ソー エンド ゲーム。 【ネタばれ注意】『アベンジャーズ/エンドゲーム』の小ネタ・イースターエッグ総まとめ

キャプテン・アメリカがソーのハンマーを持ち上げられた理由

ソー エンド ゲーム

『エンドゲーム』でソーが激太り!? で ドラックス「ハンサムで筋肉質。 天使と海賊の子供みたいだ」 とドラックスに絶賛され、ガモーラに ガモーラ「コタティ族のメタルファイバーみたい」 と言わしめたその美しい筋肉は見る影もなく、 1か月に1度、ビールを取りに来る以外は部屋から出てこない生活を5年送っていたソーは激太りしてしまっています・・・。 とんでもないビール腹。 もはやただの中年体型、完全なメタボです。 ロケット「ブタまっしぐらだろ?」 ドラックス「お前太ったぞ?」 と言われたクイル演じるクリス・プラットのぽっちゃりレベルではなく、完全に激太りしてしまったソー。 タイムトラベルして拘束されたロキの前をコソコソ歩いていく丸い体型はコメディとしては笑えるのですが、泣けてきます・・・。 スポンサーリンク 「はみ出すなリボウスキ」のリボウスキって? アベンジャーズメンバー全員でタイムトラベルするための量子装置を作っている際、アベンジャーズ本部に戻ったソーに、トニーが トニー「はみ出すな、リボウスキ」 と言っています。 「リボウスキ」というのは、 1998年のコーエン兄弟監督の映画『ビッグ・リボウスキ』のリボウスキのことかと。 確かに似てるけど似てるけど・・・!! あれコメディ映画だからな・・・!? ソーはコメディじゃない・・・!!(涙) スポンサーリンク 【考察】ソーの太った体型は特殊メイク?CG?動画で答え合わせ! クリス・ヘムズワースが太るには期間が短い 気になるのが、ソーのこの体型はガチで太らせているのか、それとも特殊メイクやCGでなのか? ソー演じるクリス・ヘムズワースは、 週に5日アスリート並みのメニューのハードな筋トレをこなしているそうで、• 身長:191cm• 体重:97kg• BMI:26. 59 という見事な肉体美です。 とかマジで彫刻みたいな筋肉してます。 そして、彼の前後の出演作を見てみると、 のテッサ・トンプソンと共演する 2019年6月14日公開の『メン・イン・ブラック:インターナショナル』では、相変わらず美しい肉体美を披露しています。 2018年10月12日米公開の『ホテル・エルロワイヤル』でも肉体美は健在。 そう、 体重を増やして戻すには期間があまりに短いんですよね。 いや、プロ中のプロたるハリウッド俳優はやります。 やるでしょうが、 さすがにちょっと短期間過ぎる気がします。 スポンサーリンク 実はソーの顔は太っていない!? そして気になるのが、 ソーの体は太ったのに、 顔は全然太っていないこと。 ごく当たり前のことなんですが、体だけ太らせるということは不可能なんですよね。 当然、体重を増やせば顔も太ります。 が! ソーの顔はそのままです。 ソーのひげと長髪は、 太ったあごと顔周りをごまかすためなのか、 ファンサービスなのか、 単純に5年の歳月を表現するためなのか、 微妙なところなんですよね~~~。 サノスとのラストバトルとか見てると、足とか結構普通です。 となると、やはり 特殊メイク説が濃厚ではないかと。 スポンサーリンク 太った役作りをした俳優たちと比較してみる 2009年公開の『サブウェイ123 激突』に、25ポンド(約11kg)体重を増やして臨んだデンゼル・ワシントン、 2018年公開の『バイス』に、2017年4月から約半年かけて20キロ増量させたクリスチャン・ベール、 いずれも顔も太っています。 実はゲイリー、この時 太ってないんです。 ビックリしますよね。 彼による特殊メイクなんです、これ。 辻さんがいなければチャーチルはできないということで、ゲイリー自らオファーしています。 映画の特殊メイクやばい・・・!! クリスチャン・ベールは当時、チャーチルに扮したゲイリーに相談したそうで、 クリスチャン・ベール「僕らの役へのアプローチは、まったく違っていた。 僕は自分自身の体重を増やす以外にやり方を知らなかったんだよ!ゲイリーに電話して『(ウィンストン・チャーチルの)役をやる時はどのくらい太った?』と聞いたら、『太ってない』と。 僕は『なんだって?』と思った。 もうすでに増量を始めてた自分がバカみたいだよ。 (映画の特殊メイクが)こんなに進歩していたのを知らなかったんだ」 引用元:映画. com ということで、 のクリス・ヘムズワースに関しては、 結論としては特殊メイク+CGが濃厚ではないかと思われます。 ただ太るだけなら特殊メイクだけでOKなんですが、 ソーには太ってなお、なぜかシックスパックが存在しているので、筋肉をCGで足したのでは?と。 やっぱり太ってませんでした。 スポンサーリンク 最後まで太った体型だったソー ただ、気になるのが太ってないならラスト、元の体型に戻しても良かったんじゃ?と思うんですが、 最後まで太った体型のままっていう・・・。 いや、神だからサノスとのバトルで劇的にカロリー消費して元に戻った!とかでも全然アリじゃないかと。 あんなに太ったらそんなすぐに戻れるかい、なんてそんなリアリティいらない・・・! むしろ一度でいいからカッコいいソーを最後に見せてほしかった・・・!!!(涙) まあでも神がここまで自制できないなら人間なんて太って当たり前じゃね? とちょっと思いました。 スポンサーリンク ソーが激太りした原因は? 激太りの原因はやはりサノスでしょうね。 で父オーディンを失い、姉ヘラを失い、アスガルドを滅ぼされっていたソーが、 サノスに襲撃され、で義弟ロキと友人ヘイムダルを失い、アスガルドの民を半分虐殺され、 ソーのメンタルはボロボロだったのでしょう・・・。 自らサノスの首を狩ったにもかかわらず、まるでタイムトラベルでサノスが再び現れるのを予期していたかのように、サノスを恐れ、酒に溺れていきます。 ・・・というのはそれはあくまで表向き。 大人の事情としては、通常状態のソーなら、 過去の2014年サノスならアッサリ倒してふつーにガントレットはめて指パッチンできるから じゃないかと思います。 つまり、 ソーの激太りは彼の戦力を削ぐためだったとしか思えないんですよね・・・。 でストームブレイカーを手に入れてソーはレベルが上がり過ぎました。 ヘラにやられた右目もロケットのおかげで戻ったし、 ストームブレイカーにはビフレストの力も備わっているので空間の移動は自由自在だし、 インフィニティ・ストーン持ってないサノスなら絶対勝てそう。 太ったせいで飛べないし、 ストームブレイカーで逆にサノスに殺されそうになる始末・・・。 おいしいところは全部スティーブに持って行かれるし、 ソーのピークは完全にでしたね・・・(涙) ソーの心の傷はありあまるほどわかる。 家族も故郷も守るべき民も友人も、失いすぎた。 でもだからって、だからって、 11年続いたシリーズの最後の最後に激太りって・・・!!! もう涙しかない・・・。

