育てる。 育てる(そだてる)の類語・言い換え

子供のやる気を育てる小児リハビリアプローチ5つのポイント

育てる

きっかけは種が立派だったから 食べたぶどうは確か巨峰だったと思いますが、種が大きくて立派だったんですよね。 そのまま捨ててしまうのがもったいなくなってしまい、「もしかして、蒔けば芽が出るかも」と調べてみたら食べたぶどうの種を発芽させる方法がいくつか見つかったので「やってみよう」と思った次第です。 僕は趣味で盆栽をやっています。 種から盆栽や鉢植えを育てることを「実生」というのですが、実生には苗木から育てるのとは一味違う楽しみがあるんですよね。 この芽が出たぶどうもいずれは盆栽に仕立てられたらいいなと思っています。 発芽までのタイムスケジュール ぶどうを食べてから発芽するまでのざっくりしたスケジュールはこんな感じです。 芽が出るまでは半年以上かかっていますね。 2018年10月:ぶどうを食べる〜種保管開始• 2019年3月:種まき• 2019年5月発芽! 冷蔵庫で保管せず、とった種をすぐに土に蒔いてしまうやりかたもあります。 その場合は水を切らさないよう注意が必要です。 また霜対策などの冬支度も必要になると思います。 春先に種をまく 2月末から3月頃に種まき、土は家に余っていた果樹用土を使用しました。 地表から1cmほどの浅めのところに巻くのがポイント。 水やり 毎朝欠かすことなく水をやる。 毎日の水やりは盆栽や鉢植えの基本です! 諦めてはいけない 暖かくなってからもなかなか芽が出なかったので「ひょっとしてもう芽が出ないのでは?」と思い始めていました。 そこで諦めていたら本当に試合終了でしたね。 やることはシンプルで簡単ですが、諦めずに水をやり続けるのは難しいかも。 「もうダメかな?」と思い始めてからどれだけ頑張れるか、種の発芽についてだけでなく、人生において成功を手にする鍵はそこにあるように思いました。 なんでも勉強になりますね。 芽が出てから一ヶ月後の様子 芽が出てから一ヶ月後のぶどうの様子です。 順調に育っているのがわかりますね。 そして、また新しい芽が出てきました!時間差で来るんですね。 全部で8つほどの種を植えたので、もしかしたらまだ芽を出す種があるのではないかと期待しつつ、毎朝の水やりを楽しんでいます。 マンションのベランダで育てているのですが、日の当たる方に葉っぱが向いてしまっているので、プランターの向きを替えてなるべく真っ直ぐ育つようにしたいと思います。 これから夏に向けて暑くなるので、水を切らさないように注意が必要です。 芽が出てから二ヶ月後の様子 芽が出てから二ヶ月ほどたった様子です。 雨や風、暑さに負けず、順調に大きくなっています。 毎日の水やりの他に、置くタイプの固形肥料をあげています。 これが葡萄の葉っぱです。 そういえば、葡萄の葉っぱを見る機会って少ないですけど、あらためて見ると「こんな形をしているんだな」感心します。 まだ芽が出ない種があるけど、さすがにもうダメなのかな、、 追記 この続きの記事があります。 順調に大きく育っていますので、よければぜひ見てください。

