政宗 設定。 政宗2

政宗 パチスロ スロット

政宗 設定

目次 クリックで見出しへジャンプ• 1日目 その日は弟と、のりうちで設定狙い 2人とも狙い台の政宗2をキープして実践開始! ・弟は朝一から直撃天下道! 打ちだしてすぐに弟の台は直撃天下道に入る。 直撃天下道は奇数設定にはほぼ設定がないですが、 偶数勝つ高設定が優遇されているのでナイス挙動。 その天下道はハズレてしまいますが、ARTの初当たりも優秀で なかなかナイス挙動なので、そのまま続行していきます。 いっぽう自分の台はというと低設定と見切ってちょい負けで早い段階でやめました。 高設定? 合計5回も直撃天下道に入る。 2否定 こんな感じで456が確定に。 マイクアナウンスが。 このイベントを2日間連続でやることは今までになかったと思うので、 明日も来てみることに。 2日目 昨日のアナウンスを信じて来てみたら お客さんもそこそこいる。 中にはスロットの上手そうな人もいるので少し期待。 入場開始 昨日の設定4を据え置きまたは昨日くそ負けしているので設定6に変更してくる可能性ありと踏んで同じ台を確保。 打ちだしていく。 200Gくらいで奥州ボーナスを引きARTに入らず。 しかし!! 決戦ポイントが残ってるってことは据え置き濃厚なのか? 調べてみたんだけど、分からず。 ART終了後の6択チャンスで 当てたら秀吉決戦。 迷わずに 中、左、右! 設定4はズバリ中間設定ですね 笑 状況によってはヤメもありだと思います。 政宗2の4と6を見分ける最大のポイントとしては 初当たりですね。 当たり前だろ! って思うかもしれませんが、2日間打っていて結構深いハマりが何回かあったので、、 自分は設定6を打ったことがないのですが、YouTubeなどで見て比べてみるとそこが大きく違ったポイントの1つでしたね。 クリックしてもらえると励みになります。 宜しくお願いします。

次の

政宗2 奥州ボーナス終了画面の示唆 愛姫 政宗 カゲカツ&ナオエ 五大老全員の示唆は?【スロット・パチスロ】

政宗 設定

【通常時の連続演出は御家騒動と武将対決の2パターン】 通常時はおもにレア役による抽選でARTを目指す。 レア役後は基本的に前兆が発生し、演出発展のチャンス。 演出の序列としては御家騒動<武将対決となり、それぞれの演出は種類によって期待度が変化する。 「御家騒動演出の序列」 中毒演出<採掘演出<修行演出 「修行演出」 御家騒動演出は当たりに期待するというよりも、その後の高確率(前兆ステージ)への移行に期待をする演出。 もちろん、チャンスアップなどが発生してここで当たることもある。 チャンスアップ発生時は液晶両端のサイドビジョンが動くため、動いた場合は要注目だ。 「武将対決の期待度序列」 トシイエ<ウキタ<イエヤス<カゲカツ<モウリ ART突入を告知するメインの演出。 今作では、前兆中や対決中に小役による逆転抽選をおこなっており、各武将に対応した小役を引ければ勝利の大チャンスとなる。 また、対応した役ではなくても、チャンス目、強チェリー、強スイカは逆転の期待度が高い。 「カゲカツ」 「武将ごとの対応役」 トシイエ…スイカ ウキタ…チェリー イエヤス…ベル カゲカツ…リプレイ モウリ…発展した時点で勝利確定 対応役は武将の色と同じになっているため、すべて覚えなくても見た目で十分に把握できる。 「タイトルの色」 白<赤<金 対決発展時のタイトルの色は重要なチャンスアップパターン。 【ゲーム数を上乗せしてロング継続を目指す】 ゲーム数の直乗せはなく、上乗せ時は基本的に青7揃いを経由。 