ぽっこり お腹 解消 即効。 ぽっこりお腹の原因はむくみ!?簡単・今すぐできる方法でぺたんこお腹とくびれを作る

ぽっこりお腹を解消する3つのダイエット&筋トレ方法!

ぽっこり お腹 解消 即効

下腹部ポッコリを即効解消するには? 女性に多いぽっこり下腹部のお悩み。 ダイエットしたいけど、キツイ運動は長続きしないという人も多いのではないでしょうか。 筋トレを取り入れても体脂肪以外の原因が大きく影響しているような場合は、痩せていても下腹がぽっこりと出てしまうため、摂取カロリーをセーブするような通常のダイエット法では、あまり効果は上がらないと言われています。 下腹ポッコリの原因は脂肪だけでない ダイエットでカロリーダウンしても下腹部はなかなかサイズダウンしない、という経験はありませんか? それもそのはず! 下腹部がポッコリしている原因は脂肪だけではありません。 下腹ぽっこりの根本原因は3つあると考えられています。 短期ダイエットのために、すぐに改善できるこの3つの問題を解決していきましょう! 下腹がポッコリ固いのは「便秘」 カロリーダウンだけでない食事メニューを! カロリーダウンだけでは、ポッコリお腹の原因の1つである便秘の解消はできません。 それどころか栄養バランスが悪くなると、かえって便秘を促してしまうことも。 便秘の解消のためには、野菜や果物、豆類、海藻類を特に意識したバランスのよい食事を心がけましょう。 食事メニューを改善していけば、すぐ便秘に効果が現れるはずです。 また、たんぱく質や油脂などを極端に減らすことによる害は意外と大きい。 例えば、動物や魚に含まれる油脂は、便通にも一役かっている大切な存在。 減らすことによってかえって便秘が治らないなんてことになりがちです。 どの食品もバランスよくとる快食こそが快便につながる道なのである。 下腹ポッコリを解消に「姿勢の矯正」 姿勢の悪さがポッコリお腹に大きく関係しています。 姿勢の矯正で下腹部ぽっこり解消できるのです。 姿勢は大きく分けて、正常、猫背、反り腰の3タイプ。 猫背の人は骨盤が後ろに傾き、バストが小さく 下腹部が突き出た体型になってしまいます。 これを正すだけでもだいぶスタイルが違って見えるはず! 逆に、 反り腰の人は骨盤が前に傾くことで便秘や下半身のむくみなどを引き起こし、 痩せにくくなってしまうのです。 姿勢を直すことは、骨盤ゆがみの改善にもつながります。 骨盤がゆがむと内臓の下垂を招きやすく、消化や排泄の機能を低下させてしまいます。 ダイエットの大敵とも言われる便秘の原因にもなります。 また、 内臓の下垂はぽっこりお腹の原因にもなります。 下腹部ダイエットの前に冷えとむくみの解消 冷えとむくみもポッコリお腹の原因の1つです。 例えば、 座りっぱなしで脚の付け根が圧迫されると血流やリンパの流れを阻害されむくみやすくなります。 そして、むくみは冷えを招き、体が冷えると内臓を守るために脂肪がつきやすくなるという悪循環が生じるのです。 むくみと冷えを解消し、短期ダイエットに備えましょう! 手のひらで 下腹を触ったとき、冷たい部分がある人は冷え下腹の可能性大。 また、 指で押すと跡がついたり、夕方になると下腹のサイズが増える人はむくんでいる。 下腹ポッコリを即効解消するエクササイズ 下腹部ダイエットにはインナーマッスルが重要 下腹痩せにはインナーマッスルの強化が欠かせない。 体の表面にある筋肉はアウターマッスルといい、筋トレをすることで鍛えられます。 それに対し、 インナーマッスルは体の奥深くにある小さな筋肉のこと。 この インナーマッスルは、 姿勢を保ったり、内臓を支えるなどの役割をしていますので、下腹部ダイエットには、インナーマッスルの強化が欠かせないのです。 では実際に 即効性のあるエクササイズを紹介していきます。 ポイントは、 体の中心部のインナーマッスルを鍛えることで、背骨や骨盤の歪みが正されて腰痛が治ったりお腹まわりがシェイプアップされたりします。 ぽっこりお腹を即効解消するエクササイズは「ドローイン」 「ドローイン」はお腹をへこませてインナーマッスルを内側に引っ張るエクササイズです。 1.背筋を伸ばし、大きく息を吸い込み、お腹と背中をくっつける意識でお腹をへこませる Sponsored Link 2.