マイナポイント エラー mkcz355e。 すぐに分かる「マイナポイントの予約」方法 対象決済サービス・対応機種・注意点など

すぐに分かる「マイナポイントの予約」方法 対象決済サービス・対応機種・注意点など

マイナポイント エラー mkcz355e

JPKI利用者ソフトとは?• 公的個人認証サービスを利用した行政手続き等を行うときにマイナンバーカード(ICカード)に記録された電子証明書を利用するためのソフトウェア ということで、マイキーIDの設定には、マイナポイントアプリと併せてこの「JPKI利用者ソフト」が必要なんです。 と言っても、これ ものすごく分かりにくいんですけどね。 このように、このJPKI利用者ソフトが必要なことは一応よく見ると赤枠内に書いてあります。 でも、この JPKI利用者ソフトへのダウンロードリンクはこのページのどこにもないんです。 どんだけ不親切なんだ・・。 しかも、よく見るとAndroid端末の場合「JPKI利用者ソフト」をインストールと書かれていますが、iPhoneの場合その記載がありません。 しかし、iPhoneでもこのJPKI利用者ソフトは必要です。 もうね、 よくわからなさすぎです。 このエラーが出た方は、このアプリをサクッとダウンロードしてください。 以下のリンクからもダウンロードできます。 ということで、このJPKI利用者ソフトのインストールを忘れないようにしてください。 エラーコードMKCZ405Eへの対処法 次の頻出エラーコードがこちらですね。 [MKCZ405E]です。 このエラーは、 マイナンバーカードとスマホ・ICカードリーダーの位置関係が所定の位置にセットされていない場合に起こります。 スマホの場合は この位置関係です。 この位置関係以外は 読み取りができません。 必ず、この位置関係にセットしてください。 というか・・どんだけ微妙なアプリなんだこれ・・って感じですよ。 パソコンの場合は、ICカードリーダーにこの形でセットしてください。 それでも読み取りができない、このエラーが表示される場合は、スマホ、ICカードリーダーが 公的個人認証サービスに対応していない可能性があります。 Androidスマホ、iPhoneの場合は から、ICカードリーダーの場合は から、それぞれ対応しているかを確認してください。 というか・・ スマホの対応機種少なすぎじゃないですか?これ。 スポンサーリンク マイキーIDの設定方法 ここまで、実践編として各エラーコードへの対処方法をご紹介しました。 そして、このエラーコードへの対処法を理解することで、この超絶難解なマイキーIDの設定の8割程度はクリアできたも同然です。 では、マイキーIDの設定方法を順に解説していきます。 ここでのポイントは、もう予習済みなのでOKですよね?そう、 「JPKI利用者ソフト」のインストールを忘れないことです。 マイナポイントアプリは のマイナポイント公式サイトからダウンロードできますが、JPKI利用者ソフトは何故かこの公式ページにリンクがありません。 下記のリンクからダウンロードしてください。 マイナポイントアプリを立ち上げて、アプリ上でマイナンバーカードを読み取っていくわけですが、ここで Wifi回線は切り、4G回線にしておいたほうが無難です。 マイナポイントアプリを立ち上げると、「マイナポイントの予約をされる方」というメニューが表示されるので、画面下、「マイナポイントの予約」ボタンをクリック。 すると、『マイナンバーカードをスマートフォンにセットして「次へ進む」ボタンを押してください。 』と表示されます。 マイナンバーカードをスマートフォンにセットって・・ はぁ!?って感じだと思いますが、ここも予習済みなので大丈夫ですよね? そう、[MKCZ405E]エラーの際に予習した、「あの位置関係」でマイナンバーカードとスマホをセットするんですよ。 そして、その位置関係は「次へ進む」ボタンを押すとすぐに表示がされるので、ここはとりあえず「次へ進む」ボタンを押しましょう。 はい、来ましたね。 この形です。 この形と寸分たがわず同じ形にマイナンバーカードとスマホをセットして、「読み取り開始」ボタンを押します。 読み取りにはかなり時間が掛かるので、慌てず待ちましょう。 なお、この際にJPKI利用者ソフトが無いと、[MKCZ355E]エラーが表示されます。 これ、一瞬「あれ、何だったかな?」って思ってしまうのですが、数字4桁ですので 高い確率でクレジットカードやキャッシュカードの暗証番号です。 これも、サクッと入力してしまいましょう。 こちらですね。 ちなみに、このマイキーIDですが、利用者マイページで後から変更することもできるので、忘れないようにするためにスクリーンショットを取るか、利用者マイページで変更しておくと良いでしょう。 これで、難解なマイキーIDの発行は完了です。 スポンサーリンク まとめ いかがでしたでしょうか? 超難解なマイナポイントアプリによるマイキーIDの設定(発行)方法と、エラーコードへの対応方法を解説しました。

