いろは に 愛 姫 スロット。 Sいろはに愛姫 スロット

いろはに愛姫 パチスロ スロット

いろは に 愛 姫 スロット

保証や回収の話題が出ております。 いろはに愛姫…。 保証するって…。 10万円…。 いろはに愛姫 営業段階から知識が少ないユーザー想定でも9000アウトで約250枚プラスみたいな資料になってるよ。 短時間ユーザーで売りと粗確保。 粘るユーザーで稼働確保。 ホールはやるべき事をやっているの?! 昨日の記事では甘く出た要因を ・ホールの設定状況(毎日ランダムで設定を入れているかどうか) ・このような仕様の台における客滞在率 が想定と違ったからなのでは?! と解説しました。 実際に設定を毎日ランダムで入れている店はどれくらいあるのでしょうか。 前日の傾向から客に読まれた時点で出玉率が大きく上昇します。 ホール側の目線で想定の出玉率を出すなら ランダム設定変更が必要となります。 それをせずに「出過ぎる」と文句を言っているホールがあるとしたら、設定担当者に問題があると言えるでしょう。 台の理解度が一般ユーザー以下なら戦力外です。 昨日の記事では「時差開放にすれば」と書きましたが、他にも色々なアイディアがあります。 例えば、特定の日だけ稼働させたり、稼働させなかったりする方法です。 また、「粗利取りにくい仕様なのは解っていたので、最初から低貸しでスタートさせるのもアリだったのでは?!」という意見もあります。 こんな攻めたスペックを作ってくれたこと、ユーザーとしては感謝なのです。 設計ミスではなく、押し順を特定されて粘られたらアマくなることは想定できたはず。 最初から低貸しとか被害を抑える対策は取れたと思うんですよね。 まあ、アレだ。 出典: ベタピン放置の5スロシマが多い中、ユーザーに設定推測の楽しさを知ってもうという意味で、5スロ設置は有意義だと感じました。 他にもホール側でやれる事はまだまだあるはずです。 そろそろ「いろはに愛姫はガチで甘い」というのが広く知られて来ていて、この台の扱い次第でホールの評価は大きく変わると思います。 ホールの担当者さん、稼働停止させる前に何か出来ないか色々考えてみて下さい。 前回教授が「このような台における客滞在率」について「そんなデータどこにもない」と書いておられた点が大きいと思います。 業界初の「客滞在率に応じて最低設定の機械割が変動する」この台に対して、大都は「客滞在率別の機械割シミュ」をしっかり提示したんでしょうか? 高い買い物するんだったら買う側がしっかり確認しとけ、買ったんならウダウダ言わず使い方を工夫しろという意見もごもっともですが、それなら建物の「重要事項告知義務」も通販等の「クーリングオフ」もこの世に必要ないということになってしまいます(極論ですが) メーカーの説明責任 義務に近い 、ホールの確認責任 今回に限っては過失割合は低め 、それらを総合的に判断しての「10万円」なんだと思います。 ご返答ありがとうございます。 異質だから説明が必要と考えるか、異質だから説明しようがないと考えるかの違いですね。 正解はないと思います。 導入後の出玉率は誰も推測しようがなく、とありますが、メーカーはさすがにシミュレーションしてるでしょう。 どなたか失念しましたがツイッターで拝見した「看破までのG数別機械割」のようなもののさらに詳しい版を。 それこそ教授がおっしゃる通り大メーカーである大都が「そんなのわかんねーよ」で済ませているはずがないと思っています。 と、長々と書きましたが、機械を見ずに 見せずに 取引が完了することが起こり得るこの業界では、正直過失も何も、そもそも説明自体が義務ではないので教授のおっしゃる通りなのかもしれませんね。

次の

【いろはに愛姫】スロット新台考察|新装日の設定配分とその後の運営方針・感想まとめ

いろは に 愛 姫 スロット

3択押し順の偏りで設定を見抜くことで機械割 96. 3枚純増のART機で、継続システムはゲーム数上乗せ型。 通常時は、まずBONUS当選を目指す。 レア役はもちろん、リプレイやベルでもBONUSの可能性がある。 BONUSはBB 150枚獲得 とRB 40枚獲得 の2種類。 通常時のBBは「愛姫BONUS」となり、終了後は必ずART「隻眼ノ嫁」へ突入。 通常時のRBは「いろはBONUS」となり、終了後は通常時へ。 正解となる3択は設定毎に偏りがあり、 その偏りを見抜けば青7図柄が揃いやすい=機械割アップとなる。 ART中もBB中同様に「青7を狙え演出」の抽選が行われており、ナオエ高確率中なら発生率がアップ。 また、ART突入以降の青7図柄揃いは、連続で揃うと連舞による追加上乗せが発生。 ART中のBB「ナオエ決戦BONUS」中も同様のため、多数ゲーム数上乗せの大チャンス! 【通常時】BONUS当選を目指す。 【BONUS】BB 150枚獲得 とRB 40枚獲得 の2種類。 【BONUS】通常時のBBは「愛姫BONUS」となり、終了後は必ずART「隻眼ノ嫁」へ突入。 通常時のRBは「いろはBONUS」となり、終了後は通常時へ。 正解となる3択は設定毎に偏りがあり、その偏りを見抜けば青7図柄が揃いやすい=機械割アップとなる。 【ART】BB中同様に「青7を狙え演出」の抽選が行われており、ナオエ高確率中なら発生率がアップ。 【ART】ART突入以降の青7図柄揃いは、連続で揃うと連舞による追加上乗せが発生。 ART中のBB「ナオエ決戦BONUS」中も同様のため、多数ゲーム数上乗せの大チャンス!

次の

いろはに愛姫 スロット新台 設定差まとめ|解析 設定判別 設定6 左 中 右 機械割 小役確率

いろは に 愛 姫 スロット

設定左• 設定中• 設定右• 設定6 の4種類の設定を搭載しています。 BIG中とART中は7を狙え演出 自力押し順当て が発生し、 揃うとARTのG数を上乗せできます。 なので押し順の偏りを見抜き、終盤で機械割UPに繋げることが攻略の鍵となります。 基本的には通常時にボーナスを当選させ、そこからARTを目指すという流れです。 BIGならART確定なのでBIGの引きも重要となってきます。 青7がそろった場合は3択青7正解となりますが、揃わなかった場合は 通常リプレイ or 3択青7ハズレのどちらか。 通常リプレイだった場合はどの押し順から押そうが絶対に青7は揃いませんし、見た目上で見抜く方法も不可能。 成功のサンプルは増やせるけど、失敗のサンプルには加えない。 という形になります。 具体的には、 左第一停止以外のナビの場合に、全て左から狙っていく。 揃った場合、左のサンプルとして取得可能です。 この取得方法の場合、転落準備区間のG数ベースでカウントしていくのがおすすめ。 6です。 こちらの考え方でサンプルを取得していきましょう。 REG終了後に関しては中段に 「リプ・リプ・ベル」の出目が出るまで押し順が発生する可能性があり、それまではサンプルを取ることが可能です。 ART中の上乗せは小役カウンターなどを使って、振り分けをカウントするようにしましょう。

次の