息を吐きながらさらにお腹をへこませる 3.呼吸をしながら30秒キープ これを 1日6回から10回繰り返します。 寝て行うドローイン 1.仰向けで、両ひざを閉じた状態で立てる。 鼻から息を大きく吸い、お腹を最大限に膨らませる。 お腹に手をそえ、腹横筋に負荷がかかっているのを意識しながら行おう。 2.口から息を吐き出し、お腹を最大限まで凹ませる。 出典 lifestyle. msn. com 通勤中などでもできます! 通勤電車-吊革編 立っていても、座っていても、ドローインはいつでも思い出した時に実行可能。 とくに電車の中は、自分だけのジムだと思って、今まで携帯をチェックしたり、ボーッとしていた時間を、ドローインに充ててみよう。 吊革を持ち、立った状態でドローイン。 そのまま、 頭が軸足の上にくるように片足立ちになり、軸足と反対側の脇腹を意識して10秒キープ。 これを左右交互に行う。 出典 lifestyle. msn. com 通勤電車-座席編 座った状態で10秒ドローインを行うと骨盤底筋を意識しやすい。 両ひざが離れないように注意すれば、太ももの内側のエクササイズにも。 背もたれを使わず、イスに浅く座り、骨盤底筋をとくに意識しながら、10秒ドローイン。 両ひざが離れないようにするのもポイント。 骨盤を立てて座り、腰から足にかけてのラインを90度に。 出典 lifestyle. msn. com ドローインと有酸素運動の組み合わせ ドローインと有酸素運動の組み合わせでカロリー消費量はアップするようです。 ドローインによって下腹部の減少は、例えるなら、さらしなどで無理やり締め付けているようなものです。 根本的なウエストダウンには、内蔵や皮下についた脂肪を減らす有酸素運動との組み合わせが効果的のようです。 『30秒ドローイン!腹を凹ます最強メソッド』を監修した東大・石井直方教授が行った実験では、 ドローインしながらの歩行を組みあわせてウオーキングすると、普通に歩くより約40%もカロリー消費量が増えた、という結果も出ています。 下腹が5分で引き締まったエクササイズ動画 シンプルな4種類の運動で、腹部や脇腹の主要な筋肉群をまんべんなく、効率良く鍛えられます。 動画エクササイズメニューまとめ 1. 上体起こし12回 2. 膝曲げ12回 3. かかとタッチ12回 4. シザーキック(交差足上げ)12回 ウエストひねりストレッチ 骨盤のズレ防止にも ウエストを引き締めて骨盤のずれも防止でき、効果が出やすいエクササイズです。 1.まっすぐ立ち、腕を肩の高さで交差させる 2.腰がずれないようにしながら、ゆっくり腰を右にひねり 5秒キープ 3.ゆっくり戻し、次に左にひねり 5秒キープ これを 10回程度繰り返します。 体が前に傾かないように意識しましょう。 下腹部とヒップアップに効果のある「ヒップリフト」 お尻も引き締められて一石二鳥! お腹まわりの内臓を支えるインナーマッスルを効果的に鍛えるエクササイズです。 1.仰向けになり両足を軽く開いて膝を直角に曲げる。 手は体に沿って床を支える 2.ゆっくりと腰を持ち上げて肩からつま先が一直線になるところで 5秒キープ 3.ゆっくりを下ろし、 床につく手前で止める これを 10回繰り返します。 インナーマッスルと腹筋を鍛える「足上げ腹筋」 足上げ腹筋 負荷をかけ過ぎずにアウターマッスルとインナーマッスルを同時に鍛えます。 1.仰向けになり手は腰の下に置く 2.両足を上げて 20秒キープ ポイントは 腰が浮かないようにすることと呼吸を止めないこと。 足の高さは床から15cmくらいが理想ですが、最初は無理をしなくても大丈夫。 腰が浮く手前でキープしましょう。 下腹ポッコリを即効5分で解消するダイエット運動!まとめ 短期間で下腹部のダイエットを成功させるためには、エクササイズだけでなく、冷え防止、便秘解消の食生活、正しい姿勢の維持も大切です。 特に正しい姿勢は普段から意識するようにしましょう。 わかりやすいのは壁に沿って立った時に、壁と腰の間に手が1枚分入る状態。 姿勢が悪い場合はその状態を維持するだけでもかなり疲れるはずです。 また、エクササイズは無理のない範囲で毎日続けるように意識しましょう。

