アンドロメダ 編成。 2018年の最終PT紹介(雷属性)[編成考察]【神姫プロジェクト】

【にゃんこ大戦争】宇宙編 第3章 アンドロメダ 攻略解説

アンドロメダ 編成

出撃条件 出陣スロット: 1ページ目のみ キャラクター編成 ヴァルキリーを使用すると、 突破力の高いイノヴァルカンを足止めできるので、 編成するほうがいいでしょう。 今回は、キングドラゴンを編成に入れていますが、 敵が固まって出てきますので、 ムートで一気に倒してもいいと思います。 お財布レベルを上げる 一角くんが出てきた後に、 殺意のわんこ達が出てきます。 城の目の前で足止めします。 敵が貯まりすぎると、 危険ですので、 ドラゴンで少しずつ倒していきます。 高コストキャラクター生産 お金が貯まりだしたら、 ウルルンを生産し、 敵を倒し始めます。 ここで注意が必要なのは、 一角くんを倒す前に、お財布レベルを 上げておくことです。 お金が一気に手に入りますので、 あふれないよう注意しましょう。 敵城攻撃 敵城を攻撃すると、 イノヴァルカンや、ガガガガが登場します。 壁をしっかり生産していれば、 ヴァルキリーだけで、前線を維持することができます。 お金が貯まったら、 2体目のヴァルキリーを生産します。 ここまできたら、 負ける要素はありません。 後は、敵城の体力を0にして勝利です。 宇宙編 第1章の攻略TOPはこちら.

次の

【パワプロ】アンドロメダ学園の野手デッキ編成【パワプロアプリ】

アンドロメダ 編成

スポンサーリンク 宇宙編 第3章 アンドロメダ 出撃制限 アンドロメダは1ページ目のみの出撃制限があります。 宇宙編 第3章 アンドロメダ 攻略に使用したアイテム 「宇宙編 第3章 アンドロメダ」の攻略はネコボンとスニャイパーで行いました。 無課金編成だと、エイリアンの妨害が少ないです。 イノヴァルカンが3体出てくるのでスニャイパーも入れました。 ネコ漂流記を使うならノーアイテムでも大丈夫です。 宇宙編 第3章 アンドロメダ 攻略立ち回り 黒ワンコが出てくるので、適度にキャラを出して処理します。 城を叩くまでになるべく多くのキャラを生産。 城を叩くとボスと取り巻きが出現します。 戦略などは特になく、ひたすらキャラを常時生産するだけです。 イノヴァルカンが2体出てくるので、ある程度は押されます。 ちびムキ足の妨害が出るかも重要なので運の要素もありますね。 イノヴァルカン3体目が出てきました。 この頃までに1体は倒しておきたいところです。 にゃんこ砲は鉄壁砲にして時間を稼ぎます。 ようやくイノヴァルカンを全部倒せました。 あとは消化試合なのでゆっくり敵を倒していきます。 全部倒したら、そのまま城を破壊してクリアです。 これで、「宇宙編 第3章 アンドロメダ」の攻略は完了です。 次ステージの攻略記事はこちらから。 宇宙編 第3章 アンドロメダ 攻略動画 攻略動画はこちらです。 createElement 'script' ; ad. dataset. googlesyndication. getElementsByTagName 'script' [0]; sc. parentNode. removeEventListener 'scroll', onLazyLoad ; window. removeEventListener 'mousemove', onLazyLoad ; window. removeEventListener 'mousedown', onLazyLoad ; window. removeEventListener 'touchstart', onLazyLoad ; window. addEventListener 'scroll', onLazyLoad ; window. addEventListener 'mousemove', onLazyLoad ; window. addEventListener 'mousedown', onLazyLoad ; window. addEventListener 'touchstart', onLazyLoad ; window. addEventListener 'keydown', onLazyLoad ; window.

