産経新聞 最終面接。 内定者のES見本 産業経済新聞社 エントリーシートと志望動機

短期集中!スカイプで充実の英語コーチングが受けられる「産経オンライン英会話」

産経新聞 最終面接

例えば朝日新聞社では記者部門で出題された過去の筆記試験の問題とその解答が紹介されていて、小論文のテーマも2013年の春が政権交代で秋がデジタルデバイドでした。 これまでの小論文のテーマも経済成長やソーシャルメディアなど、その時代に合わせたテーマが多く文章の構成力や表現力が要求されます。 筆記試験の一般教養問題は対策を十分に行っていれば分かる問題が多く、作文はテーマに沿って800文字を1時間にまとめます。 他の新聞社の筆記試験の問題もだいたい同じようなレベルで、産経新聞社の場合は例年とも国語・一般教養・作文が出題されますが、各社の新聞を普段から隅々まで読んだり一般教養やマスコミ用語などの勉強することでかなり違ってきます。 作文はどこかできちんと添削してもらうなど、訓練を受けたほうがいいでしょう。 次に面接ですが新聞社によっても多少は違いますが朝日新聞社の場合は一次面接と、東京の本社で行われる二次面接と三次面接の後に最終面接があります。 一次面接は約15分から約20分で、人事担当者2人が面接官で自己紹介や志望動機など一般的な質問が行われます。 そのため一次面接の対策は事前に質問が、だいたい分かっているので比較的に準備が可能です。 志望動機で面接官が知りたいのは、あなたの可能性や将来性などで十分に気を付けましょう。 朝日新聞社の二次面接は東京の本社で行われ、午前は面接官3人を前に90分間の集団討論が行われます。 テーマはありますが特に決まってなくて、面接官が当然そのテーマを変えたりすることもあります。 そのため 集団討論では事前の対策が取り難い面もありますが、模擬討論の練習を行ったりして積極的に発言するようにしたほうがいいでしょう。 午後には模擬の取材を行い、それを元に記事の作成をします。 約15分の三次面接では個別で行われ、応募者に応じて面接の内容も異なってきます。 最終面接は朝日新聞社の役員が7〜8人ほど出席する前で、約15分の個人面接が行われます。 特に難しい質問などはされませんが、最後は堂々と自分をアピールすることが大事です。 もし面接に不安がある方はこのサイトに掲載されているマイナビエージェントなど、上位の転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。 転職エージェントでは面接セミナーなども無料で開催していて、個人的に担当者にお願いすれば模擬面接なども行ってくれます。 新聞社の求人に強い転職サイト! サービス名 利用料金 対応エリア 詳細 無料 全国.

次の

産経新聞社の採用の難易度や倍率!年収や評判は?

