トロット 韓国。 美しすぎる韓国女性トロット(演歌)歌手10選

【韓国歌謡】K

トロット 韓国

【ヤン理事 ヤン・ジュヒ 役】キム・ヘリ 本作は大ヒットドラマ『ソル薬局の息子たち』や『タルジャの春』などを出掛けてきたイ・ジェサン演出による作品です。 ヒロイン役のチョン・ウンジさんは、アイドルグループApinkのメインボーカルとして活動しながら、その高い演技力でも知られています。 ドラマデビュー作『応答せよ1997』はシリーズ化されるほどの人気となり、ケーブルテレビの躍進にも貢献しました。 その後もドラマ『その冬、風が吹く』『恋にチアアップ!』『アンタッチャブル』などに出演する他、ソロ歌手としては作詞作曲をするなど多彩な才能を発揮しています。 本作でトップスター役を演じているチ・ヒョヌさんにとっては除隊後の復帰作で、『イニョン王妃の男』以来2年ぶりの作品となります。 元々はバンドメンバーと活動していたこともあり、本作でもその実力を発揮しています。 当初、主役の二人には神話のエリックさんやIUさんの名前も挙がっていましたが、二人とも本作のキャラクターのイメージとは合わない気がするので今回のキャスティングで正解だったように思います。 シン・ソンロクさんは大ヒットドラマ『星から来たあなた』での強烈な悪役で知られていますが、本作では独特な魅力を持つキャラクターをコミカルに演じています。 ヒロインのライバル役を演じるイ・セヨンさんは、子役として様々な作品に出演してきましたが、近年は『ヴァンパイア探偵』や『花遊記 ファユギ 』などに出演しています。 本作の中でもコミカル担当のソン・ホジュンさんは、ドラマ『応答せよ1994』でブレイクし、その後も多くの作品でメインキャストを演じています。 その他には、優しい母親役のイメージが強いキム・ヨジンさん、お笑い芸人で本作でソン・ホジュンさんとのコミカルなやり取りを見せるシン・ボラさん、多くの作品で個性的なキャラクターを演じてきたチャン・ウォニョンさんにパク・ヒョックォンさんなどをはじめ、存在感のあるベテラン俳優カン・ナムギルさんやユン・ジュサンさんも出演しています。 そして、悪女役のイメージが強いキム・ヘリさんが本作でもイメージ通りの活躍を見せてくれています。 OST情報 本作はチョン・ウンジさんの歌う素晴らしいトロットがウリの作品ではありますが、OSTにはトロット以外の曲も使われています。 スポンサーリンク トロットの恋人【韓国ドラマ】あらすじ これまでマラソン選手になるために頑張ってきたチェ・チュニ(チョンウンジ)でしたが、コーチから諦めるよう告げられてしまいます。 ある日、チャリティーマラソン大会にスポーツジムのスタッフとして参加していたチュニは、とある出場選手の不正を偶然目にしてしまいます。 そのことを問い詰めたチュニでしたが、のちにその人物が人気ミュージシャンのチャン・ジュニョン(チヒョヌ)であることを知ります。 ジュニョンは事務所の移籍問題からゴタゴタに巻き込まれ、嘘のスキャンダルをでっち上げられ人気が急落してしまいます。 更には賠償問題も発生し、芸能界から一瞬で干されてしまったのです。 ジュニョンの移籍先の事務所シャインスターのチョ・グヌ社長(シンソンロク)は、とある女性を歌手として成功させチャートで1位を取ることが出来たらジュニョンの復帰の手助けをしてくれると言うのですが、その相手がマラソン大会で最悪の出会いとなったあの女だったのです。 しかも、彼女はジュニョンが嫌うトロット歌手であると分かり・・・。 スポンサーリンク トロットの恋人【韓国ドラマ】みどころ 韓国ドラマにおいて芸能界を舞台にした作品は多く、『ドリームハイ』のような芸能人を目指す若者たちの話や、『最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~』などのような売れっ子と落ちぶれたアイドルとの話など様々なタイプのものがあります。 そんな中でも本作は、「トロット」歌手をテーマにしたこれまでにない作品となっています。 ストーリー的には、落ちぶれたスーパースターと音楽の才能ある女性との恋と成長を描くという王道の流れなんですが、音楽のジャンルがポップスでもロックでも、アイドルものでもなく「トロット」というのがポイントとなります。 トロットとは、いわゆる韓国の演歌の様なもので、ド演歌調のものもあれば歌謡曲寄りのものや、ポンチャックと呼ばれるダンサブルなものもあります。 