吉田くんの素顔。 片恋〜栞編〜 26 告白

朝倉未来メンバーの吉田君の素顔発覚!サングラスの理由は?

吉田くんの素顔

TBS系では、レギュラー放送中の「その他の人に会ってみた」(火曜午後11:56)のゴールデン2時間スペシャル「その他の人に会ってみたSP」を1月7日(午後8:54)に放送する。 ゴールデンSPでは、さらにその中でも選りすぐりの「テレビ初解禁」のネタを大連発する。 スタジオゲストには田中美佐子、朝日奈央、伊原六花、出川哲朗、吉村崇(平成ノブシコブシ)、四千頭身、吉田日向(Foorin)を迎える。 今回、昨年一気に大ブレークを果たしたFoorinのメインボーカル・ひゅうがこと吉田日向にテレビ初密着。 米津玄師が作詞・作曲、プロデュースするこどもユニット・Foorinが歌う「パプリカ」のダンスミュージックビデオは、YouTubeで驚異の1億5000万回再生を突破するなど、子どもから大人まで幅広く愛されブレーク。 その結果、昨年末の「第61回日本レコード大賞」にて「レコード大賞」を史上最年少で受賞、そして「NHK紅白歌合戦」で初出場にして堂々のオープニングを飾り、名実ともにスターへの階段を駆け上がった。 さらに、「レコード大賞」を受賞した翌日に受賞の感想を話しながら「紅白歌合戦」へ向かう道中や、TBS系金曜ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」に出演し、同ドラマの主演・伊藤英明と会話する緊張の瞬間など、日向くんに訪れるさまざまな新たな体験の瞬間にも密着する。 「紅白歌合戦」へ向かう際には、「菅田将暉さんやOfficial 髭男 dismさんやKing & Princeさんに会うのが楽しみ。 学校で自慢する」と話すなど、中身は普通の男の子。 そんな日向くんの素顔とは? ほかに、世界最大級の豪華客船の旅に、芸能界屈指の豪華客船通である紫吹淳と全くの素人の伊原六花が初潜入。 総工費270億円の豪華客船でテレビ初解禁の島へ向かう。 Official Program Data Mark(公式番組情報マーク)• このマークは「Official Program Data Mark」といい、テレビ番組の公式情報である• 「SI Service Information 情報」を利用したサービスにのみ表記が許されているマークです。 「Yahoo! テレビ. Gガイド」はYahoo! JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。 - - - - -• Copyright C 2020 IPG Inc. All Rights Reserved. Copyright C 2020 株 東京ニュース通信社• Copyright C 2020 GYAO Corporation. All Rights Reserved. Copyright C 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

次の

甲子園の星☆金足農・吉田投手とキャッチボール体験|秋田健 - ここから始める健康寿命日本一!

吉田くんの素顔

概要 [ ] 基本的なあらすじは、世界征服をたくらむ何をやっても失敗ばかりの秘密結社 鷹の爪団と彼らの野望を阻む正義なのかよくわからないヒーローのデラックスファイターとのやり取りを描いた脱力系コメディ。 元々はで放映されたアニメ番組『』内で放映された、蛙男商会の完全新作作品としてスタートした。 『』と同じく、監督、作画、更には声優(女性キャラ以外すべて(FROGMAN自身は、おばさんの役をしたこともある))までもほとんど 一人が手がけている。 ただし、映画などではサポートスタッフも加わっている。 制作者自らにテレビ版第1シリーズの第1話、第2話、第3話、第5話、第7話、第10話と第2シリーズの第1話を投稿しており、公式ホームページよりリンクが張られている。 2009年10月初めには、にてが開設された。 これらのネット配信サイトでは、たまにFROGMANの思いつきで突発的に新作が公開されることがある。 近年は速い期間で1本新作映画(THE MOVIEシリーズやスピンオフ映画)を公開している。 過去の作品のサブタイトルの多くは『』で使われたサブタイトルのパロディである。 オープニングに登場するテロップなどの英語表記は「EAGLE TALON」なので、直訳すると「の爪」になる。 は島根県出身の登場キャラクター「吉田くん」を 島根Super大使(宣伝隊長)に任命し、での広報番組の主人公として活動させている。 作品略史 [ ]• (平成16年)• FROGMANのFlashデビュー作『』にて、本作の登場人物の吉田君とフィリップが初登場。 地方に在住する黒人一家の菅井家を描いた作品で、菅井家も本作にゲストとしてしている。 (平成17年)末• 『菅井君と家族石』『』など好評を博しFROGMANはFlashアニメ関連のイベントに参加し、いくつかのプロダクションに声をかけられ、その1つDLEとタッグを組み、次回作『秘密結社 鷹の爪』のテレビ化に向けて動き始める。 (平成18年)• 4月 - 6月:上記番組内にて第1期テレビアニメを放送。 女性キャラクターや子供の声は や 高松えりな、 、 が担当する。 (平成19年)• :劇場版映画『 秘密結社鷹の爪 THE MOVIE 〜総統は二度死ぬ〜』が公開。 世界初となる全編Flash制作の映画であることが当時話題となった(詳細は、の項を参照)。 (平成20年)• (のみ同年):映画第2弾『 秘密結社鷹の爪 THE MOVIE2 〜私を愛した黒烏龍茶〜』が公開。 サブタイトルには映画史上初めてが採用された。 「」の名称は命名権を購入したの商品名に由来する。 (平成21年)• 10月 - 12月:第2期テレビアニメシリーズ『 』が放送された。 後述する映画第3弾のPRを兼ねている。 (平成22年)• jpは永遠に〜』が公開。 jp」が鷹の爪シリーズの公式サイトとなった(映画公開後も継続)。 この3作目には『』や『』の監督で知られる率いるが友情演出として劇中の一部CGシーンを手がけている。 主題歌は、紅白歌合戦にゲスト出場したが唄う『(原題:I Dreamed a Dream)』。 :映画第3弾のDVD(スタンダードエディション、レンタルを除く)に、映画第4弾的 な『 秘密結社鷹の爪 THE MOVIE4 〜カスペルスキーを持つ男〜』を収録。 サブタイトルのネーミングライツはが購入し、アンチウイルスソフト「」を組み込んでいる。 なお、DVD発売日に一度だけ特別版がTOHOシネマズ六本木ヒルズで上映された。 本項目では以降本作のことを『劇場シリーズの第4作目』として扱う。 :(テレビ東京系列)で放送開始(毎週土曜 24:55 - 25:25)。 不明:「島根自虐カレンダー 2011年版」を発売開始。 以後毎年発売し、2014年にはカレンダー業界では異例の約36,000部を売り上げる人気作となった• (平成23年)• :総統主演の映画『 ハイブリッド刑事(- デカ)』が限定公開。 の全面スポンサードによる、日本初の完全無料上映となった。 吉田くんやレオナルド博士に押されてすっかり影が薄くなった総統が本名の小泉鈍一郎で、どこまで目立てる演技をするかに熱い注目が集まった。 なお、エンディング曲は、の曲「」を総統がカバー(YouTubeでのネット版では差し替えられた)。 :で鷹の爪初のプラネタリウム映像が上映された。 (平成24年)• :のPRアニメ『 秘密結社鷹の爪外伝 むかしの吉田くん』が毎日放送にて放送(毎週土曜日27:58-28:03)。 同時放送のCM では島根県の新たなキャッチフレーズとして「に、ウチもなる! 島根県」を叫ぶ。 :第3期テレビアニメシリーズ『 秘密結社鷹の爪NEO』がののアニメコーナーにて放送開始。 また、同じ日(第37話以降は木曜日)に公式サイトにてWEBシリーズ『 秘密結社鷹の爪. jp』が(平成26年)2月頃まで公開された。 :にて冠番組『 』の放送を開始。 (平成25年)• にて『 』の放送開始。 『鷹の爪. jp』『むかしの吉田くん』や『』『』といったDLE制作の他作品も枠内で放映される。 劇場版シリーズ第5弾(鷹の爪の本シリーズの映画としては4本目)を同年秋に全国ロードショー公開することを発表。 「鷹の爪. jp」54話は諸事情で配信が予定日に間に合わず、お詫びコメントの動画がアップされた。 「鷹の爪. jp」2013年(平成25年)5月分、7月分、8月分は映画制作のため、新作配信は休止し、過去の話のアンコール配信が行われる。 :鷹の爪GO宣伝ブログにて劇場版の正式タイトルが『 秘密結社鷹の爪 鷹の爪GO 〜美しきエリエール消臭プラス〜』 に決定。 サブタイトルのネーミングライツはが購入し、「」を組み込んでいる。 同年9月13日より公開。 最終興行収入は推定1億円。 8月:ジョブーブとのコラボ企画として、『鷹の爪団の楽しいテレビ』およびYoutubeで『 だーよしPプロデュース あしたのジョブーブ』を配信開始。 :『秘密結社鷹の爪 鷹の爪GO 〜美しきエリエール消臭プラス〜』の来場者特典として、次回作の『 秘密結社鷹の爪 鷹の爪シックス 〜島根は奴らだ〜』のDVDを数量限定で無料配布することを発表。 13日の公開日より実際に配布された。 なお、本項目では以降本作の事を『劇場シリーズの第6作目』として扱う。 :鷹の爪. jp公式サイト並びに鷹の爪団の楽しいテレビ内にて、劇場シリーズ第7作目『 鷹の爪7(なな) 〜女王陛下のジョブーブ〜』を2014年春に公開することを発表。 サブタイトルのネーミングライツはが購入し、同社が発行するフリーペーパー「」のキャラクター「ジョブーブ」を組み込んでいる。 観賞料無料で(平成26年)からまでの期間限定公開。 最終日翌日のにはで最速公開される。 (平成27年)• :でのイベント『 鷹の爪団のSHIROZEME』を主催。 「」で最優秀賞を受賞した。 (平成28年)• :『 秘密結社 鷹の爪GT』がで配信開始。 アニメ本編の他、バラエティパートも合わせて配信される。 :10周年を記念して4本の映画を製作すること、声優のオーディションを実施することを発表。 (平成29年)• :『 秘密結社鷹の爪』『 秘密結社鷹の爪 カウントダウン』が日本のCSチャンネル・で放送開始。 :系列の多メディア展開事業企業・DCエンターテイメントとの共同制作で鷹の爪団とDCヒーローたちのコラボ映画・『 DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団』制作発表。 日本では同年より公開。 :『 版 秘密結社鷹の爪GT』の配信開始。 (平成30年)• :およびYouTubeにて『 秘密結社鷹の爪GG』の配信開始(毎週木曜日ごろに新作を配信、FROGMANのスケジュールの都合による休載あり)。 あらすじ [ ] THE FROGMAN SHOW(TV版第1シリーズ) 心優しい総統率いる、間抜けな悪の秘密結社「鷹の爪団」が世界征服を目指して様々な作戦を考えるものの、最後には非常識で正義の味方とは名ばかりのヒーロー、デラックスファイターに倒されてしまう。 そんな日常を愉快に描いた脱力ギャグコメディ。 秘密結社鷹の爪 カウントダウン(テレビ版第2シリーズ) 最初のテレビシリーズから3年半経っても鷹の爪団の世界征服は一向に進まない。 そこで、新しい映画とそのバーターのテレビシリーズを世に出すことによって提供収入やら映画興行収入やらを鷲摑みにして一気に世界征服に大手をかけるプロジェクトが開始された。 ハイブリッド刑事(スピンオフ映画) さまざまな役所から派遣された(実際には公務員制度改革のために本来の職場を追い出された)公務員が刑事を兼任している特種捜査チーム「警視庁ハイブリッド課」、そしてある事件の解決に失敗して捜査一課からハイブリッド課課長に左遷させられた定年間近の小泉鈍一郎。 そんなハイブリッド課に警視総監の思惑から、行政改革大臣の娘の護衛という大きな仕事を任されることになる。 秘密結社鷹の爪 THE PLANETARIUM 〜ブラブラ! ブラックホールのナゾ〜(プラネタリウム第1弾) ある日吉田くんは、を作るつもりがうっかりを作ってしまう。 でも、そもそもブラックホールっていったいなんなんだ? ブラックホールの謎を知るために、鷹の爪団とデラックスファイターは宇宙へと旅立つ。 秘密結社鷹の爪外伝 むかしの吉田くん 総統がアジトの掃除をしていたら、吉田くんが観ていたアルバムの中に、10年前の吉田くんと一緒に友達の和夫青年と謎の宇宙人が写った写真を発見した。 総統が吉田くんにわけを聞くと、ぐらい続くという長い思い出話を語り始めるのだった。 秘密結社鷹の爪NEO(テレビ版第3シリーズ) (平成24年)春、鷹の爪団はその数か月前から謎の失踪を遂げていた。 