テレビ 朝日 富川 アナ。 富川悠太アナの結婚(嫁・子供)や年収、学歴、身長・体重は?【テレビ朝日】

「報ステは番組打ち切りに!」「報道機関にあるまじきいい加減さ!」コロナ陽性の富川アナとテレビ朝日に怒りの声殺到: J

テレビ 朝日 富川 アナ

テレビ朝日「報道ステーション」メインキャスターである富川悠太アナウンサー(43)が新型コロナウイルスに感染していた問題で、富川アナ体調不良なのにもかかわらず4日間も出勤、会社に報告が遅れていたことがわかり、インターネット上では「報道キャスターとしてあるまじき行為」と厳しい批判の声が上がっている。 スポーツ各紙の報道によると、富川アナは3、4日(2020年4月)に38度の発熱があったがすぐ熱が下がった。 平熱が続いたことから6日(月曜)に通常出勤した。 しかし7日の本番中にたんが絡み、かすれ声に。 翌8日に息切れを感じたが9日(木曜)まで出演を続けた。 10日に都内の病院に入院。 11日にPCR検査を受け陽性が確認された。 ネットでは「放送中に咳をしている。 大丈夫か」と心配していたのに また、「社への体調不良の報告は9日だった」というから、発熱のあった3日から1週間近く会社に報告を怠っていたわけだ。 インターネット上では7日から「富川さんが放送中に咳をしている。 大丈夫か?」という心配の声が上がっていたから、本人も会社も危機意識に欠けていたのは間違いない。 ネット上ではこんな猛批判の声が上がっている。 「会社への報告が9日というのが事実なら、報道キャスターとしてあるまじき行為。 この時期、一度でも発熱があれば経過観察でしょうが! こういうやつが大勢いるから東京はオーバーシュートになる」 「3日、4日に38度の発熱があって、9日まで出演したって? 緊急事態宣言は8日に出たんだぞ。 新型コロナウイルスの危険性を散々伝えておきながら自分のこととなるとこれだ。 このウイルスのパターンの一つは発熱があり、落ち着いてそれから咳、息苦しさって伝えていたじゃないの。 まさに自分の症状がそうじゃないか」 「テレビ朝日にも問題がある。 うちの職場では出勤前に必ず熱を測ってくださいね、37・5度以上あるなら必ず会社に報告しなさいね、と社員及び派遣にまで通達されている。 もし、3日に発熱があり、会社へ報告したのが9日が事実なら本人はもちろん、会社としても完全にアウトでしょう。 毎日コロナの危険を報道する会社の危機管理体制って、これほどまでにお粗末なのですか」 「自宅に2週間こもった橋下徹氏の行動を見習うべきだった」 「やはりコロナについて報道を続けてきているクオモ・ニューヨーク州知事の弟で、CNNのクリス・クオモ氏は、自分で疑いをもってすぐ検査の結果を待つまでもなく、早々と自宅からの出演に切り替えています。 陽性の判定が出てからは、そのまま自宅より、感染した人だからこそわかる、病状の詳細や、家庭の中での隔離生活のリアルについて語り続けています。 富川アナも、発熱があった段階で、職場の方々の安全を一番に考え、局と相談するべきでした。 コロナ危機の中でも社会のために重要な役割を果たす報道関係の方々には、慎重すぎるくらい慎重な姿勢が求められています」 「富川さんは発熱した際になぜ橋下徹さんがとった行動をとれなかったのでしょうか? 橋下さんはお手本を示したはずですよね。 幸い彼はコロナではなかったけど、あれが国民に範を示す報道に関わる人物がとる一つの方法だったと思う。 富川さんとテレビ朝日は認識が甘い! いくら舌鋒鋭く政府を批判しても、もう誰も報道ステーションを信用しないでしょう。 即刻番組を打ち切りなさい。 視聴者に示しがつかない」 「とりあえず、報道ステーションは本日(4月13日)の放送で、富川さんの二週間の行動履歴、症状が出てからの体温推移、なぜ報告が遅れたのか、感染経路はなんなのか、全部報告すべきです」(テレビウォッチ編集部).

