はっとり マカロニ えんぴつ。 はっとり(マカロニえんぴつ)の学歴は?高校は漫画家を目指していた

マカロニえんぴつ メンバーの使用機材まとめ

はっとり マカロニ えんぴつ

「みんなの心に土足で入っていける歌を作る合戦」が今行われている気がする。 はっとり:特になにかを意識してるわけではなく、やりたくなっちゃうからやってるだけなんですよね。 「パクリとオマージュは違うんだ!」って、やってる側が言うのはおかしな話で。 パクリって言われたらパクリなんですよ。 僕は、別にわかってもらえなくてもいいけど、一部の人に伝わればいいなって感じでやってるというか。 そもそも、それが好きなフレーズだし、美味しいフレーズだから取り入れるって感じなんですよね。 音楽は隔世遺伝だと思ってて、どんなミュージシャンももともとはロックキッズだったわけだから、好きな曲の要素を自分たちの曲に取り入れて、それを聴いたキッズたちがまたそれに影響される。 「パクらなきゃ広がっていかないじゃん」と思うし、単純に「これやりたい!」ってなっちゃうんですよ。 はっとり:だから、「奥田民生っぽい」とか「GRAPEVINEに似てる」とか言われるのって、嬉しいんです。 「こう言うと嫌がるかもしれないですけど、歌い方ミスチルの桜井さんに似てますよね」とか言われても、全然嫌じゃないし、そんなん嬉しいじゃないですか? 「俺はこの人に影響されてきたんだ」って再認識できて、それが無意識であれば余計に嬉しい。 はっとり:なので、これからもいろんなアーティストに影響を受けたい。 その上で、最近は「マカロニえんぴつっぽい」って言われることも増えてきて、それがどの部分を指してるのかちゃんとはわかってないけど、そう言われるようになったのはやっぱり嬉しいし。 それが「俺だから」っていうよりも「この4人だから」っていうんだったらなおさら嬉しい。 この4人だからこそのアレンジなりライブがだんだんできてきてる感じがするから、最近はそこも自信がついてきてますね。 はっとり:当初からメロディー重視っていうのは変えずにやってきたので、そこは運がよかったというか、結局時代は回っていくってことだと思うんですよね。 1990年代はみんなが口ずさむ歌が「J-POP」って呼ばれて流行ったわけで、今はそこがまた見直されてるだけなのかなって。 一時の流行り歌じゃなくて、時代を超える流行り歌を誰しもが作りたい。 「みんなの心に土足で入っていける歌を作る合戦」が今行われている気がして、それで言ったら、マカロニえんぴつは強いというか、逆に言えば、そこしかなかったわけですから。 俺が歌を作るときは、絶対そういうものを作ろうと思ってます。 ヤングアダルト 2. 恋のマジカルミステリー 3. 二人ぼっちの夜 4. TREND 5. 青春と一瞬 6. two much pain(2019. 12 恵比寿LIQUIDROOM公演) 7. ワンドリンク別(2019. 12 恵比寿LIQUIDROOM公演) 8. 哀しみロック(2019. 12 恵比寿LIQUIDROOM公演) 9. レモンパイ(2019. 12 恵比寿LIQUIDROOM公演) 10. STAY with ME(2019. 12 恵比寿LIQUIDROOM公演) [DVD] 『2019. 12@恵比寿LIQUIDROOM「マカロックツアーvol. 7 ~ライクからラヴへ、恋の直球ド真ん中ストライク初全国ワンマン篇~」ライブ映像』 01. トリコになれ 2. ワンルームデイト 3. 洗濯機と君とラヂオ 4. girl my friend 5. MUSIC 6. two much pain 7. MAR-Z 8. ワンドリンク別 9. 哀しみロック 10. 夜と朝のあいだ(弾き語り) 11. キスをしよう(弾き語り) 12. 鳴らせ(acoustic Ver. ) 13. 働く女 14. レモンパイ 15. スタンド・バイ・ミー 16. STAY with ME 17. 青春と一瞬 18. ブルーベリー・ナイツ 19. keep me keep me 20. ハートロッカー En1. ヤングアダルト En2. 眺めがいいね En3. ミスター・ブルースカイ• マカロニえんぴつ 『season』通常盤(CD) 2019年9月11日(水)発売 価格:1,944円(税込) 1. ヤングアダルト 2. 恋のマジカルミステリー 3. 二人ぼっちの夜 4. TREND 5. 青春と一瞬 6. two much pain(2019. 12 恵比寿LIQUIDROOM公演) 7. ワンドリンク別(2019. 12 恵比寿LIQUIDROOM公演) 8. 哀しみロック(2019. 12 恵比寿LIQUIDROOM公演) 9. レモンパイ(2019. 12 恵比寿LIQUIDROOM公演) 10. STAY with ME(2019. 12 恵比寿LIQUIDROOM公演)• イベント情報 『マカロックツアーvol. 8 ~オールシーズン年中無休でステイ・ウィズ・ユー篇~』 2019年10月25日(金) 会場:神奈川県 F. D yokohama 2019年10月30日(水) 会場:香川県 高松 DIME 2019年11月1日(金) 会場:広島県 Cave-Be 2019年11月8日(金) 会場:宮城 仙台MACANA 2019年11月10日(日) 会場:北海道 札幌 BESSIE HALL 2019年11月14日(木) 会場:新潟県 GOLDENPIGS RED 2019年11月15日(金) 会場:長野県 松本 ALECX 2019年11月17日(日) 会場:石川県 金沢 vanvan V4 2019年11月23日(土) 会場:大阪府 梅田 クラブクアトロ 2019年11月24日(日) 会場:愛知県 名古屋 新栄SPADE BOX 2019年11月29日(金) 会場:福岡県 DRUM Be-1 2019年11月30日(土) 会場:熊本県 熊本 B. 9 V2 2019年12月6日(金) 会場:静岡県 FORCE 2019年12月13日(金) 会場:岡山県 CRAZYMAMA 2nd Room 2020年1月12日(日) 会場:東京都 マイナビBLITZ赤坂• プロフィール マカロニえんぴつ メンバーは、はっとり(Vo,Gt)、高野賢也(Ba,Cho)、田辺由明(Gt,Cho)、長谷川大喜(Key,Cho)。 2012年はっとりを中心に神奈川県で結成。 メンバー全員音大出身の次世代ロックバンド。 はっとりのエモーショナルな歌声と、キーボードの多彩な音色を組み合わせた壮大なバンドサウンドを武器に圧倒的なステージングを繰り広げる。 2017年2月shibuya eggmanレーベルである「murffin discs」内に発足した新ロックレーベル「TALTO」より三アルバム『s. n』をリリース。 タワレコメンにも選出される。 9月Dr. サティが脱退後、4人新体制になるが歩みを止めるこなく12月に初フルアルバム『CHOSYOKU』をリリースしロングヒット中。 全国にマカロックを響かせるべく活動中!

