山村浩 海上幕僚長。 海上幕僚監部

「イージス艦に代わる装備必要」地上配備型の計画停止で海幕長

山村浩 海上幕僚長

略歴 [編集 ] 1984年(昭和59年)3月、(第28期)を卒業後、に入隊。 護衛艦「」艦長、司令、司令官、海幕副長等を歴任し、(平成31年)3月19日の閣議において、4月1日付をもって第34代海上幕僚長に任命する旨の人事が了承・発令された。 年譜 [編集 ]• (59年)3月:防衛大学校第28期(電気工学)卒業、海上自衛隊入隊• (10年)7月:に昇任• (平成11年)8月:「」船務長兼副長• (平成12年)8月28日:護衛艦「」艦長• (平成13年)8月10日:人事教育部人事計画課• (平成15年)1月1日:に昇任• (平成16年)8月30日:海上幕僚監部防衛部防衛課編成班長• (平成18年)8月21日:海上幕僚監部人事教育部人事計画課人事計画調整官兼企画班長• (平成19年)7月3日:海上幕僚監部防衛部防衛課長• (平成21年)• 7月21日:に昇任• 12月7日:司令• (平成23年)4月27日:海上幕僚監部総務部副部長• (平成24年)3月30日:司令部幕僚長• (平成25年)8月22日:防衛計画部長• (平成27年)8月4日:に昇任、第37代 に就任• (平成28年)12月22日:第40代 に就任• (平成31年)4月1日:第34代 海上幕僚長に就任 脚注 [編集 ] [].

次の

ミサイル防衛、振り出しに=敵基地攻撃力求める声も―陸上イージス

山村浩 海上幕僚長

写真 記者会見する山村浩海上幕僚長=16日午後、防衛省 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画停止を受け、防衛省はミサイル防衛の代替案検討を急ぐ。 ただ、妙案は得られそうになく、ミサイル防衛構想は振り出しに戻った形だ。 北朝鮮の脅威に変化がない中、自民党からは16日、ミサイル基地を攻撃する「敵基地攻撃能力」の保有を求める声が上がった。 「陸上イージスのような、イージス艦に代わるものの導入は引き続き要望したい」。 山村浩海上幕僚長は16日の記者会見でこう語った。 海上自衛隊トップが河野太郎防衛相の停止表明の翌日に導入の必要性を訴えたもので、安倍政権に振り回される苦悩がにじんだ。 防衛省は当面、イージス艦によるミサイル警戒を続けるとしているが、海上で24時間365日監視を続けるのは隊員の負担が大きく、気象条件で活動も制限される。 防衛省はイージス艦の新造も検討するとしているが、増やせば別の護衛艦の乗組員を移す必要があり、東シナ海などでの警戒任務に支障が出る。 1隻約300人のイージス艦の乗組員には「米国留学など特殊な教育が必要」(海自幹部)とされる。 育成に5年程度かかるため、即戦力の増員も期待できない。 計画停止は、ミサイルに推進力を持たせるブースターが住宅地に落下する危険性を排除できないことが要因。 このため同省は秋田、山口両県以外で住民に被害が及ばない代替地を探すことも検討する。 ただ同省への信頼は失墜し、「受け入れ先を探すのは困難」(陸自幹部)との見方が強い。 一方、自民党内では今回の判断について「抜本的に抑止力を見直す機会になる」との見方もある。 16日の党会合では「敵基地攻撃能力を持つべきだ」との意見が防衛相経験者らから相次いだ。 菅義偉官房長官は同日の会見で、敵基地攻撃能力の保有の可能性を否定。 河野氏は会見で明確な回答を避け、陸上イージスに代わる防空政策は「今後の議論」「まだ白紙」と繰り返した。

次の

自衛隊の海外活動にも影響…護衛艦は寄港しても隊員下船できず : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン

山村浩 海上幕僚長

海上幕僚長に就任した山村浩氏(左/海上自衛隊HPより) やはり、落ち着くべきところに落ち着いたといったところか。 3月19日、自衛隊高級幹部人事の交代が発表された。 制服組トップの統合幕僚長には山崎幸二陸上幕僚長が、 海上幕僚長には山村浩海上幕僚副長がそれぞれ就くこととなった。 発令は4月1日付。 いずれも、2018年4月22日付当サイト記事において予想した範囲内の人事である。 この人事をめぐって制服組自衛官、なかでも海上自衛隊内部では安堵ともいえる空気感に包まれているという。 艦艇畑の2佐は、その様子を次のように語った。 「切れ者として知られ、次期海幕長の有力候補だった 山下万喜(かずき)海将が勇退することになり、平成も終わり、次の時代の海自のリーダー像がはっきりした感があります」 ここ数年来、海自内外においては、新海幕長には海自現場部門のトップである自衛艦隊司令官だった山下元海将が最右翼といわれてきた。 だが、結果はそうならなかった。 今回は、そんな新海幕長人事の舞台裏に迫ってみたい。 とりわけ海自は、その色合いが濃い。 人事は霞が関の中央官庁と同じく、「この椅子に座れば、次はこの椅子」と、遠い将来の人事がほの見えてくるところがある。 次期海幕長の椅子を射程圏内とする、これらの重要ポストのなかでも「格上」とされる2つの職、自衛艦隊司令官と佐世保地方総監を務めたのが山下元海将だった。 若い頃から「海自のホープ」と音に聞こえた俊秀ぶりから、海自内外では誰もが「いずれは山下海幕長の誕生」を信じて疑わなかったという。 「あまりにも輝いているので、同年代の人材が全員霞んでみえた」 東京・市ヶ谷の防衛省近く。 若手幹部時代から、「まだまだ組織から試されている立場」である1佐になってすぐの頃の山下元海将は、頭脳明晰で桁外れな行動力を持ち、将来、国防の重責を担う部下や後輩幹部自衛官には熱く丁寧な指導を施し、下士官(曹士自衛官)にも気配りを忘れなかった。 そのため、上司はもちろん部下や後輩からも、まさに非の打ちどころのないナイスガイとして音に聞こえた「名士」だったという。 そうした呼び声もあってか、山下元海将の海幕長就任は「遅かれ早かれ実現する」という見方が衆目の一致するところだった。

次の