三井住友visaクラシックカード 学生。 学生には「三井住友カード デビュープラス(学生)」がおすすめ

VISAカードで有名な三井住友カードの審査基準と審査難易度

三井住友visaクラシックカード 学生

25歳まで持てるから、厳密には学生カードとは言えないかな。 どっちかというと新社会人向けの若者向けカードだね 三井住友VISAデビュープラスカードのデメリット 三井住友VISAデビュープラスカードは、若者にしか持てないターゲットがかなり絞られたクレジットカードです。 デビュープラスカードにはどのようなデメリットがあるのか、順番に確認していきましょう。 18歳~25歳しか持てない 先にも述べているように、三井住友VISAデビュープラスカードは 18歳から25歳までの限られた年齢層しか持てないという条件があります。 年齢から考えると、学生か社会人になって間もない年齢層しか持てないことになります。 三井住友VISAブランドが欲しい、新社会人向けにぴったりです。 そのため、世の中のほとんどの人が条件にあてはまらないことになるうえに、この年齢層の人であっても25歳を過ぎたら所持できないという限定されたカードを敬遠する人も少なくないでしょう。 しかし、逆に言うとこの年齢層のカードをわざわざ作っているということから、 三井住友カードが若年層の顧客を獲得したいという意図が見えます。 そのため、多少収入が少なくてもこの年齢層であれば審査に通る可能性があるとも考えられるのです。 年会費は1,250円必要 三井住友VISAデビュープラスカードは、初年度の年会費は無料ですが次年度以降は年会費が1,250円かかります。 学生や収入が少ない新社会人には、少しの年会費でも負担に感じるのではないでしょうか。 そうそう! 関連記事: また、プライムゴールドカードをずっと所有していると、30歳になった最初のカード更新時にゴールドカードに切り替わります。 ゴールドカードは誰でも持てるカードではないため、デビュープラスからのルートであれば比較的ゴールドカードを所持しやすい環境を作ることができるというメリットがあります。 国際ブランドはVISAのみ クレジットカードに付帯する国際ブランドは、三井住友VISAクラシックカードなど、ほとんどのカードではVISAとMasterの両方のブランドを発行することが可能です。 しかし、デビュープラスカードではVISAブランドしか選択することができません。 クレジットカードにVISAブランドしかつかないというのは、不便ではないかと考えるかもしれません。 しかし、世界ではVISAブランドが圧倒的なシェアを誇り、 国内でもほとんどのお店で使うことができるため、VISAブランドしかつかないことに大きなデメリットを感じることはほぼないでしょう。 あんまり想像できないかも 旅行保険はない クレジットカードにはたいてい付帯している 旅行傷害保険が、三井住友VISAデビュープラスカードにはついていません。 特に海外旅行などによく行く若者にとっては、旅行保険がないというのは不安に感じることでしょう。 しかし逆に考えると、旅行にはめったに行かないという若者にとっては旅行保険の有無は重要ではないでしょう。 また、本格的に海外旅行に行くというのであれば、かなりしっかりとした保険が付帯した別のカードで代用することをおすすめします。 反対に三井住友VISAデビュープラスのメリットは 三井住友VISAデビュープラスカードのデメリットを順番に紹介してきましたが、もちろんデビュープラスカードにはメリットもあります。 どのようなメリットがあるのか確認していきましょう。 ポイント還元率は常に2倍!入会後3ヶ月間は5倍! 三井住友VISAカードには、ワールドプレゼントというポイントプログラムがあります。 三井住友VISAデビュープラスカードでは、 いつでもポイントが2倍になるというメリットがあります。 さらに入会後3ヶ月間は5倍になります。 例えば50,000円のカード利用をした場合、通常なら50ポイントのところ、2倍の100ポイント、入会後3ヶ月間は5倍の250ポイント獲得できます。 これはデビュープラスカード限定のサービスとなっているため、ポイントを効率よく貯めたい人にはおすすめです。 年間利用金額に応じてボーナスポイント 三井住友VISAカードでは、前年度の年間利用金額に応じて3つのランクのステージが設定され、ステージランクに応じたボーナスポイントが加算されます。 