フラーム。 フェイシャルトリートメント

オーディションに受かってフラームに所属できる倍率は?

フラーム

フラーム(FLaMme)の会社情報 フラーム(FLaMme)に所属している有名人 広末涼子、山口紗弥加、西山繭子、紺野まひる、戸田恵梨香、徳永えり、福田麻由子、吉瀬美智子、藤村聖子、有村架純、小篠恵奈、野村麻純、山口まゆ、花坂椎南、松本穂香、柴田柚菜、唐田えりか、小野莉奈、田畑志真、他 フラーム(FLaMme)の所在地 有限会社フラーム 〒107-0062 東京都港区南青山1-15-18 リーラ乃木坂1101 フラーム(FLaMme)の紹介 フラーム(FLaMme)は東京都港区に所在する日本の芸能事務所で、女性タレントを専門にマネージメントしている。 広末涼子がかつて所属していたフロス(芸映系)で当時から彼女のマネージャーを務めていた井上義久(同姓同名の衆議院議員とは別人)が独立して、1998年に設立した。 2008年7月1日、今までの公式PCサイトとは別に、公式mobileサイトを開設。 タレントの活動情報などの情報を随時更新している。 (ウィキペディアより) フラーム(FLaMme)のオーディション情報 フラームでは、随時タレント募集を行っております。 特に、ドラマ・映画・CMで活躍したい10代の女性を求めています。 経験は問いません。 目に輝きがあり、明るくフレッシュな女性のご応募をお待ちしております。 書類審査に通過された方のみ、1ヶ月以内に郵送、または電話にてご連絡いたします。 合否に関するお問い合わせには、一切お答えできません。 演技審査は3~5名一組で短いシーンを演じて貰います。 課題は事前にお送りしますので覚えて来て下さい。 どの役を演じて貰うかは当日に発表します。 カメラテストはプロのカメラマンさんに写真を撮って貰います。 写真に写った姿と撮られている時の対応力を見ています。 フラーム(FLaMme)のオーディション関連Q&A Q:どんな履歴書で応募すればよいですか? A:どんな書式でも構いません。 オーディションサイトや雑誌に付属のものでも、市販のものでも大丈夫です。 自分で作成したオリジナルのものでも大丈夫です。 Q:書類に書く必須事項はなんですか? A:名前・住所・連絡先(自宅・携帯)・学歴・身長・体重・3サイズ・経験者なら芸歴・自己PRなどお書きください。 それ以外でも書きたいことは自由に書いて頂いて結構です。 Q:どんな人を求めていますか? A:容姿だけで無く、内面からも出てくる魅力にあふれた子。 裏表が無く、また会ってみたいと思わせる子。 人を自然に笑顔にする子。 何事にも一生懸命に打ち込んでくれる子。 こんな子を求めています。 Q:何度でも応募は可能でしょうか? A:基本的に何度でも応募は可能です。 ただし、同じ写真や履歴書で送られても結果は同じだと思いますので、写真を撮り直すとか何か変えた方が良いと思います。 Q:合否の連絡はどのように来ますか? A:書類審査が通過した方のみに電話連絡をさせて頂いております。 申し訳ありませんが応募数が多いため不通過の方には連絡はいきません。 ご了承を頂けますようお願いいたします。 Q:どのくらいで結果は出ますか? A:時期にもよりますが合格者には2週間前後で電話連絡させて頂いております。 ただ、応募が多い時期はもう少しお時間を頂いております。 その場合は一ヶ月以内での連絡とさせて頂いております。

