おせち たこ。 [おせち料理]関東と関西の違いは?具材から味付けまで検証

おせち料理の中身の種類にはどんな意味や願いが込められているの?

おせち たこ

黒豆とは? 黒豆は、おせち料理にはかかせないもので、 祝い肴三種 黒豆、数の子、田作り のひとつと、されていています。 祝い肴と餅さえあれば、「最低限のお正月のお祝いができる」っていわれるほど、必要不可欠なものとされているんです。 重箱では、黒豆は、 壱の重といわれる一段目に、詰められているのが、一般的となっています。 おせちでは、必要不可欠な具材のひとつで、 黒光りしていて、殻がなくて、表面がツルッとしたものが、黒豆として、良いものなんですよ。 ところで、おせちの具材には、意味や願いが、それぞれに、こめられていていますよね。 ご存知のとおり、食べることで、それらの 縁起をかつぐことが、できるんです。 ですので、黒豆の意味について、具体的にみていきましょうね。 黒豆の意味とは? 黒豆って、長寿と健康を願っているもんなんですよ。 無病息災を願い、今年一年、家族全員が、健康的に暮らせるように、祈願するものなんです。 で、黒豆には、具体的には、次の3つの 意味が、こめられているんですよ。 厄除け• 長寿 順におって、いきましょうね~ 厄除け 黒色は、 魔除けの色、悪気をはらう色とされていていました。 道教では、邪気をはらい、災いを防ぐちからがあるとされ、不老長寿をもたらす色として、信じられていたんですよ。 1年間の 厄祓いをして、今年一年、元気で働けるように、との意味もこめられています。 長寿 「まめ」に達者で、しわがよるまで、 長生きできますように、という願いがこめられています。 豆の黒色は、 髪も黒々としていて、健康的で、栄養的にもいい状態を、しめしているそうです。 関西では、まるくふっくらと甘く煮ることが、多いようです。 しわが寄らないように、長生きできるように、という意味があります。 関東では、わざとしわができるように、煮立ているそうです。 シワを長寿に見立てていて、 しわが寄るまで、長生きできますようにという、思いが込められています。 地方によって、煮立て方が、ちがう場合があるんですね。 健康 「まめ」に働き、「まめ」に暮らせるように、という願いがこめられているんです。 まじめによく働き、今年も、家族全員みんな、元気に過ごせていけますようにという、希望がこめられているんですね。 語呂合わせで、縁起をかついでいて、ほとんど、ダジャレに近い気がしますが… で、黒豆が 健康の意味を、あらわしているところがあって、それは、次の3つで• まめって言葉の意味• 黒豆のまるい形• 黒豆のくろ色 なんですよ。 まめって言葉の意味 まめという言葉には、そもそも「 丈夫に」とか「 元気に」とか「 健康的」という意味がありました。 いまでも、地方によっては、方言として、残っているところもあります。 黒豆のまるい形 丸い黒豆の形が、太陽を意味していて、まめに精をだしてよく働けるほど、体が丈夫でありますように、という願望がこめられています。 黒豆のくろ色 水田などで、 真っ黒に日焼けするほど、陽にやけて、今年一年、元気で働けますように、という願いがこもっています。 おせち料理の黒豆にこめられている意味って、「 健康」「 長寿」「 厄除け」の3つで、どれも、 今年1年の家族の幸せを、ねがってのものなんですよね。 「一年の計は、元旦にあり」なので、去年の行いや言動に、反省しつつも、今年は、少しでも気持ちを引き締めて、やっていきたいとおもっています。

