足 の 付け根 痛み。 足の付け根が痛い!考えられる原因を部分別に紹介!対処方法も知ろう!

足の付け根のおしりが痛い!痛みで後ろは?後ろ側への対処法も詳しく解説します!|フリーブログ。

足 の 付け根 痛み

足の付け根にある股関節は、立つ・座る・歩くなど日常の動作で頻繁に動く部位であることから、体の中でも特に負担がかかりやすく、痛みが出ることが多くあります。 最近、歩く時や座って足を組むときなどに足の付け根に痛みを感じるようになった• 急に足の付け根が痛くなった…気にせず過ごしていたら痛みが強くなってきた• 朝起きた時だけ足の付け根がこわばる感じがあったり痛みがでる このような場合に考えられる原因には、どのようなものがあるでしょうか。 足の付け根が痛い場合に考えられる病気 足の付け根に強い痛みが生じている、痛みが長く続いている、歩くのが難しい場合には、何らかの病気が原因となっていることがあります。 骨や関節・筋肉などの病気 足の付け根に痛みが現れる病気の多くが骨や関節、筋肉に関連しています。 変形性股関節症 とは、股関節の軟骨がすり減って関節が変形する病気のことをいいます。 初期には足の付け根やお尻、膝の上部にこわばりや重い感じを自覚し、主に立ち上がりや歩き始めといった動作で痛みを感じるようになります。 進行すると痛みが強くなることが多く、昼夜を問わず常に痛みが続くことも少なくありません。 日本では大部分は、小さい頃に先天性股関節(亜)があった方が、その影響で成人してからを発症するといわれています。 特発性大腿骨頭壊死症 特発性症とは、大腿骨頭の血流が悪くなり骨が壊死(骨組織が死んだ状態)してする病気です。 足の付け根に急に痛みが現れるのが一般的ですが、腰や膝、お尻の痛みから始まる場合もあります。 腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症 腰椎 ようつい とは背骨の腰の部分を構成している5つの骨のことで、骨と骨の間に 椎間板 ついかんばん というクッションの役割を果たす軟骨があります。 この椎間板が何らかの原因によって正常の位置から外れて、後方の 脊髄 せきずい や神経根(脊髄からでる神経線維)を圧迫する病気のことをといいます。 になると、多くの場合、腰痛のほかにおしりから足にかけて痛みやしびれが現れます。 まれに尿が出にくくなる、便が出にくくなるが起こることもあります。 ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう とは、背骨の中にある脊髄が通る空間が狭くなる病気のことです。 腰痛や足の痛み・しびれなどが症状として現れますが、足の痛みやしびれは安静時にはまあまり感じず、立ったり歩いたりしたときに痛みが生じ、座って休むと症状が軽快する傾向にあります。 どちらの場合も、腰の神経が刺激されて足の付け根に痛みが出ることもよくあります。 この場合、足をねじったりあぐらをかいたりしても痛みは変化しません。 鼠径リンパ節炎 鼠径とは、ウイルスや細菌などによって足の付け根のリンパ節に炎症が起きる病気です。 足の付け根にズキズキとした痛みや腫れ、しこりが現れるのが一般的で、炎症が強いと熱を持つこともあります。 受診の目安とポイント 痛みが強い場合、軽い痛みでも続いている場合、歩行が難しい場合には、股関節や大腿骨の病気が疑われます。 このような症状があれば一度、整形外科への受診を考えましょう。 受診の際には、どのような時に痛むのか(歩く時に痛い・何もしなくても痛いなど)、いつ痛むことが多いか(朝・夜など)、股関節が動かしにくくなっているか、他にどのような症状があるかなど、分かる範囲で詳しく伝えましょう。 日常生活上の原因と対処法 足の付け根に痛みが現れるのは、病気が原因になっているだけでなく、や運動不足、血行不良といった生活習慣が関係していることもよくあります。 