テラリア スターダスト ドラゴン。 PCテラリアに関する質問です。

【テラリア】日食でも死神が出ない!?効率的に死神の鎌を入手できる方法を徹底解説します。

テラリア スターダスト ドラゴン

アーマーバイキング• アイスエレメンタル• アイスマーマン• アイスタートル からドロップ 氷の鎌。 ハード序盤で手に入る、優秀な武器 振った先に氷の斬撃が、回転して留まる 探索や、集団戦など、牽制として使うと便利 Death Sickle:死神の鎌 武器イメージ 入手方法 日食イベントのリーバーから、2. 地形貫通武器の高威力 当たった相手に、炎症ダメージを与える 近距離だと多段ヒット 遊撃イベントや、探索に活躍する武器 Light Disc:ライトディスク 武器イメージ 入手方法• 矢の効果も上乗せ可能 ユニコーンの角から作る、ホーリーアローが相性抜群 Megashark:メガシャーク 武器イメージ 入手方法• ミニシャーク• イリーガルガンパーツ• ソウル・オブ・マイト Minisharkから強化可能。 入手時期も早め デストロイヤーがドロップする Soul of Mightから作成 高いDPSと、MinisharkからUPした威力。 素直に強力な銃武器 終盤まで使える性能 S. G 武器イメージ 入手方法 ムーンロードから、11. Golden Shower:ゴールデンシャワー 武器イメージ 入手方法• 魔法の本•

