生理微熱。 生理(月経)と発熱

生理前の体温は何度まで大丈夫?37℃以上の場合は?

生理微熱

風邪を引いたわけでもないし、特に疲れているわけでもないのに微熱っぽい感じがあるとき、「そろそろ生理が始まるなと」思う方も多いのではないでしょうか。 生理前になると熱っぽさを感じ、実際に測ってみると微熱を計測するケースが多々あります。 毎月必ず生理前になると微熱を感じる方もいれば、全く感じない方もいるため、「私だけかもしれない」と思っている方も多いことでしょう。 生理前の微熱は誰にでも起こりうることですので、深刻な病気があるというわけではありません。 しかし、微熱により頭がボーっとしてしまったり、身体の気だるさを強く感じたりすることもあるため、毎月訪れる方にとっては憂鬱な機関となります。 そこで、生理前の微熱について原因や対処方法など、さまざまな情報を詳しくお伝えしていきましょう。 生理前に微熱が起きる理由 毎月決まって生理前になると、微熱っぽさを感じるという方はたくさんいらっしゃいます。 では、なぜ生理前になると微熱が出てしまうのでしょうか。 大きな理由としては、女性ホルモンの働きが身体に影響を与えている可能性が高いでしょう。 女性ホルモンは、排卵を促したり、生理を起こしたりするホルモンのことで、女性が子供を授かるために必要不可欠な物質です。 では、なぜ女性ホルモンが微熱に関係してくるのでしょうか。 女性ホルモンと微熱の関係 毎月決まって生理前になると微熱っぽさを感じるという方は、女性ホルモンの働きが身体に影響している可能性があります。 女性ホルモンは、主に排卵を促したり生理を起こしたりする作用があり、それぞれの期間で活発になる女性ホルモンは異なります。 まず、生理が終わってから排卵するまでの期間、分泌が活発になる女性ホルモンは、エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンです。 そして、排卵されてから生理が始まるまでの期間、分泌が活発になる女性ホルモンは、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンです。 生理前に微熱を感じるということは、この時期に活発になっているプロゲステロン(黄体ホルモン)が関係していると言えるでしょう。 プロゲステロンについて 生理前に微熱を感じるという場合、この時期に活発に分泌されているプロゲステロン(黄体ホルモン)の影響が考えられます。 プロゲステロン(黄体ホルモン)は、排卵されてから生理が始まるまでの期間、活発に分泌される女性ホルモンのことで、体温を上昇させる役割があります。 女性の身体は、低温期と高温期に分けられ、エストロゲン(卵胞ホルモン)が活発に分泌されている期間は、体温が低くなる傾向が多く、プロゲステロンが活発に分泌されている期間は、体温が高くなる傾向があります。 それぞれの体温差は、0. 体温が上昇する理由 生理前に微熱を感じるのは、プロゲステロン(黄体ホルモン)が活発に分泌されているからです。 では、なぜプロゲステロン(黄体ホルモン)は体温を上昇させる働きをするのでしょうか。 プロゲステロン(黄体ホルモン)は、排卵されてから生理が始まるまでの期間に分泌されるものですが、その役割は主に受精卵のためにあります。 受精卵が無事に着床し、育っていくためには子宮内部の環境をより良い状態に保つ必要があります。 受精卵が快適に過ごすためには、ある程度温かい環境が必要になるため、体温を上昇させて子宮内部の温度を高めようとする作用が働くのです。 子宮内部の温度は37. そのため、排卵を境に体温が上昇し、生理前まで微熱っぽさが続いてしまうのです。 生理前のさまざまな現象 生理前に微熱を感じるのは、プロゲステロン(黄体ホルモン)が活発に分泌されることにより体温が上昇してしまうからです。 実は、このプロゲステロン(黄体ホルモン)の役割は体温を上昇させるだけではありません。 受精卵がより良い環境で育っていくために必要な栄養を補給しようとする役割もあるのです。 