ペーパー ナプキン マスク 作り方。 手作りマスクの作り方

ペーパーナプキンの手作りマスクの作り方 ホチキスだけ数分で完成

ペーパー ナプキン マスク 作り方

みなさまは、キッチンペーパーで使い捨てマスクを作れるのご存知ですか?? 「キッチンペーパーマスク」「ペーパーナプキンマスク」などでご存知の方も多いいかと思います。 写真でみると簡単ですぐできそうに見えませんか?? でも実際に作ってみると、意外とむずかしいと感じることも・・・ 特に、キレイにプリーツ(折りひだ)を作ろうとすると、意外と苦戦する方も多いのではないでしょうか。 なので、ララミーでは、出来るだけ簡単にそして繰り返し折れるように、 専用の型紙を製作しました。 今回、特別企画といたしまして、 PDFを 無料でダウンロードできるようにしてございます。 紙マスクの折り方を知っていると、両脇にゴムを付けるだけでも簡易的に使えて 応急用にとても便利です。 よかったらお試しください。 それでは早速、キッチンペーパーやナプキンなどを使ったマスクの作り方をご紹介いたします。 もくじ• ジョイントホルダーを使ったマスクの作り方 はじめに、「革ホルダーやマスククリップ」を使ってジョイントする方法をご紹介します。 ホルダーを使うと、マスク本体の色や材質、ゴムひもの太さや色、など組み合わせを変えて楽しむことができます。 スピンテープ装着画像 ホルダーにゴムひもをセットする ジョイントホルダーにゴムひもが取り付けていない場合、横面に2つ穴が開いているので、そちらにゴムひもを通し取り付けます。 所要時間:5分程度 準備するもの:• ハサミ• 定規 新品のゴムを使う場合 ゴムの長さを左右で同じに測って取り付けます。 おそらく、簡易的にマスクを使う場面では急いでいる時が多いかと思います。 もし、すぐに使いたいときはゴムをとおして一ヵ所縛る方法をお勧めします。 ゴムの長さは、平均的な男性ですと20cmくらいで紐をむすぶとちょうど良いかと思います。 結び方は、2パターン• 穴に対してそれぞれ2か所玉止めで固定する• ゴムひもを一周させて二本まとめて結ぶ 今回は、2の一周させて留める方法で進めていきます。 これでホルダーにセットが完了です。 使い捨てのゴムを再利用する場合 使い捨てのマスクのゴムを再利用する場合は、途中で切り落として使います。 この時、 先端を矢じりのように尖らせておくと、穴に通しやすいので便利です。 ただ、先ほどの新品ゴムのよう取りつけると、ゴムの長さが足りない場合があります。 なので、一周せず端を玉止めをして抜けないようにします。 この時、余ったひもの先端を切っておくと、スナップホックでマスクを挟むときに邪魔になりにくいです それでも長さが足りないときは、2本を継ぎ足して調節してみてください。 【本革マスクホルダーのご購入はコチラへどうぞ】 Outdoor. web Yahoo! Shopへ• ペーパーマスクの折り方と作り方 次に、いよいよ本体のマスクを作ります。 作るといっても少しペーパーを加工して折るだけですのでなれると比較的簡単です。 今回、 繰り返し使えるように、マスク折り畳み専用型紙を製作しました。 巻末にPDFを添付いたしますのでよかったらダウンロードしてみてください。 ペーパーマスクで準備するもの• キッチンペーパーまたは布• 穴あけパンチまたはカッター• クラフトテープ マスキングテープ• ボールペン• クリップ もし、上記のものが無い場合でも代用できるものであればOKです。 ペーパーマスクの折り方 さて、いよいよペーパーマスクの折り方について説明していきます。 まずは折り紙の要領で進んでいきます。 完成すると、このようになります。 正直、私は初めてのとき難しくてなかなか折れませんでした。 なので、今回はできるだけ簡単に、そして何度も繰り返しできるように「ペーパーマスク折り方専用型紙」を作りました。 ちなみに、マスクをこちらの完成サイズにしていただくと、後々に ララミーのジョイントホルダーとの相性が良いです。 