次の

あわびの意味・いわれ|2020年おせち料理特集|郵便局のネットショップ

おせち たこ

最近ではゴージャスになっているおせち料理。 でも入っているおせち料理が豪華になっても、黒豆、栗きんとん、海老など入っているものは変わらないものが多いですよね。 おせち料理に入っている黒豆や栗きんとんなどの食べ物は、ただ単に美味しいから入っているのではなく、それぞれの意味があります。 ここではおせち料理の意味や、おせち料理の一覧(黒豆や栗きんとん、えびやたこなど)についてご紹介します。 意味や由来を知って食べながら感謝して食べると、さらに縁起が良いおせち料理になるかもしれません。 おせち料理の由来 おせち料理はもともと季節の分け目とされる、お正月、ご節句があります。 神様にお参りして、人々が神様と食事をする文化があり、お節料理というものがありました。 おせち料理はお正月など季節の変わり目に食べる「お節料理」が由来となっています。 スポンサーリンク おせち料理の意味 お正月のおせち料理はそもそも「祝い膳」といいます。 名前の通り、お正月は新しい年を迎えておめでたい時に食べる料理です。 またおせち料理には「お重箱」に入っていますよね。 これは「めでたい」ことを重ねるといういわれ、新年を無事を祈るこという意味があります。 そのためおせち料理にお重箱には、おめでたい縁起の良い食べ物が入っています。 またおせち料理には縁起が良いという意味以外にも、別の意味があります。 「普段から忙しいお母さんが、せめてお正月の三が日ぐらいはゆっくりできるように」という意味合いもあります。 おせち料理の中はよく見ると「生もの」がありませんよね。 これは保存がきくような料理がされていて、お母さんが料理を作らなくても済むようにともされています。 なので元旦からおせち料理を食べ、2日、3日とおせち料理の残りを食べるという昔の慣わしがあります。 いつの時代もおかあさんは忙しいですが、最近通販おせちなども出るようになり作らずに済むようになったので、昔に比べると楽な時代になりましたよね。 おせち料理の意味一覧 おせち料理はお重箱に入っていて、それぞれの段に決まった料理が入っているとされています。 おせち料理は一段~四段まであります。 ここではおせち料理の一覧として、お重箱に入っている黒豆や栗きんとんなどのおせち料理の意味についてご紹介します。 おせち料理の一段目の意味(黒豆や栗きんとんなど) おせち料理が入っている一番上の段を一の重といいます。 一番上には『祝いの肴料理』とされる食べ物を入れるのが一般的です。 例えば伊達巻、田作り、栗きんとん、かまぼこ、黒豆、昆布巻き、かずのこなどの食べ物を入れます。 みんな大好き栗きんとんも、この一の段に入っています。 おせち料理の栗きんとんの意味 栗きんとんは栗の黄金の色から財宝に例えられていて、家財などの豊かさの意味が愛があります。 おせち料理の黒豆の意味 黒豆にはまめに働くという語呂から『丈夫・健康』という意味があります。 黒豆は一年真面目に働いて、「マメ(豆」に暮らせるようにという願いがあります。 おせち料理の伊達巻の意味 伊達巻には『文化の繁栄』という意味があります。 伊達巻は形が「巻物」に似ていることから、学問成就ともいわれています。 ちなみにとも似ています。 おせち料理の田作りの意味 田作りには『豊作』という意味があります。 おせち料理のかまぼこの意味 かまぼこは紅白カラーなので『祝い』という意味があります。 またかまぼこはお祝い以外にも、 ・赤(ピンク)の魔除け ・白は清浄 という神聖な意味合いもあります。 おせち料理の昆布巻きの意味 昆布巻は、喜ぶという語呂から『一家発展』という意味があります。 おせち料理のかずのこの意味 かずのこは『子宝・子孫繁栄』という意味があります。 おせち料理の二段目の意味(えびやたい・たこ) お重箱二の段 二の重 おせち料理が入っている二番上の段を二の重といいます。 お重箱の二の段には『焼き物』の食べ物を中心に入れていきます。 例えば肉料理や海鮮系の食べ物を入れていきます。 おせち料理の海老の意味 おせち料理の海老の意味は、腰が曲がるまで丈夫ということで『長寿』という意味があります。 おせち料理のたいの意味 鯛の意味は『おめでたい』という語呂合わせの意味があり、鯛は塩焼きをしてお重箱に詰めます。 おせち料理のたこの意味 たこは漢字で多幸(たこ)と語呂合わせをして、一年間幸せにいられるようにという願いの意味があります。 関東北部などでは酢だこ、関西などではうま煮にされることが多いです。 おせち料理三段目の意味(こんにゃくやさといもなど) おせち料理が入っている三番上の段を三の重といいます。 三段目には二段目と違い、食べ物は『野菜』を入れていきます。 お正月の祝い膳の食べ物の野菜には、ごぼう、はす、さといも、こんにゃくなど筑前煮のような食べ物をいれていきます。 おせち料理のごぼうの意味 ごぼうには『無病息災』という意味があります。 ごぼうは畑の地面に深く根を張ることから、家や仕事が根付くようにという意味もあるそうです。 おせち料理のはす(れんこん)の意味 はすには『先を見通す』という意味があります。 おせち料理の里芋の意味 里芋の意味は『子宝繁栄』です。 おせち料理のこんにゃくの意味 『良縁・円満』という意味があります。 お正月のおせち料理のこんにゃくは結ぶとなお良いとされています。 おせち料理四段目の意味(なますなど) おせち料理が入っている四番上の段を、四とは使わず『与』という言葉を使い『与の重』といいます。 与の重の食べ物は紅白なます、菊花かぶなどの食べ物を入れていきます。 おせち料理のなますの意味 おせち料理にいれるなますは「紅白なます」ともいい、『お祝いの水引きのイメージ』という意味があります。 おせち料理のかぶの意味 おせち料理にはいっているかぶは「菊花かぶ」ともいわれ、冬が旬のカブと、おめでたい意味のある菊をあわせて『めでたい』という意味があります。 スポンサーリンク おせち料理の祝い箸の意味 お正月のおせち料理を食べる時は、お祝い用のお箸を使いますよね。 いつもの割りばしとは違い、高級感がありますよね。 この祝い箸にも意味があります。 ちなみに祝い箸は、祝い膳のおせち料理やお雑煮を食べるときに使います。 祝い箸は折れにくい柳の木や白木などで作られます。 祝い箸の特徴は、両端が細く中央が太い『両端口』というお箸になっているのが特徴です。 ではなぜこういう作りになっているかというと、祝い箸の先端が細い意味としては、神様の口と人の口のためといわれています。 また祝い箸の中央部分が太いのは、 五穀豊穣、 子孫繁栄という意味があり、祝い膳を食べるときに使われます。 祝い箸はスーパーなどでも売っているので、お正月前に買っておくとおせち料理や祝い膳を食べるときに使えるので事前に買っておくと安心です。

