江戸川 橋 さん とら。 「すみれ」元店長が独立!“これぞ札幌”なコク甘味噌ラーメン江戸川橋『三ん寅』

寅さんが歩いた風景〜映画「男はつらいよ」ロケ地めぐり

江戸川 橋 さん とら

ある日のランチは三ん寅へ。 この日も並ばずあっさり入店。 店員さんに食券を渡す際に、味薄めは出来るかと尋ねたところ、出来ますとのことだったので、初の味薄めコール。 オーダーは基本に帰って味噌ラーメン、トッピングにチャーシューと煮卵。 薄めコールをしてもまだ充分に塩っぱいが、ラードたっぷりの純すみ直系、美味しい札幌味噌ラーメンである。 途中でチャーシューに乗ったおろし生姜をスープに混ぜて味変。 濃厚味噌スープに生姜がよく合います。 さらに食べ進めたところで柚子胡椒を投入。 塩スープにはベストマッチだった柚子胡椒は、味噌スープとの親和性はイマイチであった。 美味しいのだけれど塩分濃度が強すぎて辟易していたという唯一の問題点は、味薄めコールにて解消出来ることが判明。 ならば今後はもっと利用頻度があがるかな? OKComputer.

次の

三ん寅(江戸川橋)

江戸川 橋 さん とら

数年前に北海道行った時『すみれ』にフラれたから実質リベンジだな 『すみれ』元店主が作る味噌ラーメンを食べに『三ん寅』へ 江戸川橋駅から徒歩1分くらいのところにある『 三ん寅 さんとら 』。 2019年10月29日オープン。 札幌味噌ラーメンの超有名店『すみれ』の本店・京都店・ラーメン博物館内にあった新横浜店の3店舗で計17年間店長を務めた方が営む、王道の札幌ラーメンが食べられるお店です。 有名店の元店長の独立ということもあってか、お店の内外にはものすごい量の祝花が届いています。 メニューはこんな感じ。 看板メニューの「味噌らーめん」の他、「醤油らーめん」や「塩らーめん」などのメニューもありますね。 今回は、まずはこれでしょうと言う「味噌らーめん」と「煮玉子」をポチり。 香ばしいラードの匂いが漂う、明るく広々とした作りの店内で到着を待ちます。 味噌とラードのいい香りと共に「味噌らーめん」が到着! 待つこと数十分。 味噌とラードのいい香りと共に「 味噌らーめん」 850円 の「 煮玉子」 150円 トッピングが到着。 『すみれ』より少し明るめのスープの上には、チャーシュー、ほぐしチャーシュー、メンマ、味玉、もやし、ネギ、生姜がトッピングされています。 スープは味噌の甘みとラードのコクを感じる優しい濃厚テイスト! まずはスープを一口。 おぉ! 味噌とラードのコクが深くて美味い! スープを口に含んだ瞬間、 粒感のある甘みの強い味噌の香りと香ばしいラードがふわっと鼻を抜けました。 そして香りの後に舌に残るのは、味の重心を担う豚骨の旨み、コク深い味噌の甘み、それらをまとめる柔らかな塩味。 『すみれ』っぽくもある味ですが、『すみれ』よりもやや甘みが強く、味噌以外の旨みが多く感じられると言った感じですね。 あと、めちゃくちゃ熱いから気をつけてね 麺は西山製麺製の中太縮れたまご麺。 肉肉しいチャーシューや深紅色の味玉もめちゃくちゃ美味い! 甘めのスープに対して、チャーシューはタレの塩味をやや強めに効かせたもの。 「肉食ってんな」感のある肉肉しい食感で、 噛む回数を重ねるごとに肉とタレの旨味が溢れ出す逸品です。 上に乗っている生姜は、後半でスープに溶かすと爽やかなアクセントに。 味玉は黄身の中心が深紅色でトロッとした半熟タイプ。 色からも見て取れる通り、黄身のコクも甘みもかなり強く、麺に絡めて食べるとマイルドな味変に。

次の

文京福祉センター江戸川橋 ホームページ

江戸川 橋 さん とら

お昼は、三ん寅(さんとら)@江戸川橋(新宿区山吹町362)へ。 店主の菅原さんは元すみれ本店々長、京都店々長、新横浜ラーメン博物館店々長と17年勤めて独立。 ぱっと見、読めない店名ですので、店主さんに由来を訊くと、「話すと長いので、短く言うと『寅年の三月生まれ』だから」との事。 新横浜ラーメン博物館のすみれが閉店して10カ月ほど、この、外待ちし易い立地を求めて、開店までの時間が掛かったのだろうか。 店主さんは北海道生まれの北海道育ち、独立と言うことなら土地勘や知人の多い北海道で出店するのかと思いきや。 料理人であれば、東京で一度は勝負したいのだろうか、東京で自身の腕を試してみたいのだろうか。 店内に入り、すぐ右手の券売機で食券を買います。 メニューは味噌、醤油、塩が各850円。 ライスやビールもあります。 買った食券を店員さんに渡し、空いているカウンター席に案内されました。 席配置は、店内左側の厨房に少し距離を置いて面したカウンター6席、奥の壁向きカウンター3席、右手に4人掛けテーブル2卓、計17席。 卓上には特製ヱスビーコショー、一味唐辛子。 厨房は首の高さの曇りガラスで囲ってあり、調理の手元は伺えません。 とはいえ中華鍋を振る店長さんの顔は見えるので、何をしているのかは大体検討がつきます。 店内は満席で、客あしらいに慣れた女性店員さんが3人ほど、よどみなくお客さんを捌いています。 程なくして味噌らーめん850円。 あのすみれの麺相そのままに、ラードを啜っているかのような熱いスープ、両手のグーで殴られるかのような力強い味噌と挽肉の味わい。 恐ろしいまでに旨い。 白味噌ベースの味噌たれ、豚骨、鶏ガラベースのスープ、どこにでもある組み合わせに思えるのですが、ここでしか味わえない味わい。 角中細麺はちょっとしたボタンの掛け違いで森住製麺と仲違いしてしまい、西山製麺に変わってしまいました。 この縮れ中細麺も美味しいんだけど、すみれ好きであれば「独立したんだから森住製麺、使ってよ」とお願いしてみたくなりますね。 たっぷりモヤシとタマネギは、大きな中華鍋でスープと共に煮込まれています。 大きめの豚肩ロースチャーシュー、乗せられたおろし生姜は味噌らーめんの証、メンマ数本、バッチリ挽肉。 続けて塩らーめん850円。 たれと挽肉以外は味噌らーめんと同じですが、熱いラードを合わせてモヤシとタマネギの煮込み塩ラーメンって、他に思い付きません。 狂おしいまでに旨い。 これほどまでに熱々のスープなのに塩味がしっかり感じられるって、どんな塩たれなんだろう。 角中細麺は全メニュー共通の西山製麺、しっかりとスープを持ち上げます。 たっぷりモヤシとタマネギを、大きな中華鍋でスープと共に煮込むのは味噌らーめんと同じ。 おろし生姜と挽肉は無く、大きめの豚肩ロースチャーシュー、メンマ数本、かまぼこ。 スルッと食べてご馳走様でした。

次の