肥満 股関節は、体重を支えるために重要な役割を果たしており、歩行時に体重の約3倍、起立時に体重の約6〜7倍かかるといわれています。 体重が重くなると股関節への負荷が大きくなることから、体重が重いほど痛みが現れやすくなります。 正しいダイエットをするには 痩せるためには、食事の制限と運動の実施が基本となります。 極端な食事制限や偏った食事などで無理に体重を減らすと健康に害を及ぼす可能性がありますので、ダイエットがうまく行かない人は一度医師に相談してみるとよいでしょう。 運動不足 股関節の周囲には、腸骨筋や大腰筋、長内転筋といった筋肉があります。 運動不足などによって股関節周囲の筋力が低下すると股関節への負担が大きくなり、関節軟骨がすり減って摩擦が起きやすくなります。 そして、その摩擦が炎症を引き起こし痛みとして現れます。 運動不足を解消するには 痛みがあると運動をさらに控えてしまいがちですが、運動不足が原因であれば、運動して股関節周囲の筋力を鍛えることが重要となります。 ウォーキングやストレッチ、体操など、軽い運動から始めるのがよいでしょう。 ただし、痛みがあるときに運動すると、かえって痛みが強くなってしまう可能性があります。 痛みのないときに無理のない程度で行うようにしましょう。 冷え・血行不良 体が冷えると血管が収縮するなどして筋肉に老廃物が溜まり、筋肉が硬くなります。 硬くなった筋肉は血管を圧迫して血行不良になり、血行不良からますます筋肉が硬くなります。 股関節の周囲にはさまざまな筋肉がありますが、血行不良からその筋肉が硬くなって動きが鈍くなり、いつも以上に関節に負担がかかることで、関節に痛みが生じるとされています。 冷えや血行不良を防ぐには 日常生活で体を冷やさないようにする、体を温めるようにすることが大切です。 具体的な対策としては、冷房を控える、体が冷えやすい服装を控える、体を温める食べ物を摂取する、軽い運動を取り入れる、入浴するなどです。 冷えが原因だと感じる場合には、これらの対策を実施してみましょう。 良くならない時には 上で挙げた対処法を試してもよくならない場合、思わぬ原因が潜んでいる可能性もあります。 一度整形外科で相談してみましょう。

次の

足の付け根が痛いのはナゼ?放っておくと怖い隠れた病気をチェック!|綺麗のトリセツ

足 の 付け根 痛み

足の付け根の場所別の痛みやしびれの原因 足の付け根は、比較的広範囲は年齢で痛みが生じやすいと言われていますが、足の付け根と一口にいっても、場所によって発症原因が異なります。 そこでここでは、場所別に痛みやしびれの原因をご紹介したいと思います。 内側の足の付け根の痛みの原因 内側の足の付け根の痛みの原因として考えられるのが、股関節の疲労や変形です。 股関節には、体を動かすために必要な筋肉が密集していることから、痛みや違和感が出やすい場所と言われています。 スポーツを日常的に行っている方は、筋肉疲労が起こりやすいため、慢性的に足の付け根が痛むという場合もありますし、これまで殆ど運動していなかった人が急に動いた後にも、やはり筋肉が疲労して痛みが出るケースもあります。 また、生まれつき股関節に変形がある方や、加齢によって股関節が変形することでも痛みが起こる可能性があります。 外側の足の付け根の痛みの原因 足の付け根の外側が痛む原因には、骨の歪みや筋肉の衰えなどが考えられます。 足の付け根の外側は腰と繋がっていることもあり、腰痛を伴う方も多いのが特徴です。 長時間椅子に座っていると、下半身に大きな負担が掛かって神経が圧迫されることで、腰や尾てい骨などにしびれや痛みが生じ、その痛みを庇うために無理な姿勢になってしまい、結果として外側の足の付け根にも痛みが出てしまいます。 また、内股や外股で歩く癖のある方も股関節に負担が掛かり過ぎてしまい、外側の足の付け根に痛みが出るケースもあります。 