身体にある栄養を子宮に集中させようとするため、一時的に血液中の血糖値が下がるようになります。 すると、脳は栄養を補給しなければならないと食欲を増幅させる命令を下すため、生理前になるとお腹がすきやすくいつもより食欲が増してしまうようになるのです。 また、取り込んだ栄養は子宮のために確保したいため、エネルギー消費も低下していきます。 生理前は、食べたものを吸収しようとする力がいつもより強いので、カロリーが高い食べ物や、食べすぎには注意するようにしましょう。 PMSって何? 生理前に微熱を感じて病院を受診すると、「PMS」ですねと言われることがあります。 PMSとは月経前症候群の略称で、微熱を含む身体のさまざまな不具合のことを言います。 生理前になると微熱を繰り返す人は、このPMSである可能性が高いと言えるでしょう。 PMSは、ホルモンバランスの急激な変化やストレスなどのさまざまな原因から引き起こされるものですが、特定の原因は突き止められていないものです。 症状としては、微熱を始め、吐き気や頭痛、倦怠感や便秘、下痢など幅広いため、自分に起きている症状がPMSだと知らない人もたくさんいらっしゃいます。 PMSを体験している女性は数多く、生理中の女性のうち約8割がPMSを経験しているとも言われているのです。 治療法としては、生活習慣などの見直しや低用量のピル、漢方薬などがあります。 基礎体温の変化 生理前に微熱を感じるのは、プロゲステロンが活発に分泌されているからです。 しかし、そもそも体温が高い状態にあるか、低い状態にあるか判断できないという方も多いのではないでしょうか。 女性の身体はその時活発に分泌されている女性ホルモンの影響を受け、体温が変化します。 エストロゲンが活発に分泌されている生理後~排卵までの期間は体温が低い状態で、排卵後~生理までの期間は体温が高い状態です。 その変化を知るためには、毎日基礎体温を計測する必要があります。 基礎体温を毎日計測することで、ホルモンバランスの変化も読み取ることができますし、排卵日の特定や次の生理の予測も行うことができるでしょう。 では、基礎体温はどのようにして計測するのでしょうか。 基礎体温の計測方法 生理前に微熱を感じやすいという方は、ホルモンバランスや排卵、生理の予測をするためにも基礎体温を測る習慣を身につけましょう。 基礎体温はちょっとした刺激ですぐに変化するため、起床したらすぐに計測するようにしてください。 身体を動かすと熱が発生しやすくなるため、目が覚めたら起き上がらないようにして、枕元の体温計で計測するようにしましょう。 基礎体温は、身体の中でも体温の変化が少ない舌下で測るのがオススメです。 ワキの下だと計測する位置によって細かな数値が変わってくるので、安定した舌下に統一するようにしましょう。 計測し終わったら基礎体温をメモし、今の気分や体調を記していきます。 身体のだるさを感じたり、逆にスッキリ目覚めたりする状況を基礎体温と共に記録することで、基礎体温が変化することにより身体がどのように感じるか把握しやすくなるので、毎日計測を続けるようにしてください。 微熱が辛い場合 生理前に微熱が発生しやすい方の中には、辛さを感じる場合もあります。 仕事に集中できない、家事をしたいのにボーっとしてしまう、倦怠感が強くてやる気が起きないなど微熱によりさまざまな症状が併発することがあります。 生理前の微熱が辛いと感じたら、一度医師に相談してみてはいかがでしょうか。 たかが微熱と我慢してしまう方が多いですが、日常生活に支障をきたすレベルなら、受診してみることをオススメします。 ホルモンバランスの乱れから、人よりも強く微熱が出るケースもありますので、医師のサポートを受けていけば微熱を抑えることができるようになるはずです。 毎日の生活で改善に 生理前に微熱が発生しやすく、倦怠感や頭痛などさまざまな症状も同時に起きる場合は、女性ホルモンの働きが安定していない可能性があります。 ホルモンの分泌が乱れることで、体温が急に上昇したり下降したりするため、身体がその変化に追い付かなくなりPMSを引き起こしやすくなるからです。 