次の

月刊誌「育てる」|育てる会って? | 公益財団法人育てる会

育てる

機械学習・ 深層学習の実用化を目指すスタートアップ・Preferred Networks PFN は、7月6日、世界レベルで活躍できる人材の育成を目指してコンピュータサイエンス教育事業の立ち上げを発表した。 小学生向け教材「Playgram プレイグラム 」を用いたプログラミング教室パッケージを新規に開発した。 総合教育サービス事業を展開するやる気スイッチグループと提携して、2020年8月から首都圏の3教室での対面授業および家庭でのオンライン授業に順次導入する。 やる気スイッチグループは全国1,000教室での展開を目指す。 PFNが開発した「Playgram」は、米国のコンピュータサイエンス教育のガイドライン「」を参考にした本格的なプログラミング教材。 小学1年生から始めることができ、小学校高学年から中学生まで学ことができる。 「楽しみながら学ぶ」、「創造力を働かせて作る」という「Playgram」での学習体験と、やる気スイッチグループが個別指導学習塾「スクール IE」や、英語で預かる学童「Kids Duo」、バイリンガル幼児園「Kids Duo International」等で培ってきた、子どものやる気を引き出す 生徒が自律的に学ぶ力をつける 指導メソッドとを組み合わせることで、子どもたちが将来のアプリケーション開発に生かせるスキル、課題解決力、自由な創造力を身に付けることを目指す。 やる気スイッチグループは、「Playgram」を活用したプログラミング教室パッケージを、8月から、Kids Duo 有明ガーデンを皮切りに、やる気スイッチスクエア武蔵小杉校、スクール IE 立川校の首都圏3教室、およびオンライン教室で第1期生を募集し、授業を。 PFNは今後、子どもたちの学習の様子や成果を見ながら継続的に追加コンテンツの開発を進める。 将来的には、PlaygramをAR、IoT、AI技術等も組み込んだ、プログラミング教育のプラットフォームに育てていくという。 プログラミング教材「Playgram」 PFNが開発した「」は、ビジュアルプログラミングから始め、タイピング、プログラミングの基礎、Pythonによるテキストコーディングまで、子どもの理解度と意欲に応じて段階的に学習を進めることができるプログラミング教材。 ゲームやARに欠かせない3Dグラフィックを採用し、ロボットを動かしたり、空を飛んだり、プログラミングを駆使して課題解決する面白さを体感しながら、自由な表現力、空間認識能力を身につけることができる。 また、学習データから一人ひとりの得意や苦手分野を見抜き、学習状況を「見える化」してリアルタイムで共有することができる。 進捗に応じた最適な学びをカスタマイズするため、プログラミング経験のない講師・保護者でも学習指導できるという。 文部科学省のAI人材50万人計画 初期のプログラミングはアセンブリ言語が用いられており、扱うためにはハードウェアの知識が必要だった。 その後、人が書きやすい高級言語が現れて、ハードウェアのことをあまり意識しなくてもよくなった。 オブジェクト指向の言語が登場した後、ライブラリやツールを使いこなすスタイルへと変わって来ている。 では、今の子供達が20年後に大人になったときのプログラミングはどのようなものになるのか。 PFNは深層学習に力を入れている。 深層学習のような統計的機械学習は入力と出力のデータセットによる帰納的プログラミングであると捉えることができる。 PFNではこれを「ものまね算」と呼び、従来のルールベースのプログラミングだけではなく、計算の進化に柔軟に対応できる人材が必要だと述べた 詳細は。 Preferred Networks 代表取締役 最高経営責任者 西川徹氏 PFN 代表取締役 最高経営責任者 西川徹氏はPFNのビジョンを改めて紹介。 コンピュータサイエンスは産業を繋げるノリ 接着剤 のようなもので、今後の社会において様々な事業の核となる重要な領域であり、計算を知り尽くしている人たちの層の厚さが競争力の源泉になると述べた。 そのためには物事の本質を捉える深い理解力を持った優秀な人材層を厚くしていくことが社会全体のために重要であり、中長期的かつサステイナブルな視点で教育にコミットすることを決めたと語った。 具体的には、昨年春ごろから本格的に教材開発に取り組みはじめ、だんだん形ができた段階で提携のかたちを探り、やる気スイッチグループと意気投合したという。 プログラミング教育には既に様々なところが参入している。 