これだけ聞くと演歌に興味がない人は見向きもしないような内容に思われるかもしれませんが、ヒロイン役のチョン・ウンジさんの歌唱力がとにかく素晴らしく、ソウルシンガーのような迫力があるんです! 音楽のジャンルとしては興味なくとも、歌の上手さから引き込まれてしまう存在感があり、見ていくうちにジャンルなど気にならなくなります。 そんなヒロインと関わることで徐々に変わっていく元スーパースターをチ・ヒョヌさんが演じ、事務所の社長役のシン・ソンロクさんと三角関係となります。 そして、ヒロインの歌手としてのライバル役で恋敵にもなるのがイ・セヨンさんです。 彼女は当初そんなに悪い印象はなかったのですが、話が進むにつれて母親と共にどんどん悪女化していきます。 主人公二人の周りには個性的なキャラクターも多く、歌と共にコミカルさも本作のみどころとなります。 そんな脇役たちの恋愛模様も面白く、ヒロインの妹の活躍とその可愛さも必見です! 果たしてヒロインはトロット歌手として成功し、ジュニョンも再起することが出来るのか?そして、彼女たちの恋の行方は!? スポンサーリンク トロットの恋人【韓国ドラマ】感想と評価・評判 ストーリー的にはよくあるものでしたし、突っ込みどころも多い作品だったのですが、チョン・ウンジさんの歌唱力は非常に魅力的でした! 真に実力ある人が歌えば、どんなジャンルの曲であってもその良さは伝わりますね。 恋のキューピッド的役割を果たす妹の存在も良かったですし、借金取りからマネージャーになるおじさん二人のキャラクターも良かったですね。 他にも、本作のコミカル担当テソンとピルニョのやり取りも笑えますし、皆を温かく見守る元社長の存在も良かったです。 こういった脇役のキャラクターが明るい人ばかりだったので、スインとヤン理事の悪役ぶりが際立って見えました。 この悪役二人に関しては明らかにやりすぎで、これがこのドラマの評価を分けるところかもしれません! 確かに主人公にはライバルは必要なのですが、イ・セヨンさん演じるパク・スインはヒロインよりも顔もスタイルも良いのに、明らかに歌唱力では完敗しているんです。 本当なら、二人が切磋琢磨してスポ根的な流れになり、のちに友情も生まれるのかと思っていたら、ヒロインに嫌がらせをしたり邪魔をするばかりで、母親のヤン理事に至っては過去にも悪事を働いています。 娘のライバルとはいえ、同じ事務所に所属する歌手を潰しても会社としたら損をするだけなのに、それを誰も止めないというのも疑問でした。 この二人の存在のせいで、ヒロインが持ち前の歌唱力で芸能界をかけ上がっていくというシンデレラストーリーから、後半はサスペンスやメロドラマ風になってきて作品としてゴチャゴチャし過ぎのように思いました。 そのせいでヒロインがやけにアッサリ売れたのにすぐに落ちぶれてしまったりと、その過程が丁寧に描かれることがなく不満が残りましたし、歌手としての成功の感動が薄くイマイチ感情移入出来ませんでした。 相変わらず目つきの悪いシン・ソンロクさんは今回は凄くいい人でしたし、最初は性格の悪かったチャン・ジュニョンの変化も嬉しいものだったりと、恋愛模様は気になるところだったのに、肝心の音楽では実力で競うことをスインが早々に諦めてしまい悪事を働くことに精を出してしまった為、音楽ドラマとしてのみどころが少なくなってしまいました。 チョン・ウンジさんの歌唱力や、コミカルな脇役キャラクターの存在などいいところもあったのですが、トータルするとイマイチまとまりのない作品だったように思います。 まとめ:チョン・ウンジさんの歌唱力をもっと堪能したかった! 歌手としての成功を目指すスポ根的流れの作品かと思いきや、ライバル役は悪事を働くことがメインになってしまうなど、後半のストーリーは稚拙に思えてしまいました。 最後に 実に残念な作品です。 韓国での視聴率が高い低いは関係なく、内容的には日本で受けそうな作品だと思ったのですが、ライバル同士の対決よりも裏工作がメインとなってしまい音楽ドラマとしての面白さが少なかったように思います。 見た目では劣るものの抜群の歌唱力を持つヒロインと、見た目は抜群で歌手としての努力もした来たライバル。 多少の悪事はあっても基本は切磋琢磨して二人とも成長する菅田が見たいところでしたが、ダメな母親の存在もあってかライバル役のスインがどんどん嫌なやつに成り下がっていきます。 『ドリームハイ』や『アイドルマスターKR』と比べるとゴチャゴチャし過ぎでしたね。

次の

イムヨンウン(トロット)プロフィールや経歴を調査!韓国ではアイドルより人気って本当?

