わくわく さん。 久保田雅人さんの逮捕理由とは?ゴロリと不仲説?現在の活動を調査!

わくわくさん|簡単手作りおもちゃの作り方 工作図鑑

わくわく さん

ある日、お店の前にこんな看板を出します。 「あした スペシャルケーキを はつばいします。 おたのしみに!」 さあ、いったいどんなケーキでしょう? 読んでいる私たちはわくわく。 もちろん絵本の中の動物たちも! ひつじさんの親子や、くまさん親子、りすちゃん、うさぎちゃん、きりんくん……。 みんなうれしそうな顔で「スペシャルケーキ、たのしみにしてるよ」と言いにきます。 その間に、こんたは1段目のスポンジにミルククリームをたっぷり塗って、2段目にチョコレートクリームをたっぷり塗って、3段目には……? じつはこの絵本、穴あきしかけがいっぱいあるんです! どこに穴があいているのか? ちょっと見たくらいじゃわかりません。 どんどんケーキができあがっていく様子を見ながら、指でさわって確かめてくださいね。 作者・白土あつこさんのカラフルでかわいいケーキを見ると、真似したくなっちゃう。 出来上がったケーキを目にしたときの幸せな驚きや、ケーキを囲むうれしい時間が詰まっている絵本です。 (大和田佳世 絵本ナビライター) こんたは人気のケーキやさん。 みんながあっと驚くスペシャルケーキを作ろうとはりきっています。 そこへ、ひつじさんがやってきました。 『ケーキたのしみにしているわよ』『はい、お楽しみに!』森の仲間が次々とやってきて、こんたはせっせと働き続けました。 そして、翌日ーできあがったのは、森のみんなをかたどったケーキでした。 それは、こんたの仲間への思いやり。 クリスマスにもおすすめの絵本です。

次の

久保田雅人さんの逮捕理由とは?ゴロリと不仲説?現在の活動を調査!

わくわく さん

Vシネマの死体役とはなかなか渋い。。 笑 この「わくわくおじさん」が「つくってあそぼ」の前身番組となり、この人気番組で活躍していきます。 ちょうどこの時はまだ劇団員の研究生で、今の奥様と出会い、結婚したそうです。 大学生時代に声優の三ツ矢雄二と田中真弓が設立した劇団「プロジェクト・レヴュー」に所属。 アニメ声優としてデビューし、『タッチ』などに出演する。 役者としての初仕事はVシネマの死体役であったという。 その後、NHKの子供番組に出演していた田中の勧めで『つくってあそぼ』の前身番組『わくわくおじさん』のオーディションを受けて合格。 この頃劇団の研究生であった妻と出会い、結婚する。 テレビ出演経験がなかった久保田は当初は番組作りに苦心したものの次第に慣れ、3年程するとワクワクさんに馴染んできたという。 この頃から幼稚園を回り、 ノーギャラで工作ショーを行いながら工作の見せ方、伝え方を学んだ。 ワクワクさんとして有名になると次第に仕事も増えて、全国を回るようになった。 年間300本ほどの講演を行っており、『つくってあそぼ』終了後も工作の伝道師として活動を続けている。

