ロマンティック あげる よ コード。 ロマンティックあげるよ/橋本潮 コード進行解析 ドラゴンボールエンディングテーマ│コード進行解析サイト

ロマンティックあげるよ / 石田 燿子 のギターコード譜

ロマンティック あげる よ コード

Original key:D• Capo:1• Play:D• 難易度:• 一見して使うコードが多い曲です。 しかも普段は使わないaug(オーギュメント)が割と良く出てきます。 Faugは4弦を押さえないで123弦だけ弾くと楽に弾けるので、敬遠せずにこのコードで弾いてみてください。 mM7(マイナーメジャーセブンス)も出てきますね。 BmM7は僕はいつも2弦3フレ(カポ1なのでホントのフレット上は4フレット目)は押さえません。 その方が楽に弾けるし違和感もあまりないので。 「手を抜く」というと聞こえは悪いですが、楽にコードチェンジ出来るように工夫した結果なので一度その押さえ方で試してみて下さい。

次の

橋本潮「ロマンティックあげるよ」で呑む!

ロマンティック あげる よ コード

Original key:D• Capo:1• Play:D• 難易度:• 一見して使うコードが多い曲です。 しかも普段は使わないaug(オーギュメント)が割と良く出てきます。 Faugは4弦を押さえないで123弦だけ弾くと楽に弾けるので、敬遠せずにこのコードで弾いてみてください。 mM7(マイナーメジャーセブンス)も出てきますね。 BmM7は僕はいつも2弦3フレ(カポ1なのでホントのフレット上は4フレット目)は押さえません。 その方が楽に弾けるし違和感もあまりないので。 「手を抜く」というと聞こえは悪いですが、楽にコードチェンジ出来るように工夫した結果なので一度その押さえ方で試してみて下さい。

次の

ロマンティックあげるよ / 石田 燿子 のギターコード譜

ロマンティック あげる よ コード

作詞:吉田健美 作曲:いけたけし 編曲:田中公平 TVアニメ「ドラゴンボール」エンディングテーマ まだアドベンチャーしてた初期も初期のドラゴンボールのEDです。 ドラゴンボールはバトルよりこのアドベンチャーしてた頃が個人的にも好きです。 歌は「橋本潮」さん。 当時のアニメソングをたくさん歌っています。 歌ってる人を知らない人も多いですがそれでもこの曲は有名ですね。 なにせ名曲。 じゃぁ今日も呑んでいきいましょう。 おすすめポインツ! この曲はもうポイントの宝庫。 おすすめポインツの宝石箱や。 頭から最後まで心離してくれません。 といっても実はテレビサイズぐらいしか聴いたことないかもしれないんですが、その中でも語りつくせるかどうか不安です。 まずクリシェ。 クリシェっていうのは同じコードが続いている中で構成音のひとつが変わってイクやつです。 すごくエモくて気持ちいい技法のひとつです。 そしてドミナントのオーギュメント。 この響きこそこの曲の代名詞なんではなかろうか。 augとはじめて向き合ったのがこの曲だったからなのかもしれないですが。 augは5度が半音あがっただけなんですが、この響きが独特です。 ホールトーンがあったりしてちょっぴり不安にさせるところがまたニクい。 このVaugはV7 b13th とよく似ています。 どちらもたまりませんね!気持ちよい。 ちなみにV以外だと前述のクリシェにもよく出てきます。 こう全体を盛り上げてつつゴール!みたいなそんな感覚があります。 最初のV なんかは大好きなSDm(サブドミナントマイナー)と構成音も似てるので同じような効果があり、そのままゴールまでもっかい盛り上げてゴール!みたいな。 アニソンでもJ-POPSでもそれ以外でもよく出てきます。 高いところ登るのに、高い高いしてる人を高い高いして登る、みたいなそんな感じでしょうか?わかりませんw 進行を交えてみていこ ちゅうわけで音楽理論的なややこしいのは説明もできんので進行みながら呑んでいこう!今回も 自分が わかりやすくキーは-1しております。 アコギで弾きやすいよ!笑。 そして、なにか起きそうな予感からきましたVaug!!! これぞロマンティック。 ファンタジーでミステリー!sus4で1回遠回りしておいて帰るんだけど違う人がでちゃった、みたいな。 タンスの引き出し閉めたら他の段の引き出し出ちゃった、みたいな。 1、2行目は行ったり来たりもじもじしてる感じ。 3行目は定番のヤツです。 1、2行目なんてずっとDでいいんですがひとつの音が動くだけでこんなにロマンティック。 前半なんかもう常にどっか半音動いてますね、Bmの定番クリシェで1エモ。 勝手に7つけるけど、AがIとしてのV7がE7なんですが、これがいい。 これをII7という名前をつけたとして、このII7いっぱいつでくそエモくしたり、ふわっと浮かす感じにしたりしている曲も多いです。 まさに奇跡の謎です。 とけないよ~~っていってるうちにaug!! イントロと同じくこの響きいっぱつで「後半へつづく…感」が出ますねー!後半は上昇型のクリシェ。 勝手に「のぼりクリシェ」と呼んでおりますが、これも独特の浮遊感みたいなのとエモさを感じます。 こんなの歌詞なくて動いてる音をハミングしただけでも気持ちいい。 歌詞も2回繰り返してるしね、ってまぁここでは歌詞は関係ないからやめとこう笑。 しかしその次がロマンティックポイント!Bbですね。 これはワタクシの大好きなSDm(サブドミナントマイナー)と同じような構成音なので同じような効果があります。 Bbが弾きにくい人はGm7を使おう!笑。 ホントの勇気の代わりにロマンティックをくれます。 ギター押さえにくい人はAsus4でどうぞ!笑。 この進行はアレンジによっちゃぁすっげぇ壮大な盛り上がりにも出来る素晴ら進行ですね!グッと押し上げられたのをそのままもっかいグッと押し上げて目標であるD(I)に行く感じ。 これもいいっすよ!どんどんアガっていってゴーーール!みたいな。 まぁそれは別の機会に。 まとめると・・・ 休む暇もなくロマンティックが襲ってくる、そういう曲です。 もはやロマンティックの押し売り!完全にきらきら光った夢をもらえる曲です。 心くすぶる要素満点。 この曲の要素を取り込むだけで例えば耳コピ、例えば作曲に大きな広がりが生まれることでしょう。 (自分はそうだった。 ) Vaugいっぱつで雰囲気を変える布石がイントロやBメロ中で作られているんで例えばサビ繰り返したいってときに手前でVaug(キーがDならAaug)を鳴らすと超イイ感じにもっかいサビにいけたりします。 しかもロマンティック! というわけでたくさんのロマンティック隠れてましたね!今日は焼酎炭酸割り。 つまり酎ハイ。 改めて聴くと歌詞も奥深く、じゃんじゃん酒が進む曲でした。 大人のフリしてあきらめんなよ!!!.

次の