筑肥線。 筑肥線とは (チクヒセンとは) [単語記事]

JR筑肥線(姪浜

筑肥線

現在の筑肥線は、通勤型の電車が頻繁に走り筑前前原までは複線化されて都市型鉄道に生まれ変わりましたが、以前の筑肥線は、すべて単線非電化で福岡市内もほとんど地上を走り博多駅に乗り入れていました。 そんな状況でしたので、マイカーの普及等で自動車も増加してきており福岡市内では地上を走る筑肥線の踏切が、交通渋滞の一因ともなっており又福岡市西部の鉄道は筑肥線のみで輸送量が少なく鉄道近代化が望まれていましたが、当時の国鉄は莫大な借金を抱えており大きな投資が出来ずにいました。 福岡市内も西鉄の路面電車の廃止でバス輸送のみにたよっており高速鉄道の建設が待ったなしの状況となり福岡市は地下鉄の建設に向いました。 (昭和46年頃には検討が始まっていたようです。 ) そんな中、福岡市営地下鉄の計画と福岡の西部を走る筑肥線が重なって来て福岡市と国鉄の利害が一致して相互直通運転の計画が浮上してきました。 福岡市は地下鉄の莫大な建設費を賄うためには福岡西郊の筑肥線のお客も取り込めて姪浜・博多間の廃止で交通渋滞も解消でき、国鉄は地下鉄乗り入れで福岡市中心部を通り今までのように博多 地下駅)に乗り入れることができ、また電化により近代化できるという互いにメリットの方が大きく何よりも利用者の利便性が格段によくなりました。 このような訳で、国鉄は姪浜博多間を廃止して姪浜より先は福岡市営地下鉄に乗り入れる事となりましたが、国鉄側は当初、鳥飼駅付近から地下鉄に乗り入れを希望していましたが、福岡市側の強い要望を受け入れ、姪浜を起点として相互乗り入れを開始することになりました。 このような事情から福岡側では、西新・鳥飼・小笹・筑前高宮・筑前簑島の5駅が廃止されましたが利用者も多く混雑は日常で何とか残せなかったのかと思います、現在の地下鉄より早く博多駅につけたのですから。 相互乗り入れをすることが決まり福岡地区と唐津地区で大きな路線変更が行われ福岡では西新・鳥飼・小笹・筑前高宮・筑前簑島・博多 地上駅)が廃止され唐津では虹の松原より先の東唐津・鏡・久里駅が廃止されてしまいました。 姪浜駅は地上駅から高架駅となり筑肥線と地下鉄の起点として2面4線の近代的な駅に生まれ変わりました。 一方唐津地区では、博多方面から来た列車は、旧東唐津駅が行き止まり式の為ここで進行方向が逆(博多方面から来た列車の先頭車が最後尾となります。 )になる東唐津駅が廃止 東唐津駅にありました東唐津気動車区も廃止され西唐津機関区と統合の上、新しく現唐津運輸センターとなりました。 )され虹の松原駅をすぎてしばらくの所に高架になった新しい東唐津駅が作られ呼子線 未成線)の為に完成していた橋梁を渡り直接唐津駅に乗り入れる事が出来るようになりました、それまでは博多方面に鉄道で向かう場合はバスで旧東唐津駅まで行き乗り換える必要がありました。 現在は、最寄駅から直接博多方面へ鉄道で向かう事が出来るようになりました。

次の

筑肥線

筑肥線

概要 [ ] かつては福岡() - 伊万里間の短絡線的性格を有し、市街を通らないルートで直通する一本の路線だったが、の部分に伴って一部区間の廃止や経路変更が生じ、唐津駅 - 山本駅間で分断された路線となった。 現在の筑肥線はを介して連絡している。 伊万里駅では、かつてはその先のと接続していたので、博多駅 - 間を結んだ急行「」など、筑肥線と松浦線を直通運転する列車もあったが、に松浦線がのに転換されたことにより直通運転はなくなった。 また、に伊万里駅の駅舎改築とともに線路も分断された。 姪浜駅 - 唐津駅間は福岡市・唐津市双方への通勤・通学路線となっており、とを行うため、の国鉄(現在のJR九州)の路線としては、の部に次いでされた。 同区間および同区間と直通運転をしている唐津線唐津駅 - 間は、JR九州内では唯一直流専用電車が運転されている。 また、姪浜駅 - 唐津駅間は唐津線唐津駅 - 西唐津駅間と合わせて「」の利用エリアに含まれている。 また、福岡市地下鉄線の「」とも相互利用が可能なので通しで利用できる。 SUGOCA・はやかけんのほかに、これらと相互利用可能な各種も利用できる。 2011年3月5日には、SUGOCAとTOICA・ICOCAの相互利用を開始した。 しかし、当初はTOICAとICOCAが「はやかけん」との相互利用を実施しておらず、筑肥線ではTOICA・ICOCAが利用不可能であった。 