巷で出回る自然消滅論に憤るデラックスファイターは、寂しさのあまり鷹の爪団のアジトを訪ねる。 秘密結社鷹の爪MAX(テレビ版第4シリーズ)、秘密結社鷹の爪EX(テレビ版第5シリーズ)、秘密結社鷹の爪DO(テレビ版第6シリーズ) 本編はNEOとほぼ同じ媒体となっている。 また、(平成25年)に主要人物が美少女として登場するMAXの予告編がアップロードされた。 EX第13話以降は情報コーナー「鷹の爪情報局」と共に配信されている。 秘密結社鷹の爪. jp(Webアニメ) 「秘密結社鷹の爪NEO」の放送が決まり、カウントダウンの非スポンサー騒動を繰り返さないためにもと、今度は正式にスポンサーを取ってきた吉田くん。 しかし、NEOの放送はスポンサーがいらない公共放送のNHK。 それを知った吉田くんはそのスポンサー料でWEBシリーズの. jpを豪華にしようと考える。 第5話から第26話はOP曲が収録されるなど、豪華な仕様になっていた。 一定の回数でスポンサーが変わっており数回の休止、休止期間(ほとんどがスポンサー変更期であり、映画制作のため一時制作を休止しアンケート結果によるを行った)もある。 第78話放送後は情報コーナー「鷹の爪情報局」と差し替わる形で放送を終了した。 たまごっち! 』を研究することにする。 鷹の爪ライジング(鷹の爪. 吉田くんが総統と出会うまでのころを描いた前日談。 鷹の爪ビギンズ(鷹の爪. 総統とデラックスファイターの因縁の対決が始まるまでの頃を描いた前日談。 秘密結社鷹の爪 THE PLANETARIUM 〜ムシムシ! 昆虫プラネット〜(プラネタリウム第2弾) 昆虫を怪人づくりの参考にできないか考えた鷹の爪団は昆虫の世界へと向かう。 ジョブーブ! 秘密結社鷹の爪GT(LINE LIVE) Web媒体になったことで、鷹の爪団はテレビでは放送不可能なネタを繰り出す。 また、本作は鷹の爪団以外に悪の組織が登場しなかった。 秘密結社鷹の爪GG(Twitter) 鷹の爪流に時事ネタを紹介するミニコーナー。 秘密結社鷹の爪 THE PLANETARIUM 〜ジュラジュラ ジュラシックトラベル〜(プラネタリウム第3弾) 良質な世界征服のために良質な眠りを求める鷹の爪団は、最高の羽毛布団を求め、太古の恐竜時代へとタイムワープする。 主な登場キャラクター [ ] 表記の無いキャラクターは全て、FROGMANが演じている。 鷹の爪団 [ ] 表向きは企業を名乗っているが、正体は世界征服を企む。 イメージカラーは。 アジト(団員曰く秘密基地)は のとあるアパート(では無人島)で、団員はそこで共同生活をしている。 秘密基地となっているが、しょっちゅうデラックスファイターが出入りして食料やを勝手に飲み食いしている。 『THE FROGMAN SHOW』の放映当時、この作品を製作したの所在地が当時麹町だったが、現在はに移転している。 アパートでありながら、大掛かりな怪人製造マシンが収まっている。 元々は「竜の爪団」という名前だったが、第1期第1話におけるデラックスファイターの襲撃で大打撃を受けたのを契機に組織を刷新、現在の名前となった。 『獰猛な猛禽類の爪で世界を鷲掴みならぬ鷹掴みにする』というのが由来だが、その名称がであることに触れたのは団員のフィリップのみで、他の登場人物は誰も指摘していない(ただし、番外編の「勝手にニューメディア広告! ケータイ小説編」と日清のとんがらし麺とのコラボ企画では総統と吉田くんが鷹の爪の意味にようやく気付いている)。 NEO13話では総統が初めて結成した組織名が「黒い爪」団であり、などの秘密結社を連想させる数多くの戦闘員と怪人が所属していた(総統も黒い衣装を着ている)ことが明らかになった。 「人に地球に優しい世界征服」「くだらない国境を取り払い、世界をひとつに結び、疑いやいがみ合いや傷つけ合うことなく、格差をなくし、誰の子供も自分の子供のように愛する世界にするための世界征服」が。 かつての竜の爪団ではレオナルド博士がいなくても巨大マシンを数多く生産できるほど財力と技術力があったが、崩壊して鷹の爪団になってからは資金面では赤字続きで、団員旅行は年に1回だけしかできず、日常生活でも充分に食事を摂れず、基本的な食事はを茹でた鍋物や、綿埃や畳の切れ端等、普通の人なら食べたら確実に腹を下す物がしばしば(ただし独立採算制のため個々人の資産には大幅な差がある)。 劇場版第4作目では、浦出黒吉が「団員たちが明日にも世界征服できる能力を持っておきながら、指導者(総統)が底抜けのバカなお陰で、食費に悩まされる組織」と語っている。 テレビ版第2シリーズ第10話では菩薩峠くんの人気で黒字となったが、激務で疲労している菩薩峠くんをプロレス試合に出場させたことで、各プロダクションから打ち切りや契約解除となってしまった上に、麹町の銀行からお金を貸せなくなり家賃が払えなくってしまう。 鷹の爪団の吉田くんや博士は鷹の爪団を辞めてしまい、菩薩峠くんは両親のところへ帰るなどメンバーの脱退をしてしまう。 そしてとうとうアパート住民や大家によって鷹の爪団は倒産。 しかし総統や吉田くん、博士は故郷へ帰るための金が無く自立的な活動を続けていたが、フィリップや鷹の爪団の協力者(大家、デラックスファイター)により鷹の爪団は復活した。 その後は、世界征服を果たすため邁進する日々を送っている。 総統{本名:小泉鈍一郎(トリドン人名:ドニーチロ)} 本作の主人公で、鷹の爪団の総統。 55歳。 誕生日は。 現在は 出身のと言われていたが 、劇場版第5作目で地球人ではなく、地球より遥かに遠く、で最も文明の発達が進んだ惑星トリドンで誕生したトリドン人の王子であることが判明する。 間の抜けたところはあるが、吉田くんや博士よりはかなり常識的でしっかりしている、団員の保護者役。 ツッコミ役にまわることも多い。 容姿はを想像させるちょび髭 で、三日月型の徽章がついた赤い帽子を被っている。 尖り耳で茶色いスーツに赤いマントを羽織っている。 『』における、桶狭間先生やコフィーのパパを合わせたような声が特徴。 人一倍臆病で涙もろい(泣きすぎるとえづく)が、誰もが幸せに生きられる世界を作るためにを企む。 A、勝俣勝子、サドルストーン・コーポレーション、九条晋平、DARK WORLD、ルールメーカーなどの、私利私欲の為に卑劣な方法を用いて世界征服を目論む者達や、ネマール星人などの他者の尊厳や命を顧みない極悪な侵略者達に対しては、真っ向からそのやり方を否定し、怒りを露にする。 恐怖を感じると声が裏返り、トラウマや死にそうな場面に直面すると、「優しく殺して〜! 」「キリングミーソフトリー! 」など自暴自棄な弱音を吐く。 またピンチになると、「わしらは歌とお菓子が大好きな世界征服組織なだけなんです! 」と命乞いをする。 アルバイトをしているものの、金欠時ははおがくずやわたぼこり、砂糖水等を主食としている。 本人が語るには世界征服に取り組んで23年とのことで、コピー機メーカーのアメリカ法人で働いていた際、納品にの宇宙センターへ出向いたところ、シャトル内の不足機器の取り付け作業員と勘違いされ、NASA職員に無理矢理へ乗せられる。 宇宙から見た地球の美しさに感動する一方、スペースシャトルに搭載されていたアメリカ軍のを目撃してしまう。 これをきっかけに「誰もが幸せに生きられる世界を作るため」と世界征服を目指すようになったが、この決心を妻に話した結果、離婚を切り出される。 テレビ未放映話では33年間別の会社で働いていたことになっており、社長の奥さんに「水ギョーザに似てる」と言ったのが原因で解雇された。 総統の本名が小泉であることも判明したが、没エピソードであるため本編との矛盾が発生する。 しかし、上で本名が小泉鈍一郎(どんいちろう)であるとプロフィールに書き込んでおり『ハイブリッド刑事』の特報では総統の本名が小泉鈍一郎とクレジットされている。 NEOでも小泉鈍一郎の名が何度か出てきている。 初めて結成した組織は「黒い爪団」で、23年前からデラックスファイターと戦っている。 それから何度か組織を刷新し、前身組織「竜の爪団」(では「蜘蛛の巣団」)をデラックスファイターによって壊滅させられ、その後組織名を鷹の爪団に改めて現在に至っている。 竜の爪団の時から「ドラゴンヘッド」や「空中戦艦」などの兵器を作って積極的に世界征服を企んでいた。 2015年2月13日までは24歳。 『』からの使いまわしキャラクター。 誕生日はFROGMANの結婚記念日と同じ 2015年2月13日までは生まれ。 鷹の爪団の戦闘主任で、怪人製造マシン完成後は怪人製造の担当主任も務める。 竜の爪団の頃から戦闘員教育係として組織に参加していた古参メンバーでもある、お母さん思いの青年。 常に眉間に皺が寄った目つきの悪い顔立ちで、ボサボサの茶髪と赤いシャツとマスク、水色のズボンを着用。 父親とは死別しており、弟が二人いる。 第9話では竜の爪団に入団する以前はに就職していたと語っており、鳩と会話できるがリストラの煽りをうけて解雇された。 その後、某広告会社にくじ引き入社していた期間もあるようで、その経験を活かしてかテレビ第2期で放送されていた勝手にTVCMの第6回では総統たちに隠れて助っ人営業マンとして活躍していた他、. jpでは「山の上広告会社」に月給3,000円と水飴4kgの報酬で働いている様子が描かれている。 (現)の出身。 よく「島根」という言葉を口にしていることから「島根の吉田くん」と呼ばれることもある。 自己紹介の際にも「島根の吉田です」とよく言う。 この設定を活かし、からは「しまねSuper大使」に任命され、島根県内に配布された防犯ポスターのモデルなどの活動をした。 (平成21年)に島根県雲南市で開催されたのイベント「第5回日本たまごかけごはんシンポジウム」においては同市からの交付を受けている。 (エロ本)が好きで、度々ネタにしている。 エロ本を読む時には「おか、おか、お母さーん」「ミ、ミツコーっ」など、興奮して身近な女性の名前を叫ぶ癖がある。 命乞いをする時には「許して下さい! Hな本を差し上げます! Hな本を差し上げます! 」や「もうHな本は読みません! もうHな本は読みません! 」と言っている。 物事を比較する際に、島根県を引き合いに出す癖がある(例「島根より大きい」「まるで島根県」など)。 背が低く、幼少時代から全く身長が変わっていない事から子供と間違えられているがである。 身長は90cmくらい。 幼稚園児のような言動や思考力と底抜けの無責任な行動をする(例えば、お風呂の水を出しっぱなしで遊びに行く)。 両手を鉤爪のような形にして体の前に出し、手首を上下に振りながら「 た〜か〜の〜つ〜め〜〜」とうめく「鷹の爪ポーズ」の考案者であり、このポーズは作品を象徴するものになっている。 FROGMAN曰く「鷹の爪ポーズ」は団員にとってはに等しく、必ず起立して行わなければならないとのこと。 200年前の先祖は出身、450年前の先祖はの商人ダーヨシであることが判明したが、吉田くんと同じくHな本で興奮していた。 200年前の先祖、100万年前の原始人、30億年前のでも同様であった。 博士曰く、他の生物とは違う独自の進化をたどっており、30億年前から今の吉田くんと変わらない顔をしていた。 鷹の爪団第1回総統選挙では見事一位になったが、すぐにその座を小泉元総統に譲り渡した。 その理由は「毎回デラックスボンバーで狙われるのが嫌だから」というものだった。 「THE FROGMAN SHOW DS 〜だってしょうがないじゃない〜」ではデラックスドーターと婚約していたり、エンディングのNG集では「」ではなく「」、「」、「」といった過去ののゲーム機を出している。 初期の没企画作品「寿司BAR店長」では吉田くん似のキャラクターのデザイン画が存在する。 劇場版の第5作のラストでは、ナーガマルが道連れとして母船の自爆装置を押し、脱出の際、空を飛べる様になっていたデラックスファイターが背中に一人しか乗せられないと分かると、無理矢理総統とデラックスファイターを逃がして自分は残ると決意し爆発。 死亡したと思われたが、ドコデモ島根を持っていたために生還した。 普段の口調はフィリップや菩薩峠、デラックスファイターやフェンダーミラーなどの敵役に対しては荒っぽく一人称も「俺」だが、総統や女性、目上の人や視聴者に対しては敬語で一人称も「ボク」である。 よく「コングラチュレーション ウェルカム ジャングルじゃないか! 」などと意味不明なことを話すこともある。 フィリップ(本名:岡本和夫) 27歳。 鷹の爪団の外部契約戦闘員。 誕生日は。 吉田くんと同じく『』からの使いまわしキャラクター。 島根から上京してきたが、吉田くんに強制的に組織に入れられた。 元のボーカリスト、をモチーフにしたパロディキャラクターで、英語表記のイニシャルは「F」ではなくPhilipの「P」。 