ケンブリッジ テクノロジー パートナーズ。 会社概要|ファシリテーション型変革コンサルティングのケンブリッジ

ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ

ケンブリッジ テクノロジー パートナーズ

ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社は、アメリカ・マサチューセツ州にて1,984年に設立された会社です。 主な事業は『ITコンサルティング』で、ソリューション提供ではなく、顧客自らが変革することを支援する『ファシリテーション型コンサルティング』を行っています。 国内のITプロジェクトの成功率『31. 直近の動向としては、GROOVE X株式会社が2019年8月31日に発売した家族型ロボット『LOVOT(らぼっと)』 のビジネス基盤の立ち上げや、アメリカを中心としたグローバル展開を目的のために、カルソフトと業務提携など様々な展開を見せています。 中途採用に関しても、業績に比例する形で採用枠も広がっています。 現在、ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社に真剣に転職を考えている人は、給与状況や内部事情などを参考にして下さい。 ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズで現在募集中の求人 現在、ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズの公式ページにて確認出来る中途採用職種とその内容をまとめています。 転職希望者の人は参考にして下さい。 ・コンサルタント/シニアコンサルタント ・コンサルタント(関西勤務) ・社内ITエンジニア コンサルタント/シニアコンサルタント 【仕事内容】 社内システムの保守・運用・トラブルシュート、情報セキュリティ対応、コンサルタントを支援するIT活用企画の立案・実行が主な内容になります。 なお、経験年数は3年以上となっています。 コンサルタント(関西勤務) 【仕事内容】 変革コンセプトの策定、現状分析、構想策定、システム要件定義、チェンジマネジメントに至るまで、企業変革に必要な全行程のリードや、主に上流工程(構想策定やサービス企画、IT企画など)の推進が業務となります。 【応募条件】 職務経験3年以上が必須になります。 社内ITエンジニア 【仕事内容】 社内システムの保守・運用・トラブルシュート、情報セキュリティ対応、コンサルタントを支援するIT活用企画の立案・実行が主な内容になります。 なお、経験年数は3年以上となっています。 どの職種を見ても経験者と高い専門性を求められています。 また、コンサルティングという業種からコミュニケーションやチームワークも重要視していますので、過去にこうした経験を持つ人は有利に働くでしょう。 どのように求人を探すか? 通常、中途採用のの求人を探す方法は2つ考えられます。 一つは公式ページ、そしてもう一つは、転職エージェントです。 公式ページで全体の募集動向を確認したら、必ず転職エージェントでも確認しておきます。 なぜなら、会社によっては、中途採用だけ外部の転職サイトを利用するところや、非公開求人を掲載しているところがあるためです。 また、転職エージェントは中途入社に関して、様々な情報を持っています。 同業他社の比較も簡単に出来ますから、公式ページと転職エージェント、両方の利用をオススメ致します。 代表的な転職エージェントをページの最後に記載していますのでご覧ください。 ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズの年収・給与システムについて 年代別給与額 ・コンサルタント 25歳 550万円 ・コンサルタント 27歳 650万円 ・コンサルタント 27歳 800万円 ・コンサルタント 中途 670万円 ・コンサルタント マネージャー 1,000万円 ・コンサルタント チームリーダー 1,000万円 ・コンサルタント アソシエイトディレクター 1,200万円 ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズの給与体制は完全成果主義の年俸制を採用しており、タイトル(役職)に応じてベースが違います。 昇給は、能力次第で半年で上がる場合があります。 保険は、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険の各種保険を完備しており、諸手当については、ユニシス福祉会加入、レクリエーション施設・保養所利用などがあります。 中途採用試験を受けるにあたって ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズのようなコンサルティング会社への転職は非常に難しく、自分一人では限界もあります。 そこで大切なことは、コンサルを専門に扱ってきた転職エージェントを利用することです。 どういった内容の面接が行われるか、書類審査の方法、交渉ごとを事前に把握することが非常に重要になってきます。 また、転職エージェントを利用する利点は、狙っている企業を重点的に押さえることができる他に、競合を調べられるということもあります。 過去に転職エージェントを利用して、ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズに入社した人も多くいますから、是非、これらの情報を是非活用して下さい。 ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズの成長環境・評価制度・教育制度について 成長環境 ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズでは、若手の段階から、手を上げればプロジェクトワーク内での裁量は自分でどんどん広げられる環境です。 