2013年3月23日には、交通系ICカード全国相互利用開始に伴い、筑肥線のSUGOCAを導入している全ての駅でTOICA・ICOCAの利用が可能となった。 また、2016年12月22日には、リアルタイム列車位置情報システム「どれどれ」が運用開始され、スマートフォンアプリ「JR九州アプリ」により、当線では下山門駅 - 西唐津駅間・西唐津駅 - 伊万里駅間におけるリアルタイムの列車位置情報がスマートフォンで閲覧できるようになった。 ただし、姪浜駅 - 下山門駅間は閉塞方式の都合で配信できない。 路線データ [ ]• 管轄(事業種別):九州旅客鉄道()• 路線距離()• 姪浜 - 唐津間 42. 6km• 山本 - 伊万里間 25. 7km• :1067mm• 駅数:30(各区間の起終点駅含む)• 筑肥線所属駅に限定した場合、唐津駅と山本駅(どちらも唐津線所属 )が除外され、28駅となる。 なお、伊万里駅はかつて松浦線所属 であったが、同線の松浦鉄道への転換に伴い、筑肥線所属に変更された。 複線区間:姪浜 - 筑前前原間• 電化区間:姪浜 - 唐津間(直流 1,500V)• :(ATS-DKについては設置対象外とされている)• 姪浜 - 筑前前原間:複線自動閉塞式• 筑前前原 - 唐津間:単線自動閉塞式• 山本 - 伊万里間:特殊自動閉塞式(軌道回路検知式) 全線が直轄となっている。 ただし姪浜駅構内はの管理下に置かれている。 沿線概況 [ ] 姪浜 - 筑前前原間 [ ] 高架駅のを発車して暫くは、沿線にマンションや高層ビルが林立しているが、すぐに住宅街に変貌する。 左手にのを見ながら高架をくだり、に到着する。 しばらく北側には松林(生の松原)が広がる。 生の松原を過ぎてが見えてきたところで、福岡市都心部から断続的に続いた市街地を外れ、長垂山を貫く長垂トンネルに入る。 長垂トンネルを抜けると、福岡市西区内では西部の副次的中核地域であるに到着する。 今宿を発車すると高架区間に入り、両側に伊都土地区画整理事業により整地中の広大な土地の様子が見られる。 次第に周辺にビルやマンションが増え、高架島式ホーム1面2線のに到着し、左手にが隣接している。 九大学研都市を出てしばらくすると区画整理の事業地内を抜けて、右手に広がる住宅街をみながら高架線を下り、に到着する。 周船寺からはの高架が確認できる。 周船寺を発車してすぐにに入る。 依然沿線には住宅街が広がっているが、徐々に田圃が見られるようになる。 を出ると、左手には溜池や田圃が多く見られるが、の手前まで来ると市街地となり、複線区間の終点となるに到着する。 乗り入れてきた福岡市地下鉄の列車の大半がここで折り返す。 筑前前原 - 唐津間 [ ] 筑前前原の隣駅である単式1面1線の前後ではと並行するが、まもなく離れて、島式1面2線の、単式1面1線のを出ると、広大な田園風景が出現する。 田園風景を駆け抜けると、福岡市地下鉄車両の乗り入れ終点となるに到着する。 、、を過ぎると県境に達し、に入り、遠くにが確認できる。 の橋梁と並行する玉島川橋梁を渡ると、まもなく国道202号と離れ、に到着する。 浜崎を出るとすぐ、右手に虹の松原が近接する。 そのまま片面1面1線のを過ぎ、唐津市内の高架区間に入り、唐津市街に近づいてくる。 まもなく高架島式1面2線のに到着。 東唐津周辺では新東唐津駅土地区画整理事業が行われている。 東唐津のすぐ先で長大な松浦川橋梁を渡る。 松浦川橋梁では遠くにやの煙突が確認できる。 橋梁を渡りきって、住宅地を眼下に見ながらに到着する。 和多田駅の北側は丘陵の住宅地となっている。 和多田の先でと合流し、谷間の高架線を行く。 谷間を抜けると右手に唐津市の中心部が見え、まもなく一部列車の終点となる高架島式2面4線のに到着する。 山本 - 伊万里間 [ ] 山本を出るとしばらく唐津線と並走し、唐津線の線路を乗り越えて右へカーブする。 並走区間の途中にがあるが、ホームは唐津線側にのみ設置されており、筑肥線側にはない。 本牟田部駅を過ぎしばらくすると唐津線との並走区間が終わり、その後は旧相知町の山間部を走行する。 を過ぎると伊万里市に入る。 そのまま山間部を走ると山本-伊万里間で唯一列車交換可能な駅であるがある。 そのまましばらく進行し、を過ぎてしばらくすると、右にカーブして、、と過ぎていき、伊万里市街地に入ると終点のに到着する。 現在は伊万里駅で線路は途切れているが、かつては松浦線と線路がつながっており、国鉄時代は伊万里駅を通じて筑肥線と松浦線の直通列車も存在していた。 