イオン 茨木 コロナ。 【茨木市のコロナウイルス情報】イオンスタイル茨木で新型コロナウイルスに感染者が確認されました

イオンスタイル茨木、新茨木の試食販売員が新型コロナの感染確認

イオン 茨木 コロナ

「はま寿司、茨木新和町店、新型コロナウイルス感染者」に関するツイート 【はま寿司茨木新和町店での感染者に関するお知らせ】 はま寿司茨木新和町店から、当該店舗で勤務していたアルバイト従業員1名が新型コロナウイルス感染症の検査の結果、陽性(無症状)であったとの報告がありました。 詳細は下記HPをご覧ください。 ご覧の通り、はま寿司の茨木新和町店で新型コロナウイルス感染者が確認されたことが分かります。 これに対して近隣住民の間では困惑の声が相次ぎ、Twitterで注目を集める結果となりました。 「はま寿司、茨木新和町店、新型コロナウイルス感染者」に対する世間の反応は? 「茨木でコロナ感染者増えてるなあ」 「はま寿司の茨木新和町店でコロナ感染者が出たみたいね。 近所だから気を付けないと」 「茨木めっちゃ出るな。 コロナ感染者」 「茨木コロナ、イオンの次ははま寿司か。 飲食店はつらいやろな」 などの声があがりました。 やはり世間では、はま寿司茨木新和町店で新型コロナウイルス感染者が確認されたことに対して困惑する声が多く見られました。 最後に 今回は、はま寿司茨木新和町店で新型コロナウイルス感染者が確認されたことをご紹介させていただきました。 イオンスタイル茨木に引き続き、茨木市内の飲食店で確認されたということで、近隣住民の間で話題となりました。 イオンもはま寿司も人通りが多い店舗のため、感染拡大が懸念されますね。 感染防止のためにも、いつも以上に体調に気を遣い、十分な睡眠と栄養に富んだ食事を心がけたいですね。

次の

茨木の上映スケジュール:イオンシネマ

イオン 茨木 コロナ

イオンスタイル茨木から新型コロナウイルスについての報告 イオンスタイル茨木からの新型コロナウイルス感染者に関する報告は下記の通りです。 当店食品売り場において試食販売を実施していた派遣スタッフについて、「勤務時に症状はなかったものの、検査の結果、新型コロナウイルスが陽性であった」との報告がありました。 保健所からは、勤務日に症状がなかったことやマスク・衛生手袋を着用していることから人に感染させる可能性は低いと聞いています。 出典: イオンスタイル茨木の食品売り場の「ソーダストリーム」炭酸水の試飲を担当されていた方のようです。 茨木市から新型コロナウイルスについての報告 茨木市のホームページでも3月5日に「イオンスタイル茨木及びイオンスタイル新茨木での感染者に関するお知らせ(3月5日現在)」で報告されております。 3月5日大阪府発表の「大阪府における新型コロナウイルス感染症患者の発生状況について」の対象者に、イオンスタイル茨木及びイオンスタイル新茨木の食品売り場で試食販売をしていた派遣スタッフが、「新型コロナウイルスが陽性であった」との報告がありました。 出典: 茨木市の新型コロナウイルス対してネットでの反応 イオンスタイル茨木で新型コロナウイルス感染者が確認されたことについてのネット上での反応をまとめました。 茨木イオンでコロナ出たってマジ? — がっつり陰キャ!? 基本に忠実。 手洗いうがい消毒よ。 出た後の対応はなされている。 情報は大事だから流すのは大事。 しかし、第三者は無闇に「食品は危ないから、買いに行かない」と言った発言は控えた方が良い。 こういった風評被害は、避けないと。 — keji hkeji やはり不安の声が非常に多いですね。 パニックにならず落ち着いて行動しましょう。 まとめ 茨木市で遂にコロナウイルスが確認されてしまいました。 生活するものとして非常に不安ですが、こんな時こそ手洗いうがいなどを徹底して、予防しておきましょう。 人が集まる場所や余計な外出は控えた方が良いですね。 身の安全の確保を最優先に行動ができるよう心がけていきましょう。 新型コロナウイルス関する情報は茨木市ホームページにも掲載されていますので、市ホームページもご覧下さい。

次の

【コロナ】茨木市松ケ本町「イオンスタイル茨木」試食販売スタッフが感染

イオン 茨木 コロナ

最悪シナリオだと、イオンの2021年2月期の利益は半減以下になる見通しだ(撮影:尾形文繁) 「現在の状況を戦時中と捉えよ」 新型コロナウイルスが猛威を振るうさなか、GMS(総合小売店)最大手であるイオンの岡田元也会長は、そう社内に檄を飛ばしているという。 イオングループ会社のある首脳は「グループ内の危機意識は相当に高まっている」と明かす。 最悪シナリオだと営業利益は77%減 イオンは4月10日、2021年2月期の業績見通しを発表した。 売上高にあたる営業収益が8兆円~8兆4000億円(前期実績8兆6042億円)、営業利益を500億円~1000億円(同2155億円)とみている。 新型コロナの影響が予測不能なこともあり、営業収益と営業利益のみの開示で、しかも幅を持たせた予想となった。 決算発表直前まで、業績見通しを公表しない方向で検討が進められていた。 前出のグループ会社首脳は「連結の業績予想を出したことには正直驚いた。 新型コロナ影響によるダメージが測れない以上、合理的な予想の算出は不可能だ。 実際、グループ傘下には予想を算出していない企業も多い」と語る。 先行き不透明な状況下にあるため、2020年度の業績見通しを公表しない上場企業が続出している。 しかしイオンは、「開示できるものはしたほうがよい」(イオン広報・IR担当者)と、業界最大手としての説明責任も考慮したうえで決断した。 見通しを示したこと以上に衝撃だったのが収益の下落幅だ。 2021年2月期の営業利益は最悪シナリオの場合、前期比で77%減となる。 金額にして1600億円を超える額が吹き飛ぶことになる。

次の