隠す 類語。 木を隠すなら森の中の意味!例文を使って分かりやすく使い方を紹介!

能ある鷹は爪を隠すの意味!語源や類語も詳しく紹介!

隠す 類語

over(欠点などを)• (人が頭や顔を柔らかいものに)• (見えないように物を)• (武器や貴重品などを)• (物・情報・事実などを)• (行為や気持ちを)• (事実・感情などを)• 〈文〉(本心などを)• 〈文〉(本心や真意などを)• 〈文〉(~を葉や枝などで)• (欠点などを)• (物を)• (隙間などを)• (感情などを)• (事実などを)• 〈話〉(秘密の場所に金・貴重品などを)• (感情や秘密などを)• (人や物を壁の内側に) 【他動・自動】 【句他動】 (秘密を) 【句動】• off• up(罪・悪事・事実・本心などを)• over(都合の悪い事を)• (事実・本心などを)• in 【自動】 (人のために)•

次の

能ある鷹は爪を隠すの意味!語源や類語も詳しく紹介!

隠す 類語

「能ある鷹は爪を隠す」の意味とは? 「能ある鷹は爪を隠す」の類語や似たことわざ• 「能ある鷹は爪を隠す」の対義語とは• 「能ある鷹は爪を隠す」を使った例文• 「能ある鷹は爪を隠す」から学びたい事 「能ある鷹は爪を隠す」の意味とは? 「能ある鷹は爪を隠す」という言葉は、座右の銘にして大切にしている人もいるほど、人気のある言葉です。 「狩猟の能力が高い鷹は、普段は爪を隠しておく」という状況を、この言葉は伝えています。 どのような獲物でも瞬時に捕まえてしまう鷹は、人間から見ても尊敬できる偉大なハンターです。 その鷹が普段は爪を隠しているのには、何か意味があると考えられるのではないでしょうか。 実際の鷹は爪を自由に出し入れできないため、爪を隠すのは難しいです。 猫のような出し入れできる爪をイメージすると 「あれ? 」っと思うかもしれません。 そのため鷹は 「爪を隠す」というよりは、鷹は 「爪をひけらかさない」という意味が強いでしょう。 鷹は爪を立てて獲物を威嚇したりせずに、いざという時だけ使う… 「能ある鷹は爪を隠す」という言葉にはそのような意味がありそうです。 鷹の様子から転じて 「高い能力を持っている人は、普段はその能力を見せびらかしたりしない」と、有能な人物に対する褒め言葉になっています。 同時に 「本当に実力があるなら、周囲に自分の力を誇示する必要はない」 「自慢するよりもスキルを磨こう」という戒めの意味もあります。 「能ある鷹は爪を隠す」の読み方 「能ある鷹は爪を隠す」は 「のうあるたかはつめをかくす」と読みます。 良くある間違いで 「能ある」を 「脳ある」という漢字を当てはめてしまうケースがあります。 「頭脳明晰」のような感じで 「頭がいい人は、自分の成績を自慢しない」という言葉として 「脳ある鷹は爪を隠す」という言葉だと思っている人がいます。 「能ある鷹は爪を隠す」の 「のう」は、あくまで 「能力」の事です。 「高い能力を持っている人」の事ですので間違えないようにしましょう。 「頭脳明晰」な人も、その高い知能は 「高い能力」のひとつに含まれますので、 「高い知能を誇る人は、高い偏差値である事を自慢したりしない」という意味も、 「能ある鷹は爪を隠す」の中に含まれています。 「深い川は静かに流れる」【ふかいかわはしずかにながれる】 英語のことわざにも、 「能ある鷹は爪を隠す」と似たことわざがあります。 直訳すると 「静かな水の流れの時、川は深い」となり、 「深い川は静かに流れる」となります。 水深が深い川の流れを想像すると、ゆったりとしていて水音などはしない事が分かります。 一方で浅い川は、水が岩や岸などに当たって、じゃばじゃばと大きな音を立てているのがイメージできます。 この川の様子から、深い川イコール思慮分別がついた大人物となり、浅い川は人間ができていない人となります。 