頭をスキンヘッドにし、赤いを着用して、腕全体に入れ墨を彫り込んだいかつい容姿。 手は常にのような形にしているが、立てているのは中指ではなく人差し指。 見た目とは裏腹にマイクを使わないと話せない小心者。 しかし中学生時代は髪型をリーゼントにセットし、盗んだバイクで走り出し、信じられぬ大人との争いを繰り広げ破壊活動をする体格や風貌に似合った典型的な不良で、小学生時代はいつも「ウンコー! 」と叫んでいるガキ大将だった。 団員の中で最も表情の変化が少なく、吉田くんが「爪」と書くつもりで間違えた「瓜」と記されたマスクで顔と頭を隠している。 大型スピーカーで増幅した絶叫をぶつけ攻撃するが特技。 飛来するミサイルや刑務所の壁を破壊するほどの威力があるが、総統の命令でテレビ放映時には禁じ手にされていた。 メンバーの中では最もまともな思考を持つが気が弱いので上手く意見できず、総統からは「ダメな奴は何をやってもダメ」と言われており、のけ者扱いされることもある。 鷹の爪団の宿敵(時には味方)であるデラックスファイターに憧れている。 テレビ版第1シリーズ第5話で夢の中での正義の味方デラックスフィリップとして活躍しているところを「夢のぞき機」で総統に見られてしまい、鷹の爪団をクビにされた。 その後「屋」や「100円ショップ」「大家の手下」としてアルバイトしていたが、神経新型ガスをばら撒くというニュースを見たときは大家、デラックスファイターや民間人、そして政府に誤解を受けていたのにもかかわらず刑務所行きにされた総統と吉田くんを助け、再び鷹の爪団に復帰した。 鷹の爪団復帰後も、未だに正義の味方としての夢を諦めきれずにいる(webシリーズ57話より)。 テレビ版第1シリーズ第4話で老化マシンに入った際、フィリップだけが墓石となり、第4話が製作された日の半年後の(平成18年)が没年月日と判明する。 墓石に記された日付の通り劇場版で墓石になってしまう。 劇場版2作目以降では、レオナルド博士の手によりスイッチ一つで幽霊になったり人間になったりするリモコンが開発され、都合の良い時に人間に出来る半霊半人にされてしまった。 『』では、第3話にて総統代行に任命され「お前ら、クビ! 」という大胆な改革案を指示したところ、再び鷹の爪団をクビにされた。 その後は本屋「」でアルバイトを始めた。 店長としての実績を見せ、部長に異例の昇進を果たしたことを皮切りに出世を重ね「フィリップDEATHホールディングス」という会社 の社長に就任。 大企業の若きリーダーとして多角的経営に乗り出した。 本屋のアルバイト時代に百合(ユリリン)という恋人ができ、後に結婚。 劇場版第5作目ではラストに彼女から妊娠したと告げられた。 百合からは「フィリリン」と呼ばれている。 鷹の爪団の世界征服の理想にかける想いは総統に勝るとも劣らない。 現在、鷹の爪団の大株主。 NEO以降では、幽霊になれることが役に立ったこともあるが、食事やイベントなどでは幽霊にされて除け者にされ、総統には辛辣な言葉を浴びるなど、すぐ落ち込むことの方が多い。 百合には結婚後に半霊半人であることを告白するが、彼女には普通に受け入れられた。 外伝『むかしの吉田くん』では、吉田くん以外の団員の話は一切語られないが、フィリップにおいてはあることが劇中で語られている(を参照)。 劇場版第1作目で総統の別れた妻との間に生まれた子供と同姓同名であることが判明するが、劇場版第5作目でフィリップ自身は自分の父親は総統だが、総統はそのことを気づいていないと語った。 但し、総統に自分が息子である事を隠している理由は不明。 『DO』では、会社の会長となっている。 他のメンバーが不在のため、一日総統に任命される。 総統達は全く期待していなかったが、フィリップDEATHホールディングス本社に連絡して「オペレーションT」を発動。 社員総出で出撃し、世界各国を瞬く間に制圧するほどの軍事力を秘めていることが明らかとなる。 レオナルド博士(本名:レオナルド・デカ・ヴィンチ) 実写での出演:(劇場版第5作目) 40歳。 第2話登場。 誕生日は。 の子孫で、自称人間だが、外見や行動はことデフォルメされたかわいらしいで 、いつも上半身に白衣を着ている。 鷹の爪団のであるが基本的には外部契約。 べらんめえ口調で口が悪く、鷹の爪団の中では最も凶暴で考えていることも腹黒い。 そのため「金払いが良い」という理由でデラックスファイターの下請けを日常的に行っていて、それによって鷹の爪団が被害を被ることがある。 その一方で女性には優しく、相手が自分を騙していてもそれを事前に察知していて、そのうえで優しく受け止めるという男らしい一面を持っている。 見た目が熊であることを指摘されると脊髄反射的に襲いかかるため、団員の間では「熊」という言葉は禁句になっている。 しかしその反面、川で鮭を捕ったりサーカスのメス熊にプロポーズするなど、熊としか思えない行動を取ることがある。 第4話で若返ったり歳を取ったりした際には、パンダや白熊、サナギ、そして3D風(ポリゴン調のキャラ)の熊になっていた。 泣き上戸で酔うとひたすら泣いている。 長年怪人製造の研究に携わり、低コストで容易な怪人開発を可能にした。 また機械や兵器の開発能力にも長けており、100円ショップで売っている材料だけで宇宙船を、ティッシュペーパーからを、昨日の晩の残り物から駆除不可能なを作ったりと、その技術力はもはやレベルで、吉田くんからも「殆ど冗談みたい」と称されている。 後半からは「そういうと思って」と都合よく便利なマシンを製作していることが多く本当にそこまで予測していたのかは普段の行動からみて少し怪しい。 NEO以降のテレビシリーズや. 外見と名前のモチーフはで、初期のテレビシリーズにおいて博士が鷹の爪のポーズの後に「イシクラッ」と言うのは、レオナルド熊が一番長くコンビとして連れ添ってきた相方のから取られている。 テレビ版第1シリーズ第9話で菅井家の5人に皮を剥がされた上に食材として食われてしまい、残骸が集まって再生したが、小さくなってしまった(劇場版以降ではいつの間にか元の大きさに戻っている)。 蛙男商会の本では大学時代に上記の『古墳ギャルのコフィー』に登場する桶狭間先生が親友であることが明かされている(詳細は不明)。 『』にも起用され、登場している。 渋谷店にて催されたトークショーでは、博士を模したが披露された。 劇場版ではいつも着ている白衣にポケットが2つつき、ボタンが3つになっている。 劇場版第3弾の終盤ではその正体が、ヴィンチ家が人類の発展に貢献する知識の源である「の宮殿」であることが明らかになった。 発明とは別に、笑のセンスが非常に高い。 作中で、時たまジョークや漫談を披露して総統達を大爆笑させている。 鳴き声しか聞こえず、内容は不明だが、聞いている人が、話の題や内容を笑いながら言う(「ウミウシ詐欺」「嫁入り5秒前」「多機能トイレの花子さん」「四ツ谷エスカレーター」「恋人が変人」等)。 口だけでも笑わせるが、たまにフリップを使用する。 披露する時は、大概や怪談を披露する際だが、本筋を離れて披露し、総統等に目的と違うと、突っ込まれる。 それに対して、「おんなじようなものだろ」と返す。 わかりにくいが、その声は吉田君の声質を音声加工した物である。 菩薩峠(ぼさつとうげ) 声:オタマジャクシ(劇場版第2・3作目のみ) 4歳(カウントダウン以降は5歳)。 第3話登場。 謎の少年。 誕生日は。 苦手な食べ物は。 大きな目に紫色の肌をしているが、肌が紫色なのは超能力少年だかららしい。 おでこにが浮き出ている。 まだ言葉がうまく話せないため、「パパ」など簡単な単語しか喋れない。 なぜか総統を「パパ」、吉田くんと博士とフィリップを「お兄ちゃん」と呼んで慕っている。 強力な超能力の持ち主で、地球の自転を反転させたり、九州と北海道を入れ替えるなど朝飯前と言われるほどの能力を持っている。. jpでは巨大化しを蹴散らし、NEOでは異星人の艦隊を撤退させたり、デラックスファイターの関節を無理やりな方向に曲げたり、戦争に乗り出そうとしている某国の大統領の気を変えさせたりなど、さまざまな面でその能力が発揮されている。 鷹の爪団で唯一の(ただしNEOのED「ポルカ de 鷹の爪」では右手でを持っている)。 鷹の爪団の中で最もデラックスファイターのことが嫌いで、第1期テレビシリーズの第10話「クリスマス大作戦」(テレビ未放映)では、デラックスファイターからのプレゼントを露骨に拒否している。 デラックスファイターの方もその圧倒的な力を恐れている節を見せ、鷹の爪団の中でも菩薩峠だけは怒らせないようにと細心の注意を払っているという。 作者のブログでは、菩薩峠のモデルはとされている。 第3話「菩薩峠君 登場! 」ではフェンダーミラー将軍に拉致されて研究所に監禁されていたが、そこへ忍びこんだ総統たちと出会い脱出、その後鷹の爪団の一員になる。 第11話「ファイナルアタック前編」で鷹の爪団員がに確保されている間にフェンダーミラー将軍の部下の研究員に再び連れ去られ監禁されてしまうが、別室にて腕を拘束されていたデラックスファイターを助け、自力で脱出した。 最終話で無事本物のパパとママに再会し、菩薩峠が母親似だったことが判明する。 劇場版ではいつの間にか鷹の爪団に戻ってきており、3部作全てでオープニングに登場する鷹のマークをデザインしたペンダントを付けている。 短編作品「お〜い! 菩薩峠君」にも登場しており、デザインした当初はただの気持ちが悪い少年という設定だった。 jp第1話で、菩薩峠は「お友達感覚」で加入させたメンバーだったことが判明した。 なお、作中では「菩薩峠くん」と呼称・表記されていることがほとんどで、呼び捨てにされることは稀である。 デラックスファイター一家 [ ] デラックスファイター(本名:アンソニー・ファイター・デラクシス・ショスタコヴィッチ) 世界各国で活躍する正義の味方。 42歳。 誕生日は。 デラックスカンパニーの社長。 金持ちので、全高が高層ビルを遥かに凌駕する豪邸に住んでいる。 他のテレビアニメや特撮作品のヒーローと同様に見られているため人々から讃えられており、テレビシリーズや劇場版の終盤でほぼ偶発的に世界や何かを救っている。 毎回登場する鷹の爪団とは異なり登場しない回もあり、イメージや名前のみの登場となった回もある。 しかしテレビシリーズの第1話や終盤のエピソード、劇場版には毎回登場している。 戦う相手の目の前に現れた瞬間、問答無用で必殺技「 デラックスボンバー」を繰り出す。 略称は「デラボ」、もしくは「デラ」。 鷹の爪団はアジトが破壊されてしまうことを防ぐため、示談交渉でデラックスボンバーを回避しようとしているが、腹黒く貪欲な性格のため、デラックスファイターは提示された金額や特典に納得がいかない場合デラックスボンバーで脅迫することも厭わない(大抵、吉田くんの余計な一言が原因で総統達はデラックスボンバーを食らう羽目になる)。 デラックスボンバーのエネルギーは、ボンバー家の体内に備わった「ボンバー腺」で作られる(一方でEX第26話では、吉田くんがデラックスファイターに弟子入り、訓練した結果、通称吉田ボンバーを出すことに成功している)。 スナイパーキット(状の筒と)を腕に装着することで対象に気付かれずに狙撃することも可能。 また周囲に被害を出さないよう「軽めに」放ったり、ならぬ「デコボン」や、を行うことも可能。 デラックスボンバーの呼び方についてはfrog man showの鷹の爪第一シーズンの最終回にて「デラックスボンバーじゃなくてデラックスビーム」と鷹の爪団が話していた。 実際にデラックスファイター自身も少年時代まではデラックスビームと呼んでいたが、初恋の人物であるキャシーからデラックスボンバーに変えるように強引に言われ、デラックス母に説得して現在に至った。 それ以降はデラックス母も含めたデラックス一家全員デラックスボンバーに呼び方が統一している。 前述のように腹黒かつ貪欲な性格に加えて非常に短気で、自分にとって嫌な言動や態度をとられるとたとえ子供や老人に対してでも容赦なくデラックスボンバーを撃つという大人げなさや、面倒だったり命に関わる仕事などは断ったり、他人に押し付けようとする自己中心ぶり、自分の立場が悪くなったり、思い通りにならないことがあると、人質をとったりデラックスボンバーを使って脅迫したり、倒れた敵に殴る蹴るなどの暴行を加えるといった卑怯さも兼ね揃えた、お世辞にも正義の味方とは言いがたい最低な人間性の持ち主でスーパーヒーローの面汚しでもある(総統曰く「人間のクズ」。 吉田くん曰く「洒落にならないくらい最低な奴」「絶対に地獄に堕ちる」。 また『鷹の爪4 カスペルスキーを持つ男』では黒光産業社長から「とんでもないハイエナ」と評され、『DCスーパーヒーローズ』ではでさえも「ただのクズ」と吐き捨てる程)。 そのため、鷹の爪団のメンバー(特に総統や吉田)からは「インチキヒーロー」と軽蔑されている他、ヒーローであるにも関わらず、菩薩峠くんやエリカ様などの本来なら慕われるべき子供達や、同じヒーローでもあるバットマンからも嫌われている。 