ご査収いただきますよう。 「ご確認の上」の意味・使い方・例文|ご確認の上ご査収/ご検討〜等

「ご査収いただきますようお願い申し上げます」意味と使い方・例文

ご査収いただきますよう

この記事の目次• ようはどちらも「受け取ってほしい」ということなのですが、あまりに乱暴なのでもう少しくわしく解説します。 単語をバラして意味を考えてみると…• 査収の 「査」は「調査・検査・精査」などで使われる通り 何かをよく確認すること• 査収の 「収」は「収集・収める」などで使われるように 何かを受け取ること• この「査収」に尊敬語「お・ご」を使うと 「ご査収」という敬語の完成 つまり「ご査収ください」だと意味は… 「よく確認して受け取ってほしい」のように解釈できます。 むずかしければ「ご査収=受け取ること」だとお考えください。 使い方は上司や取引先に何かしらの依頼・お願いをするビジネスシーンで使われます。 「ご査収いただきますよう」の敬語を細かくみていくと、以下のような成り立ちです。 丁寧語「ます」+「~ように」で「ご査収くださいますよう」 尊敬語をうまくつかい、この上なく丁寧な敬語表現となっていることがわかります。 「ご査収ください」単体としての意味は「〜してくれ」「〜して欲しい」の丁寧な言いまわしと考えることができます。 ところが、 「ご査収ください」は敬語ではあるものの、結局のところ命令形であるために強い口調となります。 そこで「ますようにお願い」と続けることで「お願い」とすり替え、やんわ〜りとした表現にしています。 とても丁寧な敬語フレーズと言えますね。 したがって目上(上司・先輩・取引先)やビジネスメールにふさわしい敬語フレーズです。 ちなみに「ご査収」の「お(ご)」は謙譲語と尊敬語の使い方があります。 ここでは「相手が〜してくれる」というように相手を主語にしているため尊敬語としての使い方です。 いい加減しつこいのですが、だからといって言いたいことは全く同じなわけです。 したがって、 敬語の使い方には違いはあれど、どちらもひとしく丁寧な敬語であり目上・上司・社外取引先につかえるフレーズです。 ただ少しニュアンスの違いがあるよ、ということですね。 ただし「ご査収ください」は目上に使わないほうが無難。 「〜ください」は命令形「~してくれ」の尊敬語であり、敬語としてはなりたっています… ただやっぱり命令形は命令形であり、なかには失礼だと感じる目上のヒトもいるでしょうからね(完全にヒトによります) 「ください」は敬語ではあるものの結局のところ命令形であるために、どうしても強い口調となります。 「ご査収くださいますようお願い申し上げます」「ご査収いただきますようお願い申し上げます」「ご査収いただければ幸いです」などとして使うとすばらしい敬語表現となります。 あるいは上司・目上など社内コミュニケーション、親しい取引先にもOK。 が、ビジネスメールにおいてはより堅苦しい敬語フレーズが好まれます。 なぜならメールは会話と違い、態度で敬意をしめすことができないから。 メールにおいては丁寧な敬語フレーズを使うことが上司や目上のひとにたいする最大限の配慮なのです。 とくに、 あまり親睦のない取引先への社外メールや、きびしい上司・目上へのビジネスメールには言い換えするほうが無難です。 相手に「受け取っててほしい」、つまり何かしらのお願い・依頼ビジネスメールに使うフレーズですので、より丁寧な文章を心がけたいものです。 謙譲語は自分の動作を低めて相手を敬うため、基本は自分の動作にしか使えない• 「ご査収いただきますよう〜」は相手の動作に謙譲語を使うことになり、おかしい? ということです。 正しい敬語である根拠 まずは結論だけ述べますが「ご査収いただきますよう」は間違った謙譲語ではありません。 「ご査収いただく」は 「私が相手に受け取ってもらう」という意味。 自分が上司・目上・取引先など相手に「〜してもらう」の主語は自分であるハズ。 したがって自分を低めて上司・目上・取引先をたてる謙譲語「いただく」をつかいます。 ちなみに尊敬語をつかって相手の行為をたてるのであれば… 「ご査収くださる=相手が受け取ってくださる」をつかえばOK。 謙譲語にも「お(ご)」という使い方がある ややこしいので基本的な敬語の使い方についてくわしく解説を。 じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お(ご)」の使い方があります。 謙譲語としての「お(ご)」の使い方はたとえば、 「会議日程の ご連絡」 「忘年会開催の お知らせ」 「販売状況の ご報告」 「転勤の ご挨拶」 「貴社ご訪問の お願い」 こんな感じのフレーズがあります。 よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。 ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご挨拶」するため「お(ご)」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。 