次の

マイキープラットフォーム

マイナポイント エラー mkcz355e

マイナポイントで発生しているエラー一覧 7月1日からサービスが開始されたマイナポイントは、自分のマイナンバーカードと利用しているクレジットカード等の決済サービス・電子マネーがあれば誰でも活用できます。 お得にポイントを手に入れるチャンスで現在では予約を行う段階ですが、 予約時等でエラーが発生しています。 マイナンバーカードが読み取れない マイナポイントに予約登録するためには、 「自分が持っているマイナンバーカード」の情報が必須です。 iPhone等でスキャンすれば簡単に情報を読み取ることができる仕様ですが、 マイナンバーカードをかざしても反応しない・エラーが出るエラーが発生しています。 マイナンバーカードの読み取り画面に戻された際、 エラーコード「MKCZ405E」が表示されます。 エラーが出る原因として考えるるものは「本当に読み込めなかった」か「カードのかざし方が間違っているか」のどちらかです。 一部の決済サービス・電子マネー登録時にエラーが起こる 一部の決済サービス・電子マネーを登録する際に上記の「MKCZ374E」エラーが出ることがあります。 決済サービスID・セキュリティコードが確認できないというエラーですが、 何度正しい番号を入力してもこの画面が表示されるので、エラーもしくはマイナカード申し込み対応開始時間でない可能性が高いです。 2020年7月1日午前11時現在では、下記の決済サービス・電子マネーでMKCZ374E1エラーが確認されています。 nanacoカード• PASMOカード• メルペイ• LINE Pay• dアカウント• PayPay など マイナポイント予約時のエラー マイナポイントに予約する際(もしくはマイナンバーカード読み取り時)に下記のエラーコードが表示されることがあります。 エラーコード エラー内容 MKCZ302E マイナンバーカードが既に使われています MKCZ346E マイナンバーカードが読み取れません MKCZ355E 利用者クライアントソフトのライブラリ読み込みに失敗 このうち「MKCZ302E」と「MKCZ346E」はマイナンバーカード読み取りの際に出るエラーで、302Eの方は読み取りはできているけれど使われている旨が記載されるエラーです。 もちろん、過去にマイナポイントに登録していなくてもなぜか上記エラーが表示されるので、エラー・不具合であることがわかります。 346Eエラーはマイナンバーカードの読み取りが成功しても出てくるエラーですが、表示はマイナンバーカードが読み込めない旨が記載されています。 公式サイトも重い 2020年7月1日現在では マイナポイントの公式サイトも重たくなっています。 お問い合わせを開けたとしても画面がリロードを繰り返して、しばらく時間が経てばようやくページが開かれることになります。 これも 「公式サイトにアクセスが集中したこと」が原因だと考えて構いません。 また、上記画像はPCでマイナポイントのサイトを開いた場合のトップ画面の一部ですが、文字が小さく表示されています。 元々スマホ画面で開かれることを想定して作られたサイトであることが原因ですが、PCから公式サイトを開くとさらに重たくなっている原因にもなっている可能性があります。 エラーが出る原因 様々な可能性を考えて対処するため、まずは原因を把握しておきましょう。 アプリでエラーが発生している• アクセスエラー• 運営が告知を出した内容のエラー• アプリが重たい・再起動する等 万が一自分の端末が原因で上記エラーが起こっている可能性もあるので、スマホやアプリの再起動を試したのち、運営からの告知を調べる等の対処法を取るのがいいでしょう。 