マイ ナンバー 暗証 番号 忘れ た。 私もそうだけど、マイナンバー暗証番号を忘れてしまうのは当然ではない

マイナンバーカードの申請方法、暗証番号は忘れずに。

マイ ナンバー 暗証 番号 忘れ た

1.マイナンバーカードの暗証番号とは そもそもマイナンバーカードの暗証番号とはいつ設定したもので、どんな時に使うものだったのかをおさらいしましょう。 (1)マイナンバーカードの暗証番号は4種類の英数字 マイナンバーカードの暗証番号は、 役所でカードを受け取る際に窓口で設定します。 番号はご 自身で選んだ英数字の組み合わせで、下記の4種類があります。 それぞれ難しくて長い名前がついていますが、違いを簡単に説明していきます。 「署名用電子証明書」用の暗証番号 「署名用電子証明書」とは、 インターネットで電子文書を作成・送信する時に「この電子文書は確かに自分が作成・送信した書類です」と証明するためにあります。 そして 署名用電子証明書暗証番号とは• 特別定額給付金のオンライン申請• e-Tax(オンライン確定申告) を利用する時等に必要な、 6~16文字の英数字の暗証番号です。 英字と数字を組み合わせる( 英数いずれも1文字以上は必ず使う)必要があり、英字は大文字を使います。 「利用者証明用電子証明書」用の暗証番号 「利用者証明用電子証明書」とは、 行政関連のインターネットサービスを利用する際「ログインした人が利用者本人であること」を証明するものです。 あなた以外の人があなたに成りすまして勝手に行政サービスのオンライン申請を行ったり、コンビニで住民票を勝手に引き出したりできないようにするためにあります。 利用者用電子証明書暗証番号とは、• したい時• を貰いたい時 に必要になる 4桁の数字です。 「住民基本台帳」用の暗証番号 住民基本台帳用暗証番号は役所で手続きを行う際、「住民票コード」という数字(一人一人の住民票に紐づいた数字)を呼び出すために使います。 住民基本台帳用暗証番号は、• 役所で転入・転出手続きをする時(引越し)• 役所でマイナンバーカードの住所や氏名を変更する時 などに必要になる 4桁の数字です。 「券面事項入力補助」用の暗証番号 「券面事項」とは、「券(=マイナンバーカード)」の「面(=表面)」に記載されている事項、つまり 住所、氏名、生年月日、性別、マイナンバーのこと。 券面事項入力補助用暗証番号とは、そうした基本的な情報を呼び出すためにある 4桁の数字です。 10万円給付のオンライン申請でもこの暗証番号を使えば住所や氏名を自動で読み込んでくれるため、手入力する手間を省略することができます。 その他、市区町村の窓口などでカードの更新などを行う際に、 申請者の情報が正確なのか照合するために用いられます。 4種類の暗証番号の内、「利用者用電子証明書暗証番号」「住民基本台帳用暗証番号」「券面事項入力補助用暗証番号」は 同じ番号に設定することができます。 (2)どうして4種類も暗証番号があるの? 何故必要? 「 暗証番号が4種類もあるのは多すぎる」と感じる方もいるでしょう。 こんなにたくさんの暗証番号が設定されている理由は、マイナンバーカードのICチップにあります。 マイナンバーカードの裏にあるICチップには「公的個人認証AP」「券面事項確認AP」「券面入力補助AP」「住基ネットAP」という 4つのアプリが入っています。 それぞれのアプリごとに異なる暗証番号を設定することでセキュリティの精度を高めるために、4種類もの暗証番号が設定されているのです。 (3)暗証番号を設定する時の注意点 4種類の暗証番号の内「」用の暗証番号は、 住所や氏名を変更すると自動的に失効してしまいます。 