これは、 謙譲語「お(ご)」の使い方を知らないためにくる勘違いです。 尊敬語の「お(ご)」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。 他にもあるセットで謙譲語となるフレーズ 謙譲語の「お・ご」は尊敬語の「お・ご」と勘違いしやすい敬語です。 他にもセットで謙譲語として覚えておくと役に立つフレーズを以下にまとめます。 たとえば「了承」「連絡」「確認」「検討」「容赦」「査収」「取り計らい」など。 ここで(お・ご)と( )書きにしているフレーズは「お・ご」があってもなくても敬語としては丁寧。 また丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 ちなみに、これは文化庁の「敬語の指針」においても解説されています。 私のような頭の悪い人には難しいのですが、ご興味ありましたら以下のリンクよりどうぞ。 どの例文も上司や目上・取引先などのビジネスメールに使える丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 すでに登場した例文もありますが、いちおう全てをまとめておきます。 じつは自分が受け取るときには「ご査収」ではなく「拝受=受け取るの意味のへりくだった表現」あるいは普通に「受け取る」の敬語をつかいます。 「査収いたします」でも合っているとは思いますけど、私は見たことがありません。 自分が受け取るときには、受け取るものの中身におうじて「受領」「受理」「領収」などもつかえます。 ちなみに敬語「拝受いたします」は自分が「受け取る」ときにつかいます。 相手に「受け取ってもらう」としたいときには… 「ご査収いただく=受け取ってもらう」 「ご査収くださる=受け取ってくれる」 という敬語をつかいます。 【例文】お受け取りいたしかねます 意味は「受け取ることができません」• 【例文】心苦しい限りではございますがお受け取りいたしかねます 意味は「受け取ることができません」• 【例文】せっかくのお心遣いを頂いておきながら非礼この上ないことと存じますが、お受け取りいたしかねます 意味は「受け取ることができません」• 【例文】あいにく別件がありお受け取りすることが大変困難でございます 意味は「受け取ることがとても難しいです」 などを使います。 ここでも「ご査収」をつかわず「受け取る」をつかった敬語フレーズをつかいますね。 「ご査収いたしかねます」というフレーズは今までつかったことがありません(間違いではないかもしれませんけど)。 また「〜いたしかねる(兼ねる)」は「~することができない」という意味の敬語。 否定語であり「〜しかねる」の謙譲語です。 たとえば、• 【例文】お応えいたしかねます 意味は「添うことができません」• 【例文】お受けいたしかねます 意味は「受けることができません」• 【例文】ご対応いたしかねます 意味は「対応することができません」 などのようにして使います。 ビジネスメールでは例文のように丁寧語「ます」をくっつけて「〜いたしかねます」として使うのが一般的 「〜しかねる」自体は敬語でもなんでもありませんが「できません」よりも丁寧に聞こえるため重宝するフレーズです。 例文「 ご査収くださいますようお願い申し上げます」 意味は「受け取ってくれるようお願いします」• 例文「 ご査収をお願い致します」 意味は「受け取ってほしい、お願いします」• 例文「 ご査収いただきますようお願い申し上げます」 意味は「受け取ってもらうようお願いします」• 例文「 ご査収賜りますようお願い申し上げます」 意味は「受け取ってもらうようお願いします」• 例文「 ご査収の程お願い申し上げます」 意味は「受け取ってくれるよう、お願いします」• 例文「 ご査収いただければ幸いです」 意味は「受け取ってもらえたら嬉しいです」• 例文「 ご査収いただきたく存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「受け取ってもらいたいと思います」• 例文「 ご査収いただければと存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「受け取ってもらえたらと思います」 のようにお願いすると丁寧です。 「ご査収いただければ幸いです」「ご査収賜りますようお願い申し上げます」がもっとも丁寧な敬語であり、あとはほぼ等しいレベル。 まぁ、ようするに「受け取ってね!よろしく」という意味なのです。 たとえば、• 例文「 ご査収ありがとうございます」 例文「 ご査収いただきありがとうございます」 例文「 ご査収いただきましてありがとうございました」 例文「 ご査収賜りましてありがとうございました」 例文「 ご査収くださいましてありがとうございました」 のようにビジネスメール書き出しの挨拶にお礼として使うと丁寧です。 まぁ、ようするに「受け取ってくれてありがとう!」という意味なのです。 ほんの一例ですが他にもある使い方を例文にまとめておきます。