次の

マカロニえんぴつ

はっとり マカロニ えんぴつ

目次 変なバンド名… 友達に最近おすすめのバンドを聞いてみたところ、一番に帰ってきたのがマカロニえんぴつ。 確かにどっかで見たことあるバンド名だけど、よくわからない変な名前だしあんまり聴く気もおきないなあと食わず嫌いをしていた僕なのですが、何回かYouTubeで聴いてみると、 中毒性のある音楽と、楽曲の幅広さ、エモさに見事にハマってしまいました笑 まあ、今思うとアジカンとか正に一番よくわからんバンド名だったりするのですよね… バンド名で食わず嫌いをしてはいけない。 そんなマカロニえんぴつというバンド名なのですが、実はバンド名には深い理由があるとのことなのです。 はっとり:はい。 「マカロニ」って覗くと空洞じゃないですか?その空洞の部分って存在しない物で、だけど…有名な哲学者の言葉で「ドーナツの穴を食べる」ってあるんですけど…それに近い物で、何も無いような物だけれども、その存在意義を意識して……それに対して「えんぴつ」って、物を「在り」にしていくものじゃないですか?例えば白紙に線を入れるだけでそこには「存在」が出来る。 何にも無い穴、その「無い存在」を自分達で意味の在る物にしていきたい、それをえんぴつで書き進んでいくっていう、意味を込めて、穴の象徴「マカロニ」と存在を作る「えんぴつ」で「マカロニえんぴつ」です。 引用: ということで、実はめちゃくちゃかっこいいバンド名の由来があったマカロニえんぴつ。 再度、 バンド名で食わず嫌いをしてはいけない。 中毒性のある音楽 まずマカロニえんぴつを聴いて感じたことが、今風のバンドサウンドなのだけれど、どこか懐かしさを感じる。 というのも、ボーカルのはっとりさんの声がエモいからという理由もありますが、マカロニえんぴつが影響を受けているのが奥田民生のユニコーンだったりと往年のロックバンドだからなのでしょう。 ギターロックの曲もあれば、歌い上げる系のしっとりとした曲、oasisの「whatever」をオマージュした曲なんかも作っていて、幅広い音楽性が魅力的なのですが、それぞれの曲のメロディラインが良く、耳に残ってしまうような曲が多い印象です。 僕は独特のギターと世界観が綺麗なこの曲から入りました。 この曲もそうなのですが、サビの作り方や間奏を差し込む場所など曲構成が独特な曲が多いところが好きです。 メンバー全員が音大出身 音楽性の幅の広さにつながってくる部分なのかと思いますが、マカロニえんぴつのメンバーは全員が音大出身なのです。 音大出身のアーティストは多いのかと思いますが、メンバー全員が音大を出ているバンドというのはかなり珍しいと思います。 マカロニえんぴつはそれぞれのメンバーが曲を作れるからこそ、それぞれの個性を出した曲が生まれるのでしょうね。 僕もバンドで曲を作ってみたりしたこともありますが、音楽って完全に感覚の世界なので、それぞれの影響を受けたバンド色が作る曲にも面白いくらい色濃く現れてくるのです笑 素人目線でいうと、そんな中でマカロニえんぴつというバンドの色は残したままで、それぞれのメンバーの色を出した楽曲を作るというのはめちゃくちゃ難しいんだろうなとか感じます。 ボーカルのはっとりさんがエモい ボーカルのはっとりさんですが、一度聞いたらとても耳に残る魅力的な歌い方をしています。 声はミスチルの桜井さんに似ているのかなーと感じますし、歌の余韻の残し方というか、語尾の伸ばし方にかかるビブラートがとてもエモいです。 この曲は若者特有の葛藤を歌った曲なのですが、何度でも聴きたくなるような中毒性があります。 エモい。