運行形態 [ ] 姪浜 - 唐津間 [ ] 3両ワンマン運転に使用される103系1500番台 と直通運転する - - ・・・間の列車のほか、筑前前原駅 - 唐津駅・西唐津駅間の区間列車も運行されている。 が所有する福岡市地下鉄空港線用の車両は姪浜駅 - 筑前前原駅・筑前深江駅間で運行される。 2015年5月25日現在 、姪浜駅が始発・終点となる筑肥線の定期列車は設定されておらず、姪浜駅 - 筑前前原駅間を運行する全列車が地下鉄空港線に直通する。 事故や災害等でダイヤが乱れた場合は姪浜駅で折り返し、地下鉄と筑肥線で運行を分ける場合がある。 平日・土曜休日ともに福岡空港駅 - 唐津駅・西唐津駅間(平日朝の唐津行きは筑前前原駅で乗り換え)に1日5往復の快速列車が運行される。 3月15日に土曜・休日のみの運行で新設された当時は唐津・西唐津行きに「からつライナー」、福岡空港行きに「ふくおかライナー」の愛称が付けられていた。 3月18日の改正からは、平日にも快速の運転が行われるようになり、同時に愛称も廃止された。 平日は筑前前原駅 - 東唐津駅間では途中筑前深江駅・浜崎駅のみに停車し、福岡空港駅 - 姪浜駅 - 筑前前原駅間と東唐津駅 - 唐津駅・西唐津駅間では各駅に停車する。 土曜・休日は姪浜駅 - 東唐津駅間で途中の九大学研都市駅・筑前前原駅・筑前深江駅・浜崎駅のみに停車し、それ以外の区間は各駅に停車する。 3月15日の改正で平日に筑前前原発唐津行きの3両編成の快速列車が1本新設された。 姪浜駅 - 筑前前原駅間は日中15分間隔・ラッシュ時4 - 10分間隔、筑前前原駅 - 唐津駅・西唐津駅間は日中20 - 30分間隔、ラッシュ時10 - 20分間隔である。 福岡空港駅 - 姪浜駅 - 筑前前原駅間で運行される列車はすべて6両編成、筑前前原駅 - 筑前深江駅・唐津駅・西唐津駅間の区間列車は大半が3両編成で運行される。 筑前前原駅で増解結を行い、福岡空港駅 - 姪浜駅 - 筑前前原駅間が6両編成、筑前前原駅 - 筑前深江駅・唐津駅・西唐津駅間が3両編成となる列車もあったが、2014年3月15日の改正で廃止された。 3両編成の列車は筑前前原駅 - 筑前深江駅・唐津駅・西唐津駅間でワンマン運転となるが、車内での運賃収受は行わない。 6両編成の列車は福岡市地下鉄線でのワンマン運転に対応した車両であっても筑肥線内では車掌が乗務する。 福岡市中心部 - 唐津市間の移動では、高速バス「」に比べ運賃・頻度、さらに快速列車以外は所要時間でも大きく見劣りすること、高速バスはリクライニングシート、JRは例外なくロングシートの通勤型といった車内設備の差もあり、近年は劣勢に立たされている [ ]。 山本 - 伊万里間 [ ] 西唐津駅・唐津駅 - - 間の列車が、日中はおおよそ2 - 3時間に1本、朝夕は1時間に1本の間隔で運転されている。 ワンマン運転を実施しており、車内でを発行し運賃収受を行う。 車両は基本的にが1両で運用されているが、が入ることもある。 かつて [ ]はの設定もあった(唐津駅 - 伊万里駅間の途中停車駅は山本駅・・)。 使用車両 [ ] キハとあるのは、特記ないものは電車 現在の車両 [ ] 電車(姪浜 - 唐津間)・気動車(山本 - 伊万里間)とも所属の車両が充当される。 姪浜 - 唐津間 以下の系列の電車はすべて、の設置が対象外とされている。 (3両編成) - 現在は筑前前原 - 西唐津間のみで使用される。 (6両編成) - (平成12年)に運用開始。 - (平成27年)2月5日に運用開始。 合計6編成・36両が投入された。 福岡市地下鉄との直通運転には上記303系及び305系の6両編成が用いられる。 山本 - 伊万里間• - 長崎県内に普通列車としてキハ40系列は乗り入れておらず、この路線が運用の西限である。 - キハ47系と併結可能。 乗り入れ車両 [ ]• ともに姪浜 - 間で運用され、には乗り入れない。 福岡市地下鉄の車両基地であるは当路線のそばにある。 過去の車両 [ ] 国有化前からの車両については「」を参照 キハ58系・35系は姪浜 - 唐津間の電化後も山本 - 伊万里間で運用• 蒸気機関車• ディーゼル機関車• 歴史 [ ] 起源は、私鉄の が - 間に敷設した路線(1935年全通)で、1937年に国有化され 筑肥線となったものである。 