剣盾 たたりめ。 【ポケモン剣盾】ロトムの育成論と対策【唯一の電気ゴースト】

【ポケモン剣盾】ローブシンの育成論と対策

剣盾 たたりめ

こんにちは、もけもけと申します。 この度は構築記事を開いていただきありがとうございます。 シーズン7ランクバトルお疲れ様でした。 最終2桁にはギリギリ届きませんでしたが、自身最高の結果を残せたので記事に残したいと思います。 【コンセプト】 ・ステロor状態異常を絡めてこちらのックスエースor鉢巻ゴリラ、スカーフを対面的に通していく。 ・選出時点では考慮しにくい型のエースを押しつける。 C振りではあるがミラーが起こった際に相手の襷を貫きたいので竜打点としてドラゴンアローを採用。 鬼火や電磁波で相手の初手ックスに抗えたり、打点のない相手にも状態異常技で最低限の仕事ができる点が偉かった。 環境が物理に寄っているため、ックス時の撃ち合い性能がかなり高かった。 このが悪巧みを積んだ状態になると、相手は強制的にックスを切らないと受けられない状況になることが多い。 かつ場持ち性能が非常に高いため、ックスが終わったあとにエアスラ怯みを押しつけられる展開になることが多かった。 炎技としてマジカイムを採用することで、本来不利をとってしまうような一部の特殊 例:、火 に対しても抗えるようになった。 後述するエースバーンが相手のエースバーンに対してどうあがいても同速勝負をしなければならないであるため、対エースバーンの処理ルートとしても重宝した。 はを出しにくい電気ックスエース パッチラゴンや飛 入りや耐久振りのに対して撃ち合えるように採用。 ダイナックルを撃てることで低速パーティによりこのを通しやすいと感じたため、最後の一枠に跳び膝蹴りを採用した。 結果、命中不安に泣きやすいになってしまったが外しはご愛嬌。 大体の相手は氷柱落としを考慮するとに対して引けないため、初手を無駄打ちさせることが多かった。 環境に増えていたゴリランダーに対しても突っ張る選択肢が可能であるため、雑に初手に投げて仕事をできることは多い。 今シーズンはを舐めている構築も散見されたためかなり強いだった。 初手出しは警戒されていた印象だったため、裏に置いて最後にコイツのグラススライダーを通すことが多かった。 ステロと組むことで草技の通しにくい飛行や炎タイプにもこのを通しやすくなると考えてステロ巻きと合わせて使用していた。 途中まで吹き飛ばしではなくなまけるを採用していたが、ラム持ちや浮いてる身代わり持ちが怖く、この技構成に落ち着いた。 ゴリランダーと一緒に選出した際にグラスメー下で地面技を打ちたい場面が少なからずあったので、10万馬力を採用。 と比べてラム持ちやゴリランダー等に対してもビビらず選出しやすいだった。 正直2桁に届かなくてめちゃくちゃ悔しいので次こそは頑張ります。 mokemokepoke.

次の

【ポケモン剣盾】最強ポケモンランキング(シングル環境)【ソードシールド】

剣盾 たたりめ

みなさま、S4お疲れ様でした。 今回は、剣盾S4開始時~最終日まで使用した構築の紹介になります。 終盤には、型を一点読みした動きをされることも増えたため、 初手での選出を控えサイクルの中で場に出すよう心がけました。 序盤~中盤までは選出率も高く、中々の活躍してくれました。 終盤には対策が進んだため全く選出機会がありませんでしたが、 相手の対策枠の選出誘導として一定機能してくれることに期待し、 最後まで採用し続けました。 強運+ピントレンズでの突破性能が非常に高く、 急所で試合を拾ってくれることも少なくなかった。 PT単位で重めのがいる構築や受け回しの構築にはほぼ選出しました。 じゃれつくは命中不安な点と打ちたい相手があまりいなかった点などを考慮してを採用した。 型次第ではと打ち合って勝つこともあり、技構成はこれで間違いなかったと思っています。 終盤にはの個体数が増えているように感じ、 PT単位でも処理ルートが限られていたため、 炎技の採用に一考の余地はあるが、抜く技がなかった。 最終735位 対戦数:勝58or59-負22or23 あまり時間がとれず、上位を目指して戦えなかったのが少し心残りです。 終盤に数の増えた個体、型の寄せ集めのようになっていますが、 シーズン序盤から使っていたので先見の明があったのでは?! 以上、特筆すべきこともなかったので簡単な紹介になりましたが、 ご一読いただきありがとうございました。 hkpk2414.

次の

ポケモン剣盾RTA わたあめチャート シールド版:りんごのブロマガ

剣盾 たたりめ

みなさま、S4お疲れ様でした。 今回は、剣盾S4開始時~最終日まで使用した構築の紹介になります。 終盤には、型を一点読みした動きをされることも増えたため、 初手での選出を控えサイクルの中で場に出すよう心がけました。 序盤~中盤までは選出率も高く、中々の活躍してくれました。 終盤には対策が進んだため全く選出機会がありませんでしたが、 相手の対策枠の選出誘導として一定機能してくれることに期待し、 最後まで採用し続けました。 強運+ピントレンズでの突破性能が非常に高く、 急所で試合を拾ってくれることも少なくなかった。 PT単位で重めのがいる構築や受け回しの構築にはほぼ選出しました。 じゃれつくは命中不安な点と打ちたい相手があまりいなかった点などを考慮してを採用した。 型次第ではと打ち合って勝つこともあり、技構成はこれで間違いなかったと思っています。 終盤にはの個体数が増えているように感じ、 PT単位でも処理ルートが限られていたため、 炎技の採用に一考の余地はあるが、抜く技がなかった。 最終735位 対戦数:勝58or59-負22or23 あまり時間がとれず、上位を目指して戦えなかったのが少し心残りです。 終盤に数の増えた個体、型の寄せ集めのようになっていますが、 シーズン序盤から使っていたので先見の明があったのでは?! 以上、特筆すべきこともなかったので簡単な紹介になりましたが、 ご一読いただきありがとうございました。 hkpk2414.

次の