前作から新たに追加された合戦システムや炎メーターなど、レア役はもちろん、青7揃いのために欠かせない要素が数多く存在する。 「城内」 ART中に滞在するステージは4種類あり、規定ゲーム数への到達期待度を示唆している。 規定ゲーム数に到達すると城内へ移行し、前兆を経て発展する武将対決に勝利できれば上乗せ以上が確定。 ただし、城内ステージ移行はフェイクもあるため、移行=必ず規定ゲームに到達というわけではない。 城内ステージ中は右側のサブ液晶で敵武将の状況を示唆しており、城内にいる敵の中から対戦相手が選ばれる。 「炎メーター」 リールの右に表示された「炎」の形をしたメーター。 押し順リプレイと共通ベルでメーターの点灯抽選をおこない、6箇所すべて点灯すれば6G間の炎高確率(青7揃いの高確率ゾーン)や愛姫演舞に突入するチャンスだ。 「対決に勝利すればゲーム数を上乗せ」 武将対決に勝利すると、一旦ARTの準備中と同様の準備画面へ移行し、青7を揃えることで上乗せゲーム数を告知する。 青7揃い後は必ず秀吉決戦突入のチャンスとなり、レバーONで秀吉が登場すれば秀吉決戦突入だ。 [青7揃い時の上乗せゲーム数] 30〜300G 「引き戻しゾーン」 ゲーム数をすべて消化した後に突入する自力の引き戻しゾーン。 6択の青7を揃えることができればゲーム数を上乗せし、ARTに復帰する。 「青7揃い時のライン数」 シングル<ダブル すべてのタイミングにおいて、青7はダブルラインで揃った方が上乗せゲーム数が多い。 【青7が揃うたびにゲーム数を上乗せ】 青7揃いでゲーム数上乗せ、カットイン発生時に青7が揃わないと終了のピンチ。 「家紋のストック」 青7を揃えると、一旦左右のサブ液晶に家紋としてストックされ、色でゲーム数の示唆をおこなう。 上乗せしたゲーム数は、秀吉決戦終了後の上乗せ乱舞でまとめて告知する。 金7を揃えた場合は家紋ではなく金色のひょうたんが表示される。 「秀吉決戦中の炎メーター」 秀吉決戦中も炎メーターが貯まる可能性があり、6箇所すべてが点灯すると、超秀吉決戦に突入する。 点灯契機のメインは青7揃い時の押し順となっており、6択の押し順ごとに点灯の可能性あり。 左/中/右で1つ点灯、中/右/左で1つ点灯…といった具合にすべての押し順で青7を揃える必要がある。 「秀吉覚醒」 カットイン発生時に青7もリプレイも揃わない「特殊出目」が出現すると突入する。 消化中は2択の青7ナビが出現し、成功すれば100G以上の上乗せが確定。 1度成功したら終了ではなく、失敗するまで何度でも2択にチャレンジが可能だ。 「突入契機」 ・ロングフリーズ ・秀吉決戦中の炎メーター全点灯 秀吉決戦をさらに超えた超強力な特化ゾーン。 ゲームの流れは秀吉決戦と同様だが、継続率が高いため、大量上乗せに十分期待ができる。 終了後は超秀吉猿舞へ移行する。 「超秀吉猿舞」 超秀吉決戦終了後に必ず移行する引き戻しゾーンとなり、6択の押し順を当てられれば再び超秀吉決戦へ突入。 失敗しても秀吉決戦へ戻るので、まだまだ上乗せのチャンスは続く。 「上乗せ乱舞」 秀吉決戦終了後は上乗せ乱舞へ移行。 連打と一撃の2種類から告知方法を選べ、ストックしていた家紋の分だけ獲得したゲーム数を告知する。 ボタンPUSHで小十郎が登場すればゲーム数大量上乗せの大チャンス、愛姫なら激熱だ。 [小十郎登場] 【200pt獲得すれば次回の青7揃い時は必ず秀吉決戦突入】 200pt以上獲得していれば秀吉決戦突入となるが、255pt以上を獲得していた場合は超秀吉決戦突入が確定する。 