次の

「フラーム」に関するQ&A

フラーム

国内リーグ戦に限る。 2017年5月21日現在。 ( ) フィリップ・ラーム( Philipp Lahm, ドイツ語発音: , - )は、・出身の元。 ポジションは、。 左右のサイドバックと守備的MFをこなす。 とではを務めていた。 クラブ経歴 [ ] 初期の経歴 [ ] 地元ミュンヘンにあるGernというジュニアチームでプレーしていた時にスカウトを受け 、11歳での下部組織に入団した。 少年時代から将来が期待されており、下部組織で彼を指導したHermann Hummels(の父親)は「もしラームがプロになれなかったら、誰もプロにはなれないだろう」と語っている。 A-juniorの年代の全国選手権では2度の優勝を経験し、2度目はキャプテンとしてチームをまとめた。 17歳だった2001年にはアマチュアのセカンドチームに昇格し、当時の監督だったHermann Gerlandは彼が指導した中で最高の才能を持った選手であるとみなし 、2002-03シーズンにはラームをキャプテンに指名した。 ジュニアチームやセカンドチームでは主に守備的ミッドフィールダー、右サイドハーフ、右サイドバックなどでプレーしている。 2002-03シーズン途中に出場(戦)を果たしているが、当時のトップチームの右サイドバックにはのがおり、左サイドバックにはやはりフランス代表のがいた。 さらに、中盤にも実力者が揃っていたため、2003-04シーズンと2004-05シーズンはにレンタル移籍した。 VfBシュトゥットガルト [ ] 2003-04シーズン開幕戦の戦の76分にとの交代で途中出場し、(1部)デビューを果たした。 当初は右サイドバックののバックアップと見られていたが、監督はラームを左サイドバックで試し、のからポジションを奪った。 4節に初めて左サイドバックとして出場し、6節の戦で初めてフル出場し、その後はレギュラーとしての地位を確立した。 2003年9月29日の戦で同大会初スタメンとなった。 2003-04シーズンはリーグ戦31試合・UEFAチャンピオンズリーグ7試合に出場し、ドイツ最優秀選手投票で2位にランクインした。 に参加したために2004年夏のプレシーズンは短くなり、新監督の戦術やシステムに適応するのに時間を要した。 しかし、ウィンターブレーク前にリーグ戦16試合に出場し、そのうちの14試合はフル出場であり、それに加えてには6試合に出場した。 2005年1月には右足を疲労骨折し、4ヶ月の間は試合に出場できなかったが、4月9日の戦で復帰した。 そのわずか5週間後には同じ右足の十字靱帯断裂の重傷を負い、一足早くシーズンを終えた。 バイエルン・ミュンヘン [ ] バイエルンでプレーするラーム 2005年7月にバイエルン・ミュンヘンに復帰したが 、その後の数ヶ月はリハビリに費やした。 11月下旬にアマチュアチームの試合に出場して負傷から復帰し、同月の戦でトップチームにも復帰した。 2005-06シーズンはリーグ戦20試合・UEFAチャンピオンズリーグ3試合に出場し、リザラスとポジション争いを繰り広げた。 2006-07シーズンはリーグ戦全34試合・UEFAチャンピオンズリーグ9試合に出場した。 左サイドバックとしてプレーできたのが彼しかおらず、最悪のシーズンを過ごしたバイエルンで堅実なプレーを見せたため、途中出場に終わったのはわずか2試合だった。 2007年夏にドイツ代表左サイドバックのが加入したため、2007-08シーズンはラームは再び右サイドバックに戻ると、前シーズンに右サイドバックのレギュラーだったサニョルに取って代わった。 シーズン終盤にはヤンセンが負傷したため、再び左サイドバックに移ったが、2008年中も本職の右サイドバックでのプレー願望を隠さなかった。 このシーズン中には、シーズン終了後になどに移籍するのではないかという噂が駆け巡り、実際に契約寸前まで至ったと考えられている。 しかし、2008年5月16日にクラブと新契約を結び、契約は2012年6月まで延長された。 2009-10シーズンは新監督の下で、右サイドバックとして好プレーを見せた。 序盤戦では問題もあったが、中盤戦以降では右ウイングのと素晴らしい連携を見せ、1得点12アシストを記録する活躍を見せた。 ファン・ハール監督により副キャプテンに指名され、シーズン中は1回戦以外の公式戦全てにフル出場した。 2011年1月にキャプテンのがに移籍したため、キャプテンの仕事を引き継いだ。 2011年3月12日のブンデスリーガ第26節のハンブルガーSV戦で、バイエルン・ミュンヘンでの100戦連続スタメン出場を果たした。 2014年10月18日ブレーメンとのリーグ戦では、プロ初の1試合2ゴールを決めた。 2015-16シーズンになると従来のサイドバックとインサイドハーフ、アンカーと試合によってさまざまポジションをこなし、リーグ優勝に貢献。 