ではなぜ今、PFNがプログラミング教育に力を入れていくのか。 西川氏は、PFNは実社会の問題を日々、新しい技術を開発して現場に適用していると述べ、最先端技術が実際に役立っていることを伝えたいと語った。 またPFNにはプログラミングに没頭して技術を磨いて来たメンバーが多数在籍しており、プログラミングへの本質的な理解があり、面白さを伝えられると述べた。 ただし、CSR 企業の社会的側面 だけを考えて教育に参入するわけではなく、今後、より良いサービスを作り上げ、大きな柱とすることを目指していると語った。 PFNはこれまでにも、2019年2月に、文部科学省、総務省、経済産業省の3省が連携して運営する「未来の学びコンソーシアム」に協力して、全国の小学校の総合的な学習の時間におけるプログラミング体験を含めた授業の学習指導案「自動化の進展とそれに伴う自分たちの生活の変化を考えよう」コンテンツをり、同年10月には、アフレルと共同でロボットカーを使って深層学習フレームワークChainerを学ぶ教材をしたと。 今回、小学生向けプログラミングサービスを新しく発表した理由は、小学校でプログラミング教育が義務化されるなか、誰もが触れることは素晴らしいものの「あまりに『教育教育してしまう』と、本来、プログラミングの才能を持っていた子供たちが興味を失ってしまうのではないか」という懸念があるからだと述べた。 西川氏自身、子供の頃に周囲の子供たちがが触れたことがないものにふれて、わくわくしていたと振り返り、義務教育化によって教育の型にはめすぎることで、子供たちがわくわくする気持ちがなくなってしまうと残念だと考えているという。 そして教育市場が盛り上がっている一方、正しく教えられる人材は不足しており、先生や親が教えられる範囲に限定してしまうと、才能をもった子供は興味を失ってしまいかねない。 西川氏は「今の算数教育はうまくいっている」と見ているという。 義務教育の範囲で将来の社会で必ず必要になるリテラシーを身につけつつ、より高度な発展的部分は中学受験で極めることもできるからだ。 「好きなだけ取り組める環境は才能のある子どもにとっては理想的な環境なのではないか。 そこで培った思考力が重要だ」と述べ、算数オリンピックに出場している選手たちにも「やらされてる感じはない」とし、才能ある子供たちが自発的に際限なく能力を高めていくことの重要性を強調した。 そして、プログラミング教育でも没頭して必要な能力を高めていけるサービスを目指していきたいと述べた。 「Playgram」 「Playgram」は、つまづかないようにスモールステップからのステップアップを意識しつつ、3D空間での表現は「Unity」にシームレスにアップデートしたり、ブロックコーディングからテキストコーディングにスムーズに移行することもできるように設計されている。 「自由自在に組んでいくには高度な抽象化の概念は必須。 自由に試しながらそのような仕組みに早い段階から慣れてもらう」ようになっているという。 今後は副教材も取り入れていくことで、コンピュータに興味をもった子供たちが、より先端の技術に触れられるようにしていく予定で、西川氏は「楽しみながら際限なく才能を伸ばせるサービス」だと述べた。 今回の「Playgram」はやる気スイッチグループと提携して、対面とオンラインで実施する。 もともと指導者がいなくてもオンラインで自学自習できるようにデザインされているが、やる気スイッチと共同することで、コミュニケーションしながら子供の発達段階と向き合って、よりきめ細やかに何を指導するべきかを判断しながら指導していく。 西川氏は実際に校舎での授業を見て、そのノウハウや企業理念に感銘を受けたと述べ、「子供のやる気を加速させ、加速させたその先でより広い世界を提供する仕組みを組み合わせることができれば」と語った。 また、やるきスイッチグループとの協業でサービスデータを集めることで、どこでつまづきやすいのかを調べ、サービス改善に活かしていく。 特に教育については、つまずいた点が解けるようになったとき、具体的に何が効いて理解できたのかについては、データだけではなく、人と向き合うことでしかわからない部分があると思っていると述べた。 そして「小学生向けプログラミング教育はいま始まったところ。 多くの小学生に才能を伸ばしてもらえるサービスとなることを確信している。 小学生の可能性は無限に広がっている。 優秀な小学生は大人顔負けのことを成し遂げてしまう。 様々な産業の中心的な存在になっていく人を育てることを目指す」と強調した。

