ご 都合 いかが でしょ うか 返信。 失礼にならない!「進捗状況を確認する際の催促メールの5つの基本」を解説

面接日程調整メールの書き方・返信の仕方【例文あり】

ご 都合 いかが でしょ うか 返信

「都合がつく日程をー」なんて言い方をみますよね。 ですが、これは完璧な敬語表現にはなっていません。 これだけでも丁寧な表現に見えますが、頭に「ご」をつけることによって敬語表現へと変化させることができます。 「ご都合がつく日程をー」という言い回しをしたほうがより丁寧に見えます。 また、少し違った言い回しとして「ご都合がよろしい」という言い方もできます。 あくまでも、頭につけるものは「ご」であり、「お」ではありません。 「お都合がつく」なんて言っても確かに丁寧に見えるしいいのではないか、と思うかもしれませんが、これにもしっかりとした理由があります。 意外と用法を間違っていたりする事が多いので、下記にまとめてみました。 和語には「お」がつき、漢語には「ご」がつく 和語や、漢語と言われてもしっくりこないかもしれませんので簡単な説明を。 「和語」は日本の言葉であり、主に訓読みするものが該当します。 「漢語」は中国から入ってきた言葉であり、音読みされる熟語が該当します。 例外もありますが、基本的にはこのような感じになります。 「お」がつく言葉の例としては、お手紙、お話、お見送り等が挙げられます。 「ご」がつく言葉の例には、ご注文、ご住所、ご説明、ご連絡が挙げられます。 こうしてみると、「お注文」や「ご手紙」なんて言い方はおかしな感じがしますよね。 こういった意味があり、なんでもかんでも「お」、「ご」を付ければいいわけではありません。 また、ワインなどの外国由来の言葉には丁寧な表現をする際にこちらの「お」、「ご」を使うことはありませんので注意が必要です。 3つの例文はとても似ているものになりますが、日程だけを知りたいのであればこのような表現をするのが正しいものになります。 注意する点としては、改めて確認をする旨を伝える際にメールでなのか、電話でなのかをハッキリさせることです。 また、例文では「ご都合のつく、よろしい」を使用していますが、文面に噛みあわないように感じるなら「ご都合のほど」や「ご都合はいかがでしょうか」のように「つく」の部分を変化させることで丁寧な言い回しを崩さずに聞くことができます。 ただし、変化させる言葉にも丁寧ではない表現もありますので、しっかりと考えて使うようにしましょう。 こちらの例文は、「この日までに予定を知りたいので折り返しの連絡をお願いする」際に使用することのできる例文です。 今すぐじゃなくても予定を把握しておきたい場合に、期限を指定して聞くことができるので、こういった言い方もします。 また、「ご都合の程ー」の例文では上記したとおり「ご都合のつく」を変化させて使用しています。 こういった言い方をすることで「ご都合のつく日程を」といった回りくどさをなくし、スマートな文章にすることができます。 ご都合がつきましたらご参加ください。 こちらは「すでに日程の決まっている事柄に対しての予定をうかがう、合わせてほしい際」に使用します。 1つ目では「この日、この時間に伺いたいのですが」といったようにある程度日程を決めた状態での連絡になっていますよね。 日程を指定している分、相手も返答がしやすい文章になっています。 2つ目の例文では「すでに日程が決まっていて、時間が合うようなら参加してほしい」という旨を伝えた文章。 こちらの特徴は返答が必ず必要なのではなく、来れたら来てね、といったニュアンスが含まれているのでこれ以上の予定の合う、合わないのやりとりが不要になります。 ビジネスマナーを身につけて先方や上司に気を使い、誰でもできる事務処理を「ハイ」と引き受ける毎日。 雑用や地味な仕事の連続で、 本当にやりたい仕事をやらせてもらえないビジネスマンは多いです。 「ほかにやりたい仕事がある」「幅広い経験・知識を積みたい」という気持ちは、特に多い転職のきっかけになっています。 転職はタイミングや時期の影響でも、有利・不利が大きく別れるので、転職予定がなくても「転職を考えること」「転職を知っておくこと」は重要です。 ほかの人の転職のきっかけや転職タイミングが気になるかたは、下記の記事も合わせて読んでみてください。

