マイクロ ジェスチャー。 最新情報|【金曜8時のドラマ】サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻

地上波放送決定! どんな嘘も見破る...0.2秒のマイクロジェスチャーって!?:サイレント・ヴォイス|テレ東プラス

マイクロ ジェスチャー

micro:bit Grove 入門キット マイクロビット用Grove入門キット - Grove Inventor Kit for micro:bit - Seeed Japanese Wiki BBC micro:bitはマイクロコンピュータの一種です。 これを使えば、エレクトリックやコーディングに関する知識が少なくとも、使用者は創造性を生かすことがよくできます。 BBC micro:bitはいろんな創造の可能性を提供しており、ロボットから楽器までのほうにも創造的なことが出きます。 しかし、創造性を生かすには、BBC micro:bitだけを使っては不十分です。 そのため、BBC micro:bit に最適なGrove Inventor Kit をお薦めします。 Grove Inventor Kitはユーザにmicro:bitの無限の可能性を与えられます。 キットのコアボードはmicro:bitに適用するGrove拡張ボードであり、それによって、センサー、ディスプレー装置やアクチュエータなど多種のGroveモジュラーはmicro:bitとのインタコネクトができます。 たとえGroveを使ったことがない、或いはそのことが分からなくても心配する必要がありません。 Groveの使いには溶接やジャンパー線の必要がなく、プロトタイピングのことも簡単、便利であることだけです。 Micro:bitのご使用になるため、こちらはGroveモジュールを8つ用意します。 これらのGroveモジュールを合わせて使うと、距離測定とその表示、手振りで音楽放送、部屋で電子警備装置の放置などもできます。 必要なパッケージも無料で提供しています。 また、Micro:bit初心者には、学習材料とする12のプロジェクトも提供します。 エキスパートに対しては、このキットを手際よく活かせることができます。 注意! Micro:bitの輸出電圧は約3. 0Vで、Micro:bit或いは単3電池を電源とすると、高入力電圧と駆動電流が必要なGroveモジュール(例えばGrove-Ultrasonic Ranger)には故障を起こる可能がありますので、Groveモジュールの通常動作のため、Grove拡張ボードのMicro USBを使ってシステムに電力供給してください。 商品特性• 外形綺麗な拡張ボードに多種の周辺機器を便利に接続• Micro:bit最適のGroveモジュールが10つあり• ゼロから学習用プロジェクトが12つあり• 詳細な取扱説明書 ハードウェア概要 部品一覧 部品 数量 Micro:bit用のGrove拡張ボード Grove Shield for micro:bit 1 Grove - Rotary Angle Sensor P 1 Grove-スピーカー Grove - Speaker 1 Grove-超音波レンジャー Grove - Ultrasonic Ranger 1 Grove-ライトセンサー v1. 2 Grove - Light Sensor v1. 2 1 Grove-WS2812防水LED Strip-30 LEDs 1m Grove - WS2812 Waterproof LED Strip - 30 LEDs 1 meter 1 Grove - Gesture 1 Grove - 4-Digitディスプレー Grove - 4-Digit Display 1 Grove - 赤LED Grove - Red LED 1 Micro USB ケーブル 48cm Micro USB Cable - 48cm 1 プロジェクトのマニュアル 12 Projects Manual 1 Alligator ケーブル Alligator Cable 10 Grove ケーブル Grove Cable 7 ご使用の案内 Micro:bitについての基本知識 初めて使う場合には、Micro:bitに関わる基本知識が必要です。 へMicro:bitの詳細情報をご覧ください。 Micro:bitは、JavaScriptブロックエディターや、Python Editorという2種類のエディターでプログラムすることができます。 JavaScriptブロックエディターはグラフィカルプログラミングができ、簡単で、学びやすいです。 それで、以下はJavaScriptブロックエディターについての学習内容です。 簡単ですが、以下の2つのステップを注意してください、その2つのステップが終わったらす、Micro:bitを自由に活用させることができます。 それからツールバーでは Grove が見えます デモ1 ジェスチャー認識 ジェスチャーセンサーは九種のジェスチャーが識別できます。 このデモを通じて、Micro:bitでジェスチャー名称を表示することができます 器材リスト 器材 数量 Grove - Gesture 1 Micro:bit用のGrove拡張ボード Grove Shield for micro:bit 1 micro:bit 1 Grove ピンが4つあるケーブル Grove Universal 4 pin cable 1 Micro-USB ケーブル Micro-USB cable 1 接続• Grove ケーブルでGrove-GestureをMicro:bitの I2C ポートに接続します。 Micro-USB ケーブルでmicro:bitをパソコンに接続します。 注意! micro:bitを壊しないように、micro:bitをインサートする時は、LED配列は外へ向けてください。 ソフトウェア部分• ステップ1 Gesture sensorの追加 -ステップ2 センサーが手の右から左への移動方向を識別できるように、 Right を選んでください。 ステップ3 「Basic」での show string を追加し、それを「Gesture」に挿入します。 「Hello! 」をダブルクリックして、それを「Right」に変更します。 ステップ4 ステップ3と同じように、「Left」や「Clockwise」を追加して、 「show icon」 を「Clockwise」に挿入します。 ステップ5 以上の操作が完了すると、プロジェクトの名前を「gesture」にリネームします。 そして、このプロジェクトをボードにダウンロードします。 完成! ヒント!!! 色によってブロックを探すのは便利ですよ。 例えば、「show icon」の所在が分からないけれど、そのブロックが青色で、それから青色のモジュール「Basic」で「show icon」が見つかります。 便利で効率ウップではありませんか? デモ2 超音波メーター このデモを通じて、超音波メーターで距離測定とその表示ということができます。 器材リスト 器材 数量 Grove-超音波レンジャー Grove - Ultrasonic Ranger 1 Grove - 4-DigitディスプレーGrove - 4-Digit Display 1 Micro:bit用のGrove拡張ボード Grove Shield for micro:bit 1 micro:bit 1 Grove ピンが4つあるケーブル Grove Universal 4 pin cable 2 Micro-USB ケーブル Micro-USB cable 1 接続• micro:bitを壊しないように、micro:bitをインサートする時は、LED配列は外へ向けてください。 Micro-USBケーブルでmicro:bitをコンピュータに接続します。 「item」を「Display」にリネームします。 または「0」を「Grove block 4-Digit Display at P1 and P15」に取り替えます。 ステップ2 Basic block「forever」を追加して、そしてGrove block「item show number 0」を追加します。 「item」を「Display」にリネームします。 または「0」を「Grove block Ultrasonic Sensor in cm at P0」に取り替えます。 ステップ3 Basic block「pause ms 100 」を追加します。 ステップ4 このプロジェクトを「Ultrasonic Meter」にリネームして、ダウンロードします。 Enjoy! 関連リソース 技術サポート 何かご不明な点がございましたら、 でお問い合わせ下さい。 何かご不明な点などございましたら、英語バージョンをご参考下さい。