「ひょうたん吸い込み演出の個数と獲得ポイント示唆」 1回だけひょうたん2個…1pt以上 複数個…5pt以上 大量…10pt以上 「総獲得決戦ポイントを示唆するボイス」 決戦ポイント獲得時(ひょうたん吸い込み演出発生時)の全リール停止後に方向キーの右を押すと、秀吉のボイスが発生することがある。 そのゲームで獲得したポイントが多いほど、ボイスが発生しやすい。 [ボイス別・保有ポイント数示唆] 「くるか小僧っ!」…100pt以上 「余は待っておるぞ!」…180pt以上 「余の本気を見せてやろう!」…200pt以上 「秀吉ランプの点灯&点滅」 ひょうたんの吸い込みと同時に筐体右上の秀吉ランプが点灯する可能性があり、パターンによって示唆する内容が異なっている。 ひょうたんが吸い込まれる決戦ポイントランプ(リール下)とは異なるため、間違えないように注意。 何回目で光ったかによって、継続率の示唆をおこなっている。 「ART終了直前の6択当ての秘密」 「?」ナビが出た時に筐体左上にある愛姫ランプが点灯していると、押し順をハズしても転落しないリプレイであることが確定する。 【継続率や上乗せゲーム示唆がメイン】 「秀吉決戦突入画面の隠しPUSH」 タイトル表示画面でPUSHボタンを押した時の金竜ランプ(筐体左右の丸いランプ)の色によって、継続率の示唆をおこなう。 [揃った時の報酬] 変化なし…デフォルト 赤…赤家紋(50G以上) 紫…W揃い(50G以上) 金(黄、赤、紫の連続点滅)…金家紋(100G以上) レインボー…7揃い確定+レインボー家紋(300G) 「7を狙え時のボイス」 政宗…デフォルト 小十郎(銀ナビ)…揃えばW揃い(50G以上) 愛姫(金ナビ)…7揃い確定 「セリフ演出の示唆内容」 消化中のセリフ演出は炎ランプの点灯や、7揃いの権利が残っていることを示唆している。 基本的にベルで自軍の兵力アップ、リプレイでダウンの抽選をおこなう。 兵力が上がるほど陣営(青色が政宗)が拡大していき、竜玉が点灯しやすくなる。 また、左の液晶の陣営に表示されたキャラのアイコンにも何か秘密があるようだ。 詳細な兵力は、リール変動中以外ならいつでもPUSHボタンで確認できるぞ。 「竜玉について」 右側のサブ液晶に表示された5個の玉は、それぞれが小役に対応している。 [竜玉の点灯/消灯契機] 点灯…ベルなどによる兵力の増加による抽選 消灯…リプレイでの兵力の減少による抽選 [竜玉の対応役] 黄…ベル 赤…チェリー 紫…チャンス目 緑…スイカ 白…MB 【ART中は兵力や戦況もこまめに確認しよう】 政宗軍や秀吉軍の兵力数、戦況図に戦力マップと、目でみてすぐに分かる法則が多数。 基本的には対決発展や秀吉決戦突入を示唆するものが多いが、設定を示唆するものもあるため、しっかりとチェックしておこう。 弱スイカ/弱チェリーと強スイカ/強チェリーの場合、奇数設定と設定6では約5倍の差がある。 06 チャンス目Bは弱チェリーと弱スイカに比べて分母が大きいが、そこそこの差があるため、要素のひとつとしてカウントしてもOK。 28 「RT状態概要」 RT1〜3…おもに通常時 RT4…おもにART中 RT3中のチャンス目確率に大きな設定差があるが、RT3を正確に見極めることは難しいため、MB中にチャンス目を引くほど高設定の期待度がアップすると覚えてもOK。 ちなみに、RT3中に昇格リプレイを引くと6択の押し順チャレンジが発生するため、6択発生の直前のMB中にチャンス目を引いた場合はRT3中のチャンス目である可能性が高い。 このほかに、ART準備中の青7かBARを揃える直前もRT3状態の可能性が高い。 