責任も重くなりますが、目標に向けての段取りや、周囲を巻き込んで実行するスキルは格段に付きます。 そのため早き段階から、全体の計画作成、スケジュール管理、会議を通じた意思決定、進捗管理、課題解決という目標達成の流れを取得出来ます。 評価制度 評価制度は相当程度時間をかけており、日々のフィードバック文化として根付いています。 社長を含めたマネジメントメンバー全員が社員を評価するため、気に入られて昇格する人や能力がない人が上がることはありません。 評価の結果は全て当人にオープンにされ、高い納得感があります。 厳しい評価でも納得する内容なので反論の余地はないほどです。 教育制度 社員がトレーナーとしてトレーニングする企画などもあり、成長する意欲があればインプットする機会は多くあります。 マネージャ-以上になりと教育の面では環境はもうけられず、各々が自助努力で成長する方針となっています。 その他、自己研鑽費として年間20万円まで自由に使える枠があり、書籍購入やセミナー参加費、資格習得などに当てることが出来ます。 ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズのワークライフバランスについて プロジェクトによって大きく左右される環境です。 仕事自体は厳しいですが、ある程度段取りが付けられるようになれば、自ら仕事を調節して夕方に予定を入れることも可能です。 基本的に本人の力次第といった面が強く、自分で先読みして仕事をしていれば、早めに返っても何も言われません。 残業に関しては、年俸制ですので基本的に残業代はありませんが、管理職になると部下をフォローする必要が出てくるため、深夜残業する場合もあります。 ちなみに月の平均残業時間は46. 2時間となっています。 休暇についてはプロジェクトの期間中は難しいですが、プロジェクトとプロジェクトの合間では長期的な休暇を取ることも可能です。 なお、年間の有給休暇取得率は53. 女性の労働環境 ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズは、規模的には男性が多い環境です。 成果主義のため結果を出していれば平等に扱われます。 しかし、キャリアアップに関して男性優先は否めませんので、これからの課題と言えるでしょう。 育児支援制度についても、優秀な女性には残って欲しいという思いから、必要に応じて制度を加えている状況です。 最近では妊娠、出産をしながら勤務している人も増えてきましたから、今後は期待できます。 ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズの転職を成功するために必要なこと ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズに限らず転職を成功させるためには、会社の情報が何より必要になります。 その情報は個人で調べることは、かなり難しく上手く行きません。 そこで、ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズの情報を集めるためには、転職エージェントを利用することが決め手となります。 転職エージェントの利点は様々な点がありますが、大きく分けると下記の3点になります。 ・ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズに過去内定した生の口コミを有している ・その口コミを元に試験対策、面接対策が出来る ・交渉も転職エージェントを交えて可能の場合がある ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズに過去内定した生の口コミを有している。 実際に転職エージェントを介して、内定者が出ると、その情報は内部データとして蓄積されていきます。 さらに、似たような条件の会社もデータとして蓄積できますから、より良い条件の会社を見つけることも可能です。 その口コミを元に試験対策、面接対策が出来る 転職エージェントを経由して転職に成功した人、失敗した人のデーターから、採用試験や面接試験で問われる内容を考えることが出来ます。 こういった情報は、まず個人では集めることができません。 面接官の名前、好みなど転職エージェントならではの情報です。 交渉も転職エージェントを交えて可能の場合がある 転職の面接などで気遅れしてしまい、本来の自分を出せない人や、元々交渉事が苦手な人がいます。 そうした人の為に転職エージェントは面接後に企業の担当者と接することが出来ます。 その際、面接であなたが伝えられなかったことをアピールする場合があります。 転職エージェントの利用には大きく2種類がある 転職エージェントの種類には大きく分けて2つあります。 それは、20代、30代を中心とした、年収500万円以下の層を対象とした転職エージェントと、40代以降で、年収500万円以上の管理職を中心とした転職エージェントです。 その代表的な転職エージェントは、下記の2種類になります。 ・リクルートエージェント ・ビズリーチ リクルートエージェント 1977年に転職支援サービスを始めた日本で一番歴史のある会社です。 その実績は41万人と、日本の転職関連会社の中で断トツを誇ります。 保有する案件も国内最高数で、全ての職種に対応でき、年齢の幅も広く、第2新卒からキャリア層まで対応します。 また、転職先が決まっていないという人でも、今後の転職先の条件など相談がいつでも出来ます。 必ず押さえておきたい転職エージェントです。 ビズリーチ ビズリーチの特徴は年収500円以上の管理職、役員クラスの取り扱いが群を抜いているということです。 仮にあなたが500万円以上の年収を得ているのであれば、ビズリーチ一択です。 もちろん、年収ばかりではありません、その他の待遇、福利厚生など前職よりスケールアップした転職先を紹介してもらえます。 業種も多種多様で、業界を変えてみようかと思っている人でもビズリーチに一度相談されてください。 適正なアドバイスがもらえるはずです。

