危篤 メール 返信。 3分でわかる!危篤とは?危篤状態のときの連絡方法と対応【遺族編】

【ビジネスメール】返信の返信の例文|件名や書き出しの一工夫とは?署名はどうする?

危篤 メール 返信

Q 友達以上恋人未満と言う関係の彼女がいます。 その娘の母親が倒れられ 彼女の生活状況が変わり自分のことのように思え彼女同様気持ちが落ち込んでます。 落ち込んでる時、倒れられる前までのようにたわいもない内容のメールだしたら余計に彼女の気持ちを落ち込ませてしまいそうに思ってしまいます。 と言って 例えばですよ どうです、お母様の様子はとか、心配してます、 な~んてメールするのは入院患者にがんばってねまたは元気だしてねと言っても白々しく聞こえるのと一緒のような気がします。 要は 彼女をつなぎとめたいだけだと思ってますが、あんたなら どんなメール送られます。 いろんな意見聞きたいので、回答期間少々相手も見てますのでよろしくお願いします。 Q 先月友人の母親が倒れました。 その友人とは長い付き合いですが、その母親とはお会いしたことはありません。 友人の母親はおそらく脳出血だと思われます。 友人が電話で報告してくれたのですが、泣いていてうまく聞き取れませんでした。 現在も入院しており危ない状況らしいです。 先日も「お母さんの容態が急変して今から手術」というメールがきたので、危ないことは確かです。 私は両親が倒れたことはなく、二人とも元気です。 なので友人にどう声をかけたらいいかわからず悩んでいます。 友人のことは大切だと思います。 早くいつもの彼女に戻ってもらいたいです。 しかし、最近友人の連絡が億劫です。 必ず「どうしたらいいかな?」と聞いてきます。 そのたびに私はなんと返事をすればいいか悩みます。 下手なことは言えないし、「絶対良くなるよ」と言ったものの もし友人の母親が亡くなったら…と考えると辛いです。 友人は私を信頼して相談にきているのがわかるので、それは嬉しいことなのですが、 正直なところ私にはちょっと身が重く感じます。 この友人に対して、私はどのように接するべきですか? また、友人は私になにを求めているのですか? 皆様、ご回答よろしくお願いします。 先月友人の母親が倒れました。 その友人とは長い付き合いですが、その母親とはお会いしたことはありません。 友人の母親はおそらく脳出血だと思われます。 友人が電話で報告してくれたのですが、泣いていてうまく聞き取れませんでした。 現在も入院しており危ない状況らしいです。 先日も「お母さんの容態が急変して今から手術」というメールがきたので、危ないことは確かです。 私は両親が倒れたことはなく、二人とも元気です。 なので友人にどう声をかけたらいいかわからず悩んでいます。 A ベストアンサー こんにちは。 30代オンナです。 私は5年前に実母を癌で亡くしました。 そのときに会社の皆さん、友人たちにいろいろな言葉をかけてもらいました。 「大変だったね」「何かできることあったら言ってね」等々なぐさめやねぎらい(お通夜・お葬式は大変だった!)の言葉はどれもありがたいものでした。 ただ、うちの母親の場合56歳という若さで亡くなったのでそれは私自身とても残念で悲しいことでした。 唯一「まだ、若かったのに残念ね・・」という言葉には正直辛く感じました。 わたくしごとをゴタゴタ並べてしまいましたが、やはり何か言葉をかけてあげたほうが良いと思います。 腫れ物を触るように気をつかっていただいたことがあり逆にこっちが気をつかっちゃったりしたことがありました。 ただ、なくなった直後は葬式やら事務手続き等でとても忙しくて亡くなったんだ実感というものが感じられません。 できたら、落ち着いた頃に 49日が終わり、2か月くらいたったころ)食事にでも誘ってお話を聞いてあげてみてください。 A ベストアンサー 死を待つばかりの状態では相手も動揺しているでしょうし、何を言ってもそれが状態を改善する訳でもないので、手短にご自分の気持ちを伝えるだけで大丈夫です。 英国圏では通常、I'm so sorry to hear that. というのが普通最初に口に出る言葉です。 