次の

「今日の放送乗り越えれば…」 テレ朝、富川アナのコロナ感染判明の経緯明らかに

テレビ 朝日 富川 アナ

テレビ朝日の富川悠太アナウンサー(とみかわ・ゆうた 43歳)の家庭内トラブル、騒音問題が週刊誌『週刊文春』のWeb版によって報じられ、メインキャスターを務めている報道番組『報道ステーション』への復帰にも影響を与えそうだと『フライデー』が伝えています。 富川悠太アナは2006年11月に、元レースクイーン・タレントで現在はプリザーブドフラワーの店『Beautiful Season』を営む富川美季さん(旧名=神名美季 43歳)と結婚、2007年10月に長男・立夢くん(りずむ 12歳)、2011年5月に次男・奏くん(かなで 8歳)が誕生し、3年前に東京都内の閑静な高級住宅街にある新築の一軒家(3階建て・屋上付き)に引っ越したそうです。 近隣住民によれば、引っ越し直後から富川悠太アナの妻の怒鳴り声が聞こえてきたといい、 「また馬鹿が散らかしてるわ。 ここ!頭悪ッ!」「どこまで頭悪いんだよ!」「お前は脳みそが腐ってんだよ!」「テメェはホント馬鹿だな!」などと乱暴な言葉を使い、子供が激しく泣きわめく声も聞こえることから、近隣の子供たちも恐怖を感じているといいます。 また、何かを叩く音も聞こえることがあるため、子供たちに虐待をしているのではと疑う声も上がっているそうです。 4月と5月には近隣住民が 「虐待の疑いがある」と通報したことにより警察と児童相談所職員が出動し、富川悠太アナや妻が数十分にわたって聴取を受けていたとのことです。 富川家の騒音問題はかなり深刻なレベルのようで、 「窓を閉めていても声は聞こえてきます。 あの怒鳴り声と子供の泣き声を聞けば、虐待されているのでは、と誰もが疑うと思いますよ。 (中略)3月の末からリモートワークになったのですが、仕事中は窓を開けられないです。 怒鳴り声がうるさすぎるので。 騒音もそうですが、色々と考えてしまい、全然仕事に集中できないです」と近隣住民が訴えています。 しかし、富川悠太アナも妻には全く頭が上がらないのか、 子供がもの凄い勢いで怒鳴られていても止めることはせず、空気のような存在といい、富川アナも妻に 「なんで洗剤の使い方もわかんねーんだよ!」と怒られていたこともあったといい、妻の暴走を止めることが出来ないようです。 なお、週刊文春の取材に対してテレビ朝日は、富川悠太アナの自宅に警察や児童相談所職員が訪問したことは認めつつも、 「通報されたような事実はなかったことが、その場で確認されたと聞いております」と回答し、子供への虐待は無かったとしています。 児童虐待は大きな社会問題のひとつですからね。 富川悠太アナはすでに、新型コロナウイルス感染騒動によって社内でも厳しい声が上がっているそうで、それに加えて虐待疑惑の浮上によって、『報道ステーション』への復帰に黄信号が灯っているようなのですが、これに対してネット上では、• このまま報ステからフェードアウトでいい• 色々あって可哀想ですが、報ステは今のまま小木アナで良いと思います。 富川アナは別の番組で頑張って頂きたい• やはり徳永アナの声は聞き取りづらい、滑舌悪い、よく噛むしでこの方も交代して欲しい。 発信力のある人間だからこそ、自分に厳しく他人に寄り添える人間であってほしいが、妻から子どもも守れないのであれば、テレビに出てはいけない• 富川アナは暫く内勤に回してあげる方が良いのでは…奥様は入院するなどの治療が必要でしょう。 内勤だと、お子様のケアにも時間が取れるでしょうし。 思春期にかかる中学生時代のDV体験は、ずっと影響してしまう。 ご自身も大変だろうが、富川アナがご家族を守らないと。 富川・徳永体制は変えたほうがいいと思う。 コロナ疑いが濃厚なのにテレビに出てるし、強引な取材をする富川と、予定原稿なのにきちんと読めない徳永では落ち着いてニュースが見られない。 これが本当なら奥さんもかなり追い詰められているか病んでいると思います。 しかるべき機関に相談して治療しないと共倒れになってしまう。 子供は親を選べない。 ただただお子さんが気の毒でなりません。 古舘さんの後、看板ニュース番組のアナウンサーに抜擢された頃は、清潔感があり、誠実そうだと思った コロナ感染は気の毒だが、報告が遅れ、その為に局内に迷惑を掛けたのは大いなるミス。 家庭内の問題まで表に出てしまったのは身から出た錆。 暫くは大人しくしていた方が良いかも などの声が上がっています。 富川悠太アナは4月3日に発熱症状があったものの、その後も番組出演を続けていたことで複数の番組スタッフも新型コロナウイルスに感染、クラスターが発生する事態となっていました。 この問題だけで多くの番組視聴者等から電話やメールでクレームが殺到しており、4月21日に無事退院したことが明らかになった際にも、ネット上では安堵の声よりも厳しい声が目立ち、このまま番組を降板してほしいといった声も少なくありませんでした。 そうした中で、新たに子供への虐待疑惑、騒音問題を週刊文春に報じられ、こうした様々な問題を抱えている方が報道番組でメインキャスターを務めるのは相応しくないため、降板となっても仕方がないように思います。 ネット上では富川悠太アナだけでなく、番組復帰を果たしたウッチャンナンチャン・内村光良さんの妻で、フリーの徳永有美アナも降板してほしいとの声が多く、後任には代役を務めていた小木逸平アナと森葉子アナを起用してほしいとの要望も上がっているのですが、テレビ朝日が今後どのような判断を下すのかに注目ですね。