失効したあとに「署名用電子証明書」を使う時は、あらためて市区町村役場で暗証番号を設定する必要がありますので、 引越しなどの際は転入届の手続きとあわせてマイナンバーカードの住所変更も行うようにしましょう。 2.暗証番号を忘れてしまったらどうすればいい? 暗証番号を忘れてしまった場合はどうすればよいのでしょうか。 実際の対応方法を確認していきましょう。 (1)暗証番号を忘れたらどうすればいい? 確認方法は? マイナンバーカードの暗証番号を忘れてしまった場合、 役所にて再設定を行う必要があります。 暗証番号を確認・照会したり、忘れるたびに簡単にオンラインで再設定、というわけにはいかないようです。 (2)暗証番号の再設定方法 役所で暗証番号の再設定を行う時に必要なのは、• マイナンバーカード• 本人確認ができる証明書(免許証など) です。 この場合、 本人確認用の証明書は、マイナンバーカード以外のものである必要があります。 本人確認に使える書類については住民票がある市区町村役場のHPなどで事前に確認を行いましょう。 上記の書類を持って役所に行き、再設定の手続きを行いましょう。 SMS認証の導入でマイナバーカードの認証は便利になる? ここまで、• マイナンバーカードの認証には4種類の暗証番号が必要• 暗証番号を忘れてしまったら役所で再設定が必要• 暗証番号を間違えた時も役所でロックの解除が必要 ということをお伝えしてきましたが、 マイナンバーカードの暗証番号を「忘れた」「間違えた」「失効した」場合、 リセットのために必ず役所に行かなくてはならない という不便さが気になっている方も多いのではないでしょうか。 実際に、今回の10万円給付では暗証番号の失念、間違いによるロック、住所変更による失効によって混乱が起きていたようです。 もちろん、このように「 役所で本人確認を行ったうえで暗証番号を再設定する」ことには、「 認証の安全性を守る」という目的があります。 ですが今後、マイナンバーカードの利用シーンが広がっていくのなら(そしてそれを政府が求めているのなら)、 安全性と利便性を同時に追求してほしいというのが利用する側の当然の要望です。 利便性と安全性を同時に叶えるためには「SMS認証による二要素認証」を取り入れることが考えられます。 SMS認証とは、申請が行われた際に、登録した電話番号にSMSで認証コードが送信され、申請者が一定時間内にコードを入力することで認証を行うシステムです。 パスワードの認証・再設定にSMS認証を導入することによって、今以上に安全かつ便利な運用へと改善することを提言して、この記事を締めくくりたいと思います。 マイナンバーカードについては現在、「保険証としての利用」「引っ越し手続きの一元化」など、様々な利用の仕方が検討されています。 利用者・窓口担当者にとって本当に便利で安全な運用が今後検討されることを期待しましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は、• マイナンバーカードの暗証番号は受取時に自分で設定した英数字• 暗証番号はオンラインサービスや役所の手続きに必要• 暗証番号を忘れてしまったら役所で再設定が必要 ということをお伝えしました。 マイナンバーカードの暗証番号には大切な情報へのアクセス権がかかっているため、「 パスワードを忘れてもインターネットで簡単に再設定」 というわけにはいきません……が、マイナンバーカードにはなどのお得なサービス・もあります。 「いざという時に暗証番号が分からない」ということがないように、これからマイナンバーカードを作成する方はしっかりメモに控えることをおすすめします。 Ad Exchange.