ボーナスポイントの詳細は下記の表にまとめました。 前年度の買物累計金額 ステージ ボーナスポイント 300万円以上 V3 50万円到達時 150ポイント 以降10万円ごとに 30ポイント 100万円以上300万円未満 V2 50万円到達時 75ポイント 以降10万円ごとに 15ポイント 50万円以上100万円未満 V1 50万円到達時 50ポイント 以降10万円ごとに 10ポイント このボーナスポイントは、クラシックカードやデビュープラスカードなどの一般カードに適用されますが、ゴールドカードやプラチナカードではさらに高いボーナスポイントが用意されています。 インターネット経由の申し込みで最短3営業日で発行 三井住友VISAカードでは、インターネット経由での申し込みに限り最短3営業日でカード発行されます。 ただし自宅に届くのは最短約1週間となっています。 最短でカード発行するためには、インターネットで手続きをすること、またインターネットで支払い口座の設定をすることが条件となります。 ただし、インターネットで支払い口座の設定ができる銀行は限られていて、対応していない銀行の場合は最短日数での発行はできません。 ETCカードは年会費無料 デビュープラスカードの作成と共にETCカードを作成することもできます。 ETCカードも別途年会費が必要ですが、初年度は無料、さらに年1回でもETC利用の請求があれば、翌年度は無料となります。 契約しているクレジットカードの利用枠内で利用可能です。 年間最高100万円のショッピング保険 三井住友VISAデビュープラスカードには旅行傷害保険はついていませんが、 ショッピング保険は付帯しています。 デビュープラスカードでクレジット決済をして購入した商品の破損や盗難による損害を、購入日および購入日の翌日から90日間補償されます。 ただし、海外での利用および、国内でのリボ払い、分割払い 3回以上 のみ対象となります。 審査基準が若者向け デビュープラスは若者向けカードなので、審査基準も三井住友VISAカードより若者にあったものになっています。 代表的な高ブランドカードの三井住友VISAカードと同じ基準で審査されると、若者は ・収入が少なくて ・勤続年数も短い ため厳しい結果になりやすいですが、デビュープラスではこうした若者の事情に配慮した審査をしてくれます。 審査が不安な若者はデビュープラスを申し込んだ方が良いですね。 銀行系クレジットカードを作るチャンスですので。 関連記事: デビュープラスとクラシックはどっちが良い? 三井住友VISAデビュープラスカードのメリット・デメリットについて見てきましたが、三井住友VISAクラシックカードと比較してどちらが優れているのか、下記の表でまとめてみました。 デビュープラス 三井住友VISAクラシックカード 三井住友VISAクラシックカードA 年会費 1,250円 1,250円 1,500円 年会費無料条件 1度でもカード利用する マイペイすリボ登録+カード利用 マイペイすリボ登録+カード利用 旅行傷害保険 なし 最高2,000万円の海外旅行傷害保険 最高2,500万円の海外・国内旅行傷害保険 ショッピング補償 年間100万円まで 年間100万円まで 年間100万円まで 国際ブランド VISA VISA、Master VISA、Master このカードだけの特典 ポイントが常に2倍 当初3ヶ月は5倍 特になし 特になし デビュープラスカードとクラシックカードを比較すると、大きな違いは旅行傷害保険がついているかどうかという点です。 旅行を頻繁にするので保険は外せないという人には、デビュープラスカードは向いていません。 しかし、旅行傷害保険以外の項目では、年会費無料になる条件やポイントが2倍になるという特典を考えると、クラシックカードよりメリットも多いといえます。 そのため、デビュープラスカードに向いているのは、海外旅行や国内旅行に行く余裕はまだない新入社員や入社後1~2年の社会人でしょう。 旅行に行く代わりにショッピング利用をすればポイントが2倍貯まるため、効率よくポイントを獲得できます。 逆に時間に余裕があって旅行に頻繁に行ったり、卒業旅行として海外旅行を考えている学生には、旅行傷害保険がないデビュープラスカードはあまり向いていないと考えられます。