前側の足の付け根の痛みの原因 前側の足の付け根が痛む原因も、外側と同様に骨の歪みや筋肉の衰えが考えられます。 特に、デスクワーク中心の仕事をしている方は、長い時間腰から足の付け根の神経が圧迫されるため、この場所の痛みが出やすいと言われています。 最初は「腰や足の付け根に違和感がある」「歩くとちょっと痛い」くらいだったのが、そのまま放置することによってだんだんと痛みの間隔が短くなり、痛みも強くなってきます。 後ろ側の足の付け根の痛みの原因 後ろ側の足の付け根が痛む方は、付け根だけではなくお尻や太ももにも痛みを感じる場合が多いようです。 これは、 後ろ側の足の付け根の痛みの原因に、座骨神経痛が考えられるからです。 長時間座りっぱなしの作業が続いたり姿勢が悪いと、座骨に負担が掛かり痛みが生じます。 そして、その痛みを避けるように無理な姿勢をとることで、筋肉の疲労やコリが起こり足の付け根も痛むようになってしまいます。 しこりを伴う足の付け根の痛みの原因 足の付け根に痛みがあり、しかも触るとしこりのように指に触れるものがある。 このような場合、多くは リンパ節が腫れているのが原因と考えられています。 リンパ節とは、全身を巡るリンパ液が集まる場所です。 風邪などのウイルス感染を起こした場合や怪我などをした時は、リンパ液によって病原体を処理するため、リンパ液が溜まる場所が腫れることがあります。 また、しこりがどんどんと大きくなる、痛みが強くなるなどの場合は、ガンなどの病気の可能性もあります。 しびれを伴う足の付け根の痛みの原因 足の付け根の痛みにしびれが伴う場合は、股関節炎や座骨神経痛が原因となっている可能性が考えられます。 また、座骨神経痛を発症する原因の多くは、腰椎椎間板ヘルニアとも言われています。 足の付け根が痛い時の原因と病気の可能性は? 足の付け根が痛い時には、筋肉疲労や加齢による股関節の変形の他にも、病気や様々な原因が考えられます。 ここでは、原因として主だったものをいくつかご紹介したいと思います。 腰痛や坐骨神経痛 足の付け根が痛む時、同時に腰やお尻が痛む時は腰痛や座骨神経痛が原因と考えられます。 腰痛や座骨神経痛を発症する原因には、体内のコラーゲン量が減ることで関節にある軟骨がすり減ってしまい、骨がずれて痛みが出ることがあるようです。 日常生活の乱れ 背筋が曲がっている、猫背、長時間立ちっぱなしで作業をしている、足を擦るような歩き方をしている、足を組む、いつも同じ肩にバッグを掛けて通勤しているなど、 毎日の生活の中で腰や下半身に負担を掛けやすい体勢をとっていることで、股関節周辺の筋肉や神経が圧迫され、痛みが生じます。 妊娠中 妊娠をすると、急に足の付け根が痛むようになったという妊婦さんは以外と多いようです。 これは、 妊娠によって骨盤が開いて痛みが生じる場合と、胎児が成長するに従い骨盤周辺の筋肉や骨が圧迫されることで、骨盤に近い足の付け根にも痛みが起こるためと考えられています。 産後 赤ちゃんを出産後、骨盤は約半年ほどの期間をかけてゆっくりと元の位置へ戻ると言われています。 しかし、多くの女性は骨盤が戻らないうちに家事や育児を行うため、骨盤に負担が掛かってしまい、足の付け根に痛みが出てしまいます。 スポーツ障害 これまで全く走ったことのなかった人が急にジョギングを始めると、多くの場合筋肉痛になりますよね。 しかし、この時足裏で受けた衝撃が股関節にもダメージを与え、足の付け根も痛むというケースが多くあります。 特に、アスファルトやコンクリートなど固い地面を走ると、シューズの底では吸収しきれない衝撃が股関節に掛かりやすくなってしまいます。 また、サッカーのように軸足でバランスをとりながら、もう片方の足を横に開いてボールを蹴り出すという動作は、股関節に負担をかけやすいと言われています。 変形性股関節症 変形性股関節症は、女性に多い病気と言われています。 