2016年2月のユベントス戦でチャンピオンズリーグ出場100試合に到達した。 2017年2月4日シャルケ戦でバイエルンでの500試合出場に到達した。 3日後のDFBポカール・3回戦の戦で、2016-17シーズンをもって現役を引退することを発表した。 現役最後の試合、2017年5月20日ブンデスリーガ最終節のフライブルグ戦では先発出場、87分にスタンディングオベーションを受け、ピッチを後にした。 代表経歴 [ ] 世代別ドイツ代表 [ ] 世代別のドイツ代表に初めて選ばれたのはU-19チームが最初である。 2002年にはに参加して全試合に出場し、決勝のU-19イングランド代表戦(3-3、PK戦で敗戦)では2-3から同点に追い付く重要な得点を挙げている。 2004-2006 [ ] U-20ドイツ代表やU-21ドイツ代表でも何試合かに出場した後、2004年2月18日の戦(2-1)で先発フル出場し、デビューを果たした。 20歳と3ヶ月であり、紙によってマン・オブ・ザ・マッチに選ばれている。 4月28日のとの親善試合で代表初得点を挙げた。 ポルトガルで開催されたにも出場し、グループリーグ3試合すべてにフル出場している。 チームはグループリーグ敗退となったが、ラームのプレーは代表唯一の明るい材料とみなされた。 2005年1月から2006年3月にかけては十字靱帯断裂の重傷でリハビリ生活を続けていたため、1年以上も代表から遠ざかった。 そのために出場を逃したが、リーグ戦に復帰するとすぐに代表にも復帰し、レギュラーに返り咲いた。 前の親善試合で左肘を負傷したが、特製のアームガードを装着して本大会に臨んだ。 監督はそれでもラームを左サイドバックのレギュラーと考え、初戦の戦では右足からのミドルシュートで右のサイドネットを揺らし、戦でもマン・オブ・ザ・マッチに選ばれる活躍を見せた。 チームの全7試合にフル出場したドイツ代表で唯一の選手であり、大会のオールスターチームに選ばれた。 2006-2008 [ ] でも全試合でスタメン出場し、決勝で負傷交代した以外は90分間出場した。 大会開始時は右サイドバックとして起用されたが、ヤンセンの不調によりグループリーグ2試合目の途中から左サイドバックに移っている。 準決勝の戦では自身のミスから失点を許すも、90分に代表通算3得点目となる決勝点を挙げ、1得点1アシストの活躍でチームを決勝に導いた。 この得点を「これまでのキャリアの中で最も重要なゴール」と表現し、彼自身はそれに値するとは思っていなかったようだが、試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。 決勝の戦(0-1)にも出場したが、33分にラームとGKの連携不足からにスルーパスを通され、に先制点を許した。 この得点が結果的に決勝点となり、スペインに敗れて準優勝に終わった。 大会後にはUEFA選定の大会優秀選手に選ばれている。 2008-2010 [ ] でもラームは皆勤したが、全試合にフル出場したのはドイツ代表で彼しかいない。 本大会前にはのが負傷離脱し、ラームがその代役に選ばれた。 グループリーグ初戦の戦で初めて腕章を着けてプレーし、FIFAワールドカップに臨むドイツ代表の歴代最年少キャプテンとなった。 2010-2014 [ ] ドイツ代表でプレーするラーム(2011年) 2013年のワールドカップ予選オーストリア戦で代表100試合出場を達成した。 でもキャプテンを務め、決勝までの全7試合にフル出場した。 当初はクラブ同様アンカーでの起用だったが、準々決勝の戦以降は右サイドバックとしてプレーし、チームの優勝に貢献した。 大会後に代表引退を表明した。 引退後 [ ] 現役引退後の12月8日、ドイツ代表の名誉キャプテンに選出された。 選出は男性で6人目、男女合わせて8人目となった 評価 [ ] 2006年にはの候補に初めてノミネートされ、2007年も連続でノミネートされた。 に出場したドイツ代表からは2006年の候補にバラック、、レーマンなどもノミネートされたが、結局はのが表彰された。 同年のには左サイドバックとして選出され、2007年にはわずかの得票率の差でに受賞を譲ったが、2008年には左サイドバックとして再びUEFAチーム・オブ・ザ・イヤーに選出された。 UEFAチーム・オブ・ザ・イヤーには過去5回選出されており、2016年に発表されたUEFAアルティメット・チーム・オブ・ザ・イヤーにも選出された。 人物 [ ] 慈善事業に熱心なことで知られており、2007年6月にはとともに南アフリカを訪れ、の事前イベントに参加することが FIFA から発表された。 負傷のためにハーグリーブスは参加できなかったが、ラームとドイツ代表のチームメイトのは南アフリカを訪れ、2010 FIFAワールドカップの主催者を訪問するだけでなく、地元のSOS子供の村 SOS Children's Village を訪れてエイズ撲滅運動に参加した。 