それでは、折り方に進んでいきましょう。 1、ペーパーのサイズをそろえる調整する ジョイントホルダーは、紙製のキッチンペーパーをはじめ、ナプキンやハンカチなど様々なアレンジができます。 なので、ララミーでは一度紙をララミー基準サイズに整える方法をしていきたいと思います。 下の図のサイズになります。 PDFダウンロードは巻末にあります。 次に、プリーツ部分。 ジャバラになる様に織り込んでいきます。 苦戦の末にできたマスクのプリーツ専用型紙・・・ 実は、私はこの部分でとても苦戦しました・・・。 まず、ジャバラにするのが難しかったのです。 どうしても「ハリセン」のようになってしまって、マスクっぽくならなかったのです。 何度おっても上下バランスが合わなかったり、いまいちふっくらしなかったりと・・・。 なので、急げばまわれということで、マスク折りたたみ専用ジャバラの型紙を作りました。 ジャバラの断面図 折る前に、 山折り谷折りの断面図をご覧頂けると幸いです。 番号が振ってある部分が「辺」の部分です。 今回、折るマスクのジャバラは、全部で3つの山からなっています。 先ほど、ペーパーの大きさを揃えました、こちらの型紙と同じサイズとなっています。 プリーツ部分を折る マスク作りの一番の難関、プリーツを折っていきたいと思います。 もし印刷できる環境であれば、このプリーツ専用型紙を印刷していただけるとスムーズに折れるかと思います。 こちらも巻末にPDFダウンロードリンクがございます。 そして、 印刷した紙を線に沿って折っていきます。 実はそうすると、この紙が繰り返しマスクを作れる 「マスク折りたたみ専用プリーツの型紙」となります。 こちらの断面図を参考に、線に沿ってジャバラに折っていきます。 次に、この折りこんだ紙に本番のペーパーをあてがってジャバラを付けていきます。 端から折っても大丈夫です。 この時のために、大きさをはじめに揃えました。 Point : 一折一折クリップで挟んで進めると比較的スムーズに行えます。 最後に、こちらも折りたたみ用の型(mjh-manual-03. pdf)を使って両脇を内側に折っていきます。 Point : クラフトテープなどで留めながら進めるとやりやすいです。 穴をあけの位置合わせ 次に、ホルダーとのジョイント部分の穴をあけていきます。 穴あけは、ジョイントホルダーのスナップホックと同じですので位置を合わせて穴をあけます。 mjf-katagami-03. pdf こちらも、もし印刷環境にございましたら、位置合わせに便利ですので印刷して合わせてみてください。 印刷の際は、プリンターの設定で「実際のサイズ」で印刷をすると良いかと思います。 穴をあけてマスクとホルダーをジョイントする ホックの穴がくる部分に、ボールペンなどで印をつけたら、ハサミやカッターで5mmクロス(ばってん)切り込みを入れます。 穴あけパンチでも大丈夫です。 クロスにカットしたあと、余ったところを取り除いて丸くしておくとホックで挟んだ時にしっかりと固定できます。 ボタン部分に挟む 穴あけが出来たら、最後にホルダーとジョイントしていきます。 あと少しです。 こうして、開けた穴にホックを差し込んでボタン部分に閉じてペーパーマスクの完成です。 こんな時は?? もし、折り方など分からないなどありましたら、些細な事でもお気軽にご相談くださいませ。 記事の最後にラインのチャットを開設しております。 外れてしまう場合 ホックの締まりが緩い場合は、紙がかみ込んでいないか確認してみてください。 もし、かみ込んでいたら紙の穴を大きくすると解消されることもあります。 また、紙が厚い場合は、閉じきれない場合がございます。 折り返し部分を一枚にして装着してみてください。 もし、それでも解消しない場合、お気軽にお問い合わせいただけると幸いです。 マスク部分を使い捨てで使う マスク部分を使い捨てでお使いになる場合、途中で折ったジャバラ型紙を保管してまた使ってみてくださいね。 ペーパーマスク専用型紙のダウンロードはコチラ.