その後は相手の方とどのくらい親しいかにもよりますが、下記の様な事も言えると思います。 It breaks my heart to imagine what you and your family are going through. I know words are inadequate to express how sorry I am. Please let me know if there's something I can do for you. I'm a good listener, so if you'd like to talk about it, I'm always here for you. この他にもご自分で相手に心の底から伝えたい事があれば、紋切りの表現より相手に感銘を与えると思います。 お義理で言うだけでなく、相手からその後の連絡がなくても「どうしていますか?」というフォローアップをしてあげると良いと思います。 死を待つばかりの状態では相手も動揺しているでしょうし、何を言ってもそれが状態を改善する訳でもないので、手短にご自分の気持ちを伝えるだけで大丈夫です。 英国圏では通常、I'm so sorry to hear that. というのが普通最初に口に出る言葉です。 その後は相手の方とどのくらい親しいかにもよりますが、下記の様な事も言えると思います。 It breaks my heart to imagine what you and your family are going through. I know words are inadequate to express how sorry I am. Please let me know if there's some... Q 6日前からアルバイトスタッフが休んでいます。 理由は、お祖母様が危篤状態で危ない、との事でした。 事態が事態なので悔いのない様に過ごしてもらいたいと思い、落ち着くまで休める様に調整するから遠慮なく言う様にと伝え様子を見ていました。 その3日後、祖母の容体が回復し、親戚達と今後の介護などの話し合いも終わったのであと2日休んだら出勤したい、とスタッフから申し出がありましたのでそのつもりで出勤当日を迎えたのですが、そのスタッフは来ませんでした。 何かあったのかと心配になり電話しましたが、出ません。 留守電に折り返し連絡を下さいと入力しましたが連絡はありません。 お祖母様の事でいろいろ慌ただしかった事もあり肉体的精神的に疲れてしまったでしょうし、さらに追い詰めてしまいそうな気がするので連絡を頻繁にするのは避けてそっとしておきたい気持ちもあります。 ですが、どの様な状況であれそのスタッフが無断欠勤をした事によって残業する事になった他のスタッフや休日のスケジュールを変更して代わりに出勤してくれたスタッフの事を考えると、売り場の責任者として無断欠勤については怒りを覚えてしまいますし、今後も自分の言った日なのに突発で休む事が続けば他スタッフの負担が増えるのは明らかですので、こちらとしても困ってしまいます。 この様な状態のスタッフの無断欠勤に、どう対応したら良いのか分からず悩んでいます。 皆様ならばどの様になさいますか? ご指導のほどよろしくお願い致します。 理由は、お祖母様が危篤状態で危ない、との事でした。 事態が事態なので悔いのない様に過ごしてもらいたいと思い、落ち着くまで休める様に調整するから遠慮なく言う様にと伝え様子を見ていました。 その3日後、祖母の容体が回復し、親戚達と今後の介護などの話し合いも終わったのであと2日休んだら出勤したい、とスタッフから申し出がありましたのでそのつもりで出勤当日を迎えたのですが、そのスタッフは来ませんでした。 何かあったのかと心配になり電話しましたが... Q 本日、父が倒れ緊急入院しました。 脳関係(おそらく脳梗塞)なのですが、あいにく今日は休日なので詳しい検査を明日から行い、以後の治療をきめていく、とのこと・・・。 (意識はまだあります) とはいえ、私は正社員として働いているので明日から仕事があります。 