うどん バカ 一代。 うどんバカ一代では「釜バターうどん」がおすすめ

【高松】「うどんバカ一代」早朝から行列に2時間並んで食べてみた。まじで並ぶ価値あり!

うどん バカ 一代

うどんバカ一代の外観 「うどんバカ一代」は高松の観光通りというストリートを東に行き、線路を2回越えてすぐに左に曲がってちょっと行ったところにある有名なお店です。 さすが超人気店ですね。 なかなか並んでます。 こちらは看板です。 「手打十段」って書いてますね。 なんか面白いな。 こちらは入り口。 このお店ですが朝の6:00から夕方6時までやってるんですね。 12時間も!すごいな! 駐車場の案内もありますね。 少しずつ置ける駐車場が複数箇所あるようです。 うどんバカ一代の店内 では、うどんバカ一代の店内に入りましょう。 店内は狭いのですが、すごい混みようです。 店内の上に飾ってあるのは…… いやー、すごい数のサインですね!このサインが店内の壁という壁にびっしりとあるんですよ! うどんバカ一代のメニューが見えます。 人気の「釜バターうどん(小)」は490円です。 わたしは中サイズ590円を頼みました。 かけうどん …… 210円• キムチうどん …… 370円• 梅うどん …… 370円• 自家製牛スジ煮込みカレーうどん …… 440円• 自家製牛スジ煮込みカレーライス …… 500円• 家族うどん …… 1,000円(4玉) なんかいろんなメニューがありますね。 家族うどんというのはいっしょにみんなでつっつけるうどんなんでしょうか。 カレーライスがあるのはめずらしい。 あと、 お蕎麦もあるみたいです。 こちらはサイドメニューの天ぷらたち。 釜バターうどんを注文 さて、名物釜バターうどんを注文しましたが、麺が茹で上がるのに時間がかかってました。 なので、「8番」という番号を告げられてしばらく待つことに。 こんな風に先に生卵と醤油は渡されました。 5分ぐらい待ったでしょうか? 8番が呼ばれ、自分でカウンターに取りに行きました。 セルフですからね。 そして!これがうどんバカ一代の「釜バターうどん(中)です! カウンターのところでネギと天かすを自分で入れて、テーブルで生卵を割って投入しましょう。 早くしないと卵がいい感じに半熟にならないので急いで! あ、生卵をもらうときに受け取ったしょうゆも回しかけます。 こんな感じで超美味しそう! バターとの異色の組み合わせが食べられるのはこのお店だけです。 よく見ると胡椒も入ってますね。 粗挽きです。 そして、思いっきり混ぜてやりましょう! 基本的には、バターと胡椒を釜玉うどんに入れただけですよね。 こんな感じで、ちょっと見かけ的にカルボナーラ的になります。 まぁ、醤油が入ってますけど(笑)。 では麺をいただいてみます! 写真でもわかると思うのですが、麺が生きてますね。 エッジがすごく立っていて美味しそうな麺です。 麺は細めで、モチモチ系の麺でした。 アツアツのメニューでしたがコシもありましたよ! かけうどんとかぶっかけを食べてませんが、この感じだと、ほかのメニューでも美味しいでしょうね。 少し撮影でもたついたのですが、もっと早く卵をかき混ぜてもっと半熟だったらさらに美味しかった気がします。 バターの風味と胡椒のスパイスが今までに食べたことのない味を作り出してます。 じゃっかん胡椒が固まってる部分を食べると辛かったです。

次の

【讃岐うどん】釜バターが一番人気の『うどんバカ一代』

うどん バカ 一代

うどんバカ一代の施設情報• 定休日:元旦• 席数:42席• 駐車場:30台• 住所:香川県高松市多賀町1-6-7• 電話番号:087-862-4705 うどんバカ一代では「釜バターうどん」がおすすめ うどんバカ一代の大人気メニューは「釜バターうどん」です。 これは釜揚げうどんにバターと卵をのせ、黒胡椒をかけたうどんになります。 味はカルボナーラ風で、こってりした味わいになっています。 他のうどん屋には珍しい、変わった味を楽しむことができます。 他のうどんも美味しいですが、一度は食べることをおすすめします。 うどんバカ一代は芸能人にも大人気!壁にはサインがたくさん! うどんバカ一代には過去にたくさんの芸能人が訪れています。 上の写真のサインは一部です。 写真に写っている倍以上のサインが店内の壁には飾られています。 写真に写っている芸能人の名前だけ見ても「青山テルマ」、「清水翔太」、「アンタッチャブル山崎」、「藤田ニコル」などと有名な人たちの名前が並んでいます。 ゲスの極み乙女のボーカル川谷絵音さんも高松でライブをしたときに「うどんバカ一代のうどんがめっちゃ美味しかった。 釜バターが美味しかった。 」と話しました。 味はもちろん、高松市の中心地にあることや、営業時間が長いことから芸能人の人も来やすいのでしょう。 数あるサインの中に一つだけ写真が飾ってあります。 この写真に写っているのはももいろクローバーZのリーダー百田夏菜子さんです。 お忍びで来ていたそうで、定員は誰も気づかなかったそうで、百田夏菜子さんのブログから写真から引用しているようです。 写真の右下には「気づきませんでした。 申し訳ありません。 無念です。 」とのコメントがあります。 平日でも混んでるし、GWなどの連休は大行列覚悟 うどんバカ一代は香川県の人、県外の人からも人気です。 そのため平日であってもお昼のごはんどきなどは行列ができています。 ゴールデンウィークなどの大型連休だと長蛇の列ができ、1時間以上待つこともあります。 うどんバカ一代のこだわり うどんバカ一代は先ほど説明した「釜バターうどん」が人気ですが、普通のメニューのうどんも美味しいです。 これは「できたて」を提供しているという理由が大きいです。 うどんバカ一代には「出来立てが一番美味しい。 お客さんにはできたてを提供する」というこだわりがあります。 このため、釜からあがって10分以内のものが出されます。 10分以上経ったうどんは「死んだうどん」としてお客さんに提供されることはありません。 この強いこだわりのおかげで、お客さんは常に美味しいできたてのうどんを食べることができます。 うどんバカ一代の場所とアクセス うどんバカ一代は香川県の高松市の中心部にあります。 車でも電車でも簡単にアクセスすることができます。 車での行き方 うどんバカ一代にはお客さん用の駐車場もちゃんとしてあるので、車で行くのは問題ありません。 高速道路を使うなら「高松中央IC」が一番近いです。

