八坂 神社 小倉。 【八坂神社】アクセス・営業時間・料金情報

小倉藩の総鎮守 八坂神社/小倉城

八坂 神社 小倉

小倉城跡の八坂神社 全国の神社には、 お城の跡に建立されたものが 多くあります。 大阪市、大阪城の豊国神社、 静岡市、久能山城の久能山東照宮、 広島市、広島城の広島護国神社、 福岡県久留米市、久留米城の篠山神社、 熊本県八代市、八代城の八代宮、 長崎県大村市、玖島城の大村神社、 などなどあげればきりがありません(笑) その中のひとつが今回参拝した、 小倉の八坂神社です。 八坂神社へ 僕たちの出発は古賀駅。 そこから約40分、西小倉駅に到着です。 ちなみに西小倉駅の南隣には、 南小倉駅、東隣には、小倉駅、 その次は東小倉駅とこの界隈は 「小倉」が付く駅名が4つも続く まさに小倉一族の集まりなのです! あとは北小倉駅があれば完璧か?(笑) JR西小倉駅の駅を出ると正面に 小倉城のお堀が見えてきますので、 そのお堀沿いに歩いて神社に向かいます。 駅から徒歩7分ほどで、 八坂神社の横参道入口に到着。 お堀に架かった橋が参道です。 八坂神社と言えば やはり京都の八坂神社を 思い浮かべますが、 このご由緒には出て来ませんね。 でも祇園社と言えばスサノオ、 ここ小倉のご祭神にも 須佐乃男命(すさのおのみこと)が 一番に書かれていますので、 京都の八坂神社とも関係があるかもと おもいつつ神社を散策していたら 後に参拝した境内社に京都八坂神社のことが 書かれていました。 お堀を渡ると楼門があります。 こちらは横からの入口ですが、 まるで、ここが正面の入口みたいに思える程 大きく立派な楼門ですね! 本社、京都の八坂神社の楼門にも ひけをとらない位の規模かも知れません。 ここで、その京都の楼門もご紹介。 並べてみるのに意味があるかどうか わかりませんが、 同じ神様がいらっしゃる神社同士、 何か通じるものを感じます。 楼門だけでも大いに興味をそそられた後、 またもや興味津々の場面に 出くわす事に(笑) 手水舎でいきなりこの光景!! フクロウ! ふくろうは、不苦労と言われ 苦労しないという意味で、 縁起が良い鳥とされています。 きっとそんな意味で 参拝者を歓迎しているのでしょう。 拝殿も少し 京都の八坂神社の雰囲気に似ています。 こちらが勧請元(本社)の京都八坂神社。 8年くらい前に参拝した時の写真です。 そして、話しは小倉の八坂神社に戻って、 またフクロウが登場(笑) 拝殿の上の方にもフクロウがいました。 こんなとこまでとは、ビックリですね。 もうこれで僕は苦労しない人決定です(笑) 参拝。 参拝方法が、挿絵とともに 丁寧に英語と韓国語でも書かれています。 拝殿を右斜めから撮影。 左が拝殿、右が本殿。 この後、社務所で、 ご朱印をいただきました。 有名な小倉祇園太鼓の、 小倉ぎおんです。 この後は、境内社巡り。 水之御祖社(みずのみおやしゃ) ここには古井戸があったそうです。 きっと小倉城時代のものでしょう。 三本松高倉稲荷神社。 この稲荷神社も キリシタン大名の大友宗麟に 焼払われていました。 寺社を巡っていると大友宗麟の名は 「焼き払った張本人」として よく出て来るのは、よほど キリストを崇拝していたのでしょう。 またここには、八坂神社自体の ご由緒も書かれていて、 京都の八坂神社のご分霊を勧請して 祇園社として建立されたとあります。 やっぱり細川さんは京都生まれなので、 故郷の神様を祀りたかったのでしょうね。 次に行ったのが、こんな不思議な建物。 こんな納札所は初めて見ました! お炊上げをしてもらうお札や 神棚をこの中に持ち込む場所ですが、 ここまで立派な納札所を装備した神社は そんなに無い気がします。 次は蛭子社。 小さいながらも 赤い社は存在感あります。 名前は恵比須社ですが、 鳥居の神額には「蛭子社」の文字。 なかなか珍しい立ち姿の恵比須様。 恵比須様の神話が残る、 島根県の美保神社からの勧請です。 そしてこの狛犬が、また何とも言えず 個性爆発してますね! 阿形の狛犬。 吽形の狛犬。 石の溶け具合からして、 古いものなのかも知れません。 春日社と金刀毘羅社。 鳥居の扁額は金毘羅宮。 金刀毘羅社のご由緒。 宮司さんの家にある神社を 「邸内社」というのですね! 春日社のご由緒。 家臣が殿様に意見を言うのは 命懸けだったということが 良くわかる神社です。 殿様に諫言してうるさい黙れ!っと 切り殺された春日淡路道次という 忠臣を祀っている霊社(みたましゃ)です。 それに後付けで奈良の春日大社から ご分霊をいただいたもの。 人物の名前が「春日」だったから 春日大社の神様と一緒に祭るという なかなか珍しい言われですね。 そして、最後に 表参道(正面から)神社に入ってみます。 白地に金縁の扁額。 参道の左側は小倉城、 右側には色んな石碑があります。 「生馬神」 戦争に行った馬を祀っています。 戦場で命を落とした馬の忠霊塔。 なんだか馬を大事にする神社です。 そして、正面の楼門。 横にある楼門よりも かなり小規模なもので、 素朴な外観が素敵です。 楼門手前の猿田彦社(庚申堂) 導きの神様、猿田彦さんが、 最後に僕たちを導いてくれたのが、 ここだったという訳ですね! 楼門前で僕たちの八坂神社参拝は完了。 こんな所で参拝が終わりとは、 ちょっと変な気分ですが、 これも猿田彦さんの為された事。 有り難く完了です(笑) 今日の癒し 社務所に掛けられている、 まるで温泉旅館のような暖簾(のれん) 寒空の中、とても暖かい気持ちになれて、 本当に癒されました〜!.