次の

【99.9%抗菌】4人の子どもを育てるママが開発した 銅繊維使用の「抗菌シルク手袋」がクラウドファンディングで783%達成

育てる

プレスリリース 2020年5月20日 12時 【99. 9%抗菌】4人の子どもを育てるママが開発した 銅繊維使用の「抗菌シルク手袋」がクラウドファンディングで783%達成• PLJインターナショナル(本社:奈良県大和高田市、以下弊社)は、販売者である増田 充代のレディースセレクトSHOPでのオーナー経験を活かし、商品の目利き・商品構成を得意としており、プライベートでは4人の子供を育てるパワフルママであることから、主婦目線での製品開発や女性ならではの観点で世の中のニーズに応える商品を企画しております。 この度、弊社では現在猛威を振るう新型コロナウイルスの感染拡大を受け、銅繊維を使用した「抗菌シルク手袋」を開発し致しました。 クラウドファンディングを2020年4月17日から開始し(募集期間:2020年5月29日迄)、開始後2時間で100%達成し、その後も数字を伸ばし現在では700%を達成しております。 これから夏場にかけても使用でき、動作の妨げにならない様にシルク糸を使用し、機能性・快適性にも重視して開発しており、子どもから大人まで多くの方にお使いいただけます。 手洗いをしたくてもできない通勤、通学中や他の人が触れるものが気になる方にもご活用頂ける製品です。 【抗菌シルク手袋の開発の背景】 <「わかっているけれど対策が難しい手洗い」主婦の視点がきっかけに> 世界各国に広がっている感染症拡大の影響で手洗いの励行、マスクの装着が重要視されている中で、手洗いはマスクの装着と違って外出の際はどこかに触ってしまう可能性があり、すぐに手を洗うことが出来ないため対策が難しいのではないかと考えたことが開発のきっかけとなりました。 抗菌開発者である弊社のスタッフ増田は子どもと過ごす中で公園、エスカレーター、階段の手すり、ドアノブ、電車内、スポーツジム、会社共有パソコン、エレベーター、買い物かご、公共トイレ、自動販売機、フードコートなど共用の場・ものに触れる機会の多さに気付き注目致しました。 抗菌性に優れた手袋ならばすぐに手を洗うことが出来ない場面でも菌の侵入を防ぐことが出来、衛生的ではないかと思いつき、抗菌シルク手袋の開発に至りました。 また今後は国内よりも被害が大きい海外にも役立てて頂きたいと考えており、海外のクラウドファンディングでの展開も予定しております。 クラウドファンディングサイト: 【会社概要】 生産会社名:株式会社PLJインターナショナル 販売者:増田 充代 所在地:〒635-0094 奈良県大和高田市礒野北町12番5号 TEL: 0745-27-3395 会社ホームページURL: E-Mail: m. masuda. msin gmail. com 事業内容:小売・製造 メディア関係者の方はこちら• 東北地方• 関東地方• 中部地方• 近畿地方• 中国地方• 四国地方• 九州地方• 北海道• 青森県• 岩手県• 宮城県• 秋田県• 山形県• 福島県• 茨城県• 栃木県• 群馬県• 埼玉県• 千葉県• 東京都• 神奈川県• 新潟県• 富山県• 石川県• 福井県• 山梨県• 長野県• 岐阜県• 静岡県• 愛知県• 三重県• 滋賀県• 京都府• 大阪府• 兵庫県• 奈良県• 和歌山県• 鳥取県• 島根県• 岡山県• 広島県• 山口県• 徳島県• 香川県• 愛媛県• 高知県• 福岡県• 佐賀県• 長崎県• 熊本県• 大分県• 宮崎県• 鹿児島県• 沖縄県• その他.

次の