先天性の場合、男児に比べて女児の発症率は6~10倍も多いと言われ、生まれながらに股関節が脱臼していたり、または脱臼しやすい病気ですが、現在では治療によって改善や回復が見込める病気と考えられています。 しかし、元々弱い部分であることは確かなので、加齢によって軟骨がすり減ってしまうことで、足の付け根の痛みとなって症状が現れることが多いと言われています。 バージャー病 喫煙者に多いと言われている病気で、タバコのニコチンによる血行不良が原因で血管が詰まりやすくなり、足の付け根が痛む他、下半身のしびれや血色が悪いといった症状を引き起こします。 グロインペイン症候群 グロインペイン症候群は、サッカーを行っている方に多いと言われている疾患です。 グロインペイン症候群は、鼠径部痛症候群とも言われるように、鼠径部=足の付け根に強い痛みが生じます。 元日本代表の中村俊輔選手も、このグロインペイン症候群を発症したと言われていますが、サッカーの場合片足に重心を載せ、もう片方の足で強く蹴り上げる動作が多いため、股関節や恥骨部分に負担が掛かって痛みを起こすと考えられています。 鼠径ヘルニア(脱腸) 鼠蹊ヘルニアは、脱腸と呼ばれる病気です。 脱腸と呼ばれるものの、実際には腸が出てしまうということではなく、腹膜の一部が飛び出して鼠径部にしこりや腫れとなって現れます。 鼠蹊ヘルニアは、足の付け根に痛みが生じるだけではなく、放置しておくと血行不良に陥った臓器が壊死する可能性もあるため注意が必要です。 関節リウマチ 関節リウマチの発症原因ははっきりと解明されていませんが、免疫機能の異常によるものと考えられています。 通常免疫とは、体の外から侵入してきたウイルスや病原体に対して攻撃をしたり除去する働きを言いますが、この免疫機能に何らかの異常が起こり、攻撃対象ではないものまで破壊してしまうことを自己免疫疾患と言います。 関節リウマチはこの自己免疫疾患の一つであり、免疫が正常な関節を攻撃してしまうため、痛みや炎症が起こります。 糖尿病 糖尿病の初期症状の一つに、足の付け根の痛みやしびれがあります。 糖尿病は悪化するまで自覚症状が少ないと言われていますが、足の付け根の痛みやしびれの他に血行不良による手足の冷えなどがある場合は、糖尿病を疑って早めに病院を受診しましょう。 足の付け根が痛い時に効果のあるおすすめのストレッチ! 立っているだけでもつらい、歩くと痛みが出る、といった足の付け根の痛みにお悩みの方にお勧めな、足の付け根の痛みを解消するストレッチをいくつかご紹介したいと思います。 歩くと足の付け根が痛い時に効果的なストレッチ 1. 床に座り、足の裏同士をくっつけます。 体をゆっくりと前に倒して行きます。 この時、股関節の内側を外に引っ張るような感覚を意識しましょう。 両肘を足の内側を抑えて、痛みがある方の足の付け根が上がってくるのを防ぎます。 この体勢を20秒続けたら、体を起こします。 これを3セット行いましょう。 次に、床に膝立ちになり、痛みのない方の足を90度に開きます。 その体勢のまま、痛みのない方の足へゆっくりと体重を移動していきます。 背中が曲がったり、痛みのある方の足の膝が前に出すぎないようにしましょう。 さらに、痛みのある方の腰に添えた手で股関節を押しましょう。 これを20秒行い、3セット繰り返します。 股関節の痛みを解消するストレッチ 1. ベッドに仰向けに寝ます。 体をベッドの端に移動させ、片足(ベッドの端側にある足)を床に下ろします。 足の重みで股関節を引っ張り、痛みを軽減します。 5分を目安に行うとよいでしょう。 足の付け根の痛みやしびれが続くときは病院は何科に行けばいいの? 足の付け根の痛みやしびれが続く時は、大きな病気が原因の可能性もあるため、病院を受診するようにしましょう。 その際、最初にかかるのは「 整形外科」になります。 病院での治療はどのようなのがあるの?費用は? 足の付け根が痛む原因は様々にあるため、その原因によって行われる治療は異なります。 