その後まで非電化のローカル線であったが、同年3月にと相互直通運転を開始し、地下鉄と並行する博多 - 間の廃止、姪浜 - 唐津・西唐津間の電化、唐津付近で大規模な線路の付け替え(として建設した高架橋を流用)が行われて現在の姿となった(唐津付近の路線変更についての詳細は「」を参照)。 年表 [ ] 北九州鉄道 [ ]• (大正12年) 北九州鉄道が福吉 - 浜崎間を新規開業、福吉・鹿家・浜崎の各駅を新設• (大正13年)• 前原 - 福吉間を延伸開業、前原・加布里・筑前深江の各駅を新設• 一貴山停留場を新設• 浜崎 - 虹の松原間を延伸開業、虹の松原駅を新設• (大正14年)• 姪ノ浜 - 前原間を延伸開業、姪ノ浜・今宿・周船寺・大入の各駅を新設• 新柳町 - 姪浜間を延伸開業、新柳町・鳥飼・西新町の各駅を新設。 虹の松原 - 東唐津間を延伸開業、東唐津駅(初代)を新設(現在の東唐津駅とは位置が異なり松浦橋の近くにあった)• 1925年(大正14年) 南博多 - 新柳町間を延伸開業、南博多駅を新設• (大正15年)• 深江海岸仮停留場を新設• 南博多分岐点 - 博多間を延伸開業、博多駅を新設(国有鉄道として既設)、南博多 - 南博多分岐点間の旅客営業を廃止、南博多駅を一般駅から貨物駅に変更• (昭和3年)• 一貴山を停留場から停車場に変更• 波多江駅を新設• 内燃動力併用認可(を改造した付投入を計画するも頓挫、1930年(昭和5年)より新製ガソリンカー6両を導入)• (昭和4年)• 4月1日 東唐津 - 山本を延伸開業(東唐津駅でしての東岸を通り、山本駅で唐津線に接続)、久里(初代)・山本の各駅を新設(山本は唐津線の駅として既設)• 7月20日 福岡簑島停留場を新設• 南博多分岐点を住吉信号所に変更• (昭和5年)• 上久里停留場を新設• 長垂停留場を新設• (昭和6年) 小笹停留場・愛宕神社前停留場・上高田停留場・東浜崎停留場・鏡停留場(初代)を新設• (昭和7年)• 愛宕神社前を庄に改称• 糸島中学前停留場を新設• (昭和8年) 動力併用認可(気動車に導入。 同年より1936年(昭和11年)までに6両のディーゼルカーを新製、主力車となる。 ディーゼルカー導入は戦前私鉄では異例の試み。 1935年(昭和10年)以降製造の4両にはが設置され、これも戦前の気動車としてはきわめて希な例であった)• (昭和10年) 山本 - 伊万里間を延伸開業、本牟田部停留場・幡随院停留場・西相知駅・佐里温泉停留場・駒鳴停留場・大川野駅・肥前長野駅・松浦駅・金石原停留場・上伊万里駅・伊万里駅を新設(伊万里駅は松浦線の駅として既設)• (昭和11年)• 日 佐里温泉を松浦温泉に改称• 平尾停留場を新設 国有鉄道時代 [ ]• (昭和12年) 北九州鉄道を買収・国有化し 筑肥線 86. 1km とする。 福岡簑島駅を筑前簑島駅に、新柳町駅を筑前高宮駅に、西新町駅を西新駅に、庄駅を筑前庄駅に、姪ノ浜駅を姪浜駅に、糸島中学前駅を浦志駅に、前原駅を筑前前原駅に、深江海岸仮停留場を深江浜仮停車場に、虹の松原駅を虹ノ松原駅に、幡随院駅を肥前久保駅に、松浦温泉駅を佐里駅(初代)に、松浦駅を桃川駅にそれぞれ改称、長垂駅を廃止、南博多 - 住吉信号所間を廃止、(貨)南博多駅を廃止(博多駅構内の荷扱い所となる)• (昭和16年) 平尾・筑前庄・上高田・浦志・深江浜・東浜崎・鏡(初代)・本牟田部(初代)・佐里(初代)の各駅を廃止• (昭和21年) 佐里駅(2代)を新設• (昭和25年) 久里駅(初代)を鏡駅(2代)に、上久里駅を久里駅(2代)に改称• (昭和37年) 博多 - 間を筑肥線・松浦線平戸口駅(現:)経由で運行する「」(くじゅうくしま)を新設• (昭和38年) 博多駅移転により改キロ -0. 7km• (昭和38年) 準急「九十九島」をまで延長(佐世保 - 長崎間は経由)• (昭和41年)• 国鉄の制度改正により「九十九島」がに昇格• 博多 - 佐世保間を筑肥線・松浦線・経由で運行する急行「」運行開始(博多駅 - 伊万里間は「九十九島」に併結)• (昭和42年) 急行「からつ」を廃止• (昭和43年)10月1日 急行「九十九島」を「平戸」(ひらど)に改称• (昭和58年) 鹿児島線の部から長崎線の部に移し起点を伊万里に変更。 伊万里 - 山本 - 唐津 - 姪浜間(75. 7km。 山本 - 唐津間 7. 4km はと重複)となる• 博多 - 姪浜間 11. 7km を廃止、筑前簑島・筑前高宮・小笹・鳥飼・西新の各駅を廃止• 虹ノ松原 - 山本間 10. 4km を廃止、東唐津(初代)・鏡・久里の各駅を廃止• 姪浜 - 浜崎間の貨物営業を廃止• 唐津 - 虹ノ松原間 5. 