次の

三井住友カード(学生) 詳細・比較・申込

三井住友visaクラシックカード 学生

の審査申込み基準は意外にも単純で 「満18歳以上の方(高校生は除く)未成年の方は親権者の同意が必要です。 」となっています。 安定した収入や勤続年数に関することは一切求めていません。 これらの事から、主婦やアルバイトの方でも十分にカード持てる可能性があります。 もちろん過去に延滞を繰り返したりと事故情報がある方や無職で収入が全くない方の発行は難しくなります。 2月3日に受付開始した新デザインの三井住友カードを2月3日にダメもとで申し込んだら2月7日に到着。 わずか4日で到着した。 三井住友系は2回審査否決されてるから無理かなと思ったけど、キャンペーン審査かな。 VISA、MasterCardと2枚到着。 格好いいと思う。 — エリヤ idioi0329 最短5分でカード番号発行! また、 ネット経由で三井住友カードを申込むと、最短5分でカード番号が発行されます。 発行されたカード番号を使ってネット上でのショッピングならすぐに利用可能なんです! さらにApplePayやGoogle Payに登録すれば実店舗でもすぐに利用することができますよ! 🙂 実際にクレジットカードニュース編集部でも三井住友VISAクラシックカードを作ってみました!記事に詳しくまとめましたので参考にしてみてくださいね! 公式サイト 三井住友カードの一番の特徴は? 公式サイト の一番の特徴は、やはり VISAブランドの日本総本家といった感じの安心感です。 ポイントや年会費などではなく、カード会員のサポートについて一番安心が出来るという点が三井住友カードの一番の特徴という点は外せません。 日本初のカード番号裏面化を実行する点などセキュリティへの意識も高いカード会社です。 不正利用などが心配な方はサポート体制がいい三井住友カードがおすすめです。 近年問題になった旅行代理店の 「てるみくらぶ」の代金を三井住友VISAカードで決済していた方は早い段階で全額返金の通知が届いています。 こういった安心が得られるのが三井住友VISAカードならではですね。 監視体制も万全ですが、万が一不正利用された場合には、 三井住友カード会員保証制度でカードの紛失・盗難の際にお届け日から60日前にさかのぼってそれ以降の不正利用について補償してくれます。 海外で利用される際には、 世界の主要都市に設置されている「VJデスク」で、観光情報の提供からカードやパスポートの紛失・盗難時のサポートまでを日本語で対応してくれます。 公式サイト 顔写真付きのカードに変更可能 有名ですが、裏面に カード保有者の写真が付いたカードも発行しています。 ネット申込みでは顔写真カードの発行が出来ないので、カードが発行された後に写真取替申込書で手続きすれば写真付きカードが発行出来ますよ。 カードを紛失しても写真付きであれば本人のカードでないのが分かるので安心です。 三井住友カードは2種類あります。 公式サイト 実は三井住友カードには通常の 「三井住友カード」と 「三井住友カードA」という 旅行傷害保険がパワーアップしたカードの2種類が用意されています。 おすすめはクラシックカードAです。 若干の年会費の差で補償内容が大きく変わってきます。 両方のカード共、ネット申込みで初年度の年会費は無料になりますが、次年度以降は特定の条件を満たさなければ無料になりません。 その次年度の年会費が2枚のカードで若干違っています。 三井住友カードは次年度以降年会費: 1250円(税抜)• 三井住友カードAは次年度以降年会費: 1,500円(税抜) このわずか250円の差で旅行傷害保険が海外だけになるか、海外に加え国内まで補償するかと大きな差が生まれますよ。 旅行傷害保険の内容を簡単に見ると、三井住友カードは、 「海外旅行傷害保険のみ、最高2,000万円の補償」です。 クラシックカードAの場合は、 「国内・海外旅行傷害保険で、最高2,500万円の補償」になります。 国内の旅行傷害保険が付いてくる上に補償額もあがるので、どうせならクラシックカードAがいいですよね。 2年目以降も年会費無料にするには? ネットからの申込みで初年度の年会費は無料ですが、 2年目以降も年会費を無料にする方法があります。 のリボ払いである「マイ・ペイすリボ」を申込んで、さらに年に1回以上カードを使うと、その年の年会費が無料になります。 リボ払いに抵抗があるという方は多いと思いますが、三井住友カードはリボ払いの毎月の支払額をクレジットカードの限度額と同じ金額まで上げることができるので、 実質1回払いになり手数料もかかりません。 