例えば、座骨神経痛が原因だった場合は、薬による痛みの軽減を始めとして、温熱療法や運動療法による症状の改善などが治療として行われます。 なお、治療に掛かる費用についても内容によって異なるため、一概に「これくらい」とは言えませんが、 症状があって病院へ行った場合は保険が適用されます。 整骨院やマッサージなども効果的なの? 足の付け根の痛みの原因にもよりますが、整骨院やマッサージなどの治療によって症状が改善されることは十分に考えられます。 ただし、整骨院やマッサージでは体の内部の病気を発見することは難しいため、糖尿病やリンパ節のガンが原因による足の付け根の痛みを判別することができません。 そのため、まずは病院でしっかり検査を受け、その上で筋肉疲労や骨の歪みが原因とわかったら、整骨院やマッサージで施術を受けるのがよいでしょう。 まとめ 足の付け根の痛みは、姿勢や歩き方などの日常生活を変えることで、軽減することができるケースも多くあります。 体のどこかが痛いと、その痛みを抑えようとまた別のところに負担が掛かり、痛む場所がどんどんと増えてしまいますので、早めに改善することが大切です。

次の

第7回 「強剛母趾」を知っていますか~親指付け根の痛み、痛風とは限りません~|足の悩み、一挙解決|時事メディカル

足 の 付け根 痛み

Contents• 太ももの付け根が痛い…、恵比寿整体院でもよく頂くご相談で私自身にもよく起こる症状です。 太ももの付け根はといいます。 聞き慣れない言葉ですが、この鼠径部には体の最も太い筋肉、大腿四頭筋(だいたいしとうきん)や内転筋が走行しており、太ももの使い過ぎ、運動やスポーツでの太ももの筋肉痛の時、太ももの付け根の痛みや違和感として感じやすいものです。 今回は太ももの付け根が痛いとき、そのタイプ別の治し方のコツを解説します。 太ももの付け根が痛いときや太ももの付け根の違和感は大腿四頭筋や股関節を動かす大きな筋肉の緊張によるものです。 鼠径部や股関節付近は太いスジが数本走行しており、疲労や冷えやコリによる緊張を起こしやすい場所なのです。 スジは一回緊張してしまうと自然には回復しにくく慢性的なコリを作ります。 そのような場合にはツボを圧して即効的にスジの緊張をとることができますし、ストレッチなどでもコリを緩めることができます。 「太ももの付け根が痛い」というお悩みは女性に多い 女性は妊娠出産という大仕事で骨盤と股関節が大きく変化しますので、出産後に股関節の痛みや違和感、太ももの付け根が痛いお悩みを訴える方が多くいらっしゃいます。 また女性は足と下腹部が冷えやすく、下半身のスジの緊張を引き起こしやすい体質です。 太ももの付け根が痛いときのの原因・冷えとコリ 筋肉痛や妊娠、出産による骨盤や股関節の変化はどうしようもないものですが、足の冷えや内臓の冷えがあると更に股関節の歪みが固定され、股関節や骨盤を支えている太いスジの緊張が取れず慢性的なコリとなって痛みを引き起こします。 痛みとまではいかなくても、太ももの付け根や股関節の違和感として気になっている女性も多くいらっしゃいます。 鼠径部や股関節の痛みに限らず、冷えや血行不良は「万病のもと」ですからこれらを改善できる東洋医学は股関節や骨盤を含む鼠径部や、女性のお悩み解消が得意分野なのです。 冷えやコリが原因なら下半身を温めたり、鼠径部周辺のスジやツボを施術することで改善することができます。 スポーツマンや運動選手、ダンサーなどにも多い太ももの付け根の痛み 体を使うのがお好きな方は、特にこの太ももの付け根や股関節に負担をかけて痛めてしまいます。 腰よりこの辺りにお悩みを抱える方の方が多いと思いますが、骨盤と大腿骨をつなぐのは股関節だけですので、体の力を上手く伝え体の力を最大限に発揮するには、この辺の柔軟性はとても大事なのです。 股関節が固い、太ももの付け根が固いような方は、後述するツボやストレッチで十分に解消することができますので、ぜひパフォーマンスアップ、怪我の予防の為にも実践してくださいね。 