「暗証番号入力時」にマイナンバーカードをかざしていない 上記のMKCZ405Eエラーが出る場合は、なんらかの原因でマイナンバーカードが読み取れなかった場合で、マイナンバーカード読み取り方法が間違っている可能性がある場合に出るエラーです。 iPhone版の手順について iPhone版のマイナンバーカード読み取り機能は、マイナンバーカードを常にかざしておく必要はありません。 上記の「読み取り開始」を押した後すぐに読み取りが開始されるわけではなく、 スマホ端末の4ケタの暗証番号を入力してスキャン開始画面が出てから読み取りが開始されます。 最初にマイナンバーカードをAndroid端末の下にかざす• 「読み取り開始」を押す• 暗証番号を入力する Android版は「マイナンバーカードをかざしながら暗証番号・パスワードを入力する」のが正しい手順で、何度もマイナンバーカード読み取りエラーが出たとしても1回でもこの手順通りに試せばエラーは出てきませんでした。 iPhone版が暗証番号を押してスキャンが開始されるのに対して、 Android版は最初からスキャンが必要で、暗証番号入力・読み取り開始ボタンを押す際も常にマイナンバーカードをかざしておく必要があるのが原因です。 暗証番号入力・スキャン準備の項目が出る前にエラーが出る場合 iPhone版・Android版それぞれの手順が間違っていたせいでエラーが起こる場合は、一番最後のスキャン準備ができた旨の記載の後にしばらく待ってからエラーが出ます。 このエラーはマイナンバーカードのかざし方を間違えたから出たエラーではなく 「マイナンバーカードとスマホ本体の位置が読み取り完了までにずれてしまった」ことが原因で発生しているエラーです。 特にAndroid版だとカードと本体がズレたせいでマイナンバーカード読み取りエラーが発生しやすく、iPhone版と比べて読み取り開始を押した直後からカードをかざし続けないといけない仕様のせいです。 各種入力情報に誤りがある 登録時はマイナンバーカードさえ読み取ってもらえれば、個人情報を自分で入力する必要はありません。 ただし、 各種決済サービス・電子マネーの登録番号やパスワードの入力は必要で、このいずれかの情報が一致しなかった場合、エラーが出て先に進まないことがあります。 この場合は自分が入力ミスを起こしていることになるのでエラーではありませんが、何度正しい情報を入力してもエラーが出る場合は、アプリそのものに問題がある可能性が高いです。 対応している時間帯でない 主にMKCZ374Eエラーが出た場合の原因ですが、 マイナポイントに対応している決済サービス・電子マネーでも、対応開始時間になっていないせいで登録時にエラーが出てしまう可能性はあります。 7月1日になればマイナポイントそのもののサービスは開始されますが、各決済サービス・電子マネーが「マイナポイントと紐づけする準備」が出来ていないのが原因です。 マイナポイントエラーの対処法 あらかじめ自分のマイナポイントにどのようなエラーが発生したのか抑えた上で、手順通りに対処を行ってください。 マイナポイントのお知らせ等をチェックする 総務省の公式アカウントです。 総務省は行政運営の改善、統計、地方行財政、選挙、消防防災、情報通信、郵政行政などを所管しております。 それぞれの施策について、わかりやすくみなさまに情報を発信いたします。 — マイナポイント事業 mynumberpoint マイナポイント公式Twitter(アカウントはです)や公式サイトを見て、エラーの情報等を調べるようにしてください。 暗証番号入力時にマイナンバーカードをかざすようにする iPhone版もAndroid版も共通で「読み取り開始を押してからカードをずっとかざすようにしておく」と、「MKCZ405E」のエラーは出にくくなります(出た場合はカードと本体がズレた場合です)。 Android版は元々読み取り開始を押して暗証番号入力・スキャン開始の全ての流れでマイナンバーカードをかざす必要があるので読み取り開始を押してからカードをずっとかざすようにするのは必須です。 