次の

使い捨てマスクの作り方!ペーパーナプキンのマスク(ワイヤー入り)

ペーパー ナプキン マスク 作り方

警察署のHPに掲載されたキッチンペーパーのマスクの作り方は下の記事に 布マスクの作り方 キッチンタオルをミシンで縫えば使い捨てマスクに ペーパーナプキンのマスク概要 ペーパーナプキンのマスクは、タックを1つ、ホッチキスで1回留めて作ります。 ペーパータオルの方は、タックを3つ、ホッチキスで3回留めて作ります。 タックの数は、多い方がいいのですが、紙の大きさに合わせています。 もう少し大きな紙で、タックを3つにしたものも、この記事の下部でご説明します。 ゴムは置くだけ、数分で完成 ゴムは、両端を結んで輪にして、紙の上に置くだけです。 針と糸はもちろん、その他の材料は使いません。 所要時間は、慣れれば数分ででできます。 ゴムは、特におすすめはしませんが、伸びない限り繰り返し使うことは可能です。 ペーパーナプキンのマスク ペーパーナプキンというのは、お弁当やランチなどに添えるようにして使う紙製品のことで、レストランにも置いてあるものです。 柔らかいので肌触りは悪くありませんが、紙が薄いので皺にはなりやすいです。 あくまで使い捨ての簡易マスクという風にお考え下さい。 出来上がりサイズ 出来上がりサイズ: 11x20㎝ ゴムの長さ:70~75cm(長めに切って、後で調整してください) 材料と道具• ペーパーナプキン 33x33cm以上のもの• 4~6コールの衣料用ゴム• ホッチキス• はさみ 大きさの注意点 ペーパーナプキンのマスクは、33x33にサイズが決まっているものだと、小さめにできます。 大人だとあごの下まですっぽり覆うような大きさではありませんが、鼻と口は隠れるという程度の大きさです。 個人的には大人だとやや物足りないのですが、子ども用であれば十分な大きさになると思います。 大き目のマスクは、この下のペーパータオルのマスクの方を参照してください。 ペーパーナプキンのマスク作り方 1. ペーパーナプキンの幅を20センチに切ります。 縦の長さは33センチのままで結構です。 もっと大きなものであれば、タックを複数入れて作ってください。 ゴムを上の長さに切って、両端を結んで輪にしたものを、広げたナプキンの上に置きます。 ナプキンを上からと下から、それぞれ3分の1ずつを折って、三重にします。 4.中央を折って指で持ち上げ、中央より約1センチの部分をホチキスで留めて、タックを作ります。 ホチキスを入れたところ 中央より1センチのところに折山ができます。 ホチキスの金属は、皮膚には直接当たりませんが、金属アレルギーのある方、気になる方はホチキスを使わずに糸で縫うなどしてみてください。 折山は表に出るようにして、ゴムがそれぞれ、最上部の先端と、最下部の先端に来るように調節しながら、マスクを装着してください。 紙が薄いので、強く引っ張ると破けてしまうので、優しく扱ってくださいね。 マスクを装着したところ モデルは成人男性です。 正面からみたところ 横からみたところ。 すごく小さいわけではありませんが、紙のサイズが小さいので、成人男性だと、あごの下までは覆えないサイズになります。 脇の長さは十分です。 ペーパーナプキンの通気性は不織布より密なので、息を深く吸い込むと紙が鼻に吸い付く感じになります。 下にもっと大き目の紙で作るマスクをご説明します。 タック3つのペーパータオルのマスク 材料の紙が大きなサイズのものが手に入れば、タックを複数取り、もっと顔にフィットするマスクができます。 この素材はペーパータオルというものです。 出来上がりサイズ 出来上がりサイズ: 15x20㎝ ゴムの長さ:70~75cm(長めに切って、後で調整してください) 材料と道具• ペーパータオル 38x33cmのもの• 4~6コールの衣料用ゴム• ホッチキス• はさみ ペーパータオルのマスク作り方 1. ペーパータオルの幅を20センチに切ります。 ゴムを上の長さに切って、両端を結んで輪にしたものを、広げた紙の中央に横に置きます。 写真は違う紙のものを使っていますが位置は同じです。 ナプキンを上から9センチのところでおり、下からも9センチのところで折り、紙を三重にします。 4.端から3センチのところで、中央の1センチを折って指で持ち上げ、ホチキスで留めて、最初のタックを作ります。 2センチ間を空けて、同じようにホチキスで留めて、タックを作ります。 次も2センチ間を空けて、合計3つのタックを作ります。 再度言うと、紙の端から3センチのところに高さ1センチの折山を、2センチ間隔で3つ作るということになります。 ほぼ左右均等に、3つの折山ができれば、十分です。 反対側も同じように作ります。 ホチキスの金属は、皮膚には直接当たりませんが、金属アレルギーのある方、気になる方はホチキスを使わずに糸を使うなどしてみてください。 出来上がり。 折山は表に出るようにして、ゴムがそれぞれ、最上部の先端と、最下部の先端に来るように調節しながら、マスクを装着してください。 ペーパータオルのマスクを装着したところ 正面からみたところ 横から見たところ。 先に作った、ペーパーナプキンよりは、大きさが十分でタックも複数取ると立体的にフィットします。 大き目の紙類があるとき、またはホチキスが通る薄手の布があれば、同じように作れると思います。 ホチキスが通らないという時は、面倒でも針と糸で留めるとより見栄えは良くなるかと思います。 ネットでも売っているマスクは引き続きご紹介していきますが、マスクは毎日必要なもので、どうしても数が足りなくなります。 自分で工夫して作ってみたいという時は、ぜひお試しくださいね。 夏のクールマスクが出ました!.