次の

【例文あり】もう間違えない!「ご査収」の正しい意味と使い方

ご査収いただきますよう

仕事上、文書や会議などで出てくる言葉「ご査収」。 どんな意味と使い方があるか分かりますか? さすがに、日常生活で使われることはありませんが、仕事で使われているとなると間違って使うわけにはいきませんよね。 ここでは、「ご査収」の意味や使い方などを紹介いたします。 まずは読みからおさえておきましょう。 平たく言えば「ちゃんと受け取ってね!」ということですでしょう。 メールで資料や請求書などを送る際に活用できますね。 「ご査収」という言葉の仕事上での正しい使い方は? 上記では、まず「ご査収」の意味について紹介しましたので、この「ご査収」の意味に関しては理解できたと思いますが、次に、「ご査収」をどのような時に試用したら良いのか使い方をご紹介いたしますので、「ご査収」の使い方についてしっかりとみていきましょう。 「明日に使う資料になります。 ご査収ください」 上記の一文のように、「ご査収」という言葉は使っていくのですが、気をつけて欲しいポイントとして、具体的に明確に「ご査収」を使うという事です。 具体的に確認してほしい内容を書くと親切です。 了承済みのものは「ご確認願います」 ここがポイントになりますが、ご査収の正しい使い方は、相手がまだその事項(書類)を見ていない、あるいは確認して回答をしていない場合のみです。 例えば…議事録は一度相手と打ち合わせをして、了承のサインをもらっている場合は「ご査収下さい」が適切な使い方ではなく、「ご確認願います」です。 「ご査収」の間違った使い方は? 上記では、「ご査収」についての正しい使い方を紹介しましたが、それだけではなく、間違った「ご査収」の使い方も覚えておきましょう。 最後に、「ご査収」の使い方として間違っているものをご紹介いたします。 調べるものがないものは「ご査収」を使わない 調べるものがないものは「ご査収」を使わないという点もしっかりと覚えておきましょう。 たとえば、添付ファイルなどがない場合に、「よろしくご査収ください」などと言われても、「何をよく調べればいいの?」となりますし、日程などを送っている場合は「ご確認ください。 」で十分ですので、こういった間違いは意外と多いですので、しっかりと気をつけておきましょう。 ご査収の上よろしくご手配を賜りますようお願い申し上げますは間違ってないけど・・・ 正確には間違っていないのですが、 「ご査収の上よろしくご手配を賜りますようお願い申し上げます」「ご査収」は固くし過ぎです。 今回は、「ご査収」という言葉の仕事上での正しい意味と使い方について紹介しましたが、これでいきなり「ご査収」を使われてもハラハラすることはありませんね。 言葉遣いは、ビジネス上でかなり大事な要素であり、また間違ったまま使っている人も多いですので、この機会に「ご査収」の使い方や意味などをおさえれ、しっかりと「ご査収」を使えるようにしておきましょう。 「ご査収」の正しい意味を理解して是非あなたも使ってみてください。