サービス残業ももちろんあります。 定時になったらすぐに帰れる、という状況ではございません。 そこで質問なのですが 上記の理由で明日から数日、 仕事を休んだり、早退する、ということは、常識的に考えてありなのでしょうか?? もし「あり」なのでしたら上司に相談してみようと思うのですが・・・。 私の周りをみてもこういった理由で休んでいる人はまだいなくて・・・。 (私はまだ20代半ば・・で・・) こういったことで休んだりするのは・・・非常識な行為なのでしょうか?? 是非、一人でも多く意見をきかせてください A ベストアンサー お父様が倒れられたとのこと、びっくりされていると同時にとても心配されているのではないかと思います。 そのような事情であれば、休んでも構わないと思われます。 なお、法律的な面で心配、というのであれば、 6ヶ月以上継続勤務し、契約上出勤することになっている日の8割以上出勤していれば、10日の年次有給休暇を取ることが可能です。 まずは、明日の朝にでも「こういう事情でお休みさせてください」と会社に年次有給休暇の取得を申し出られてはいかがかと思います。 そのほか、お父様が介護が必要な状態になった場合には、最大で93日の介護休暇を取ることが可能です。 (雇用保険の被保険者であるなどの細かい条件がありますが) 公共職業安定所に問い合わせれば、介護休業のことについて教えてもらえるはずです。 会社は介護休業の間は賃金を支払わなくても構わないのですが、介護休業した場合、雇用保険から給付金が支払われる制度もあります。 家族を介護する人が増えてきている時代ですし、公共職業安定所にもそういう労働者を支援する制度がありますので当てはまるようなら、その制度を活用されたほうがよいと思います。 (まだ介護が必要な状態になるとは決まったことではありませんが、念のため。 ) 倒れたばかりでお父様は何かと不安なことがよいでしょうから身内のかたがそばにいられたほうがよいかと思います。 とにかく早めにお見舞いに行ってあげてくださいね。 お父様が倒れられたとのこと、びっくりされていると同時にとても心配されているのではないかと思います。 そのような事情であれば、休んでも構わないと思われます。 なお、法律的な面で心配、というのであれば、 6ヶ月以上継続勤務し、契約上出勤することになっている日の8割以上出勤していれば、10日の年次有給休暇を取ることが可能です。 まずは、明日の朝にでも「こういう事情でお休みさせてください」と会社に年次有給休暇の取得を申し出られてはいかがかと思います。 そのほか、お父様が介護が必要... Q 親の容態が不安定な場合休みを貰うのは非常識でしょうか? 仕事を休むべきか?出勤するべきか?悩んでいます。 一進一退の状態で、再起をかけて入院中の父の介護をしてきました。 特に、先週一週間、上司にお願いして、昼から休みを頂いて 午後から介護にあたってきましたが、昨日、主治医から 意識などは、現在ありますが、容態が急変して、急死する可能性もあります。 覚悟しておいてください。 と言われました。 他に家族もいなく、一人で病院において置くのは、あまりにもとも思いますが 意識不明とか、確実に死ぬという状態でもなく、どういった判断をするべきか 非常に悩んでいます。 みなさんが同じ様な立場であったり 職場の人間だとすれば、どう思いますか?このような状態で 休みを貰いたいのは、甘え、非常識なことだと思われますか? A ベストアンサー 職場側の立場です。 建前論としては、有休を限度いっぱい申請し、それでも足りないなら無給の介護休暇・介護休職をとっても問題はないとの回答になります。 しかし、現実には、制度がしっかりしている大きな会社や公務員などと 仕事がいっぱいいっぱいの中小企業とでは異なります。 前者なら 制度をフルに活用しても問題ありませんし、一人くらい欠けても支障を来たしません。 ただし、後者では 一人が長期的に欠けるとなると仕事に支障を来たしてしまい、連続した休みには良い顔をしませんし、社内の人々も 表面はともかくとして内心では快く思っていません(あえて言えば 会社を辞めて看病に専念して欲しいと思っていたりします) ということで 私も現実を言うだけで どうすべきかとは言えません。 私は、親が亡くなった時は遠方のため死に目に会えませんでしたが、そういう人もいます。 家族の全員が死に目に立ち会っているわけではありませんし、冷たいことを承知で言えば、死に行く人より これから長く生きるであろう人の状況を重視するという考えもあります。