反面、世間の目に対しては無駄に気を配っており、テレビカメラなどの前では絶対に自身の本性を明かすような行動は起こさない。 また、日本のやアメリカのなどの要人に対しては表の顔を作って紳士的に接する(ただし. jp第27話では日本の首相から地球を狙う宇宙人の艦隊への対抗を依頼された際には真っ先に拒否していたことから、基本的には自分の保身を最優先に考えていることが伺える)。 さらに劇場版第4弾で、デラックスファイターが普段戦っている理由は「正義のため」ではなく「気分しだい」であることが明らかになった。 しかし、NEO第8話では正義の味方は「あくまでボランティア」ということらしく、警察に運転中の通話で違反切符を切られたり、愛車をレッカー移動されるなど、扱いは状況によってまちまちである。 その一方でNEO第1話では失踪した鷹の爪団を心配してアジトを訪ねたり、壁にかけてあった鷹の爪団のTシャツを着て涙を流すなど、吉田くんからさみしがり屋と言われる一面を持っている。 携帯電話の充電など些細な用事で鷹の爪団のアジトを訪ねることも多く、鷹の爪団が珍しくご馳走を食べられる機会に恵まれた時には決まって現れ、ご馳走を横取りしていくことも日常茶飯事である。 23年前(鷹の爪ビギンズ)のある出来事をきっかけに総統と戦っており、その頃は正義の味方らしい正義の味方だったことがNEO第13話で語られている。 愛車はデラックスモービル。 NEO第23話以降では新型スマートフォン「ポイポン5」を所持しているが、鷹の爪団の過失のせいで何度か壊されている。 その際『日本にはいないはずのがポイポンを持ち去って道路に落とし、走行中の何台ものトラックによって潰された挙句、そこに工事現場の穴を掘る担当のおじさんがやってきて誤ってポイポンをドリルで粉々にし、途方に暮れた総統と吉田くんがポイポンの破片をのりで接合しようとした結果、全く原型を留めないガラクタになり、取り乱す総統に対し、吉田くんが様々な手を使って誤魔化す案を思い付き、総統からは「グッドアイデア!」とされるも、デラックスボンバーによって吹き飛ばされる』という展開が過去5回ほど起きている。 その後、新型の「ポイポン6」に買い替えたが、これも同様の展開で壊されている。 自ら公開しているブログのタイトルは「デラックスに行きまっしょい」。 戦闘中はもとより、日常生活においても必ず顔の一部を隠すヘルメットを着用しており、デラックス家のルールということで家族にも着用を強制している。 入浴中以外はヘルメットを取ることはないが、素顔を見せることに抵抗はないらしく、鷹の爪団のメンバーと温泉に入浴した時には堂々と素顔を見せており、頭部の生え際が後退しているのが目撃されている。 服を脱ぐと鍛えられた筋肉質の肉体を確認できる。 母親のデラックス母はいるものの父親のデラックス父は(平成16年)に死別していることがNEO第9話で明かされた。 秘密結社鷹の爪カウントダウンの最終回では空を飛べることが発覚したが、本人曰く「疲れる」とのことで、今は1メートル浮くのが限界である。 しかし、劇場版第5弾ではと共に暮らしたため野生化し、空を飛べるようになっており、NEOの「ポルカ de 鷹の爪」以降の一部のEDでは空高く飛びながら登場する場合もある。 jp第1話では『』にあやかってレオナルド博士にベルトを作ってもらい「デラックスドライバー」に変身できるようになった(この時いつも着ているヒーロー風の衣裳は普段着で、デラックスドライバーの衣装は作業着であることが明らかになった)。 デラックスドライバーに変身した時はデラックスボンバーを手の平からではなく、胸の円形アーマーから発射する。 jp第9話において正義の味方は介護保険適用外であることが明かされ、ヘルパーを雇えないためデラックス祖父の面倒を鷹の爪団に見てもらった。 NEO第24話で鷹の爪団が開発に成功した怪人「ヘルシータイガー」に敗北したことで戦意喪失をしまう。 一時期は戦うことを避けまくったが、デラックスカンパニーの重役と鷹の爪の協力により戦意を取り戻した。 しかしそれ以後、怪人ヘルシータイガーと戦うことは避けており、鷹の爪団側も「(デラックスファイターがヘルシータイガーを恐れる姿が)あまりに惨め過ぎて気の毒になる」という理由で、ヘルシータイガーを半ば封印した状態でいる。 jp第78話ではパーフェクトベストマンが現れてからは完璧に人気が落ちてしまい、自演自作で鷹の爪団に銀行強盗の襲撃をやらせ、デラックスファイターが解決しようとするが、鷹の爪団が襲撃した銀行に本物の銀行強盗が既に襲撃しており、自分も人質状態となり、パーフェクトベストマンに助けられたあと、スーパーヒーローを廃業して、喫茶店を経営しようとしたが、鷹の爪団の総統の説得により、スーパーヒーローの廃業を撤回した。 DO第1話ではなぜか街中にいた暴れロバに襲われ、に陥ってしまう。 それを利用した吉田くんは自分は鷹の爪団の下っ端、挨拶は反復横跳びしながら「ポーチョロポチョロロー」と言うことなど教え込まされる。 また、吉田くんによって、意味不明な名前をつけられる。 名前は「ペドロ山デルコラソン」「さつまやまいもすけ」「ペリカン班長」「モバイルてこいちろう」「ぴろぴろぶんぶん」と変わる。 モバイルてこいちろうと呼ばれていた頃に会社の重役がやってきて、記憶を蘇らそうとする重役を止める為に吉田くんがうっかりデラックスボンバーをするように指示してしまう。 そして、重役を吹き飛ばしたが、デラックスボンバーという名前のおかげで記憶が蘇り、鷹の爪団も吹き飛ばされることになる。 Twitterにて、バック・トゥ・ザ・フューチャーで登場してくる、マーティーにキックボードを奪われてスケボーにされた子供は子供時代のデラックスファイターだと語るが真偽は不明だ。 番組初期の設定ではデラックスファイターの正体は地球を侵略してきた蛇型宇宙人であったが、フェンダーミラー将軍が登場した時にはこの設定はオミットされた。 初期デザインでは風のデラックスファイターのデザイン画が存在する。 声優のから、関西ローカルのラジオ番組の『』2007年12月1日放送の第87回放送分内で「なんとかマン」と言われてしまったことがある。 劇中で声がFROGMAN本人の地声に最も近いキャラクターの一人とされており、NEO第4話以降は「 DXファイター」と表記される事が多くなった。 デラックスヨメ 声 - 第6話登場。 36歳。 デラックスファイターの嫁だが遊興癖があり、いつも家を空けている。 ピンクのユニフォームを着ている。 デラックス家に嫁いで来たためデラックスボンバーは撃てない。 いつも夫と子供たちを放置して友達と遊び歩いているため常に行方不明。 講談社刊『蛙男商会の本』によると、フランス系ナイジェリア人で、のでデラックスファイターと出会ったとされている。 16歳。 デラックス夫妻の長女。 緑色のユニフォームを着ている。 デラックスボンバーを撃てる。 反抗期を迎え、ユニフォームを着るのを拒否するなど父親に反発していたが後に和解する。 しかしそれでも反抗は続いているらしく、劇場版第4作目ではデラックスファイターに何の相談もせずにペットを飼っていたり、. jpでは家出することがたびたびある。 『THE FROGMAN SHOW DS だって、しょうがないじゃない。 』では鷹の爪団の吉田くんと一度は恋に落ちるものの最終的に吉田くんのダメさに気づき、デラックスファイターと協力して鷹の爪団を攻撃した。 吉田くんがデラックスタワー崩壊時に衝撃でドウターの胸に頭を乗せてしまい「丘です丘! マシュマロの丘です! 」とベタな男子中学生の表現をし、ドウターは照れていた。 TVシリーズ1作目と『THE FROGMAN SHOW DS だって、しょうがないじゃない。 』ではホンマキョウコが、テレビシリーズ2作目以降では小室亜沙がドウターの声を担当をしている。 デラックスサン 第6話登場。 12歳。 デラックス夫妻の長男で、ドウターの弟。 黄色いユニフォームを着ている。 周囲に無関心で常にテレビゲームに興じているが、第1期の最終回で正義に目覚め鷹の爪団と共闘して父を救い出そうとする。 デラックスボンバーが上手くコントロール出来ず、布団にをしていたが、カウントダウン第5話においてに伴い撃てるようになった(その際の最初の標的は父のデラックスファイターであり、をしてしまっている)。 劇場版第4作目ではさらに成長しを経て、父親のデラックスファイターとほぼ同じ声になった。 劇場版第4作目で初めてヘルメットの下の素顔が明らかになったが、しばらく息子を見ていなかったデラックスファイター曰く「みたい」になっている。 jpでは家に寄り付いていないらしい。 デラックス母 NEO第9話に登場したデラックスファイターの母親で、アメリカで1人暮らしをしている。 紫色のユニフォームを着ている。 手からではなく口からデラックスボンバーを放つ。 デラックスファイターは日本での活躍ぶりを見せようと、鷹の爪団の協力を得ての悪党退治を演出するが、デラックス母にはお見通しで、最終的に息子の愚行に怒ってデラックスボンバーで鷹の爪団毎吹き飛ばした。 デラックス祖父. jp第9話に登場したデラックスファイターの母方の祖父。 オリーブ色のユニフォームを着ている。 老人らしく振舞うも、内面はデラックスファイターよりもしたたかな面を見せた。 鷹の爪団の協力者 [ ] 森田コウイチ(コウモリ超動物バット) MAX第4話に登場。 動物を超えた動物、超動物ので、熊谷の指示で鷹の爪団の偵察に向かうが、あっさりと捕まり、眉毛を消しゴムで消すという脅しに遭う。 本当の名前は「コウモリ超動物バット」なのだが、吉田くんに「(コウモリを)英語で直訳しただけじゃないか」と突っ込まれ、「森田コウイチ」と勝手に命名される。 以降、鷹の爪団、デラックスファイター、さらにはブヴァエモン博士にまで「森田コウイチ」と呼ばれるようになってしまい、誰も本名を呼ばなくなりつつある。 声はに登場したピーターの声をレオナルド博士と同じ加工された声となっている。 その後もとして鷹の爪団の基地に潜入しているが、次第に鷹の爪団と仲良くなっており、MAX第9話では団員とを作ったりで楽しんだりした挙げ句、鷹の爪団が週末にのへを観に行きたがっていた事から費用として、阿武隈バイオ研究所の隠し金庫のことまで喋っていた。 作中よく喋るキャラでは珍しい常識的な思考を持った存在であり、貴重なツッコミ役も担っている。 EXとDOでは鷹の爪団やデラックスファイターと共にサブタイトル表示画面にも登場している。 竜の爪団 [ ] 第1期第1話に登場。 鷹の爪団の前身となる組織。 竜の爪団戦闘員 赤いコスチュームとマスクで身を包み、吉田くんから戦闘員のしゃべり方の教育を受けていた。 なぜか宇宙人のような外見の者が多かった。 デラックスファイターのデラックスボンバーで基地ごと吹き飛んでしまったが、総統曰く「死んだのではなく見事に着地してそのままに帰った」とのことで、彼らは最終話で再登場している。 jp第3話に登場。 竜の爪団の戦闘主任。 7年前、総統と吉田くんが電車で不良に絡まれ袋叩きにされていたのを30分見とれつつ、なんとか不良に小遣いを渡し総統たちを助けたところ、たまたま居合わせたウミガメに感動され、その亀に連れられて失踪、これ以降は吉田くんが戦闘主任を引き継いだ。 亀には女性店員だらけでモテモテになるピザの90分間食べ放題の店へ連れて行かれ、お土産として開けてはいけないをもらい、気付いたら(平成24年)になっていたという。 鷹の爪団の秘密基地へと帰って来た際、その場に現れたデラックスファイターに玉手箱を渡して追い返したものの、また同じ亀が現れて結局同じ店へ行くことになった。 玉手箱はデラックスファイターが電車に置き忘れ、7年前に総統と吉田を襲った不良たちが開けてしまい老人になってしまった。 鷹の爪団の親族 [ ] 大家さん 第7話に登場。 50歳。 鷹の爪団の住んでいるアパートの家主。 化粧が濃く髪にパーマをかけてヘッドバンドを締め、ヒョウの顔が描かれたTシャツを着ている女性。 顔に関しては総統から「良い意味で産業廃棄物みたい」と称された事もある。 誕生日は。 鷹の爪団から厳しく家賃を取り立て、滞納の際には鷹の爪団のトラックを差し押さえてしまう。 反面、いざという時や世界の危機の時には鷹の爪団に協力もしてくれる強い味方であり、家賃さえ払っていれば非常に優しい性格。 普段から素手で総統をボコボコにするばかりか、銃器で武装した特殊部隊を一瞬で全滅させたり、高速で走る鷹の爪団のトラック(夜逃げマシーン)の出力最大のジェット噴射を真正面から浴びても無傷でいたり、果ては宇宙服無しで宇宙空間で過ごす事が出来るなど、超絶的な身体能力、生命力の持ち主で、総統からも「車から落ちたくらいじゃ死にはしない」と評されている。 