次の

小倉祇園八坂神社の御朱印〜御創建四百年の記念の年|北九州市小倉│御朱印LOVE!

八坂 神社 小倉

profile• amazon 楽天 new entries• 23 archives• 8 links• 福岡県警捜査四課と博多署は22日までに、 宗教法人「八坂神社」(北九州市小倉北区)の代表役員の男が、 福岡市中央区の寺院の土地乗っ取りに関与した疑いが強まったとして、 電磁的公正証書原本不実記録・同供用などの疑いで逮捕状を取った。 県警は21日、八坂神社など関係先数カ所を家宅捜索し、男の行方を追っている。 県警はこれまでに、寺院の土地の所有権や使用権を不正に取得したとして、 経営コンサルタント業〓彦守(はいげんしゅ)(62) 会社役員江本信也(34) 好村知直(36) 僧侶鈴木玄雄(60)の4容疑者を逮捕した。 その後の調べで、八坂神社代表役員の男も関与した疑いが浮上したという。 法人登記簿によると、逮捕状が出ている男は2006年1月、 前任者の辞任に伴い代表役員に就任した。 捜査関係者によると、代表役員の男は〓容疑者ら4人と共謀。 昨年4月、福岡市中央区の寺院の檀家(だんか)などの署名や印鑑を偽造して、 「江本信也を寺院の代表役員代務者に選任した」とする議事録などを作成し、 虚偽の法人登記をした。 さらに、「寺院の土地(約1200平方メートル)の所有権を 好村容疑者が代表を務める葬祭会社に移転した」とする 所有権移転登記申請書などを作成し、 福岡法務局に提出して虚偽の登記をさせた疑いが持たれている。 この葬祭会社の代表取締役には一時、 福岡県内に本拠を置く指定暴力団の最高幹部の親族が就任しており、 県警は寺院乗っ取りに暴力団関係者も 関与した疑いが強いとみて捜査を進めている。 北九州市や八坂神社のホームページによると、 八坂神社は小倉藩主・細川忠興が1617(元和3)年に 小倉藩の総鎮守として創建した祇園社に由来。 明治期に八坂神社に名前が変わり、 1934年に現在地の小倉城内に移転された。 同神社の夏祭りには全国三大祇園として有名な「小倉祇園祭」がある。 西日本新聞.

次の

八坂神社 (北九州市小倉)で 七五三詣り!料金・写真撮影・感想を述べる!