産経新聞 最終面接

入社経緯 この職種に興味を持ち始めたのは、偶然参加した産経の経理職の説明会でした。 お金を管理するということは会社の経営状況を知るということであり、会社を全体的に見ることができる点に魅力を感じました。 新聞社を志望したのは、新聞が世の中に与える影響力や紙媒体の重要性を感じており、それを支えるビジネスがしたいと思ったからです。。 発行している紙面の内容はもちろんですが、最終的には「人」を見て入社を決めました。 面接の雰囲気や、私が答えたことに対する反応、また、今後自分が経理としてサポートする人はどのような人たちか、それらを考え、一番入社したいと思った産経を選びました。 仕事内容 入社してから財務部、経理部、そして今は収益強化対策本部に所属しています。 これまでの部署は、いわば会社の数字の終着地。 上がってきた数字の確認、会社の結果として公表するまでの仕事をしてきました。 収益強化対策本部は、投資案件や企画の立ち上げ段階から数字を精査する部署です。 各部署が起案する企画を通すのは簡単ですが、産経にとって利益となるか否か、リスクを把握しマネジメントすることがこの部署の役割でもあります。 また、実績の数字に対して、なぜその結果になったのかを分析し、経営判断の材料を作るという役割もあります。 新聞業界は大きな転換期を迎えており、経営に関する意思決定の迅速化がより一層求められるようになりました。 私たちは正確な判断材料を経営陣に提供するため、常日頃から様々なセクションとのミーティングを重ねています。 そういったやり取りをしていると、産経には様々な社員がいて、その一人一人の活動が数字となっている事を痛感します。 単に数字としてまとめるだけでなく、その数字の背景やプロセスを含めた情報を経営陣に伝えなければならないとも思うようになりました。 社員と経営陣の架け橋となり、経営判断の一助になれるということがやりがいだと思います。 受験生へメッセージ 当たり前のことですが、会社や仕事についてきちんと理解したうえで入社して欲しいと思います。 様々な部署があり、仕事内容は言うまでもなく、勤務形態や繁忙期、集まる人種、重きを置く考え等はそれぞれで違います。 これはどの会社でも言えることで、分かっているようで分かっていないことの方が多いのではないでしょうか。 こう言っている私自身、入社してから知ったことの方が多いのですが・・・。 入社後の自分について具体的にイメージできているか考えてみてください。 もしまだ曖昧なら、説明会や面接など質問できる機会に、繁忙期又は1日の中で忙しい時間帯、及びその理由を詳しく聞くと、働く姿がイメージしやすくなると思います。 私が就職活動中に一番気を付けていたことは、周りを気にしないということです。 就職活動の期間は、なにより、ほかの誰でもない自分が就職する会社を選ぶ貴重な時間です。 周りと違うペースで進むことが普通だと思います。 大変なことが多いと思いますが、自分らしく頑張ってください! 学生時代に打ち込んでいたことは? アルバイト。 主に割烹料理屋と不動産屋で働きました。 社会人の方と沢山話しておいたことは今の仕事でも役に立っています。 あとお酒を好きになったことも人生で役に立っています。 たぶん。 お酒を飲む機会は週にどれくらい? 週に3~6 学生時代、就活中にやっておけばよかったこと、やってたこと 学生時代にもっとやっておけばよかったことは勉強。 新聞を読むことは普段からしておいてよかったです。 おすすめの本は? 小説なら「坊っちゃん」、マンガなら「スラムダンク」。 最近読んだ「キングダム」も面白かったのでおすすめです。 趣味は? ひたすら映画を観ること。 旅も好きです。 (小さいころにやっていたトランペットを趣味として復活させたい。