次の

Stardust Fragment

テラリア スターダスト ドラゴン

[] 防具と衣装について 防具と衣装はいずれも、Equip slotとSocial slotの対応箇所どちらでもに装備することができます。 その際の防御力や特殊効果はEquip slotに装備したものが、見た目はSocial slotに装備したものが適用されます。 その分防御力は最低レベル。 他の防具を手に入れられる段階になったら乗り換えたい。 性能的に出番は最序盤に限られるが、その段階で大量のを確保するのは難しめ。 4より追加されたを素材にした防具。 性能はと同一になっているが、 素材のが自生する環境は基本的にゲーム開始地点やその近くに生成され、 また敵の強さもと大して変わらないため非常に素材回収がしやすい。 4より追加されたを素材にした防具。 性能はと一緒だが、まで行く以外にも、 にを植えることでを生やす事ができるので入手は比較的容易。 ただしがあれば後述のサボテン防具も手に入るため、栽培することを考えればそちらの方が有力か。 程ではないにせよ最序盤でを充分量集めるのは難しめか。 The Crimsonの敵はに比べると振り切りやすく、地形も平坦なため素材を集めやすい。 鉱物が集まる前に冒険してみる気があるなら選択肢となるか。 出現が突入後ながら防御力はそれほどでもなく、通常プレイでは出番は来ない。 見た目がすごい。 近場に砂地があれば簡単に調達可能であり、さえあれば栽培も可能。 性能もそれなりなので、最序盤の選択肢としては悪くない。 通常登場後の段階では物足りない性能と思われるが、 ハロウィン期間中はが草地に自生するため、最序盤の頼もしい味方となる。 また、セットボーナスが序盤には珍しい攻撃力アップであるため、 攻撃を重視するスタイルなら基本鉱物系よりはこちらを選択するのもありか。 は出現するワールドなら地表からよく見つかり、また他の使い道も薄いため積極的に防具につぎ込める。 の出るワールドにおいて銅防具のポジションに来る。 扱いも性能もほぼ同じ。 も出現ワールドなら地表から見つかるが、鉄は他の使い道が多く、余っていなければより上級の防具まで我慢するのもあり。 なおクラフティングで作れるIron Helmetの他にのレアドロップであるAncient Iron Helmetが存在する。 性能は全く同一で見た目が異なるのみ。 フルセットボーナスはどちらの兜でも得られる。 扱いは鉄防具と同じ。 敵ドロップの兜は存在しないがセットの防御力はやや高い。 鉄から一転して銀は他の使い道が少なく、積極的に防具に回せる。 防御力も序盤なら申し分ない。 扱いは銀防具と同じ。 防御力も充分。 金はそこそこ使い道があり、序盤では量を確保するのも時間がかかるため、優先度は他の必要なものを作ったあとになるか。 特にの登場するワールドではタングステン防具との防御力差が1しかないため、乗り換えの必要性も低い。 鉄防具と同じくドロップにAncient Gold Helmetが存在する。 性能は同じで、フルセットボーナスを得られる点まで同じ。 扱いは金防具と同じだが、こちらには敵ドロップの兜はない。 登場ワールドでは銀防具との防御力差がそこそこあるため、充分量採掘できればこの防具は頼もしい。 単独では魔法武器を主力とする場合に選択肢となるかどうかと言った性能だが、 フルセットでを持つと撃ち放題となり真価を発揮する。 魔法使い向けの特殊効果を持ちながら防御力も確保できるのが強み。 と同性能であり、混ぜて装備してもセットボーナスは得られる。 と混ぜてもセットボーナスがつく。 4で追加。 を倒すとドロップするから作れる防具。 一番最初に作れる召喚系装備で、突入前でも入手可能な点が特長。 前で唯一の遠距離武器サポート能力を持ち、弓や銃をメインで使う場合の有力候補。 素材のはでしか手に入らないが、いざ乗り込めば死ぬほど余る。 の方もを1つ見つければ死ぬほど余る。 また、のレアドロップにAncient Necro Helmetがある。 性能はNecro Helmetと同一でデザインが異なるのみ。 フルセットボーナスも得られる。 を強化する。 セットボーナス込みのと同じ防御力で、特殊効果はない。 作成できる時期を考えると物足りない性能。 と考えるべきか。 攻撃・移動速度をサポートする能力を持つ。 以前のバージョンでは攻撃速度が採掘速度に影響していたが、v1. 3辺りで影響しなくなった と同性能。 混ぜて装備してもセットボーナスを得られる。 と同性能。 混ぜて装備してもセットボーナスを得られる。 