次の

身内の危篤を連絡する際の考え方や注意点とは?メールの内容や返信の際のマナーなども紹介します

危篤 メール 返信

危篤の際に連絡する範囲や方法とは 身内が危篤に陥った際、具体的に誰にどのような方法で、どういった内容を伝えれば良いのでしょうか。 危篤とは 危篤とは、回復の見込みがほとんどなく、残された時間が数時間、あるいは数日間であるか予測できないものの、いつ息を引き取ってもおかしくない身体状態を指します。 危篤状態から回復することもあり得ますが、基本的には「亡くなる寸前」であると考えられ、その前提で周囲は行動することになります。 危篤の連絡をする人の範囲とは 身内が危篤状態に陥ったら、まだ息のあるうちに会ってもらえるよう、近しい人たちに連絡をします。 具体的な連絡範囲としては、親族については3親等まで(孫やひ孫、伯叔父母や甥姪などまで)が目安とされ、親族以外の友人・知人については日頃のつきあいの深さを考慮して連絡すべきか判断します。 危篤の電話連絡で伝えるべきこと 緊急連絡という性質上、危篤の連絡は電話で行なわれることが一般的です。 身内の危篤に際し、多かれ少なかれ混乱している状態で連絡することになるため、下記のような伝えるべき内容をあらかじめ整理しておくと安心です。 電話をかけている本人の氏名、危篤者との続柄、連絡先電話番号• 危篤者の病状• 入院している医療機関の情報(名称、住所、電話番号、病室) 電話がつながらない場合 危篤の連絡はとにかく急いで知らせることが重要です。 後でまた電話をかけ直すにしても、留守電にメッセージを残したり、メールで知らせるなど、相手にもっとも早く用件が伝わるようにするためのあらゆる手段を試みましょう。 なお、メールで連絡する場合にも、電話連絡時に伝えるべき上記内容を含めるようにします。 連絡の際に配慮すべきこと 遠方の相手に対しては、現状や医師の見解などを正確に伝え、すぐに駆けつけるか、駆けつける準備だけ整えて次の連絡を待つなどの判断をしてもらえるよう配慮が必要です。 加えて、遠方から来てもらう場合には、来てほしいとお願いした側が交通費や宿泊費を負担するという考え方もあることを念頭に置いておきましょう。 また、危篤者の属している組織(会社など)のメンバーなど、人数の多いグループの連絡の際には、代表者に連絡をしてグループ内への周知を依頼します。 危篤連絡を受けた際の対応とは 危篤の連絡を受けた側の立場である場合、どのように対応すべきでしょうか。 危篤の連絡を受けた際に確認すべきこと 身内の危篤に際して慌ただしさの中にある連絡者に対し、後になって再確認の電話をするようなことがあってはいけません。 入院先の医療機関の情報(名称、住所,電話番号、病室)や連絡者の連絡先といった必要な情報を復唱する、メモを取るなどして確実にしておきます。 また、駆けつける場合には、いつ頃到着見込みかを含め、その旨をご家族に伝えておくようにしましょう。 すぐにも駆けつける際のマナーとは いち早く駆けつけることが最優先ですので、スーツなどのきちんとした格好でなくても失礼には当たりませんが、華やかなアクセサリー類は身につけない、あまりに派手な服装は避けるといった程度の配慮は必要です。 また、何日間も昏睡状態が続くこともあれば、ほどなく亡くなりすぐに葬儀が営まれることもあります。 遠方の場合は、必要となればしばらく滞在することができるよう宿泊の準備と、自宅に戻らずそのまま葬儀に参列できるよう喪服類一式の準備とをした上で駆けつけます。 