【設定3/5/6は秀吉決戦で見抜ける!? 一撃の出玉を狙える仕様だ。 単純に青7揃いの3回に1回以上は秀吉決戦への突入に期待できる。 「設定6の特徴」 初当り確率が高く、安定感が抜群。 青7を揃える回数がもっとも多いため、結果的に秀吉決戦への突入期待度も高い。 設定6に関しては、秀吉決戦自体に強烈な特徴があるわけではないが、安定して秀吉決戦突入のチャンスが訪れる。 初当り時や上乗せ後はレバーONで秀吉決戦への突入を示唆! レバーが大きければ期待度アップ(画像は小)! 各設定に特徴がわかりやすく存在しているため、出玉をしっかりと獲得しつつ、設定が判別できているといった展開になれば理想的だ。 【秀吉猿舞移行で設定5以上の期待大】 炎メーターが全点灯すると基本的には炎高確に突入するが、愛姫演舞は設定6のみ移行率が2倍。 秀吉猿舞への移行率は、設定5と6が大きく優遇されている。 基本的には右リール中段にリプレイで弱チェリー、7/BAR停止で強チェリーとなるが、スイカが止まった場合は弱と強両方の可能性があるため、注意しよう。 スイカまでスベる…中・右リールにもスイカを狙い、スイカハズレでチャンス目 上記以外の停止形…フリー打ちでOK 「レア役のおもな停止形」 「MBとMB中のチャンス目(チャンス目C)」 上段にベル/ベル/リプレイ停止でMB。 MBは1Gで次ゲームはベルかチャンス目(どちらも払い出しは10枚)が停止する。 99 「RT状態概要」 RT1〜3…おもに通常時 RT4…おもにART中 RT3は昇格リプレイを引くと、6択の押し順チャレンジが出る状態。 押し順に正解(右上がりにリプレイが停止)すればCZの愛姫演舞に突入する。 【プレイヤーにとって良くないことが起こるとポイントを獲得】 レア役間のハマリや奥州ボーナスの連続など、さまざまなタイミングでポイント獲得抽選をおこなう。 200ポイントに到達すれば、次回の青7揃い時に必ず秀吉決戦に突入。 また、200ポイントを大きく超過した場合は、いきなり超秀吉決戦に突入することもある。 「ポイント獲得についての補足」 ・ポイント獲得時は必ず1ポイント以上 ・決戦ポイントランプにひょうたんが貯まる演出発生時はポイント獲得確定 ・決戦ポイントを消費して秀吉決戦に当選した場合はタイトル表示画面で台枠が紫に発光し、決戦ポイントランプが点灯 「ひょうたんが多いと獲得ポイント量が多いかも」 ポイントの獲得と消費は見た目で判断できるため、遊技の続行やヤメ時の目安にするといいだろう。 4連続以上は最も獲得量が優遇されているため、奥州ボーナスが連続している台を見かけたら優先的に狙ってみてもいいかもしれない。 【通常と高確の2種類があり、レア役を契機に移行抽選をおこなう】 「高確示唆ステージ」 天守閣ステージ移行は高確のチャンス! スイカは弱と強で移行率に差はなく、設定4と6の高確移行率がとくに高い。 また、設定の奇偶で若干の違いがあるが、特定の設定を推測できるほどの大きな差はない。 【3種類の前兆が存在し、契機によってロングとショートの2種類にわかれる】 「前兆の種類」 本前兆…初当り(隻眼ノ乱or奥州ボーナス)が確定している前兆 対決前兆…対決の前兆状態(逆転抽選を受けられる状態) フェイク前兆…演出だけが発生(逆転抽選はおこなわない) 対決前兆は対決に発展するまでは確定しており、前兆中の小役による逆転抽選に受かれば隻眼ノ乱or奥州ボーナスに当選(対決中の逆転抽選もあり)。 前兆にはショートとロングの2種類のパターンがあり、どの役で前兆に当選したかによって選択率が異なる。 