大人物ほど、騒がずゆったりと行動し、人間ができていない人ほど想像しいという意味になります。 「能ある鷹は爪を隠す」でも、能力が高い人は自分がすごい事を喧伝したりしないため、 「能ある鷹」と 「深い川」は同じくらいすごい人の事を指しています。 「大智は愚の如し」【だいちはぐのごとし】 中国には、宋の文人・蘇東坡という人がいました。 この人は数々の名言を残した人なのですが、その言葉のひとつに 「大勇は怯の若し、大智は愚の如し」という言葉があります。 「本当に勇気がある人は、普段は臆病に見える、また本当に知恵のある人は、一見するとバカに見える」という言葉です。 「能ある鷹」と同様に、本当に勇気がある人は、その勇気をひけらかしたりはしません。 また本当に知恵がある人は、自分の頭の良さや豊富な知識をひけらかしたりはしません。 そのため、平常時には臆病者・バカに見える事があるのです。 しかしいざという時には、他の人にはない勇気や、知恵を発揮して、周囲の人を救う事になるでしょう。 「空き樽は音が高い」【あきだるはおとがたかい】 「空き樽は音が高い」という言葉は、 「能ある鷹は爪を隠す」の反対に位置することわざになります。 中身のない樽を転がすと、ガラガラと高い音がします。 一方で中身が詰まった樽を転がしても、大きな音はしません。 このようすから、中身がつまった樽、つまり能力が高く、知恵の高い人は、騒がしくしたりしない、静かにおだやかな様子でいる…そんな意味の言葉になっています。 「中身がないやつほど、おしゃべりをする」というシーンは、一般社会でも良く見る光景ではないでしょうか。 おしゃべりばかりをしていて自分が 「空き樽のようだ」と感じたら、少しおしゃべりをやめて、詰まった樽のように静かなイメージにイメチェンするのも良さそうです。 「能ある鷹は爪を隠す」を使った例文1 普段はおとなしいのに、いざという時に実力を発揮する人がいます。 このような人を褒めたい時に 「能ある鷹は爪を隠す」という言葉はぴったりです。 会社や学校で、このような人が身近にいたら、ぜひ 「能ある鷹は爪を隠す」という言葉を使って褒めてあげましょう。 例えば、あなたが勤めている会社位に新入社員として入ってきたA君は、あまり社交的ではないし、表情も硬いです。 そんなA君を見ていると 「大丈夫かな、社会人としてやっていけるかな? 」と心配になるかもしれません。 しかしA君は、初めて参加する会議で、自分の意見を堂々と言う事ができました。 先輩社員が驚くような的確な指摘を、なめらかな口調で話す事ができました。 このシーンを見て感激したあなたは、 「A君すごいね! 普段はおとなしいから、会議とか苦手だと思ってたよ。 『能ある鷹は爪を隠す』とは、A君の事だね」と褒めてあげましょう。 このように、普段は実力を見せないようにしている人や、なかなか持っている能力を発揮できない人が、高い能力を見せた時に 「能ある鷹は爪を隠す」という言葉を使うと良い褒め言葉になるはずです。 「能ある鷹は爪を隠す」と使った例文2 「能ある鷹は爪を隠す」という言葉は、褒め言葉として使うだけでなく、誰かを戒めたい時に使う事もできる言葉です。 例えば、誰かが自分の自慢ばかりしていたら、自慢をしないようにたしなめる必要があるかもしれません。 例えば同じ会社の同僚が、自慢話を頻繁にして周囲の人にひんしゅくを買っているとします。 このような人を助けてあげたい場合、指導しなければならない場合に 「能ある鷹は爪を隠す」という言葉を使うようにしましょう。 勤務時間に入っているのに、自分の自慢話ばかりしているBさんに向かって、 「本当に仕事ができるなら、黙って仕事をして、仕事の成果で凄さをアピールしてくれよ。 『能ある鷹は爪を隠す』と言うぜ? 」という感じで話してみましょう。 「能ある鷹は爪を隠す」というフレーズが入っているだけで、Bさんは 「俺は口先ばかりになっている」という事に気付けるかもしれません。