女性ホルモンのバランスを安定させるためには、毎日の生活が大切です。 不規則な生活を続けていると、身体にも心にもストレスが溜まり、バランスが不安定になってしまいます。 しかし、不規則な生活を正していけば徐々に身体のストレスが減り、気持ちも上向きに変化してくるため、微熱などの症状に悩みにくくなるでしょう。 生理前の微熱が憂鬱だという方は、睡眠時間や食生活など日々の生活をもう一度見直すようにしてください。 平熱を上げる工夫で改善に 高温期が辛い方は、低体温の方が多いと言われています。 低温期と高温期の差は1度以下といわれていますが、人によってはそれ以上熱が高くなる事も少なくありません。 例えば平熱36度の方が37度まで上がるのと、平熱35度の方が37度まで上がるのでは、どちらが辛いか一目瞭然です。 体温が2度上がれば体力の消耗度は半端ないので、辛くなってしまうのです。 特に食生活は体温の上げ下げに直接影響しますから、体を温める食事内容を優先しましょう。 また、むくみやストレスは体を冷やす原因となります。 これらのポイントを見れば、毎日の生活習慣から変えていく必要があるのが分かるでしょう。 改善するには時間がかかりますから、今から始めてみてはいかがですか。 感染の微熱(風邪など)と生理前の微熱 同じ37. 5度であっても、菌やウイルス感染による熱と生理前の熱では元々の原因や対処法がまったく異なります。 菌やウイルスが体内に侵入した場合、それらの動きを抑えるために体が熱を上げて対抗するのですが、生理前の微熱は受精卵の成長に最適な環境にするためのものです。 ですから、菌やウイルスの種類によっては更に体温を上げる必要があり38度以上になる事も多いですが、生理前の微熱は高くなったとしても37度台で収まるのが大きな違いです。 また、感染した場合は鼻や喉といった菌・ウイルスが進入しやすい場所で、普段とは違う症状が現れます。 微熱だけでは感染なのか生理なのか区別がつきにくいのですが、これらの点も判断目安にしてみてください。 膀胱炎や尿路感染症の可能性 生理前の微熱に隠れている、病気の可能性がある事を覚えておきましょう。 微熱の原因としては風邪が一般的ですが、膀胱炎や尿路感染症も女性に多い病気で微熱を伴います。 膀胱炎は細菌が膀胱に入って炎症を起こす病気で、女性に多いのが特徴です。 生理前は頻尿になる方も多いのですが、仕事や学校などでトイレに行くのを我慢してしまうと、生理前の免疫力低下も相まって感染しやすくなります。 それから尿路に細菌が入ってしまうのを尿路感染症といい、女性は尿路が短いため起こりやすいといわれています。 どちらの場合も、微熱に加えてだるさや排尿痛・血尿などの症状が現れるので、自分の状態を常日頃からチェックしておくのが早期発見につながります。 妊娠初期の微熱 生理前に微熱が長く続く場合、妊娠している可能性があります。 生理予定日を過ぎても微熱が続くようなら、妊娠検査薬を試すようにしましょう。 家庭で使用できる妊娠検査薬は、生理予定日から7日後から反応するものがほとんどです。 基礎体温も高温期が続くようなら、ますます妊娠の可能性は高くなるでしょう。 体温を微熱まで上昇させるプロゲステロンは、生理が始まると減少し、体温も下がっていきますが、受精し着床が安定すると生理が起きないため、体温が下がらなくなるのです。 基礎体温を毎日計測していれば、微熱っぽさというあいまいな感覚ではなく、数値として妊娠の可能性をハッキリと読み取ることができるでしょう。 まとめ 生理前の微熱についてさまざまな情報をご紹介しました。 微熱が起きるのはプロゲステロンの作用が影響していることがほとんどですので、ホルモンバランスを安定させることで異常な微熱や気だるさを軽減させることができます。 また、妊娠初期症状として微熱が続く場合もありますので、安易に解熱剤を飲まず妊娠の可能性を考えるようにしましょう。 生理前の憂鬱な微熱は、原因を知り対策することで回避できるものですから、是非これらの情報を参考にしてください。

