へきとら税金。 株式で儲けた場合の税金

不動産を売却したらどんな税金がいくらかかる?【スマイティ】

へきとら税金

1.宝くじの当選金はまさかの非課税!! 皆さんが日頃納めている「所得税」はご自身が得た、所得に対して課税されます。 例えば、給与(給与所得)や事業によって得た所得(事業所得)、不動産貸し付けによって得た所得(不動産所得)などがあります。 そう考えると、宝くじの当選金は「一時所得」ではないの?という気がしますが、宝くじの当選金は宝くじの当選金は 当せん金付証票法という法律によって、非課税所得と定められています。 ちなみにBIGやtotoも同じです。 驚愕の事実ですね。 10億円当選しても税金は1円も取られないのです。 つまり、 所得に含まれませんから、翌年の住民税等への影響も心配ありません。 もちろん、確定申告の必要もありません。 【 一時所得として課税されるもの 】 一時所得として所得税の課税対象となるものは以下のようなものがあります。 競馬や競輪、懸賞や福引は一時所得なのに、宝くじが一時所得にならないというのは不思議ですよね。 その秘密は事項でご説明します。 2.宝くじは実は購入時に税金が取られている! 実は、宝くじは購入した時点で税金が徴収されています。 しかも、その税率は40%です。 購入金額のうち40%は住民税としてその地域に納められています。 購入時にすでに税金が取られているため、当選金には税金が課税されないという訳です。 購入した自治体に住民税が支払われる仕組みになっているため、宝くじは地元で購入してください!という動きがあるわけですね。 3.当選金は非課税だけど、その後使い方で税金が発生する?! 当選金は非課税所得となるため、税金が取られることはありません。 しかし、そのお金をどうするかによって税金が絡んでくる可能性は十分に考えられます。 (1)10億あたったら半分あげる!贈与税が発生!! 宝くじあるあるの一つ「10億円あたったら半分あげるよ」という口約束。 非課税で10億ものお金を手にするわけですから、多少人にあげても良いでしょうという気持ちになりますよね。 しかし、当選金を人にあげると、もらった人には贈与税が課税されます。 贈与税は年間110万円までは非課税となりますが、10億の半分、5億円を贈与した場合・・・ 5億円-110万円=4億9,890万円 が贈与税の課税対象となり、税率は55%(控除額400万円)です。 つまり、約2億7,000万円が贈与税となってしまいます。 (2)使わずにとっておいて相続が発生すれば、当然、相続税が発生。 10億円を使わないまま、当選した人が亡くなってしまった場合、10億円には相続税が発生します。 相続が発生してしまえば、宝くじで当選したお金であろうと被相続人の資産であることに変わりはありませんので、他の現預貯金と同じ扱いになります。 (3)購入したものによっては税金の対象 当選金で車を購入すれば、自動車税の課税対象となりますし、住宅等の不動産を購入した場合には、不動産取得税や固定資産税の課税対象となります。 宝くじはあくまでも、当選金に対して課税されないというだけなので、ずっと税金が発生しないという訳ではありません。 4.宝くじは共同購入で贈与税を回避! 当選金をどうしても分けたい人がいる場合、共同購入することで贈与税が課税されずに当選金を分けることが出来ます。 当選金を受け取る際に、みずほ銀行窓口で、共同購入したので当選金もそれぞれで受け取りたいということを伝えます。 こうすることで、当選金はそれぞれの口座に振り込まれる形となるため、贈与には該当せず贈与税を納める必要はありません。 突然、口座に大金が支払われることになるため、税務調査などを受けると、「このお金は何のお金?税金はらってないんじゃない」と疑いをかけられてしまいます。 口頭で「宝くじが当たったお金です」と伝えても、なかなか信じてもらえないですから、きちんと当選証明書をもらっておきましょう。 まとめ 宝くじの当選金は非課税所得となるため、税金が取られることはありません。 また、所得に換算されないことから翌年の住民税への影響も心配ありません。 もちろん確定申告も不要です。 しかし、当選金を他の人にあげるなどすると、贈与税の課税対象となります。 また、当選金を受け取った方が亡くなった場合には、相続財産となり相続税の課税対象となります。 この記事の監修者 「つぐなび」の運営は、1970年創業の株式会社船井総研ホールディングス 東証1部上場、証券コード:9757 の経営コンサルティング事業を担う株式会社船井総合研究所が行っています。 船井総合研究所は、相続分野において700事務所にものぼる全国の弁護士・税理士・司法書士といった士業事務所のコンサルティングを行っており、その長年のノウハウをもとに「つぐなび」を2020年に開設いたしました。 