トーク ルーム 作成。 【LINE】同じメッセージを複数のトークに一斉送信する方法!

LINEのグループトークと複数人トークの違い|トークの作り方も解説

トーク ルーム 作成

様々なビデオ会議システムがリリースされ、遠く離れたところでも、一瞬のうちに繋がり、顔を見ながら話すことができるようになってきた。 私は、オンライン教育プロデューサーとして、いろいろなビデオ会議システムを使用し、状況によって使い分けている。 主に使っているのは、 ・グーグルハングアウト ・スカイプ ・appear. in ・GoToMeeting ・WizIQ の5つだったが、この中に超強力なビデオ会議システムが割り込んできた。 それが、 Zoom. us である。 アメリカの友人の何人かとビデオ会議をするときに、彼らが、「Zoomで話そう」と言ってきたことがきっかけで、Zoomを使うようになった。 Zoomの特徴としては、次のことが挙げられる。 1クリックでルームに繋がる。 オンラインホワイトボード機能がついている。 録画機能がついている。 多人数で同時ビデオチャットができる。 40分間までのミーティングは、無料アカウントで使える。 アカウント料金が、比較的安い。 1)1クリックで繋がるのはとても重要なことだ。 初めてミーティングする相手に対して、会員登録やアカウント作成をお願いするのは面倒だし、パソコンが苦手な相手には、その作業が大きな負担になる。 また、有料のオンラインワークショップなどを行うときには、テクニカルサポートの労力が大幅に減る。 これと同様に1クリックで繋がることができるのは、GoToMeetingとappear. inだが、appear. inは、無料のサービスということがあり、時間帯によっては接続が安定しないことがある。 有料講座などを行うときは、GoToMeetingかZoomを使いたい。 2)オンラインホワイトボードがついていて、参加者全員で書き込めるのは、とても便利だ。 WizIQにもオンラインホワイトボードがついているが、WizIQはビデオチャットの接続トラブルが多いのが難点であり、ビデオチャットの接続が安定していて、さらにオンラインホワイトボードが使えるというのはZoomの大きな強みである。 3)オンラインミーティングをするときに、欠席者のために録画しておきたいということは多いだろう。 私は、通常、カムタジアスタジオなどのスクリーンキャストソフトを使って録画している。 しかし、Zoomには、最初から録画機能がついており、1クリックでミーティングを録画できる。 ただし、ネットの接続が切れてしまったりすると、そこで録画が終わってしまうので注意が必要だ。 GoToMeetingにも同様の録画機能がついているが、こちらは、ビデオ会議の音声とスクリーンシェアされている画面だけが録画され、参加者の顔などが映ったビデオは録画されないので、その点はZoomのほうが使いやすい。 4)Zoomで最大何人までビデオで登場できるのかは、まだ確かめられていない。 私が確かめた範囲では、13人でもちゃんとビデオ会議ができていた。 GoToMeetingが6人までであることを考えると、Zoomの使いやすさが際立つ。 appear. inは8人まで同時ビデオチャット可能だが、6人を超えると接続が悪くなることが多い。 5)40分までの通話なら無料で利用できるというのは、仕事のミーティングなどに使うときには制約となるが、この制約の中でもいろいろな使い方を考えることができるだろう。 例えば、ワールドカフェ形式のオンライン対話セッションをやるときに、30分でルームを切り替えてメンバーをシャッフルするなどの使い方ができるかもしれない。 6)50人まで参加可能なルームが、約15USD 月額)で利用できます。 これは、GoToMeetingの半額以下となっています。 Zoomの無料アカウントを作ってみよう では、まず、Zoomの無料アカウントを作ってみましょう。 まずは、こちらにアクセスしてください。 無料アカウントの作り方は、こちらのビデオを参考にしてください。 Zoomのルームを作ってみよう アカウントを作成したら、ルームを作って、お友達にURLを送ってビデオチャットをしてみましょう。 こちらのビデオを参考にしてください。