さらに、 リボ払いでの支払いはポイントが通常の2倍貯まります! この方法は結構人気で利用している方は多いですよ。 おすすめ 電子マネー「iD」が使える 三井住友カードには、 電子マネーの「iD」が付いてきます。 「iD」は次の4タイプから選べますが、カード一体型が便利ですね。 毎月20日・30日はイオンのお客様感謝デーで5%OFF• 毎月5日・15日・25日はイオン系列でポイント2倍 私は普段の買い物はクレジットカードで済ませてますが、イオンのお客様感謝デーや5の付く日は、きっちりWAONで支払をしていますよ。 三井住友カードなら オートチャージの設定が出来るので、残高を気にせず利用できます。 また、三井住友カードで貯まったポイントをWAONに交換する事も出来ます。 1ポイント=5WAONポイントに交換。 関西圏の電車・バス・飲食・ショッピングなどの支払いに使えるICカードの PiTaPa(ピタパ)。 利用した分は三井住友カードの請求にまとまって後払いになるので、チャージする手間がかからず、すごく便利です。 VISAも一本化したいんだけど、三井住友は捨てがたいし 前に知人に聞いたら解約は勿体無いとの事 、ヨドバシゴールドもまあまあ便利だし。 近くに店舗無いけど。 って悩むよねえ。 あと三井住友はETCとPiTaPa使ってるし。 は 三井住友銀聯(ぎんれん)カードを発行出来ます。 中国発の国際ブランドで中国では65億枚以上発行されていて、2,000万店以上の加盟店で利用できます。 中国ではVISAよりも圧倒的に銀聯カードが利用しやすい状況になっています。 中国に行く予定のある方は是非持っておきたいカードです。 VISAだったら三井住友が一番おすすめ 中国で使うなら、三井住友デビュープラス作って、追加カードで三井住友銀聯カード作れば最強かも あとは飛行機乗るなら年会費はかかるけど航空系カードも良いと思う — うっちー u905 公式サイト ポイント還元率は0. 5% は、ワールドプレゼントという名称のポイントサービスを行っていて、1,000円につきワールドプレゼント1ポイントを得ることができます。 ワールドプレゼント 1ポイント=5円相当に換算されるため 還元率は0. また「マイ・ペイすリボ」に登録してリボ払い設定し、実際にリボ払い請求がある月はなんと ポイントが2倍に設定されます。 ポイントアップモール経由で最大20倍! 会員限定の ポイントアップサイト「ポイントUPモール」を経由して、楽天市場、Amazon、Yahoo! ショッピング、ベルメゾンネットなどで、いつものネットショッピングをすれば最大でポイントが2~20倍になります。 公共料金もカードで支払える! 三井住友カードは携帯電話料金・電気ガスなどの公共料金も支払うことが可能となります。 こういった月々の支払いをカードで対応すれば、みるみるうちにワールドプレゼントを貯めることが出来ます。 家族の人数が多い家庭では、その分支払う金額がかさみますので月々100ポイント近いワールドプレゼントを得ている家庭も珍しくありません。 多種の共通ポイントに変換できる! ワールドプレゼントは40種類近い共通ポイントに変換することができます。 主なポイントの交換先は 楽天スーパーポイント・ auウォレットポイント・WAON・ギフトカード・スターバックスカード・Tポイント・アマゾンギフト券・nanacoポイント・楽天Edy ・アップルiTunesカード…等々その他40種類近い交換先があります。 電子マネーの楽天EdyやTポイントなどは使い勝手が非常に良いのでこまめに交換して貯めておくと何かしら役に立つはずです。 その他様々な物品と交換することができますが、還元率・レートが悪くなるのであまりお勧めはできません。 素直に他の共通ポイントに交換することをお勧めします。 ポイントの有効期限は2年間。 ポイントの有効期限を1年間とするクレジット会社もある中、2年間の期限は嬉しいですよね。 利用すればするだけ還元率がアップする…こちらが三井住友VISAカード最大の魅力です。 新サービス「ココイコ」でポイントアップやキャッシュバック 事前エントリーするだけで街のお店で ポイントアップやキャッシュバックが受けられる「ココイコ」いうサイトを利用できます。 「ココイコ」にアクセスして、ショップのエントリーボタンでエントリーするだけで、2倍以上のポイントアップかキャッシュバックを選ぶことができます。 参加ショップは大丸・東急ハンズ・ミズノ・コスメドラッグファン・洋服の青山・松坂屋・小田急百貨店などがあります。 店名 ポイント還元率 キャッシュバック率 ミズノ直営店 2倍 0. 5% カラオケの鉄人 18倍 8.