次の

日本ユニシス、ノベル傘下のコンサルティング会社を買収

ケンブリッジ テクノロジー パートナーズ

レーザスキャナ用のデバイスは多種多様な方式がありますが、なかでもその精度、高速性、分解能、操作性、コストパフォーマンスに優れた光学ガルバノメータスキャナはレーザ機器をはじめとする多くの光走査アプリケーションに有効な解決策を提供し、重要な機能部品として広く普及しています。 ノヴァンタ スキャナグループは1968年米国マサチューセッツ州で光学ガルバノメータスキャナの専門メーカ ジェネラルスキャニング社 として創業。 以来、光学スキャナは40年以上にわたりレーザマーキング・溶接・穴あけ等レーザ加工装置、電子部品・半導体製造検査装置、マシンツールなどの産業機器から、医療機器・バイオメディカル用途までさまざまなレーザアプリケーションでご使用いただいております。 光学スキャナ製品のマーケットリーダとしてレーザ応用技術の発展に貢献するケンブリッジテクノロジー社とジェネラルスキャニング社の合併により、両社の革新技術と高精度製品を安定的に量産する生産技術が融合され、より優れたスキャナ製品・アプリケーションの要求に応じた解決策を提供することが可能になりました。 今後も最先端のレーザアプリケーションの対応に向けてさらなる革新的な光学スキャナ製品・サービスを提供してまいります。 お客様の高度なレーザシステムにガルバノスキャナ製品をお役立てください。 デジタルエンコーダ ガルバノスキャナ LightningII Digital Encoder Scanners ノヴァンタはこれまでにない超高精度加工と高速加工走査を同時に実現したフルデジタルエンコーダタイプのガルバノスキャナLightningIIをリリースしました。 (略して LII , エルツーと呼んでください。 デジタルガルバノLII は超高分解・超低ドリフト光学エンコーダを位置センサに搭載、これまで実現が困難であった超高精度加工のアプリケーションに対応します。 第4世代の超高効率M POWER MOTOR MPM モータを搭載。 各種波長の14mm・20mm・25mm・30mmのビーム口径用ミラーを標準ラインアップ。 中口径・大口径ビームアプリケーションの高速加工を提供します。 XY2軸用のデジタルガルバノに加え、3軸制御用フルデジタルダイナミックフォーカスシステムも同時にラインアップ。 広範囲で高精度な加工を必要とするさまざまなアプリケーションに対応します。

次の

ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ|Marketo Champion|マーケティングオートメーション(MA)ならMarketo Engage

