブクブクと泡が出てきます。 おもちゃ屋さんに売っているおもちゃとはまた違う面白さに、お子さまは興味を持ってくれるでしょう。 「水の中でこんなに面白いことができるんだ!」という驚きが、水への恐怖心を取り払うきっかけになるかもしれません。 その第一ステップとしておすすめなのが、お顔洗いごっこです。 最初は水で濡らした手を、ほっぺにトントンするところから始めましょう。 お子さまの様子を見て、慣れてきたらトントンする面積や水の量をお子さまのペースにあわせて少しずつ広げていきます。 この時、ほっぺにトントンがうまくいったからといって、いきなり顔にたくさんの水がかかるようなことは避けてください。 水が顔についても怖くないよということを、遊びながら教えてあげることでお子さまの水に対するネガティブな印象を薄めてあげることができます。 子供のペースに合わせよう プール嫌い克服のポイントは「焦らず、お子さまのペースで」です。 幼稚園でのプールが始まる夏前や、小学校入学前だとどうしても保護者は焦ってしまいます。 しかし、無理強いしてしまうのは逆効果。 少しでも進歩が見られたら、その成果をしっかりと褒めてあげることが大切です。 また、水の遊びは危険が伴いますので、必ず保護者の方がお子さまをしっかりと見守っていられる環境下でプールの練習をするようにしましょう。 プロフィール.