次の

隠すの英訳|英辞郎 on the WEB:アルク

隠す 類語

「木を見て森を見ず」の類語は、「鹿を追う者は山を見ず」「木を数えて林を忘れる」「獣を追うものは目に太山を見ず」と、比較的たくさんあります。 それだけ、「木を見て森を見ず」という状態になった人がたくさんいたということでしょうか。 人は目先の心配事に囚われて全体を見れなくなったり、些細なことに引っかかってしまい次の問題を解く時間がなくなったりと、いろいろな視野の狭くなったことを、後になってからから後悔することも良くあるからでしょうか。 何か問題が起きた後に、あの時振り返って全体を見ていれば、小さなことにとらわれずに済んだのではないかと感じた人もいることでしょう。 そのように、ついつい些細なことに囚われてしまう傾向にある人は、「木を見て森を見ず」に限らず、他の類義語も教訓にしてみることもお勧めします。 こちらでは、「木を見て森を見ず」の類語を2つと、ことわざの意味、ことわざの詳細についてをご紹介します。 鹿を追うものは山を見ず 「木を見て森を見ず」の類義語には「鹿を追う者は山を見ず」(しかをおうものはやまをみず)があります。 意味は、目先の利益を追えば周りの状況に気がつかないことのたとえです。 鹿をとらえようとして追うものは、獲物に気を取られて山であることを忘れ危険な目にあうことのたとえです。 獣を追うものは目に太山を見ず 「木を見て森を見ず」の類義語には「獣を追うものは目に太山を見ず」(じゅうをおうものはめにたいざんをみず)があります。 意味は、利益を追い夢中になっている時には周囲の状況に気がつかないことのたとえです。 「木を見て森を見ず」になるのは、想像力が欠けている時に起こりやすくなります。 購入したものが、自分の持ち物と合わずに使い物にならなかったようなことも、目の前の作業に集中するあまりに、購入前の事前のリサーチが足りなかったことが原因であり、労力が無駄に終わるようなことを示しています。 「木を見て森を見ず」のように、目の前の目的にばかりに囚われていると、物事の本質を見失っていることに気がつかずに、結果的に自分の望んだ結果にならないです。 「目的を達成するために必要なものは何か」と想像力を持つように意識していくと、思わぬ結果に驚くことも防げますし、自分の望みに向かって行動することができてきます。 「木を見て森を見ず」仕事をする人の特徴 「木を見て森を見ず」な仕事をする人は、どのような特徴があるのでしょうか。 また、職場ではどのような傾向があるのでしょうか。 「木を見て森を見ず」というと、いっけん慎重なようにみえて、丁寧な仕事をするようにも感じられます。 「木を見て森を見ず」な時に人は、目の前のことに懸命に努力していることが多いでしょう。 しかし実際の、「木を見て森を見ず」になっている人が、仕事でどのような問題が起きているのかをこちらでは解説していきます。 手際が悪い 「木を見て森を見ず」な仕事をする人には、「仕事の手順が悪い」という特徴があります。 最後に行わなければならない決まった作業を先に行うことで、二度手間になってしまい仕事が遅くなったりします。 仕事によっては、お客さんに完成した予想図を提供しなかったり、その反対に提供しすぎたりして、お客さんが迷いがちになり仕事が進まないことなどもありそうです。 その場合には、人の心理についても少しリサーチしておく必要があったはずです。 「木を見て森を見ず」を意識していれば、その仕事で必要なことが事前にわかってきますし、仕事の手順も格段に速くなるでしょう。 仕事が遅くなりがち 「木を見て森を見ず」な仕事をする人には、「仕事が遅くなる」傾向があります。 その仕事をする時に必要で購入したものが、自分の持ち物と合わずに使い物にならなかったようなことも、購入前の事前のリサーチが足りなかったことが原因ですが、提供する側になると、情報ばかりを仕入れすぎても肝心な作業に取り掛かるのが遅くなることがあります。 