消化 器。 消化器

新型コロナウイルス感染症(COVID

消化 器

, Inc. , Kenilworth, N. , U. Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。 病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。 私たちのコミットメントの詳細は、をご覧ください。 必ずお読みください:本マニュアルの執筆者、レビュアー、編集者は、記載されている治療法、薬剤、診療に関する考察が正確であること、また公開時に一般的とされる基準に準拠していることを入念に確認する作業を実施しています。 しかしながら、その後の研究や臨床経験の蓄積による日々の情報変化、専門家の間の一定の見解の相違、個々の臨床における状況の違い、または膨大な文章の作成時における人為的ミスの可能性等により、他の情報源による医学情報と本マニュアルの情報が異なることがあります。 本マニュアルの情報は専門家としての助言を意図したものではなく、医師、薬剤師、その他の医療従事者への相談に代わるものではありません。 ご利用の皆様は、本マニュアルの情報を理由に専門家の医学的な助言を軽視したり、助言の入手を遅らせたりすることがないようご注意ください。 本マニュアルの内容は米国の医療行為や情報を反映しています。 米国以外の国では、臨床ガイドライン、診療基準、専門家の意見が異なる場合もありますので、ご利用の際にはご自身の国の医療情報源も併せて参照されるようお願い致します。 また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。

次の

新型コロナウイルス感染症(COVID

消化 器

01 2012年9月1日 消化器NOW 2012年 No. 57(6月20日発行) | No. 56(3月20日発行) | 2011年 No. 55(12月20日発行) | No. 54(9月20日発行) | No. 53(6月20日発行) | No. 52(3月20日発行) | 2010年 No. 51(12月20日発行) | No. 50(9月20日発行) | No. 49(6月21日発行) | No. 48(3月19日発行) | 2009年 No. 47(12月21日発行) | No. 46(9月20日発行) | No. 45(6月20日発行) | No. 44(3月20日発行) | 2008年 No. 43(12月20日発行) | No. 42(9月20日発行) | No. 41(6月20日発行) | No. 40(3月20日発行) | 2007年 No. 39(12月20日発行) | No. 38(9月20日発行) | No. 37(6月20日発行) | No. 36(3月20日発行) | 2006年 No. 35(12月20日発行) | No. 34(9月20日発行) | No. 33(6月20日発行) | No. 32(3月20日発行) | 2005年 No. 31(12月20日発行) | No. 30(9月20日発行) | No. 29(6月20日発行) | No. 28(3月20日発行) | 2004年 No. 27(12月20日発行) | No. 26(9月20日発行) | No. 25(6月20日発行) | No. 24(3月20日発行) | 2003年 No. 23(12月20日発行) | No. 22(9月20日発行) | No. 21(6月20日発行) | No. 20(3月20日発行) | 2002年 No. 19(12月20日発行) | No. 18(9月20日発行) | No. 17(6月20日発行) | No. 16(3月20日発行) | 2001年 No. 15(12月20日発行) | No. 14(9月20日発行) | No. 13(6月20日発行) | No. 12(3月20日発行) | 2000年 No. 11(12月20日発行) | No. 10(9月20日発行) | No. 9(6月20日発行) | No. 8(3月20日発行) | 1999年 No. 7(12月20日発行) | No. 6(9月20日発行) | No. 5(6月20日発行) | No. 4(3月20日発行) | 1998年 No. 3(12月20日発行) | No. 2(9月20日発行) | No. 1(6月20日発行) |.