次の

micro:bit Grove 入門キット

マイクロ ジェスチャー

マウスジェスチャーとはマウスを使った操作のことです。 マウスの操作といえばカーソルを移動させ、クリックやダブルクリックを行いますが、それ以外にも操作をすることが可能です。 キーボードのショートカットキーも便利ですが、マウスを使ってパソコン操作をする人であれば、ショートカットキーとマウスジェスチャーの両方を使うことで作業を効率化することが可能です。 しかし、この便利なマウスジェスチャーはキーボードのショートカットキーよりも認知度は低いため、いつの間にかマウスジェスチャーを起動してしまい、誤操作をおこなってしまうこともあります。 そのため、マウスジェスチャーの存在を知っておくことが大切です。 マウスジェスチャーの操作とは? マウスジェスチャーは利用しているブラウザによって変わり、拡張機能を利用するもの、ソフトウェアを利用するものなどがあります。 基本的にマウスジェスチャーは拡張機能をインストールすることで利用できます。 例えばGoogle Chromeを使っていれば、右ボタンを押しながらマウスを移動させることで、さまざまな操作を行えます。 マウスジェスチャーの操作は使用するアプリケーションやブラウザで異なる このマウスジェスチャーの基本となる機能は、Windows7以降のOSに搭載されています。 Windows7以降のOSには「Aero Snap」「Aero Shake」が搭載されており、さまざまなジェスチャー機能が可能となりました。 この「Aero Snap」は例えば、ウィンドウを移動させようとしたときに、中途半端な位置に配置しても自動で整列されるというものです。 この機能はマウスジェスチャーではありませんが、広い意味でのパソコンのジェスチャー機能です。 それ以前にも独自のアプリケーションやソフトウェアでジェスチャー機能は見られていましたが、Windows7以降に広まるようになりました。 基本的にはブラウザの「戻る」「進む」「閉じる」などの基本操作をマウス単体で行うことができるため、マウスジェスチャーに慣れると作業が飛躍的に速くなります。 マウスジェスチャーを搭載しているブラウザ 主にウェブブラウザでマウスジェスチャーを利用することができ、一般的な以下のブラウザは拡張機能を追加することで実行することが可能です。 ・Mozilla Firefox ・Internet Explorer/Microsoft Edge ・Google Chrome Google Chromeのマウスジェスチャー 通常、Google Chromeでブラウザ操作を行っているときに、右ボタンを押しながらマウスを移動させても、特に何も起きません。 そこでChrome ウェブストアで拡張機能を追加することで、マウスジェスチャーを利用できます。 このマウスジェスチャーの機能はインストールする拡張機能によって変わりますが、どの拡張機能も設定次第で自分の好きな操作を行えるようになります。 例えば、Google Chromeのブラウザを開き検索窓で「GoogleChrome マウスジェスチャー」と検索すると、検索結果画面上位に「スーパードラッグ、ホイールジェスチャー - Google Chrome」と表示されます。 このマウスジェスチャーの拡張機能の名前は「crxMouse Chrome Gestures」でありChromeに追加して機能をオンにするとマウスジェスチャーを使えます。 ここからは「crxMouse Chrome Gestures」の標準的なマウスジェスチャーを紹介していきます。 「crxMouse Chrome Gestures」のマウスジェスチャーの操作コマンド 基本的に右ボタンを押しながら以下の矢印の向きにマウスを移動させると、該当する操作を実施できます。 通常はプレゼンなどで利用しますが、このような拡張機能を追加していれば、まるで絵を描くようにマウスジェスチャーによる操作を行うことが可能です。 Google Chromeのマウスジェスチャーを利用できるその他の拡張機能 ・nkGestures ・Mouse Stroke ・ChromeGuestures Internet Explorerのマウスジェスチャーを利用できる拡張機能 ・HandyGestures Mozilla Firefoxのマウスジェスチャーを利用できる拡張機能 ・FireGestures ・All-in One Gestures ・Mouse Gestures Redox 拡張機能を使うデメリット このように普段利用しているブラウザの拡張機能を活用することで、簡単にマウスジェスチャーを活用できます。 しかし、この拡張機能は「該当するブラウザの拡張機能」であるため、他のブラウザには対応していません。 例えば、Google Chromeの拡張機能を追加しても、Internet Explorerではマウスジェスチャーを使うことはできないのです。 このような場合は、先程の説明のように拡張機能を使わずに、マウスジェスチャー機能があるソフトウェアをインストールすることで活用することが可能です。 よく使われるマウスジェスチャーのソフトウェア マウスジェスチャーのソフトウェアを利用すれば、使用するブラウザが変わっても同じ設定のマウスジェスチャーを利用することができます。 そのため、複数のブラウザを利用するような人は、ソフトウェアをダウンロードすることがおすすめです。 また、このマウスジェスチャーのソフトウェアも無料で利用できるため、おすすめです。 有名なマウスジェスチャーのソフトウェアは以下の2つです。 かざぐるマウス かざぐるマウスはWindows2000から提供されており、非常に古くから使われているソフトウェアです。 そのため、マウスジェスチャーのソフトウェアの中では最も有名であり、現在でも利用者は多数います。 マウスの左右のボタンだけでなく、マウスホイールをボタンとして 利用できるため、設定できる操作が多く便利です。 MouseGestureL. ahk このソフトウェアを使えば、全てのブラウザに対してマウスジェスチャーの操作を実行することが可能です。 また、ブラウザ以外にもメモ帳などのアプリケーションに対応しているため、普段の作業をより円滑に進めることができます。 さらに、自由度が高いカスタマイズ性を持っているため、自分にピッタリなマウスジェスチャーの操作を組むことが可能です。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回はマウスジェスチャーについて紹介してきました。 キーボードのショートカットキーは使っていてもマウスジェスチャーを使っていない人は多いのではないでしょうか。 このマウスジェスチャーを活用するだけで、普段の業務スピードを数段階上げることができるためおすすめです。