次の

生理中に微熱でだるい…これって生理のせい?風邪?生理前の不調の原因はPMS(月経前症候群)かも?!

生理微熱

生理と発熱 女性は男性と違って月経周期によって体調が変化します。 月経は主に2つのホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)によりコントロールされており、月経前はプロゲステロンが多く、月経中はどちらも少なくなります。 そのため、月経前後はホルモンバランスの変化により、生理痛・発熱・頭痛・下痢・鼻血・浮腫・胸が張るなどの症状がでることがあります。 月経の度の発熱は、なぜ起こるのでしょうか? 月経時期とは関係なく起こる感染症による発熱とは異なり、月経中の発熱は体内の気血のバランス・機能が調子を崩すため起こります。 調子を崩す人にはもともとの体質が関係し、ここではいくつかの体質について紹介します。 月経と発熱~中医学的に考えると… 細菌感染の発熱とは異なり、生理中の発熱は身体の機能、気血のバランスの失調で起こると考えられます。 女性には月経周期があり女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)によって身体のリズムがコントロールされています。 ここで簡単にどのようなリズムで月経が起こるか簡単にご説明しましょう。 卵胞期 脳からの指令(FSH:卵胞刺激ホルモン)によって卵巣内の原始卵胞が成長し、 その卵胞からエストロゲンが分泌されそれに伴って子宮内膜は増殖し厚くなっていく。 排卵期 増加したエストロゲンを感知した脳からLH(黄体化ホルモン)が出て、 それによって卵子が卵胞から排出される。 黄体期 卵胞の袋状がLHによって萎縮し、これが黄体でここからプロゲステロンが分泌され子宮内膜はさらに厚くなり、栄養分を蓄え受精卵の着床、発育を促す。 このプロゲステロンが脳の体温中枢に作用して体温を0. 3~0. 月経期 妊娠が成立しなかった時黄体は萎縮し白体となり、エストロゲン・プロゲステロンの分泌が急速に低下し、内膜が脱落し月経となる。 エストロゲンの特徴 ・女性らしい身体をつくるホルモンで自律神経、感情、骨、皮膚、内臓などと大きく関わっている ・妊娠準備のため内膜を厚くする ・分泌の多い時期は心身安定し体調がよい プロゲステロンの特徴 ・受精卵が着床しやすい環境をつくり、妊娠が成立したときは維持させるホルモン ・体内の水分保持や食欲を増進させる ・基礎体温を上昇させる ・分泌の多い黄体期には頭痛、イライラ、不安感、不眠、むくみ、乳房の張りなどの症状がでることが多くこのような症状がひどくなると月経前症候群(PMS)と呼ばれます さて本題にはいりましょう。 この周期的なリズムの中で、月経のときに起こる発熱の原因となる体質を中医学的に挙げてみます。 肝うつ化火型 【症状】 ・生理前あるいは生理時に微熱が生じ、生理が終わる頃には下がる ・生理周期の短縮・経血が濃く鮮紅色 ・乳房が張る、イライラ、怒りやすい、口が渇く、便秘気味、舌色赤色 ・黄体期の基礎体温高め、月経前症候群(PMS)の症状が多い ・基礎体温は安定せず波状になる 【病因】 ・ストレスが多く肝うつ気滞が続くと化火し、火熱が生じたために発熱する ・生理が終わる頃にはスッと楽になる 【漢方薬】 加味逍遥散(かみしょうようさん)など 2. おけつ内阻型 【症状】 ・生理前あるいは生理時に微熱が生じ、ひどい腹痛、経血の色は暗紅で塊が多い、舌紫色、斑点がある ・鎮痛剤を服用しないと我慢できない 【病因】 ・おけつとは血流が滞っている状態で、それが子宮に停滞し次第に化熱し、生理時に「お熱」がピークになり発熱する ・生理終了後には熱も下がる 【漢方薬】 冠元顆粒(かんげんかりゅう) 田七人参(でんしちにんじん) 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)など 3. 