次の

富川 悠太|アナウンサーズ|テレビ朝日

テレビ 朝日 富川 アナ

番組復帰が心配になるほどのインパクトだ。 5月11日付の「文春オンライン」がテレビ朝日・アナ宅への警察出動騒動を報じた。 同記事によると富川アナの自宅からは子供が激しく泣きわめく声が度々聞こえており、近所の住民が虐待を疑い通報したこともあったという。 5月3日の未明には、警察官とともに防護服を着用した児童相談所の職員が駆け付けるトラブルがあったと伝えている。 「記事によれば子供に怒声を浴びせていたのは富川アナではなく元タレントの妻とのことですが、DVの定義では配偶者の暴言や暴力を傍観することも加害の一環とみなされており、記事の内容が本当であれば富川アナにも問題がありそうです。 自宅療養中とはいえ、気が付かなかったでは済まされないでしょう」(女性誌ライター) 富川アナは「報道ステーション」のキャスターとして、政府や自治体の新型コロナウイルス対策に否定的な発言をすることも多く、いざ自身が感染した際には大きな批判を浴びていた。 とはいえ「感染者に罪はない」との擁護論も少なくなく、快癒後の番組復帰が待たれていた。 だが今回の報道により、復帰の目は絶望的になったというのだ。 「富川アナの退院当初は、快復した人に追い打ちをかけるべきではないとの空気もありました。 しかし虐待疑惑となると話は別。 今回の報道には一会社員の私生活をここまで暴くのかとの批判もありますが、DVはれっきとした犯罪行為であり、キャスターとしてニュースを扱う富川アナには、その真偽を含め説明責任があるでしょう。 いくらテレビ朝日側が《通報されたような事実はなかった》と文春側に回答したところで、疑惑が払しょくされるわけではありません。 富川アナが番組に復帰した際には、テレビ朝日に視聴者からの抗議が殺到することも予想されます」(前出・女性誌ライター) コロナ感染に加え、家庭内トラブルにも見舞われた富川アナ。 当人の口から、2つの詳細が語られる時は来るのだろうか。 (白根麻子).

次の