次の

「都合がつく」の敬語表現とは|ビジネスメールで使える例文

ご 都合 いかが でしょ うか 返信

具体的には、「貴社との契約内容に関わる話し合いの日時についてですが、~月~日はご都合いかがでしょうか?」などの形で使用します。 指定日時をもっと限定したい場合は、時間の条件を足して「~月~日の午後~時頃はご都合いかがでしょうか?」などの形に応用できます。 この時間の部分は、午前・午後などのように時間の幅をもう少し持たせることも可能です。 具体的には、「次のご予約についてなのですが、~月~日頃はご都合いかがでしょうか?」などの形で使用できます。 特にサロン経営や学校経営など、ビジネスの形態として相手のご予定を事前にお伺いし、再度訪問してもらうための予約を入れてもらわないと成り立たないサービスの場合、顧客に対してご予定・ご都合をお伺いするフレーズを自然な形で言えるようにする必要があります。 具体的には、「今月の打ち合わせの件ですが、私の予定としては下記の3つの日時が空いております。 ~部長のご都合はいかがでしょうか?」などの形で使用します。 このように、社内でも上司と部下など上下関係がある場合は、敬語表現でもある「ご都合はいかがでしょうか」という表現を上手く使っていく必要があります。 社内・社外問わず使えるフレーズであるとも言えますね。 これは、「いかがでしょうか」の部分をより丁寧な敬語表現である「いらっしゃいますでしょうか」の形にしたものです。 この表現を使う場合は、相手が自分にとって非常に大切な顧客、もしくは取引先の会社であることが多いです。 相手との関係性をしっかり見極めて使用するようにしましょう。 この表現は、いきなり相手の都合を聞くという形ではなく、相手に対して都合を聞くこと自体が可能かどうかを尋ねる表現となっています。 このように、あらかじめ相手の許可を得られるかどうかを問う文章となりますので、「ご都合いかがでしょうか」よりも若干丁寧な表現であると言うことができるでしょう。 こちらもかなり自分にとって大切な人に向けて使用しましょう。 これは、上記2つ目の表現をより丁寧な形にしたものです。 この表現は、自分が相手よりへりくだって表現する謙譲という形を取っている敬語表現です。 「ご都合」の部分を「ご予定」と置き換えて応用することも可能です。 ここまで、「ご都合いかがでしょうか」という表現の具体的な使い方とより丁寧な表現についてご紹介してきました。 下記関連記事内では、「差し支えなければ」という表現の意味や使い方、類語表現について分かりやすくまとめています。 当記事と合わせて読むと効果的ですので、ぜひこちらも参考にしてみてください。 「ご都合」と「ご予定」という言葉はそれぞれほぼ同じ意味を表す言葉として使用されます。 「ほどは」とは「方は」を少し丁寧にした言葉です。 このフレーズ(ほど)は、接客やサービス業などに従事する人たちが頻繁に使う表現であると共に、オフィスに勤務するビジネスマンの電話やメールでのやり取りでも多く登場します。 「よろしい」とは「良い」という言葉の丁寧な形ですので、この類語表現は簡単な表現に直すと「予定はいつが良いですか?」となります。 この表現には、「いつ頃」という言葉が入っていますので、相手にしっかり自分の日程を確認してもらい、可能であれば予定を自分のために割いてもらうということを意識させることが可能です。 」です。 これは、直訳すると「あなたはその日、ご都合はつきますか?」となり、転じて「ご都合はいかがでしょうか?」となります。 この表現は、ビジネスでも日常会話でも非常に汎用性の高い表現です。 」という形は英語では丁寧に相手に何かを聞く、あるいは頼む場合に使用されます。 」です。 これは、直訳すると「ご都合を聞いても良いですか?」となり、転じて「ご都合はいかがでしょうか?」という意味になります。 より丁寧な響きにしたい場合は、「Could I ask your schedule? 」や「Do you mind if I ask your schedule? ]などの形に応用することが可能です。 」です。 これは、相手からいくつか候補として日程をもらっていて、その中から自分の都合に合うものを選んだ上でその旨を伝える際に使用することができます。 」です。 これは、事前に相手からもらった日程では日程を合わせることができず、その旨をメールなどで伝える際に使用できます。 」です。 これは、2つ目の例と同様、自分と相手の都合が合わず、相手に違う日程で調整をお願いする際に使用できる表現です。 この表現に続けて、「私のスケジュールですと、下記の日程であれば調整可能です。 」などと続けて具体的な日程を複数提示すると相手にも分かりやすくて良いでしょう。 ご都合いかがでしょうかをビジネスや日常生活で積極的に活用しよう! 当記事では、「ご都合いかがでしょうか」という表現の具体的な使い方、「ご予定のほどいかがでしょうか?」などの類語表現、メールでの返信の仕方などをお伝えしてきました。 相手に都合を聞くという行為は、日常生活やビジネスで必ずしなければならないものです。 特にこの表現に慣れないうちは使い勝手が分からずに迷うこともあるかもしれませんが、メール返信や電話対応などをこなしながら、この表現の使い方に徐々に慣れていき、ぜひこの表現をビジネスでも日常生活でも積極的に活用していけるようにしてみてください。 会話の質もしっかり向上すると思います。 下記関連記事内では「私情ですが」という表現の意味や使い方を具体的な10の例文を交えて分かりやすくご紹介しています。 また、結婚や都合など私情にまつわる言葉の使い方についても学ぶことができます。 当記事と合わせて読むと特にビジネスでの言い回しについてより多くを学べると思うのでぜひチェックしてみてください。