1km を開業、東唐津(2代)・和多田の各駅を新設• 唐津 - 姪浜間を電化(直流1500V)、福岡市地下鉄と相互直通運転開始、同区間で103系1500番台電車の営業運転を開始• 急行「平戸」の博多 - 山本間を廃止、唐津 - 長崎間の運転に変更• (昭和59年) 唐津 - 浜崎間の貨物営業を廃止• (昭和61年)• 姪浜 - 下山門間を複線化。 下山門駅を新設• 伊万里 - 山本 - 唐津間の貨物営業を廃止 民営化以後 [ ]• (昭和62年)4月1日 国鉄分割民営化にともない九州旅客鉄道が承継 、区間の表示が姪浜 - 唐津間 42. 6km 及び山本 - 伊万里間 25. 7km となり、重複区間は解消• (昭和63年)4月1日 急行「平戸」を廃止• (平成7年) 美咲が丘駅を新設• (平成8年) 下山門 - 筑前前原間の複線化工事に着手。 (平成11年) 今宿 - 周船寺間を複線化• (平成12年) 下山門 - 今宿間・周船寺 - 筑前前原間を複線化。 姪浜 - 唐津間で303系電車の営業運転を開始。 (平成15年) 福岡空港 - 唐津・西唐津間で土曜・休日に快速列車「からつライナー」「ふくおかライナー」を設定 (快速区間は姪浜 - 唐津間)• (平成17年) 九大学研都市駅を新設• (平成19年) 平日にも快速列車設定(快速区間は筑前前原 - 唐津間)、土曜・休日の快速の愛称廃止• (平成22年)3月13日 姪浜 - 唐津間においてを導入。 同時に・・との相互利用も開始• (平成25年)3月23日 ・・・・・とも相互利用開始• (平成26年) 土曜・休日の快速を九大学研都市駅に停車。 (平成27年) 姪浜 - 唐津間で305系電車の営業運転を開始。 (平成28年)12月22日 スマートフォンアプリ「JR九州アプリ」内の列車位置情報システム「どれどれ」運用開始により、姪浜 - 下山門間を除く全線でリアルタイムの列車位置情報が配信開始。 (平成29年) 九大学研都市駅2番のりばにおいて、軽量型ホームドアの実証実験を開始予定。 (平成30年)• の影響により土石流入が発生、鹿家 - 浜崎間では西唐津発福岡空港行き6両編成の列車が土砂崩れに巻き込まれ脱線。 これにより筑前前原 - 唐津間と山本 - 伊万里間が不通となった。 このうち筑前前原 - 唐津間では7月9日よりバス代行輸送を実施。 7月11日 筑前前原 - 唐津間が始発より運転再開。 山本 - 伊万里間のバス代行輸送開始。 7月12日 山本 - 伊万里間で運転再開。 同区間のバス代行輸送は1日で終了した。 姪浜 - 西唐津間にラインカラー・路線記号・駅ナンバリングを制定。 (平成31年)• 九大学研都市駅の軽量型ホームドア実証実験を終了し、同駅の軽量型ホームドアの本格稼働を開始。 これにともない、ホームドアを製造元の・から取得。 を新設。 糸島高校前駅は平日のみ快速列車が停車。 2020年度 下山門 - 筑前前原間でホームドア設置予定。 駅一覧 [ ] 便宜上、本路線の列車が直通する唐津線の区間もあわせて記載する。 当路線の各駅は、制度における「福岡市内」エリアには属さない。 全区間直流電化。 停車駅• 普通…すべての駅に停車• 地下鉄空港線内は全列車各駅停車となる 路線名 駅番号 駅名 営業キロ 快速 接続路線・備考 線路 所在地 駅間 累計 筑肥線 JK 01 - 0. 6 1. 6 5. 3 6. 6 8. 0 10. 2 11. 4 12. 6 14. 3 | | JK 10 1. 1 15. 3 16. 7 | | JK 12 3. 4 20. 2 23. 8 26. 1 30. 2 35. 1 37. 5 | | JK 18 1. 8 39. 6 40. 7 42. 2 44. *:唐津駅 - 西唐津駅間は唐津線 西唐津駅 - 山本駅 - 伊万里駅間 [ ]• 全列車普通列車(すべての駅に停車)• 全駅内に所在• 累計営業キロは山本駅起点 路線名 電化方式 駅名 営業キロ 接続路線 線路 所在地 駅間 累計 唐津線 直流 - 9. 2 7. 7 3. 7 0. 1 5. 1 | 1. 5 6. 6 | 1. 6 8. 2 | 2. 8 11. 0 | 1. 9 12. 4 14. 3 | 3. 1 17. 4 | 2. 3 19. 7 | 4. 4 24. 1 | 1. 6 25. 7 : | 廃止区間 [ ] 博多 - 姪浜間 [ ] 駅名は廃止時点のもの。 