コロナ 鳥取。 鳥取県 新型コロナ関連情報

新型コロナ:鳥取で新たに2人が新型コロナ感染 NHK職員も :日本経済新聞

コロナ 鳥取

そんな話題がSNSやネットで注目を集めている。 3月30日に富山、同31日に山形で感染者が初めて確認され、残るは岩手、鳥取、島根の3県。 ここまで感染ゼロで踏みとどまっているのは奇跡的ともいえるが、山陰のお隣同士でよく混同される鳥取と島根を緊急取材。 感染者がいない背景に迫った。 山陰で隣り合い「鳥」「島」と似た漢字で始まる2文字の鳥取と島根は、どっちがどっちか位置をよく間違えられるライバル県。 厚生労働省の人口変動データでさえ、逆に記載されたほどで、人気深夜番組「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)でもマツコ・デラックス(47)にたびたびイジられている。 両県がコロナ感染者ゼロの理由として、ネット民が挙げているのは人口の少なさだ。 鳥取の人口は55万3971人で全国最少、島根は67万411人で、47都道府県で鳥取に次いで人口が少ない。 PCR検査を実施した人数も少ない。 3日までの検査人数は、鳥取が229人、島根が163人ほど。 2000件以上の検査が行われた北海道や東京、愛知、兵庫などと比べると圧倒的に少なく、絶対数が影響しているのは間違いなさそう。 「具合が悪くても、検査を受けに行くことができない」と山陰特有の事情を挙げる地元民も複数いた。 島根で暮らす60代男性が真顔で語る。 「仮に発熱してコロナ感染者第1号になった場合、田舎なんですぐにどこの誰かバレてしまう」。 人口過密の首都圏でもコロナ感染が判明して、風評被害を受けている店舗や会社も多い。 感染者ゼロだからこそ、余計に注目を浴びかねない。 だから、外出を控えるなど、絶対に感染しないように自衛している人が多いということか。 同じように噂が広まるのを懸念する鳥取東部在住の50代男性は「コロナ第1号になって恥をかくまいと、我慢して家で寝てる人がいるんじゃないのか」といぶかしがる。 鳥取や島根では、用事で東京に行っただけで「コロナかも…」と周りで遠ざかる人もいるという。 コロナ侵入を止めている別の理由として、鳥取県内の観光関係者は「コロナ騒動が始まる前後で国際線が運休し、インバウンド(訪日外国人客)が少なかったのが幸いしたかも」と指摘する。 山陰と海外を結ぶ国際線は、鳥取西部の「米子鬼太郎空港」からソウル、香港、上海の3路線。 だが、日韓関係の悪化でソウル便は昨年10月から、コロナ騒動で上海は2月11日、香港も2月18日から運休している。 中国山地に隔てられた山陰は、新幹線も通っていない。 首都圏や関西圏からわざわざ旅行で来る外国人客は少なく、図らずも抑止効果になったと言えなくもない。 ネット上で言われているのが、島根の人気観光名所の「出雲大社が守っている」という神のご加護説だ。 そもそも、出雲大社で有名なのは「縁結びの神様」で、疫病退散は専門外の雰囲気だが、境内では今、参拝者が手や口内を清める手水舎の柄杓が撤去されている。 そういう人がコロナを持って来たら、やれん(やってられない)」と複雑な表情。 このまま感染者ゼロでコロナ禍が終息するのを祈りたいところだが、コロナ疲れした人が殺到すれば…。

次の

【鳥取県:新型コロナ対策】各市町村ごとの最新情報ページまとめ|日刊Lazuda(ラズダ)