フェイク前兆は演出のみが発生している状態となり、内部的には通常時(非前兆中)と同様の初当り抽選をおこなっている。 「ショートとロングの見分け方」 ショート…御家騒動で終了 ロング…高確率へ突入し、対決まで発展 「高確率(出陣)」 見分け方は単純明快。 高確率に突入すればロング確定だ。 「本前兆期待度アップパターン」 ・弱レア役から高確率に発展(前兆ロング) ・強レア役から高確率を経由せずに対決に発展すれば、本前兆が確定 【レア役での初当り契機は3つ】 「初当りの契機」 1. レア役で本前兆に当選 2. 対決前兆中の小役で逆転 3. 対決中の小役で逆転 対決前兆中と対決中の逆転は異なる数値での抽選となる(対決中は対戦相手によって異なる)ため、同じ役を引いたとしても逆転期待度が同一とはならない。 高確中は強レア役(強チェリー/強スイカ/チャンス目)なら必ず対決前兆に発展するため、ART当選のチャンスとなる。 青の小役ミッション中はすべての小役での逆転期待度がアップしているため、ART当選の大チャンスだ。 【前兆ゲーム数によっては本前兆が確定するパターンあり】 前兆はART当選が確定する本前兆と、対決発展が確定する対決前兆の2種類。 本前兆には当選したレア役と前兆ゲーム数に法則があり、知っていればほぼ一発で本前兆を見抜ける。 逆に言うと、下記の前兆ゲーム数以外で当たった場合は対決前兆に当選し、逆転したことが確定する。 本前兆期待度は基本的に設定1=2=3<5<4<6の順に高いため、ART直撃が多いほど偶数かつ高設定の期待度がアップする。 内部状態に関わらず、弱チェリーとスイカの期待度は同一、当選のメインは強チェリー、強スイカ、チャンス目となっている。 37 「通常時の天下道に注目」 天下道は基本的に奥州ボーナス中にBARを揃えることで突入するが、通常時からも突入する可能性がある(謎天下道)。 謎天下道は偶数かつ高設定ほど出現しやすく、複数回確認できれば設定4と6の期待度が大幅にアップする。 【押し順リプレイと共通ベルの一部で点灯】 「炎ランプ全点灯で得られる恩恵」 [炎高確率] 約6G間の7揃い高確率状態! [愛姫演舞] 青7の押し順を当てられれば上乗せ確定! [秀吉猿舞] 当選した時点でゲーム数の上乗せは確定、6択の押し順に正解すれば秀吉決戦へ突入! ART中に炎ランプがすべて点灯すれば、上記3つのうちいずれかのCZに突入する。 共通ベルでの点灯率は低いが、点灯していないランプがすべて点灯するため、CZ突入が確定する。 「押し順とランプの点灯箇所」 (1)…左、中、右 (2)…中、左、右 (3)…右、左、中 (4)…左、右、中 (5)…中、右、左 (6)…右、中、左 秀吉決戦中に炎ランプを点灯させるには、上記の押し順に対応した青7揃いを引く必要がある。 こちらは青7が揃えば必ずランプが点灯するため、6種類の押し順を1回ずつ引けばOKだ。 また、押し順ベルや共通ベル、レア役でも点灯抽選をおこなっており、当選時は点灯していない箇所のランプを点灯させる。 ただし、共通ベルでは全点灯ではなく、1つずつしか点灯しない。 「秀吉決戦中の炎ランプについての補足」 秀吉決戦中に炎ランプが全点灯すれば超秀吉決戦に突入し、終了後にすべて点灯。 超秀吉決戦に突入しなかった場合は点灯させた分をART中に引き継ぐため、点灯しているほど再び上乗せのチャンスとなる。 【ナビは押し順を2択にするものと全ナビの2種類が存在】 愛姫演舞と秀吉猿舞中はおもにレア役で押し順のナビを獲得する可能性があり、ナビなしの状態からだと基本的には2択のナビを獲得。 