次の

三井住友VISAクラシックカード 学生|クレジットカードおすすめクレ家

三井住友visaクラシックカード 学生

なお、電子マネー(iD、PiTaPa、WAON)にも対応しておりタッチ決済も可能! カード審査も優しく、 最短翌営業日にカード発行が可能なため、 初めてカードを持つ方・ すぐにでもカードを発行したい方にオススメのクレジットカードと言えます。 そして国際的な最大手ブランドである『 VISA(ビザ)』と提携しているため、日本のみならず、世界中どこへ行っても利用することが出来ます。 今回は『 』について、特典・サービス内容等を分かりやすく紹介していきます。 年会費がタダであるにもかかわらず、これだけの優待とサービス・補償内容が付帯するため、 非常にお得なクレジットカードとなっています。 審査も厳しくないため、気軽に発行することが可能です。 学生カードについてはコチラで紹介しています。 海外での利用および国内でのリボ払い分割払い(3回以上)の利用のみ対象• 補償限度額/年間100万円まで(自己負担額:1事故につき3,000円)• 対象期間/購入日および購入日の翌日から90日間• 対象となる利用/海外利用、国内のリボ払い・分割払い(3回以上)利用 最高2,000万円 ~ 2,500万円の『海外・国内旅行傷害保険』 『 』を利用して国内・海外の旅行券を購入し、その旅行の過程で 何らかの傷害を負った場合は、 最高で2,500万円までの補償を受けることが出来ます。 クラシックカードか、クラシックカードAのどちらを選ぶかは、 この点次第です。 より高額な補償限度額を求めるのであれば、クラシックカードAの発行をオススメします。 これによって、安心して旅行を楽しむことが出来ます。 上記で挙げた以外にも、" 三井住友カード" および "VISA" が提供する 期間限定キャンペーンの数々を利用することが出来ます。 特定の施設やイベントが割引になったり、キャッシュバックなどのサービスが受けられるものまで、お得なキャンペーンが常に実施されています。 カードを発行した際は、ぜひ確認することをオススメします!(当サイトでもまとめていきます) 期間限定!三井住友カードへの新規入会で、最大12,000円がプレゼントされるキャンペーンが実施 2019年9月2日(月)~ 2019年12月27日(金)までの期間限定で、『 』を含む三井住友カード全般を新規発行すると、 最大で12,000円がプレゼントされるキャンペーンが実施されています。 安心と信頼の『三井住友&VISAブランド』スタンダードカード 以上のように『 』は、日ごろのショッピングから海外用途まで、 様々な場面でバランスの良いパフォーマンスを発揮するカードとなっています。 カードの特徴についてまとめると 以下の通りです。 最短で翌営業日発行• 初年度年会費が無料(ネット入会限定)• 安心と信頼の三井住友ブランド• 世界中で利用可能なVISAカード• 家族カードの発行が可能• 専用ETCカードの発行が可能• 各種タッチ決済にも対応• コンビニおよびマクドナルドにて5倍のポイントが付与• 選んだ3店舗にて2倍のポイントが付与• 『海外キャッシュサービス』に対応• 年間100万円までの『お買物安心保険』• 最高2,000万円(クラシックAの場合は2,500万円)までの『海外・国内旅行傷害保険』• 多くの期間限定キャンペーンを利用可能 これだけの特典・サービス内容を 年会費無料で受けることができるため、 非常にお得なクレジットカードであると言えます。 タッチ決済にも対応しているため、あらゆる店舗にてタッチで簡単お支払いが可能です。 家族カードの発行も可能なため、大切な家族の方にも同じ特典を受けてもらうことが出来ます。 海外のATMで24時間いつでも現地通貨を引き出せる『海外キャッシュサービス』に対応しています。 また、国内外での買い物時にも安心のショッピング補償や、傷害を負った場合の『海外・国内旅行傷害保険』も自動で付帯します。 また、VISAカードであるため、 世界中のほとんどの店舗にてカードが使えます。 上述したように、クラシックカードとクラシックカードAの違いとしては、傷害保険の上限額が異なるといった点があります。 学生カードについてはコチラで紹介しています。

次の