トロット 韓国

- 2017 7月 10 7:13午後 PDT 韓国ドラマでお馴染みの韓国演歌&トロット! 韓国ドラマを観ていると誰もが一度は「カラオケシーン」を見たことがあると思います。 韓国ドラマだけではなく、アイドルがバラエティ番組で演歌を披露したり、コンサートでトロットを歌ったりすることも多くありますよね。 しかし「曲は知ってるけど歌ってる人は知らない」といういう方も多いはず。 そこで今回は韓国で人気の演歌歌手やトロット歌手などを徹底調査!「あ~聴いたことある!」というような名曲などもご紹介していこうと思います。 【関連記事】• 韓国演歌&トロットの名曲と言えば? ここでは、韓国で長い間受け継がれている演歌&トロットの名曲をご紹介していきましょう!と、その前に・・・「演歌」と「トロット」の違いをご説明しましょう。 実は演歌 トロット と表されることが多く、その違いははっきりとしていないと言われています。 演歌は日本の演歌と同じような音調を想像してもらえれば分かりやすいと思います。 一方トロットは、韓国の演歌を少し現代風にアレンジしたリズムの良い音調です。 日本の演歌歌手がみんな着物や和装を着ているのに対し、韓国のトロット歌手はドレスやミニスカートで歌うことが普通です。 誰も伝統衣装であるチマチョゴリなどを着ている方はいませんね。 このように「ちょっと現代風の演歌」がトロットだと覚えてもらえると嬉しいです! パク・ヒョンビン「シャバンシャバン」 - 2016 8月 28 5:52午前 PDT 「韓国トロット界の妖精」と呼ばれている彼女!19歳の時にテレビ番組に出演し、脚光を浴びましたが、度重なる家庭での問題や家族の噂などが絶えず、正式デビューはお蔵入りに・・。 しかし、その4年後に「オモナ 어머나! 」で、念願のデビューを果たし、一斉を風靡!韓国では知らない人はいないと言われるほどの人気&トロットを代表する曲となりました。 また、元々は日本の演歌のように少し暗い雰囲気のあった韓国の演歌界を変えた人物としても知られており、華やかなドレスやミニスカート、そして演歌に合わせてダンスを取り入れるという新しいトロットスタイルを確立したのも彼女だと言われています。 ホン・ジニョン.

次の

トロットの恋人【韓国ドラマ】感想は面白い?キャスト・視聴率・OST!

トロット 韓国

日本では「最期の川」というタイトルで2013年に発売された 歳 「生きることは Cheer Up 」 …2015年ほぼ独占して1位に楽曲の2016年新バージョン 歳 「イエ~ィ!! 」 …2016年3月リリースのミニアルバムタイトル曲 歳 「憎い愛」 …2012年発売のアルバムに初収録された楽曲。 ソロでトロット曲も出してはいるが、コヨーテはダンスミュージックを主に歌う男女3人組グループ 歳 「愛のバッテリー」 …2009年発売のデビュー曲にして大ヒットソング 歳 「愛よ」 …2005年発売の2ndアルバム『チャンチャラ』に初収録された人気曲。 チェ・スンジン、イム・ガンヒョン作詞、イム・ガンヒョン作曲。 2012年12月発売のアルバムに初収録。 彼女を見い出したフォーク歌手チュ・ガヨルによる作詞・作曲 歳 「浮草のような人生」 …2012年のヒットソング(2011年リリース)。 クム・ジャンディが2011年発表のアルバムでカバー。 ほかソン・ジョンウ、リラら多数の歌手がカバーしている 歳 「百万本のバラ」 …シム・スボンの1997年ヒットソング。 日本では加藤登紀子が歌って有名に。 原曲はラトビアの歌謡曲 歳 「花」…2005年発売のヒットソング。 この曲で「第20回ゴールデンディスク賞」を受賞 歳 「愛するあの人」 歳 「ブギーマン」…2年8か月ぶりに出した2013年3月発売のシングル。 「愛のバッテリー」に続いてのヒット 歳 「天上の再会」 …1999年のヒットソング。 40代、50代の主婦層に人気がある 歳 「百歳人生」 …苦節25年にして2015年にこの曲が爆発的にヒット。 TVの歌番組で35週連続1位を記録。 ピナリとは祭りなどで行われる厄払いで、日本の「鬼は外、福は内」と類似する 歳 「その時、その人」 …1978年の「第2回MBC大学歌謡祭」でこの曲を歌って入賞し、歌手デビューした。

次の