恵まれない子供たちのためのフィリップ・ラーム基金を設立しており、またSOS子供の村の大使を務めている。 それに加え、2007年から3年連続での大使も務めた。 また、麻薬撲滅キャンペーンや児童虐待反対運動などにも参加している。 また2008年9月にサッカーにおいての不寛容とホモフォビア反対にたいする特段の貢献によりTolerantia-Preisを受賞した。 彼は「 サッカーにおいて同性愛者であることがタブーになっていることは気の毒」といい「チームメイトがそうであっても問題はない」と公言している。 しかし、彼は、それによって蒙るであろう苦しみを考え、を薦めない。 これはゲイであることを公言してから2年後に自殺した の悲劇を念頭に置いたものである。 2014年にが同性愛者であることを告白したときにインタビューを受けた時は「彼は少数者のために尽くすだろう」とコメントした。 2009年11月8日にはクラブが関与していないインタビューで移籍願望を明らかにし、クラブ史上最高額(2万5000ユーロ以上と推測されている)の罰金処分を受けるとともに、モチベーションの欠如や戦術理解度などを批判された。 地元のみならずファンやメディアの間で様々な反応が起こり、願望は彼の胸にしまっておくべきという批判をする者もいれば、その逆に移籍願望を公言した彼の正直さを称える者もいた。 クラブの上層部から罰金処分と強い批判を受けたが、そのまま元通りにレギュラーとしてプレーしている。 過去に自分の熱狂的なファンが住所を調べ上げ、待ち伏せにあったことから、プライバシーの管理は厳重で、2010年に無名時代から交際してきたいまの夫人と3位決定戦の4日後の2010年7月14日、クラインヘルフェンドルフ Kleinhelfendorf の教会で結婚式を挙げた が、この時には親族のみの出席でチームメイトの出席はなかった。 またマスコミにたいしては婚姻届を役所に提出する場面と、教会から夫人と馬車に乗って移動する場面の撮影を許可した。 結婚後の2012年8月に長男が誕生した。 2011年8月に、自伝"" 「微妙な違い」の意 を出版したが、その中で、、、ら複数の監督を批判する内容が含まれていたため話題となった。 2011-2012シーズンにバイエルンに所属していたは練習後に、自宅に帰ってゆっくり風呂に入ることが好みであったため、クラブハウスでシャワーを浴びずにいた。 すると、バイエルンの選手の間に「タカシは男の前で風呂に入るのが恥ずかしいのか?」という噂が流れ始め、キャプテンだったラームが宇佐美のもとを訪れ「タカシ、人前で風呂にはいるのが恥ずかしいなら言ってくれ。 対応するから」と告げた。 これ以降、宇佐美はラームに何てことを言わせてしまったのかと思い直し、クラブハウスでシャワーを浴びるようになった。 個人成績 [ ] クラブでの出場記録 [ ] 2017年5月21日時点 クラブ成績 リーグ カップ 国際大会 通算 シーズン クラブ リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 ドイツ リーグ 通算 2001-02 FCバイエルン・ミュンヘン・アマチュア 27 2 0 0 0 0 27 2 2002-03 34 1 1 0 0 0 35 1 2002-03 0 0 0 0 1 0 1 0 2003-04 31 1 1 0 7 0 39 1 2004-05 22 1 2 0 6 1 30 2 2005-06 20 0 4 0 3 0 27 0 2006-07 34 1 3 0 9 0 46 1 2007-08 22 0 5 0 10 1 37 1 2008-09 28 3 3 1 7 0 38 4 2009-10 34 0 6 1 12 0 52 1 2010-11 34 3 4 0 8 0 46 3 2011-12 31 0 5 0 14 0 50 0 2012-13 29 0 5 0 12 0 46 0 2013-14 28 1 4 0 12 0 41 1 2014-15 20 2 4 0 8 0 32 2 2015-16 26 1 6 0 12 0 44 1 2016-17 26 1 4 1 7 0 37 1 総通算 448 17 58 3 130 2 636 20 代表での出場記録 [ ] 年 出場 得点 2004 15 1 2005 0 0 2006 15 1 2007 7 0 2008 15 1 2009 11 0 2010 12 1 2011 10 0 2012 10 1 2013 9 0 2014 9 0 通算 113 5 代表での得点 [ ] 開催日 開催地 対戦国 スコア 結果 大会 1 2004年4月28日 、 5— 1 5—1 2 2006年6月9日 、 1—0 4—2 3 2008年6月25日 、 3—2 3—2 4 2010年6月3日 、 1—1 3—1 親善試合 5 2012年6月22日 、 1—0 4—2 タイトル [ ] クラブ [ ] バイエルン・ミュンヘン• :9回 2002-03, 2005-06, 2007-08, 2009-10, 2012-13, 2013-14, 2014-15, 2015-16, 2016-17• :7回 2002-03, 2005-06, 2007-08, 2009-10, 2012-13, 2013-14, 2015-16• :3回 2010, 2012, 2016• :1回 2007• :1回 2012-13• :1回 2013• :1回 2013 代表 [ ] ドイツ代表• : 個人 [ ]• 大会優秀選手 : ,• ベストイレブン : ,• : 2006, 2008• : 2017 脚注 [ ]• philipplahm. 2008年9月5日閲覧。 Bayern Munich. Unknown. 2010年6月23日閲覧。 Kigges. 2009年2月5日時点のよりアーカイブ。 2008年9月5日閲覧。 sueddeutsche. 2009年2月10日時点のよりアーカイブ。 2008年9月5日閲覧。 FIFA. com. 2007年10月25日. fussballportal. 2008年9月16日閲覧。 [ ]• kicker. 2009年2月1日時点のよりアーカイブ。 2008年9月16日閲覧。 kicker. 2008年6月6日時点のよりアーカイブ。 2008年9月16日閲覧。 kicker. 2009年2月1日時点のよりアーカイブ。 2008年9月16日閲覧。 stuttgarter-zeitung. 2008年11月2日時点のよりアーカイブ。 2008年9月14日閲覧。 Bundesliga. de 2008年5月16日. 2008年5月26日時点のよりアーカイブ。 2008年5月16日閲覧。 kicker. 2010年6月6日閲覧。 fcbayern. 2011年1月27日. ドイツサッカーポータル「フースバル」、2011年3月10日• Daily Mail. 2016年2月25日. 2016年4月8日閲覧。 Bundesliga. 2017年2月4日. ESPN FC. 2017年2月7日. 2017年2月7日閲覧。 Bundesliga. 2017年5月20日. 2017年5月20日閲覧。 dfb. 2009年2月1日時点のよりアーカイブ。 2008年9月5日閲覧。 Kicker. 2008年5月22日時点のよりアーカイブ。 2008年9月5日閲覧。 bnet. com. 2008年9月5日閲覧。 [ ]• Ledson, Mark 2008年6月25日. Reuters. の2009年2月3日時点におけるアーカイブ。 2008年6月26日閲覧。 thesoccerroom. com. 2014年7月17日時点のよりアーカイブ。 2010年5月26日閲覧。 Deutsche Welle. 2010年5月27日. Deutsche Welle. 2014年7月18日. 2017年5月13日閲覧。 ブンデスリーガ 2017年12月8日. 2018年3月21日閲覧。 FIFA. com. 2009年1月19日閲覧。 FIFA. com 2007年6月8日. 2007年2月4日閲覧。 FIFA. com 2007年6月10日. 2008年9月14日閲覧。 sos-childrensvillages. org 2007年6月10日. 2008年5月18日時点のよりアーカイブ。 2008年9月14日閲覧。 buendnis-fuer-kinder. de 2007年6月10日. 2008年6月28日時点のよりアーカイブ。 2008年9月14日閲覧。 queer. de 2008年6月20日. 2008年9月16日閲覧。 2011年5月18日. 2011年5月19日閲覧。 Bloxham, Andy 2011年5月19日. 2011年5月19日閲覧。 Lahm"Der feine Unterschied"• Bild 2014年1月16日• Honigstein, Raphael 2009年11月9日. London: guardian. 2009年11月10日閲覧。 sueddeutsche. de 2009年11月7日. 2009年11月8日閲覧。 London: The Guardian. 2009年11月9日. 2010年5月22日閲覧。 AFP BB News 2010年7月15日. 2011年3月5日閲覧。 Lahm"Der feine Unterschied"• "Der feine Unterschied" Kunstmann Antje Gmbh 2011年8月• theWORLD 2011. 31付記事• (ドイツ語) ドイツ版 2011. 23付記事• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (ドイツ語)• (ドイツ語)• - (ドイツ語).