次の

即効で便秘解消も!サイリウムで簡単にぽっこりお腹を解消する方法4つ

ぽっこり お腹 解消 即効

下腹ぽっこりになりやすい習慣3つ目は、体を冷やすことです。 体が冷えると代謝の低下やむくみを招きます。 冷たい飲み物や食べ物は体を冷やすので、なるべく控えるようにします。 キュウリやトマト、豆腐といった食べ物も体温を下げる効果があるので、食べすぎに注意します。 逆に、カボチャや生姜、ネギといった食べ物は体を温める効果がありますので、体が冷えているときには積極的に食べるようにします。 寒い日には、あたたかい紅茶に少量の生姜を入れると、手軽に体を芯から温めることができるのでおすすめです。 生姜はレンジでチンすると、その効果をさらに上げることができるそうです。 こちらの記事にレンチン生姜の作り方と、レンチン生姜を使ったレシピが紹介されています。 ぜひご覧になって試してみてくださいね。 下腹ぽっこりになりやすい習慣の4つ目は、バランスの悪い食事です。 バランスが悪い食事をしていると、タンパク質が不足し筋力不足を招きます。 またビタミンB群は代謝にも影響するので、不足すると太りやすくなってしまいます。 ダイエット中でも葉っぱだけのサラダなど、バランスの悪い食事はしないようにしましょう。 そうならないために、バランスの良い食事を心がけます。 おすすめは、レバーを使った料理です。 レバーはタンパク質とビタミンB群がともに多い食材です。 また、大豆もタンパク質の含有量が多く、大豆イソフラボンが女性ホルモンと同じ働きをしてくれるのでおすすめの食材です。 大豆を使った代表的な食材に納豆が挙げられます。 こちらの記事に、納豆のアレンジレシピやトッピングが紹介されていますので、ぜひお気に入りの納豆の食べ方を見つけてみてくださいね。

