オリンピック バッハ 会長。 「バッハ会長、東京五輪は中止」報道で浮き彫り! 始まった? 安倍首相vs IOCの「責任のなすり合い」(井津川倫子): J

「五輪開催時期の最終判断は時期尚早」 IOC会長

オリンピック バッハ 会長

内訳は6億5千万ドルが大会運営費、1億5千万ドルが影響を受ける国際競技連盟(IF)への支援などに充てるという。 バッハ氏は「我々の側としては、8億ドルのコストを見込んでいる」と語った。 大会組織委員会や東京都の試算によると、延期に関わる費用は3千億円前後とされる。 大会組織委員会はIOC側にも負担を求めているが、バッハ氏は日本とIOCとの分担については言及しなかった。 感染が収束しなければ、再度の延期を考えるかとの問いには「今後数カ月の進展による。 結論を出すには早すぎる」などと応じた。 ワクチンや治療薬が完成しない場合は、中止に追い込まれかねないとの懸念もある。 東京五輪はウイルス対策の経費もかさむ可能性がある。 大会組織委は聖火リレーの日程短縮や関連イベントの規模縮小なども検討し、経費の膨張を防ごうとしている。 都と組織委は競技会場の所有者やホテル側などとも交渉し、延期費用の確定作業を進めている。

次の

バッハ会長の年収や経歴!任期はいつまで?若い頃は金メダルリスト!

オリンピック バッハ 会長

東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長(76)が21日、オンラインで取材対応した。 国際オリンピック委員会(IOC)のトマス・バッハ会長は20日の英BBCによるインタビューの中で、新型コロナウイルスの影響で来年に延期された東京五輪・パラリンピックについて、21年の開催が無理ならば中止とする見通しを示したことについて、武藤事務総長は「報道で存じ上げているが、直接伺ったわけではない。 直接的なコメントは控えたい」と、述べるに止めた。 また、同インタビューの中で、安倍首相が1年の延期について「最後の選択肢」と強調していたと、バッハ会長が明かしたことについても「私は伺っていない。 安倍首相は事情を勘案して、1年程度の延期を提案されて、バッハ会長が了承したと理解している」と、説明。 延期を決定した3月24日のIOCバッハ会長と日本の安倍首相の電話会談の際、首相から「最後の選択肢」という発言はなかったのか?と問われると、「記憶の限りなかった」と、強調した。 一方で組織委の森喜朗会長も、これまでに「来年が無理なら中止」という見方を示している。 組織委とIOCの間で共通認識となっているか?との質問には「森会長は『それぐらいのつもりで準備していく』と強調されたと思う。 バッハ会長も同時に『1年先のことを現時点で議論するのは控えたい』とおっしゃっている。 私は共通認識はないと理解している」と、否定した。 バッハ会長が理由として「組織委が3000人から5000人の職員を雇用し続けるのは困難」としていることについては、「そのような発言をされたことについては、決して理解できないわけではない」としたが、「まだ検討をしていないので」と、話した。

次の

令和2年3月24日 国際オリンピック委員会(IOC)バッハ会長との電話会談についての会見

オリンピック バッハ 会長

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は英BBC放送のインタビューで、新型コロナウイルスの影響で来夏も五輪が開催できなければ中止となる見通しを示した。 バッハ氏は安倍晋三首相から21年開催が「最後のオプション(選択肢)」と伝えられたとも明かした。 21年以降の延期となった場合、再延期できない理由として「大会組織委員会が3000人、5000人もの人を雇い続けることはできないから、理解できる。 毎年、世界中のスポーツイベント日程を変更することはできないし、選手を不確実な状況には置いておけない」と語った。 組織委の森喜朗会長も日刊スポーツのインタビューで、来夏も新型コロナの終息が見込めなかった場合は「(22年への)再延期はない。 中止になる」と断言していた。 21日、オンライン会見に応じた組織委の武藤敏郎事務総長は、IOCと組織委の間に「来夏に開催できなければ中止」という共通認識があるかと問われたが「共通認識があるという理解はしていない」と否定。 バッハ氏の「最後のオプション」発言についても「その言葉はうかがっていないし、記憶にない」と述べた。 しかし、ある大会関係者は「22年には冬季五輪もユース五輪もある。 再延期はありえない」と話す。 五輪主催者と大会運営の各トップが同様の見解を示したことで「来夏に開催できなければ中止」という考え方は事実上、IOCと組織委の共通認識と見る方が自然な状況だ。 【三須一紀】.

次の