次の

「産経新聞」最新質問一覧

産経新聞 最終面接

Summary• 新聞社の筆記試験の概要 書類選考通過後に課される関門 まずは、全国紙5紙と大手通信社2社の選考フローを見てみましょう。 実質の本選考(早期選考)で、6月の定期採用試験は実施されているか不明。 2019年度入社試験は、春季は取材実技試験と面接、夏季はグループディスカッションと面接。 朝日新聞社は2019年度入社試験より、多様な人材の獲得を目的に筆記試験を廃止しました。 しかし、その他の新聞社・通信社は筆記試験を課しており、内定獲得への関門となっています。 共同通信社のみ筆記試験を1次面接後に行います。 しかし、その他の新聞社・通信社は書類選考通過後に行い、筆記試験に通過しないと面接選考に進むことができません。 社によってその割合は異なりますが、この筆記試験で7~9割の受験者を落とします。 筆記試験は一般常識と論文・作文試験がある 筆記試験は一般常識試験と論文・作文試験に分けられます。 一般常識の出題内容は社によってさまざまですが、時事問題や漢字、国語、英語などが主です。 日本経済新聞社の日経TEST準拠問題のようなオリジナル性の高い試験を課すところもあります。 時事問題の難易度が高い 新聞記者は高度で幅広い教養・知識が必要とされる職種です。 したがって、課される一般常識試験の中でも特に時事問題の難易度が非常に高いと言われています。 新聞を読み込んでおかなければ解けないような問題であり、記念受験者を落とす意味合いも持ちます。 一般常識試験の対策 新聞を読む 新聞社の筆記試験対策の一番の基本は、受ける新聞社の紙面を読み込むことです。 基本的にどの社も、自社の紙面に載っているものから時事問題を出題します。 つまり、紙面を読み込んでおけば理論上、時事問題に関しては全問正解を目指せるのです。 しかし、新聞記者を目指す人は複数社受ける人がほとんどで、受ける社の紙面全てに毎日目を通すことは現実的ではないのも確かです。 1面に載るニュースから出題されることが多いため、すべての面に目を通すことはできなくとも、1面だけでも各紙チェックをしておきたいところです。 キーワード集を使用する 時事問題に関するキーワードを押さえることは、筆記試験そのものの対策になるだけでなく、新聞記事を根本から理解するためにも重要です。 『朝日キーワード』や『日経キーワード』のような、最新の時事キーワードを解説したキーワード集を使用するのがおすすめです。 また、現在論点となっているテーマをキーワード集によって知ることで、重点的に勉強すべきテーマをつかむこともできます。 『新聞ダイジェスト』を使用する 『新聞ダイジェスト』は毎月発行され、全国紙5紙(読売・朝日・日経・毎日・産経)とブロック氏の東京新聞の、その月の内容がまとめられたものです。 その月の重要テーマについての記事や、特定のテーマに対する各社の社説がまとめられており、速報性は新聞紙面に劣りますが、効率よく情報収集ができます。 巻末には筆記試験対策用の復習問題や漢字問題がついており、筆記試験対策に非常に効果的な教材です。 一般教養・常識問題の参考書を1冊仕上げる 時事問題に関しては、以上の新聞紙面、キーワード集、『新聞ダイジェスト』で十分な対策が可能です。 しかし、時事問題以外にも一般教養に関する知識も問われるのが新聞社の筆記試験です。 科学や数学など一般教養的なテーマも出題される筆記試験を通過するためには、その対策の参考書を1冊仕上げておくと安心です。 中でも『一般教養の天才』は、マスコミ志望者向けに作られているのもありおすすめです。 ただ、一般教養については比率的にそこまで高くないため、自信のある人は対策は不要かもしれません。 過去問題に取り組む 各社の採用サイトに筆記試験の過去問題が掲載されていることが多いです。 全国紙5紙と大手通信社2社では、毎日新聞社と産経新聞社以外は過去問題が掲載されています。 力試しと傾向をつかみ今後の対策に生かすことを目的に、対策を始める前に一度解いてみましょう。 そして、あらゆる対策が終わり次第、自分の苦手なテーマややり残していたテーマが無いか確認する意味でももう一度取り組み、大体7~8割正解できるようにしておきましょう。 会社に応じた対策をする 日本経済新聞社は日経TEST準拠問題、毎日新聞社はニュース時事能力検定2級レベルの問題が出題されます。 したがって、それぞれに応じた対策を講じることが、その社の筆記試験対策の近道であると言えます。 日経TEST、ニュース時事能力検定2級用の参考書も出版されているので、それを使用して対策を行いましょう。 また、毎日新聞社はニュース時事能力検定2級保有者は書類審査、筆記試験が免除になります。 筆記試験対策にもなるので、取得しておくことも有効な対策です。 英文ニュースを読む 共同通信社、時事通信社の通信社2社は英語問題が出題され、その難易度も高いです。 共同通信社は英文和訳、時事通信社は英文和訳に加えて和文英訳もあります。 基本的に英文和訳も和文英訳もニュースが題材であり、時事的な単語を知っている必要があります。 英文ニュースを読むことで、時事英単語に触れることができ、和訳の対策にもなります。 「BBCニュース」や「The Japan Times」がおすすめです。 新聞記者になるための筆記試験一般常識対策 新聞記者になるためには筆記試験という関門を突破する必要があります。 特に時事問題は非常にレベルが高く、新聞を読んだりキーワード集を使ったりなど対策には膨大な時間がかかり、心配な人も多いでしょう。 しかし、早めに対策をしておけば必ず突破できるはずです。 「思い立ったが吉日」、新聞記者を志す人はすぐに動き出すことを強くお勧めします。

次の