劇場版第1作目では瀕死状態の総統に人工呼吸をする際、自分の中の女の部分が目覚めてしまい総統に熱を上げる。 それを見た吉田くんたちは激しい嘔吐に見舞われた。 その後、正義に目覚め鷹の爪団と共闘して世界を救おうとする。 そんな中総統の愛を全世界に伝えるなど純情な一面を見せると、吉田くんたちはもちろんの事、メカフェンダーミラーやその手下達、テレビを通してこの様子を目の当たりにした世界中の人々を激しく嘔吐させた(吉田くん曰く「気持ち悪い通り越してまるで疫病のようです」)。 カウントダウンから「房子さん」という名前がついた。 さらに総統の子供を身籠もり、最終話で(平成22年)の午前0時0分に出産している(なお、総統本人は第6話で「身に覚えがない」と発言している)。 は劇場版第3作目で詳細が描かれている。 MAX以降のテレビシリーズではほとんど出番がなく、EXとDOでは一度も登場しなかったがGT第38話では久しぶりに登場した。 エリカ様 総統と大家さんとの間にできた少女。 2010年1月1日生まれ。 jp第1話と第10話に登場。 を子供にしたような容姿で、菩薩峠くんと同様、デラックスファイターが死ぬほど嫌い。 吉田くんの母 吉田くんの母。 テレビシリーズの冒頭およびNEO第30話や、劇場版2作目と5作目に登場する。 吉田くんが島根県に帰ることを連絡していれば、と女性用下着を用意して待っていたらしい。 鷹の爪団をの養殖業者だと思っている。 但し、劇場版5作目では世界征服を目的とする秘密結社である事を理解している。 島根県吉田村の住人 劇場版第2作目と第3作目、第5作目、NEO第30話に登場する永徳じいさんをはじめとした、吉田くんの故郷に住んでいる老人たち。 老化した吉田くんのような風貌をしている。 吉田くんを「ジャスティス」と呼んでかわいがっている。 劇場版第3作目では島根県を操縦して活躍する。 総統曰く「島根県のお年寄りが1000人いれば百人力」。 吉田くんの父(マクシミリアン) 劇場版第第5弾の公式サイトに登場。 吉田くんに似ており、吉田村が恐怖の大王に襲われた時、大王と戦い勝利を納めたが、無理な耳掃除をして死亡した。 百合 声 - 亜沙 カウントダウン第6話から登場したフィリップの彼女で後にフィリップとする。 BOOKお麩でをしていて知り合った。 フィリップをフィリリンと呼び、フィリップも彼女をユリリンと呼ぶ。 NEOではフィリップに代わって「フィリップDEATHホールディングス」の経営を任している。 フィリップへの愛情は深く鷹の爪団にも理解があり、世界征服への情熱が見られない鷹の爪団に愛想を尽かしたフィリップが、鷹の爪団をやめると打ち明けたときには、世界を本当に幸せにできるのは鷹の爪団だけだと語っている。 劇場版第5弾のラストではしたことを明かしている。 菩薩峠くんの両親 最終話で菩薩峠くんを迎えにきた。 父親は普通の人間だが、母親はのような髪型で、菩薩峠くんと同じ顔と紫色の肌をしている。 鷹の爪団の怪人たち [ ] 複数のシリーズ [ ] タンス男 第2話に登場。 レオナルド博士の開発した怪人製造マシンで、実験的にと男を合体させて作った怪人。 タンスにした理由は博士曰く「男は引き出しが多いほうがいい」から。 初期の怪人製造マシンは非生物と生物の合体が上手くできず、外見は普通のタンスだが、中身は一目見た総統が泣き出すほどグロテスクな姿となってしまう。 その後、牛男となってしまった吉田くんとフィリップを元に戻す際に分離の実験台に使ったがやはり失敗、タンスからは分離したものの、に登場してもおかしくないほどグロテスクな怪物になってしまった。 第3話に登場する生物化学研究所も、同じ失敗をしてタンス男を作ってしまっている。 一度博士に倒されたものの、その後も頻繁に登場し『』にも登場した。 劇場版第1作目は映画を観に行く子供が嫌がるため未登場だったが、第2作目はMr. Aが住んでいるマンションに登場した。 第3作目ではレオナルド博士の実家にも登場しているがこの時は新デザインと旧デザイン物が登場している。 Jp第58話、DO第14話でもワンシーンだけ登場した。 第3話に登場。 吉田くんとレオナルド博士が作った怪人の一体。 とが合体しており、ただパソコンでくだらないFlashアニメを作っている。 総統からは「なんだねこの蛙男というのは。 さっきからくだらんFlashアニメばかり作りおって」と言われてしまい失敗作に終わった。 「THE FROGMAN SHOW DS 〜だってしょうがないじゃない〜」ではレオナルド博士が作った武器の試し撃ちに遭い、されている。 大空男 第3話・カウントダウンDVD第4巻のテレビ未放映エピソードに登場。 吉田くんが大空と男を合体させて作ったでっかい夢を背負っていそうな(総統談)怪人。 これまでの怪人は大体がネガティヴで短絡的で直情的で了見が狭いという問題があったため、吉田くんが「高い志を持ち、物事を俯瞰で捉えることができ、大きい心を持った怪人なら大きな仕事を成し遂げられるのでは? 」と思って作った。 期待通り商店街を活性化させたりと大きな仕事を成し遂げそうだったが、それを見込んだ辰巳コンツェルンの総裁・辰巳重郎太に引き抜かれ、鷹の爪団を去っていった。 テレビ版第1シリーズ [ ] タンス男 詳細は「」を参照 牛男 第2話に登場。 総統がにいたという怪物からひらめいた怪人。 雄牛のような強靱な肉体と、人間の高い知能を兼ね備えたパワフルかつインテリジェンスな怪人(総統談)を作ろうとした。 吉田くんはその素材としてを連れて来るが、フィリップと一緒に牛をマシンの中へ入れた時に魔が差した博士がマシンを作動させてしまい、吉田くんとフィリップと牛が合体した怪人になってしまう。 その姿は胴が牛で頭部がフィリップの頭、尻尾の先に吉田くんの頭が付いているという物だった。 その後元に戻すために分離を試み、吉田くんは元に戻ったもののフィリップの人格と牛の人格が入れ替わってしまった。 ももちゃん 博士が最初に分離実験を行った怪人。 分離ではなく縦に切断されている。 怪人製造の担当主任となった吉田くんと、レオナルド博士によって作られた怪人の一体。 との看板が合体している。 その姿は島崎藤村の頭の上にSHIMAZAKI TOWSONと書かれたローソンの看板が乗っているという物。 実質的には背景として登場したため、能力や特徴などの詳細は不明。 最終話に再登場した際には看板にモザイクがかかっていたが、当初は普通に表示されていた。 総統からは突っ込まれてしまった上に失敗作になった。 劇場版第9弾では「島崎トーソン」。 蛙男 詳細は「」を参照 マーライオン男 第3話に登場。 体は人間、頭はという出で立ちをした怪人。 前に立った人間に「足りてる? 」と言って口から水を吹きかける。 総統には他の怪人よりはマシに見えたようだが、前に立ったため水を吹きかけられてしまい、これも失敗作になった。 全天候型怪人 4WD男 第3話に登場。 吉田くんがと人間を合体させて作った怪人。 どんな悪条件でもタフに行動出来る怪人とのことで、見た目は強そうに見える。 しかし四つん這いで力任せに走り回る以外には何も出来ず、総統に「生き物として退化している」と言われ失敗作となってしまった。 FR男 第3話に登場。 吉田くんが4WD男の次に作った怪人。 見た目はスーツを着たサラリーマン風の男。 足だけで歩くのが売りだが、総統に「普通だ! 」と突っ込まれてしまう。 結局この怪人も失敗作になった。 第3話に登場。 吉田くんがと人間を合体させて作った怪人。 見た目は普通の男。 口から吐息のように水蒸気を吹きだして加湿する。 吉田くんによると冬などに役立つらしい。 結局これも失敗作になった。 バッタライダー 第3話に登場。 「子供向け番組に出てくるような怪人はいないのか? 」と総統に言われた吉田くんが、とライダーを合体させて作った怪人。 覆面部分にはモザイクが掛けられている。 総統にも「権利関係が面倒な怪人は却下じゃ」と失敗作にされてしまった。 大空男 詳細は「」を参照 第3話の時点での吉田くんの最新作。 名前どおりとを合体させた物。 しかし合成がうまく行かず、複数の個体が作られた。 中にはを合成した上に女装している個体もいたが、結局どれも失敗作に終わった。 なお、EX第25話にも、が登場している。 その他の怪人達 第3話に登場。 吉田くんとレオナルド博士が作ったその他の怪人たち。 変な生物(2人)、アイドル、子供らしき怪人、忍者らしき怪人だが上記のSHIMAZAKI TOWSONと同様、実質的に背景として登場したため、能力や特徴などは不明。 総統に「うぬぬ…なんだこの怪人は? どいつもこいつもガラクタばっかりだな! 」と突っ込まれてしまい、結果的には失敗作となった。 第6話に登場。 吉田くんが一匹七万円のととを合体させて作った怪人で三匹いる。 すごくブレイクしそうな気がして作ったためラップが上手いが、総統は「怪人で何のブレイクを狙ったんだ? 」「ラップが上手くても世界征服には何も関係ない」と言って捨てさせてしまった。 しかしその後大手レコード会社と契約してメジャーデビューしたらしく、第9話で再登場した際には若者の間で大ブレイクしていた。 総統は手離さなければ良かったと悔しがったものの、その時にはもう後の祭りであった。 植物人間 緑山祐一郎 DVD収録のテレビ未放映エピソードに登場。 これまでの怪人に食費などの維持費がかかり過ぎたため、食費のかからないのみで生きていける怪人として作られた。 元が植物なので他の植物と会話が可能。 最期は涙の流しすぎで水分がなくなり、枯れてしまった。 透明人間 DVD収録のテレビ未放映エピソードに登場。 この怪人を生み出すために透明な物を合成したが、2度失敗し3度目に完成した。 自分が無色透明だからという理由から鷹の爪団に入団するのを拒否した。 テレビ版第2シリーズ(カウントダウン) [ ] 怪人スーパーアニマル カウントダウン第2話に登場。 「世界中の動物670種類の能力を兼ね備えた究極の怪人」という触れ込みだったが、ウマ面でネコ背でハト胸でワシ鼻で白魚のような手でカモシカのような足など、外見に特化した部分ばかり目立つ。 さらに蚊の泣くような声で喋ったり物事をすぐ忘れる鳥頭だったり式に増えることが判明するなど、能力よりも短所の方が目立ってしまった(の能力も入っている)。 デラックスファイターにはオウム返しで応戦したが、全く戦闘にならずデラックスボンバーで成敗された。 当初の出で立ちで登場したため吉田くんに「権利的に大丈夫ですか? 」と突っ込まれている。 佐藤敏夫(第1号) カウントダウンDVD第1巻のTV未放映エピソードに登場。 佐藤敏夫(第2号) カウントダウンDVD第2巻のTV未放映エピソードに登場。 こだわり三平 カウントダウンDVD第3巻のTV未放映エピソードに登場。 大空男 詳細は「」を参照 テレビ版第3シリーズ(NEO) [ ] 新卒怪人シンソツシャー NEO第2話に登場。 入団希望の「小沼けんいち」と「五十嵐ひでお」をかけ合わせた怪人。 頭の良い小沼と体格の良い五十嵐の長所を併せ持った、頭が良くて強い怪人を作ろうとしたが、いくら作りなおしても両者のどうでも良い特徴を持った怪人ばかりが出来てしまった。 最終的には五十嵐の体格を持った「ラグビー婆ちゃん子」で落ち着いたが、世界征服が思っていたよりも地味だという理由で一週間も経たないうちに辞めてしまった。 怪人大工さん NEO第6話に登場。 昔の思い出を回想しながら部屋の改装をする怪人。 トイレから世界征服を始める「トイレ大作戦」で、アジト全体を大きなトイレに改装したが、ソファー型トイレやアイランドキッチン、移動機能に果てはスーパーや銀行など、総統らの要求がエスカレートしていき、とうとうトイレが一つの町になってしまった。 みちばた十八郎 NEO第7話に登場。 世界征服に何かしらのこだわりを持つ怪人。 のかかった女房の拳でデラックスファイターを殴り、塩をまぶしたロープでデラックスファイターを縛りつけ、オリーブオイルを塗ったでデラックスファイターを宇宙に追放する寸前まで追い込むが、燃料がオリーブオイルだったためロケットは不発に終わり、デラックスボンバーで成敗された。 省エネ怪人LED NEO第9話に登場。 目が省エネなLEDというだけの怪人。 怪人産地直送 NEO第12話に登場。 総統が買ってきた産地直送の野菜を素材にした怪人。 産地直送野菜ならではの素朴さで、世界征服資金を勝手に流用したり、怪人たちで派遣会社を結成しても総統たちに怒られることはなかった。 しかし、産地直送と思っていた野菜は、八百屋がクズ野菜を産地偽装していただけのものだけだったため、本性は人間のクズといえるようなものだった。 怪人ワックワク NEO第13話に登場。 と男性を合成した怪人。 活躍の場がないままデラックスボンバーで吹き飛ばされた。 納涼怪人流し目スズシゲ NEO第18話に登場。 