2択のナビを持っている場合は、次ゲームの役から全ナビへの昇格抽選をおこなう。 シナリオと政宗軍の兵力を参照して、竜玉の点灯or非点灯を抽選する。 黄(ベル)は60000兵力で固定、紫(チャンス目)は常時点灯している。 兵力とどの竜玉が点灯するかで、シナリオを推測する楽しさも味わえる。 ちなみに、小役ごとのボーダーは最高値と最低値の中間付近が選ばれやすくなっている(例. シナリオ1のスイカ(15000〜25000)なら20000付近で点灯しやすい)。 【小十郎強襲は設定4と6が突入しやすい】 ART中のレア役で突入抽選をおこない、滞在中の20G間は優遇された兵力アップ抽選をおこなう。 兵力が多いほど小役当選時の対決期待度が上がるだけに、突入時はしっかりと兵力を稼いでおきたい。 当選のメインは強チェリーと強スイカ。 チャンス目での当選に設定差があり、設定4と設定6が優遇されている(設定1/2/3/5の確率は共通)。 【発光している竜玉に対応した小役を引くと対決抽選をおこなう】 小役成立時の政宗軍の兵力を参照して、対決に発展するかどうかを抽選。 対決発展が決まってから、誰と対決をおこなうかを抽選する。 対決相手は前回の相手に応じて変化し、強敵であるトシイエは2回連続では出現しないといった特徴もある。 また、発展時点で勝利が確定している勝利確定対決も存在するぞ。 「点灯している竜玉に対応した小役を引ければチャンス」 「対決相手決定までの流れ」 1. 発光している竜玉に対応した小役を引き、対決に発展するかどうかを抽選 2. 内部的に対決発展が確定したあとに、対戦相手を抽選 3. また、モウリは次回の対決にトシイエとウキタという強敵2人が出現しないため、次の対決も勝利のチャンスとなる。 モウリは選択された時点で勝利確定、ウキタとイエヤスは勝利確定対決が比較的選ばれやすい。 【対決中は相手と成立役に応じて逆転抽選をおこなう】 対決相手に応じて各小役成立時の逆転期待度が変化し、強チェリーや強スイカなら相手によっては勝利が確定する場合もある。 基本は30Gが最低だが、初当り時は50G以上を上乗せする。 ダブル揃いや金7揃いなら、大量上乗せの期待大となり、秀吉覚醒中は7揃いのたびに100G以上を上乗せする。 秀吉決戦だけをみても、ある程度の設定推測ができるようになっている。 5回に1回は秀吉決戦に突入。 設定3は約4回に1回、設定5は約2回に1回の割合で突入する計算になる。 8G 設定2…217. 3G 設定3…341. 7G 設定4…216. 6G 設定5…223. 8G 設定6…217. 7揃いと押し順ベルは押し順に対応した箇所のランプのみ点灯する可能性がある。 また、金7を狙え(金7チャレンジ)が発生する可能性もあり、6択の押し順に正解した(揃った)場合は秀吉決戦突入が確定となる。 規定ゲーム数非到達でも、城内に移行する抽選に受かれば、必ず発展する対決中に逆転することで上乗せを獲得できる。 64Gを1つの区間として、区間ごとに城内ステージ移行期待度は変化する。 期待度の高い区間では、複数回移行する可能性もある。 [0G] 設定1…6. 敗北の場合は規定ゲーム数は変化せず、規定ゲーム数消化or再び城内に移行して対決に逆転するまで(上乗せを獲得するまで)変わらない。 【秀吉決戦中は青7揃いのたびに秀吉決戦ストックのチャンス】 秀吉決戦消化中は、金7を揃えることで秀吉決戦自体をストックすることが可能。 青7揃い時にもストック抽選をおこなうため、ロング継続するほどストックの獲得に期待が持てる仕様となっている。 