現在、全国的に高齢人口の急速な増加を続けており、総人口は減少していく一方で、高齢者人口は2040年まで増え続けると予測されています。 それに伴い、相続財産をめぐるトラブルも増加、複雑化していることが喫緊の課題となっており、さらに、問題を未然に防ぐための遺言や民事信託などの生前対策のニーズも年々高まっています。 ・本記事は一般的な情報のみを掲載するものであり、法務助言・税務助言を目的とするものではなく、個別具体的な案件については弁護士、税理士、司法書士等の専門家にご相談し、助言を求めていただく必要がございます。 ・本記事は、本記事執筆時点における法令(別段の言及がある場合を除き日本国におけるものをいいます)を前提として記載するものあり、本記事執筆後の改正等を反映するものではありません。 ・本記事を含むコンテンツ(情報、資料、画像、レイアウト、デザイン等)の著作権は、本サイトの運営者、監修者又は執筆者に帰属します。 法令で認められた場合を除き、本サイトの運営者に無断で複製、転用、販売、放送、公衆送信、翻訳、貸与等の二次利用はできません。 ・本記事の正確性・妥当性等については注意を払っておりますが、その保証をするものではなく、本記事の情報の利用によって利用者等に何等かの損害が発生したとしても、かかる損害について一切の責任を負うことはできません。 ・本サイトの運営者は、本記事の執筆者、監修者のご紹介、斡旋等は行いません。

次の

年収と税金(所得税・住民税)の関係を徹底解説!税金早見表【年収100万円~年収4000万円】付き|平均年収.jp

へきとら税金

貯金を預けていると、 金利の合わせた利息をもらうことができます。 しかし、発生した利息がそのまますべてもらえるかというとそうではなく、一定の基準の 税金が発生します。 せっかく増えたお金が減ってしまうのはもったいないですよね。 いったい、利息の税金がいくら取られてしまうのか。 また、税金が取られない貯金があるのかを解説します。 貯金利子の計算方法 銀行口座にお金を預け入れていると、定期的に 預金利息としてお金が増えます。 銀行が、私達が預けた預金に対して利子を支払っているわけです。 預金利息の計算は、日割り計算の方法が用いられています。 毎日、銀行の営業時間終了時点の残高に対して、利息を計算して合計するしくみです。 預金残高に年利を乗じて365で割ると、その日の利息が算出されます。 例えば、口座残高が100万円で年利が0. 05%の場合は以下のよう計算し、1日分の利息が1. 34円ということが分かります。 34 お金を下ろすなどして残高が減った日には、少なくなった残高を基準にして計算されます。 入金や振込などで、残高が増えた日に関しても同様です。 残高が120万円の日には、上の式の100万円の部分を120万円に代えて計算します。 64 普通預金の利息の振り込み 普通預金の場合、預金利息という形で通常は年に2回の利子が支払われ、半年分の利息がまとめて普通預金に入金されます。 預金利息の支払月は銀行によって異なっていて、3月末日と9月末日に設定している銀行が多く、他には2月末日と8月末日の銀行もあります。 利息の支払日は銀行ごとに違っても、利息の計算方法はどの銀行も同じとなっています。 貯金にかかる税金について 税務上、利子は所得の一種として扱われますので、利子として得た金額に対して 税金がかかります。 税金の種類は給与などにかかる場合と同じように所得税と住民税です。 平成49年までは 復興特別所得税として「0. 復興特別所得税は、東日本大震災の復興の財源に充てる税金です。 預金利息にかかる所得税と住民税は、給与にかかる税金と税率が異なります。 所得税は15%、住民税は5%です。 復興特別所得税は、給与所得や事業所得の場合にも、所得税の2. 1%分の税率が適用されているもので、利子所得の場合も同じように扱われます。 15%の2. 1%ということで0. 315%です。 合計で利子として得た金額の20. 315%を税金として納めます。 この税率は利息の金額や他の所得の金額にかかわらず一定です。 源泉分離課税という扱いで、給与所得や事業所得に合計せず、預金にかかる分だけ別に分けて課税する仕組みです。 さらに、税額の計算や納付手続きも銀行が行ってくれます。 これまで預金利息に税金がかかることを知らなかった人でも、特に何かをする必要はありません。 口座に預金利息として振り込まれている金額は、既に税金を差し引いた金額になっています。 銀行によっては通帳の摘要欄などに、税金の内訳を記載しているところもあります。 自分の持っている通帳を確認してみるといいでしょう。 税金のかからない貯金 例外的に税金がかからない貯金として、 財形住宅貯蓄と 財形年金貯蓄が挙げられます。 