麻雀 対戦。 日本プロ麻雀連盟

オンライン対戦麻雀「天鳳」の始め方

麻雀 対戦

不具合に関するご報告は までお願い致します。 麻雀天聖の特徴 四人麻雀と三人麻雀が遊べる一人用の麻雀ゲームです。 試合形式・赤牌・喰い段などのルール設定が可能です。 順位率や上がった役の回数などの戦績が閲覧可能です。 ブラウザのキャッシュをクリアすると戦績等のデータは消去されますのでご注意下さい。 CPU側に有利になる操作は一切ありません。 可視情報(局面・手牌・捨て牌・鳴き牌)のみで思考を行っています。 [難易度設定につきまして] タイトル画面の難易度設定ボタンからCPU(コンピュータ)の強さを5段階に変更できます。 段級位戦では初段以上になるとCPUの強さで「1」を選択しても自動的に「2」が適用されます。 サシウマ戦ではCPUの強さは固定で設定は反映されません。 対戦相手の手牌を公開しての対局は自由対戦のみ可能です。 設定 以下の項目の設定が可能です。 ・試合形式(東風戦、東南戦) ・赤牌(あり、なし)-赤牌はマンズ、ピンズ、ソーズに各1枚入りドラになります。 ・喰い断(あり、なし)-喰い断はポンやチーで鳴いてアガるタンヤオのことです。 ・効果音(ON、OFF) ・牌捨クリック(1回、2回)-2回クリックで牌が切れるようにするか選択します。 ・打牌速度(普通、速め、速い) ・CPU強さ(5段階)-レベルを上げるとコンピュータの思考力が上がります。 ・手牌公開(ON、OFF)-コンピュータの手牌を公開します。 ゲームが正常にプレイできない場合 ブラウザのキャッシュやCookieを消去した後、ブラウザを再起動することで問題が解消される場合がございます。 Internet Explore 「ツール」メニューから[インターネットオプション]をクリック 「閲覧の履歴」で[削除]ボタンをクリック [削除]ボタンをクリック Firefox メニューから「履歴」>「最近の履歴を消去」と選択 消去する履歴の期間を選択します [今すぐ消去]ボタンをクリック Safari [Safari]メニューから「履歴」>「履歴を消去」と選択 消去する履歴の期間を選択します 基本ルール ・複数ロンなし。 頭ハネとなります。 ・流局時ノーテンは親流れとなります。 ・四家立直と四風子連打は流局。 九種九牌は流れません。 ・リーチ後の暗カンは待ちが変わらない限り有効です。 ・カンドラは暗カン、明カン成立時に即乗りとします。 ・オーラスでトップの場合は自動的に終局となります。 三人麻雀ルール ・萬子の2-8がありません。 ・東家、南家、西家のみです。 ・北は常に役牌で抜きドラはありません。 ・ポン、カンはできますがチーは出来ません。 ・ドラ表示稗が一萬の場合、ドラは九萬となります。 (表示九萬の時は一萬) ・得点は、ロンの場合は四人麻雀と同じで、ツモの場合は子一人分の得点が減ります。 ・ノーテン罰符は場に3000点で、一人テンパイは2人から1500点をもらい、一人ノーテンは2人に1500点の支払いです。 ・積棒は1本200点です。 不具合のご報告は.

次の

麻雀

麻雀 対戦

最大同時接続人数、対戦者レベル、いずれも最高水準。 麻雀大会の運営に最適なロビー機能も充実。 プレイ料金は基本無料。 次の機能は有料 IDごとに30日で月額540円または720円 になります。 製品本体を&インストール 2. NoNameでログインし、観戦機能などが正常に機能することを確認 3. 新規ID登録 持っていない場合のみ 4. プレーヤIDで入場後、「対戦の利用開始はこちらから」のリンクで支払いページへ 5. 支払いが完了したら一度ログアウトして再度ログイン 6. 対戦開始!.