ただし、喪服をあらかじめコインロッカーに預けてから病院へ向かうなど、もしかすると回復するかもしれないというわずかな望みを持っているご家族の目に触れさせない気遣いを忘れないようにしましょう。 駆けつけた際の注意点 残された最期の時間を過ごすべきは、やはり誰よりもご家族です。 ご家族の邪魔にならないような振る舞いを心がけましょう。 駆けつけられない場合 さまざまな事情により、すぐには駆けつけられないということもあるでしょう。 駆けつけられるから誠実で、駆けつけられないから不誠実といった話ではありません。 連絡をくれたご家族に正直に状況を話し、今すぐ駆けつけることが無理である旨を伝えます。 手土産などは不要 親族や知人のもとを訪ねる際に手土産を持参することは一般的ですが、危篤時に駆けつける場面に手土産は不要です。 思い出の写真など、危篤者やそのご家族を勇気づけるような品であれば、持参してもよいでしょう。 そのほかのマナー 危篤者が亡くなった後の話をしないのは最低限のマナーです。 また、ご家族の体調を気遣う言葉をかける、自分にできることがあればさせてほしいという思いを伝えるなどの配慮も忘れないようにしましょう。 まとめ• 危篤とは、回復の見込みがほとんどなく、遠からず息を引き取ると予想される状態を指す。 危篤を連絡する先としては、親族(目安としては3親等以内)や親しいつきあいのある友人・知人など。 危篤の連絡の手段としては電話が一般的だが、すぐに連絡がつかなければ留守電やメールなども活用する。 連絡内容としては、連絡者本人の情報、危篤者の病状、医療機関の情報が最低限必要。 遠方に住む相手に連絡する際は、駆けつけるタイミングを相手に判断してもらえるよう、状況を詳細に知らせる。 危篤の連絡を受けたら、基本的には大至急駆けつけることを最優先するが、遠方の場合は宿泊や葬儀参列の準備も整えておく。

次の

身内の不幸のときのメールの書き方・返信方法|結婚式/休み

危篤 メール 返信

家族が危篤の際の会社への連絡はどうする? 家族が危篤の際の会社への連絡はどのようにしたらよいのでしょうか。 会社に勤めている方は、家族が危篤になった場合はすぐに駆け付けるのが普通のことです。 危篤のご家族に付き添うため会社を早退したり、休むことになると思いますが、そのことを会社に連絡する必要があります。 しかし、会社への連絡は上司にすべきか、それとも同僚や部下でもよいのか、誰に連絡するのがよいのかと迷うこともあると思います。 また危篤になったのが深夜・未明などの場合、いつ電話したらよいか、メールは失礼ではないかなど、連絡方法や連絡のタイミングも悩ましいと思います。 どのようなことを伝えたらよいのかと戸惑うこともあるでしょうし、休暇のことも気になりますね。 そこで今回「終活ねっと」のこの記事では、 家族が危篤の際の会社への連絡についてご説明します。 突然の葬儀で何から始めればいいのかわからない・・・。 葬儀費用がいくらかかるのか心配・・・。 地元で葬儀を執り行いたい。 病院から紹介された葬儀屋を断ってもいいの・・・? 経験豊富なスタッフが 迅速に対応致します。 お葬式は終活ねっとに 全てお任せください。 家族が危篤の際の会社への連絡について 家族が危篤の際の会社への連絡はどうしたらよいのでしょうか。 ご家族の誰かが危篤状態になった際には、会社で勤務中のときは早退してすぐに駆け付けますし、帰宅後の場合は会社に連絡して状況を説明し休暇を取得する必要があります。 会社への連絡は誰にするべきか?• どうやって連絡するの?• 伝える内容とは?• 休暇はどうする? などの点についてご説明します。 誰に連絡するべき? ご家族の方が危篤になったときは、まず 会社の直属の上司にその旨をきちんと伝えましょう。 危篤の場合の休みは短期間かもしれませんが、長期間になることもあります。 どちらにしてもその間、会社に迷惑をかけないためには、不在中の仕事の引継ぎ相手、段取りなどを確認しておく必要があります。 ですから、きちんと上司に連絡して状況を理解していただき、対応の仕方を相談するのが、もっとも妥当です。 上司の方が会議や出張などで不在で直接連絡が取れないときは、 同僚や総務担当の方に伝言を託してもよいでしょう。 