外見は角が生えた普通の人間だが、涼しげな流し目のほか、声が風鈴の音、物凄くクールな態度、政府首脳と話すと「会談」が「怪談」になってしまうなど「涼しさ」のスペシャリストである。 怪人唇をブルルルッてする人 NEO第19話に登場。 吉田くんがこれといった目的もなく製造し、唇をブルルルッと震わせることしか取り柄がない。 オシャレ怪人ダン小山 NEO第21話に登場。 鷹の爪団の衣装や髪形をスタイリッシュに一新する。 なお、デラックスファイターにはのようなウソをつき、裸で出歩かせた。 怪人スマート NEO第24話に登場。 操作性やデザイン性を考慮して開発され、スマートな見た目が特徴。 全身がで出来ている。 操作のために体に触られるとくすぐったがってしまい、怪人としての実用性には乏しかった。 怪人ヘルシータイガー NEO第24話に登場。 鷹の爪団の知恵と努力、そして心技体が一体となり出来上がった怪人。 後に鷹の爪団史上、最強の怪人と呼ばれる。 身体に纏った鎧でデラックスボンバーを跳ね返し、圧倒的な力でデラックスファイターを叩き伏せ、総統が止めに入るまで殴り続けた。 この勝負に負けたデラックスファイターは第27話ですっかり戦意喪失していた。 NEO第37話で再び再登場し、九条晋平に脅迫されたレオナルド博士によって10万体が製造され世界征服に利用される。 なお、デラックスファイターにとってヘルシータイガーは完全に恐怖の対象であり、九条晋平と共に複数のヘルシータイガーが登場した時には「ヘルシータイガーさん」と発言し、真っ青になっている。 以降も鷹の爪団がデラックスファイターに対抗する為の案として、度々名前が挙がるも、総統曰く「(デラックスファイターが負けて咽び泣く姿が)あまりに惨めすぎて気の毒になる」という理由から。 怪人ネタの宝庫 NEO第28話に登場。 額に「内」の字が書かれている。 絵がうまく、歌が上手で、飼い猫が可愛い上に撮った写真が必ず心霊写真になるなどネットで話題になる要素が詰め込まれた怪人。 これを作ったことでフィリップが呆れて出て行ってしまう。 怪人ジョスイキー NEO第36話に登場。 禿頭のおっさんで、水を浄化させる機能がある。 デラックスファイターにご馳走を持っていかれそうになったため代わりとして差し出すが、浄化方法が浄化させたい水ををさせるだけだったため「いらんわ! 」と一蹴される。 テレビ版第4シリーズ(MAX) [ ] カリスマ美容師怪人キューティクルン MAX第1話に登場。 髪型を変えるだけで容姿はおろか、言動をも一変させることが出来る怪人。 本人曰く『毛先に動きをつければ、どんなに難しい注文でも対応できる。 』らしく、「五人の子持ちで、元ロックバンドのボーカルの弁当屋のおばちゃん」や、「山に捨てられた人間を育て、子供が自分も狼と思い込んだまま成長したが、人間に見つかり山から子供を連れ出された母親狼」などの難しい注文にも見事に対応した。 怪人人間のラペ MAX第2話に登場。 野菜のラペをヒントに開発したが、何に使うかは吉田くんさえも考えていなかった。 怪人ズボン汚し MAX第5話に登場。 相手に地味にダメージを与える目的で作られ、両手から放つ泥水で敵のズボンを汚して脱がせ、恥ずかしい思いを味わわせる怪人。 総統だけでなくレオナルド博士を除く団員全員のズボンを汚してしまう。 怪人ズボン乾かし MAX第5話に登場。 両手がとなっており、濡れたズボンもすぐ乾かす事が出来る。 総統がバイトの面接へ行くまでにズボンを乾かすため、相反する能力を持つ怪人ズボン汚しと対決する。 室内向け怪人ティーカップヘルシータイガー MAX第10話に登場。 室内向け世界征服キットに同梱されていた超小型版ヘルシータイガー。 元のヘルシータイガー同様にデラックスボンバーを跳ね返せるが、体が小さいため攻撃力は全く無かった。 怪人休憩中のサラリーマン MAX第16話に登場。 ベンチで休憩している(どちらかと言うとサボっているように見える)サラリーマン風怪人。 吉田くんが総統から「常識に捕らわれない、斬新で全く新しい発想から怪人を作れ」と言われて作った怪人。 しかし、斬新過ぎて、休憩してばかりで何もしないので、全く役に立たなかった。 ガリレオー MAX第16話に登場。 トモエが吉田くんのアドバイスから生み出した常識を覆す怪人。 「」が口癖の鉄の精神力を持っている。 デラックスファイターと戦わせようとするも、「怪人だからと言って、正義の味方と戦うのはおかしい」と戦うのを断固拒否してしまい、怪人休憩中のサラリーマン同様、斬新過ぎて役に立たなかった。 アニマル怪人森田コウイチZ MAX第17話に登場。 森田が人間型に改造された姿。 パンツ1丁の巨漢で顔以外原型を留めていない。 しかも、本人の了承なしで改造されたため、当の本人が「こんなの嫌」と泣いて拒絶するため、何もしないで終わった。 ヤマネコー MAX第17話に登場。 を元に作られたアニマル怪人。 しかし、夜行性で肝心なときに眠っていて役にたたなかった。 前夜は元気にハッスルしていたらしい。 ナマケモッノー MAX第17話に登場。 と働き者の男性を組み合わせて作られた怪人。 ナマケモノの鋭い爪と男性の強靭さをメインに作られたが、怠け者と働き者を掛け合わせた結果、ごく普通の人になってしまった。 そのため、デラックスファイターに「クズをどんなにあわせてもクズ」と評されてしまった。 チパーン MAX第17話に登場。 の賢さを持った怪人。 しかし、アニマルだけに「あ」を丸で囲むことしか出来ない怪人だった。 ブラック・エグゼティブ MAX第21話に登場。 総統と吉田くんが凶悪な怪人を作ろうとした結果生まれた、本当に凶悪な怪人。 しかし、ヘルシータイガーと違って総統達の言うことを聞かず、逆に支配下に置こうとした。 体はダイヤ並の強度でデラックスボンバーも効かない。 目からビームを放ち、総統達とデラックスファイターを窮地に追いやるが、デラックスファイターの自分に平身低頭な態度で、油断した隙に至近距離でデラックスボンバーを滅多打ちにされて、倒された。 ちょろぽん MAX第30話・38話に登場。 博士が団員のモチベーションを上げるために作った人造動物。 人間の頭に何本も足が生えた変な生物だが、何故かかわいいらしい。 他の動物のような食べ物は口にせず、愛情が主食。 おっさんのような声で「どっこいしょ」と鳴く。 デラックスファイターはその可愛さに心を打たれて強引に連れて帰り、愛情をたっぷり込めて育てていった。 ちょろぽんのかわいさで、モチベーションが上がったデラックスファイターはバリバリと仕事に励んだが、仕事が忙しくてなって一緒にいる時間が減ってしまったため愛情不足で衰弱したちょろぽんは、デラックスファイターと会社の重役たちに看取られながら息を引き取った。 最終話で別個体が登場し、緊急時には野太い声で喋れる事が判明した。 またも命を懸けて死亡してしまうが博士によって予備として量産されていたことがデラックスファイターの発言で判明。 テレビ版第5シリーズ(EX) [ ] 怪人隣のおネェさん 声 - 亜沙 EX第22話に登場。 以下全員、EX第25話に登場。 妖怪 小豆洗い• 妖怪 一旦木綿• 妖怪 カマイタチ• 妖怪 ハサミイタチ• 妖怪 のこぎりイタチ• 妖怪 金づちイタチ• 妖怪 プラスドライバーイタチ• 妖怪 栓抜きイタチ• 妖怪 USBメモリーイタチ• 妖怪 河童風の合羽を着た人• 妖怪 甘噛み男 テレビ版第6シリーズ(DO) [ ] 怪人チキンヘッド DO第5話に登場。 失敗をいつまでもくよくよするのがいけないと生み出された3歩歩けば忘れてしまう。 総統は、目的を忘れてしまうオチだと予想したが、実際は自分が誰なのかさえも忘れてしまっていた。 エッグッチ 卵から育成する事で完璧な怪人の育成を目指した。 生まれた時、体が濡れていた事から吉田くんによって名付けられた。 当初は素直な性格でサッカーが好きで勉強も得意な少年だったが、しかし、外見年齢で中高生程の大きさに成長した頃、名前が嫌になって自暴自棄になり、不登校がちになったり、万引きをしたりと非行に走る様になるが、最終的には立ち直り、プロサッカーチームにスカウトされる。 しかし、秘密基地を出た直後、濡れ太郎に倒してもらう筈だったデラックスファイターが現れ、一同は吹き飛ばされる。 前回の5倍の速度で成長を遂げる。 前回の失敗を踏まえて吉田くんにスパルタ訓練を受け、一通りの戦闘力を身に付ける。 しかし、ドスの助に倒してもらうべく、デラックスファイターを呼び出そうとするが、当の本人の留守が相次ぎ、更に速い成長速度が仇となって老化が進み、デラックスファイターが到着する直前に老衰で亡くなる。 ゾンビ山秀夫 DO第21話に登場。 見た目通り、ゾンビだが、おもてなし精神が高く、非常に気が利く性格をしている。 最終的にホスピタリティーを評価され、高級レストランで働き始めるも、ゾンビなので(ゾンビは生きていない、つまり生かされていないという意味)接客ではなく、裏の皿洗いに回された。 高嶺花子 声 - 亜沙 DO第29話に登場。 誰に告白されても直ぐに暴言同然の口調で振って、失恋させてしまう失恋怪人。 怪人 彼女と彼女のお父さん 声 - FROGMAN、亜沙 DO第33話に登場。 怪人 後輩と後輩の彼女 声 - FROGMAN、亜沙 DO第34話に登場。 WEBシリーズ(. jp) [ ] 新婚怪人シンコンシャーン. jp第2話に登場。 若い男女と仲人と御祝儀の数々を合体させた「シンロー」と「シンプー」の二人組の怪人。 見ず知らずの人でも心から祝福したくなるような怪人に仕上がったが、ケーキカットからしばしの御歓談、お色直しに新郎の友人の余興、新婚旅行までやらないと、デラックスファイターを倒しに行けない怪人になってしまった。 しかも、総統の命令でお色直しが4回から2回に減らされたことをシンプーが根に持ってしまったため、してしまった。 そこでレオナルド博士は美人の外国人妻を用意したが、国籍欲しさのだったため、計画は失敗に終わった。 高速道怪人. jp第8話に登場。 総統からを製造するように指示を受けた吉田くんが、の東名と勘違いして作ってしまった怪人。 特に個性はないが、「他の高速道と繋げたら戦力になるかもしれない」ということで、日本の高速道の名を担った怪人が次々と作られた。 なお、透明人間自体は、テレビ第1シリーズDVD収録のテレビ未放映エピソードの時点で登場している。 詳しくはを参照。 デラックスファイターによって東名人間が重傷を負ったとき登場した怪人。 怪人アーバン 声 - 亜沙. jp第12話に登場。 洗練された女性の外見をした怪人で、牛のような角が生えている。 久しぶりに都会に出てきた鷹の爪団がそのめまぐるしい変化についていけなかったことから、都会的で洗練された見た目に惹きつけられるが、刺激的な行動に周囲の人が目を回す、というコンセプトで製造された。 しかし、実は澄子という本名があり、元IT会社社長の妻で子持ち、による会社の崩壊に伴う貧乏生活に耐えられず夫と子供を連れて家を飛び出したことが明らかになる(その頃から角があった)。 一人息子が病気で倒れ、その看病を必死でしたことがきっかけとなり、もう一度家族そろって再起をかけることになったのだった。 名前不明の怪人. jp第13話に登場。 博士の作った「プロ意識を500万倍にする薬」で、業界人風になった鷹の爪団一同が製造したが、それだけで特に何もしなかった。 怪人ネガティブシンキング. jp第17話に登場。 握り拳風の頭部に獣のような身体をした、総統曰く「怪人らしい怪人」。 しかし、名前のように「どうせみんな死ぬ」と考え方があまりにもネガティヴであり、吉田くんをはじめとした団員が感化されてしまうなど、やはり役に立たなかった。 怪人お父さんの背中. jp第18話に登場。 吉田くんがこの時点(8月)で6年前に製造した怪人。 お父さんの背中の持つ力で、世界征服をがんばろうとモチベーションを上げる怪人だったのだが、よくよく調べたら友達のお父さんの背中だったため、気まずい気分になったという。 怪人セミ男. jp第18話に登場。 吉田くんが(平成18年)の夏に、をモチーフとして造った怪人。 その際は「怪人セミ男の幼虫」だったため、 となり土の中に6年間眠る必要があった。 総統は「デラックスファイターを一捻りにする実力のある怪人」と期待を寄せていたが、現れた幼虫は大人と子供の境で情緒不安定(総統が「世の中の矛盾は全てデラックスファイターのせい」と説得した)だったり、する際はまったく無防備(代わりに総統がデラックスボンバーの盾になった)だったり、成虫になると本能通り「彼女がほしい」と泣きわめいて女性を襲ったり、挙句の果てにデラックスファイターと戦う前に寿命が尽きるという、少しも役に立たない怪人だった。 怪人青臭いバンドマン 声 - FROGMAN、亜沙. jp第28話に登場。 吉田くんを交えた4人でバンドを結成し、メジャーデビューを目指して青臭い青春ドラマを展開。 