西新駅はのとは別。 平尾駅・筑前庄駅は1941年に廃止。 - - - () - - - - (筑前庄駅) - この区間は空港線と引き替えで廃止された。 なお、廃止区間各駅のみならず、姪浜・今宿・周船寺の各駅も制度における「福岡市内」エリアから外れることになったため、地下鉄等の代替交通機関の運賃も併せて負担が増すこととなった。 沿線概況 姪浜駅を博多方面に出発した後線路は南下し、を渡って室見小学校を左に見ながら徐々に左にカーブし、線路はもと通り真東へと進む。 その後高取中学校を右手に金屑川を渡り500mほど進むと見えてくる西新駅は福岡市地下鉄空港線の西新駅よりも南側にあった。 西新駅からさらに東に進んで早良街道と踏切で交差し、鳥飼駅に達する。 鳥飼駅があった場所は現在は城南区役所となっている。 鳥飼駅を出るとの別府大橋の下を斜めにくぐり、次いで樋井川を渡る。 その後右にカーブして住宅街の中を南東に向かい、その後左にカーブして小笹駅に達する。 小笹駅からは山荘通りの北側を並走し、次いで踏切で交差して南側を並走しながら東進した後は高宮通りを踏切で交差し、西鉄平尾駅のすぐ南をアンダークロスで抜けると筑前高宮駅(現在はスーパー「那の川店」など)である。 筑前高宮駅から300mほど小笹駅寄りの位置には1936年1月1日から1941年8月10日まで平尾駅があった。 その後右にカーブしながら日赤通りを踏切にて横断し、次いで左にカーブした後、を渡り筑前簑島駅に至る。 その後直ちにの下をくぐって九州松下電器(現)の北側を左にカーブしながら鹿児島本線に合流し、アンダーパスとなっているを鉄橋で越え、南側(寄り)から博多駅に至る。 廃止区間の現況 現在旧線路のうち、筑前簑島駅から小笹駅の西約700m(笹丘1丁目)の区間と鳥飼駅の東約700m(六本松4丁目)と姪浜駅の区間が道路として整備されたが、筑肥線を跨いでいた国道385号の跨道橋や国道202号()の別府大橋など当時の名残を残す場所がある。 このうち、筑前高宮駅近くの入口交差点から笹丘1丁目までの道路にはというが付けられるとともに、荒江2丁目交差点から室見川筑肥橋までの約2. 2kmの区間には車道とともに「グリーンレールロード」と呼ばれるウォーキングコースが整備された。 また、これ以外の筑前簑島駅付近の旧線路や笹丘1丁目から六本松4丁目の間(「梅光園緑道」と呼ばれる)は遊歩道として整備されている。 ()が博多駅 - 小笹 - 昭代三丁目(旧西新駅)を経てまで、同7番系統が昭代三丁目から姪浜駅南口まで、ほぼ廃線区間と同ルートを結んでいる。 なお、旧筑肥線の鉄橋跡に架設された室見川、那珂川などの道路橋には、蒸気機関車の動輪や煙突などをモチーフにした造形物があしらわれており、かつて鉄道が走っていたことを偲ばせるものとなっている。 虹ノ松原 - 山本間 [ ] 駅名は廃止時点のもの。 東唐津駅は現在の駅とは違っての河口付近にあり、駅となっていた。 - - - - 廃止区間の接続路線 [ ] 特記ないものは1983年の廃止直前時点• 博多駅(地下鉄は未開業)• :(1979年2月11日廃止)• 筑前高宮駅:西日本鉄道:() 輸送実績 [ ] 区間別の平均通過人員()、旅客運輸収入は以下の通り。 日本国有鉄道電気局『鉄道電報略号』、1959年9月17日、24頁。 交通新聞社『JR時刻表』2015年6月号• 交通新聞社 : p. 2001年4月2日• - 九州旅客鉄道、2014年7月31日。 jp鉄道ニュース、2015年2月6日。 (国立国会図書館デジタルコレクション)• (国立国会図書館デジタルコレクション)• (国立国会図書館デジタルコレクション)• (国立国会図書館デジタルコレクション)• (国立国会図書館デジタルコレクション)• (国立国会図書館デジタルコレクション)• (国立国会図書館デジタルコレクション)• (国立国会図書館デジタルコレクション)• (国立国会図書館デジタルコレクション)• (国立国会図書館デジタルコレクション)• 41-42• (国立国会図書館デジタルコレクション)• (国立国会図書館デジタルコレクション)• 88-89• 池田光雅『鉄道総合年表1972-93』中央書院、1993年、pp. 『』第20巻第10号、鉄道ジャーナル社、1986年9月、 115頁。 交通新聞社 : p. 1996年12月5日• 交通新聞社 : p. 2000年1月27日• 「鉄道記録帳2003年3月」『RAIL FAN』第50巻第6号、鉄道友の会、2003年6月1日、 21頁。 