気血両虚型 【症状】 ・生理中あるいは生理後の微熱が生じ、経血が淡色で量が多い、冷え、めまい、気力がない、倦怠感 【病因】 ・気血の消耗や脾虚によって気血がつくられにくく、さらに生理のときに気血が不足するため体表の陽気が留まらず発熱する 【漢方薬】 補中丸(ほちゅうがん) 十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)など 4. 陰虚火旺型 【症状】 ・普段から微熱があり生理時に熱が高くなる、特に午後になると発熱する ・経血が暗紅色で少量、両頬がポッと赤い、手のひら、足の裏のほてり、口の渇き 【病因】 生理で経血が排出されたことで陰血が消耗し、身体の陰不足により陽気を留めることができず陽気が外に向かい発熱する 【漢方薬】 瀉火補腎丸(しゃかほじんがん) 二至丹(にしたん)など 以上、4つの型に分け1と2は実証、3と4は虚証に属しますが、実際は体質がピッタリと型に分かれずに虚実が混在していることが多くみられます。 また、子宮内膜症では約20%の方が生理時の発熱を経験しているとの報告があります。 内膜症はひどい月経痛を伴い、上記の体質ではおけつ内阻型の傾向です。 病院での治療はホルモン剤など使用したり手術となりますが、体質改善のために漢方薬を服用することもひとつの方法でしょう。 実際に服用される場合は漢方薬局にてご相談下さい。 都内に4店舗イスクラ薬局直営店は お近くの漢方専門店は オンラインで体質チェック 関連リンク 合わせて読みたい 生理,発熱,• ikanpoは漢方のイスクラ薬局グループが提供する漢方情報・健康相談の情報サイトです。 中医学の専門家による正しい漢方の知識をお届けするため、漢方百科では不妊・冷え症・アトピー性皮膚炎・各種皮膚病など、漢方での対処法をご説明しています。 漢方に詳しい薬剤師(登録販売者)に相談できる「2分でできる漢方相談」もご提供しています。 イスクラ薬局グループの店舗 日本橋、六本木、新宿、中野、中医薬房イスクラ漢方堂 をご案内します。 漢方に詳しい薬剤師や登録販売者が相談の上であなたの体質や症状に合った漢方薬をお勧めいたします。 All rights reserved.

次の

生理前後の発熱・熱感 :薬剤師 櫻井宏三 [マイベストプロ青森]

生理微熱

婦人体温計でなければ基礎体温は測れません! だから専用に婦人体温計が売られているのです。 排卵をすると残った卵胞の殻から黄体ホルモンが分泌され、基礎体温が0. 3~0. 基礎体温を測るポイントと意味は! 1、グラフにして低温期と高温期の2層に分かれるグラフが描けること。 2、低温期と高温期の体温差が0. 3~0. 3、高温期が10日間以上継続されていること。 の3点になります。 なぜ、専用の婦人体温計でなければ測れないのかは、体温差の0. 3~0. 普通の体温計では目視による曖昧な判定になってしまうからです。 基礎体温とは100分の1度の精度で測らなければ意味がないのです。 黄体ホルモンが脳の体温調整機能にも働きかけてしまうので基礎体温が上昇させてしまうのですが、この0. 3~0. 体温差が0. 普通の体温計で平熱を測ったデータを提示されても、妊娠の有無については全く参考になりません。

次の