次の

縫わない!切らない!ペーパーで簡単マスクの作り方【100均DIY!】DIY NO SEW FACE MASKS! EASY TO MAKE!

ペーパー ナプキン マスク 作り方

キッチンペーパーマスクの材料 キッチンペーパー 1枚 ホッチキス 2本 セロテープ 20㎝程 輪ゴム(ゴム紐で代用するとより良い) キッチンペーパーはよくあるロールタイプのものを1枚使いました。 使い捨てマスクの折り方 キッチンペーパーを1枚用意します。 これから12等分に折っていきます。 これがとりあえずの目標の姿です。 最初に半分に折って、次に3等分し、また半分に折ることで12等分を作ります。 始めに半分に折ります。 さらに3つに折ります。 残りも折って、合計6つに折れた状態です。 さらに半分にして、12分割にします。 広げたところ。 12等分になっているのが分かります。 プリーツを作ります。 12分割にした線を使って、3本のプリーツを作成します。 マスクの上側を広めに作ると鼻のフィット感が高まります。 両端をセロテープで留めます。 セロテープの飛び出た部分を切り取ってすっきりしました。 耳を通す輪ゴムを用意して、ホッチキスで固定します。 輪ゴムではなく 、白いゴム紐を使えばより市販の使い捨てマスクに似せられますね。 プリーツを広げるとマスクの様に見えますね! 反対から見たマスクです。 このマスクの特徴は、マスクの両端が開いているため 顔へのフィット感が高いこと。 プリーツを上下に開いて調整すれば、かなりのフィット感を楽しめます。 キッチンペーパーは手軽に入手が可能ですし、必要な材料もセロテープやホッチキス、輪ゴムなど家にあるものばかり。 いつでもすぐに簡単に作れますので、マスクが売り切れていても安心です。 お好みでフィット感を高める工夫をしてみてはいかがでしょうか。 マスクの効果を高める方法 マスクの効果を高めるには マスクにも使える 除菌スプレーが有効です。 キッチンペーパーマスクや、お手持ちのマスクにも試してみてはいかがでしょうか? もしよろしければこちらの記事もどうぞ。 マスクのほかにも売切れが増えています。 買い忘れたものはありませんか?.

次の