スイート ベール。 特性詳細「スイートベール」

アロマベール

スイート ベール

マホイップ育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」 マホイップはポケモン剣盾(ソードシールド)で新しく登場したポケモンだ。 育成論について紹介していく。 高い特攻と特防を持つが鈍足という、フェアリータイプによくある種族値配分。 特性「アロマベール」があるので「ちょうはつ」を無効にできる。 「めいそう」や「とける」などの積み技や「じこさいせい」といった回復技を妨害されずに出せるので強力だ。 ただし、物理耐久は脆く素早さも低いという弱点がある。 火力の高い相手に攻撃される前に積まないと、先に2回攻撃されて倒されてしまうこともあるので注意。 現在は未解禁であるもののキョダイマックスが可能。 ダブルでは味方回復も可能なので有効だが、シングルでは回復量が少なくダイフェアリーとどちらが有効かは状況による。 スポンサーリンク マホイップの特性 スイートベール (味方のポケモンが眠らなくなる。 ) アロマベール(隠れ特性) (味方のメンタル攻撃を防ぐ。 ) 考察 「アロマベール」の優先度が高い。 「ちょうはつ」や「アンコール」が効かないことで積み技や回復技を安全に使うことができる。 シングルでも十分に有用だが、ダブルでは味方にも適用されるため更に強力。 「スイートベール」も選択肢にはなる。 「あくび」や「キノコのほうし」、「ねむりごな」など厄介な催眠技を防ぐことができる。 「アロマベール」使用者のほうが多く「ちょうはつ」などで崩せないと判断して催眠技を使ってくる相手もおり、役立つことは結構ある。 この技も味方に対して有効であり、ダブルバトルではより強力になる。 スポンサーリンク マホイップの技考察 特殊技 技名 タイプ 威力 命中 効果 備考 マジカルシャイン 妖 80 100 なし タイプ一致技。 威力は低めだが命中安定。 威力は低いがタイプ一致技で回復量も多い。 「めいそう」とあわせて使おう。 ソーラービーム 草 120 100 溜め攻撃。 水・地・岩に刺さる。 「ダイソウゲン」で使おう。 ダイマックスしない想定ならこちらを使おう。 ギガドレイン 草 75 100 与えたダメージの半分吸収。 威力は低めだが回復可能。 水・地・岩に刺さる。 苦手な鋼にも刺さるので優先度高め。 苦手な毒に刺さる。 サイコショック 超 80 100 相手の特防でなく防御でダメージ計算する。 苦手な毒に刺さる。 特殊受け対策ができる。 アシストパワー 超 20 100 自分の能力ランクが1段階上がるごとにこの技の威力が20上がる。 「アロマベール」のおかげで比較的積みやすく相性は悪くない。 「アロマベール」があるので安全に積みやすい。 じこさいせい 無 - 最大HPの半分回復 積むことが多いので、その後に回復できるこの技の優先度は高め。 ひかりのかべ 超 - 特殊攻撃によるダメージを2分の1にする壁を張る。 自身の特殊耐久がさらに増す。 もちろん味方サポートとしても強力。 アンコール 無 100 相手が同じ技しか出せないようにする。 耐久型の相手に刺さる。 なかまづくり 無 100 相手の特性を自分の特性と同じにする。 相手が強力な特性を持っている場合に有効。 アロマセラピー 草 - 味方の状態異常を回復する。 自分だけでなく味方の状態異常も治せるのが強力。 確定技は基本的には「じこさいせい」よりも回復と攻撃が同時にできる「ドレインキッス」がおすすめ。 HPと特防に振っているので、基本的には特殊アタッカーに対して繰り出す。 基本的には最初に「めいそう」で積むといいが、相手が物理アタッカーに交代してくる可能性も考え「とける」も覚えさせておくといい。 道具は積む前の耐久を補うことができる「オボンのみ」の優先度が高め。 一度積んでしまえば、後はドレインキッスORじこさいせいで回復が間に合うようになる。 居座ることが多いので「どくどく」に弱い。 「アロマセラピー」があれば対策できるが技スペースが厳しい。 特性はこだわりメガネを持たせるなら、「アロマベール」がおすすめ。 「のろわれボディ」を恐れずに攻撃することができる。 ただ、積みメインではいないので、「アロマベール」を採用せず催眠対策ができる「スイートベール」を選ぶのもアリ。 この型では火力と耐久で ニンフィアに劣ってしまう。 差別化として毒タイプに刺さるサイコキネシスは覚えておきたい。 物理受けの ドヒドイデであれば突破することも可能となる。 スポンサーリンク マホイップのパーティメンバー考察 マホイップの弱点である毒・鋼に強いポケモンを用意しておくといい。 鋼タイプのポケモンであれば毒を無効にして鋼も半減できる。 水・地面タイプの ガマゲロゲ・ヌオー・ナマズン・トリトドンなどもおすすめ。 毒技も鋼技も半減することができる。 マホイップの対策 注意点 ・そこそこある特攻があり、「アロマベール」により「ちょうはつ」「アンコール」が効かず、安全に積んで火力を上げてくる。 ・再生技と状態異常回復技を持ち、積みきられると対処のしようがなくなることもある。 対策方法 マホイップの弱点は物理耐久の低さ。 よって「とける」で積まれるまえに物理アタッカーで素早く突破を狙っていくといい。 「アロマセラピー」は技スペースの問題から覚えていないことも多く、「どくどく」が刺さりやすい。 こだわりトリックは有効。 こだわりスカーフやこだわりハチマキを押し付ければ機能停止させることができる。 「かたやぶり」持ちなら「ちょうはつ」も有効。 スポンサーリンク ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。 から各メニューを選択!.