どちらも、労働者が勤務先企業の協力を得て行う積立です。 財形住宅貯蓄は住宅資金を貯める目的で行い、 財形年金貯蓄は老後の生活費を蓄える目的で行います。 給料やボーナスが支給される際に一定額を天引きすることで積み立てる仕組みです。 財形貯蓄は、元利550万円までにかかる利子が非課税になる優遇措置が設けられています。 この元利550万円は、財形住宅貯蓄と財形年金貯蓄の両方を合わせた金額です。 財形住宅貯蓄は、払い出し要件が住宅の建設やリフォームなどに限定されています。 払い出し要件を満たさない場合でも引き出し可能ですが、利息が非課税ではなくなります。 過去5年間に非課税として扱われた分の利子にかかる税金を、支払わなければなりません。 例外として災害で被害を受けた場合や、失業した場合など払い出し要件を満たさなくても非課税のまま引き出し可能です。 財形年金貯蓄は、60歳以上になると引き出しできます。 60歳前に引き出す場合の扱いは財形住宅貯蓄と同じです。 外貨預金の場合 (引用元:山形銀行) 外貨預金を持っている場合でも、国内の金融機関を利用しているのであれば、利子所得にかかる税金の手続きは金融機関が行ってくれます。 税率も国内の金融機関と同じです。 一方、海外の金融機関を利用している場合は、自分で確定申告をする必要があります。 外貨は常に値動きしています。 外貨預金を持っていると、為替差損益も税金の対象になる点に注意しましょう。 ただし、含み益だけ発生している場合にはまだ確定した利益ではないため、税金がかかりません。 外貨を売却して、日本円に換えたときに初めて利益が確定し税金の対象になります。 数年前に外貨を購入し、今年に売却して差益が発生していた場合、今年の分の税金という扱いになります。 為替差益は雑所得という扱いで、雑所得は年間で20万円を超えた場合には確定申告が必要になり、納税義務も発生します。 しかし、20万円未満なら申告不要で納税義務が発生しません。 利子と異なり分離課税ではないので、給与所得や事業所得など他の所得に合算します。 税率は合算した所得によって異なります。 また、為替差損が発生した場合には、他の雑所得から差し引くことが可能です。 しかし、給与所得や事業所得など他の種類の所得から差し引くことはできませんので注意しましょう。 障害者等のマル優(非課税貯蓄)制度 障害者手帳の交付を受けている人などを対象に、利子所得に関して税制上の優遇措置を受けられる マル優と呼ばれている制度があります。 対象となる人は、障害者の他に遺族年金受給者や寡婦(寡夫)年金受給者、児童扶養手当受給者などです。 マル優制度を利用すると、350万円までの元本に対する利子所得が非課税になります。 所得税も住民税もかかりません。 マル優制度を利用するには、対象者に該当するだけでなく、手続きを済ませておく必要があります。 手続きは障害者手帳など、マル優の対象者に該当していることを証明できる書類を用意して、金融機関の窓口で行えます。 マル優制度は、1つの金融機関だけでなく複数の金融機関で利用可能です。 手続きを行う際に、金融機関ごとの非課税枠の設定を行います。 例えば、近所の地方銀行に200万円、ゆうちょ銀行に150万円のような具合です。 非課税枠を超えて預け入れている部分の利息に関しては、通常通り税金がかかります。 また、実際の預入額が非課税枠を下回っても問題ありません。 貯金にかかる税金の基礎知識 まとめ みなさんが日常的に活用している、普通預金や定期預金でも発生した利息には必ず税金が発生します。 ただでさえ金利が低いのに、その利息にさえ税金がかかってしまうのは悲しいですが、こればかりはどうしようもありません。 貯金は、将来のためにコツコツを元金を貯める為と割り切った方が良いかも知れません。 以上、「貯金にかかる税金の基礎知識-いくらから税金がとられるのか解説」でした。

次の

離婚して家をとられたのに税金までかかる?自宅の財産分与と税金

へきとら税金

#6です。 「給与所得の源泉徴収票」と書いたのは間違いで、正しくは「給与所得者の扶養控除等 異動 申告書」です。 お詫びして訂正します。 「給与所得者の扶養控除等 異動 申告書」の用紙は勤務先の経理部などが準備しているはずなので、もらって下さい。 ただし、同時に二箇所に勤務する場合は、一個所にしか提出できないので、注意して下さい。 実をいうと、勤務をして給与をもらう者は、「給与所得者の扶養控除等 異動 申告書」を勤務先へ提出しなければならいと法律で決められているのです。 正社員だけでなくパートも、アルバイトも、です。 【根拠法令等】所得税法第百九十四条第一項 多くの人は、こういう法律があることを知らないのです。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 〔参考〕 この表を見て下さい。 