次の

「ご査収」という言葉の仕事上での正しい意味と使い方

ご査収いただきますよう

「ご査収」の意味とは? 「ご査収」の読み方は「ごさしゅう」です。 ビジネスメールで実によく見かける表現ですが、どういった意味があるのでしょう。 「ご査収」の意味は「よく確認し、受け取る」 「ご査収」には、よく確認し、理解した上で受け取ってください、という意味があります。 かみ砕いてみると、「ご査収」の「査」は調べる・理解するという意味、「収」は受け取る・収めるという意味です。 それに、丁寧の接頭辞「ご(御)」がついているので、敬語としてビジネスシーンでも問題なく使える表現になっています。 「ご査収」は添付資料が前提 「受け取ってください」という意味の「ご査収」は、何か資料を添付していることが前提の表現です。 メールの場合は添付ファイルが、郵送の場合は何かしらの添付書類が必要です。 中には、添付ファイルのない状態でも、「ご査収ください」というメールを送る人がいますが、これは誤りです。 先方に受け取ってもらうもの(添付ファイルや文書)がない場合には使用することはできません。 詳しく調べる必要がない時は「ご確認」 「ご査収」は、調べたり確認したりした上で受け取るという意味ですので、よく調べる必要がない場合にも、厳密にいうと使用できません。 たとえば、資料を添付している場合でも、以前の資料を微修正しただけという場合には、不向きです。 よく調べる必要がない場合には、「ご確認ください」を使うのが適切です。 情報共有程度という場合には使わないほうがベターです。 「ご査収」はどう使う?使用例文 実際に「ご査収」をビジネスシーンで使う場合には、どういった文章にすればよいのでしょう。 よくある使用例をもとに紹介していきます。 「ご査収ください」が一般的 「ご査収」は、「ご査収ください」という表現が最もよく使用されています。 敬語表現として目上の人にも使うことができますが、どちらかというと社内の目上の人など、比較的近い間柄で使われる表現です。 「ご査収くださいませ」とすると、やや丁寧なニュアンスが加わります。 「資料を添付しておりますので、ご査収くださいませ」という言い回しが可能です。 「ご査収の程よろしくお願い致します」もよく使う 「ご査収」を使った表現には、「ご査収の程よろしくお願いいたします」という言い方もあります。 こちらもよく目にする表現で、取引先の人にも使える表現です。 「~の程(のほど)」という言葉が、文章を和らげる役割を担っているのがポイントです。 同様の表現では、「ご査収くださいますようお願い申し上げます」もよく使用されます。 「ご査収いただければ幸いです」は非常に丁寧 先に紹介した言い回しも丁寧な表現ではありますが、より一層丁寧な表現にしたい場合には、「ご査収いただければ幸いです」という言い方をします。 たとえば、「御見積書を添付いたしましたので、ご査収いただければ幸いです。 何卒よろしくお願いいたします」という風に使うことができます。 取引先の部長やこれから取引をスタートする相手など、より配慮が必要な相手におすすめの表現です。 依頼では「ご査収の上、よろしく~」 確認して受け取った上で、何か対応を依頼したい場合には、「ご査収の上、よろしく~の程お願いいたします」という表現を使用します。 たとえば、「ご査収の上、よろしくご連絡の程お願いいたします」とすると、折り返し連絡が欲しいという意味です。 「ご査収の上、よろしくご手配を賜りますようお願い申し上げます」は、何か手配をお願いしたい場合に使います。 「ご査収ください」に対する返事の書き方 「ご査収ください」とされたメールを受け取った場合には、まず添付資料の確認をしますが、返事はどう書けばよいのでしょう。 返事の書き方は次の通りです。 中身を確認したことが分かるようにする 「ご査収ください」とされたメールには、添付された資料を確認したことが分かるような返信をするのがポイントです。 まずは、「確かに頂きました」と受け取った旨を記載します。 その上で、「特に問題ございませんでした。 ご送付いただき、ありがとうございました」や「大変丁寧にまとめていただき感謝申し上げます」と内容もチェック済みであることを書きましょう。 「受け取った」という意味では、「拝受しました」「拝見しました」という表現も便利です。 訂正箇所は返信メールに書いてOK 送られた資料に不備があった場合には、返信メールで修正を依頼しても問題ありません。 たとえば、「資料の送付ありがとうございました。 内容を確認させていただきましたが、1点修正のお願いがございます」などと切り出した上で、修正内容を明記しましょう。 「ご査収」の類語・英語表現は? 「ご査収」という言葉はビジネスシーンではよく見かけますが、言い換えたい場合や英文メールではどういった表現が適切なのでしょう。 類語・英語表現を紹介します。 類語は「お受け取りください」 「ご査収」の類語は、受け取るという意味の「お受け取りください」です。 メールで使うのであれば、「ご確認の上、お受け取りください」という風にします。 また、「内容をご確認いただけますと幸いです」や「ご検討の程、よろしくお願いいたします」という表現が使えることもあります。 目上の人には「御高覧ください」も使える 目上の人に「目を通してください」「確認してください」と言いたい場合には、「御高覧ください」という表現が使えます。 たとえば、「弊社の新しいコーポレートサイトが完成しました。 ぜひ御高覧ください」や「新しいご提案書を作成いたしましたので、御高覧ください」という使い方が可能です。 丁寧な表現では「ご笑納ください」 より丁寧な表現を使用するのであれば、「ご笑納ください」という言い方もあります。 「ご笑納」は「ごしょうのう」と読み、「つまらないものですが、笑って納めてください」という意味です。 「受け取ってください」の丁寧な表現ではありますが、ビジネスではあまり使えるようなシーンがないかもしれません。 たとえば、手土産を渡す際などに、「ささやかですがご笑納いただければ幸いです」などという風に使います。 英語では「refer to」を使う 英語で「ご査収」という場合には、「参照する」という意味の「refer to~」を使用します。 「Please kindly refer to the attachment s. (添付ファイルをご参照ください)」は、英文メールではよく見られる表現です。 この場合、「the attachment s 」が添付ファイルという意味になります。 また、「see」という単語を使い、「Please see the attached file 」という言い方をすることもあります。 まとめ 「ご査収ください」という言い方は、ビジネスメールでよく使用する表現ですが、一方で誤用もちらほら見受けられます。 添付ファイル(添付資料)があることが前提となりますので、注意してください。

次の