ケンブリッジ テクノロジー パートナーズ

ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社 Cambridge Technology Partners Limited 本社所在地 〒107-0052 2-14-32 赤坂2・14プラザビル4F 設立 1997年6月 事業内容 コンサルティングサービス 代表者 鈴木努 資本金 1000万円 純利益 1億9201万5000円(2019年03月31日時点) 総資産 19億3551万8000円(2019年03月31日時点) 従業員数 140人(2020年4月1日時点) 外部リンク テンプレートを表示 ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社(英文社名:Cambridge Technology Partners Limited)は、に所在するコンサルティング企業である。 沿革 [編集 ]• 1984年(昭和59年) マサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology)の2名の教授がCambridge Technology Group(CTG)を設立。 UNIXトレーニングサービスの提供を開始。 1986年(昭和61年) UNIXアプリケーション用の短期プロトタイプ開発の成功により、アプリケーション開発のコンサルティングサービスの提供を開始。 1997年(平成9年) 東京に日本法人を設立。 ERP、CRM、Eビジネス領域におけるサービスの提供を開始。 2001年(平成13年) 米国ノベル社と併合。 2006年(平成18年) 日本法人が日本ユニシス傘下へ。 2018年(平成30年) から港区赤坂にオフィス移転。 2019年(令和元年)Adobe Symposium 2019でMarketo Champion Marketing Team of the Year を受賞。 2019年(令和元年) アメリカ合衆国カリフォルニア州トーランスに北米法人を設立。 理念 [編集 ] ミッション [編集 ]• ケンブリッジは「世の中を変えるファシリテータ-」である ~Facilitate Positive Change~ ビジョン [編集 ]• 世界中のプロジェクトの常識を変える ~Create a New Paradigm for Projects~• 変革をリードする人材で溢れた社会を作る ~Produce Change Leading Talent~• 世界中の仲間とつながり、成功のためのハブとなる ~Connect Global Partners for Success~• 変化の激しいテクノロジーを使いこなす ~Make Technology Work~ 特徴 [編集 ] ファシリテーション型コンサルティング [編集 ] ファシリテーション型コンサルティングとは、ソリューションの提供ではなく、顧客自らが変革することを支援する、コンサルティングのスタイルである。 ケンブリッジでは、コンサルティングのスタイルを、「提供される専門性」と「顧客との関わり方」で以下のように分類している。 ケンブリッジのコンサルティングスタイルの分類方法 先生型はコンサルタントの専門知識を生かした提案をするが、提案内容を実現するかどうかは顧客次第である。 一方、ソリューション型は、コンサルタントがソリューションの導入をおこなう。 しかし、自社のソリューションを前提にしている場合が多いため、顧客が必要とする解決策との適合度が必ずしも高くない場合がある。 また、分析・提案型は、顧客に合わせた課題解決のための施策を提案するが、先生型同様、提案内容の実現にコンサルタントの関与は少ない。 これに対し、ケンブリッジが標榜しているファシリテーション型コンサルティングは、一般的に会議の手法として知られているを、コンサルティングに活用したスタイルのことである。 これはファシリテーションの「参加者の関与を促し、主体性を引き出し、全体での合意形成に重点を置く」という考え方をプロジェクトの遂行に応用したものである。 全員が意思決定の過程に参加することで、主体的にプロジェクトに関わる姿勢を引き出す。 カルチャー [編集 ] ケンブリッジにおけるカルチャーの分解構造 ケンブリッジでは、カルチャーを競争力の源泉であると明確に位置づけている。 理念、価値観と、ワークスタイルや方法論を関連付け、日々の仕事で実践している。 特に価値観(、)に関しては、実際の行動に照らし合わせて細分化することで、社員の評価基準として根付いている。 FROGBB [編集 ]• FAST 私たちは、時間軸が大切だと考えています。 RIGHT 私たちは、お客様にとって正しいことは何かを常に追及しています。 OPEN 私たちは、お客様にオープンであることを前提としています。 GUARANTEED 私たちは、納期とコストを約束します。 BUSINESS CASE 私たちは、投資対効果や企業価値の向上を常に考えて行動します。 BEHAVIORAL FOCUS 私たちは、誠実に行動します。 6 コアバリュー [編集 ]• 主体的である(Take Initiative)• 献身的である(Dedication)• 柔軟である/オープンである(Flexibility/Openness)• 敬意をもって接する(Respect)• 誠実である(Honesty)• 信頼を得る(Trust) 一貫性 [編集 ] 業務変革の構想策定から施策の実施・導入まで支援を行う。 上流から下流まで、同じメンバーが一貫したサービスを提供している。 中立性 [編集 ] ケンブリッジでは特定の製品販売を行わないことで、プロジェクトの状況に合わせた対応ができると考えている。 特定のベンダーに縛られることなく、製品を選択している。 スピード導入サービス [編集 ] に基づき、より効果の高い部分に絞り込むことで、短期間での導入を実現している。 納期・価格保証 [編集 ] 納期と価格を事前に合意し、保証するサービスを提供している。 脚注 [編集 ]• 2020年2月24日閲覧。 2020年2月24日閲覧。 ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社|ファシリテーション型変革コンサルティング. 2020年3月10日閲覧。 主な出版物 [編集 ]• 白川克『リーダーが育つ変革プロジェクトの教科書」(日経BP社、2018年) ISBN 4296101358• 榊巻亮『世界で一番やさしい会議の教科書 実践編』(日経BP社、2018年) ISBN 4822257223• 榊巻亮『抵抗勢力との向き合い方』(日経BP社、2017年) ISBN 4822238482• 榊巻亮『世界で一番やさしい会議の教科書』(日経BP社、2015年) ISBN 4822271781• 白川克『会社のITはエンジニアに任せるな! - 成功率95. 白川克、榊巻亮 『業務改革の教科書 - 成功率9割のプロが教える全ノウハウ』(日本経済新聞出版社、2013年)ISBN 4532319021• 影山明『プロジェクトを変える12 の知恵 - ケンブリッジ式ファシリテーション - 』(日経BP社、2011年)ISBN 4822262464• 関尚弘、白川克『プロジェクトファシリテーション ~クライアントとコンサルタントの幸福な物語』(日本経済新聞出版社、2009年)ISBN 4532314712• ケンブリッジ・テクノロジー・パートーナーズ『スピード会議のつくり方』(あさ出版、2005年)ISBN 978-4860631154 外部リンク [編集 ]• この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 などしてくださる()。

次の