次の

麻雀天聖

麻雀 対戦

友達と通常のオンライン麻雀での同卓は難しい 遠く離れた友達と一緒に麻雀をやりたいときがあると思いますが、通常のオンラインゲームで同卓するのは難しいですよね。 一般にオンラインの麻雀ではログインして4人集まったら 自動的に対局へと移りますので、特定の人と待ち合わせてプレーするということが難しいんですね。 友達と時間を合わせたつもりがまったく知らない人と対局することになってしまった、ということにもなりかねません。 特に麻雀の初心者は、知らない人とやるより気の知れた人とやりたいと思うことが多いはずです。 またこれからいろんな人と打つための練習台として、まず友人と一緒に麻雀を打ってみたいと考える人もいると思います。 初心者ならばいきなり知らない人と打つのは、かなり勇気のいることですからね。 イチオシは無料で遊べる「雀魂(じゃんたま)」 最近は無料で遊べるオンライン麻雀が増えてきましたが、私のイチオシは 「雀魂(じゃんたま)」です。 雀魂は基本的に 無料でオンラインの対戦ができるほか、大会やイベントにも参加することができます。 また雀魂の特徴の一つに、 友人戦といって特定の相手との対戦ができる機能があります。 ですから、まだ麻雀をはじめたばかりでいきなりオンライン対戦をするのは気が引けるという方でも、初心者だけ集まって対戦することもできますし、好きな相手とゆっくり対戦を楽しむこともできるわけですね。 この友人戦も 無料で出来るので、雀魂は麻雀初心者にとっては本当にうってつけのオンラインゲームなんですね。 この雀魂では、対局をおこなうごとにさまざまなデータが蓄積されていって、レベルが上がるにつれて 徐々に強いランクの対局が楽しめるようになっています。 また雀魂には基本的な対戦のほかに、対局を観戦できたり牌譜を見ることもできます。 なので雀魂は自分一人で楽しむ以外にも、 友人など多くの人たちと一緒に楽しむことができるオンライン麻雀なんですね。 なので雀魂は麻雀の初心者には一番おススメしたいゲームですね。 オンライン麻雀「天鳳」で個室が作成できる 友人と一緒にプレイするのにもう一つのおすすめの方法というのが、 オンライン麻雀「天鳳」で麻雀の個室を作るという方法です。 天鳳では、友達など特定の人と一緒に打てる麻雀部屋を手軽に、しかも 無料で作ることができるんですね。 この天鳳というオンラインの麻雀ゲームは累計で約 500万人にも利用登録されているとても人気の麻雀ゲームなんです。 またこの天鳳はWindowsやMacのほか、iPhone、iPad、Androidでも遊ぶことができる本格的な対戦麻雀ゲームとなっています。 ですから スマホが1台あれば、遠く離れた友人とも時間や場所を選ばずにいつでもどこでも麻雀を対戦できるというわけですね。 またこの天鳳では以下のような一部の機能を追加する場合は 有料となります。 ほとんどのオンライン麻雀では、4人集まらなかった場合は、自動的にCPUが入ってくれます。 ですからCPUが代わりに入ってこれない場合についてを説明します。 そこでご紹介するのが、 サンマというやり方です。 3人でやる麻雀のことを三麻(サンマ)といいますが、このサンマには特有のルールがあります。 <サンマの主なルール> ・北家を除いた東家、南家、西家でゲームをおこなう ・萬子の2~8までの牌を使わない ・3人ともにチーができない ・北は3人全員のヤクハイとする ・ドラ表示が1萬だった場合は9萬をドラとする サンマにはこのような特殊なルールがあるんですね。 萬子の牌が少ない分、索子や筒子の牌を使うことが増えるため、 ホンイツやチンイツを狙いやすくなっているのですね。 また萬子の1や9の牌は使われているため、 チャンタや純チャン、国士無双といった役は4人麻雀と同じように作ることができます。 ただ1萬や9萬はコーツにしかならないため不要牌となることが多くなります。 このように萬子の2から8までの牌がなくなってしまうと作れる役がかなり減ってしまう気がするのですが、実際にできなくなる役は 三色同順くらいなんですね。 イッツーもチンイツも色を変えれば作ることができますからね。 そして 北が3人全員のヤクハイになるというのもサンマ特有のルールですね。 4人麻雀では北は不要牌とされることが多いですが、サンマではとても有効な牌になるわけです。 なので サンマでの役作りや戦術は、4人麻雀のときと変える必要があるのですね。 2人麻雀(二麻)をやるときのやり方やルールとは? 2人で麻雀をする場合はいくつかやり方があるのですが、ここではおすすめのやり方をご紹介しますね。 <2人麻雀の主なルール> ・東家、南家の2人でおこなう ・使用する牌は索子と一九字牌のみ ・ツモ、ロンともに全額を相手が支払う ・その他の基本的なルールは4人麻雀と同じ よくゲームセンターで行われている麻雀ではこのような2人麻雀でやることが多いですね。 この2人麻雀では使用する牌が索子と一九字牌だけなので、高い役を作りやすくなっています。 使える牌の種類からしてもホンイツやチンイツ、国士無双などは作りやすそうですよね。 なので2人麻雀では上記のルールに加えて、 満貫縛りというルールにすることもあります。 この他にも2人麻雀では、中張牌だけを使った 「タンヤオ麻雀」や、一九字牌だけを使った 「ヤオチュウ麻雀」などがあります。 まとめ ここではオンライン麻雀で友達と対戦する方法と、3人麻雀、2人麻雀のやり方について解説しました。 <ここで紹介した友達と対戦する方法> ・イチオシは無料で遊べる「雀魂(じゃんたま)」 ・オンライン麻雀「天鳳」で個室を作成する ・3人麻雀(サンマ)のやり方とルールの解説 ・2人麻雀(二麻)のやり方とルールの解説 麻雀は今では遠くに離れた友人とも一緒にプレーできますし、人数が4人集まらないときでも3人用、2人用の遊び方がありますから、積極的に楽しんでいきたいですね!.

次の