次の

ビジネスで使える賢い心理学

マイクロ ジェスチャー

マイクロジェスチャーとは意味は? マイクロジェスチャーとは、人が嘘をつく瞬間に0,2秒間というほんの一瞬だけ現れる動きのことです。 どんな動きがでるかは人によって違うため、その人特有のマイクロジェスチャーを見抜き、嘘を見破るの女刑事が絵麻 栗山千明 です。 人間の仕草にはどんな仕草でも意味があると言われているくらい心理を表しています。 例えば腕を組んで話していれば心を開いていないとか、態度が大きい人は自分を大きく見せようと虚勢を張っているなどです。 常に出ている仕草なら、心理をよみときやすいですが、マイクロジェスチャーはほんの一瞬の動きですから普通の人は見逃してしまいますよね。 それをマイクロジェスチャーと呼ぶのだそうですが、意図的にマイクロジェスチャーをおこなうことはできるのでしょうか? マイクロジェスチャーを熟知している人なら、マイクロジェスチャーを人に読まれないようにするなどの策をこうじることは出来るかもしれませんが、マイクロジェスチャーとは嘘をつく一瞬前のたった0,2秒という動き。 わざと作り出すことや、隠すことは容易ではありません。 わざとマイクロジェスチャーを行おうとしても熟知している人からすれば無意味な仕草に見えてしまうかもしれませんし、一般人が容易にマイクロジェスチャーをおこなうことは難しいと言えるでしょう。 BSか~。 これかなり面白かったから、地上波で普通に放送してほしいな~BSにとどめておく意味よ。。 出典:twitter サイレント・ヴォイス1を観た人はseason2の放送を心待ちにしているようです。 瞬時に嘘を見抜く栗山千明さんのカッコいい女刑事姿、早く観たいですね! まとめ ドラマ『サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・ 楯岡絵麻』に出てくるマイクロジェスチャーとは何かをまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。 まとめますと、 ・マイクロジェスチャーとは、人が嘘をつく瞬間に0,2秒間というほんの一瞬だけ現れる動きのこと ・マイクロジェスチャーは人によって違う ・反射の動きなので、どういうものなのか意味を理解していても意図的に作り出すことは難しい となります。 2020年3月7日夜9時からは、特別篇である「悪魔の学問」が放送されることも決定しています。 season2の前にこちらも見逃せませんね!.

次の