八坂 神社 小倉

福岡県北九州市にご鎮座する小倉祇園八坂神社へ 八坂神社へのアクセスは、北九州の中心地である小倉駅よりJRで1駅の 「西小倉駅」が最寄り駅となります。 西小倉駅からですと徒歩で約5分、小倉駅からでも徒歩で約15分ちょっとで到着します。 こちらは八坂神社の場内にある鳥居ですが、立派で大きいですね~!!鳥居の後ろに佇んでいるとんがった大きな岩も気になる所です。 小倉城のお隣にある神社 八坂神社の鳥居のすぐお隣には小倉城がそびえ立っています。 お城って普段なかなか見る機会がないのですが、やっぱりかっこいい。 補修工事などはなされているのでしょうが、自分が生れるずっと前にお殿様や武士やらがこの景色を見て、この場に住んでいたんだと思うとなんだかワクワクします。 道開きの猿田彦社 鳥居をくぐって参道を進むと右手には 「猿田彦社」がありました。 猿田彦大神といえばみちひらきの神様として、道中の安全・導きを司り、見た目は天狗様の姿をしています。 八坂神社の歴史ある楼門 参道を進むと歴史を感じる楼門があり、こちらを通って境内へと入っていきます。 八坂神社の開門は朝6時、閉門は17時20分となっておりますので、参拝予定の方はお時間にお気をつけください。 楼門の奥には石垣も見えており、やっぱりここもお城の中なんだなぁ~と実感します。 清々しい境内です。 そしてこの日は 「夏越大祓」!拝殿の前には茅の輪がありました。 八坂神社の手水舎 こちらは手水舎。 八坂神社は境内を取り囲む様に歴史ある佇まいの建物が並んでおり、社務所や七五三などで利用できる写真館も完備されています。 八坂神社のご由緒 元々八坂神社は別の場所に祀られていましたが、関ヶ原の戦いで徳川家康に従っていた細川越中守忠興公が1601年大名として入国し、小倉城の西にある愛宕山で鷹狩をしていた際、山の頂上で苔むした石の祠を発見しました。 祠を覗こうとするとたくさんの蜂に刺されてしまい、その後手厚い看護を受けましたが失明してしまいます。 よくよく調べてみると須佐之男命を祀る祠だという事が分かり、生まれ故郷である京都の祇園社と同じ御祭神という事で、城下の土地に社殿を造営しました。 明治時代には「祇園社」から「八坂神社」へと改称し、「小倉の祇園さん」との愛称で親しまれ、毎年7月に行われる「小倉祇園祭り」では多くの人出で賑わいます。 御祭神 須佐之男命(すさのおのみこと) 八坂神社にお祀りされているのは、天照大神の弟神様である須佐之男命です。 元々はとても気性の荒い須佐之男命でしたが、ヤマタノオロチの退治など、勇猛果敢で力強い神様でもあります。 ご由緒にもありますが、京都の八坂神社にもお祀りされており、 厄除け や 五穀豊穣、縁結びなどのご利益があります。 こちらは八坂神社の御本殿。 ちょうど御本殿の裏側をぐるっと回る事ができますので、順に参拝していきました。 こちらは 神明神社でちょこんとした狛犬さんがお守りしています。 こちらは 金毘羅宮で、大穴牟遅命・須佐之男命・八十矛神が祀られています。 享和2年8月25日に創立され、はじめは祇園社の宮司である高山石見もり邸内に祀られた邸内社でしたが、こちらの領主によって信仰するところとなり、本社境内に社殿を建てておまつりされる事となりました。 こちらは 三本松高倉稲荷神社で、宇迦之御魂神がお祀りされています。 由緒書きがだいぶ劣化で何と書かれているか読めなかったのですが、「三本松のお稲荷さん」と崇敬されるお宮だそうです。 いぼ取り石 参道を道なりに進んで行くと、大きな穴が開いた岩のくぼみに、何とも言えない緑色の水(?)が貯まった 「いぼ取り石」なるものを発見しました。 案内書きによると、 『古よりこの岩のくぼみに貯まったくされ水をイボにつけると、そのイボが取れるとの言い伝えがある』と書かれていました。 今現在くされ水を実際にイボに付けるのはとっても勇気がいりますが、昔からこのような迷信などはどこの地域にもたくさんあったのでしょうね。 茅の輪くぐり 私が八坂神社に参拝してこの日は 「夏の大祓」で、境内の拝殿前には 茅の輪が設置されていました。 期間中はどなたでも茅の輪を自由にくぐる事ができるそうで、私も参拝前にくぐらせて頂きました。 茅の輪くぐりは祓詞を唱えながら茅の輪を八の字にくぐることで 無病息災を祈ります。 私は煩悩の塊(笑)なので、やりたい事や行って見たい所、手に入れたいものなどはたくさんありますが、やっぱり健康じゃないと何もできません。 小倉八坂神社の御朱印帳 小倉祇園八坂神社には、3種類のオリジナル御朱印帳があります。 夏の淡い色合いの空って素敵ですよね~。

次の