実は私、鼠径部(太ももの付け根、股関節も含む)の痛みの解消は得意分野なのです。 すまんね、鼠径部君… 自分でできるツボ圧しやストレッチ、柔軟など股関節のセルフケアも自分の体で効果があることを実感していますし、恵比寿整体院でも数多くの股関節の痛みを診て解消してきましたのはそのような自分の経験が役立っています。 自分の体や多くの患者さんの体を診てきて、鼠径部周辺や股関節や足首や膝関節の問題って一つの関節だけの問題だけではなくその前後の関節が問題であることがよくあります。 例えば、足首が固いから股関節に負担がきて痛めてしまったり、逆に股関節が固いから足首を痛めてしまったり、あと右の股関節が固いから反対に左の股関節が痛くなるなど、特に股関節、膝関節と足首は上下左右の関節のバランスが大事なのです。 特に股関節に柔軟性がなく固いのは、スポーツマンにとって命取り、膝や足首を痛める原因にもなります。 ですので、整体などでの股関節の治療もその前後の関節や反対側の股関節や足首のケアまで必要なのですが、なかなか全体的な治療ができるところは少ないようですね、大体の整体や治療院、病院では痛みのある場所ばかり攻めてしまい、施術や治療が逆効果であることも多くありますので、股関節の痛みの原因と治し方を知ることが大事です。 股関節の構造 太ももの筋肉・大腿四頭筋 筋肉痛といえば太ももですね。 太ももの大腿四頭筋は人体の中で最も太く強い筋肉です。 それだけ負担のかかる所なんですね。 太ももの大腿四頭筋が緊張してくると太ももの付け根の痛みとして感じますので、太ももの付け根が痛いときにはこの大腿四頭筋をツボやストレッチで緩めるのが効果的です。 参照リンク:(外部リンク) 太ももの付け根が痛いときのセルフケア ここでご紹介する方法は、整形外科の処置が必要な場合を除きます。 歩いたり階段を上ったり下ったりすると鼠径部(太ももの付け根や股関節)が痛かったり、股関節付近の違和感が慢性的にある場合、股関節付近のスジが緊張して固定化されてしまっていることが多く、触っただけでもくすぐったいくらいに緊張していることもあります。 そのような場合は、自分でツボやストレッチで緊張をとることができます。 関節の痛みや違和感はセルフケアしやすい症状で股関節のツボは自分でも圧しやすいですし、股関節を柔らかくする効果的なストレッチもあります。 太ももの付け根が痛いときに役立つツボ このツボは私も施術で多用するところです。 太ももの付け根が痛いときに効果的なツボは2点あります。 2点とも自分でも圧しやすいところにありますので、写真を参考にしてツボを探してみてください。 おしりの横のツボ 写真のように拇指を当て、拇指で床に向かって圧していきます。 からだの横から圧す感じですね。 拇指で深く圧していくとグリッとしたスジがありますので、スジを拇指でとらえて圧してください。 このツボは大腿四頭筋の起始部にあり深いところにありますので、お尻にお肉が多めの方はお肉をかき分け頑張ってみてください。 v字ラインのツボ 足の付け根、Vラインの際にとても効果的なツボがあります。 ここのツボはとても狭い範囲にありとれるツボとしては一点です。 スジとスジのつなぎ目ですので分かりやすいと思います。 写真のように仰向けに寝て、膝を曲げたときのVラインの際です。 太ももの付け根・鼠径部の外側ですね。 膝を曲げてから探して圧すと分かりやすいツボです。 これも横から圧すようにしますが、浅いツボなので少し圧すだけで気持ちよかったり響きがあると思います。 下腿の方に響くことが多くあります。 太ももの付け根や股関節が痛いときはとても効くツボですのでぜひ見つけて圧してみてください。 ツボが見つかったら5,6秒持続圧をします、5,6回繰り返して圧してみてください。 ツボはうまく圧せませか? ツボはスジのコリや緊張をとるのに大変効果的です。 長い人生、ツボは覚えておくと必ず役に立ちますよ。 