次の

クリス・ヘムズワース、『アベンジャーズ/エンドゲーム』で〇〇なソーをキープするために戦った

ソー エンド ゲーム

設定ではなく、撮影技法のお話です。 マーベル・ヒーローたちが、過去に敗北した宿敵サノスに挑む物語『』。 世界にはさまざな 変化がありました。 はい、もっとも変化していたのは 激しくメタボになったアスガルドの王 マイティ・ソーですね(?)。 タイカ・ワイティティ監督がメガホンを取ってから、コメディー・リリーフになってしまったソー。 この太り方には、いったいどんな秘密が隠されていたのでしょう? まさかクリス・ヘムズワーズが本当にあそこまで肥えたのならスゴいことですが……。 Video: ゲームメディアのが公開したメイキング映像によると、実は特殊メイクの 肉襦袢を着込んでいたんですね。 皮の質感や下腹のダルダル下限が超リアルです。 しかも重さはなんと 30kg以上あるというので、カメラが回っていないときは椅子に座って休んでいる様子も映りました。 本人は「 これまでで一番暑かった」とのこと。 また顔も太らせるためにほっぺたの内側に 詰め物をし、これが声を野太くなるような効果ももたらしたようです。 劇中どっかでまたマッチョな以前のソーに戻るのかな?と思っていましたが、結局ブロー・ソー(太ったソーの呼び方)を突き通しました。 2021年の次回作でがを握るのは、この 皮下脂肪が原因なんじゃ……? Source:• Tags :•