また、作成したプログラムなどが、お客様のネット環境では重すぎることなどが後で判明した場合には、結果やり直しを要求されがちから、当然仕事が遅くなってしまいます。 そのように、目的に時間をかけすぎて、自分の仕事の内容を完璧に行うことに囚われていると、仕事が仕上がるのが遅くなるようなことが起きるでしょう。 報われない 「木を見て森を見ず」な仕事をする人には、「労力を無駄にする」特徴があります。 「木を見て森を見ず」のように物事の全体像を把握していなかったことで、結果的に自分や会社の望んだ結果にならずに、労力が無駄に終わるようなこと起きてきます。 そのようなことが続き落ち込み、自分は何をやっても報われないと感じる人は、「木を見て森を見ず」なことになっていないか、一度自分の行動を見直してみましょう。 作業の際も客観視することで仕事も早くなりますし、報われないことで落ち込むことも減るので一石二鳥です。 せっかち 「木を見て森を見ず」な仕事をする人には、「思考しない」という特徴があります。 言われた作業を一所懸命こなしているのに、結果的に仕事が捗らなかった時には、全体をとらえず、その仕事の本質をわかっていなかったことなどがあります。 仕事を支持する側は、実際に作業をしていないため、どうしても現場がみえてこないときがあるでしょう。 そのため、目的や目標を見据えた行動をとるためには、その仕事を言われたとおりにやるだけではなく、その仕事をしている本人が、自分自身でも思考することで全体像がはっきりと見えてくるということです。 残業 「木を見て森を見ず」な仕事をする人には、「残業になりやすい」という特徴があります。 とくに残業などでは、木を見て森を見ずのような状態に陥りやすいでしょう。 仕事が終わらずに休憩も取らずに残業し、眠くなっても頑張って作成したデータが却ってできが悪かったりすることなども意外と多いです。 いったん休憩や仮眠をとる方が仕事がはかどり、思考もクリアになって効率も良くなることがあるでしょう。 体調を崩しがち 「木を見て森を見ず」な仕事をする人には、「体調を崩しがち」という特徴があります。 やみくもに働いても体や心が疲れていれば、逆に成果が現れないというのはよくあることです。 仕事がはかどらなかったというだけでなく、お金を稼ぐために働いているのに、無理をしすぎて身体を壊したりすることに繋がることもあり、その結果、木を見て森を見ずといわれてしまうことになります。 首になることもある 「木を見て森を見ず」な仕事をする人のなかには、失業してしまう人もいるでしょう。 「木を見て森を見ず」の癖のある人は、気をつけなければなりません。 自分の事に囚われすぎていたり、人の目を気にしていたり、悩みに囚われていると、仕事に身が入らず失敗をしてしまいやすいです。 大事な場面で失敗をすることが続いたりすれば、仕事を首にならないとは言えないからです。 また、職場の人間関係にばかり気を取られて仕事に支障をきたしてしまうことも多いでしょう。 遅刻する 「木を見て森を見ず」な仕事をする人のなかには、遅刻してしまう人もいるでしょう。 前もって遅刻しないようにしたり、道順を把握しておくことを頭入れて早めに出なければなりません。 道が混むことなどを予想せず、大きな遅刻をしてしまうなどもあるからです。 一度や二度ならず、仕事で何度もそのような失態を犯してしまい失業もありうるからです。 「木を見て森を見ず」の由来 「木を見て森を見ず」の由来は、外国から入ってきたといわれています。 「木を見て森を見ず」に似た言葉には、英語や、ドイツ語、フランス語のことわざで「木を隠すなら森に隠せ」「木はしばしば森を隠す」「木を見ているものは森を見ることができない」などがあります。 外国のことわざも、日本と同じような意味があります。 自分の問題に木を向けていて、周囲の動向や状況がみえていないときや、目の前のことを頑張っている時に全体がみえなくなりがちなことへの警告のような言葉が由来となっています。 意味は「木が森を隠す」といいます。 目の前の出来事が全体をみえなくするという意味です。 