トウキョウ バイス。 トウキョウバイス|ネタバレやあらすじ!キャストに渡辺謙や菊地凛子も?

渡辺謙が米国ドラマ「トウキョウ・バイス」に出演、製作総指揮も就任 ─ 『ベイビー・ドライバー』アンセル・エルゴート主演

トウキョウ バイス

『ベイビー・ドライバー』(2017)『きっと、星のせいじゃない。 』(2015)の 主演、日本の裏社会を描くドラマ 「トウキョウ・バイス(邦題未定、原題:Tokyo Vice)」に 渡辺謙が出演することがわかった。 米など複数のメディアが報じている。 元新聞記者のジャーナリスト、ジェイク・エーデルスタイン氏が日本の裏社会に迫った著書『トウキョウ・バイス: アメリカ人記者の警察回り体験記』をドラマ化する本作は、全国新聞初の外国人記者であるジェイク氏が、警察回り記者(警察への取材を担当する記者)として殺人事件や人身売買を調査し、やがて日本最大の暴力団をめぐるスクープをつかむ物語。 本国の記事には「ジェイクは日々、ネオン輝く東京の裏社会に潜入していく。 そこには信頼できる人はおらず、信頼できるものは何ひとつなかった」とある。 渡辺が演じるのは、警視庁組織犯罪対策課の刑事であるカタギリ・ヒロト役。 アンセル扮する主人公ジェイクの父親的な役割を担い、警察と暴力団の、時にあいまいで不確かな境界線上を導いていく役柄だ。 また、 渡辺はシリーズの製作総指揮(エグゼクティブ・プロデューサー)にも就任。 『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019)『名探偵ピカチュウ』(2019)といった大作映画に連続出演するなど、近年の活躍はさらに目を見張るが、今回のポジションはハリウッドでも大きな存在感と重要度を示している証左だろう。 日本の裏社会が舞台となるだけに、より正確な日本の描写にも期待できそうだ。 製作総指揮には、渡辺のほかにアンセルも名を連ねており、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(2014)『ブラック・スキャンダル』(2015)を手がけたジョン・レッシャー、『ナオミとイーライのキス禁止リスト』(2015)のエミリー・ガーソン・セインズも参加している。 シリーズは全10話構成で、脚本は舞台『オスロ(原題:Oslo)』でトニー賞に輝いたJ・T・ロジャースが執筆。 監督は『ショート・ターム』(2013)『ガラスの城の約束』(2017)の デスティン・ダニエル・クレットンが務める。 マーベル・シネマティック・ユニバース初のアジア系ヒーロー映画『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・ザ・テン・リングス(原題:Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings)』にも起用された、今後が嘱望される才能だ。 ドラマ「トウキョウ・バイス(邦題未定、原題:Tokyo Vice)」は米ワーナーメディアの映像配信サービス「HBO Max」のオリジナル作品として製作・配信される。

