お ぼん こ ぼん 不仲 の 理由。 「娘からの贈り物……。。。」☆ぼんちゃん☆のブログ | ☆ぼんちゃん☆のページ

“不登校YouTuber”炎上! 辛酸なめ子が考える「革命家でも登校したほうがいい」理由 (2019年5月25日)

お ぼん こ ぼん 不仲 の 理由

1965年にコンビを結成した『おぼん・こぼん』の2人は今年2月に、『水曜日のダウンタウン』で行われた検証企画 「芸人解散ドッキリ、師匠クラスの方が切ない説」に出演し、プライベートでは8年も口を聞いていない中で、おぼんさん(本名=井上博一 70歳)がこぼんさん(本名=馬場添良一 70歳)に対して、謝るか謝らないかの2択を突き付け、ウソの解散を持ちかけるというドッキリをしました。 そして、このドッキリがきっかけで2人の間にあったわだかまりが一気に噴出し、感情のままに怒声をぶつけ合う展開となり、この模様を現場でモニタリングしていた『ナイツ』は「この番組のせいで本当に辞めちゃうよ…」と心配していると、最終的には『おぼん・こぼん』の2人がコンビ解散を決断してしまいました。 この企画は大きな反響を呼び、3日放送の番組では 「おぼん・こぼんでも催眠術さえあれば仲直りできる説」という企画が行われ、2人に「目の前の人が愛おしくなる」という催眠術をかけることで仲直りできるかを検証しました。 『ナイツ』の2人はその後、こぼんさんにドッキリだとネタバラシをした上で謝罪しましたが、、こぼんさんは 「もう、やめとけや。 こらアカンで。 まじでアカンで」とイライラしている様子を隠さず、そのまま帰ってしまいました。 一方のおぼんさんは、 「何で素直になれへんのやろ。 一言アイツが謝ればいいのに…。 今まで迷惑掛けたなって。 ホント腹立つねん。 もうホントに…。 クソー!」と言って号泣し、その後も「こんなコンビのためにね、みんなにやってもらってね。 ホントに申し訳ない」と涙を流していました。 こうして仲直り企画に失敗した『おぼん・こぼん』の2人は、2日放送の『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系 火曜20時54分)にゲスト出演した際にも、最初は並んでスタジオに登場したものの、おぼんさんはすぐに司会の今田耕司さんに「すいません、ちょっとこっち来ていただけますか」と言ってコンビの間に入れ、 「これが一番の、ベストの立ち位置です。 こうしてねえ、同じ空気吸うてんのが嫌なんです」と言い、一方のこぼんさんは 「(仲は)悪くないですよ、口きかないだけですから」と不仲をネタにしていました。 そして、今回行われた『おぼん・こぼん』のコンビ仲直り企画に対してネット上では、• このままで良いと思う。 二人の間の問題は他人にはわからない。 周りが仲直りさせる。 大きなお世話だよ。 おぼんさんは、こぼんさんがごめん。 と言うたら水に流す気持ちがあるみたいだね。 二人に何があったのか?おぼんさんがカメラの前で理由を突き付けないのは、よっぽどの事があったのかな?• あんまり理由も分かってない側が面白可笑しく入っていっていいものなんか難しいね。 こぼんさんが「むしろどんどんダメになっていく…」みたいこと言ってたのも見てて切なかった。 深いところでは、繋がってるのかもしれないけれど。 何だかんだありつつもテレビで流すのOK出してるのがさすが芸人。 見てる側のナイツのメンタルの方がエライことになってそう笑。 お互いすごい嫌いあってるし、自分なら仕事でも顔合わせたくないけど、仕事中は普通に漫才師してるのがプロだね。 謝れと言っていたが過去に何があったのか知らないからそこが気になる。 年取ると中々素直になれないんだよなぁ。 ごめんの三文字、これが出ない。 是非とも水ダウで仲直りする所を見たい。 そもそも仲が悪い決定的な理由に触れてないから、なぜ、こぼん師匠が謝らなきゃいけないのかが分からない。 おぼん師匠のお前が謝れば許すも理解出来ないし、泣くぐらいな自分から歩み寄ればいいと思う• 見てる感じこぼんさんが原因の不仲なのだと思うけど、メディアは挟まずそこを明確にして、ひとつひとつほぐしてあげないと上っ面の企画で仲直りするのは不可能なんじゃないかなぁー。 水ダウで弄って以降、ステージでノリノリになってるので、おぼんこぼん側は本音では大分楽しんでおられるのではなかろうか こうした方が面白いってのをある程度理解しておられる様に思う• 8年間私語なくても解散してないだから、不仲ではないと思う。 長年コンビ組んでいたら仕事は仕事、プライベートはプライベートとわけているグループとかコンビはたくさんいそうだけど。 などのコメントが寄せられています。 『おぼん・こぼん』の2人が不仲になった理由、プライベートで会話をしなくなった8年前に一体何があったのか気になるところですが、コンビ結成からすでに50年以上が経過しているので、原因は1つや2つでは無いのかもしれないですし、現在の2人の様子を見ると、そう簡単に仲直り出来るものではない気はします。 一方で、漫才はこれまでと変わらずに続けており、テレビで不仲をネタにしていますし、2度目のドッキリ企画も放送にOKを出しているので、現時点で仕事に影響が出ていないのであれば、番組で余計なことをせずに現状維持でもいいのではないかとも思いますね。 なお、『水曜日のダウンタウン』では今後また『おぼん・こぼん』の仲直り企画を実施する予定としているので、果たして次回はどういった展開を迎えるのか引き続き注目したいところです。