次の

フラーム(FLaMme)

フラーム

戸田恵梨香、有村架純、松本穂香ーー現在、映画・ドラマ界を席巻する彼女たちは、同じ「フラーム」という事務所に所属する女優たちだ。 この「フラーム」を牽引するのは、やはり戸田と有村のツートップではないだろうか。 両者ともここ数年、出演する作品ではことごとく主役級のポジションを得ている。 公開中の『あの日のオルガン』で、逞しさと脆さを同居させた女性を演じている戸田は、大ヒットシリーズ『コード・ブルー』(フジテレビ系)の、満を持しての劇場版での好演も記憶に新しい。 思い返せば彼女はこのほかに、『LIAR GAME』(フジテレビ系)や『SPEC』(TBS系)などのシリーズで主演。 シリーズ化に際し、作品自体が優れているというのは大前提だが、それを支え、また同時にその顔ともなるような存在が必要である。 戸田とはまさに、そんな存在なのだ。 c 2018「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」製作委員会 有村も、いまや見かけぬ日はないほどの活躍ぶりである。 彼女が若手世代の中でも抜きん出た存在であることは、その出演作を並べてみれば明らかだ。 昨年は『コーヒーが冷めないうちに』と『かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発』の2作品、そして今年はすでに『フォルトゥナの瞳』が公開されている。 いずれも演じるのはヒロインだが、過去や秘密を抱えるものから、若くして未亡人となった女性の奮闘記まで、その振れ幅は目を見張るものがある。 一筋縄ではいかないヒロイン像に、絶えずトライしているのだ。 戸田はこの2019年後期放送の『スカーレット』で、そして有村は2017年の『ひよっこ』でヒロインを務め、現在はその続編『ひよっこ2』が放送中だ。 異例ともいえる朝ドラのシリーズ化に、有村もまた、戸田と同じような素質を持っていることがうかがえる。

次の