次の

数ページ読める|わくわく!ケーキやさん|絵本ナビ : 白土 あつこ みんなの声・通販

わくわく さん

概要 [ ] 子供にとって造形は「いのちの創造」。 そんな造形の魅力をこの番組ではエンターテインメントとして子供達に提示する。 に『』のゾーンの一番組として放送開始され、3月の同ゾーン廃止後もそのままの体制で放送が継続された。 この番組は、かつて同局で放送されていた『』の後番組として「 身近にあるもので工作をする」や「 番組の出演者がその工作を使って遊ぶ」というコンセプトを引き継いでいる。 については、サブタイトルとスタッフロールのみ使用された(番組初期には冒頭で久保田雅人の名前テロップが表示されていた)。 工作で使用された古新聞で多く使用されたものは、の欄である。 これは、が番組に登場しないように配慮するためである。 開始当初はで制作されていたが、度からを実施した。 で放送が終了し、23年間の歴史に幕を閉じた。 最終回は過去の放送回を再放送した内容であったが、番組のエンディングでワクワクさんとゴロリから短い挨拶が行われた。 後続番組として『』が同年より放送を開始した。 1本の制作に3日かかっていた。 1日目 木曜日 に工作のリハーサルを行う。 造形監修のヒダオサムから工作を教わる。 2日目に撮影を行う。 登場人物 [ ] ワクワクさん 演 - 世界をまたにかけて活躍するデザイナー。 手先が器用で、さまざまな工作を発明する。 20代後半。 一人称は「僕」。 ある日、不思議な列車に乗って、ゴロリンコの丘にたどり着いた。 ここでゴロリに出会い、一緒に作って遊んでいるうちに仲良しになったらしい。 放送開始当初はゴロリの家に居候していたが、『ともだちいっぱい』終了後は一人暮らしで、工作を楽しむ日々を送っている。 ゴロリにとっては工作の先生だが、作ったもので遊ぶゲーム・競争は非常に弱く、大抵負ける か引き分けになる。 勝つことはほとんどない。 赤い帽子が特徴。 黒ぶちの眼鏡はレンズの入っていないである。 ゴロリ 声 - 、操演 - ワクワクさんが住んでいる家の大家の息子。 気持ちの優しいの男の子。 一人称は「僕」。 工作が得意で、ワクワクさんに教わりながら作って遊ぶのが大好き。 ただゲームではほとんど勝ち、時にはワクワクさんの先を行く発想を生み出すこともある。 ゴロネ(紙人形) 声 - ゴロリの従姉妹で、工作が大好きな女の子。 『ともだちいっぱい』終了後に登場した。 一人称は「私」。 時にはワクワクさんに造形のアイディアを提供することもあり、かなりの才能の持ち主。 過去の出演者 [ ] 「」を参照 『できるかな』への出演 [ ] わくわくさんとゴロリは当番組が初登場ではない。 前身にあたる『できるかな』にてが初めて「喋った」ことで有名な最終回に出演、ノッポさん、ゴン太と共演。 つくってあそぼデラックス [ ] 『』のゾーン廃止直前の1995年3月22日 - 23日にパイロット版として放送。 パペットのわくわくさんとゴロリが登場。 物語では迷子になったくらこちゃん(声 - )が登場した。 つくってワクワク [ ] からの夕方に放送されていた5分間の関連番組で、度より放送。 内容は基本的に15分版の放送を編集した番組であるが、度にオリジナルのアニメ版が放送されたことがある。 こちらも15分版の終了に伴いを以って終了した。 にはサブチャンネルで再放送している。 わくわくおじさん [ ] 当番組が放送開始される以前に『』のゆう兄ちゃん()、モンタ、ソラミが、わくわくおじさんのところに遊びに行くという設定の『 わくわくおじさん』という試作番組が放送されている。 「わくわくおじさん」という名前は、当番組開始から「わくわくさん」に改められた。 また、ゴロリは登場していない。 つくってあそぼショー [ ] 番組と同時進行で開催されるイベント、会場は日本各地、屋内外を問わない。 『ショー』、『ファミリーコンサート』などと並んで、人気のあるの地方巡業イベントのひとつである。 ショーに登場するのはわくわくさんとゴロリ。 ゴロリの声は事前収録だが、操演は本人である。 『まちかどド・レ・ミ』系列のが出演することもしばしばあり、ショーは工作のコーナーと歌のコーナーに分けられていることが多い。 番組終了後もショーは継続される。 スタッフ [ ]• 作・構成 - 長崎武昭、、朝比奈尚行、渡良瀬淳司• 音楽 - 井川雅幸、• 演奏 - 東京室内楽協会• キャラクターデザイン・造形監修 - ヒダ・オサム(ヒダオサム)、• 人形操作 - 岡部満明、大江健司、佐久間治(佐久間おさむ)、おかの公夫、高橋弘一、梶野由紀子、グループジロー• 人形美術 - 光子館• 造形製作 - 石崎友紀、原康平• 造形アイデア - ヒダ・オサム• 造形製作 - 石崎友紀、高山香里、平井武人、堀川理万子、浅山美里、小泉摩理枝、清水洋秀、中川真由子、梅田憲司• 製作著作 - 、NHKエデュケーショナル 放送時間 [ ] いずれも。 『日本経済新聞』朝刊 2013年3月20日• 2013年3月30日. 2013年4月3日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年4月5日閲覧。 2013年2月27日. 2013年4月5日閲覧。 ミニの放送開始に伴い木曜日・金曜日の放送をそちらに譲っている。 わたしのきもちが2009年度いっぱいで終了したことに伴い再び木曜日・金曜日も放送されるようになり、当年度のみ土曜日も放送。 外部リンク [ ]• - (2014年8月22日アーカイブ分) 幼稚園・保育所の時間 工作系番組(1990年度 - 2012年度) 前番組 番組名 次番組.

次の