次の

おぼんこぼんの仲が悪くなった原因は漫才協会?8年前のこぼんのブログ? | Voyage of Life 21

お ぼん こ ぼん 不仲 の 理由

「子供は学校に行く権利はあるけど義務はない!」。 この一言で現在多方面から賛否を呼んでいるキッズYouTuber「少年革命家ゆたぼん」。 彼の不登校である理由や発言があまりにも的を射ていないことから、視聴者はもちろんのこと、様々な物申す系YouTuber、果てには芸能人にまで苦言を呈される事態に陥ってしまっているようだ。 どうやら、ゆたぼん本人はもとより、彼の親にまで「一種の虐待」と批判の声が集まっているようで・・・ 少年革命家ゆたぼんとは 少年革命家ゆたぼんは、沖縄に住む10歳の男の子。 現在小学校には通っておらず不登校児としてYouTube活動を行っており、動画では自身の体験談を元に世の小学生に向けて「無理をして学校に行く必要はない」と呼びかけたことが話題となり、現在物議を醸している「いろいろな意味で」話題のYouTuberである。 ゆたぼんが不登校児になった理由 ゆたぼんが不登校になったのは彼が3年生一学期頃から。 その原因は、いじめや周囲の友達と馴染むことができないなどといった理由ではなく 「周りのクラスメイトがロボットに見えたから」。 親や先生の言うことをハイハイ聞いている様子に疑問を感じ「先生の言うことを聞く」の一部である 宿題を提出することが嫌になったそうなのだ。 少々端折った説明だが、更に詳しくゆたぼんが不登校になった経緯は上の動画でじっくりとご覧頂きたい。 あまりにも自分勝手な考えに批判殺到 確かに、いじめやクラスに馴染むことができず自殺を選ぶならば、勇気を持って学校へ行かないという考え方は正しいと言える。 しかし、彼はいじめを受けているのではなく単に 「先生の言うことを聞くのが嫌だ。 宿題をしたくない」という、同年代の子供から見てもわがままと取れる理由で不登校を選んだということで、大人だけでなく様々な年齢層の視聴者たちから 大ひんしゅくを買ってしまうこととなってしまったのだ。 「親に言わされている感が半端ない」矛先は父親にも また、ゆたぼんが動画で意見を発する際、カンペを読み上げているような感覚がある、子供では到底考えつかないような考え方ということから 「親が作った脚本を読まされている説」も浮上。 出典:より 彼の父親は著書も出版している現役の 心理カウンセラーであり、その容姿や経歴があまりにも・・・・なものだったことからも 「宿題ロボットではなく『父親のロボット』にされているのでは・・・」という声も寄せられている。 また、ゆたぼんがTV出演時、母親が涙ながらに「本当は学校へ行ってほしい」と語っていた 動画5分20秒から ことから 「全ての原因は父親にあるのでは」という声が多いようにも感じられた。 また、ゆたぼんに関する意見は視聴者だけでなく、様々なYouTuberからも。 今回は、シバターだけでなく、なんと普段は他のYouTuberに対する意見を発したことがないような意外なYouTuberまでもがゆたぼんに関する動画を投稿している。 シバター「一種の虐待」と苦言 炎上系YouTuberのシバターは、父親の生い立ちについてや、ゆたぼんの動画で語るあまりにも達観した? 意見について言及。 「小学4年生の人生経験において、そういう答えを導き出せるはずがない。 親が擦り込んだ意見を言っているだけ」「ゆたぼんは気づかぬ間に親のロボットになっている」 「一種の虐待」など、苦言を呈した。 また、他の動画では宿題が嫌だから学校へ行きたくない子供が、いじめを苦に自殺を考えている子達に向けて 「学校へ行くことが全てじゃない、一番大事なのは命」と筋違いの説教をしていることが、大きな違和感を生み出しているということを説明。 彼の言っていることは至極真っ当であるので、その言葉を重みのある言葉にするためにもきちんと学校へ通い、人から「すごい人生ですね」と言われる程の人生を歩むようゆたぼんへ向けて語りかけた。 PDRさん「本当の不登校の子に唾を吐きかけている感じ」 YouTuberや時事ネタに辛辣なツッコミを入れるPDRさんも、ゆたぼんに関する動画を投稿している。 シバターと同じく「周りの子供がロボットに見えるという言い回しが 当時 9歳の発想ではない」と、親の台本説について 「パパの操り人形」と言及。 また 「嫌なことから逃げてる奴に『苦しむな・死ぬな』なんて言われても説得力がない」 「本当に不登校でうつ病やいじめ、学校に行きたくても行けない人の顔に唾を吐いている感じがする」と、これもまたシバターと同じくゆたぼんの説得力が全く無いということについての意見を述べていた。 轟ちゃん、学校へ行く大切さを語る そして、なんと普段はあまり他のYouTuberに対して意見を述べない整形アイドル轟ちゃんまでもがゆたぼんの言葉に対する自身の考えを発信している。 しかし、彼女に関しては 「とあるYouTuberさん」とゆたぼんの名前は一切出さず「学校は行きたくない場所ではあるが、勉強ではなく別のところにあると思う」と、学校へ行きたくないという子に対して 「何故学校へ行かなければならないのか」というトークテーマの動画を投稿。 シバターやPDRさんの動画ではゆたぼんや彼の親に対する攻撃的なコメントが目立ったが、轟ちゃんの動画は彼らとは少々切り口の異なる内容であったため、コメント欄は 「何故子供は学校へ行くのか」「そもそも学校とはなんのためにあるのか」という意見交換の場となった。