ツボについて詳しく知りたい方はツボ基礎知識をご参考ください、ツボについて学べます。 ツボ基礎知識• スジが痛いときのツボ:特効穴• 太ももの付け根が痛いときに役立つストレッチ スジのコリが原因で太ももの付け根が痛いときに役立つストレッチがあります。 太ももの付け根が痛いときだけではなく、体の柔軟性を高め力強い体作りのためにも最適なストレッチです。 ストレッチのコツ 太ももの付け根のストレッチに限らず、安全に効果的に体をストレッチするには呼吸を上手く使うことです。 呼吸が浅いままいくらストレッチを頑張っても準備運動くらいの効果しかありませんし、無理に行えばスジを痛めてしまいます。 このストレッチ・ツボガイドでもご紹介しているストレッチは全て腹式呼吸を使って行うように解説していますので、安全に効果的にストレッチするためにも深い呼吸を心がけてください。 腹式呼吸のやり方 息は口から吐いて、鼻から吸うようにします。 床から手を離すとグラグラしてしまう人は、そのまま床から手を離さずにストレッチしてくださいね。 柔らかい人は膝の上に手を置いてストレッチすることでより深く鼠径部をストレッチできます。 深く呼吸することがメインですから、腹式呼吸を忘れずに。 更に上記のまま鼠径部や腰やお腹の中をストレッチできるやり方があります。 で解説していますが、これはかなり深く腰や脊椎を伸ばしますので、鼠径部だけでなく腰、太ももの前部、股関節、腹部、特に冷えや瘀血(おけつ)という状態の内臓にとても効果的なのです。 お腹の中がストレッチされると内臓までストレッチされてとんでもなく気持ちがいいのですね。 youtube. 腰のストレッチとして作りましたが同じストレッチの形です。 写真だけではわかりにくかった人はご参考ください。 半身浴 妊娠出産後には、骨盤内に古い血が溜まり瘀血(おけつ)という血液が汚れた状態になります。 女性はこの瘀血(おけつ)という状態になりやすく、血液の流れが滞りやすいので積極的に冷えや瘀血(おけつ)を改善していくことが大事です。 下腹部や骨盤内がうっ血している状態は骨盤の歪みを引き起こして鼠径部周辺の痛みや違和感の原因ともなりますので、半身浴で血液の流れを回復させることが鼠径部の症状を改善するのにも役立ちます。 半身浴は、ストレッチのような鼠径部(太ももの付け根や股関節)を柔らかくする直接的な方法ではありませんが、全身の血行を良くして気の滞りをとる効果があります。 という循環不良の状態を改善するには欠かせません。 習慣づけていただければ、鼠径部だけではなく体全体が芯から柔らかくなりますよ。 半身浴の後にご紹介したストレッチを行っていただければ完璧です。 鼠径部周辺はスジも太く、冷えや血行不良の影響を受けやすいのでツボとストレッチと共に冷えを改善していくこともとても大事です。 半身浴のやり方• お湯はみぞおちくらいまで、心臓は温めません。 下半身だけ温めたいので、腕は必ず出して入ります。 お腹の中が温まるまで20分は入ります。 長い分にはいくら長く入っても良いです。 工夫して半身浴を楽しみましょう。 さらに詳しくはをご参照ください。 太ももの付け根が痛いときは東洋医学がお役に立てる 上記のセルケアでも十分に太ももの付け根や股関節の痛み、違和感を改善できますが気の滞りが深くなってくるとコリがなかなか取れなくなってきます。 慢性的に太ももの付け根が痛い方、冷え性でスジがコリ固まっている方、気の滞りが深い方は整体や鍼灸、指圧などツボや経絡の専門家の施術を受けてみるられるといいかと思います。 冷えや気の滞りが深い時には的確なツボへの施術が大事で、力任せの施術などは逆効果になることもありますので治療院を選ぶ際にはご注意ください。 お近くでしたら、にご相談いただいてもいいですし、検索で、お住まいの地域 + ツボ、経絡 + 整体、鍼灸、指圧 などでも東洋医学の専門家が探せます。 まとめ.

次の