それに対してiPhone版はスキャンが開始されてからマイナンバーカードをかざせばいいのですが、最初から最後までかざしていたとしても「スキャンが開始されてカードを読み取る」という条件を満たすことは可能です。 読み込み中に本体とカードをズラさない iPhoneの場合だとスキャンが開始された表示が出た直後、Androidの場合は読み込み開始を押すと同じタイミング以降、マイナンバーカードと本体がズレた場合、MKCZ405Eは出てしまいます。 操作中はなるべくスマホを動かさないようにして、当然、マイナンバーカードも動かさないようにすれば、ズレが原因でエラーが出ることはなくなります。 マイナンバーカードの利用者証明用電子証明書を発行する マイナンバーカードをかざした上で暗証番号を入力してもマイナンバーカード読み取りエラーが出てしまう場合は、 マイナポイントのエラーポップアップ通り「利用者証明用電子証明書」が発行されていない可能性があります。 利用者証明用電子証明書とは、 コンビニやその他企業等でなんらかの交付をする際に本人だと証明するための証明書のことで、オンラインで決済する場合にも必要です。 マイナンバーカードには「署名用電子証明書」というマイナンバーカードの内容が正しいかどうかを判断する証明書は備わっていますが、 利用者証明用電子証明書はマイナンバーカードを発行した市町村区役所で発行してもらう必要があります。 利用者証明用電子証明書を自分のマイナンバーカードに登録した上で、マイナポイントの読み取りを行ってみてください。 市町村区役所の窓口にて相談できます。 正しい情報を入力しているか確認する 決済サービスや電子マネーのコード・番号を入力する際、正しい番号が入力されているかは確認してください。 番号が間違っていた場合は自分のカードだと認識されず、マイナポイントと連携してポイントを貯めることができなくなるからです。 PC版のマイナポイントを試す PC版のマイナポイントにもプラットフォームが存在するので、こちらからインストール・マイキー取得を行うこともできます。 ただし、スマホアプリ版マイナポイントと比べて条件がやや厳しくなっているので、環境によってはマイキー取得が不可能の可能性があります。 Internet explorer 11である必要がある• OSがWindows7以降のもの• 対応ICカードリーダーが必要 マイキーID作成・登録準備ソフトをインストールすることになりますが、 インストールしたとしても上記の条件を満たしていないとPC版でマイナポイント(マイキーID登録)が不可能です。 特に、対応ICカードリーダーに関しては市販されているものを家電量販店や電気屋等で購入する必要があります。 値段は2000円から10000円くらいのもので、対応されているカードリーダーはを参考にしてください。 マイキーID作成・登録準備ソフトのインストールは、マイキープラットフォームサイト(です)のトップ画面の赤枠からインストールできます。 マイキーID作成・登録準備ソフトのインストーラーが開かれます。 「インストール」を押せばPC版JKP利用者ソフトのインストールが開始されます。 インストールした後はアプリの起動等は必要なく、インストールしているだけでマイキー取得が可能となります。 公式サイトを開いてアプリ版と同じ手順でマイキーを取得してください。 クライアントソフト(JKP利用者ソフト)をインストールする) マイポイントが使えなかった場合、マイナンバーカードに搭載された電子証明書をチェックできるアプリの「JPKI利用者ソフト」をインストールしてみてください。 「MKCZ355E」のエラーは利用者クライアントソフトに関連するエラーで、 この利用者クライアントソフトこそJPKI利用者ソフトのことです。