次の

個人番号カード:暗証番号を忘れたとき、ロックされたときの解除手続き

マイ ナンバー 暗証 番号 忘れ た

2020. 1 追記 特別定額給付金の申請では、「署名用電子証明書」の機能を使用します。 そのため、マイナンバーカード作成時にこの機能を搭載しなかった方は「オンライン申請」できません。 もしもカード作成時に 「署名用電子証明書」を搭載しなかった方は、• 住民基本台帳• 券面事項入力補助用 の 2種類のみパスワードを設定しています。 もしこれらの暗証番号を忘れてしまい、 連続して3回(署名用電子証明書は5回)間違えると、ロックされてしまい 「暗証番号の再設定」が必要になります。 スポンサーリンク マイナンバーカードの暗証番号を忘れた時の確認方法! では本題ですが、もしも『マイナンバーカードの暗証番号を忘れてしまった』という場合にどうすれば良いのか。 結論から述べますと、 住民登録している市区町村役場へ行き、再設定手続きをするしか方法はありません。 ただし後ほど説明しますが、そもそも「」になっている可能性もありますので、その点も後ほど確認しておいて下さい。 暗証番号の再設定手続きに必要なもの 再設定手続き自体はとてもカンタンです。 以下の物を、「住民登録している市区役所or町村役場」に持参すれば再設定できます。 代理人が手続きする場合! 忙しくて役場に手続きに行けない場合は、代理人にお願いすることも出来ます。 ただし代理人による手続きの場合は、後日、本人宛に「新暗証番号の照会(確認)」がありますので、 申請当日には手続き完了しません。 委任状も必要となりますので、詳しくは自治体(市民課もしくは戸籍課)にご確認下さい。 この場合も、住民登録している役所での 暗証番号の初期化(再設定)が必要。 解除に持参するものは、で説明しているものと同様です。 なお、ロックが掛かった後に暗証番号を思い出したとしても、 一度ロックが掛かってしまった場合は初期化(再設定)が必要です。 また念のため、この後説明する「」も確認しておいて下さい。 暗証番号云々の前に、そもそもマイナンバーカードが使えなくなる要因もあります。 スポンサーリンク そもそも「マイナンバーカードが使えない状態(要因)」が3つある! さて、ここまでは「暗証番号の確認方法・ロック解除方法」を説明してきましたが、そもそもマイナンバーカードは以下の3つの要因で使えなくなります。 手続きしているかどうか、今一度確認してみましょう。 氏名・住所変更時の手続き不備は無いか? 一番多い手続き不備としては、• 結婚・離婚等による「氏名変更」時の手続き不備• 引越しによる「住所変更」時の手続き不備 が挙げられます。 氏名や住所が変更された場合は、 搭載されている「署名用電子証明書」という機能が失効してしまいます。 「署名用電子証明書」の中に、氏名や住所の情報が登録されており、それを後に変更が出来ない仕組みだからです。 決められた期限内に手続きしなかった場合は、マイナンバーカードが失効しますので要注意です。 人気の関連ページ!• 有効期限がある! マイナンバーカードには、• マイナンバーカードそのものの有効期限• 電子証明書の有効期限 という2つの有効期限があります。 そのため、カードそのものが使えなくなったり、電子証明書の機能が使えなくなる可能性があります。 「カードそのものの有効期限」「電子証明書の有効期限」は、それぞれカードの表面に印字されています。 人気の関連ページ! >> スポンサーリンク マイナンバーカードの暗証番号を変更する方法! 最後は、マイナンバーカードの「暗証番号の変更方法」についてです。 これはあくまでも、現在の暗証番号が把握している場合のみ出来る手続きであり、暗証番号を把握していない方は「」をご確認下さい。 暗証番号の変更手続きの流れ! 暗証番号の変更手続きはとてもカンタンです。 変更手続きとしては、• パソコンからの手続き• スマートフォン(Androidのみ)からの手続き• 市区役所もしくは村町役場での手続き の3通りありますが、 オススメは役所・役場での手続きです。 なぜなら、• パソコンやスマートフォンで手続きする場合は「クライアントソフト」のダウンロードが必要• パソコンの場合、その他に「ICカードリーダライタ」が必要 であり、 手続きが非常に面倒になるからです。 パソコン・スマートフォンから手続きする場合 パソコン・スマホからの手続きはあまりオススメしませんが、手続きする場合は以下ページへお進み下さい。 (マイナンバーカード自体が身分証明書を兼ねているため) ただし暗証番号を変更する場合は、 「変更前の暗証番号」が必要です。 当日暗証番号が分からない場合は「再設定」が必要となりますので、不安な方は、 マイナンバーカード以外にもう一つ身分証明書(免許証やパスポートなど)を持参して下さい。 最後に簡単にまとめると…• マイナンバーカードには4種類の機能があり、それぞれに暗証番号がある• 2つの「電子証明書」については機能の有無を選べ、場合によっては暗証番号が2つや3つの人もいる• 暗証番号を忘れた場合は、役所での「再設定手続き」が必要となる• 3回連続で間違った場合はロックが掛かる(署名用電子証明書は5回連続)• ロックが掛かった場合は、役所での「初期化(再設定)」が必要となる• 氏名・住所変更時に手続きしなかった場合、「署名用電子証明書」の機能は失効している可能性がある• 住所変更時に「継続利用手続き」しなかった場合は、マイナンバーカード自体が失効している可能性がある• マイナンバーカードには「カードの有効期限」「機能の有効期限」が存在している• 暗証番号の変更は、役所での手続きが最も簡単でオススメである 当サイトでは、マイナンバーカードについて分かりやすくまとめていますので、ぜひ他のページもご確認下さい。 人気の関連ページ!• スポンサーリンク.