次の

【パズドラ】バレンタインアンドロメダの評価!おすすめの超覚醒と潜在覚醒

アンドロメダ 編成

欠損対策としても使える陣枠ではありますが、基本は相手の盤面ロックによる変換の妨害・自分の盤面ロックによる送り付け対策の2パターンとして使うことになります。 特に今シーズンにおいて「バステト」以外のリーダーは必要ドロップが多く、大戦中ほぼ確実に変換や陣を発動してきます。 そこでイルシックスを使うことで相手の変換・陣を妨害、欠損させることでリードを奪うこともできるのです。 また、イルシックスは同対面も想定できる1体で、水送り付けを受けても安定してリーダースキルを発動できるという最大のメリットがあります。 バインドの刺さりやすい環境ではありますが「」ではできない技になるため、こちらを優先したいところです。 モンスター「」 このアンドロメダを「コントロール型」と呼ぶキーモンスター。 相手のスキルターンを下げることで、相手のスキル発動タイミングを絞り込むことが可能です。 相手がどのタイミングでスキルを使用してくるかの情報はパズバトにおいては非常に大きなアドバンテージであり、戦いの分岐点となります。 このザパンでその情報アドを稼ぎ、他モンスターで妨害を打つことで確実な勝利へとつなげていきましょう。 調整ポイント 相手の動きをコントロールした上で妨害をかける、という編成上、調整できる枠は『1枠』と非常に少なくなっています。 エンハンスは無くても良し 今回同対面や長期戦をより強く見るために「カイゼルジークフリート」を採用していますが、編成しなくとも少し立ち回りに注意すれば勝利へつなげることは可能です。 相手の盤面・スキルを読みつつ、確実に攻撃を通せないのであればドロップを残し次のターンに持ち込む。 逆に相手の攻めが少しでも緩まったら容赦なく攻撃や妨害を叩き込む。 やや立ち回りに苦労はしますが、十分同対面や長期戦であっても太刀打ちできるでしょう。 立ち回りでどうにかする、というのであれば、この枠は環境上位のリーダーをごっそり対策できる「」やギミック対策をより強めることができる「」、送り付けをさらに確実にしてくれる「」などを採用するのもあり。 同対面や長期戦にはやや頭を使いますが、それさえ超えれば他の編成に対してはより強く出れるため、この編成に慣れてきたら入れ替えてみましょう。 一応「ザパン」も調整枠 「ザパン」はあくまで相手の動きを絞り込むための1枚です。 裏を返せば、いなくとも相手の動きさえ予想できれば、妨害札の多さで相手を抑え込むことも可能です。 ただし、上の「カイゼルジークフリート」同様、立ち回りにはより注意しなければいけない点には要注意です。 調整の候補としては、より相手に対して妨害でアドの取れる「」や「」、「」などがオススメ。 この枠をこだわりすぎなければ、より幅広い動きを取れるため、パズバトの読みあいに慣れてきたのであれば挑戦してみましょう。 大まかな立ち回り ザパンは打ち得 アンドロメダは自身のリーダースキルで軽減・高防御を対策できるため、ひたすら自分の動きを押し付けていけば問題ありません。 その上で役立つのが「ザパン」。 相手のスキルを遅らせることができる「ザパン」は、変換も同時に行ってくれるため、変換枠としても活用できます。 また、ある程度パズバトをプレイしているプレイヤーであれば、スキルを遅らせてくることが分かっているため、先に妨害を打ってくる、というパターンも考えられます。 もしそう動いてきた場合にはこちらも「イルシックス」や「アンドロメダ」「ニライカナイ」で対策、次のターンには変換として「ザパン」を発動という流れができます。 つまり、「ザパン」は相手のスキルを前倒しさせるプレッシャーとして、いるだけでも十分な働きをしてくれます。 変換枠としても活躍できる以上、この「ザパン」は打ち得な1体というわけですね。 L字はどの色でも発動可能 L字消しでのリーダースキルは「ドロップの5個L字消し」となっているので、編成しているモンスターの属性によらず発動可能です。 そのため、水の2コンボをL字以外で組んで、L字は違うドロップで組むのがオススメです。 イルシックスはあくまで妨害・妨害対策 上でも説明した通り、「イルシックス」は相手の盤面ロックによる変換の妨害・自分の盤面ロックによる送り付け対策の2パターンとして使うことが基本となります。 そのため、ドロップ確保としての使用は極力しないように注意しておきましょう。

次の