どうやって連絡するべき? 危篤の連絡は、どのような方法でするのがよいのでしょうか。 会社で勤務中に危篤の知らせを受けたときは 上司に会って直接伝えるのが望ましいです。 悩ましいのは帰宅後に危篤状態になったときです。 深夜・未明に危篤になることも多く、いつどのように連絡するか方法やタイミングで迷う方もおられると思います。 どのように連絡するのがよいのか方法を具体的に見ていきましょう。 とりあえずメールを送る 帰宅後の勤務時間外であっても、常識的な時間帯であれば電話をしても差し支えないでしょう。 基本的に相手の方が寝ていると思われる深夜・未明は控えて、 とりあえずメールで一報を入れておいた方が良いです。 メールであれば何時でも構いません。 ただ普段メールでやり取りをしていないときなどは、 電話をかけた方が確実でよい場合もあります。 電話を夜遅くあるいは早朝にかけるときは、「夜分遅くに申し訳ありません…」などと一言添えてから簡潔に状況を報告しましょう。 詳細はあとで電話する 深夜などにメールを送った場合は、その後に 必ず電話でフォローしましょう。 失礼のない範囲でできるだけ早く電話をして、 直接口頭で詳細を報告し、休暇を取りたい旨伝えます。 どんな内容を話すべきなの? ご家族が危篤であることを伝えるときは、 自分との間柄と休暇を取る予定も伝えます。 ご家族の病状や病気の原因などは、詳しく話す必要はありません。 仕事の懸案・連絡事項などは、急を要することでなければ別途連絡して引き継ぎをお願いする旨だけお話しておきます。 休暇について 危篤はご家族にとって深刻な事態ですが、 休暇の扱いなどはどうなるのでしょうか。 危篤の場合の休暇の扱い、危篤状態が長く続く場合の対応、職場への復帰後はどのようにすべきか、などの点について見ていきましょう。 危篤の場合は有給を使う 忌引き休暇制度がある会社は多いですが、 危篤の場合はもちろん忌引きにはなりません。 家族が危篤の場合の休暇規定はほとんど例がありません。 会社によっては柔軟に対応してくれるかもしれませんが、 通常であれば有給休暇を使うことになります。 危篤状態が長い場合には? 危篤の状態は、場合によっては一進一退で長く続くこともあります。 危篤の方への付き添いは欠かせませんので、ご家族にとっては気が休まる暇はありません。 しかし、会社を長い間続けて休むことは、難しいことも多いと思います。 危篤状態が長く続く場合は、会社の業務に支障が出ないようにその間の仕事のやり方などをきちんと決めておく必要があります。 ですから厳しい状況であっても、様子を見ながら一旦会社に顔を出して 上司と相談した方がよいです。 自分が担当する仕事が不在中もきちんと進められるように、 一時的に同僚の方などに引き継ぎをお願いすることも必要です。 自分への連絡方法などもきちんと伝えておきましょう。 職場に復帰したら 危篤による休暇で不在にしたときは、上司や同僚に少なからず迷惑をかけています。 職場に復帰したときは、すぐに上司に挨拶に行き、同僚の方々にも きちんとお礼を述べましょう。 その際、 心ばかりのお菓子などを持参して感謝の気持ちを伝える方も多いです。 闘病中の場合には事前に報告しておく ご家族が闘病中の時は、 周りの方に報告しておきましょう。 簡単な説明で構いませんので、伝えておいた方がよいです。 事前に状況を伝えておけば、ご家族が危篤状態になり急に帰宅せざるを得なくなったり、休むことになっても、 上司や周りの方も直ぐに状況を分かっていただけます。 自分の仕事の状況や関係書類がどこにあるかなどの情報を、関係者と共有しておくことも大切です。 特にご家族が闘病中のときは、意識して緊密に連絡を取っておくとスムーズに対処してもらえます。 会社にメールで連絡するときの例文 会社にメールで連絡するときの例文をご紹介します。 ご家族が危篤の際には、万一の事態も考えておくことが大切です。 両親の場合 自分の両親が危篤の場合の会社への連絡メールです。 夜分遅い時間にメールで失礼します。 