次の

おせち料理!田作りの意味とは?

おせち たこ

このページの目次• おせちだけじゃない!縁起物のたこ たこが善良な行いをした、という伝説は、川や海などの水に近い地域に残っています。 たこは八本の足を上手に使って獲物に足を絡めますがいったん獲物に足を絡めたら最後、獲物を決して離すことはありません。 ぐにゃぐにゃ柔らかい体をしているたこにこんな力があるとは!その力には驚かされます。 たこが獲物を離さないこの様子は 「善いものに吸い付く」という意味に転じ、縁起が良いとされています。 またたこは敵から逃げるときに墨を吐くのですが、その様子から 「苦難をけむに巻く」とされ、そのほかにも 「行き詰らずに道を見つけられる」とも言われています。 さらに ゆであがったたこの赤い色は魔よけの色、このようにいろいろな点でたこは縁起が良いとされています。 たこはその姿かたちだけでなく名前も 「多幸」と書けることから縁起がよいとされていますし、英語で「OCTOPUS オクトパス)」と言うことから、 オクトパス=置いておくとパスする、という語呂合わせが生まれて、難なく受験を乗り越えられると受験生の間でも縁起物とされています。 たこはお正月や受験期だけに食べるものではなく、夏に食べても縁起が良いとされています。 たこの八本の足は稲が四方八方に根を伸ばしているところを想像させるために豊作を願って食べる方もいますし、たこを食べると体力がつくから夏の暑さに負けない、とも言われています。 関西では夏至の日に「元気になりますように」と願いながら、たこを食べるそうですよ。 スポンサーリンク おせちにたこを入れる理由 おせちにたこを入れるようになったのにはいろいろな理由があります。 一つは先ほどお話しした「たこ=多幸」となることです。 一年の初めにたこを食べれば、これからの1年多幸(幸せ)が待っています。 そのほかにも、たこは墨を吐いて敵から逃げられますから、お正月にたこを食べればこれからの1年は苦難から逃れることが出来る、茹でると吸盤などが赤くなることから、赤=魔よけになるなど、たこにはいろいろなおめでたい意味がありますから、縁起物の一つとして1年の幸せを祈りながら食べるおせち料理の中に入れられるようになったようです。 関東と関西で違う!おせちのたこ料理 関東と関西ではおせちに入れるものにいくつか違いがありますが、どちらにもたこ料理は入っています。 けれど同じたこが入っていても、関東と関西で入れるたこ料理は違っています。 関東以北では酢だこ 関東以北のおせち料理の中に入っているたこ料理は「酢だこ」です。 たこは茹でると吸盤のところが赤くなりますよね。 吸盤の赤と身の部分の白、酢だこの紅白の色合いはおせち料理に華やかさを加えてくれます。 おせちに入れるたこはどうして酢だこなのか、 酢を入れて作るのは日持ちさせるためだと言われています。 たしかに、おせち料理はお正月の間数日間食べるものですから、長持ちする食べ物でないといけないですよね。 酢が入っていれば三が日安心して縁起物のたこを食べることが出来ます。 関西ではうま煮 関東のおせちではおなじみの酢だこですが、関西ではあまり知らない、という人もいます。 関西では酢だこの代わりにたこのうま煮が入ります。 やわらかく煮た「たこのうま煮」は食べやすいですし、おいしいのでこれもお勧めですよ。 お正月には縁起物のたこを食べてこれから1年の幸せを願おう 関東以北では酢だこ、関西ではうま煮と作り方は違いますが、おいしくて縁起が良いという点では変わりません。 お正月だけでなく、夏の暑い時の夏バテを防ぐものとして、受験生の縁起担ぎに、と大活躍の縁起物のたこ。 1年の初めにたこを食べれば、これからの1年はばてることなくきっと元気に乗り越えられるでしょう。 家族みんなでたこを食べて、たこがぎゅっと獲物をつかむように幸せをつかみとりましょう。

次の