コロナ 鳥取

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、小中高の子どもたちが関わるスポーツの全国大会や音楽コンクールのない夏が始まろうとしている。 鳥取県内では、独自の大会開催や成果発表の場づくりに向けて関係者や教員らが動きつつある。 県内の吹奏楽部は多くが小編成で、1人が複数の楽器を持ち替えるなど工夫して曲を奏でてきた。 いつもの年と違う夏、そんな吹奏楽部の今を訪ねた。 全国大会に小編成部門はないが、県大会で優れた演奏をした団体が県代表として推薦される中国大会が目標となっている。 今年は、全国、中国大会に続いて県大会も中止が決まり、プロの審査員の講評を受けられる貴重な機会も失われた。 全校生徒40人の江府町立江府中学校の吹奏楽部は2、3年生の8人。 少ないからこそ、一人ひとりが担当する音の大切さを実感する場面が多いという。 部長でホルン担当の加藤花奈(はるな)さん(3年)は「『中国大会に行きたい』と練習してきた。 県大会で演奏して、緊張しながら賞状をもらうあのステージに立ちたかった。 ショックが大きくて、モチベーションが上がらなくて」。 副部長でテューバ担当の大岩美音(みお)さん(3年)も「音源だけでもプロの先生に聞いてもらえないのかな」と心残りがある。 部は町に約500年続くとされる夏祭り「江尾十七夜」で演奏するのが恒例で、町の文化祭出演などで地域に親しまれてきた。 今年は新型コロナウイルスの影響で江尾十七夜の祭り自体が中止に。 3月に予定していた定期演奏会も2度延期し、まだ開催できずにいる。 顧問の北垣球(まり)教諭は「対策をして定演は開催して、応援してくれる地域の人たちに聞いてほしい。 音楽にはコンクールで測れないものがいっぱいある。 やっていてよかった、と部員が思える場をつくるのが僕たちの役目かなと思う」。 部員たちは話し合いを重ね、気持ちを切り替えようとしている。 5月25日から本格的な練習ができるようになり、今の目標は、支えてくれる人たち、いつも声をかけてくれる町の人たちに感謝の気持ちを伝える演奏をすること。 3年生には部を引退する時が来るが、加藤さんは「伝えることを全部伝えて終わりたい」と話した。 かけ声に続いて、パン、と一拍、手を打ち鳴らすと、空気が心地よく張り詰める。 倉吉北高校(倉吉市)の吹奏楽部の部活の始まりの合図だ。 昨夏、県代表として出場した中国大会後に当時の3年生が引退すると、部員が6人だけになり、「なあなあにならないように切り替えよう」と採り入れた。 1年生10人が入部して16人の新体制になった今も続けている。 部長の山本瑞希さん(3年)はトランペット。 「中学の時と違って部員が少ないので、一人の責任が大きい」。 足りないパートを補い合うため、曲によってはかなり考えるという。 今は2チームに分かれてアンサンブルに取り組んでいる。 県中部地区では、中高の音楽関係の教員らが、成果発表の場を検討しているという。 山本さんは話す。 「コンクールがすべてじゃないけど、一つの標準で目標だった。 目に見える本番や目標がない中だけど、みんなでやる音楽は楽しいし、たくさんの方に支えられて部活ができていたこと、お客さんに伝えられることのありがたさを実感した。 本番の機会を先生方も考えてくださっているので、それをモチベーションに頑張っている」 部では、音楽室前に生徒に楽しんでもらえる掲示をするアイデアも出し合っており、新型コロナウイルスの影響で歌う機会が少ない校歌を「可愛くデコる」案や音楽クイズの案などが出ているという。

次の

コロナ感染ゼロ&病床数3位…全国知事会で鳥取・平井知事が「有能すぎる」と話題に

コロナ 鳥取

そんな話題がSNSやネットで注目を集めている。 3月30日に富山、同31日に山形で感染者が初めて確認され、残るは岩手、鳥取、島根の3県。 ここまで感染ゼロで踏みとどまっているのは奇跡的ともいえるが、山陰のお隣同士でよく混同される鳥取と島根を緊急取材。 感染者がいない背景に迫った。 山陰で隣り合い「鳥」「島」と似た漢字で始まる2文字の鳥取と島根は、どっちがどっちか位置をよく間違えられるライバル県。 厚生労働省の人口変動データでさえ、逆に記載されたほどで、人気深夜番組「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)でもマツコ・デラックス(47)にたびたびイジられている。 両県がコロナ感染者ゼロの理由として、ネット民が挙げているのは人口の少なさだ。 鳥取の人口は55万3971人で全国最少、島根は67万411人で、47都道府県で鳥取に次いで人口が少ない。 PCR検査を実施した人数も少ない。 3日までの検査人数は、鳥取が229人、島根が163人ほど。 2000件以上の検査が行われた北海道や東京、愛知、兵庫などと比べると圧倒的に少なく、絶対数が影響しているのは間違いなさそう。 「具合が悪くても、検査を受けに行くことができない」と山陰特有の事情を挙げる地元民も複数いた。 島根で暮らす60代男性が真顔で語る。 「仮に発熱してコロナ感染者第1号になった場合、田舎なんですぐにどこの誰かバレてしまう」。 人口過密の首都圏でもコロナ感染が判明して、風評被害を受けている店舗や会社も多い。 感染者ゼロだからこそ、余計に注目を浴びかねない。 だから、外出を控えるなど、絶対に感染しないように自衛している人が多いということか。 同じように噂が広まるのを懸念する鳥取東部在住の50代男性は「コロナ第1号になって恥をかくまいと、我慢して家で寝てる人がいるんじゃないのか」といぶかしがる。 鳥取や島根では、用事で東京に行っただけで「コロナかも…」と周りで遠ざかる人もいるという。 コロナ侵入を止めている別の理由として、鳥取県内の観光関係者は「コロナ騒動が始まる前後で国際線が運休し、インバウンド(訪日外国人客)が少なかったのが幸いしたかも」と指摘する。 山陰と海外を結ぶ国際線は、鳥取西部の「米子鬼太郎空港」からソウル、香港、上海の3路線。 だが、日韓関係の悪化でソウル便は昨年10月から、コロナ騒動で上海は2月11日、香港も2月18日から運休している。 中国山地に隔てられた山陰は、新幹線も通っていない。 首都圏や関西圏からわざわざ旅行で来る外国人客は少なく、図らずも抑止効果になったと言えなくもない。 ネット上で言われているのが、島根の人気観光名所の「出雲大社が守っている」という神のご加護説だ。 そもそも、出雲大社で有名なのは「縁結びの神様」で、疫病退散は専門外の雰囲気だが、境内では今、参拝者が手や口内を清める手水舎の柄杓が撤去されている。 そういう人がコロナを持って来たら、やれん(やってられない)」と複雑な表情。 このまま感染者ゼロでコロナ禍が終息するのを祈りたいところだが、コロナ疲れした人が殺到すれば…。

次の