次の

今さら聞けない?!LINEグループの作り方から、招待・退会・削除方法まで解説

トーク ルーム 作成

LINEグループと複数人でのトークルームは違う! 複数人でのトークルームとLINEグループとは、少し使い勝手が違います。 複数人でのトークでは、アルバムやノート機能が使えませんが、友だちの参加を待たずにすぐ会話を始められます。 ちょっとした用事があるときや、雑談をするのにちょうどいい、井戸端会議のようなイメージです。 グループでは、招待した友だちが「参加」することが必要です。 参加する前のトークは見ることができませんが、アルバムやノートに投稿されているものなら後から参加しても見ることができます。 最も簡単なやり方は、トーク画面右上のボタンをタップしてトークを選び、友だちを選択する方法です。 作成をタップすれば このように、すぐに複数人でのトークを始められます。 また、トーク画面右上メニューの「招待」から友だちを選んでもOKです。 トークルームのメンバーなら誰でも、好きな友だちを招待できます。 LINEグループの作り方を見ていきましょう。 複数人のトークルームをLINEグループにする作り方 簡単なのは、上で作ったような複数人でのトークルームを、そのままLINEグループにする方法です。 グループにしたいメンバーが揃っているトークルームで、「 その他」をタップします。 次に「 グループを作成」をタップします。 メンバーの追加・削除を決める画面に移ります。 下に表示されているのは現在複数人トークに参加しているメンバーで、最初から自動的にグループに追加されていますが、ここでメンバーから外すこともできます。 次にグループ名やアイコンなどを決めたら、「作成」を押してLINEグループ作成完了です! 招待された側は、「 参加」をすることで、LINEグループのトークに参加することができます。 グループ名やアイコンは、メンバーの誰でも後から変更することができますよ。 「ホーム」画面でのLINEグループの作り方 「ホーム」画面からも、LINEグループを作れます。 左下の「ホーム」画面の右上をタップすると「友だち追加」画面にいけます。 「友だち追加」画面で、「 グループ作成」をタップします。 「グループ作成」画面の「追加」から、LINEグループに入れたい友だちを選んで、同じようにグループ名とアイコンを決めたら、作成完了です。

次の

トークルームの作成

トーク ルーム 作成

トークルームとは メッセージ(トーク)のやりとりは、「トークルーム」と呼ばれる画面で行います。 トークの種別にかかわらず、進行中の会話(トークルーム)はすべて「トーク」メニューから開くことができます。 このページでは、 「トーク」メニューでできることを説明しています。 トークの始め方については、 「 メッセージを送信する」 も参照してください。 スマートフォン版 1. 「トーク」メニューで任意のトークをタップします。 該当するトークルーム画面が開きます。 NOTE: トーク画面の一覧には、連絡先メニューで自分から参加したトークルームの他、招待されたトークルームが自動で表示されます。 iOSアプリ v2. 0以降をお使いの方へ: バージョンアップにより、以下の点が変更になりました。 トークとチームを作成できるようになりました。 詳しくはこちらのお知らせをご確認ください トーク画面からトークルームを作成し、トークを送信することができます。 「トーク」メニュー画面から、以下の手順でトークルームを開きます。 手順 1. 招待したい個人/組織/チームにチェックを入れ、[選択]をタップします。 チームを招待する場合については、 「 チームを作成する」 を参照してください。 NOTE: 招待したいユーザや組織が表示されない場合には、社内の管理者ユーザにお問い合わせください。 トークルームが開きます。 これで作成は完了です。 トークルームの上部には「メッセージ 参加者の人数 」が表示されます。 「トーク」メニューでは招待者がコンマ区切りで表示されます。 トークルームを非表示にする 参加中のトークルームを非表示にできるようになりました。 NOTE: 個人・組織のトークルームからは退出できませんが、非表示にすることができます。 トークルームを非表示にするには、以下の手順で行います。 手順(スマートフォン版) トーク一覧で、非表示にしたいトーク上を左にスワイプし [非表示] をタップします。 Android版で非表示にするには: 非表示にしたいトーク上でロングタップし [非表示]をタップします。 非表示中のトークルームを再表示するには、以下の手順で行います。 手順(スマートフォン版) 1. 設定メニューの「非表示のトーク」をタップします。 再表示するトーク上で左にスワイプし [非表示]をタップします。 Android版で非表示にするには: 再表示したいトーク上でロングタップし [再表示]をタップします。 NOTE: 「非表示のトーク」は、1つ以上のトークルームを非表示にした場合に表示されます。 トークルームの通知をオフにする 参加中のトークルームごとに、新着メッセージの通知のオンオフを切り替えることができるようになりました。 通知オフの使い方: 緊急を要する業務を扱わないトークルームの通知をオフにしておけば、緊急度の高いメッセージの通知により気付きやすくなります。 通知をオフにしたトークルームでも、未読カウントは有効です。 PC版またはスマートフォン版で通知オフにした場合、PC版(デスクトップ通知)とスマートフォン版(バナーまたはポップアップ通知、サウンド、バイブレーション)の両方で通知オフになりますのでご注意ください。 トークルームの通知をオフにするには、以下の手順で行います。 手順(スマートフォン版) 1. 画面右上の矢印をタップします。 [通知OFF] をタップします。 トークルームの通知がオフになり、トークルームのタイトルにミュートマークが表示されます。 また、トーク一覧にもミュートマークが表示されます。 通知をオンにするには、手順2のメニューで「通知ON」をクリックします。 iOS版では、トーク一覧からも以下の手順でトークルームの通知をオンにできます。 通知オフのトークルーム上で左にスワイプします。 [通知ON] をタップします。 トークルームの通知がオフになり、トーク一覧の日付とトークルーム名にミュートマークが表示されます。 サブメニュー.

次の