「甲欄」ならば、扶養親族が0人の人でも、88000円以下の給与には所得税がかかりません。 しかし「給与所得者の扶養控除等 異動 申告書」を提出しないと「乙欄」の税額が適用されます。 「乙欄」の場合は、88000円以下でも所得税がかかることが分かります。 #4です。 」の次に、以下の文章を追加します。 確定申告をしなければ還付を受けられません。 」の次に、以下の文章を追加します。 そういう見方もできます。 ^ ^; でも「給与所得の源泉徴収票」を勤務先に提出しておけば、給料が88000円以下の月は所得税を引かれませんよ。 所得税は現年課税といってその年の収入に対してその年に発生します。 しかし12月にならなければ、その年の収入は確定しません。 だからといって12月になって収入が確定したときに、所得税の計算をして12月の給与から引いてしまうと、給与が半分以下になってしまうという可能性も出てきます。 これでは12月の生活に困ります、だから毎月概算の金額を引いて12月になって収入が確定すれば、正確な所得税の金額を計算してこれと比べて今まで毎月概算で引いてきた金額の合計が少なければその分を徴収するし多ければその分を返すことによって清算をする、これが年末調整です。 ですから会社が年末調整をしてくれなければ、税務署で確定申告をして清算しなければならないということです。 つまり毎月給与から天引きされている所得税は確定した金額ではなくいわば仮払いのようなものなのです。 ところで概算と書きましたが、概算といっても会社が適当に決めているわけではありません。 税額表というものがあって、それに月収によっていくら引くか決まっているのです。 ただこの決まっている金額が曲者で、殆ど多く取られるように設定されているのです。 だから年末調整では多くの人が還付を受けており、年末調整は単純にお金をくれるものだと勘違いしている人もいるということです。 どうして多くとるようになっているかというと、ひとつには心理的な問題。 同じ金額を所得税として取られるとしても、概算で取られた金額の合計が少なくて追徴されると損したような気分になるが、逆に金額が多くて戻ってくると得したような気分になる、ということで徴税がやりやすくなるということ。 もうひとつは会社が年末調整をしなければ確定申告をする場合にやらない人が多いということです。 不足分があって追徴するのは大変な作業になるが、多くとりすぎておけばそのようなことは殆ど起こらず余計な作業をしなくてすむということです。 だからといって取り過ぎた分を返すと税務署から言ってくることはありません、納税する側から言えば確定申告という手順を踏まなければ戻ってこない、面倒だといって何もしなければその分は国庫に入るだけなのです。 つまり国側としては確定申告という義務を果たせば取り過ぎた分は戻しますよ、でもその義務を果たさなければその分はありがたく頂戴して国庫に入れますよということです。 義務を果たして戻るべき金を戻してもらうか、義務を果たさずに戻るべき金を捨てるかという選択です。 要するに確定申告をしていないで税務署が何も言ってこないというのは、殆どが税金の払い過ぎで還付があり、損をしている場合です。 税務署は追徴がある場合は絶対といっていいほど見逃しません。 しかし払い過ぎあったときは何も言ってきません、確定申告をして返せといわない限り返しません。 しかし一般には確定申告をしなくて税務署が何も言ってこなければ、払わなくてはならない税金を払わずに済んで得をしたという、誤った都市伝説がありそれを信じている人が多いということです。 >確定申告をして逆に税金を取られてしまうという場合はどのような場合ですか? 前年の年末あたりに翌年の予定の「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を会社に提出しているはずですが、ここに記載されている扶養家族の人数(配偶者、子、親等)と給与の額により前述のように税額表から毎月引く概算の金額が決まります、ですからその年の年末に予定と異なり扶養家族が働きすぎて扶養の条件を外れるようになれば還付金は減りますし、外れる人数が極端に多ければ追徴と言うこともあるということです。 もうひとつ良くあるのがそもそも経理担当者が税額表を見間違えて少ない金額しか引いてなかった場合です。 逆に扶養家族が増えれば還付金も増えます。 しかし扶養家族がいなければ、そういうことも起こらないでしょう。 >ちなみに私は去年二つ掛け持ちしていたバイトの給料の1年間の合計は80万円位でした。 確定申告をしたほうがいいですか? 所得税が引かれていればそれが戻るので、確定申告はしたほうがいいでしょう。 >その人がこれからいくら稼ぐかわからないので、どんな低所得でもとりあえず所得税を引いてあると聞きましたが間違っているのでしょうか? そうです、前述のようにあくまでも概算の金額を引いて年末になって年末調整と言う形で清算して差し引きをするということです。 給与以外の収入がないものとして回答します。 >去年二つ掛け持ちしていたバイトの給料の1年間の合計は80万円位でした。 確定申告をしたほうがいいですか? A.確定申告をする法的義務について; 給与の総額が『150万円』と『雑損控除、医療費控除、寄付金控除及び基礎控除を除く所得控除の額』との合計額以下である場合は確定申告をする法的義務はありません。 【根拠法令等】所得税法第百二十一条第一項第二号ロ 従って質問者の場合は1年間の給与合計が80万円ですからこれに該当するので、確定申告をする法的義務はありません。 >確定申告をして逆に税金を取られてしまうという場合はどのような場合ですか? 例えば、 1 バイトの給料の1年間の合計が140万円である。 2 しかし給料から所得税を引かれなかった。 3 国民年金保険料や生命保険料などの支払をしなかったので、所得控除は基礎控除だけである。 という場合。 この場合は、所得税の計算をすると所得税が発生するので、確定申告をすれば所得税を納めなくてはなりません。 Q 今年2月に医療費控除をもらうつもりで確定申告しました。 税務署に行く時間がなかったので郵送で医療費の領収書とインターネットで作成できる確定申告書に入力、ダウンロードして郵送しました。 そしたら税務署から督促状が届き、「申告所得」の税目で約50000円も請求されました。 税務署に確認したところ源泉徴収税額を差し引いてこの金額分不足なので納付してください、とのこと。 説明を聞いても腑に落ちません。 一番もやもやしているのはもし確定申告していなかったらこんな督促状は届かなかったのでは?ということです。 言い遅れましたがうちはサラリーマンで所得税は普通に給与天引きされています。 そのこと(確定申告していなかったら、云々)を税務署に聞いたら「自己申告・自己納付なので・・・」とのこと。 これってやっぱ言い方変ですが申告しなかったら見ないふり(払わなくてもよい)ということなんでしょうか。 税のことに関しては全然わかっていないので、詳しい方、この状況をわかりやすく説明してください。 私は払わなければいけないのか、そして確定申告しなければ請求もされなかったのでしょうか。 A ベストアンサー 督促状が来てビックリされた上に、ご自分の入力ミスかも・・と思われているようですね。 落ち込まれないようにしてくださいね。 その場合は・・ 1 生年月日を入力したあと、出てくる申告書の【収入金額】の『給与』をクリック。 2 源泉徴収表を見ながら、収入金額・源泉徴収金額・会社名・会社住所を入力。 その次に、いきなり【所得から差し引かれる金額】の『医療費控除』を入力されたのではないでしょうか? 実はその前に・・ 3 【所得から差し引かれる金額】の、『社会保険料控除』『生命保険料控除』『配偶者控除』『扶養控除』など、自分に当てはまる控除額を入力しなければなりません。 質問者様は、これを抜かしていらっしゃると思われます。 >結局素人には難しいことなのであれば税務署のHPにも「素人は直接窓口へ」って記載してほしいです。 とのことですが、【申告書A】は、年金所得の方や二箇所給与など、申告に慣れていらっしゃる方も使われますから、本来【年末調整済みの給与1箇所で、たまたま医療費控除があるから申告する】という今回の質問者様のような場合は、 国税庁HP・確定申告書等作成コーナーで、【申告書A】よりも、もう少し下にある【給与還付申告書】のとろこを利用されたらよいと思います。 『年末調整済の給与所得のみの方で、年末調整の内容に変更がなく、医療費控除、住宅ローン控除などを受ける場合』と注意書きがあるところです。 試しにこの【給与還付申告書】で質問者様の金額を入れてみたところ、 『誤りがあります。 源泉徴収表に記載された金額と、各項目に入力された金額が一致されているかご確認ください』と、注意が出ましたよ。 提出された申告書が、いくら医療費控除を入れても、年末調整で受けていた扶養控除や配偶者控除を除く申告になっていますから、どうしても追徴になってしまいます。 確定申告の期日は過ぎていますので、訂正申告を出すことはできませんが『更正の請求』という手続きで、正しい金額にしてもらえるはずですから、印鑑と、本人確認の免許証、確定申告書の控えを持って税務署の担当窓口に行かれるとよいと思います。 督促状が来てビックリされた上に、ご自分の入力ミスかも・・と思われているようですね。 落ち込まれないようにしてくださいね。 その場合は・・ 1 生年月日を入力したあと、出てくる申告書の【収入金額】の『給与』をクリック。 