プレスリリース , 九州旅客鉄道, 2014年1月31日 , の2014年2月20日時点におけるアーカイブ。 , 2016年12月25日閲覧。 PDF プレスリリース , 九州旅客鉄道, 2017年9月28日 , の2017年9月29日時点におけるアーカイブ。 , 2017年9月30日閲覧。 - NHK NEWSWEB、2018年7月6日• - 九州旅客鉄道、2018年7月9日• - 九州旅客鉄道、2018年7月8日• - 乗りものニュース 2018年7月10日• - 九州旅客鉄道、2018年7月10日• - 九州旅客鉄道、2018年7月11日• 九州旅客鉄道. 2018年9月28日時点のよりアーカイブ。 2018年9月28日閲覧。 九州旅客鉄道 2019年1月25日. 2019年1月27日時点のよりアーカイブ。 2019年1月27日閲覧。 九州旅客鉄道 2018年12月14日. 2018年12月15日時点のよりアーカイブ。 2018年12月15日閲覧。 九州旅客鉄道. 2019年2月7日時点のよりアーカイブ。 2019年2月7日閲覧。 ただしの博多駅 - 姪浜駅間廃止までは、現存する姪浜駅・今宿駅・周船寺駅(下山門駅・九大学研都市駅はその後の開業)を含む博多駅 - 周船寺駅間が福岡市内エリアに属していた。 列車は全て西唐津駅まで乗り入れる。 - 日本経済新聞(2017年7月31日 23:30配信)• 九州旅客鉄道. 2020年2月8日閲覧。 参考文献 [ ] この節で示されている出典について、該当する記述が 具体的にその文献の何ページあるいはどの章節にあるのか、。 ご存知の方はをお願いします。 ( 2019年6月)• 編著『四国・九州ライン - 全線・全駅・全配線』5 長崎・佐賀エリア、、2013年。。 今尾恵介(監修)『 - 全線・全駅・全廃線』12 九州沖縄、、2009年、22,23,24,41,42頁。。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 (1910 - 1928年に、今川橋 - 加布里間にあった軌道)• ・(筑肥線と同様、周辺のJR線と電気的に孤立している直流電化区間)• ・(筑肥線と同様、直通運転を行う地下鉄が開業したため並行する区間が廃止された).

次の

筑肥線とは (チクヒセンとは) [単語記事]

筑肥線

筑肥線は、その名のとうり筑前と肥前をむすび唐津から博多に伸びその後伊万里までの全線が開通し博多伊万里間が筑肥線です。 唐津に育った私には一番馴染み深い身近かな路線です、筑肥線は. 大正7年10月に北九州軽便鉄道(のちに北九州鉄道に社名変更) として発足して大正14年6月に博多までつながりました。 そののち伊万里までつながり筑肥線が完成しました。 北九州鉄道は地元唐津の有力者達の尽力で、幾多の資金難や技術面を克服して工事が完成したことには頭が下がる思いです、そんな苦労の末に完成した北九州鉄道でしたが、明治40年7月の鉄道国有法のため日本国有鉄道に吸収されて、国鉄筑肥線となり、現在はJR九州の筑肥線として電化されて駅の数も増えて多くの人に利用されています。 唐津の人々の尽力で作られた現在の筑肥線ですが、福岡都市圏の拡大で駅の数が増えて福岡近郊の人には便利になったかもしれませんが、唐津の人からすれば所要時間が長くなり逆に不便になり、鉄道よりもバスのほうが早く博多に着けるとゆう事で鉄道離れが進んでいる事は悲しいことです。 大都市の私鉄のように特急とまではいいませんが、急行をたくさん走らせてもらうと唐津までの所要時間も短縮されて利便性も向上し西部の利用者も増えるとおもいます。 そのためには福岡の地下区間も空港・博多・天神のみ止まるようにすれば45分から50分くらいで唐津まで行けるのではと思いますが、福岡市が絶対反対しますね。 上の写真は昭和50年前後の旧東唐津駅です。 現唐津ロイヤルホテルの場所に駅と気動車区があり唐津の代表駅でみどりの窓口もありました。 北九州鉄道時代に川幅の広い松浦川を渡す資金と技術的に困難なために東唐津 満島)に駅が作られました。 (唐津線の唐津駅とはつながっていませんでした) 私の父は、この筑肥線や唐津線の機関士として長く蒸気機関車そして気動車の運転をしてきましたので特に思い入れの深い路線です。 朝夕のラッシュ時や海水浴シーズン等は乗客が多くて編成も8両に及ぶ事もあったそうでホームに丁度良い位置にピタリと止めるのは難しかったそうです、乗客の多少や天候及び車両の長さなど微妙に変化するからだそうです。 