次の

お腹ダイエットはまず1週間!ぽっこりお腹を解消してくびれを手に入れる

ぽっこり お腹 解消 即効

女性の大敵!下腹だけぽっこりの原因 女性にも多い見た目は割りとスリムなのに、 下腹が ポッコリと出ているとお悩みはありませんか?下腹だけ出ていると、それだけでもスタイルが悪く見えてしまいますよね。 ぽっこり下腹を解消したくてあれこれ試してみたけど、なかなかぺたんこになってくれない頑固さに諦めてしまうのはまだ早い! 今回は、下腹がぽっこり出てしまう 原因とその解消法についてご紹介したいと思います。 細いのにぽっこり腹になる原因って? 1. 冷えによるたるみやセルライト 手足や下半身の冷えが気になる女性は多いと思いますが、 慢性的に冷え性の方は、おへそから下腹部にかけた部分がひんやりしている場合も多いと言われています。 一度、お腹の温度を手で確かめてみてください。 お腹まわりが冷えていると、内臓を守るために皮下脂肪が付きやすくなるだけでなく、むくみやセルライトの原因にも。 ウエスト部分にボトムスの跡がくっきりついている場合は、特に注意が必要です。 お腹まわりの筋力低下 腹筋をはじめとするお腹まわりの筋肉は、日常生活で使われていないとどんどん衰えます。 筋力に支えられていた内臓が徐々にその重さに耐えられなくなり、内側から押された結果下腹が膨らんできてしまいます。 下腹あたりを触った時、脂肪のぷよぷよっとした感じではなく、 身体の内側からどっしりとした重みを感じる人は、もしかするとこのタイプかもしれません。 腹筋を中心としたエクササイズで解消していきましょう! 3. 腸内環境の乱れ 普段から便秘に悩まされている方も要注意。 腸の出口が塞がれてしまい、食べ物が腐敗してできるガスや便で膨らむことからお腹がぽこっと出てしまう場合も。 また、 腸内環境が悪化し汚れや悪玉菌が増えると、腸の粘膜も過敏になりがち。 さらに悪化すると、アレルギー反応を引き起こして腸が腫れた状態になって、ぽっこり腹の原因になることもあります。 骨盤の歪み 骨盤が歪んでしまっていると、むくんでしまうだけでなく下腹ぽっこりの原因にもなり得ます。 骨盤は一日の中で開閉を繰り返していますが、歪んだ骨盤は開閉がスムーズに行われず開きっぱなしで固まってしまうことも。 こうなると、内臓が本来の正しい位置に留まることができず、下へと下がっていってしまうため下腹がぽっこりと出て見えることがあります。 普段から足を組んだり合わない靴を履いていないかチェックしてみてください。 下腹を即効で引き締める腹筋トレーニング方法 気になる下腹をへこませる、「リバースクランチ」というトレーニング方法をご紹介します。 なかなか厳しいですが効果は抜群! 1週間もあれば嬉しい変化を感じることができますよ。 下腹に効くリバースクランチ Sponsored Link モデルのようなペタンコお腹を作るには、下腹をしっかり引き締めることが大切です。 そのためにはどんなトレーニングが有効なのでしょう。 おすすめなのが リバースクランチです。 上体を上げるのではなく、足を持ち上げて腹筋を鍛えるクランチの応用編です。 下方から巻き上げるような動きになるので、ダイレクトに下腹部に効いてきます! 膝を曲げて行うので、腰や脚に無駄な負荷をかけず、お腹部分だけを働かしやすいのが特徴です。 普通の腹筋をすると腰や首が痛い!と感じている方にも最適なメソッドです。 早速リバースクランチにトライ! それでは早速トライしていきましょう。 柔らかいベットや固すぎる床は避け、ヨガマットや絨毯の上などで行います。 基本のリバースクランチ 仰向けに寝て、背中全体を床にしっかりとつけます。 腕は手の平を下にして身体の横に楽に置いておきましょう。 両膝を曲げて足を軽く持ち上げます。 息をフッと吐きながらお腹に力をいれて、腰を浮かすようにして脚を胸の方向へ動かします。 そのまま脚を床すれすれまで下ろします。 それよりも 出来るだけ勢いをつけずに行うことが大切です。 お腹がぎゅっと縮まるのを感じましょう。 上級者向けはこちら! 手の位置を変える まだまだ出来そうという方は、さらにレベルを上げていきましょう。 手を床から離し頭の後ろに軽く添えてみて。 お腹の力だけで下半身を持ち上げることになり、より負荷がかかります。 ボールを挟んで 膝の後ろにボールやタオルを挟んで、落とさないようにキープするのもおすすめ。 脚の筋肉も同時に働かすことができますよ。 ただし、脚の方に力を入れすぎないよう注意。 しっかりお腹に意識を集中させましょう! さらに 慣れてきたら腰を浮かせた状態で1~2秒キープしてみてください。 ここまで出来るようになれば、お腹周りがどんどんスッキリしてきますよ。 リバースクランチの注意点 お腹に意識を集中することから始めます。 さらに、注意して欲しいのは、 脚を上げるのが目的ではなく、腹筋の下を収縮させることが大切です。 ・腹筋下部を収縮させながらゆっくりと上げる。 ・勢いをつけて上げない。 ・脚ではなく、腹筋下部に力が加わっていることを意識する。 ・下ろすときは、反動を使わず、力を使ってゆっくり戻すようにする。 そして、ゆっくりと呼吸しながらやること。 呼吸を止めてしまうと無呼吸運動になってしまい、筋肉の1本1本が太くなってしまいがちです。 深くゆっくりの呼吸を続けて下さい。 足ではなく腹筋を鍛えることが目的なので、足に負荷がかかり疲れるようならば、フォームが正しくないと思われます。 下腹ぽっこりの原因と解消法のまとめ これなら、下腹ぽっこりの悩みが解消できそうでしょう! ペタンコお腹でモテボディにに近づきたいなら、ぜひトレーニングを始めてみてください! 気になる下腹が凹めば、もっと自信が持てるようになるはず。 まずは1週間続けてみて。 ぽっこりお腹を解消しましょう。

次の