ドコモ解約金。 【違約金0円のタイミングは?】ドコモの解約月・更新月・契約満了月

ひかりTV for docomoの解約ってどうやるの?気になる違約金も解説|ドコモ光乗り換えガイド

ドコモ解約金

キャリアを解約時するときにかかる費用は? スマホや携帯電話を解約したいものの、解約にも結構な費用がかかるとなるとちょっとためらいますよね。 特に通信費を抑えるために格安SIMに乗り換えたいのに、解約にお金がかかるなら、このままでもいいかなと思ってしまうこともあるかもしれません。 そんな中、2019年9月にキャリア各社が新料金プランを発表!2年単位での契約における料金プランや解約金の見直しが行われました。 そこで今回は、キャリアを解約する際にかかる費用にはどういったものがあって、いくらかかるのか。 そしてまったく費用がかからない方法はあるのか、についての最新情報をご紹介します! 1.違約金(解約金) 今まで一般的だった2年縛りと違約金 今までキャリアでスマホや携帯電話を契約するときには、「2年縛り」と呼ばれる2年単位での契約を行うことが一般的でした。 2年単位での契約を行うことで、毎月の月額料金が割引され、おトクに利用することができるというメリットがあります。 一方で、契約更新月を含む前後3カ月以外で解約をすると、違約金として9,500円(税別)がかかる、というデメリットもあります。 この2年縛りは、2年ごとに自動更新されるため、気づいたら長年キャリアを利用し続けている、という方も多いのです。 2年縛りや違約金に関する変更点 2019年9月より、この2年契約と違約金が大幅に変更されることになりました。 各社での変更点は以下の通りです。 【2年契約】 あり。 【違約金】 2年定期契約満了月の当月・翌月・翌々月以外での解約は1,000円。 auデータMAXプラン Netflixパック• 新auピタットプランN• auピタットプランN(s)• auフラットプラン7プラスN• auフラットプラン20N(シンプル)• auフラットプラン25 NetflixパックN(シンプル)• auデータMAXプランPro 【2年契約】 あり。 【違約金】 2年定期契約満了月の当月・翌月・翌々月以外での解約は1,000円。 端末を分割で購入し、解約時にまだ端末代金の支払いが残っている場合は、引き続き分割で支払うか、もしくは残金を一括で支払うかのどちらかになります。 3.MNP転出手数料 今の電話番号そのままで、他のキャリアや格安SIMに乗り換えたい場合、MNP転出手数料がかかります。 これはドコモ、au、ソフトバンク共通で、基本的には3,000円となっています。 4.SIMロック解除手数料 キャリアで購入した端末を、乗り換え先のキャリアや格安SIMでも使いたい場合、SIMロックの解除が必要です。 SIMロックにかかる金額は、ドコモ、au、ソフトバンク共通で3,000円です。 ただしwebからSIMロック解除の手続きを行うと、無料です。 また機種によってSIMロック解除ができないものもあるため、詳細は必ずそれぞれのキャリアでご確認ください。 ちなみにドコモからドコモ回線を利用している格安SIMへ乗り換える、といった場合に、スマホを購入したキャリアと同じ回線のSIMを利用する場合は、SIMロック解除が不要で利用できる場合があります。 まとめ:キャリアの解約でお金がかからないケースとは? ここまで、キャリアを解約する際にかかるものとその費用についてご説明してきました。 今回ご紹介した解約にかかる費用について、最後に費用が発生しないケースをまとめました。 2年契約をしている場合、契約後24~26か月の間に解約手続きを行う• キャリアで契約する際に2年契約をしていない• 端末代金の支払いはすべて終了している• 今使っている電話番号を次のキャリア、格安SIMに引き継がない場合• SIMロック解除をwebで行う など 以上のポイントをしっかりおさえて、解約時にかかる費用を上手に抑えましょう!.

次の

【注意】ドコモ新料金プランに変更→解約金留保で1000円になりません!