単独の効果は地味だが、セット効果でHP回復を大幅に加速する優秀なボーナスが得られる。 対をなすShadow Armorと同じく防御力もあり、 キャラクタービルドに左右されず扱いやすい防具と言える。 単独では特殊効果を持たない代わりに前では最高の防御力を持ち、 セットボーナスでは近接武器の威力がアップする。 見ての通り近接武器をメインとするキャラクター向けだが、 他の装備が3部位揃っていない時の穴埋めにも有効。 9 なし 8 なし [] 専門職防具・他 [] 鉱夫防具 光源効果のあるに加えて採掘速度アップのセットボーナスを得られるShirt・Pantsの一式。 しかしShirt・Pantsはただでさえ出現率の低いのレアドロップとあって一朝一夕で揃うものではない。 3あたりから採掘速度と近接攻撃速度が独立したためこの効果はこの防具セットの特権となった。 少しだけ良いものが釣れやすくなる。 防具とは言っても防御力は微々たるもので、ほぼ確実に「釣りの時だけ装備する」使い方になる。 釣り場によっては危険が大きいため、安全確保ができていなければ無理に利用することもない。 一応防御力は設定されているものの並、しかもセットボーナスなしとあってドロップ率に見合う性能とは到底言えず、基本的には扱いになると思われる。 アイテム名 防御力 追加効果 フルセットボーナス 1 なし 【装備効果】なし 1 なし 2 なし 2 なし 1 なし 1 なし [] (レイン防具) がドロップする防具。 同様、一応防御力のある程度の性能。 アイテム名 防御力 追加効果 フルセットボーナス 1 なし 【装備効果】なし 2 なし [] (忍者装束) がドロップする防具。 2まではvanity item だったが、v1. 3からは防御力と効果が設定された。 を強化する。 入手の困難さの割に何の効果もなく、防御力もたいしたことはない。 基本的には扱いになると思われる。 アイテム名 防御力 追加効果 フルセットボーナス 2 なし 【装備効果】なし 3 なし 2 なし [] 魔法使い防具 で作れるに宝石を加えたローブと、深層のレア敵のドロップである魔法使いの帽子。 3からが販売するローブと帽子も追加された。 セットボーナスは混ぜて装備しても得られ、頭装備準拠で発揮される。 それぞれ単独でもそこそこの効果を持ち、また足防具は存在しないため他系統の防具を付けることができる。 魔法武器を主力とする場合はがライバル。 そちらは攻撃性能は控えめだが防御力が高い。 は生成量が多いため余りやすく、 防具に必要な量も少ないため作成は容易。 もCobalt同様余りやすいが、 こちらはフルセットボーナスが非常に優秀。 重複はしないものの1発攻撃を当てると20程度のHP回復が見込めるため、 上位防具を差し置いての採用も考えられる。 と違って動き回っていても関係なく回復できるのが強み。 の純粋上位互換。 ミスリルも採掘し出すと余るため、作成は比較的楽。 セットボーナスであらゆる攻撃時に追撃が入るようになる火力重視の装備。 多少目に悪いのが難点。 ミスリルと同じくも余りやすく、作成しやすい。 コバルト・ミスリルの単純強化であり、 さらなる強化版としてが控えている。 は不足しがちなため、 じっくり集める気でなければ飛ばすのも選択肢か。 Shadow Dodge:敵の攻撃を1回だけ回避。 効果時間20秒・クールダウン バフ付与から 30秒 チタニウムの防具 から作成する防具。 セットボーナスで回避能力を得られる。 どんな大ダメージでも無傷でやりすごせるが、 クールダウンが長いため連撃・乱戦には弱く、 一方で効果時間に制限があるため敵がまばらすぎても性能を発揮できない。 プレイスタイルに合うかどうかの判断が難しく、 またはやはり不足しがちなため、なかなか難しい立場にいる防具。 コバルト・ミスリル・アダマンタイトの単純強化。 安定して強いが、は他の需要も多い上に、 入手にはボス撃破が必要な点がネック。 逆に言えばドロップするボスを安定して倒せるようになれば簡単に揃えられる。 高い防御力を持ち、コバルト系列に似た個別効果に加えて、 自動攻撃のセットボーナスを持つ。 自動攻撃は召喚武器のような扱いのため代用が効くと言えば効くが、 火力面でも牽制の意味でもあって損はない能力。 高い防御力を持ち、近接武器・遠距離武器の両方をサポートする効果を持つ。 近接武器をサポートする効果と敵のターゲットを取る効果、 そして接触時にカウンターダメージを与えるセットボーナスを持つ。 特性上、マルチプレイにおいて敵を引きつける盾役向けに段違いの性能を発揮する。 