怪人ラジオのプロデューサー、プラスペプラー、AD・マイク. jp第31話に、ラジオ放送で世界征服するために登場。 ラジオDJはをモデルにしたプラスペプラーだが、実際の「放送」では総統と吉田くんだけが出演していた。 jp第34話に、しっかりした女性を鷹の爪団にちょい足しするために登場。 アジトを明るくし、団員の生活リズムを改善してしまうほどのしっかり者。 私生活では悩みを抱えていて、そのことを総統に打ち明ける。 怪人鼻くそを付けてくる人. jp第34話に登場。 jp第40話に、鷹の爪団の酷い正月ボケを治すために登場。 その名の通り世界征服に対してやる気満々な上に、非常にハイテンションな性格。 しかし正月ボケの総統達やデラックスファイターからはまともに相手をしてもらえず、彼らのあまりのやる気のなさに呆れ、終いには「ダメだコイツら…」と匙を投げる。 雪女をモデルに作られた女性怪人 声 - FROGMAN、亜沙 以下全員、. jp第42話に登場。 世界征服をそっちのけにして、雨女と一緒に女子会へ行ってしまう。 雪ギャル• 雪腐女子• 雪山ガール• 雪カメラ女子• 雪キャリアウーマン• 雪ずりの女• 雪ダメンズウォーカー• 雪肉食系女子• 雪結婚しないと決めた女たち 雨女 声 - 亜沙. jp第42話に登場。 極度の雨女なため、湿気で髪型が変な形になる彼氏と別れたが、それでもかまわないという彼氏のアプローチで再び付き合うこととなった。 怪人トリラ. jp第43話に登場。 鳥のように空を飛び、ゴリラの怪力を発揮できるはずだが、飛行には失敗してしまった。 怪人後回しウォーリアー. jp第48話に登場。 何でもかんでも後回しにしてしまう怪人。 総統がデラックスカンパニーを襲撃させようとした際、「明日でいいですか」と後回ししようとして、総統に「もういい」と帰らされ「全く使えない」と言われた。 怪人花咲爺. jp第51話に登場。 吉田くんの命を受けて桜を咲かせようとするも、のような「ここ掘れワンワン」と鳴く犬や意地の悪い隣人夫婦がいないと能力を発揮できない。 怪人アラシマクリスティー. jp第53話に登場。 ありとあらゆる物を荒らしまくる怪人。 怪人卒業アルバム. jp第53話に登場。 デラックスファイターにこの方法で挑んだものの、逆にデラックスファイターの怒りを買ってしまい返り討ちを食らってしまった。 怪人昔はまったゲームソフト、怪人映画の半券、怪人海岸で拾ったきれいな貝殻. jp第53話に登場。 怪人昔書いたポエム. jp第53話に登場。 相手が過去に書いた恥ずかしいポエムを勝手に読み上げる能力を持つ怪人。 この能力で総統やデラックスファイターを精神的に追い詰めたことがあり、デラックスファイターに至ってはショックのあまり泣いてしまっている。 jp第68話に登場。 ジャック・オー・ランタンを歌って躍らせることが出来る光線銃でから変身させた怪人。 作曲は得意だが作詞は苦手らしい。 怪人受験生、怪人親友、怪人失恋した女の子. jp第71話に登場。 デラックスファイターが攻撃できないよう、それぞれ攻撃しづらい状況下の怪人として作られたが、デラックスファイターに全く容赦なく攻撃された。 怪人おばさんち. jp第71話に登場。 いるだけで、その場の雰囲気が親戚の叔母さんの家にいるように感じてしまう。 デラックスファイターとは父方の親戚の設定だった。 その後、最終的には親戚関係がおばさんで無くなってしまった為、失敗に終わった。 怪人年末しん子 声 - 亜沙. jp第74話に登場。 秘密結社鷹の爪GT(LINE LIVE) [ ] ブリ子 声 - 亜沙 GT第14話に登場。 怪人マネージャーの岬 声 - GT第17話に登場。 最新型ヘルシータイガー GT第22話に登場。 鷹の爪団の最終兵器の怪人ヘルシータイガーの改良版。 外見では、鎧が赤くなり、赤い角が生えている。 リモコンで、強さ調整機能、強・中・弱の三段階、自然に強弱を付ける揺らぎ機能付き、自動で戦いを止めるおやすみタイマー付き、首振り機能も装備している。 実際では、強を使い、デラックスファイターを返り討ちにし、二回戦では、中を使い互角に戦っていた、鷹の爪団が更に他の機能を使って試していた。 揺らぎ機能は、互いに強弱を付き、首振り機能は単に首を振り、おやすみタイマーは途中で眠たくなった鷹の爪団がおやすみタイマーを使い寝たがデラックスファイターにとどめを刺す直前で止まり、隙ができた鷹の爪団にデラックスボンバーを放った。 GT第34話に登場。 無気力で無精髭面の男。 様々な女性関係の噂を持つ男がモデルで「無期限活動休止するっス」と言い残し去って行った。 その他 [ ] 悪徳怪人エチゴヤ 「総統の夢」のみに登場。 鷹の爪団史上最も悪そうな怪人だが本当にあくどい性格で、組織を裏切った上にデラックスファイターにニセ情報を売り、金を儲けていた。 手につけられないくらい悪党であるため失敗作になった。 全方向悪怪人バッドボーイ 「総統の夢」のみに登場。 エチゴヤでの反省から、性格ではなくフィジカル面で悪党な怪人を作ろうとして誕生。 「全方向悪」すなわち全てが悪く頭も目もお腹の調子も悪いため、結局失敗作になった。 殺人マシン怪人ブコロース1号 「総統の夢」のみに登場。 フィジカル面で強く頭も良い、忠実な怪人を作り出そうとして誕生した怪人。 正確・確実に命令に従うが、機械なので口頭での命令ではなく、全て細かくプログラムさせてもらわなければならない。 博士が言うには「何処を通って、どの地下鉄の入り口を使い、どの路線に乗って、何輛目の何番目のドアから入って、どのつり革につかまり、どの駅へおりて、どの階段で地上に出るか」まで入力しないといけないらしい。 入力後デラックスファイターをやっつけに行くが、基地の玄関の隣の壁に当たり吉田くんに「安いオモチャ以下」と言われて、失敗作になった。 上京してきたお袋 「総統の夢」のみに登場。 相手の里心につけ込み、デラックスファイターに「板長になった」とをつかせる程であったが、デラックスファイターに組織の軍資金を手渡してしまう。 デラックスファイターダーク 「総統の夢」のみに登場。 デラックスファイターと同じ能力を持ち、それ以上の攻撃力を持つ。 怪人としては成功した一体だが、性格は本物のデラックスファイター以上に悪党で、示談交渉にも応じない。 怪人反射男 「THE FROGMAN SHOW DS 〜だってしょうがないじゃない〜」のみに登場。 菩薩峠くんが持っていたと男を組み合わせて作った怪人。 その怪人の顔となる画面でレーザービームも跳ね返すことができる。 デラックスボンバーも跳ね返せるが、長時間の攻撃には耐え切れず、大破した。 壊れやすさから吉田くんは「のほうがいいですよね」と発言し総統があわててフォローする場面がある。 クリント・ウエストウッド 名前はのパロディー。 さわやかマナーキャンペーン「マナーの掟」に登場する「西日本征服専用怪人」。 だが本当に西日本に詳しいかはよくわからない。 カウボーイハットにJR西日本のの青色のに、JR西日本・の事実上のサブカラーのピンクのブーツという扮装。 ポンチョには白い「W」の字がある。 サイレントキラー サントリーの商品「胡麻麦茶」のCMに登場。 博士がサイレンと吉良コーズケの介()を合体させて作った怪人。 サイレントキラーとは血圧の高い状態により引き起こされるさまざまな害の総称である。 血圧が高い総統に忍び寄っていた。 怪人午後の再放送 の商品「エスプレッソーダ」のCMに登場。 午後の再放送のようなけだるいオーラを出して敵を感化させる怪人。 しかし、それ以上に吉田くんや総統が感化を受けてしまった。 博士が取り出したエスプレッソーダ(怪人製造マシンでとを合成して作ったらしい)を団員みんなが飲んだことでフレッシュな気分になり(デラックスファイター含む)、怪人も爽やかな「朝の生放送」に変化した。 ペットの人懐っこさをそなえた田所治夫とペットの従順さをそなえた中林恵蔵を合体させて作ったペット怪人。 容姿はNEO第26話に登場した陸上コーチそのものである。 総統に結婚相手を探してほしいとおねだりした。 怪人スロー犀星 劇場版第9弾に登場。 各シリーズ・劇場版のゲスト [ ] 他作品からのゲスト [ ] 作者が過去に制作した他作品のキャラクターと同名かつ同容姿のキャラクター(容姿のみ使いまわされる場合は含まない) 熊谷 作者が過去に制作した作品『宇宙食堂味よし』『社長と私』にも登場したキャラクター。 テレビ版第1シリーズの熊谷 第7話に登場したスクールバスの運転手。 目にバッテン傷がある。 第4シリーズに登場した熊谷とは容姿は同じだが別人。 テレビ版第4シリーズの熊谷 MAX第4話に初登場。 「阿武隈バイオ研究所」のしっかり者の助手。 第1シリーズに登場した熊谷とは別人。 常識的な性格で、阿武隈のツッコミ役に回る事が多い。 下記の阿武隈共々、主に画面に映る部分以外(下半身など)は描かれていない。 阿武隈ブヴァエモン 作者が過去に制作した作品『古墳ギャルのコフィー』『社長と私』にも登場したキャラクター。 『宇宙食堂味よし』の大将とも同じ容姿。 THE FROGMAN SHOW 一度登場していた。 MAX第4話に初登場。 世界征服組織「阿武隈バイオ研究所」のリーダーで、肩書は「博士」。 地球を環境破壊から守るために世界征服をもくろむ。 しかし、どこか抜けており、「鷹の爪団」を「腰の紐団」、「総統」を「総長」等と名前を読み間違えることが多い。 吉田くん曰く、MAX最終回に大きく絡んでくるらしい(実際に彼の作ったウイルス「コンビウイルス」が終盤のキーアイテムとなった)。 『』からの使いまわし レギュラーキャラクターの吉田くんやフィリップも『菅井君と家族石』からの使いまわし。 手抜田 第1シリーズ第1話から登場したニュースキャスター(このときの肩書は「記者」)。 名前の通り、手抜きで描かれたキャラクター。 第1話以降も度々登場している。 菅井家 テレビ版第1シリーズ第9話に登場した島根県在住の5人の黒人家族。 吉田くんが東京の会社で働いていることを聞き、30日以上歩いて東京へやって来た。 東京に着いたときには極度の空腹で、家族が「熊が食べたい」と言ったために博士が食われることになった(菅井家の母ちゃんはレオナルド博士より強い)。 小料理屋「文江」 小料理屋「文江」は蛙男商会の作品『』にも登場する。 文江 声 - 亜沙 蛙男商会の作品『週刊シマコー』にも登場したキャラクター。 劇場版第4弾に登場した小料理屋「文江」の女将。 主人に先立たれ、店を一人で切り盛りし、女手一つで息子を育てた未亡人。 岬区再開発のため店を立ち退きするよう黒光産業に詰め寄られているが断固として抵抗している。 また、その立ち退き騒動の関係上知り合ったデラックスファイターに惚れられている。 ツトム 劇場版第4弾に登場した文江の息子。 デラックスボンバーを駆使して岬区再開発予定地の住人を次々強制立ち退きさせるデラックスファイターを初めは嫌っていたが、デラックスファイターが「建設会社との雇用関係がなければ襲ったりしない」と発言し、店を守るようになってから非常にデラックスファイターに懐いている(ただし、デラックスファイターは彼の名前を最後の最後まで覚えなかった)。 成人男性のをキレのある右フックでえぐるように攻撃するのが得意。 『』からの使いまわし コフィー 『古墳GALのコフィー』における主人公で前方後円墳。 テレビ版第1シリーズの第10話(テレビ未放映)ではクリスマスにソリに乗って登場(セリフはなし)。 劇場版第4弾では今まで常に鷹の爪の劇場版と同時公開されていたコフィーシリーズが、今回に限り同時公開ではないことを知らせるために登場した。 なお、コフィーの声は相沢舞(第2期より)が務めているが、劇場版第4弾ではギャラが払えなかったという理由でFROGMANが行っている。 『GG』では相沢のオファーが間に合わなかったため、登場しなかった。 ダニエル 『古墳GALのコフィー』に登場する四隅突出型墳丘墓。 テレビ版第1シリーズの第10話(テレビ未放映)で、コフィーと一緒に登場(セリフはなし)。 劇場版第4弾でもコフィーと一緒に登場した。 『GG』にも登場した。 桶狭間 『古墳GALのコフィー』に登場する落ち武者。 劇場版第4弾でコフィー、ダニエルと一緒に登場し、『コフィー』の劇場版がないことにかなり立腹していた。 後藤ヘル代. jp第56話に登場。 『古墳GALのコフィー キャンパスライフ』からのゲストキャラクター。 本作ではという設定。 除霊の腕は確かだがその度に料金を取ろうとする。 他作品の番宣 [ ] 、 「」に登場。 それぞれ、総統とデラックスファイターに化け、『』の番宣をして帰った。 複数のシリーズ [ ] 手抜田記者 詳細は「」を参照 ゾフィー 吉田くんが女装した際の名前。 第5話で吉田くんの夢の中に現れた。 夢の中ではドイツ軍占領下フランスの歌手で、恋人のジャン・クロード(総統)がレジスタンスの作戦に駆り出されるのを涙で見送る。 