私事ですが、父(母)が危篤との連絡があり、これから入院先の病院へ向かうところです。 急なことで申し訳ありませんが、数日休みをいただきたく存じます。 場合によっては休暇が延びるかもしれませんが、よろしくお願い申し上げます。 よろしくお願い申し上げます。 両親の場合は、一番身近な関係ですので、万一の場合は喪主になることや、休暇期間が長引くことも想定しておかなければなりません。 祖父・祖母の場合 自分の祖父母が危篤の場合の会社への連絡メールです。 夜分遅い時間に申し訳ありません。 私事ですが、同居している祖父(祖母)が危篤となりました。 つきましては付き添いのため明日休みをいただきたく、よろしくお願い申し上げます。 詳細は改めてお電話いたします。 急なことで申し訳ありませんが、よろしくお願い申し上げます。 そもそも祖父母が危篤の時にも休んでよいのか、と悩まれる方もいらっしゃると思います。 祖父母の場合は両親の場合より関係が離れるため、忌引きの日数も短いことが多いです。 しかし、 危篤の場合の休暇は有給休暇ですから、休む・休まない、休む日数は本人次第です。 そうは言っても休む場合は会社の方に多少なりとも迷惑をかけることに変わりはありません。 同居の有無など 祖父母との関係にも触れながら連絡した方がスムーズに進められるでしょう。 会社の人から危篤の連絡が来たら? 会社の人から危篤の連絡が来たらどのように対応すればよいのでしょうか。 返信の仕方や文例をご紹介します。 どんな返信をすればいいの? まず危篤の連絡には どんな返信をすればいいのかご説明します。 手短にする 危篤の連絡への返信では、 長々とした文章は禁物です。 心配させまいと仕事の状況などを詳しく説明する必要はありません。 病状などを尋ねるのもNGですし、相手への気遣いも行き過ぎるとかえって負担や迷惑になります。 ご家族が危篤のときは相手の立場を静かに思いやり、返信は手短にするのがベストです。 励ましの言葉には注意を 励まそうとの思いから、頑張って、落ち込まないで、大丈夫などと言いたい気持ちもあると思います。 しかし、危篤状態のときには折角の励ましの言葉も かえってご家族の気に障ることがあります。 ご家族が危篤の方に対しては、 むしろ静かに見守ってあげ、できる範囲で仕事面を淡々とフォローしてあげると良いでしょう。 会社の人から連絡が来た場合の文例 会社の人からご家族が危篤との連絡を受けた場合の文例をご紹介します。 連絡を受けた方が上司の場合と同僚・部下の場合に分けてご説明します。 上司の場合 上司から危篤の連絡を受けた場合です。 細かいことは尋ねずに、次のように 手短にお答えするのがよいです。 家族が危篤になった際は、会社の上司に連絡して事情を話し休暇を取得する。 深夜・未明の場合はメールで一報を入れ、その後に電話でフォローする。 とりあえず危篤の方との間柄と休暇の予定を伝え、詳細は別途連絡する。 家族が危篤の場合は有給休暇を取ることになる。 危篤状態が続く場合は、一度出勤して仕事の段取りや連絡方法を確認しておく。 職場に復帰したときは、上司・同僚の方にきちんとお礼を述べる。 家族が闘病中の時は、周りの方に事前に状況を伝えておくとよい。 仕事に関する情報は関係者と共有しておくこと。 特に家族が闘病中は緊密な連絡をとっておくことが大切である。 メールで会社に連絡するときは、自分の両親が危篤の場合は休暇期間が長引くことも想定しておいた方がよい。 祖父母が危篤の場合に有給休暇を取るかどうかは本人次第である。 危篤の連絡への返信は、長い文章は禁物で手短にした方がよい。 病状などを尋ねるのはNGで、励ましや気遣いも行き過ぎると迷惑になる。 家族が危篤の際の会社への連絡について、連絡方法や例文も含めて詳しく解説してきましたが、お分かりいただけたでしょうか。 ご自分の家族の危篤の連絡の時だけでなく、会社の方から危篤の連絡を受けることもあるでしょうが、そのような際はこの記事を思い出して参考にしていただければと思います。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の