次の

うどんバカ一代の「釜バターうどん」はカルボナーラ風味うどん(完全禁煙)

うどん バカ 一代

今日は少し前に行ってみた、香川県高松市の有名な人気うどん屋さんのお話。 香川県には馴染みの深い私ですが、 高松市には早々来ることがないのであまりお店を開拓したこともありませんでした。 しかし、先日早朝に高松市に着かないといけない用事があり、夜間のフェリーを使って大阪から高松まで行ってきました。 早朝でなかなか開いているお店がない中、 高松駅から割と近くて朝6時から開いている、超人気うどん屋さんを発見! そこで今回は、香川県高松市にある、 『手打十段うどんバカ一代』の待ち時間の実際、おすすめメニューをご紹介します。 きっと私のように早朝にフェリーやバスが着いて時間を持て余す人もいると思うので早朝の行列やおすすめの時間帯もお伝えします! Contents• 『手打十段うどんバカ一代』の人気No. うどんの上に卵のバターと黒胡椒がたっぷり。 組み合わせ的にはちょっとカルボナーラっぽいのかな? まろやかな味でちょっとアクセントも効いていて大人気の一品です。 私がお店に行った時にも、おそらく8割以上のお客さんは釜バターを注文していました。 (ちなみに釜バターは他のうどんよりちょっとだけ時間がかかります) しかし! 半分うどん県の血が流れている私としては、 久々のさぬきうどんはもう少し定番のものを食べたい!っていう気持ちと シンプルに早朝のフェリーで寒い思いをしたのでかけうどんをチョイスしてみました。 ということで、今回は肉うどんです。 ) もちろん、お肉の旨味もたっぷり入ったおだしになっています。 肉うどんのだしってなんであんなにおいしいんですかねー。 1の釜バターもおいしいんだろうけど、普通のうどんメニューもぜひ食べてほしいなーと思いました。 ちなみにサイドメニューも結構あって、 80円ぐらいで巻きずしとかいなりずしとか、1個からでも食べられます。 何気に朝焼けに映し出された笑顔がかわいいですね。 私はフェリーを下りてJR高松駅に着いたのが5時半過ぎだったのでそれでも開いているお店はないかなーと検索。 …が、しかし! 地図上では近そうに見えても、歩くと結構遠い(笑) あんまり地図をよく見ずに、まぁ30分ちょっと歩いたら着くかなと思って歩いたのですが、早朝なせいもあってお店も開いてないのでひたすら歩くだけの時間はちょっと長く感じましたね。 列はお店の前に収まる程度の長さだし、回転も悪くないのですが、オープン直後は最初の集団が一斉に食べ始めて終わるのを待たないといけないので、結局20分ぐらいは並んだかな… しかし、食べ終わって6時40分ぐらいに出てきたときには… そうです、まったく行列はなくなっていました。 なのでオープンを狙うのであれば6時より少し早めに来て1巡目に入るのがおすすめだし、 そうでなければ6時半とか、オープン直後のお客さんが少し落ち着く時間がおすすめです。 オープン直後は店内も慌ただしくて、何となくゆっくり食べにくい感じだったので、個人的にはちょっと落ち着いてからの方がおすすめです。 (あくまで、この日の混み具合ですので、ご参考程度に…) それと、歩くの得意じゃない方は高松駅周辺のネットカフェとかで時間つぶして、近くまで電車で来ることをおすすめします。 ことでんの「瓦町駅」からなら10分もかからないです。 ちなみに早朝ランニングとかロードバイクの方が結構食べに来てましたね。 皆さん朝早くから運動しててびっくり。 香川県高松市にある『手打十段うどんバカ一代』は釜バター以外のうどんももちろん絶品で、早朝から開いているので夜行の交通機関を利用する方にはかなりおすすめのお店でした。 待ち時間を考えると、特にオープン1番にこだわらない方は、若干ゆっくりめの方が空いているかもしれないです。 高松に訪れる機会があれば、ぜひ食べてみてくださいね。 それでは、また。

次の