次の

「……君のような勘のいいガキは嫌いだよ」コピペネタまとめ

勘のいい子は嫌いだよ

元々練習もしないでスイスイ泳げる人はいないでしょうが、なかには幼児期のときの体験がトラウマとなり、水恐怖症になってプールやお風呂を嫌がる子どもも少なくありません。 大人では溺れないような水の量でも、幼児は溺れて命を落としてしまうことがあります。 一緒にお風呂に入っていても、ほんのわずかな時間目を離しただけで、それがお子様の水恐怖症の原因を作ってしまう場合もあります。 ここでは、お子様がお風呂やプール嫌いになってしまう理由や、お父様・お母様が気をつけなければいけないこと、水の克服法についてご紹介します。 お困りの方はぜひ参考にしてください。 子どもが水恐怖症になってしまうきっかけや理由を知っておこう 水が苦手な子どもたちは、過去の経験がトラウマになっているケースが多いようです。 単純に、目や耳や鼻のなかに水が入ってくるのが嫌だという子どももいれば、実際に大量の水が入ってしまい、極端に不愉快な思いをしたことで水恐怖症になる子どもも多いようです。 幼児のときにお風呂のなかで溺れかけた経験や、お父様・お母様の一瞬の不注意で浴槽に勢いよく滑り落ちてしまった経験などが、水恐怖症を引き起こすこともあります。 また、幼児期にプールに入れられて水の冷たさにビックリしたり、ふざけてプールに投げ込まれたことが苦い思い出になったりすることもあります。 海を恐ろしく感じてしまう海洋恐怖症になることもある 世のなかには、対人恐怖教や閉所恐怖症など、いろいろな恐怖症が存在していますが、その1つに海洋恐怖症と呼ばれるものもあります。 これはその字のとおり、海や海の生物などに恐ろしさを感じる恐怖症です。 海洋恐怖症の人の多くは、海に出かけることもできず、海の写真や海を連想するだけで恐怖を覚えてしまう人もいます。 海やプールで溺れかけた人が海洋恐怖症になるケースが多いですが、そのような経験をしなくても、ほかの人が溺れている光景を目にしたことや、幼児期に浅瀬で遊んでいるときに大きな波が押し寄せたことから海洋恐怖症になる子どもがいることもわかっています。 水嫌いにさせないためには?幼児期のお風呂の入り方 幼児は大人と比べて1日でたくさんの汗をかきますし、毎日気持ちよくお風呂に入れてあげたいと思うのは当然です。 しかし、1日の終わりにお風呂に入れようとしても、極端に嫌がって愚図るお子様もたくさんいます。 単純になんでも嫌がるイヤイヤ期が原因であれば、お風呂で遊べるおもちゃを用意したり、泡風呂にしたり、なかにおもちゃが入っている入浴剤を使ったりすることで進んでお風呂に入ってくれるよう工夫することもできます。 ですが、お風呂嫌いの原因が水恐怖症であるなら話しは別です。 お父様・お母様が知らないうちに水嫌いになる原因の1つに、水の温度があります。 冷たすぎる水のなかに入れたことで水恐怖症になることも多いのですが、お風呂の場合はお湯の温度が幼児にとって熱すぎたケースも考えられます。 水が体にかかるだけで水嫌いになるケースは少ないですが、水の勢いがあるシャワーがかかると、水に恐怖を感じるお子様も多いようです。 お子様が水を嫌がるようなら、水量や水の勢いを弱めてみましょう。 また、シャンプーをするときに急に頭から水をかけられると、目に水が入り、息ができなくなって水嫌いになるお子様も少なくありません。 シャンプーハットを利用したり、水量を弱めて目、口、耳に水が入らないようにしたりと細心の注意を払ってあげましょう。 プールやお風呂場では目を離さないで!子どもは10cmの深さでも溺れる 夏になると海やプールに出かける機会が多くなり、全国各地で小さな子どもの水難事故のニュースをよく耳にするようになります。 だれも自分が幼児のときの記憶はあまり残っていないもので、大人はついつい足が立つような場所だと人間は簡単に溺れないと思ってしまいがちです。 しかし、小さな子どもはわずか10cmほどの深さがあれば、溺れて命を落とすこともあります。 水へのトラウマのきっかけにもなってしまいます。 水に顔がついたらすぐに起き上がればいいと考えてしまうかもしれませんが、幼児にとってはそれが難しいということを、お父様・お母様がきちんと理解しておく必要があります。 家のお風呂やトイレでも溺れる可能性はある 海やプールや川だけでなく、実に年間に100人以上の幼児が家庭内で溺れ、命を落としています。 大人が小さな子どもから目を離していたことが原因で、お風呂場での事故が多く発生しています。 また、トイレや洗面所や洗濯機のわずかな量の水のなかに、頭を突っ込んで溺れてしまうことも実際に起きています。 このような悲惨な事故を防ぐためには、常に幼児から目を離さないようにすることが重要です。 それができない場合は、お風呂場やトイレなどに入れないように、しっかり鍵をかけておきましょう。 水恐怖症になったことで小学校に上がったときに支障が出てしまうことも 幼稚園や保育園には元気に通えていたのに、小学校に上がったら、学校に行きたくないと言い出すお子様もたくさんいます。 なんらかの心理的原因で学校に行けなる学校恐怖症になると、登校時刻である朝になると身体的不調を訴え、実際に頭痛、腹痛、吐き気、倦怠感などにおそわれます。 主な原因は友人関係やいじめやコンプレックスや学業上の不安ですが、水恐怖症になったことでプールの時間に恐怖を覚えるようになり、学校恐怖症を引き起こすこともあります。 泳げない子どもにとって、プールの授業があることや、まわりのお友だちがスイスイ泳げるような環境は、精神的にも相当大きなプレッシャーやコンプレックスとなってしまいます。 それを解消するには、早急な水恐怖症の克服や、場合によっては転校も考えてあげましょう。 水恐怖症になってしまったら?克服するにはどうしたらよいの? 子どもが水恐怖症になってしまった場合は、将来のことも考えて早めにそれを克服できるように対策してあげましょう。 肝心なのは、絶対に焦らないことです。 時間をかけてゆっくりと水に慣らしてあげましょう。 意外に早く克服できてしまうお子様もいますが、慣れるまでは相当な時間がかかることを、お父様・お母様が理解するところからはじめましょう。 水の恐怖を取り去るために遊びながら克服を 水は怖くないということを理解させるためにも、まずは身体を密着させて安心感を与えながら、湯船やプールに一緒に浸かりましょう。 水は怖くないことをやさしく伝えながら、おもちゃやジョウロなども使って、水遊びが楽しいことを教えていきましょう。 自分から離れて行動するようになれば、水嫌いを克服できたと判断していいでしょう。 見本を見せながら克服を目指すことが大事 水嫌いなお子様は、水に顔をつけることが難しいため、顔の一部から徐々に触れられるようにしていくことが大切です。 まずは水が怖くないということを、お父様・お母様やお兄ちゃん・お姉ちゃんなどが見本を見せてあげることをおすすめします。 とくに幼児の子どもは模倣が大好きなので、その特性を活かすことで、水嫌いの克服を早められる可能性があります。 わずかな進歩でも大いに褒めてあげるようにして、可能な限り大勢でお風呂やプールに入ってあげることもポイントです。 水嫌いになる原因を把握しておくことが大事 子どもが幼児期のときに、不注意などから水恐怖症になってしまうことは珍しくありません。 子どもが水嫌いになる原因をあらかじめ頭に入れておくことで、お子様が水に対してトラウマをもってしまうことを回避できますし、そうなったとしても、克服法を理解しておけば早急に対処することができます。

次の