この言葉からは、現在が過去を忘れさせるというようなことを連想させますし、やるべきことがあれば他のことを考える暇がないというような意味にも解釈できます。 詳しくはリンク先のフランスのことわざをご紹介します。 「木を見て森を見ず」の外国語の和訳や、仕事での特徴などをあげてきましたが、こちらでは、「木を見て森を見ず」な状態になってしまったときに着目しています。 「木を見て森を見ず」な人は、どのような状態にあるのでしょうか。 「木を見て森を見ず」になるときに人は、小さなことに囚われてしまいがちです。 そのため、何か問題が起きた時に、物事を悲観してしまったり、余裕をなくしてしまうことがあるのではないでしょうか。 そんな「木を見て森を見ず」な状態に陥ってしまった人におすすめの名言には、常に全体を把握して前向きに解釈して強く生きる人の名言をおすすめします。 今回お勧めする人は、ピアニストのフジ子・へミングさんです。 ぜひ参考にしてください。 フジ子・へミングの名言 こちらでは、「木を見て森を見ず」な人におすすめの、フジコへミングさんの素敵な名言をご紹介します。 「目の前にある現実だけを見て、幸福だとか不幸だとか判断してはいけない。 その時は不幸だと思っていたことが、後で考えてみると、より大きな幸福のために必要だったということがよくあるの。 ーフジ子・へミングー」 「人生に無駄なことなんか、ひとつもない。 生きるってことは、いろいろ経験すること。 その時は、自分とはまったく関係のないことの様でも、その経験が大切に思えるときがきっと来る。 ーフジ子・へミングー」 「どんなに教養があって立派な人でも、心に傷がない人には魅力がない。 他人の痛みというものが分からないから。 ーフジ子・へミングー」 フジ子・へミングさんはピアニストですが、その生き方にも注目されています。 次に、フジコへミングさんの本やCDをご紹介します。 フジ子・ヘミング 運命の力 こちらは、フジ子・へミングさんのおすすめの一冊です。 フジ子・へミングさんの言葉には、説得力があると評判です。 フジ子・へミングさんは、どのような感性、考えをお持ちなのでしょうか。 きっと、あなたの心に響く名言がこちらでも飛び出してくることでしょう。 ぜひお読みください。 私は彼女の本から先に接してしまい、まだ彼女のピアノを聴いたことがありません。 でも本を読んで、ますます彼女のピアノが聴きたくなりました。 薄い本ですが、彼女のコレクションしているものたちや、彼女の絵、刺しゅうなども楽しむことが出来ます。 特に彼女が自分のジャケット(CDではなく、着る方の)に施した刺しゅうなど本当に見事で、彼女は本人も言っているように、ピアニストとしてではなく、画家としても大成したと思います。 彼女の生い立ちは決して楽なものではなく、寧ろお母さんとの関係、日本にいてもドイツにいても「外国人」といったところなど、大変なところが多かったようですが、それを悲しむばかりでなく「今なら母の気持ちも分かる」 「私はいつも、ちょっとだけ仲間はずれのほうが気持ちがいい」 などと、発想の転換がなされていて、そんなところからも学ぶことが出来ます。 奇蹟のカンパネラ CD こちらは、フジ子・へミングさんのおすすめのCDです。 フジ子・へミングさんの曲は、「ラ・カンパネラ」が有名ですが、情緒豊かで知られているフジ子・へミングさんの魅力に溢れた数々の名曲をこちらではお聴きいただけます。 涙が出るくらい素敵なリスト。 こんなリストを聴いたのは、 おそらく生まれて初めてだと思う。 フジ子・ヘミングの独特のくせのあるピアノは、 正直言って、以前は受け付けなかった。 でも、以前「エオリアンハープ」を聴いた時、 こういう表現方法もあるんだという感じから、 だんだん好きになった。 彼女の奏法は、いろんな意見があるが、 ここは個性として、私は認めている。 その個性がいかんなく発揮されるリストは、 やはり圧巻である。 もう少し、彼女の演奏に触れたくなった。 「木を見て森を見ず」は世界共通のことわざ.

次の