次の

マイナンバーに関するよくある質問|日野市公式ホームページ

マイ ナンバー 暗証 番号 忘れ た

マイナンバーの暗証番号を忘れた、失くした 暗証番号を忘れた場合 マイナンバーカードに設定した暗証番号を忘れてしまった場合や暗証番号の入力を連続で間違えた(ロックがかかった)場合、暗証番号の再設定が必要です。 暗証番号の再設定手続きは、お住まいの区の区役所戸籍課窓口で受け付けています。 マイナンバーカードを紛失した場合• 個人番号カードコールセンターへご連絡• 警察に遺失届を提出• 受理番号を控える• お住まいの市区町村へ届け出をして、通知カードの再発行手続きする 24時間365日体制にてマイナンバーカードの一時利用停止を受付しています マイナンバー総合フリーダイヤル:0120-95-0178 他人に見られても悪用できない仕組み うら面のマイナンバーを他人にみられたら? 本人確認が必要 マイナンバーを使う手続きでは、 顔写真付きの身分証明書での本人確認が必要です。 マイナンバーだけでは手続きはできないのです。 必ず身分証等による身元確認を行うことが義務づけられているので、なりすましを防いでいます。 マイナンバーの利用範囲や、収集・保管などは法令で厳しく制限 マイナンバーの利用範囲や、収集・保管などは法令で厳しく制限されています。 他人があなたのマイナンバーを使って手続きすることは非常に困難です! 悪用したら厳しい罰則 マイナンバーを悪用したら厳しい罰則があります。 例えば、マイナンバーを扱うことができる人が自分または誰かの不正な利益のためにマイナンバーを提供した場合は、3年以下の懲役か150万円以下の罰金、もしくは両方が科されます。 不正に情報を読み出そうとするとICチップが壊れる 他人が、あなたのマイナンバーカードから情報を盗み出そうとすると、ICチップが自ら壊れる仕組みになっています。 マイナンバーで個人情報の監視はできない マイナンバー制度は個人情報を1カ所に集めて管理できない マイナンバー制度はあなたの情報を1カ所に集めて管理する仕組みではありません。 個人情報は各機関で分散して管理しているので手続きを受け付ける行政職員だけが、その手続きに必要な情報に限ってアクセスすることが許されています。 万が一どこかの機関でマイナンバーを含む個人情報が漏えいしたとしても、そこから芋づる式に情報が漏れることはありません。 不正なアクセスが行われないように、第三者機関の「個人情報保護委員会」が監視・監督しています。 ICチップには、プライバシー性の高い情報は入っていない マイナンバーカードのICチップに記録されるのは「住所氏名」といったマイナンバーカードに記載されている情報などで、税金や年金などのプライバシー性の高い個人情報は記録されません。 健康保険証として使えるようになっても、検診結果や薬剤情報がICチップに入ることはないです。

次の