博多近郊では乗客も多くなり乗り降りに時間がかかり定時運行も大変だったようです、現在のように列車本数も多くなくて40分から1時間に1本程度の運行では相当の混雑ぶりが想像できます、まだまだマイカーも普及していない時代ですからね。 上左 旧東唐津駅舎です、駅前には客待ちのタクシーがたくさん止まっています昭和タクシーか観光タクシーのようですね。 博多に行くには、市内バスかタクシーを利用して東唐津駅まで行き列車に乗り換えるしかなかったです。 上右 駅舎に入ると真っ直ぐに伸びるホームガありました1面2線で左側が博多行きで右側が伊万里行きが発着していたように思います。 ホーム左側には東唐津気動車区があり点検修理が行われていたり、たくさんの気動車のねぐらとなっていました。 下左 筑肥線で活躍した気動車で写真右側はキハ58系(急行平戸)左側にキハ35系が連結されています、東唐津区には急行型のキハ58系は配置されていませんでしたが、輸送力の不足の為、他区の急行型を増結して補っていたのでしょうか?もうこの当時から福岡近郊のラッシュは大変なものがあったようで、単線では本数が増やせずその為1編成の数を増やして対応していたのではないでしょうか。 下右 旧東唐津駅の上空写真です。 (現ロイヤルホテルの場所になります) 左に松浦川が流れていて行き止まり式の駅である事がわかります、博多からの列車はここで進行方向が逆になり伊万里方面に向かっていました。 昭和50年頃になると福岡都市圏の拡大で福岡近郊の朝夕のラッシュは慢性化し筑肥線の輸送力不足が、顕著となり小手先の手法では解決できなくなってきていました、また福岡市内では自家用車の普及もあり西鉄の路面電車が交通渋滞の原因の一つとなっており市営地下鉄の構想が浮かんでいて国鉄と福岡市両者の利害が一致したのでしょうか、福岡市営地下鉄に国鉄が全面的に協力する形で相互乗り入れが実現して現在の空港線ができることになりました。 当時の国鉄は巨額の債務があり筑肥線に投資ができずにいました。 本来ならば利用者の多い路線 幹線)でもあるので複線電化して市街地は高架化して博多に乗り入れるのが理想的なはずなのですが、無い袖は振れないという事で、単線で気動車が一時間に一本程度の本数しかなく市街地では踏切も多くありこちらも交通渋滞の原因になっていました、そこで国鉄は姪浜博多間を廃止して姪浜から地下鉄に乗り入れて博多に至るという選択をしました。 唐津側でも市の中心部から離れた東唐津駅からでないと列車で博多に向かうことはできず鉄道の近代化が待望されていましたそこで東唐津山本間を廃止して虹ノ松原駅の先から高架化して建設中止となった呼子線の橋梁を利用して松浦川を渡り唐津線唐津駅に乗り入れることになりました。 東唐津気動車区も廃止されて唐津線の終点の西唐津駅にあった西唐津機関区と統合されて唐津運転区ができました。 ここで筑肥線の電車と唐津線筑肥線の気動車の車両基地ができました。 筑肥線の唐津以西の山本伊万里間は非電化のまま残され気動車で運用されています。 上の写真は電化時に投入された103系1500番台の車両で、東京大阪以外では初めて54両が新製投入されましたが国鉄の財政事情と列車密度の関係で一世代前の抵抗制御車となりましが、アコモデーションは203系に準じた仕様となったようです。 結構いい歳の女性が最新のファッションで着飾ったようなものでしょうか、対する福岡市営地下鉄車両は、金に糸目はつけないから日本一の車両にしたいといった感じで国鉄の全面協力のもと当時の理想に近い車両が出来上がりました。 福岡市は今まで市営のバスもなければ、鉄道設計や運営などしたことはなくすべてにおいて国鉄まかせでした、そこで国鉄は自分たちの理想に近い鉄道設備を設計しましたので現在でも福岡の地下鉄は、さほど古さを感じません。 つまり福岡の地下鉄は国鉄なしにはできなかったでしょう。 そんなこんなで市営車両と比べられるとかわいそうな103系ではありましたが、順次新型の305系に置き変えられるようです。 けれども、それまでの冷房もない気動車から新型の電車に変わるときいて寂しさもありましたがなんとなく嬉しかったですね。 前原唐津間ではもうしばらくは短編成の103系は見られるようですが、新製投入時のライトブルーにクリームの帯のカラーリングが復活してほしいと思うのは私だけでしょうか、いやたくさんみえるのではないでしょうか、筑肥線には この色が一番合っています。

次の