カウントダウン第9話や劇場版1作目、EX第8話にも登場している。 テレビ未放映話に登場。 上空でコフィーとダニエルと一緒にソリに乗っていて子供たちにプレゼントを配りに行く途中、銀行強盗の人質にされた鷹の爪団の総統と吉田くんを助けた。 NEO第33話に再登場した際は、北極圏の自宅までやって来た鷹の爪団にクリスマスプレゼントを配る手伝いをさせた。 昔は空飛ぶソリを100台も連ねて、世界中の子供たちにクリスマスプレゼントを配っていた。 しかし近年は戦争や食糧危機のために子供たちから余裕が失われ、プレゼントのリクエストが減っていることを憂いている。 コフィー 詳細は「」を参照 サイトゥー 蛙男商会のアシスタントディレクター。 むかしの吉田くん第4話で描写の面倒くさいヤマタノオロチを描く役として紹介される。 その後、鷹の爪. jpの次回予告をする役で再登場するが、まともな予告をせずにというのがお決まりとなっている。 制作が配信に間に合わなかった第54話のお詫びコメントでは実写で初登場している。 重役 NEO第4話で初登場。 デラックスカンパニーの重役。 小太りと背が高い人物の2人でセットの事が多い。 デラックスファイターのお世話係のような存在で、同時に彼の会社でのツッコミ役でもある。 現場作業員 NEO第32話で初登場。 2人組の工事現場の作業員。 後述で傷だらけになったの落下現場に毎回現れては、落下場所に「ドリルで穴を開けるっぺ」と訛った口調でポイポン5ごと穴を開けようとドリルを当てて、のもう一人が「そこじゃないぞ」と言って、引き上げていく。 傷だらけになったポイポン5に止めを指すためのように出てくる。 その後もポイポン5が壊れるシーンでは毎回登場し、例え九条の仕業で街が崩壊していても現れる。 クララ 声 - MAX第11話に初登場。 ネバダ州ラスベガス一丁目の巨大冷やし中華工場の紅しょうが班長。 ダグラスと恋人関係でプロポーズされるも、ダグラスがアイスランドに行ってしまったため離れ離れになってしまう。 ダグラス MAX第11話に初登場。 ネバダ州ラスベガス一丁目の巨大冷やし中華工場の冷却主任。 クララにプロポーズするが、工場に冷却用のが導入されたためクビにされてしまう。 冷やし中華のない世界に行きたいと言ってアイスランドに行き、クララと離れ離れになってしまうが、後に復帰。 その後は冬に冷やし中華の魅力を中々世間に伝えられない苦労人として描かれる事が多い。 幼い頃からホットケーキさえ冷却していたという程、冷却には強い拘りを見せる。 なぜかクレイと共にバックミラーの基地に現れ、熱に弱い対ゾンビウイルスのワクチンを冷却した。 工場長 MAX第11話に初登場。 ネバダ州ラスベガス一丁目の巨大冷やし中華工場の工場長。 冷やし中華の冷却用コンピュータが導入されるため、冷やし担当のダグラスをクビにしてしまう。 ファイヤーマグナム EX第30話・DO第26話・GT第10話に登場。 全国を渡り歩いて悪党を懲らしめる流しの正義の味方。 本名は 山田一郎。 38歳。 変身に使用するはバッテリー式で、本人曰く「よりデリケート」であるらしい。 街中で偶然、鷹の爪団が世界征服の話をしているのを聞き、彼らを懲らしめようと秘密基地に乗り込んでくる。 霊吉 声 -. jp第56話に初登場。 アルバイト先でアセロラを貰ってきた総統に憑いてきた幽霊で、フィリップとは以前からの知り合い。 幽霊だが大概の人には見えて会話も出来る。 生前はゴースト又三郎というの職人だったが、オーダーメードに必要な縄を探して崖から落ちて落命。 最初の300年間はその場にとどまっていたが、その場から動けることに気づいてからは時間と場所に囚われないゴーストとして世界中を飛び回る幽霊ライフを満喫していた。 しかし、昭和に入ってから次第に存在が薄くなり、その打開策をに相談したところのが有効だと教わる。 現在の願いは人間に戻ってアセロラを味わうこと。 そのためにでフォロワー数1万人を目指した。 1万人を達成すると、霊吉はミジンコに生まれ変わったが、しばらくすると、食べられてまた、元の幽霊となってしまった。 劇場版第5弾では人間に生まれ変わることに成功し、鷹の爪団に別れを告げて姿を消した。 更に妊娠した百合が急にアセロラを食べたがる等、フィリップの子供が霊吉の生まれ変わりのような描写もある。 フェンダーミラー一味 [ ] フェンダーミラー将軍 テレビ版第1シリーズ第3話より登場したヨーロッパの某国 の将軍(階級は不明で、濃い灰色の軍服に赤い星のバッジが付いている)。 総統とは違い世界を私物化するために世界征服を企てる悪役で、菩薩峠くんを誘拐した張本人。 最終話で鷹の爪団とデラックスファイターにデスボールごと撃墜された。 メカフェンダーミラー テレビ版第1シリーズ最終話で鷹の爪団に成敗された際、彼のみデスボールから脱出に成功したものの体の損傷が激しく、全身機械のとなって復活したフェンダーミラー将軍。 右手が義手になっていて、下半身から顔を照らすライトが生えている。 世界の私物化を邪魔した総統を恨んで鷹の爪団を壊滅させようとしたが、酔っ払って寝ていたデラックスファイターが放ったデラックスボンバーによって再び成敗されたあげく、総統を巻き込む形で自爆し絶命した。 同作のオープニングではのオープニングに酷似した豪華な復活CGシーンが登場している(その復活CGシーンのせいで予算が半分になってしまったため、2作目以降はオープニングを短くしている)。 フェンダーミラーのクローン ピースボール内で生産されているフェンダーミラーのクローン。 そのうち6体が完全体となっているが、出し抜かれたり命令されることを嫌うため、仲が悪い。 メカフェンダーミラーから「黙れ! おそ松! 」とよく怒鳴られる。 メカフェンダーミラーを「オリジナル」と呼んで慕い、指示を仰ぐ。 戦闘時は緑色に変色して筋肉が増大し、吉田くんたちを追い詰めたが、パワーアップ(3DCG化)したソダイ量産型に成敗された。 バックミラー MAX第35話・37話・38話に登場。 かつて鷹の爪団によって倒されたフェンダーミラーの双子の兄で、阿武隈博士にゾンビウイルスを開発を要求し、弟のフェンダーミラーが成し遂げられなかった世界征服と鷹の爪団への復讐を果たそうとする。 理想は弟と同じ恐怖での世界征服だったが、掲げ方は「世界の貧困」を上げている。 最期は工事現場のおっさんのダム決壊によって水死した。 テレビ版第1シリーズ [ ] 辰巳重郎太 第3話に登場した辰巳コンツェルンの総裁。 容姿は『』の熊手川校長と同じだが、別人である。 鷹の爪団が怪人製造マシンで作った怪人「大空男」を、商店街を活性化させた功績を見込んで、引き抜いていった。 フェンダーミラー将軍 詳細は「」を参照 研究員 第3話より登場したフェンダーミラー将軍の部下で、菩薩峠くんが監禁されていた生物化学研究所の研究員。 第11話では、の職員に成りすまし再び菩薩峠くんを誘拐した。 『古墳GALのコフィー』第11話にも宇宙研究所の職員として登場している。 キミドリガメ(鷹の亀くん) 第4話より登場した。 元々はただのミドリガメだったが、ある日突然黄緑色になり二本足で立つようになった。 鷹の爪団はこの亀をテレビに紹介させ、関連グッズの売り上げや見物料を稼ぐと同時に知名度を全国的に広めることに成功した。 最終話で吉田くんが菩薩峠くんに別れのプレゼントとして贈った。 水鳥ルリ子 声 - 高松えりな 第7話に登場した目が大きく美人の校長先生。 悪の秘密結社の鷹の爪団を心優しく受け入れ、吉田くんと良い雰囲気になる。 しかしデラックスファイターに鷹の爪団は悪党だと吹き込まれてしまい、吉田くんたちを「虫けら! ウジムシ野郎! 」と罵倒し蹴飛ばし、総統は重症のままハゲタカに食べられていた。 元々このキャラクターはボツになった第1話の「エレベーターガールのふくらはぎだん団だ〜」というセリフ用に作ったキャラクターだった。 熊谷 詳細は「」を参照 黒手形ドボルボーグ 水鳥先生の亡父が残した借金を口実に、水鳥学園の学校と土地を狙う黒い男3人組。 最後はデラックスファイターに悪事を暴かれ、デラックスボンバーで吹き飛ばされてしまう。 この三人の男のモチーフは『』のポスター。 国内最大手の振り込み詐欺組織 オレオレ団 テレビ未放映話に登場した組織。 老人たちを騙して金を取ろうとしていた。 鷹の爪団によって成敗され(というより博士がオレオレ団から熊と呼ばれて脊髄反射で食い殺された)、騙し取っていた金を取り返された。 しかし、そこへ運悪く警察やデラックスファイターが乗り込んできてしまい、鷹の爪団が振り込め詐欺組織と勘違いされてしまった。 菅井家 詳細は「」を参照 山田部長 テレビ未放映話(ボツになった第1話)に登場した。 リストラで吉田くんをクビにした上司。 吉田くんに別れを告げた際「君ならきっと良い転職先が見つかるはずだ! 」と、唾を吐いて言った。 テレビ版第2シリーズ(カウントダウン) [ ] 新人先生 カウントダウン第1話に登場した組織犯罪専門の自己啓発講師。 団員の世界征服へのモチベーションの低下に危機感を抱いた総統が、団員に世界征服への情熱を取り戻してもらうために、自己啓発講師派遣のチラシを見てから呼び寄せた。 花より弾丸ジャー カウントダウン第2話から登場した草食系の正義の味方4人組。 通称、花弾。 草食系の癒しの力で正義を守っている。 時代のニーズを鷲掴みにしているため大人気。 吉田くんも大ファンである。 実は彼らの人気はサークルKKの大衆操作送信機によって引き起こされていたものであり、最終話で鷹の爪団の活躍で大衆操作送信機が破壊されると、忽ち人気をなくした。 韓流総統 カウントダウン3話に登場。 総統が目立ちすぎているという吉田くんの考えから、影の総統を立てることにした鷹の爪団が最初に連れてきた総統。

次の

吉田製作所(ヨシダヨシオ)の収入はどれくらい?顔写真は?

吉田くんの素顔

片恋〜栞編〜 26 告白 片恋〜栞編〜 26 告白 「……あの」 近付いた樹の向こうにいる筈の、吉田くんに向かって声をかける。 「焼きそばパンの人、ですよね?」 「……」 彼は否定しない。 「見ないから、手を出して下さい」 「?」 「これ、あげます」 吉田くんは、そっと手を出してくれた。 この手、やっぱり彼の手だ。 「……私が作ったお菓子なんです。 受け取ってください」 吉田くんの手の上に、ラッピングしたお菓子を乗せる。 「絶対に今日渡そうと思って」 今度は私があげる番だから。 「あの時、すごく嬉しかった。 元気になれたのも、あなたのお陰です」 「……」 元気出して、って言ってくれた吉田くんに、やっと言える。 「さっき言った事、本当なんです。 好きな人できたから、もう大丈夫」 振られて樹の陰で泣いていた時、教室にいられなくて逃げ出した昼休み、相沢くんを忘れようとした花火大会、怪我をして送ってくれた帰り道、いつもいつも傍に吉田くんがいてくれた。 「その人、すごく優しくて、照れ屋で可愛いんです」 胸が苦しくなるくらい優しくて、私の言葉に赤くなったり、照れた表情を見せてくれる吉田くんの、意外な素顔を知る度に大好きになっていく。 「それにかっこよくて、すごくモテるから……」 好きになってくれなくてもいい。 さっきまで告白しないつもりだったのに、吉田くんの姿を見たら、また負けてしまった。 屋上で吉田くんを好きだって認めた時と同じ。 もう降参するしかないよね。 「だからまた、振られちゃうかも」 聞いててね。 私の気持ち。 「好きなの、吉田くんの事が」 「……」 「顔見て言っちゃ……駄目?」 吉田くんは黙っていた。 綺麗な色の枯れ葉を踏みしめて、一歩ずつ彼に近付いていく。 樹の向こう側に……吉田くんはいた。 膝を抱えて小さくなってる。 顔は俯いていて私からは見えない。 でもやっぱり顔が見たい。 ごめんね。 あの時見ないでって言ってたのに。 でもどうしても伝えたいの。 彼の前に膝を着くと、彼が少しずつ顔を上げた。 やっと見れた、見たかった顔。 告白して心臓もすごく早くなって緊張してるけど、やっぱりこうして彼の顔を見ると、ほっとして自然に顔が綻んでしまう。 「この前言ってくれたこと、冗談じゃなかったら……私のこと、彼女にしてくれる?」 私の言葉に、吉田くんは何も言わずに、じっとこちらを見つめて茫然としている。 彼の顔はどんどん真っ赤になって、突然ごしごし制服の袖で目をこすった。 吉田くんの靴は上履きのまま。 泣いてたの? 涙を拭いて小さくなっている彼を見て、胸が痛くなる。 あんなにわからなかった筈の彼の気持ちが、今手に取るようにわかってしまった。 ノートに書いた文字の意味も、彼女になればって言ってくれた本当の気持ちも……。 彼はゆっくり傍に来て、震える手で私をそっと……抱き締めてくれた。 Copyright c 2009 nanoha all rights reserved.

次の