ソロでももちろん単純に強力。 3で登場。 にからドロップするを加えて作成する防具。 Turtle Armorよりも高い防御力を持ち、 さらにセットボーナスでは特定条件でカブトムシを召喚、 強力な効果が発生するようになっている。 胴系統が2種類存在し、選んだ防具により、 セットボーナスが攻撃力アップor防御力アップに変化する。 遠距離武器をさらに弓矢・銃器・ロケットの3系統に分けてサポートする能力を持つ。 セット効果は共通で、動かずにいるとダメージ・クリティカル率が上昇する。 バージョンアップに伴って上昇率はやや落ち着いた。 3で登場。 砂漠で発生する砂嵐中に出現するを倒すとドロップするから作れる防具。 曰くFrost Armorを魔法よりにしたものらしい。 (v1. 2から)素材にかが追加された。 Hood: 魔法攻撃命中時、HP吸収追尾玉を発生させる。 この玉はプレイヤー及びチームメンバーのうち、 命中位置に最も近いキャラに吸い寄せられる。 【視覚効果】体が半透明になる スペクター防具 に加えて終盤ので手に入るを加えたで作成できる防具。 魔法武器をサポートする効果を持つMaskと、魔法攻撃にHP吸収効果がつくHoodがある。 Maskは魔法系防具としては最高の防御力を持ち、セット効果も相まって制圧力の高い装備。 Hoodは魔法攻撃力が大幅に下がるが、与ダメージの20%程度の回復効果を持つ。 いずれにせよの防具としては防御力は低く、アクセサリーによる能力アップは必須。 4で登場。 を倒すとドロップするから作れる防具。 の上位版で、突入直後から作成できる。 の出現頻度は高いため、作成は容易。 召喚武器に特化しており、PygmyやRavenを大量に召喚しておいて 自分は敵から距離を取る戦法が可能。 1で登場。 で入手可能なから作れる防具。 の上位版といったところ。 Tiki Armorと同じく召喚武器に特化している。 そちらと比べると攻撃寄り。 4で追加された防具。 主にSentry系の最大召喚数と攻撃力を引き上げる装備だが、それ以外のカテゴリの武器も強化してくれる。 すべてからの購入で入手可能。 購入するためには普通のコインではなく、Old One's Armyイベントで入手可能なを支払う必要がある。 前4つはいずれかのMechanical Bossの討伐後、後ろ4つは討伐後に販売開始となる。 Squire Armorと比べると、攻撃力に重点が置かれている。 Monk Armorと比べると、防御力に重点が置かれている。 Apprentice Armorの上位互換的存在。 Huntress Armorの上位互換的存在。 Monk Armorの上位互換的存在。 Squire Armorの上位互換的存在。 ・近接、遠隔、魔法、召喚にそれぞれ強力な効果をもたらす。 ・また、共通効果としてセットで装備することで僅かな光源効果が発生する。 【装備効果】 一定時間 約4秒 ごとに自身の前方にSolar Shieldが生成される。 最大三段階 ダメージを受けるとSolar Shieldを一段階消費して爆発し、周囲の敵にダメージを与える。 また、Solar Shieldがある時に進行方向二度押しでダッシュすることができる。 ステルス中はShroomite Armorと同様で、遠距離武器ダメージとクリティカル率が上がり、敵に見つかりにくくなるが、移動速度が落ちる。 取得するとそれぞれ8秒間 :Lifeが自動回復 1秒あたり4回復増加 :マナの自動回復量増加 :全ダメージが15%増加 のバフを受けられる。 また3つまで重複し、8秒過ぎると1段階ずつ下がる。 Downキー二度押しすることでカーソルの位置にStardust Guardianが移動し、敵に反応して攻撃するようになる。 2で追加。 開発者専用に作られた防具であり、普通にプレイして手に入れることはまず無い。 一応インベントリエディタやマップエディタで手に入れることはできるが、 装備すると、Blackout、Burning、Cursed、Confused、Slow、Weakのデバフ効果を得てものすごい速さで体力が削られていく。 なので持っていても飾るくらいしか用途はない。 3からはexpert modeにてhard mode以降のボスがドロップするtreasure bagから5%の確率で入手できるようになった。 これに伴い上記のデバフ効果は消滅、代わりに防具としての機能は消滅してただの衣装扱いとなった。 このような開発者用の衣装は12セット存在する。