2 源泉徴収表を見ながら、収入金額・源泉徴収金額・会社名・会社住所を入力。 その次に、いきなり【所得から差し引かれ... Q こんばんわ。 いつもお世話になっていますm(__)m とても初歩的な質問でごめんなさい。 私は今22歳で既婚者です。 保険は国保で自分ひとりだけ加入してるので、扶養にはなっていません。 バイトをしてるのですが、結婚したこともあり、毎年無視していた確定申告を今年はしようと思っています。 でも、私の周りの友人はみんな口をそろえて「確定申告はしなーい」といいます。 友人の中でも、結婚して扶養に入っている子や、独身でバイト生活…生活環境はみんな違いますが、みんな「しない」といいます。 何せよ初心者なので、分かりやすいように教えていただけるとうれしいですm(__)m A ベストアンサー 1 確定申告書を提出することができる日の翌日から5年間です。 ただし一度でも当該年分の確定申告をすると、以後は、還付金を受けるための手続きは確定申告ではなく「更正の請求」になるため、確定申告をした日の翌日から一年間が期限となります。 2 H20年分の所得税に関する確定申告は、申告義務のない方であれば、H24の12月31日まで提出することができます。 3 税務代理は税理士資格のあるものしかできません。 しかし、申告書の内容を本人が確認したうえでこれを許可し代筆・代理提出する分には資格は不要です。 4 適用を受ける控除の種類などによって必要な添付書類は変わるため一概には言えません。 最低限必要なものとしては 当該年分の所得にかかわる源泉徴収票、印鑑 この2つは必ず必要です。 Q H19年の確定申告をしたのですが、今日督促状が届きました。 医療費控除を受けるはずが・・・逆に申告所得税を請求されてしまいました。 そもそも会社のほうで年末調整を行ってもらっていて、給与以外の所得はありません。 しかし、昨年は出産で膨大な医療費がかかったため、医療費控除を受けれると思い申告しました。 手続きの際、会社からもらった源泉徴収票と医療費のレシートを添付の上、自分で書類を作成し提出しました。 督促状を受けて、意味がわからないまま、税務署へ問い合わせてみるも、 「あなたの申告に基づいてこの金額を請求しています」と言われ、 税務署ではチェックをしていないような言い方でした。 控えを探したのですがすでに手元にはなく、どうにもならないものなのでしょうか。 年末調整で、給与に関する所得税は払っているものという認識でしたが このようなケースはあるのでしょうか。 もしくは、私の作成した申告書が誤って記載した場合は、 このような事態になっても仕方ないのでしょうか。。 専門知識がないばかりにどうしたらいいものか困っています。 どなたかご教授いただけますと幸いです。 どうかよろしくお願い致します。 H19年の確定申告をしたのですが、今日督促状が届きました。 医療費控除を受けるはずが・・・逆に申告所得税を請求されてしまいました。 そもそも会社のほうで年末調整を行ってもらっていて、給与以外の所得はありません。 しかし、昨年は出産で膨大な医療費がかかったため、医療費控除を受けれると思い申告しました。 手続きの際、会社からもらった源泉徴収票と医療費のレシートを添付の上、自分で書類を作成し提出しました。 督促状を受けて、意味がわからないまま、税務署へ問い合わせてみるも、 「あ... A ベストアンサー こんにちは。 ・お勤めの方は,上記のとおり年末調整で所得税の清算は完了しますので,所得税については納税漏れは無いはずです。 勿論,年末調整の内容に間違いがないという前提です。 ・医療費控除のための確定申告は還付申告ですから,そもそも税額が増えることはありませんので,記載を間違えられると言うことは無いと思うのですが… ・もし間違っておられて課税がされたのでしたら,「更正の請求」という申告の訂正ができますので,税務署にお問い合わせください。 nta. nta. htm こんにちは。 Q 去年の2月から6月まで高額医療費控除を使って、入院で約85万かかったんですが 生命保険が降りて、少しプラスになりました。 去年一年の医療費に入院費を合わせると100万越えます。 ですが・・・他の人からは、保険でむしろプラスになったのであれば、申告したら払うはめになるかもよと言われました。 税務署で確定申告するとき生命保険に入ってるかと保険金が降りたのかって分かるんですか? こう言った場合は、申告はどーするべきですか? 貰えるものは貰いたいと思うのですが 生命保険は、個人でかけてる事だしと思いまして・・・ すいません、わからないので、どなたか教えて下さい、よろしくお願いします。 A ベストアンサー (Q)去年の2月から6月まで高額医療費控除を使って、入院で約85万かかったんですが生命保険が降りて、少しプラスになりました。 (A)ならば、この分の医療費控除は受けられません。 生命保険の入院給付金などが非課税なのは、 このようなとき、医療費から差し引くからですよ。 非課税のお金を貰って、しかも、その原因となった入院から、 その費用に関する税金の還付を受けるというのは、 二重取りになりますよ。 (Q)去年一年の医療費に入院費を合わせると100万越えます。 (A)入院で85万円かかったということは、 その他の費用が、15万円ということです。 この15万円は、医療費控除の申告ができます。 (A)15万円(上の計算)-10万円=5万円。 所得税率が10%ならば、5000円が戻ってきます。 (Q)他の人からは、保険でむしろプラスになったのであれば、申告したら払うはめになるかもよと言われました。 (A)生命保険の入院給付金などは非課税なので、 申告したら、不足分を指摘されて、追加の税金を取られる ということはありません。 (Q)税務署で確定申告するとき生命保険に入ってるかと保険金が降りたのかって分かるんですか? (A)税務署が保険会社に問い合わせをすれば、すぐに答えてくれます。 毎年の生命保険料控除を申請していれば、税務署は どこの生命保険会社と契約しているのか、すぐにわかります。 ついでに言えば、死亡保険金・解約払戻金・満期保険金などは、 100万円を超えると、保険会社は税務署に支払調書の提出義務が 生じます。 (法律で、提出義務が決められている) なので、このようなお金は、税務署は何もしなくても、把握できる。 このような面では、保険会社と税務署は、仲良しと思って良いです。 (Q)こう言った場合は、申告はどーするべきですか? (A)上記の通り、 85万円の入院費用に対して、それ以上の給付金が出ているならば、 この分は申告できません。 総額100万円-85万円(入院費)=15万円 について、保険会社からの給付がないのならば、 この15万円については、医療費控除の申請を出せます。 計算は、上記の通り。 ついでですが、 「税務署には、どうしてわかるのですか?」 という発想をしないでください。 税務署には、すべてわかると考えた方が良い。 日本の税務は、納税者の申告制です。 つまり、税務署は、納税者が正しく申告するということを前提にして 仕事をしています。 だから、正しくないことをしたときは、厳しいです。 (Q)去年の2月から6月まで高額医療費控除を使って、入院で約85万かかったんですが生命保険が降りて、少しプラスになりました。 (A)ならば、この分の医療費控除は受けられません。 生命保険の入院給付金などが非課税なのは、 このようなとき、医療費から差し引くからですよ。 非課税のお金を貰って、しかも、その原因となった入院から、 その費用に関する税金の還付を受けるというのは、 二重取りになりますよ。 (Q)去年一年の医療費に入院費を合わせると100万越えます。 (A)入院で85万円かかったと... Q 医療費控除を申告したら、還付ではなく、納付と言われました。 いったいなぜでしょうか? 去年は医療費がかかったので、還付ではなく納付といわれ、ショックです。 医療費控除の申告書の書き方を見て書いて、「配偶者控除」「扶養控除」を載せて提出したら、基礎控除がもれていたと指摘がありました。 その前の年はこの欄になのも書いていなかったのに、今年は指摘を受けています。 一体、どの書き方が正しいのか分かりません。 いくら医療費がかかっでも、誰もが還付をしてもらえる訳ではないということなんでしょうか。 税務署の方と話していても、事務的な対応でこのトリック?を教えてもらえません。 こうやって、納税になってしまうのなら、わざわざレシートを貯めて、面倒な資料の作成などしなければ良かったと思って、後悔してます。 どなたか教えてください。 A ベストアンサー 「医療費控除を受けると還付金が発生する」というのは「うそ」です。 理由を説明します。 上記の前提は、給与の支払いが一箇所しかなく年末調整を受けてるのが条件です。 収入がこれだけですという計算ができていて、それに対しての税金を年末調整という確定申告のサラリーマンバージョンを受けてる方が「医療費控除を受ける」と新たに税金計算の上で控除額に対しての税金分だけが還付されるわけです。 収入が一箇所からだけではない方は、一定条件をクリアーしてない限り確定申告で一年間の税金と年末調整で清算されてるとしてる税額との差額を支払わないとなりません。 その差額つまり収める税金が大きい場合には医療費控除額を差し引いても追加で納付しなくてはならなくなります。 医療費控除をしてなければ、その分は追加納付額が増えてるということです。 ですから「後悔」しなくてもいいのです。 医療費控除を受けた分だけは収める税金が減ってます。 