次の

トウキョウ・バイスとは

トウキョウ バイス

俳優・鈴木亮平(37才)が、全米で配信がスタートする米国ドラマ『トウキョウ・バイス』に出演することが、分かった。 同ドラマは、元新聞記者のジャーナリスト、ジェイク・エーデルスタインが日本の裏社会に迫った著書『トウキョウ・バイス アメリカ人記者の警察回り体験記』のドラマ化。 ハリウッドで最も有名な日本人俳優の渡辺謙(60才)が、主人公ジェイクの父親的存在のカタギリ刑事を演じて、製作総指揮(エグゼクティブ・プロデューサー)もする、注目の作品だ。 大手ワーナーメディアの映像配信サービス「HBO Max」の目玉ドラマで、本格的な米国デビューを飾る鈴木の役柄は、主人公と対立する暴力団幹部という重要なポジション。 配信スタートは5月が予定されていたが、新型コロナウイルスにより現在撮影は休止中。 大手芸能プロダクションのあるマネジャーは「亮平さんといえば、186センチのマッチョボディーで肉体派俳優の印象が強いですが、実は英語がペラペラの超インテリです」と話す。 東京外語大外国語学部出身で、実用英語技能検定1級の持ち主だ。 「筋トレだけでなく、何事にもストイックで並外れた集中力を発揮する。 英語も、そんな姿勢で会得したようです」(同前) 2015年までは、ハリウッドのエンターテインメントを紹介する米国大手放送局FOXの情報番組「FOX BACKSTAGE PASS」で、3年間もMCを務めていた。 とはいえ、そんな実力を持つ鈴木でも簡単にデビューができないのが、エンタメの本場米国。 カギを握っていたのは、製作総指揮の1人、渡辺謙だった。 渡辺の知人は「鈴木さんの出演を後押ししたのは、謙さんです。 以前から、鈴木さんを高く評価していたのです」と明かした。 きっかけは、一昨年のNHK大河ドラマ『西郷どん』だ。 鈴木が演じた主人公の西郷隆盛を見出した恩人の島津斉彬役が、渡辺だった。 1987年にNHK大河ドラマ史上最高平均視聴率39. 7%を打ち立てた『独眼竜政宗』などで大河主演経験のあった渡辺。 鈴木について「私自身も芝居の中で彼にエネルギーをもらいましたし、(出演回終了後も)親戚のような感覚で見ていました。 よくやった! というよりは、少し口幅ったい言い方ですが、俺の目に狂いはなかった、ということですね」と、最大級の賛辞を送っていた。 あるNHK関係者は「謙さんも184センチと長身だからか、『これからの日本を支える、心・技・体の三拍子がそろったいい役者が出てきた』、『英語も話せるし、近い将来は世界的に活躍するよ』と太鼓判を押していました。 今思えば、あの頃からハリウッドでの日本人俳優の後継者として想像していたのかもしれません」と語る これまでICHIRO・SUZUKIが全米を席巻してきたが、2020年代は、RYOHEI・SUZUKIが、米国で一番有名なSUZUKIになるかもしれない。 外部サイト.

次の

鈴木亮平が全米デビューへ 後押ししたのは渡辺謙だった

トウキョウ バイス

[映画. com ニュース] 「ベイビー・ドライバー」のアンセル・エルゴートが主演する米HBO Maxの新ドラマ「トウキョウ・バイス(原題)」に、渡辺謙が出演することがわかった。 本作は、読売新聞の記者だったアメリカ人ジャーナリスト、ジェイク・エーデルスタイン氏によるノンフィクション本「トウキョウ・バイス: アメリカ人記者の警察回り体験記」を、10話構成でドラマ化するもの。 全国紙初の外国人記者として東京の裏社会を駆け巡り、まばゆいネオンに彩られた大都会に潜む様々な闇の真相を追い続けたジェイク役を、ドラマ初主演となるエルゴートが演じる。 米Deadlineによれば、警視庁組織犯罪対策部の刑事で、ジェイクを導く父親的存在となるカタギリ・ヒロト役を渡辺が演じる。 「オスロ」でトニー賞を受賞した劇作家J・T・ロジャースが脚本を執筆し、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)史上初のアジア系ヒーロー映画「シャン・チー(原題)」のメガホンを託されたことで注目を集めるデスティン・ダニエル・クレットンが監督を務める。 エルゴートと渡辺は制作総指揮も手がける。 2019年9月13日 17:30 アンセル・エルゴート アンセル・エルゴート(Ansel Elgort、1994年3月14日 — )は、アメリカ合衆国の俳優、DJ。 経歴 アメリカ合衆国ニューヨーク市で生まれる。 父親アーサーはファッション誌ヴォーグの写真家、 母親グレテ・バレット・ホルビーはオペラの舞台演出家、振付師、ドラマトゥルク、プロデューサー。 父親はロシア系ユダヤ人、母親はノルウェー系、イングランド系、ドイツ系。 兄に映像編集者ウォーレン、姉に写真家ソフィーがいる。 ジェイク・エーデルスタイン ジェイク・エーデルスタイン( アデルステインなどとも表記、Jake Adelstein、本名:Joshua Adelstein、1969年3月28日 — )は、米国出身のジャーナリスト、ルポライター。 ミズーリ州出身のユダヤ系アメリカ人。 NPO法人ポラリスプロジェクトジャパンのアドバイザーも務める。 元読売新聞社会部記者。 自著に「Tokyo Vice」がある。 When you login first time using a Social Login button, we collect your account public profile information shared by Social Login provider, based on your privacy settings. We also get your email address to automatically create an account for you in our website. Once your account is created, you'll be logged-in to this account.

次の