次の

オリジナルホイール | HEARTVOICE ハートボイス

スイート ベール

ハーブやスパイスなどの香りが付けられた白ワイン、ベルモット。 本来は食前酒のため、食欲を増進させたり、会話をはずませたりするための飲み物ですが、マティーニやマンハッタンといったカクテルに使われているのも有名ですよね。 しかしいざ自分で買ってみようと思うと、チンザノやノイリー・プラットなど、ブランドもさまざまにあって、迷ってしまいます。 香り高いベルモットを存分に楽しむには、飲み方や自分の好みに合うものを選ぶのが大切。 そこで今回は、ベルモットの種類や選び方を紹介しつつ、市販されている商品の中からおすすめのものをランキング形式でご紹介します。 それぞれのベルモットに合うおすすめのカクテルなども紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。 ベルモットは、ドイツ語でヴェルムト(Wermut)、英語でヴァムース(Vermouth)とも呼ばれています。 もとはドイツ語から来ていて、ヴェルムトという言葉は植物のニガヨモギを意味しています。 その名の通り、ベルモットはニガヨモギ・コリアンダー・ナツメグといった十数~数十種類のハーブやスパイスを白ワインに漬け込んだもの。 基本は白ワインですが、その香りの高さから、マティーニやマンハッタンといった有名なカクテルにもよく使われています。 また、シェリーやポート・ワインなどと並んで食前酒、アペリティフ・ワインとしても知られ、食事前にベルモットをストレートで1、2杯飲めば、独特の香りと十分なアルコール分で胃が刺激され、食欲を増進してくれる働きも期待できますよ。 白ワインをもとに作られるお酒としては、他にシェリーなどが有名ですよね。 日本の酒税法上、ベルモットもシェリーも「甘味果実酒」という同じカテゴリーに分けられているのですが、これらは作り方も風味も全く異なっています。 シェリーは「酒精強化ワイン」とも呼ばれ、ワインを作る過程でブランデーなどの蒸留酒を加えてアルコール度数を上げたもの。 白ワインにブランデーの香りが重なり、独特の風味になっています。 一方、今回紹介するベルモットは、基本的に白ワインにハーブやスパイスを漬け込んだ「フレーバード・ワイン」。 すなわち香りのついたワインで、白ワインそのものの風味を生かしつつハーブやスパイスの香りを加えています。 そのため香りもアルコール度数も、全く違っているんですね。 甘味のあるベルモットはスイート・ベルモットと呼ばれ、大きく分けて赤みがかった色のロッソと、あまり色のないブランコに分けられます。 ロッソの方がフレーバーや甘味・苦味が強いことが多く、独特の味わいを楽しめます。 ブランコはソーダで割るだけでも楽しめる甘口のワインのようで、苦味が控えめなのが特徴です。 スイート・ベルモットの一番の特徴は、甘さとともにフレーバーもより多く付けられているということ。 そのため日本人にはなじみのないハーブやスパイスの風味が強く出ており、苦手に思う人もいるかもしれません。 とはいえそれが特有の甘味と苦味のコラボレーションとなっているので、よりベルモットらしさを味わいたいなら、スイート・ベルモットを選ぶのがおすすめですよ。

次の

Lovely Sweet Label ラブリースイートレーベルアナム オリジナルホイール | HEARTVOICE ハートボイス

スイート ベール

効果 自分を含めた味方のポケモンが・状態にならなくなる。 説明文 ・・ みかたの ポケモンは ねむらなくなる。 味方の ポケモンは 眠らなくなる。 所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい 特性1 特性2 - - - - こんなときに使おう などで対策に。 ただし、味方はができなくなる。 スイートベールに守られているポケモンがを使おうとした場合、スイートベールに防がれて失敗する。 特性によりねむり状態になることも防ぐことができる。 ・とはねむり状態を防ぐ点で同じだが、以下の点が異なる。 ねむり状態を回復することはできない。 自分以外の味方にも効果がある。 においては隣接していない味方にも効果がある。 特性の効果を受けた技はスイートベールの効果を無視する。 このときスイートベールの影響下にいるポケモンもねむり・ねむけ状態にできる。 ただし、ねむけ状態からねむりに落ちることはスイートベールにより防がれる。 これらのポケモンはスイートベールの影響下においてもが成功する。 これらのポケモン自身がスイートベールの影響下にいる場合にも適用される。 すなわちかたやぶりのポケモンは自身の技で発動したによるねむりを防げない。

次の