出雲 伊波 比 神社。 猫神社「出雲伊波比神社」に行ってきました(埼玉県入間郡毛呂山町)

出雲祝神社。入間市宮寺の神社

出雲 伊波 比 神社

埼玉の猫神社をたずねる 猫神社として知られる「出雲伊波比神社」は、埼玉県の入間郡にあります(埼玉県入間郡毛呂山町)。 奈良時代にはすでに存在していたとされる由緒正しい神社で、江戸時代に再建された本殿は国の重要文化財に指定されています。 猫神社という呼称は、おもにネット上で勝手に言われているだけで、神社側が自分で名乗っているわけでありません。 神社は、猫が増えてこまっています。 エサ代がかさむし、フンの掃除だって大変でしょうからね。 猫が増えた理由は、捨て猫と、自然繁殖です。 動物愛護のNPOに依頼して境内にいる猫に不妊手術を施していますが、いつの間にか新しい猫が入ってきて、ここで繁殖してしまうのだそうです。 出雲伊波比神社は小高い丘(臥龍山)の上にあります。 猫は行動範囲の狭い動物です。 街にいた野良猫がひとりで山を登ってきたとは考えにくいです。 誰かが彼らをここに連れてきた。 つまり捨て猫です。 捨て猫が今の状況をつくったのだと思われます。 境内にいる猫の数は、わたしが数えてみたところ、20匹を超えています。 出雲伊波比神社の敷地はかなり広いのですが、猫がいるのは社務所や拝殿がある狭いエリアです。 狭いエリアに20匹以上の猫がいるので、体感上の猫密度は相当高いです。 出雲伊波比神社の猫たち 猫たちは、鳥居から拝殿までのスペースを自由に使って気ままに暮らしています。 こちらを気にするハチワレ猫。 どっちを向いても猫が目に入ります。 仲が良い2匹の猫。 この神社で目立って多いのは白黒猫です。 拝殿の裏手にも、白黒猫が2匹いました。 手前の猫のアップです。 奥の猫はこちら。 だいぶノミがついているみたいです。 かゆそうです。 生後半年程度と思われる子猫も、ちらほら見かけました。 三毛猫が通りかかったので撮影。 こちらは茶白。 猫の背伸びはこうやります。 食事どきは集合します エサやりの時間が近づいてきたのか、境内の方々に散っていた猫たちが、自然に社務所の前に集まってきました。 どんどん集まってきます。 日の傾きと気温の変動で時刻がわかるのでしょうか。 なお、来訪者が猫にエサをやることは禁止されています。 猫アピールは控えめ 猫神社と呼ばれる神社は各地にあります。 たとえば東京なら、浅草の「今戸神社」が有名です。 今戸神社には生身の猫はいませんが、猫グッズを販売したり、絵馬も猫柄だったり、積極的に猫で商売しています。 立川市の「阿豆佐味天神社」(立川水天宮)は、お参りすると迷子の猫が帰ってくる「猫返し神社」として知られます。 迷子の猫の帰宅を願う人たちが奉納した絵馬がたくさん下がっています。 絵馬には猫のイラストが印刷されています。 出雲伊波比神社も、飼い猫の健康と長寿にご利益がある猫神社として宣伝すれば、猫のエサ代と医療費くらいは調達できそうです。 しかし、今のところ、「猫神社」という呼称は、あくまで世間が面白がってそう呼んでいるだけで、神社側から猫をアピールするつもりはなさそうです。 境内で見つけた猫神社らしいものと言えば、この招き猫くらいでした。 この猫に招かれて、野良猫や捨て猫が集まってきたのかな。 出雲伊波比神社のアクセス・行き方 出雲伊波比神社へのアクセスは便利です。 JR八高線の毛呂駅、または東武東上線の東毛呂駅から、いずれも徒歩で行けます。 各駅からの行き方を地図に示しました。 東武東上線東毛呂駅からアクセスする場合は、以下の行き方になります(所要時間は約10分)。 駅を出たら左手の道を進み、交通量の多い道路(県道39号線)に出たら右折する。 信号のある交差点を越えた少し先の左側に鳥居があるので、その手前の道を左に入る。 森の中の坂道を上がると神社に出ます。 JR八高線毛呂駅からアクセスする場合は、以下の行き方になります(所要時間は約5分)。 駅を出たら真っすぐ50m進んで右折し、大通り(県道39号線)に出たらさらに右折。 踏切を渡ったら左側の小道に入り、毛呂小学校の手前の道を左折。 目の前の山を上っていくと、神社に出ます。 どちらのルートもわかりやすいので、心配いりません。 拝殿の扉は4時ころに閉まりますが、門はないので境内には何時まででもいれそうです。 いわゆる閉門時刻というのはなさそうです。 お賽銭は、猫のエサ代を上乗せして、少し余分に入れましょう。

次の

「出雲伊波比神社」(入間郡毛呂山町

出雲 伊波 比 神社

由緒 [ ] 古くは川本村畠山に鎮座していた。 火災や水害で古記が紛失したため、創建年代は不詳である。 年間( - )のの際、がへ向かう途中で戦勝祈願のために同社へ参拝し、白旗を献上したことをきっかけに「白籏八幡社」と改称された。 3年()には「八幡塚」と呼ばれる赤浜村下河内に移転し、さらに8年()に荒川の大洪水により、住民と共に現在の鎮座地に移転した。 に入り、創建当初の社名の「出雲乃伊波比神社」に改称された。 祭神 [ ]• (主祭神)• (配祀)、、、、 社格 [ ]• 明治4年()11月 - 村社• 明治32年()6月24日 - 郷社 境内社 [ ] 摂社 [ ]• 八坂社 -(主祭神)須佐之男命• 妙見社 -(主祭神)八意思兼命 末社 [ ]• 石宮八坂社• 山神社• 浅間大神 - 元年に勧請• - 3年10月9日常楽寺より移転• 榛名社• 蚕影大神、三峰大神、古峰大神、天満社、愛宕大神、白山大神、伊奈利社•