「どうしても納得できんじゃんね」と言われるなら、申告書控えを持って税務相談室(大きな税務署にあります)で「医療費控除を受けなかったらいくら税金負担が多かったか教えてください」といえば、チョコチョコって計算して教えてくれるはずです。 ついでに「どうして還付金がなかったのか」質問されれば、このサイトで説明を受けてるよりもわかりやすく教えてくださいますよ。 「医療費控除を受けると還付金が発生する」というのは「うそ」です。 理由を説明します。 上記の前提は、給与の支払いが一箇所しかなく年末調整を受けてるのが条件です。 収入がこれだけですという計算ができていて、それに対しての税金を年末調整という確定申告のサラリーマンバージョンを受けてる方が「医療費控除を受ける」と新たに税金計算の上で控除額に対しての税金分だけが還付されるわけです。 収入が一箇所からだけではない方は、一定条件をクリアーしてない限り確定申告で一年間の税金と年... Q 閲覧ありがとうございます。 住民税について質問があります。 私は今まで住民税払ったことがないです。 30代後半まで。 今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、 世帯分離して国民健康保険に加入したのですが 住民税は発生するのでしょうか? 最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら 年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、 ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、 個人差があり年間10万払ってる人と30万払ってる人がいるようです。 国民年金が全国一律15240円だったと思います、年間約18万円 国民健康保険が私の市だと、月16000円くらいで、年間約19万円 この2つだけで年間37万円も払わなければならないです。 住民税というのが、いくらかかるのか全くわからず ネット上では年間10万以上は払うように書かれているのですが ということは、年金、健康保険、住民税を合計すると年間50万以上 必要のように思えてしまうのですが、これは本当なのでしょうか? 私は年収200~230万位で 年金は銀行引き落とし、健康保険は払い込み用紙で毎月払う形 住民税は毎月払うのでしょうか? 毎月払えれは、楽なのかと思いきや、年収200万くらいで 年間10万~30万 高い人は50万くらいだそうなんですけど 自由になるお金減りすぎますよね。 あと40歳になると、介護保険料 というのが発生するみたいなんですが・・ 年収からこれらを全部引いてしまうと、手取り150万くらいになってしまうのですが こんなんで、ひとり暮らしは可能なのでしょうか? 月の収入で見ると 月給 180,000円 年金 -15,000円くらい 健康保険-16,000円くらい 所得税 -7000円くらい 住民税 -???円(仮に10,000円として)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄手取り 132,000円 醜い数値が出ました。 ひとり暮らしをしたら 知人の話では家賃4万円で光熱費いれるとトータル6万円くらいだそうです。 食費が、節約を常に考えても、1日1000円でも月3万円 この時点ですでに9万円です。 残りは42000円、これで生活できるのでしょうか・・ 閲覧ありがとうございます。 住民税について質問があります。 私は今まで住民税払ったことがないです。 30代後半まで。 今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、 世帯分離して国民健康保険に加入したのですが 住民税は発生するのでしょうか? 最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら 年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、 ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、 個人差があり年間10万払ってる人と30万払... A ベストアンサー 年収210万円とした場合の住民税 住民税は「所得割」と「均等割」の2つの課税があります。 なお、給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を「所得」といいます。 なお、所得税は7000円も引かれません。 4000円くらいですし、最終的には引かれた所得税の一部が年末調整で還付されます。 年末調整のとき、1年間に払った年金と国保の保険料申告することを忘れないですることです。 mykomon.

次の