次の

マカロニえんぴつ メンバーの使用機材まとめ

はっとり マカロニ えんぴつ

目次 変なバンド名… 友達に最近おすすめのバンドを聞いてみたところ、一番に帰ってきたのがマカロニえんぴつ。 確かにどっかで見たことあるバンド名だけど、よくわからない変な名前だしあんまり聴く気もおきないなあと食わず嫌いをしていた僕なのですが、何回かYouTubeで聴いてみると、 中毒性のある音楽と、楽曲の幅広さ、エモさに見事にハマってしまいました笑 まあ、今思うとアジカンとか正に一番よくわからんバンド名だったりするのですよね… バンド名で食わず嫌いをしてはいけない。 そんなマカロニえんぴつというバンド名なのですが、実はバンド名には深い理由があるとのことなのです。 はっとり:はい。 「マカロニ」って覗くと空洞じゃないですか?その空洞の部分って存在しない物で、だけど…有名な哲学者の言葉で「ドーナツの穴を食べる」ってあるんですけど…それに近い物で、何も無いような物だけれども、その存在意義を意識して……それに対して「えんぴつ」って、物を「在り」にしていくものじゃないですか?例えば白紙に線を入れるだけでそこには「存在」が出来る。 何にも無い穴、その「無い存在」を自分達で意味の在る物にしていきたい、それをえんぴつで書き進んでいくっていう、意味を込めて、穴の象徴「マカロニ」と存在を作る「えんぴつ」で「マカロニえんぴつ」です。 引用: ということで、実はめちゃくちゃかっこいいバンド名の由来があったマカロニえんぴつ。 再度、 バンド名で食わず嫌いをしてはいけない。 中毒性のある音楽 まずマカロニえんぴつを聴いて感じたことが、今風のバンドサウンドなのだけれど、どこか懐かしさを感じる。 というのも、ボーカルのはっとりさんの声がエモいからという理由もありますが、マカロニえんぴつが影響を受けているのが奥田民生のユニコーンだったりと往年のロックバンドだからなのでしょう。 ギターロックの曲もあれば、歌い上げる系のしっとりとした曲、oasisの「whatever」をオマージュした曲なんかも作っていて、幅広い音楽性が魅力的なのですが、それぞれの曲のメロディラインが良く、耳に残ってしまうような曲が多い印象です。 僕は独特のギターと世界観が綺麗なこの曲から入りました。 この曲もそうなのですが、サビの作り方や間奏を差し込む場所など曲構成が独特な曲が多いところが好きです。 メンバー全員が音大出身 音楽性の幅の広さにつながってくる部分なのかと思いますが、マカロニえんぴつのメンバーは全員が音大出身なのです。 音大出身のアーティストは多いのかと思いますが、メンバー全員が音大を出ているバンドというのはかなり珍しいと思います。 マカロニえんぴつはそれぞれのメンバーが曲を作れるからこそ、それぞれの個性を出した曲が生まれるのでしょうね。 僕もバンドで曲を作ってみたりしたこともありますが、音楽って完全に感覚の世界なので、それぞれの影響を受けたバンド色が作る曲にも面白いくらい色濃く現れてくるのです笑 素人目線でいうと、そんな中でマカロニえんぴつというバンドの色は残したままで、それぞれのメンバーの色を出した楽曲を作るというのはめちゃくちゃ難しいんだろうなとか感じます。 ボーカルのはっとりさんがエモい ボーカルのはっとりさんですが、一度聞いたらとても耳に残る魅力的な歌い方をしています。 声はミスチルの桜井さんに似ているのかなーと感じますし、歌の余韻の残し方というか、語尾の伸ばし方にかかるビブラートがとてもエモいです。 この曲は若者特有の葛藤を歌った曲なのですが、何度でも聴きたくなるような中毒性があります。 エモい。

次の