次の

出雲伊波比神社

出雲 伊波 比 神社

場所は、埼玉県入間郡毛呂山町にあります。 社格 神社には 社格(しゃかく)というものがありますが、これは神社の格式であり、昔、朝廷などにより決められました。 出雲伊波比神社の旧格式は、 郷社でした。 近代の社格制度は、おおきく「神宮」「諸社」(民社)「無格社」(社格がないものだが神社明細帳にかかれているもの)とわかれていて、出雲伊波比神社は諸社にあたり、郷社に該当する神社は日本全国で3,633社あります。 この神社は重要文化財に指定されています。 埼玉県内で、流鏑馬が行われるのはこの神社だけです。 とっても貴重な神社ですね。 ですので、出雲伊波比神社はその流鏑馬で有名な神社ということです。 場所は埼玉県入間郡呂山町です。 やぶさめには、流派によるものや、保存会が行う地元の儀式、また、愛好家が行うスポーツ競技などがあります。 出雲伊波比神社では、地域の祭りとして950年以上前から続いているのです。 今は、春と秋の二回この行事が行われていますが、春は七歳未満の男の子が馬に乗り、弓矢を一回だけ射る儀式をしています。 本格的なやぶさめをご覧になられたい方は、ぜひ、秋の儀式を見に行かれるのをお薦めします。 秋の儀式では、15歳前後の男子が馬に乗り、祭礼区毎に1頭ずつ、3頭の馬が参加し、三回の騎射が行われるのです。 【参考】 馬場 馬場とは、馬を走らせる場所と書いて、馬用の直線コースのことです。 長さは、約218mあります。 進行方向に向かい左手には、コースから15mほど離れたところに3つの矢を射るための的が用意されています。 的の高さは約2mくらいです。 矢を射る人(射手)は狩装束(かりしょうぞく)を着て、馬を走らせながら連続して矢を射ます。 素人から考えると、馬を走らせて自分が動いてていて、体も上下に動いている時に的に弓矢を当てるのは相当難しいだろうと感じます。 10月下旬に、馬主が祭り用の馬を出雲伊波比神社に送ってきます。 そして、乗り子が馬にのりまずは儀式をする馬場で馬を走らせる稽古を始めるんですね。 そして、祭り用の馬を川に入れて洗ってあげ馬を清めます。 この日から約1週間の間、乗り子は朝早く馬に乗って訓練をするのです。 近くに住んでおられる方は、この様子も見ようと思えばみられるのではないでしょうか? 10月31日は、稽古じまいです。 祭り用の馬が本陣毛呂本郷の的宿に行きます。 この日から馬に乗る子供達(乗り子)が的宿に泊まります。 また、早朝から前久保地区から奉納された米をふかして、予め炒った大豆と一緒に焼米を作るそうです。 この焼米を乗り子達やその一行の人たちに食べさせてあげます。 出雲伊波比神社とかかわりの深い越辺川の重殿淵に、的宿から一行は行き、行事がうまくいきますように…と思いつつ、参拝をします。 この餅には、行事の最中に人々に撒くお石と呼ばれる餅の他に、お供え用の餅、また、典子と矢取りに配る力餅、そして3頭の馬の背中に入れる用の力餅などがあり、また、神様にも供えられます。 1 朝的で何をするのか? 朝的では、神主が馬場と的を清め、乗り子が馬に乗って、馬場を一往復します。 (陣道と呼びます) 陣道のあと、各馬から順番にスタートし、一回ずつ弓を射ます。 躍動感あふれる馬に乗る乗り子が、弓をもち、引いて、的を見つめながら思いっ切り射ます。 その後、ムチを持って馬を2回走らせるのです。 2 夕的で何をするのか? 朝的とは違い、夕的では乗り子達は、色鮮やかな正装をして馬に乗り一往復します。 この色鮮やかな正装をはじめて見る人たちは感動すると思います。 そして、3人の乗り子の中で、リーダーの1の馬が、1の的に一回だけ弓を射ます。 この時、 観客たちは心の中で今年の希望や夢が実現されるように祈りながらこの騎射を見つめるのです。 これは がんまとうと呼ばれ、地域の人たちの願いを神様に伝える儀式です。 これが終わると、乗り子達は、陣笠と陣羽織を身に着けて、陣道(馬場を一往復する)をします。 その後、乗り子達は、1の馬から順番に、矢的、センス、ムチなどの芸を馬に乗りながら披露するのです。 馬とは関係ありませんが、みかん投げや餅まきなども行いますので、お好きな方はとるのもいいでしよう。 中にはみかんと餅をもらうのが楽しみで来る人たちもいるようで・・・。 その後、ムチをもって騎乗を日暮れまで続けます。 無料です。 参考URL: ・ ・ ・ ・ 人気記事一覧• 300,447件のビュー• 166,429件のビュー• 143,140件のビュー• 58,870件のビュー• 47,406件のビュー• 44,617件のビュー• 43,496件のビュー• 39,954件のビュー• 38,302件のビュー• 18,172件のビュー• 17,831件のビュー• 17,822件のビュー• 17,048件のビュー• 16,930件のビュー• 15,530件のビュー• 14,937件のビュー• 12,551件のビュー• 11,333件のビュー• 11,206件のビュー• 10,408件のビュー• 9,905件のビュー• 9,731件のビュー• 9,697件のビュー• 9,639件のビュー• 9,406件のビュー• 9,227件のビュー• 9,077件のビュー• 8,713件のビュー• 8,358件のビュー• 8,240件のビュー.

次の