次の

PCテラリアに関する質問です。

テラリア スターダスト ドラゴン

の概要 をし、をする。 一度に成功してしまえば圧倒的な力でをできる。 現在、議論板にて本デッキページについて議論が行われています。 「バスター・モード」の効果及び このカードの効果でのみ特殊召喚する事ができる。 魔法・罠・効果モンスターの効果が発動した時、 このカードをリリースする事でその発動を無効にし破壊する。 この効果を適用したターンのエンドフェイズ時、 この効果を発動するためにリリースされ墓地に存在するこのカードを、 自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。 また、フィールド上に存在するこのカードが破壊された時、 自分の墓地に存在する「スターダスト・ドラゴン」1体を特殊召喚する事ができる。 その発動を無効にし破壊する。 2 :このカードの 1 の効果を適用したターンのエンドフェイズに発動できる。 その効果を発動するためにリリースしたこのカードを墓地から特殊召喚する。 そのモンスターのカード名が含まれる「/バスター」モンスター1体を デッキから攻撃表示で特殊召喚する。 このの。 にいなければできないとはいえ、安易に枚数を増やせばが起こりやすくなるので、投入枚数は1〜2枚で十分だろう。 に使用することでをできる。 と同じく2であるため、が容易な6と一緒に採用したい。 によりも可能。 4 、、、、等が扱いやすいだろう。 特には自身のでしたのを上昇させられるため、ができない局面でもある程度戦いやすくなる。 をできる。 も1900と、の障害・弱点となるやとになれる。 のをにことで、ができる。 も1800と悪くなく、サポートを入れるのなら採用できる。 ・・をコピーするを持つ。 状況に応じてになってをしたり、になってを気にせずにすることができる。 ただし、になってものにはできない。 のというタイミングは遅いが、5枚にやが眠っていればに収められる。 にもそのを与えてしまうのは難だが、の1つがである以上採用しておきたい。 をに に来てしまったをに、のなどを狙いたい。 は的にのには一手間かかるが、直後にをしてをさせれば、も回避できる。 非ではが候補か。 これもが微妙だが、をにしたり、で他の2をする事でカバーできる。 やに、を筆頭とした達(一覧は参照)や、やなどの防御。 がにいる間にやされては何の意味もないため、その間はこれらで防御することになる。 対応のや、天敵であるやといったからのからを守れるは優秀。 について• のに必要となる。 3枚のが基本だが、が気になるならば、専用のをこのの枚数を減らすという選択も考えられる。 また、からも直接可能。 やをでき、間接的にを呼び込むだけでなく、がやのも可能になる。 また、他のも使い分けられるため、能力を持つや、・といったも調達できる。 をさせてのなどに活用できる。 でのになるを持つため、のを防ぐことも可能。 に来てしまったをに手段として採用される。 該当するは・・等。 のギミックを搭載するのも良いだろう。 多少に依存はするが、を直接からできる。 一応のでもを満たすことができるため、自らをした場合であっても、と同じ消費枚数でをできる。 を再利用できないのが欠点だが、が事はほぼないと言って良いので些細な問題である。 このの弱点 の展開が命題である以上、基本的な弱点はと共通しているので、以下のがほぼ全て。 なので如何にバランスを崩さずにをから投入出来るかが鍵となる。 なお、と共通した弱点についてはを参照。 また自体の能力は高いがすべてに対応するという事は困難であるため、を読んだ構築や、対象の判断などの面で高いレベルを要求される。 の封じ 後からまでの間や、そもそも展開前にされると戦線復帰が困難である。 具体的には、そのものを封じるやのようなが挙げられる。 特にのに関してはのしようがないため、展開の前後で注意する必要がある。 の 上記とはやや重複するが、以外でもを封じる術はある。 に対する、にいるタイムラグを突かれての・・などが挙げられる。 これらに関してはのが発生してにいる時点で、最低2枚を消費させている事になる。 だが、基本的に・非・で3枚消費になり、のリスクを抱えるこちらのほうが損害が大きくなる事も珍しくない。 また、・・・といった手段にも注意が必要である。 で突破できない を持つだけならば、時間稼ぎに終わるが、で上回られるの相手は不得手。 のほか、・・などにも注意。 後者3つは展開の足がかりをできれば良い話であるが、・などは、する事への不確定要素が大きく、見極めが重要になる。 の性質上、他の8で対応できる状況もいくつかあるため、これを意識した構築は必須。 ないしそれに近しい大量展開 のは性質上のみで、その間はを。 つまり裏を返せば、1枚をさせれば、その中は妨害される事もなく大型は消え、そしてを0にしてしまえばなど無意味に終わる、という事である。 昨今のでは2〜3枚のでを達成するのもそう難しいことではないため、こちらの消耗が激しく、反対にの余力がある1目での展開などは特に注意が必要。 ある程度速度を落として防御力を向上させるか、防御手段に流用できるギミックを増やす事も考えられる。

次の