次の

「いかがいたしましょうか」と「いかがなさいますか」の違いと例文

ご 都合 いかが でしょ うか 返信

具体的には、「貴社との契約内容に関わる話し合いの日時についてですが、~月~日はご都合いかがでしょうか?」などの形で使用します。 指定日時をもっと限定したい場合は、時間の条件を足して「~月~日の午後~時頃はご都合いかがでしょうか?」などの形に応用できます。 この時間の部分は、午前・午後などのように時間の幅をもう少し持たせることも可能です。 具体的には、「次のご予約についてなのですが、~月~日頃はご都合いかがでしょうか?」などの形で使用できます。 特にサロン経営や学校経営など、ビジネスの形態として相手のご予定を事前にお伺いし、再度訪問してもらうための予約を入れてもらわないと成り立たないサービスの場合、顧客に対してご予定・ご都合をお伺いするフレーズを自然な形で言えるようにする必要があります。 具体的には、「今月の打ち合わせの件ですが、私の予定としては下記の3つの日時が空いております。 ~部長のご都合はいかがでしょうか?」などの形で使用します。 このように、社内でも上司と部下など上下関係がある場合は、敬語表現でもある「ご都合はいかがでしょうか」という表現を上手く使っていく必要があります。 社内・社外問わず使えるフレーズであるとも言えますね。 これは、「いかがでしょうか」の部分をより丁寧な敬語表現である「いらっしゃいますでしょうか」の形にしたものです。 この表現を使う場合は、相手が自分にとって非常に大切な顧客、もしくは取引先の会社であることが多いです。 相手との関係性をしっかり見極めて使用するようにしましょう。 この表現は、いきなり相手の都合を聞くという形ではなく、相手に対して都合を聞くこと自体が可能かどうかを尋ねる表現となっています。 このように、あらかじめ相手の許可を得られるかどうかを問う文章となりますので、「ご都合いかがでしょうか」よりも若干丁寧な表現であると言うことができるでしょう。 こちらもかなり自分にとって大切な人に向けて使用しましょう。 これは、上記2つ目の表現をより丁寧な形にしたものです。 この表現は、自分が相手よりへりくだって表現する謙譲という形を取っている敬語表現です。 「ご都合」の部分を「ご予定」と置き換えて応用することも可能です。 ここまで、「ご都合いかがでしょうか」という表現の具体的な使い方とより丁寧な表現についてご紹介してきました。 下記関連記事内では、「差し支えなければ」という表現の意味や使い方、類語表現について分かりやすくまとめています。 当記事と合わせて読むと効果的ですので、ぜひこちらも参考にしてみてください。 「ご都合」と「ご予定」という言葉はそれぞれほぼ同じ意味を表す言葉として使用されます。 「ほどは」とは「方は」を少し丁寧にした言葉です。 このフレーズ(ほど)は、接客やサービス業などに従事する人たちが頻繁に使う表現であると共に、オフィスに勤務するビジネスマンの電話やメールでのやり取りでも多く登場します。 「よろしい」とは「良い」という言葉の丁寧な形ですので、この類語表現は簡単な表現に直すと「予定はいつが良いですか?」となります。 この表現には、「いつ頃」という言葉が入っていますので、相手にしっかり自分の日程を確認してもらい、可能であれば予定を自分のために割いてもらうということを意識させることが可能です。 」です。 これは、直訳すると「あなたはその日、ご都合はつきますか?」となり、転じて「ご都合はいかがでしょうか?」となります。 この表現は、ビジネスでも日常会話でも非常に汎用性の高い表現です。 」という形は英語では丁寧に相手に何かを聞く、あるいは頼む場合に使用されます。 」です。 これは、直訳すると「ご都合を聞いても良いですか?」となり、転じて「ご都合はいかがでしょうか?」という意味になります。 より丁寧な響きにしたい場合は、「Could I ask your schedule? 」や「Do you mind if I ask your schedule? ]などの形に応用することが可能です。 」です。 これは、相手からいくつか候補として日程をもらっていて、その中から自分の都合に合うものを選んだ上でその旨を伝える際に使用することができます。 」です。 これは、事前に相手からもらった日程では日程を合わせることができず、その旨をメールなどで伝える際に使用できます。 」です。 これは、2つ目の例と同様、自分と相手の都合が合わず、相手に違う日程で調整をお願いする際に使用できる表現です。 この表現に続けて、「私のスケジュールですと、下記の日程であれば調整可能です。 」などと続けて具体的な日程を複数提示すると相手にも分かりやすくて良いでしょう。 ご都合いかがでしょうかをビジネスや日常生活で積極的に活用しよう! 当記事では、「ご都合いかがでしょうか」という表現の具体的な使い方、「ご予定のほどいかがでしょうか?」などの類語表現、メールでの返信の仕方などをお伝えしてきました。 相手に都合を聞くという行為は、日常生活やビジネスで必ずしなければならないものです。 特にこの表現に慣れないうちは使い勝手が分からずに迷うこともあるかもしれませんが、メール返信や電話対応などをこなしながら、この表現の使い方に徐々に慣れていき、ぜひこの表現をビジネスでも日常生活でも積極的に活用していけるようにしてみてください。 会話の質もしっかり向上すると思います。 下記関連記事内では「私情ですが」という表現の意味や使い方を具体的な10の例文を交えて分かりやすくご紹介しています。 また、結婚や都合など私情にまつわる言葉の使い方についても学ぶことができます。 当記事と合わせて読むと特にビジネスでの言い回しについてより多くを学べると思うのでぜひチェックしてみてください。

次の