ドコモ解約金

無料で新プランに移行することができます。 ただ、ここで気をつけるべきことがあります。 2年契約 2年契約 1 ヶ月目 … 4 ヶ月目 … 24 ヶ月目 … 26 ヶ月目 … 契約 移行 契約更新月 違約金:9,500円 0円 1,000円 例えば2019年6月にギガホに契約した方は、10月に新プランに移行したとしても、 2021年5月末までは旧違約金(9,500円)が適用されることになります(上表参照)。 これも先ほど同様、10月からの新ルールが 過去の契約までさかのぼって適用されるのは法的には厳しいためです。 過去の契約プランの違約金をまとめました。 2019年9月30日以前の違約金は基本 9,500円ですが、プランによっては少し異なりますので念の為以下にまとめます。 格安SIM会社 特徴• 有料級Wi-Fiスポットが 無料で使える• LINEアプリの通信消費ゼロ• 動画見放題の月額オプションが人気(エンタメフリー・オプション)• また、乗り換えを機に スマホもセットで代えたいという方のために、端末セットでの契約もあります。 オススメ1:OCNモバイルONE|イチオシ。 ocn. docomo回線を使用しているので、お持ちのdocomoのスマホをそのまま使うことができますし、スマホセットで 最新のSIMフリー端末をネットショップよりもさらに安く手に入れることもできます。 LINEモバイルはSNSアプリの LINEに関するメリットが多いのが特長です。 他の格安SIMでは使えない ID検索機能が使えたり、 容量フリー(無制限)でLINEを使えるのでLINE通話し放題などのメリットがあります。 jp) 特徴 ・docomo, au回線から選べる ・月額1400円~でスマホが持てる ・新品スマホを24回払いで買える ・YouTube見放題のオプションがある オススメの方 ・手持ちのdocomoスマホをそのまま使いたい方 ・docomo回線を使いたい方 ・分割でスマホを買いたい方 ・動画サイトを容量無制限で見たい方 BIGLOBEモバイルは、有名インターネットプロバイダ BIGLOBEを運営している ビッグローブ株式会社の格安SIMです。 BIGLOBEモバイルではあまりネットは使わないという人向けの 月1GBプランがあって、 月1,400円~で電話機能付きのスマホを持つことができます。 また、YouTubeやAbemaTVなど 動画をよく見るという方向けに、月額 480円のオプションを払えば 無制限で動画サイトを見られるエンタメフリー・オプションも魅力の1つです。 契約継続年数 3年目(30ヶ月目) 契約内容 タイプXi にねん 解約時条件 契約更新月でない月に解約 MNP利用 機種代支払済 SIMカードのみ契約 SIMパッケージを使用 この例が乗り換えの典型ケースと言われています。 SIMパッケージ代の400円は Amazonに支払います。 格安SIM会社に支払う手数料は、SIMカード手配料の 394円です。 総額は 12,294円(税抜)となりました。 契約継続年数 3年目(25ヶ月目) 契約内容 Xiデータプラン ライト にねん 解約時条件 契約更新月に解約 MNP利用 機種代支払済 スマホセットで乗り換え ちょうどタイミングよく契約更新月で、機種代の残高もないケースです。 格安SIM会社に支払う手数料は、初期工事費用とSIMカード手配料の 3,394円です。 総額は 5,394円(税抜)となりました。

次の

ドコモ|契約期間中の解約料金・違約金はいくらかかる?iPhone Xで試算

ドコモ解約金

キャリアを解約時するときにかかる費用は? スマホや携帯電話を解約したいものの、解約にも結構な費用がかかるとなるとちょっとためらいますよね。 特に通信費を抑えるために格安SIMに乗り換えたいのに、解約にお金がかかるなら、このままでもいいかなと思ってしまうこともあるかもしれません。 そんな中、2019年9月にキャリア各社が新料金プランを発表!2年単位での契約における料金プランや解約金の見直しが行われました。 そこで今回は、キャリアを解約する際にかかる費用にはどういったものがあって、いくらかかるのか。 そしてまったく費用がかからない方法はあるのか、についての最新情報をご紹介します! 1.違約金(解約金) 今まで一般的だった2年縛りと違約金 今までキャリアでスマホや携帯電話を契約するときには、「2年縛り」と呼ばれる2年単位での契約を行うことが一般的でした。 2年単位での契約を行うことで、毎月の月額料金が割引され、おトクに利用することができるというメリットがあります。 一方で、契約更新月を含む前後3カ月以外で解約をすると、違約金として9,500円(税別)がかかる、というデメリットもあります。 この2年縛りは、2年ごとに自動更新されるため、気づいたら長年キャリアを利用し続けている、という方も多いのです。 2年縛りや違約金に関する変更点 2019年9月より、この2年契約と違約金が大幅に変更されることになりました。 各社での変更点は以下の通りです。 【2年契約】 あり。 【違約金】 2年定期契約満了月の当月・翌月・翌々月以外での解約は1,000円。 auデータMAXプラン Netflixパック• 新auピタットプランN• auピタットプランN(s)• auフラットプラン7プラスN• auフラットプラン20N(シンプル)• auフラットプラン25 NetflixパックN(シンプル)• auデータMAXプランPro 【2年契約】 あり。 【違約金】 2年定期契約満了月の当月・翌月・翌々月以外での解約は1,000円。 端末を分割で購入し、解約時にまだ端末代金の支払いが残っている場合は、引き続き分割で支払うか、もしくは残金を一括で支払うかのどちらかになります。 3.MNP転出手数料 今の電話番号そのままで、他のキャリアや格安SIMに乗り換えたい場合、MNP転出手数料がかかります。 これはドコモ、au、ソフトバンク共通で、基本的には3,000円となっています。 4.SIMロック解除手数料 キャリアで購入した端末を、乗り換え先のキャリアや格安SIMでも使いたい場合、SIMロックの解除が必要です。 SIMロックにかかる金額は、ドコモ、au、ソフトバンク共通で3,000円です。 ただしwebからSIMロック解除の手続きを行うと、無料です。 また機種によってSIMロック解除ができないものもあるため、詳細は必ずそれぞれのキャリアでご確認ください。 ちなみにドコモからドコモ回線を利用している格安SIMへ乗り換える、といった場合に、スマホを購入したキャリアと同じ回線のSIMを利用する場合は、SIMロック解除が不要で利用できる場合があります。 まとめ:キャリアの解約でお金がかからないケースとは? ここまで、キャリアを解約する際にかかるものとその費用についてご説明してきました。 今回ご紹介した解約にかかる費用について、最後に費用が発生しないケースをまとめました。 2年契約をしている場合、契約後24~26か月の間に解約手続きを行う• キャリアで契約する際に2年契約をしていない• 端末代金の支払いはすべて終了している• 今使っている電話番号を次のキャリア、格安SIMに引き継がない場合• SIMロック解除をwebで行う など 以上のポイントをしっかりおさえて、解約時にかかる費用を上手に抑えましょう!.

次の