次の

アベンジャーズ/エンドゲーム後はどうなる?

ソー エンド ゲーム

インフィニティ・ストーンを取り戻し、塵と消えてしまった全宇宙の生命の半分を蘇らせようとするのだ。 サノスの娘ネビュラと、ストーンが使用された形跡を手がかりに、彼らはサノスの農場を訪れる。 ところがサノスの手によって、6つのストーンはすでに破壊されていた。 もはや、サノスと同じ方法で人々を取り返すことはできない。 失意のソーは怒りをたたえたまま、ストームブレイカーでサノスの首を斬り落とす。 5年後、ソーは残された仲間とともにアスガルドを地球に再建している。 しかし、王であるソーの姿は大きく変貌していた。 ビールを飲んではコーグ&ミークとゲームに明け暮れ、ストームブレイカーも瓶のオープナー代わり。 顔をぐるりと髭が覆い、鍛え上げられていた腹はでっぷりと突き出ているのだ。 「量子の世界を通って過去に戻り、ストーンを集めて仲間たちを蘇らせる」。 新たな作戦のため、ブルース・バナー/ハルクとロケット・ラクーンはソーの我が家を訪れる。 ソーの豪胆な性格はそのままに思えたが、彼は作戦への協力にどこか消極的だ。 バナーがサノスの名前を出すと、ソーは涙を浮かべてバナーの胸ぐらを掴む。 「その名前を言うな」。 苦しそうに、サノスを恐れているのではないと主張するソーに、バナーとロケットは優しく声をかける。 「君がいたからここまで来られたんだ」「船にビールがあるぞ」。 ようやくソーは顔を上げ、「銘柄は?」と答えるのだった。 『 』との関連 『 』『 』シリーズでソーというキャラクターに、そして精悍な肉体をもつ という俳優に親しみ、愛着を抱いてきたファンであるほど、『エンドゲーム』のソーには衝撃を受けただろう。 実際に劇場公開後、ソーの設定には賛否が分かれた。 しかし米にてマルクス&マクフィーリーが語ったところによると、 『インフィニティ・ウォー』『エンドゲーム』の脚本作業は『バトルロイヤル』の製作以前から進行していたそう。 そのため二人は、『バトルロイヤル』で描かれたストーリーやキャラクター造形との調整作業にも取り組んでいる。 マルクス「タイカ・ワイティティ(監督)が『バトルロイヤル』に加わるより前から草稿を執筆していました。 あちらの製作がオーストラリアで始まった時、ソーの新たな一面を探っていることがわかったんです。 クリス・ヘムズワースが(従来より)ルーズなソーを作りたがっているって。 彼とタイカとは長いミーティングをして、映像を見せてもらい、ソーの新たな雰囲気をつかみました。 僕らが進もうとしていた方向性にもぴったり合っていましたね。 」 米によれば、 『エンドゲーム』でソーに起こる変化については、クリスも早い段階から話し合いに入っていたという。 アイデアは監督&脚本家チームのものだが、クリス自身も以前「何時間、何日も話し合いました。 (キャラクターを)どれくらい前進させられて、どんな新しいことができるのか。 温かく受け止めてもらえて、本当によかったです」と。 脚本家のマルクスは、米にて、『エンドゲーム』のソーを執筆する上では 「ソーに決定的な課題を、そして決定的な結末を用意したかった」と強調している。

次の