7揃いリプレイ(フェイク含む)間のゲーム数が長いほど、ストック獲得の抽選を受けられるゲーム数が長くなるため、カットイン発生時の7揃い期待度が高まる。 ちなみに、家紋出現などの次回7揃いが確定する演出は、小役でストックを獲得した場合にしか発生しない(7を狙え演出で狙わないと7が揃わず家紋が出るため、その場合を除く)。 [おもな次回7揃い確定演出] ・秀吉攻撃時に煙の中から家紋が出現 ・愛姫の『めごは応援しております!』のセリフ発生時に炎ランプが非点灯 ・政宗『是ぞ真に好機なり!』のセリフが第3停止時に発生 【高設定ほど炎高確以外が選ばれやすい】 炎メーターが全点灯すると、炎高確、愛姫演舞、秀吉猿舞のいずれかに移行。 基本的には炎高確に突入するのだが、愛姫演舞は設定6のみ移行率が2倍。 秀吉猿舞への移行は、設定5と6の可能性が大幅にアップする。

次の

政宗2 設定6確定台で兵力80000超えで1000ゲーム以上お残し

政宗 設定

75 98. 13 99. 98 101. 68 105. 75 110. 23 115. スペックは、純増約2. 通常時は、レア役や チャンスゾーン「愛姫演舞」からARTを目指していくゲーム性で、青7が揃えば隻眼ノ乱へ、BARが揃えば奥州BONUSに突入する。 隻眼ノ乱中は、武将対決の勝利などで上乗せとなり、青7が揃う。 青7揃い時は、一部で 上乗せ特化ゾーン「秀吉決戦」に突入する。 また、 「超秀吉決戦」や 「秀吉覚醒」などといった新要素も搭載されており、前作から大きく進化している。 [NET(ネット)] 2020年8月3日(月)導入開始• [Bisty(ビスティ)] 2020年7月20日(月)導入開始• [Sammy(サミー)] 2020年7月6日(月)導入開始• [WORLD(ワールド)]• [Spiky(スパイキー)]• [BELLCO(ベルコ)] 2020年5月18日(月)導入開始• [Carmina(カルミナ)]• [PIONEER(パイオニア)]• [ACROSS(アクロス)] 2020年5月11日(月)導入開始• [D-light(ディ・ライト)]• [YAMASA(山佐)] 2020年5月7日(木)導入開始• [SanThree(サンスリー)] 2020年4月20日(月)導入開始• [ACROSS(アクロス)]• [Daito(大都技研)] 2020年4月6日(月)導入開始• [SANYO(三洋物産)]• [NET(ネット)] 2020年3月23日(月)導入開始• [Enterrise(エンターライズ)] 2020年3月16日(月)導入開始• [BALTEC(バルテック)]• [OKAZAKI(岡崎産業)]• [SANYO(三洋物産)]• [SANYO(三洋物産)] 2020年8月17日(月)導入開始• [SANKYO(三共)]• [MARUHON(マルホン工業)] 2020年8月3日(月)導入開始• [newgin(ニューギン)]• [Sammy(サミー)]• [FUJI(藤商事)]• [KYORAKU(京楽)] 2020年7月20日(月)導入開始• [Daiichi(大一商会)]• [TAKEYA(竹屋)]• [TAKEYA(竹屋)]• [SANKYO(三共)]• [SANKYO(三共)]• [newgin(ニューギン)]• [TAKAO(高尾)]• [MARUHON(マルホン工業)] 2020年6月15日(月)導入開始• [NISHIJIN(西陣)] 2020年5月18日(月)導入開始• [SANKYO(三共)] 2020年5月11日(月)導入開始• [newgin(ニューギン)]• [TAKAO(高尾)].

次の