次の

不仲コンビ『おぼん・こぼん』仲直り企画失敗で号泣。水曜日のダウンタウン解散ドッキリで分裂危機、不仲の理由は…

お ぼん こ ぼん 不仲 の 理由

開けてビックリ黒ビキニ👆 黒烏龍茶でした🤣👆 としていたら 娘から入電🙂💡 《これ飲んで腹減っこめや!》 《父の日に間に合わんだった、ごめんよ。 》 だって😂👆 こんな小さかったのに! こんな大きくなった時に離婚して よく手伝ってくれました! ちゃんと成人になってくれて! 21の時に 就職で和歌山へ行き! 今は彼氏と2人で!頑張って毎日生活してくれてますが! 今年の2月に突然連絡が娘から! 《パパ、ケーキ屋辞めていい?》 【どしたー?】 《先輩と喧嘩してもうた!》 【なるほど!】 と、理由を聞いていると辞めたい理由はハッキリ分かり! 【辞めたらいいよ!そんなケーキ屋に勤める価値もないわ!】 《でもね、パパが一生懸命貯めてくれて調理専門学校まで行かしてくれたのに!》 【それは気にせんでいい、そこで働く価値もクソもないから思いっきり吐きたいこと吐いて辞めてこい!】 理由は 仕事態度にネチネチ煩く言う割りに仕事を押し付けるやつらしく、毎日15時間労働、残業手当も付かへんという、個人オーナーがやりがちな洋菓子屋! でした! 今は 辞めて直ぐに神戸の有名な洋菓子屋のお店に再就職できてかなり安泰らしいです。 娘からは パテェシエになりたくて頑張ったのにほんとごめんなさいと連絡があったとき。 親として。 【気にしやんでええよ、お前が決めたことに親は文句は言わないから。 それがお前の人生や!自分の人生は自分のもんやで!】 と、言うたら大泣きしてました。 娘が家に居た時は 毎年、私と息子の誕生日にはケーキを作ってくれて祝ってくれました! 写真は娘が高3の時です。 こんな仲良し家族です! 息子がチョコケーキ好きなんで 息子の誕生日には必ずチョコケーキを! 作ってくれました 笑 ワガママ娘がここまで しっかりとしてきてくれて有難いとほんと子供らには感謝しかありません。 離婚して8年目になりますが。 ほんと子供には助けてもらいました。 2人共公立高校行ってくれてありがとう 笑 お陰でヴェルファイア買えました 笑 と、少しふざけた照れ隠しで終わらせて頂きます! うちの娘の名前は です。

次の