次の

新型コロナウイルス感染症(COVID

消化 器

消化器(胃や腸など)による消化の働きと栄養吸収 消化とは、食物を食べたとき、その中に含まれている種々の栄養を体内に吸収できるものまで分解することです。 そして、いらないものを肛門から体の外に糞便として排出することも消化です。 これは、吸収することができる形に、より小さなコンポーネントに食べ物を分解する機械的および化学的です。 消化は異化の一形態であります。 哺乳類では、食べ物が口に入ると、唾液腺からの唾液中の化学物質と化学処理の開始と、歯で噛んだりしている。 それは酸が最も汚染微生物を殺すの両方胃、中に食道の下に移動し、開始メカニカルいくつかの食品(タンパク質の例:変性)、およびいくつかの化学変化を分解。 いくつかの時間(通常はヒトの1〜2時間、イヌで4-6時間、家の猫でやや短い期間)の後、結果は、大腸を通じて、小腸を通過し、排便中に排泄される事を言います。 消化器の構造 消化器は、食物を体内に摂取し、貯蔵と消化、消化された食物からの栄養素の吸収、不消化物の排泄、およびそれらを行うための運搬、といった働きを担う器官の集まりをいいます。 消化器における主要な器官は、口腔、消毒、胃、小腸、大腸、直腸などからなる消化管とこれらの働きをコントロールする消化腺や付属腺、さらに歯や肝臓などの付属器も含まています。 消化器系には、口腔、咽頭、食道、胃、小腸(十二指腸、空腸、回腸)、大腸(盲腸、結腸)、直腸、肛門にいたる消化管からなります。 消化液とは、消化を円滑に行う為に消化管からは、消化液を分泌しています。 唾液(唾液腺)、胃液(胃腺)、膵液(膵臓)、胆汁(肝臓)、腸液(腸線)などがあります。 口から食道:食物を取り入れ、咀嚼運動によって小さく砕いて唾液と混ぜ、デンプンを分解します。 よくかまないと消化が悪くなります。 胃:食物を一時貯蔵し、蠕動運動によって胃液と混ぜ、粥状に消化します。 また、たんぱく質を分解します。 なお、胃液は強酸性ですが、胃の粘膜は粘液によって保護されています。 粘液が減ると胃炎や胃潰瘍ができやすくなります。 胃:食物を一時貯蔵し、蠕動運動によって胃液と混ぜ、粥状に消化します。 また、たんぱく質を分解します。 なお、胃液は強酸性ですが、胃の粘膜は粘液によって保護されています。 粘液が減ると胃炎や胃潰瘍ができやすくなります。 膵臓:消化液のすい液をつくり分泌するほか血糖をコントロールするホルモンを分泌します。 肝臓:小腸で吸収された栄養素を、全身へ送り出したり、一時貯蔵したりします。 また、胆汁をつくったり、さらに、人体にとって有害な物質の解毒作用も行います。 小腸・十二指腸:十二指腸は、肝臓からの胆汁、すい臓からのすい液などの消化液がここに分泌され、食物を消化し、食物中の雑菌の殺菌をします。 小腸は、食物を消化し、栄養素を吸収します。 大腸:消化吸収できなかった食物の水分を吸収し、固形状の便を形成します。 また、大腸に住む腸内細菌(腸内環境乳酸菌・ビフィズス菌など)は食物繊維を一部分解し、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンKを合成し、一部吸収されます。 定期的に排便しないと便が硬くなり便秘の原因となります。 肛門:大腸の出口である直腸に一定量溜まった便の刺激により、便を排泄します。 二種類の消化「機械的消化」と「化学的消化」 機械的消化とは 口内における咀嚼、胃腸での蠕(ぜん)動運動などで、食物を砕いて消化液と混合、かくはんし、化学的消化を受けやすくします。 この消化運動には交感神経と副交感神経によって支配されています。 食物を細かく砕き、これに消化液を混ぜ、次第に下方の消化管に移動させることです。 左の動画は、小腸の動きです。 食道、胃を通ってきた食べ物が、小腸でさらに細かくなり、栄養分が吸収され、大腸に送られます。 機械的消化の方法には、蠕動運動分節運動振り子運動の3つがあります。 右の運動は、3つの動きがまじりあったものです。 化学的消化 消化作用の主役的機能で、消化液中、小腸粘膜にある消化酵素による加水分解作用のことをいいます。 (加水分解作用とは、水と混ざりにくい物質が、酸やアルカリなどで分解され、水と混ざりやすく変化することをいいます。 )消化酵素によって、食べ物のでんぷん、脂質、蛋白質が、小腸で吸収しやすい小さなものにそれぞれ分解されます。 消化酵素として、アミラーゼ、ペプシン、マルターゼ、リパーゼ、トリプシノーゲン、サッカラーゼ、ラクターゼ、エレプシンなどがあります。 消化器官と消化酵素の一覧 取した飲食物は、口から肛門にいたる全長8~10m(身長の5~6倍)ほどの筋肉からなる長い1本の消化管の中を通過しながら消化されて、栄養分が吸収されます。 消化管の中には、1日に約8リットルもの大量もの消化液が分泌される。 消化・吸収に要する時間、すなわち飲食物を摂取してから排泄されるまでの時間は24時間から72時間となっている。 この通過時間は滞胃時間に依存をし、脂肪が多いと時間は長くなる。 消化管の内側から粘膜、筋層、漿膜(外膜)に分けられる。 粘膜層は、消化液、粘液を分泌する腺が多く存在している。 常にぬるぬるとして潤っており、食物が通過しやすく、固形物が消化管を傷をつけない構造となっている。 消化管のいたる部分に消化液を分泌する分泌腺がみられるが、食道には消化液の分泌腺はみられない。 一方、消化壁の構造 筋層は、消化管の運動を受けもつ。 筋肉の壁の内側には自律神経系が走り、消化液の分泌や消化運動をコントロールしている。 胃の筋層は消化管の中でも一番発達をしている。 消化の仕組みと消化器における消化のメカニズム 食べものは、口から入り食道を通胃の中で強い酸性の胃液とよく混合されます。 胃の中で食べものはドロドロに溶かされ、その後十二指腸に移動します。 十二指腸では消化液と混ざります。 その一つは胆汁で、胆汁は肝臓で作られた後、一時的に胆のうに蓄えられ、胃の動きが活発になるとその刺激が胆のうに伝わり、胆汁が一気に十二指腸へ流れ込みます。 また、胆汁はアルカリ性なので、十二指腸で胃酸を中和する作用を持っています。 胃の裏側にある膵臓からは消化酵素が分泌されます。 消化酵素は食べものをブドウ糖やアミノ酸と言った栄養素に分解します。 ヒトの体の消化管は、様々な臓器から成り立っており、その各臓器の働きは違っています。 口から入れた食事を効率よく分解して吸収するために物理的な消化と化学的な消化を行います。 これは、他の動植物のタンパク質などの高分子化合物がもつ生物の種特性をなくすことでもある。 ヒトが異種のタンパク質などそのまま取り入れてもアレルギーを起こす。 これを無くす為にも一度、消化管で細かな単位に分解しヒトの体の中へ取り入れられる形に変えてから吸収をしています。

次の