次の

マイナポイントの予約・申込方法

マイナポイント エラー mkcz355e

マイナンバーカード普及の切り札になりそうなのが、ポイント還元です。 マイナポイントとしてポイント還元が実施されますが、マイナンバーカードを作ってから登録しておく必要があります。 設定後は、2万円のチャージもしくはお買い物で上限5,000円分のマイナポイントが付与されます。 [マイナンバー関連記事]• 還元は 25%で上限は 5000円相当です。 2万円の利用までが目安となるでしょう。 既存の決済(スイカ、ペイペイ、クレカなど)からあらかじめ1つを選択。 あとはその決済を使えばポイントが還元されるというシステムです。 対応サービスは以下参照ください。 期間は2020年9月1日~2021年3月31日です。 マイナンバーカードの発行については以下で紹介しています。 発行依頼をしてから受け取りまでは数週間はかかります。 意外と面倒ですので、もし発行を考えていれば早めに申し込みましょう。 申し込むには? 2020年7月から申し込みが始まります。 ポイントサービス自体は9月からとなります。 ブラウザから申し込む 「マイナポータル」ではなく、「マイキープラットフォーム」というサイトから登録します。 予約 ブラウザからマイナンバーカードをICリーダに繋いで予約できるかどうか試してみましょう。 まずブラウザはIE インターネットエクスプローラーでないといけません) その後予約を行います。 申込 予約が済んでいれば次は「マイナポイントの申し込み」へ進みます。 こちらもマイナンバーカードで認証します。 画面が出たら申込へ進みます。 キーワード検索で探します。 選んだら「選択」します。 選択後、さらに次に進みます。 あとは決済サービスIDなどを登録すればオッケーです。 決済サービスID、セキュリティコードって何? 登録時に決済サービスID、セキュリティコードが必要です。 ペイペイの場合、ペイペイアプリからコードを入手します。 ほかの決済方法はそれぞれの決済アプリ等を確認してください。 チャージ特典と決済特典って何? ペイペイを選ぶとチャージ特典と決済特典と2つあります。 チャージはチャージするだけでポイントがつきます。 決済は購入時にポイントが付きます。 チャージ特典のほうが一気にポイントを付けておけますのでこちらのほうがおすすめです。 アプリから準備する マイナポイントを利用準備するアプリがリリースされています。 アンドロイド: 起動するとこんな感じ。 予約を押すとマイナンバーカードをNFC対応スマホで認識させることができます。 しかしうちでやろうとすると「 エラーMKCZ355E 利用者クライアントソフトのライブラリの読み込みに失敗しました」と出てしまいます。 このエラーに対応するためには「JPKI利用者ソフト」というアプリが必要そうなのですが、どうやらうちのスマホは対応していないようなのでスマホからは準備できないようです。 マイナポイントの予約の不具合 IEがない? IEがインストールできない? PC版でマイキープラットフォームへアクセスしますが、IE インターネットエクスプローラー)が要求されます。 再インストールしないとない場合は、以下を参照にインストールしておきましょう。 いましばらくお待ちください?ページを開けません? マイナポイント予約へアクセスが集中する可能性があります。 ただし実際にポイントがつくのは9月からですので、登録自体は急がなくても大丈夫です。 MKCZ302Eエラー 読み取りしたマイナンバーカードはすでにマイナポイントを予約しているという場合に出るエラー。 ただしマイナポイントの設定自体は7月から開始ですので、現時点での設定は意味がないと思います。 MKCZ346Eエラー IE用の登録準備ソフトなどを入れた後にアクセスしたらこのようなエラーとなりました。 うちでは、パソコンを再起動後にアクセスしたら大丈夫でした。 まずカードリーダがアクセス状態になるか目視でチェックしましょう。 うちの使っているカードリーダーの場合、ランプの点滅が早くなります。 カードリーダが反応していないようだと、「カードリーダが正しく刺さっていない場合」や「マイナンバーカードが正しく装着されていない」などの可能性が考えられます。 マイキーID作成 登録準備ソフトがちゃんと入っていない場合にもエラーが出ることがあるようです。 念のためもう一度再インストールしてみましょう。 また、マイナポータルのほうへアクセスしてログインできるか試してみるとよいでしょう。 もしマイナポータルでログインできて、こちらのサイト(マ位キープラットフォーム)でログインできないということであれば、サイトやブラウザの問題になるかと思います。 マイキーID作成 登録準備ソフトがインストールできない?errorCode:1? うちでは「マイキーID作成 登録準備ソフトがインストールできない」としてエラーコード1が出ました。 以前インストールしようとして失敗している場合があるようなので、一度アンインストールしてから再度実行してみましょう。 カードがない? CGCグループのコジカカードは対応予定とされていますが、現在は検索に出てきません。 カードのによっては現在審査中のものもあるため、利用候補にはラインアップされているもののマイナポイント申し込みにはまだ掲載されていないという可能性が考えられます。 マイナポイントの開始は9月ですので、しばらく申請は様子見をしてみましょう。 そのうち登録されているかもしれません。 なお、利用対象とされているカードについては以下から参照ください。 [マイナンバー関連記事]• apicode.

次の